以前、このサイトでご指導いただき、水槽の水がアルカリに傾く為、水槽内にある考えられそうなものを全て取り除きました。
しかし、やはり水道水のPHが7.5なのに1日で8.0程度まで上がります。
それ以上は上がらないようですので問題ないと思っています。
そこで、質問なのですが、私の実家に井戸水があるのでペットボトルに入れて持ち帰りHP(テトラ試薬)を測定してみました。
黄色(5.0)でした。
湯のみに入れて、次の日に測ってみると7.0中性になってます(???)
もう一度ペットボトルの水を計ると5.0同じです・・・?あれ?

なにか、すっかりハマッてしまった私は空気に触れたから?
と思いキャップ外して次の日に計ってみると、やはり上がりました。
5.0→7.0で落ち着いたようです。

そこで、水槽の水が次の日に8.0に上がるのは空気に触れたから?

と仮説を立ててみました(素人推理)
???
しかし、井戸は空気に触れている・・・・あれれ?

何かが違うようです。
詳しい方がおりましたらご教授お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

井戸水などの地下水には、多くの炭酸ガスが溶けています。



液体の中に溶け込むことができる気体の量は、温度一定の時、その圧力に比例します。
(=ヘンリーの法則)
これから、高い圧力のかかる地下水中には多くの炭酸ガス(二酸化炭素)を含んでいますので
pHは低くなります。
これを、通常の大気下に放置しますと、圧が解放されて溶けきれない炭酸ガスが出ていってしま
い(=曝気)、その水のpHが上がります。

さて、飼育水のアルカリ性、止まりませんね。
ただ、硬度の高い水ですとカルシウム成分(炭酸水素カルシウム)が残りますので、これがpH
を押し上げている可能性が高いです。
これの吸着にはゼオライトやソイルがありますが、しっかり濾過バクテリアが繁殖し機能します
と、酸性の硝酸が生成されますので、そのうち飼育水は酸性サイドになっていきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても解りやすいご回答ありがとうございます。
炭酸ガスと言われると、とても理解できます。
確かに、最初はCO2が多かったです。

>さて、飼育水のアルカリ性、止まりませんね。
そうなんです(^^;
でも、9.0まで上がることはなくなったような気がします。
(テトラ試薬の色合いが微妙に違うので判断が難しいのですけど)

ソイルをろ過材に使うと良いといわれて入れようか迷っていたのですがPHが9.0まで上がらないようなので様子を見てみます。
バクテリアが繁殖して機能すれば下がると思いますので。
現在、水槽リセットして6日程度ですのでまだ変化ありません。
アンモニア値が0.25 mg/lの色合いまでちょっと上がりました。
早く立ち上がってくれるのを楽しみに待っています。

お礼日時:2009/05/18 14:11

空気中ある硫黄酸化物や窒素酸化物が水に溶け込むためです



http://www.rist.or.jp/atomica/01/01080301_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも皆様のありがたいご回答に感謝します。
早々、ご紹介いただいたHPを見てみました。
しかし・・・・難しい(^^;
私の素人知識レベル(^^; では、
アルカリに傾くのではなく酸性に傾く?となっちゃいました。

もう既に「熱帯魚水槽の水質管理」ではなく「興味」の世界にはいっちゃいました。

お礼日時:2009/05/18 13:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湿度を含む比熱比について

比熱比を調べてみると、乾いた空気の比熱比は1.4であると書いてあります。
では、湿度を含む比熱比はいくつになるのでしょう?
変わるのか変わらないのかだけでもお願いします。

参考までに、水蒸気の比熱比は1.33だそうです。

Aベストアンサー

水蒸気の空気に対する物質量の割合をαとします。

空気のモル定積比熱、モル定圧比熱は5R/2、7R/2 (比熱比=1.4)
水蒸気のモル定積比熱、モル定圧比熱は6R/2,8R/2  (比熱比=1.33)

これより
混合気体の比熱比は
<γ>=(7+8α)/(5+6α)

Qアクアリウム水槽90センチ水槽 水槽立ち上げて4日目なのですが (水槽の中はプラチナソイル、流木4本

アクアリウム水槽90センチ水槽
水槽立ち上げて4日目なのですが
(水槽の中はプラチナソイル、流木4本です)
生体、水草、何も入って無いです。
水は水槽の半分です(カルキ抜きはアクアxプラス)
1日で流木に白いモヤがつきます。(水カビ)
毎日歯ブラシで磨いています。
(流木は鍋で煮ました、そのままバケツで3日間つけてます外部フィルター2個
上部フィルター3個ブラックホール入っています
おそらくアク抜けてると思うのですが
水温は27度位です。
どうしたら水いモヤが発生しないようになりますか?
根気良く歯ブラシで磨いた方がいいですか?
それとも自然消滅してくれるのですか?
まだバクテリアは発生して無いと思います。
すいませんが教えて下さいお願い致します。

Aベストアンサー

他に魚を飼育していてその水を転用するリカバリー以外では最低でも20日が過ぎないと安定はしませんし、バクテリアはリカバリー以外の水では短期間にはできません。活性炭、麦飯等に頼る場合は水の状態が好ましい状態で10日までがリカバリー、リセットの立ち上げの時の限界であり、これを過ぎると吸収していた物を排出して前よりも悪い状態になります。

 例えば金魚の水槽を立ち上げる場合はメダカ、川魚等の飼育している水を半分以上入れ、生体を入れ無い状態で大体15日程度、生体を入れた状態で10日程度でバクテリアが発生し、環境に適合した水槽になります。

  後は何を飼育するかで指導する条件も異なりますし、熱帯魚、金魚等では全く内容も異なりますのでその事が解らないと回答はできません。

Q熱交換器の熱量と比熱の求め方

空気予熱器についていくつか質問があります。
①空気の流量10000m3N/h、空気温度が20℃から100℃まで上昇、排ガス温度が300℃から200℃まで減少するとして、あと何が分かれば交換熱量が分かりますか?
(mcΔTの式は使えないのですか?)
②空気の比熱は、0.24[kcal/kg ℃]と書いてありました。この比熱って温度によって変化しないのですか?

Aベストアンサー

空気の比熱は、温度によって、若干変化します。
0℃から100℃で、約0.24kcal/kg・Kとして良いでしょう。
200℃から300℃で、約0.25kcal/kg・K程度です。
差は、約4%です。
流量を重量流量になおすと、0℃の空気の密度を1.251kg/m3として、10000m3/h→12510kg/hとなります。
空気側の加熱量=12510×0.24×(100-20)=240192kcal/h
これが、交換熱量になります。
排ガスの重量流量=240192/(0.25×(300-200))≒9608kg/hとなります。

Q水槽の水替えで水が足らなくなった場合

先日水槽の大きさ変更について質問したものです。

自分の考えが甘かったのですが...

水槽の大きさを変更しました。
30cm水槽の幅が10cm程度のものから
30cmキューブに。

当初の予定では、そのまま現行の水槽の水を入れ、徐々にカルキ抜きした水を入れる予定でしたが用意した水が足らないず、半分ほどしか入りません。

フィルターもやや空回り気味で、水の汚れがとれません。

どーしたらいいでしょうか...

Aベストアンサー

水槽のタイプを甘く考えていましたね。

 インテリア水槽に近いタイプの水槽は大きさの割に水が多く入りませんし、購入する際にどれだけの水量を確認しましたか?インテリアと違いキューブは水量は多く入りますし、只カルキ抜きをすれば個体を直ぐに入れても安心と判断しませんでしたか?

 カルキ抜きをした水は見せ掛けの水ですから其の侭入れたり、ある程度の時間を置かないとカルキは抜けませんし、過塩素酸は残っています。水草があり腐敗する状態を伴うと硫酸塩、土壌に負担が掛かると珪酸塩が伴いますので危険です。

 水槽を立ち上げる事はそのままの水で転用する事ではありませんし、前回の質問で回答をされた方は飼育歴は殆どない方か知らない方の可能性が高いので真面な回答はできていません。

 レインボースネークヘッドはライギョの仲間で成長をすると120cm以上(水量だけで250kg以上)の水槽が必要になりますし、住まいの構造を強化しないと飼育する事は難しい魚です。古代魚を飼育するには販売店で売られている段階では小さいので水槽の事を考えないで購入し、手に負えなくなり放流する馬鹿に貴方はなりたいのですか?

 厳しい言い方かもしれませんが観賞魚を曽祖父の代から飼育し、45年の飼育歴の経験者の意見ですの参考になれば幸いです。

水槽のタイプを甘く考えていましたね。

 インテリア水槽に近いタイプの水槽は大きさの割に水が多く入りませんし、購入する際にどれだけの水量を確認しましたか?インテリアと違いキューブは水量は多く入りますし、只カルキ抜きをすれば個体を直ぐに入れても安心と判断しませんでしたか?

 カルキ抜きをした水は見せ掛けの水ですから其の侭入れたり、ある程度の時間を置かないとカルキは抜けませんし、過塩素酸は残っています。水草があり腐敗する状態を伴うと硫酸塩、土壌に負担が掛かると珪酸塩が伴いますの...続きを読む

Q比熱比とは

自動車のエンジンに関する本を読んでいて、EGRというものがでてきました。そこで、排気ガスを混ぜることによって比熱比が上がり、燃料消費率が低下すると書いてあったのですが、比熱比というのがよくわからなくて困っています。比熱比とはいったいどういったものなのでしょうか。
オットーサイクルの熱効率の式から、比熱比が上がると効率がよくなることはわかったのですが、排気ガスの主成分であるCO2の比熱比を調べると1.301となっており、空気の1.402に比べると逆に低くなってしまうように思われるのですが、なぜ比熱比が上がるのでしょうか。実際のエンジンの混合気の比熱比とはどのぐらいになっているのでしょうか。
長くなってしまって申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>定圧比熱は同じ物質であっても温度によって変わる(Cpは温度が上がると上がる)と本に書いてあったのですが、定容比熱及び、比熱比もやはり変わるのでしょうか。もし変わるのであればどのように変わるのか(上がるのか下がるのか)教えていただけないでしょうか。

すごい学習意欲ですね。驚きました。すばらしいです。
定圧比熱、定容比熱ともに温度の関数です。したがって比熱比も温度の関数です。また、定圧比熱は温度が上がると値は増加します。定容比熱については忘れました(たぶん増加していると思います)。

物性値のテーブルが「流体の熱物性値集」日本機械学会(1983)に
載っていたと思います。
(学生さんでしたら大学の図書室にあるかもしれません)

私が大学生のときは空気の物性を温度の関数として与える式
を用いて研究してました。便利ですよ。

Q金魚の水槽に新しい水を入れる際、いつも水が濁ります。

金魚の水槽に新しい水を入れる際、いつも水が濁ります。
気にせず水を換えていたのですが、先日、水槽をよく観察してみたら、濁りではなく水槽のガラス自体に白いものが着いて居る事が分かりました。始めは新品のスポンジを使用してた事もあり、『もしやワックスか!?』と心配しました。
ですが最近では水槽に水を入れる際に、下に敷き詰めた白い砂利から出たものだと思うようになりました。指で拭って触ってみても、本当に粉のようです。

そこで質問なのですが、
この粉、金魚に害はないんでしょうか?
何が原因で、どうしたら良いんでしょうか?いくら洗っても、洗浄中のバケツが白濁してしまいます。

Aベストアンサー

水道水中には、地域差がありますが、結構沢山のカルシウムが含まれています。
また、底砂も種類によりカルシウムが水槽水中に溶け出します。
水道水中のカルシウムは、ポットの底に溜まる水垢の事。
炭酸カルシウムなので無毒です。

カルシウムが水中に溶け出すと、pHがアルカリ性の硬水に引っ張られます。
金魚は「中性~弱アルカリ性」「軟水~中硬水」を好む魚です。
金魚の飼育には直接問題はありません。

・炭酸カルシウム
水道水中に含まれるカルシウムイオンと二酸化炭素が反応すると炭酸カルシウムという眼に見える物質に変わります。

対策:
水換え時の、排水時に底砂清掃器具を行う。
底砂を徹底的に清掃する事により炭酸カルシウムを水槽の外へ廃棄。
使っていると、いつの間にか白濁りが解消するハズ。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1129260000&itemId=12627

Q定積モル比熱の使い方が分かりません.

定積モル比熱の使い方が分かりません.
「1気圧,体積5L,温度300Kの空気を2000Jの仕事を加えて急激に圧縮した.温度は何度上昇するか?ただし,空気は理想気体とみなし,定積モル比熱を21J/(mol*K)とする.」
という問題が分かりません.
まず理想気体の状態方程式より,物質量は0.203mol.
答えには470℃とあります.
これは21*0.203*ΔT=2000より求まるΔTと一致します.
ですが,圧縮したのに定積モル比熱が使えるのですか?
どうすれば答えが出ますか?

Aベストアンサー

1さんの回答でいいのですが、少し補足です。

>圧縮したのに定積モル比熱が使えるのですか?

ご質問のとおり本当はだめです。

ですが、理想気体の場合、内部エネルギーが温度のみで決まり体積に依存しないという性質があるために、内部エネルギーの変化は体積変化の有無に関らずいつでも

ΔU = n cv ΔT

と書くことができます。比熱も定数です。なので、この問題の場合では、

>これは21*0.203*ΔT=2000より求まるΔTと一致します.

これでOKになります。

Q金魚水槽の水換えの水

室内と屋外で金魚を飼っています

水の量はどちらも約60リットルです

屋外は雨水が貯まった水で、時々溢れないように水を減らしています

この水を室内水槽の水換えに用いるという案はいかがなものでしょうか?
もちろん、温度合わせは行って

屋外は3cmほどの金魚が一匹だけなので、亜硝酸とかはほとんどないと思います
また、植物プランクトンも豊富にいて、いわゆる青水状態なので、室内水槽の金魚にも良いかなと思っています

ご指導・ご指摘よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

金魚は中性域~弱アルカリ性域を好む魚です。
数値的には、長期間pH6.0を下回らなければ、元気に飼育できます。
pH6.0を下回ると生殖能力に影響が出始めます。
pH5.5を下回ると、発色などが悪くなり調子を落とす個体が発生してきます。

近年、中国の工業化などの影響により日本全国に酸性雨が降っています。
屋外の水槽のpHを測定し、pHが6.0を下回らないことを条件に雨水を金魚の飼育水として使用出来ます。

参考:気象庁(降水の酸性度)・・・結構ヤバイっすよ。
http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/acidhp/acid_rain.htm

Q気体の比熱について

仕事の関係で、ある排ガスの比熱を求めたいのですが計算の方法が分かりません。(排ガスの成分は検査可能です。)1m3の空気を1℃上昇させるのに必要な熱量は0.3kcalとのことですが、気体の組成が変われば比熱は変化するのでしょうか。同体積中の気体中に含まれる分子数に比例するのでしょうか。

Aベストアンサー

比熱は分子の形状によって異なるはずです。
1原子分子(希ガス)の定積モル比熱は(3/2)RT、定圧モル比熱は(5/2)RT
等核2原子分子(酸素、窒素など)の定積モル比熱は(5/2)RT、定圧モル比熱は(7/2)RT
・・・のように。
複雑な分子ほど比熱が大きくなると思ってよいと思います。したがって、気体の組成が変われば比熱は変わるということになります。

同温、同体積中の気体に含まれる分子数は、理想的には、気体の種類によらず一定です。

Q熱帯魚水槽の水が減ったらどうやって水を足せば

熱帯魚水槽の水が減ったらどうやって水を足せば

最近グッピーを飼い始めました。
暑いのでファンを買ったところ、聞いてはいましたが水が減っていきます。
水を足せばすむことだとは思いますが、
その水は水道水そのままでよいのでしょうか?
最初にいろいろ入れて水を作ったのに、足し水は何もしなくて良いのでしょうか?
初歩的なことで申し訳ございませんが、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バケツなどに汲み置いた水を足してください。

水道水+カルキ抜きでも大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報