1.オリジナルの画像(257色以上のフルカラーのpsd)

2.「1」をPhotoShopでインデックスカラーに変換し、pngで保存

3.「2のpng」をPhotoShopでRGBカラーに変換し、bmpで保存

上記のような場合、
「1→2」の工程で画質の劣化が起こるというのは分かったのですが、
「2→3」の工程で「1→2」の劣化を復元できますでしょうか。

分かりづらくてすいません。
最終的に「3」のbmpファイルは「1」のオリジナル画像と比べて、
画質が劣化するのかどうかということです。

ちなみに以下の認識はあっていますでしょうか。
「3」の画像が劣化する場合→インデックスカラーは不(非)可逆圧縮
「3」の画像が劣化しない場合→インデックスカラーは可逆圧縮

ご教授いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2の操作の時点ですでにカラーは256色ですので、


3の操作を行ったところで使える色数が増えただけで
使用されている色は256です

1>3である

この場合は非可逆圧縮、可逆圧縮の話は関係ありません。
関係するのはファイルとして保存するときの話です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご返答ありがとうございました。
ネットで検索しても決定的な文章を見つけられなったので、
とても助かりました!

お礼日時:2009/05/25 17:02

>画質が劣化


します。No1さんの言うとおりです。

>以下の認識は
あっています。
しかし、一般的にインデックスカラーへの変換を「圧縮」とは呼びません。
データ量が減るのですから一種の圧縮であるのは確かなのですが、ふつう圧縮と言った場合、情報量を(ほとんど)落とさずにデータ量を減らすようなもののことを言います。
例えば画像を縮小すればデータ量が減りますがこれを圧縮とは呼びませんね。
インデックスカラーへの変換も情報が大幅に落ちますので、圧縮とはふつう呼ばれません。

なので、
インデックスカラー(への変換)は不(非)可逆
と言うとよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
インデックスカラーに関して、
詳細にご説明いただきとても勉強になりました。
"不可逆"ではあっても"圧縮"ではないということですね!

なお、返答の順位付けについてですが、
中身ではなく早さに従いポイントを付けさせて
頂いたことご理解いただければ幸いです。

この度はありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 17:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグレイスケール→インデックスカラー→グレイスケール

わかる人には簡単なことかもしれないんですが、教えてください。

8bitグレイスケールで取った画像を、ファイルに保存するときには1色のインデックスカラーとして保存されています。
これをphotoshopで開いてグレイスケールに戻したときに、最初の取った画像にある階調(pixelごとの明るさ)情報は保たれているのでしょうか??ファイルはTIFFで統一しています。

詳しい状況としては、
顕微鏡で蛍光画像をとるのですが、領域ごとの明るさなどを測定することもあるため、この定量性を失わないようにしたいのです。しかし、デジカメを制御しているソフトが(Photoshopでひらくと)どうしてもインデックスカラーで保存しているようなのです。
周りにきちんと答えられるひとがいないので…

Aベストアンサー

これは、#1 のお礼に書かれた質問に対する返信です。

>8bitが保たれていると、インデックスカラーの画像は画像全体が単色
>(例えば緑とか)256階調で、グレイスケールは色自体はグレイのみの
>256階調という理解をすればよろしいのでしょうか?

>※インデックス・カラーは階調とは言わないか!?
と補足を入れたつもりだったのですが、書き方が不十分だったかな。
厳密に言えば、インデックス・カラーは階調を保持するのではなく、カラー・
パレット(色情報)を保持する形式です。
ですから、2個のインデックス・カラー形式画像があれば、2種類のカラー・
パレットが存在することになり、画像によって保持する色情報が違います。
※同じ場合もあるし、階調を構成する色であるとは限らない。

対してグレイ・スケールは、256階調の灰色(白黒含む)が固定された形式で
す。
誰がどんなグラデーションを描こうが、256階調の灰色に変化はありません。


>256階調が維持されていれば結論にある通り、インデックス・グレイ
>スケール間で画像を変換しても、明るさをはかるための定量性を失わない。
>という理解をしてもよいでしょうか?

どちらも保持できる色情報の数が256個と同じなので、形式を相互に変換して
もグレイ・スケール(灰色濃度)の情報は維持されます。

と、あれこれ説明しましたが、検証のためPhotoshopで確認すると、どうやら
色情報が変化するようです。内部の計算式が何なのかは分かりませんが、計算
ルーチンが違うようです。
悩みを増幅させるような情報を提示してしまい申し訳ないですが、厳密な輝度
計算が必要な事案では、画像形式を変換しない方が良いようです。

●確認実験

  1) 適当なカラー画像を開く。
  2) メニューから「イメージ」→「モード」→「グレイスケール」と
    する。
  3) メニューから「イメージ」→「複製」としてコピーを作成。
  4) コピー画像の方を、メニューから「イメージ」→「モード」→
    「インデックスカラー」とする。
  5) 両方の画像を最大倍率まで拡大して、同じピクセルの色情報を
    「スポイト」ツールで計測する。
  6) 計測地によっては違う色になる。
    例:A( rgb(220,220,220) )、B( rgb(221,221,221) )

これは、#1 のお礼に書かれた質問に対する返信です。

>8bitが保たれていると、インデックスカラーの画像は画像全体が単色
>(例えば緑とか)256階調で、グレイスケールは色自体はグレイのみの
>256階調という理解をすればよろしいのでしょうか?

>※インデックス・カラーは階調とは言わないか!?
と補足を入れたつもりだったのですが、書き方が不十分だったかな。
厳密に言えば、インデックス・カラーは階調を保持するのではなく、カラー・
パレット(色情報)を保持する形式です。
ですから、2個のイ...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Qイラストレーターに取り込んだ画像の白い部分を透明にできますか?

例えば図面などのデータがあったとした場合、その線の部分、つまり黒い部分だけを残し、残りの白紙部分を全て透明にすることはできますか?
以前フォトショップで白紙部分をDeleteして透明にし、それをtifで保存すればイラストレーターに持ってきてもその部分は透明なまま作業ができると聞いたことがあったのですが、やってみてもできませんでした。
画像の白紙部分を簡単に透明にできる方法がありましたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

Illustrator 上に、すでに配置されている白黒画像であれば、画像を選択して、透明を「乗算」 に変更してみてください。
画像の下のパスが、透けて見えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報