E231からのTIMSには冷暖房の自動制御化、として通年自動空調がついているそうです。これは、車内、車外温度と湿度、さらに各車両の乗車率(重さによる空気バネの沈みを検地して、その重さから大体の人数を割り出す)、そしてカレンダー機能をすべてあわせて冷暖房を自動制御しているらしいです。
 が、そこで質問です。

 これは車掌は基本的に一切設定はしないということなのでしょうか?
車掌が設定してから自動になるのか、それとも元から自動なのか、ということです。
さらに、設定しない場合、車掌による設定の差がなくなるでしょうからいいのでしょうが、車掌からの設定はそのものも完全にできないのでしょうか?結構暑かったり寒かったりすることがあるので・・・。

 さらに、乗車率を含めて自動制御しているということは各車両で冷暖房動作状況が異なるということですか?

といいますのも、TIMSメイン表示器の車掌メニュー(?)で各車両の乗車人数、各車両の気温、各車両の湿度が表示されていたので、各車両単位で制御しているのかな、と思ったのと、まったく調整はできないのか、とも思ったため質問させていただきました。
 TIMSの表示をよく見れば、あれはタッチパネルのはずですので、各車両などに対する設定みたいなものがあったのかもしれませんが、よく画面を見ませんでした。(まあ、毎日見ているのでまた見ようと思えば見れるのですが・・。)
 

また、ついでですが、TIMS搭載車両は自動制御ではおそらく、温度、湿度ともに管理しつつの制御でしょうし、209などではおそらく温度などで設定できるのだと思うのですが、それ以前の古い車両はどのように設定が車掌側からできるのでしょうか?
 
 さらに、TIMS搭載車両はもちろんのこと、209などでももちろん乗務員室も同じように冷暖房とも効くのでしょうが、それ以前の車両では、乗務員室には暖房はもちろんあるようですが、冷房に関してはないのでしょうか?
 客室には当初から冷房がある車両でも乗務員室には扇風機がある車両があったりしますよね。
 その場合、実際の室内の温度というのは、TIMSやMONなどはないわけで、表示されるわけではないですから、わかりにくいと思うのですが・・・。どうしているのでしょうか?
 
 以上、長いですが、どうなのでしょうか?
詳しい方、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

TIMSについては詳しくないので、一部推測が入ってしまうことはご勘弁ください。



TIMSのような自動空調システムで、車内外の温湿度や乗車率を計測してしかもカレンダー機能まで持ち合わせているようであれば、各季節や各月、温度等に対応した空調動作パターンマップを持っていて、その設定を基本として自動空調されるようになっているはずです。

自動空調ですから、各車両ごとの混雑度等に応じて動作状況は異なっていて、例えば冬期ですと空いている車両は座席の暖房のみ、混んでいる車両は座席の暖房+空調の送風といったように動作状況を変えています。

これらは全て空調装置側で制御される為、自動空調モードでは車掌は設定をいじることはなく、空調スイッチをONにしたらそのままという感じでしょう。

ただし、自動空調だからといって車掌が一切設定を操作できないということはないはずです。
上記した空調動作パターンの範囲外だった場合等、全て自動任せには出来ない部分もありますから、モニタ画面から各車両ごとに動作を変更できるようになっているはずなのですが、なにしろ殆どの場合は自動空調で対応できてしまうので、車掌が操作するようなことは非常に少ないでしょうし、操作する場面を見ることもまず無いと思います。

なお、このような自動空調が可能になったのは、231系がヒートポンプによる空調装置を備えているからで、冷房と送風機能だけであった従来車両ではできなかったことです。


で、次は「ついで」のほうですが…(こちらは推測一切無しです)。

古い車両の冷暖房(「空調」ではない)の制御で車掌ができるのは、冷暖房・扇風機のON/OFFだけです。

たとえば、下記サイトに205系の冷暖房スイッチが出ていますが、このように冷房と暖房、扇風機のON/OFFスイッチのみというのが当時の車両の通例です。
http://www.geocities.jp/yama22sen/dat/senseki205 …

もちろん、各車両に温度センサーがあり、設定温度も決められる(弱冷房車は+2℃)ので各車両ごとに冷房/送風の切替程度の動作は自動制御されますが、車掌の側からは上記したようにON/OFFのみの制御しか出来ず、遠隔操作による温度設定変更は一切不可能でした。

また、その冷暖房等のON/OFFも車掌の判断に任されていた為(どう判断するかはNo.1さんが書かれた通りです)、混んでいて暑いのに冷房が入っていないため、乗客が車掌に文句を言って冷房を入れさせたということもありました。

各車両の室温等をモニタリングし、運転室から集中管理できるようになったのは、近年になって小型で処理能力の高いコンピュータが登場したからであって、このような小型高性能コンピュータが無い当時はON/OFFが関の山で、集中管理などとても出来なかったのです。

なお、昔の車両の運転台には暖房は完備されていましたが、冷房はありませんでした。

客室が冷房化されると運転席も合わせて冷房化の恩恵に授かれるようになりますが、その方法は様々で、
・客室の冷房ダクトを運転室まで延長して、運転室に冷房吹き出し口を設ける(集中式や集約分散式といった大型の冷房装置搭載車に多い)。
・客室と運転室の仕切り壁の上部に穴をあけ、そこから通風ダクトや通風ファンを使って客室の冷気を運転室に導く(分散型という小型冷房装置採用車に多い)。
といった方法が一般的でした。
ただ、2番目の方法は効果がそれほど望めないことから、施工例はあまり多くありません(国鉄/JRの165系、キハ58等の冷房改造車)

また、運転席の冷房化を行なう為に客室用とは別に冷房装置を積んだ例も少々あり、阪神の5131/5331形や東武6050系などがそれにあたります。
阪神5131/5331形(先頭にある他と形の異なる四角い冷房装置が運転室用)
http://railsound.sakura.ne.jp/sndhtm/west/hsn/hs …

それから、ごく少数ですが、165系最終タイプのように客室が冷房化されているのに運転室は非冷房のまま、という車両もありました(最初から冷房付きだったため、運転室への冷風ダクトを取り付けなかったらしい)。


電車や気動車は客室の冷房化に合わせて運転室も冷房化されたのですが、機関車の運転室の冷房化は非常に遅れていて、国鉄/JRの機関車で初めて冷房装置を積んだのは、1980年に登場したDE11 1901という試作の入換機関車でした。
http://jointnote.la.coocan.jp/Extern/uni-bond_de …

その後、同じく入換用のDE11 2000番台にも運転室に冷房装置が積まれますが、国鉄時代はこれで機関車の冷房化は「打ち止め」になっています。

分割・民営化してJRになった後、JR貨物は運転士の作業環境改善に取り組むようになり、新規に登場する機関車(EF200以降)は全て冷房完備となりました。
国鉄時代の従来型のマイナーチェンジ版としてJR貨物が製造したEF66 100番台やEF81 450/500番台についても設計時に仕様変更が行なわれ、床置式冷房装置が積まれています。

また、既存の機関車にも冷房化改造は行なわれていますが、冷房装置の設置スペースの関係上、EF66,EF65,EF64-1000の一部に積まれているくらいです(屋根上に積むのだが、パンタグラフと干渉するため、積めない車が多い)。
EF66 冷房改造車(運転室屋根上の箱が冷房装置)
http://llkusaba.karou.jp/sharyou/ef66/ef66-38_ml …

余談ですが、日本で初めて冷房を積んだ機関車は、1976年に登場した八幡製鐵鉱滓鉄道(新日本製鐵・八幡製鐵所の専用鉄道)の85ED-1形です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

乗務員室の冷房と、電気機関車などの牽引車の冷房の有無、また仕組みがわかりました。
 
 TIMSも設定はできるってことでしょうね。
TIMSの冷暖房も、気のせいなのかもしれませんが、初期の中央・総武線のE231-0と、同線のものでも後から追加されたE231-0では適切度というかが違う気がしますので、パターンなどを改良しているのか、とわかりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/18 19:42

TIMSは詳しくありませんが、同様のシステムを導入しているJR西日本の223系・321系などでは、空調自動モードがそれにあたります。



空調の設定が、自動モードであればご質問のようなシステムによって車内温度を季節によって自動調整します。同じスイッチ状態が「自動」であっても、夏場は冷房が、冬場は暖房が動作します。それとは別に個別設定で「冷房」「暖房」「送風」「切」があり、号車ごとに設定が可能です。

自動運転中であれば、号車ごとに運転状況が異なることは当然あるでしょう。混んでいる車両は冷房モードで、そうでない車両は送風モードで運転しているかもしれません。

ですので、TIMS車両でも同様に個別の設定は可能と思われますが、基本が自動運転のため、あまり設定を変えないように、というような指導がなされているかもしれません。


旧型の車内温度が乗務員室でモニタリングできない車両の場合は、車掌の体感で温度を調節します。あとは車内の旅客の様子をみて判断します。扇いでいる人が多いようであれば温度を下げ、上着を脱ぐ人が少ないなら温度を上げ、という具合にです。

車掌が行う車内巡回にはこういった車内温度が適正であるかどうかを確かめる目的もあります(もちろん車内秩序の維持や車内改札の実施なども目的の一つです)。

乗務員室の冷房は基本的に客室からの冷気を乗務員室に流すだけのものです。乗務員室専用の空調装置はほとんど備え付けられていません。暖房に関しては乗務員室用のヒーターが備え付けられています。

この回答への補足

すみませんが付け加えて質問させていただきます。
お礼の欄に書いたように、209などの比較的新しい車両の乗務員室には冷房の空気を直接送風するためと思われるものがありましたが、それ以前の乗務員室に扇風機が着いているような車両では送風するためのものなどはありませんでした。(ないから扇風機がついているのでしょうが・・・。)
 また、冷房準備工事などをして落成した車両で、後に冷房を装備した車両では、送風用の設備が乗務員室に入る前で明らかに切れていました。
 このような中では、夏などはかなり暑い中で、乗務しているのでしょうか?それとも、見えないだけで、冷房の空気を直接ではなくても、客室との間に空気を交換するものでもあるのですか?
 車掌はまだいいとして、運転士はずっといるわけですし、車掌以上に集中を要する作業だと思います。
 窓を開けるにしてもあまりにも暑いときは限界があると思うのですが・・・。まぁ、設備がない車両ではがんばってやるしかないのでしょうが・・。
 あと、昔の電気機関車に、乗務員用の冷房がないのはわかるのですが最近のEF200以降のものはあるのでしょうか?
 知っている方いらっしゃったら教えてください。

補足日時:2009/05/17 14:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

 冷暖房管理の仕組みがわかりました。

また、乗務員室についてもわかりました。要するに、客室の冷房送風システムをそのまま引き込んでいる、ということなのですね。
確かにJR東日本では209以降の車両では、乗務員室の天井になにか送風するためと思われるものがありました。(今日確認してみました・・。)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空調機械のダクト等からの熱損失について教えて下さい。 手元のビル管参考書に 【空調機械のダクトや配管

空調機械のダクト等からの熱損失について教えて下さい。
手元のビル管参考書に
【空調機械のダクトや配管の熱損失は、搬送する熱の漏洩損失と空調熱負荷の二重の損失がある】
と記載がありました。
熱が漏れるという意味はわかりますが空調熱負荷の意味がわかりません。
空調熱負荷とは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
質問文の中のビル管参考書で書かれている、搬送する熱の漏洩損失とは、ダクトのリークによる送風量の低下を意味していると思います。
配管の場合は、リークはありませんので、配管周囲への熱損失のみとなります。

Q車掌がJRの境界を越えて乗務する列車は?

先日、2社以上のJRを直通する列車の経費分担について質問させていただきましたところ、早速に丁寧な解説をいただきました。回答者の皆様には改めて御礼申し上げます。

さて、JR発足直後は国鉄からの流れで、車掌のみならず運転士もJRの境界駅を越えて乗務する列車が見受けられました。
しかし、監督官庁から緊急事態の対応にあたって他社の運転士が乗務していると即応できないのではないかとの指摘を受け、一部の例外を除いて、運転士については境界駅で交代するようになったとある文献で読んだ記憶があります。

ところが車掌についてはその後も境界駅を越えて乗務する列車が多くあり、東京駅でもJR九州やJR西日本の制服を見ることができましたし、ローカルな例では飯田線の列車が運転士のみ辰野で交代し、車掌はそのままJR東海の乗務員が岡谷まで乗務している(していた?)ところもありました。

そこで質問です。JR貨物を除いて、当該地区以外のJR乗務員が乗務している列車は、全国にどのくらいあるのでしょうか?

また、第三種鉄道を除いて、急行時代の「あさぎり」のように乗務員ごと他社線に乗り入れている列車はまだあるのでしょうか?

先日、2社以上のJRを直通する列車の経費分担について質問させていただきましたところ、早速に丁寧な解説をいただきました。回答者の皆様には改めて御礼申し上げます。

さて、JR発足直後は国鉄からの流れで、車掌のみならず運転士もJRの境界駅を越えて乗務する列車が見受けられました。
しかし、監督官庁から緊急事態の対応にあたって他社の運転士が乗務していると即応できないのではないかとの指摘を受け、一部の例外を除いて、運転士については境界駅で交代するようになったとある文献で読んだ記憶がありま...続きを読む

Aベストアンサー

JR線同士の「越境乗務」は、今や寝台特急と「白鳥」のみになりました。

「トワイライトエクスプレス」と「サンライズ瀬戸・出雲」は、
JR東日本・東海区間を含め、本州島内をJR西日本の車掌が乗務します。

また、「(スーパー)白鳥」は中小国~蟹田のみならず、
一部の列車では蟹田~青森もJR北海道の乗務員が乗務するようです。


> 第三種鉄道

「第三種鉄道」とは、神戸高速鉄道や成田空港高速鉄道のように
線路だけ持っている鉄道会社を言いますが、認識あってますでしょうか?
ひょっとして「第三セクター」と間違ってらっしゃいませんか?

第三セクターへ丸ごと乗り入れる例としては、
  ・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道の気動車列車
  ・ほくほく線特急「はくたか」
  ・伊勢鉄道線の「南紀」「みえ」
  ・土佐くろしお鉄道中村線の予土線列車

などがあります。

Q三井ホームと全館空調

 三井ホームの全館空調と他社の全館空調は違うのでしょうか?

 全館空調自体は以前からあると思うのですが、三井ホームのは新しいものと聞きます。何か違いはあるのでしょうか?

 それと全館空調は乾燥はどうでしょうか、特に冬です。
 それと夏場は逆に暑くなるのでしょうか?クーラーが必要になったり、、、
 それぞれ三井ホームの場合と他社の全館空調を使ってらっしゃる方教えてほしいです。

Aベストアンサー

1・・加湿機能が付いている。
一定以上、乾燥すると加湿機能が働く。他社にはないようです。
空調ですからどのメーカーも冷暖房両方使えます。
除湿はどのメーカーも付いています。

2・・動力(3相200V)で、他社は単相200V。結果、馬力が高く、調べてみたら寿命も長いようです。

3・・省エネ効率が一番高いと言われます。

他社の暖房面積max40坪くらいですが、三井のは馬力が高く、それ以上有るそうです。

Q車掌乗務時代の路線バスのことで質問します

先日路線バスに乗ったときに降車ボタンが目に入りました。
降車ボタンはワンマン化の産物であろうと勝手に想像していますが
「車掌が乗務時代は乗客は降車バス停が近づくと、その都度車掌に降りる旨を申告していたのか?」などと、つまらない疑問が浮かび今でも気になります。

御存知の方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

車掌は混雑時以外は、乗客が乗車すると乗車券を販売し、その際に下車するバス停を聞きましたから、そこで把握しています。それを運転手に「○○通過」と伝え、運転手は停留所に乗車するものがいなければ通過します。待合所の建物がある場合は、警笛を鳴らして、建物内の者に注意を喚起します。また、確認のために車掌が「○○i
御用の方いらっしゃいますか」などとやっていましたね(エレベーターガールみたいですね)。

これは、バスだけではなく、一部の単線私鉄や軌道でも行われていました。交換の無い停留場は同様にして(警笛鳴らして)通過します。少なくとも、無くなった尾小屋鉄道や南部縦貫ではそうしていましたね。
ただ、南部縦貫の場合、夕方の便は停留所の電灯を点けるために全停留所停車、最終便はそれを消すために同様に停車していました。

Q全館空調ならではの工夫点

戸建て新築予定で、詳細を煮詰めている最中です

2×4で、顕熱式の全館空調を導入します

実際に全館空調の家にお住まいの方
全館空調ならではの注意点や工夫点がありましたら、ご教授ください

よろしくお願いします

Aベストアンサー

我が家も顕熱式全館空調です

非常に快適ですが、冬季はどうしても乾燥してしまいます
なので加湿器が必需品です

また、家中隅々まで空調が行き渡るので、いわゆる冷暗所という所がありません

夏場は良いですが、冬場は野菜などの生鮮食品を室内に放置すると、一晩で傷んでしまいます
なんでもかんでも冷蔵庫に入れなければならいので、大型の冷蔵庫が置けるスペースを設けた方が良いでしょう

あるいは、空調が行き渡らない場所、例えば床下収納とかがあれば、そこが冬場は冷暗所として使えると思います
夏場は床下収納よりも室内の方が涼しいと思います

それから、下手にオンオフする方が電気代がかかるので、数日留守にする場合でも稼働したままにしておきましょう

Q回送電車について質問です。 乗務員が車両内を歩くことってありますか?また 間違って乗るということはあ

回送電車について質問です。
乗務員が車両内を歩くことってありますか?また
間違って乗るということはありえますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

>乗務員が車両内を歩くことってありますか?

車掌が発車後に車内巡視をしています。
遺失物の有無の確認や、車内設備の破損、異常の有無の確認など。
また、乗務区に帰る際、列車を担当して帰区するとは限りません。
担当する列車が無いときは便乗したり、回送列車の客室で乗務区に戻ることもあります。

従って、乗務員が車内に居るのは、ごく当たり前の様にあります。

なお、終着駅では乗務員や駅員が降車確認してドアを閉めているので、旅客が回送列車に居るというのは基本的にありません。
もし居たら、ニュースになるような失態ですから。

Q空調機メーカーへの就職希望動機

空調機メーカーへの就職希望動機で悩んでいます。

私は現在大学院1年生で、塑性加工を主に取り扱う研究室に所属しています。

空調機にも塑性加工が取り扱われる場面はあると思いますが、詳細を知りません。

何か空調機メーカーへの就職希望動機として役に立つようなご意見を頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はて?何を尋ねたいのか?
希望動機なんてのは千差万別何でもよい。
塑性加工と一言でいいますが、塑性加工そのものを大学院で研究しているところは今は少ないのではないか、と思います。
塑性加工の一言で言い切ってしまう、ところに何かあなたの胡散臭さを感じますがさておき、
本当に塑性加工そのものをやっているなら、重要な製造技術ですから、それは売りになるでしょう。

ただ、採用経験者から言わせると、そういうことを吹聴して入社する人はハッキリ言って20年はもちこたえられません。
むしろ、大学・院で学んだ、幅広い応用力が最後の決め手になるようです。
新機種を開発するリーダーを務めるとき、塑性加工は詳しいのですが・・・では、役にたちません。
本、知人、会社の設備、会社に蓄えられたノウハウそれらをどうまとめあげられるかが、あなたの価値を決めるでしょう。
そういう人はこういう質問はしません。
何という空調機メーカーが気に入っているのでしょうか?
会社訪問して、この会社が好きだ、採用するとメリットがあるよ、と売り込んでみたらどうですか。
しかし、何で空調機メーカーなんでしょうかね?
塑性加工が今でも健在な業種は、鉄鋼、石油化学、自動車。建設機械だ、と思います。
塑性加工を大事するなら、方向を空調機に絞らない方が良い。

はて?何を尋ねたいのか?
希望動機なんてのは千差万別何でもよい。
塑性加工と一言でいいますが、塑性加工そのものを大学院で研究しているところは今は少ないのではないか、と思います。
塑性加工の一言で言い切ってしまう、ところに何かあなたの胡散臭さを感じますがさておき、
本当に塑性加工そのものをやっているなら、重要な製造技術ですから、それは売りになるでしょう。

ただ、採用経験者から言わせると、そういうことを吹聴して入社する人はハッキリ言って20年はもちこたえられません。
むしろ、大学・院...続きを読む

Q最後尾車両の車掌さんが二人

JR西日本エリアの利用者です。
車掌は一番後ろの車両に乗っていますが、この前初めて二人乗っているのを見ました。あれは何かの指導をやっているんでしょうか?両方ともあまり若くはないように見えましたが(失礼)
新快速電車の運転パネルを見て暇を潰そうと思ったら、車掌さんと目があってちょっと気まずかったです。
#運転パネルはやっぱ真ん中の繋ぎ目が観察しやすい

Aベストアンサー

既に回答がありますけど、様々なパターンがあります。

1.どちらかが見習い
 若い車掌とベテランならすぐわかりますけど、ベテランに見える人同士でもどちらかがその線区に移ってきたばかりの場合は初めのうちはその線区に精通している人がつきます。
2.便乗
 移動のために便乗しているパターンです。
3.検札要員
 検札のために臨時に乗務しています
4.初めから2名乗務
 初めから2名乗務という運用が組まれている場合があります。

なお優等列車は初めから複数乗務のことが多いですし、東京圏のように15両の長大編成ですと複数乗務が規定されている場合もあります。

Q産業用と空調用のインバータとの差

 工場での大型モーター(5.5kwが2つ)の制御目的で22kw、3相200Vのインバータを探しています。調べると、一般用(産業用)インバータと空調用(ポンプ用)インバータがあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか。仕様では、出力電流、周波数可変域、始動・制動トルクが違いますが、空調用インバータをモーターで使用した場合、どのような影響があるのでしょうか。
 当方、空調用が余っているので空調用のインバータが流用できたらと考えています。お詳しい方、助言などをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般用:工作機械、コンベア、走行台車、エレベータ、ファン、ポンプ等何にでも使えます
ファン、ポンプ用:名前の如くファン、ポンプに使えます
でも、ファン用をコンベアや走行台車に使ってはならないと言う事はありません
必ずしも使えるとは限りませんが、使えない事もない

ファンやポンプは低速ではトルクが不要の為、ファン用は低速でのトルクは出せません
要するに低速高トルクで回さなければ使える
コンベアでも空なら低速でも回せる
コンベア満載の状態で停止させてから再起動するかどうかは運次第

最大の問題はどんな機械をどんな風に使うつもりなのでしょう?

Q乗務員は一日どの位の乗務を?

タイトルの通りなんですが、都内の地下鉄をいつも利用しますが朝早くから土日平日関係なく乗務しておられて大変かと思います。
日によって早番とか遅番とかあるんだろうと思いますが。。
運転士車掌の方は一日どの位の乗務をしてらっしゃるのでしょうか。
一日5便とかそんなではないはずですよね。
とすれば、かなりの本数乗務するんですかね?
また休みの日などは不定期になっているんでしょうか。
ちょっとふと気になってしまい聞かずにはおれませんでした。
どなたか鉄道会社等に勤務する方等おられましたら幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして、都内の鉄道の運転士です。

当社では、
日勤では、3~4往復。(短い路線担当なら7~8往復)
出勤は7時前~12時前で、退勤は14時頃~21時前。

夜勤は、4~6往復。
出勤は12時頃~18時頃、退勤は翌朝8時頃~12時頃。
夜中に仮眠を3~6時間します。

一人一人が出勤・退勤時刻バラバラです。

他社では夜勤をせず、夜の乗務終了後に自家用車で帰宅ってトコもあるらしいです。沿線からしか採用しない会社でしょうけど。


人気Q&Aランキング