バットの上っ面に当たって後ろに跳んでいくファールについてなんですが、

右打者の場合、
1塁寄りに飛んでいく場合、もし、バットの軌道がもっと上であってジャストミートして前にボールが飛んだとしたら、それは3塁方向への打球なのでしょうか?
また3塁方向へのバックネットファールは、これと逆で、ジャストミートならば1塁方向への打球でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1です。


>ジャストミートのときと、後ろに飛ぶときのボールの軌道は、もしかすると一直線上になるのではないかという仮説です。

おそらく後ろに飛ぶ打球は、バットによって加えられた力で後ろに球が飛ぶ、という考えからこのような仮説を立てているのではないかと感じました。ジャストミートのときはその力が球が前に飛ぶように働くから後ろに飛ぶときと反対向きになる、というように。

しかし実際は、前後方向と左右方向(一塁・三塁方向)を分けて考えると、
後ろに飛ぶ打球は、投球の勢い(慣性力)で後ろに飛び、バットによる力で左右の方向が変わり、
前に飛ぶ打球は、バットによる力で前に飛び、バットによる力で左右の方向が変わる、
となっていると思われます。

前に飛ぶか後ろに飛ぶかはバットの上下の当たり具合(ジャストミートしないと球の勢いのほうが強く後ろに飛ぶ)で変わりますが、左右方向はバットの当たる(左右方向の)角度で変わると思われ、バットの上下のあたり方が変わっても方向は変わらないと考えます。

ちなみにこの説明では、バットから2方向の力が別々にあるような書き方をしていますが、実際の力は一つのみですし、3次元の世界での現象なので力の方向は3方向に分けるほうが正確です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

模擬実験してみたのですが、おっしゃるとおりに前に飛ぶか後ろに飛ぶかという違いだけで、バットの角度により方向は一定しますね。つまり、1塁側に飛ぶ打球ならば、バックネット方向でも1塁側に飛びます。

お礼日時:2009/05/25 23:23

#1です。



今までの回答は、バットが常に水平と仮定していましたが、
実際振り遅れの場合はバットのヘッドが上がっている状態で、
タイミングが速い場合はヘッドが上がっている状態になるので、
それを考えると、質問者様、#3の回答者様の言うとおり、

>振り遅れたなら三塁寄りのバックネットへ、逆なら一塁寄りのバックネット

が正しい気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バットのヘッドの状態まで考慮するととてもややこしいです。とりあえず水平になっていて、振り遅れているか早いかということだけで考えてみたいと思います。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 23:26

>ジャストミートのときと、後ろに飛ぶときのボールの軌道は、


>もしかすると一直線上になるのではないかという仮説です。

なるほど・・・そんなことは考えたこともありませんでしたが、例えば右打者がボールの下ツラを叩いてバックネット方向へのファールになる場合、たしかに、振り遅れたなら三塁寄りのバックネットへ、逆なら一塁寄りのバックネットへ飛ぶような気がします。

>単純に考えると、バットの上でも下でも
>ボールに加わる平面方向の力は同じ方向

というのももっともですが、「方向は同じで飛ぶ向きだけ逆」という場合に、「逆というのは何を軸にして反転させることか」の定義によって「方向は同じ」の意味が変わってくる気がします(プレート板と平行に折り返すのと、ボールに衝突した時点でのバットの角度に平行に折り返すのとで「反転」する方向が違う)。

この回答への補足

もし、タイミングが早い(引っ張りのタイミング)でバックネットに飛ばした場合、3塁側に飛んだら自分の体に当たる怖れもありますよね。

補足日時:2009/05/21 21:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

模擬実験してみたのですが、おっしゃるとおりに前に飛ぶか後ろに飛ぶかという違いだけで、バットの角度により方向は一定しますね。つまり、1塁側に飛ぶ打球ならば、バックネット方向でも1塁側に飛びます。

お礼日時:2009/05/25 23:24

単純に考えると、バットの上でも下でもボールに加わる平面方向の力は同じ方向だと思うので


一塁寄りのときはジャストミートしても一塁寄り
三塁寄りのときはジャストミートしても三塁寄り
と思うのですが…

質問文のように思った理由を教えていただければ、きちんと回答できるかもしれません。

この回答への補足

ジャストミートのときと、後ろに飛ぶときのボールの軌道は、もしかすると一直線上になるのではないかという仮説です。当然、1塁側に飛ぶ打球が後ろに飛ぶときは、3塁側のバックネットにいきます。

という仮説なんですが、何しろ本式に野球をやったことがないので感覚的にわかりません。

補足日時:2009/05/19 23:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生を連れてボーリングに行くのですが・・・

小学生数名を連れてボーリング場に行く予定なのですが、ボーリング場の機械操作はかんたんですか?

ボーリング場なんて数回しか行った事がなく、操作も他人任せでしたのでよくわかりません。

Aベストアンサー

私がよく行くボーリング場では特に操作することはありません。

(1)入口で受付して、
(2)ボーリング用シューズを選んで、
(3)ボールを選んで、
(4)順番に投げる

1ゲーム終わったら、
(5)「次のゲーム」か「終了」を選ぶ
だけです。
操作するといったら(5)だけですが、
ボーリング場やシステムによって違うかもしれませんね。。

Q左バッターのバットは、「右打者の足もと外側位置」 (キャッチャーから見て左下方向、ボックス外) に届きますか?

『ONE OUTS ワンナウツ』というアニメを見て疑問がわいたのでアニメカテゴリに質問を出しましたが、回答がありませんでした。原作マンガを読んでいるであろう方対象にコミックカテゴリも考えましたが、野球に詳しい人ならわかるだろうと思い、こちらに質問を出し直してみることにしました。

状況は、「ジョンソンという、《塁間世界最速》の選手がいて、ほぼ100%のホームスチール成功率を見せる」
→ジョンソンの所属チームは「バガブーズ」。
対する主人公のピッチャーは「渡久地」という名前です。渡久地は速球型のピッチャーではなく、最高速で投げても、計算上ジョンソンのホームスチールよりタッチの方が遅くなってしまう理屈が、これまでの展開で述べられています。

ジョンソンのホームスチール対策として、渡久地は「右バッターの足もと外側への投球」でこれを封じました。
これは、「ウエストしたボールを捕った位置からキャッチャーがタッチするところまで動く時間」を短縮し、「捕った位置」≒「タッチする位置」とし、それが走塁線上であることで、「無駄な時間を徹底的になくした」ものと考えられます。

これに対して、バガブーズは翌日の試合において、「ジョンソンがホームをねらうであろう場面において、バッターボックスに入る打者をすべて左打者にする」ということをしてきました。

しかし、この作戦の有効性が理解できません。
単純に、「バッターがどっちに立っていようと、ホームと3塁の間に投げればいいんじゃないの?」、つまり、上記の「右バッターの足もとに投げる」と同じことはできる、と私は考えてしまうわけです。

このあたりの疑問が、数話あとでは解かれるのかと思いきや、最終的にこの試合の最終局面で、渡久地はまさに「ホームスチールの走塁線上」に投球することで、ジョンソンを刺しました。
(その次の回では、「筋肉は使えば使うほど疲労するから、それまであれこれ策を練ってわざと走らせた効果が出て、ジョンソンは最終場面でベストの状態で走れなかった」と解説されます)

私自身は、野球のルールはおおむね理解していますが、「野球をやっている」わけではないので、何か見落としているところがあるのでしょうか。
たとえば、上記、「右バッターボックスの外側、ホームスチール走塁線上の位置」だと、実際には左バッターのバットが届くとか? だとすると、上記最終のスチール場面で、バッターがバントでもして球を転がせば、点は入るわけですが、そういうことは行われていません。

どなたか、「左バッターシフト」の有効性について、納得のできる説明をください。
よろしくお願いいたします。

『ONE OUTS ワンナウツ』というアニメを見て疑問がわいたのでアニメカテゴリに質問を出しましたが、回答がありませんでした。原作マンガを読んでいるであろう方対象にコミックカテゴリも考えましたが、野球に詳しい人ならわかるだろうと思い、こちらに質問を出し直してみることにしました。

状況は、「ジョンソンという、《塁間世界最速》の選手がいて、ほぼ100%のホームスチール成功率を見せる」
→ジョンソンの所属チームは「バガブーズ」。
対する主人公のピッチャーは「渡久地」という名前です...続きを読む

Aベストアンサー

ワンナウツ、原作を数年前に読み、アニメも見ています。

質問の内容に関しては、確かに説明は無かったですが、
「左バッターはホームと三塁の間に届く」という解釈で良いと思います。
とりあえず内野に転がせばいいわけですから、思いきり体とバットを伸ばしたら可能だと思います。

最後の16回裏の場面では、トクチは「打者が届かないところに投げる」と言ってなげているので、
「足もと投げ」をしたわけではありません。ホームと三塁の間に投げたことに変わりはありませんが、
足元のずっと上、右バッターが居たならば頭の上をかすめるようなボールを投げたのだと思います。
野球経験があるわけではないので偉そうには言えませんが、高めのボールを
ゴロで転がすというのは低めよりもかなり難しいですからね。

結論としては、
「左バッターは右バッターの足もと付近へのボールには届くしゴロを上手く転がせられるが、
右バッターの頭付近へのボールは届くけれど上手くゴロは転がせない」
ということだと思います。

ただやはり、ワンナウツは面白い漫画ですが、正直ご都合主義というか、突っ込みどころが
無いわけではないですよね。

ワンナウツ、原作を数年前に読み、アニメも見ています。

質問の内容に関しては、確かに説明は無かったですが、
「左バッターはホームと三塁の間に届く」という解釈で良いと思います。
とりあえず内野に転がせばいいわけですから、思いきり体とバットを伸ばしたら可能だと思います。

最後の16回裏の場面では、トクチは「打者が届かないところに投げる」と言ってなげているので、
「足もと投げ」をしたわけではありません。ホームと三塁の間に投げたことに変わりはありませんが、
足元のずっと上、右バ...続きを読む

Q【自動車】「シリンダをボーリングする」ってどういう意味ですか? シリンダってなに?ボーリングってな

【自動車】「シリンダをボーリングする」ってどういう意味ですか?

シリンダってなに?ボーリングってなに?

「シリンダは走っていると消耗するがボーリングすれば大丈夫」


なぜシリンダは消耗する?

ボーリングするとなぜ大丈夫になるの?

Aベストアンサー

http://genn2.com/engine-shikumi/

ピストンが上下する筒
ピストン(リング)がシリンダ内を上下するので、磨り減る。
エンジンオイルの潤滑によって、さほど磨り減りません。

エンジンオイルを定期的に交換していれば、通常は、
シリンダーのボーリングは不要です。
(ボーリングが必要になるほど磨耗しない)

QNYヤンキースの指名打者松井秀喜の打球は、何故他の左の長距離打者の様に滞空時間の長いアーチを描かないのでしょうか?

ニューヨーク・ヤンキースの指名打者松井秀喜の打球は、何故他の左の長距離打者の様に滞空時間の長いアーチを描かないのでしょうか?
松井選手の打球は本塁打性の当たりでも概ねライナーばかりなので、MLBでは本塁打が増えない気がします。
もっとアッパー気味に、掬い上げる様な打ち方に変えた方が良いのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 松井選手は右投げ左打ちです。そのため右手を主流にバッティングをしがちになってしまっている傾向にあるからだと思います。
 つまり,打球をとらえる際に,右手で押し込みがちになり,この場合左手はどうしてもかぶせ気味になって,打球に角度がつきにくい現象が引き起こされているからだと思います。人間利き手でないほうの手は,繊細で力のある利き手を超えることはできませんから,修正するのは難しいのではないかと思います。
 基本的に,後ろの手が強いほうが,バットの角度やスイングの軌道をコントロールしやすく,打球に角度もつけやすいものと考えられます。日本の球界では,右投げ左打ちのバッターが結構いますが,ほとんどが中距離バッターだということに気が付くと思います。
 過去のホームランバッターを見てみると,王貞治選手,バリーボンズ選手,などのとてつもない記録を残している選手は,同じ左バッターでも,左投げ左打ちの選手であったということが注目すべき点だと思います。
 ただ,メジャーの選手はあまり詳しくはわからないのですが,ジェイソンジアンビ選手(右投げ左打ち)のように年間40本くらい打った例外の選手も中にはいますが,真のホームランバッターになりえるのは,右投げ右打ち,左投げ左打ちの選手に限るといっても,決して過言ではないと思います。
 そういう意味では,松井選手は真のホームランバッターには成りえないという見方もできると思います。しかし,右投げ左打ちの選手で最もホームランバッターに近い選手であることは間違いなと思います。というのも,比較的打球に角度がつかなくても,スタンドまで運ぶわけですから,とてつもないパワーを持っていないと成しえない離れ業をやってのけているという見方もできるわけです。
 ある意味,ゴジラというニックネームに一番ふさわしい選手だと思います。またメジャーで30本くらい打ってほしいですし,個人的にも,松井選手を応援しています。

 松井選手は右投げ左打ちです。そのため右手を主流にバッティングをしがちになってしまっている傾向にあるからだと思います。
 つまり,打球をとらえる際に,右手で押し込みがちになり,この場合左手はどうしてもかぶせ気味になって,打球に角度がつきにくい現象が引き起こされているからだと思います。人間利き手でないほうの手は,繊細で力のある利き手を超えることはできませんから,修正するのは難しいのではないかと思います。
 基本的に,後ろの手が強いほうが,バットの角度やスイングの軌道をコントロールし...続きを読む

Q【ルール】 ファールゾーンでのフライ

フライをフェアゾーンで落とせばもちろんそのままゲームは進行しますよね。
でもファールゾーンで落としてしまうと、どうなるのでしょうか。ただのファールになりますか。それともそのままフェアと同じように進行するのでしょうか。
また、タッチアップ時ですが、落とすとどうなりますか。ファールゾーンでのタッチアップは捕球した時だけ有効なのでしょうか

Aベストアンサー

いまいち質問の理由がわからないのですが

ファールゾーンでボールを落とせば当然ファールです。ファールはボールが外れたところに飛んでいるから打ち直しというようなことですが、それを野手がとったらアウトというのは守備側のボーナスで、私は後付のような印象を勝手に持っています。だから落としてもただのファールです。
タッチアップをフェアゾーンで落とせばただのヒット(記録はエラーの場合もあり)です。ファールゾーンで落としたら上記と同じファールです。ファールゾーンでとった場合、とった瞬間にそのボールは「ただの打ち直し用のボール」から「アウトを取ったことでインプレーのボール」と判断され、打ち直しではなくプレー続行となりタッチアップが出来ます。

こんな感じでしょうか?

Q野球素人です、打者が打って球が高く飛んだとしますよね?(ファールではな

野球素人です、打者が打って球が高く飛んだとしますよね?(ファールではないですよ)
走ってそこでもし1塁を踏めたとします。 で落ちてきた球をそのままキャッチされたら塁を踏んでようとアウトになるんですか?

Aベストアンサー

バッターアウトです
ファールエリアでもキャッチされればアウト

Q野球のファールボールについて

野球のファールボールで、1塁もしくは3塁より内側であれば、一度ファールゾーンに出ても戻ってくればフェアになるというのを最近知りました。
それに関して調べていると、スピンがかかってフェアゾーンに戻ってきそうな場合、守備の選手が触ってファールにすることもあると書いていました。

そこで疑問なのですが、何故このルールを作ったときに、「ワンバウンドしたファールボールには触ってはいけない」と言うルールを作らなかったのでしょうか。

しかし、そのルールがあったらあったで、取れるかどうか微妙なファールフライとか、色々弊害がある気もします。


でも、なんか納得いかないので、理由を説明して頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

某野球連盟審判員より

いくつか理由がありますが、最も考えられるのは、多くの選手がその行為を「反則だと感じていないから」ではないでしょうか。
基本的にどこでどんな守備をしても自由です。積極的に打球を処理しても良いですし、見守っても構いません。明確な反則行為以外はどんなプレーをしても良いとされているのが原則です。

守備というのは相手の進塁を防ぐこと、打者を走者にしないことですから、規則の範囲内でプレーするぶんには問題ありません。打者がファウルボールだと思い込んで走るのをやめていたら、フェアになるのを待っても構いません。

ファウルボールの判定が出されれば、打者は打ち直し、守備側は打者をアウトにはできませんが安打にされる恐れもなくなります。どちらか一方に不利になるというわけではありません。むしろ攻撃側がもう一度打撃の機会があると喜ぶ場合も多々あります。

私の経験則ですが、スピンがかかってフェアゾーンに戻ってきそうな打球を確実なヒットだったと思う選手は少ないです。
仮に審判の裁量やローカルルールで、「スピンがかかってフェアゾーンに戻ってきそうな打球は全てフェアとして扱う」とした場合、内野安打になるか、アウトになるかは五分五分だと思います。

なので、「フェアゾーンに戻ってきそう=確実な安打になる」とは言えないので、不利益の度合いや反則性が殆ど無いように感じられます。

逆に、ワンバウンド目はフェアゾーンある打球でも、1塁もしくは3塁より内側でファウルゾーンに出ればファウルボールの扱いです。その場合、守備の選手はファウルにならないうちに打球を処理して、アウトにしようと試みるかもしれませんし、打球を見送り判定を待つ場合もあります。

某野球連盟審判員より

いくつか理由がありますが、最も考えられるのは、多くの選手がその行為を「反則だと感じていないから」ではないでしょうか。
基本的にどこでどんな守備をしても自由です。積極的に打球を処理しても良いですし、見守っても構いません。明確な反則行為以外はどんなプレーをしても良いとされているのが原則です。

守備というのは相手の進塁を防ぐこと、打者を走者にしないことですから、規則の範囲内でプレーするぶんには問題ありません。打者がファウルボールだと思い込んで走るのをやめてい...続きを読む

Q金属バット→木製バットに変わって打てない打者は何故?

 高校野球では金属バットが使用されています。大学、社会人も少し前まで金属バットの時がありました。
 金属バットは内部が空洞で、スイートスポットが広く耐久性が木製より高く、デザイン、重量バランスに自由度があるのは知っています。

 高校生やかっての大学、社会人で金属から木製にバットが変わり、『○○二世』『屈指の長距離砲』『超○○級のスラッガー』『○○通産本塁打○本』とアマ時代に騒がれた打者が、プロに行ってから、打撃不振になったり、中距離打者にスケールダウンする場合が見られます。
 元巨人の元木選手、現ロッテの西岡選手などは高校時代、長距離砲として騒がれていましたが、プロに入ってから『曲者』とか『俊足好打』の選手になり、小粒になった感じがしました。
 金属→木製に変わるとかなり違うのでしょうか?木製はスポットは一点しかありません。
 私はゴルフをしますが、チタンドライバーとパーシモンドライバーの違いと同じことだと感じていますが、技術があり、素質も実績もあるアマ選手がプロ転向、木製バットになると大成しないのは何故なんでしょうか?

Aベストアンサー

チタンドライバーとパーシモンドライバーを例に質問
されていますので・・・。
プロゴルファーも言っていますが、打ち方が違うよう
でやはりそれを機に低迷した選手が幾人もいますよ
ね。

私は社会人の金属から木製に変わる時期に直面しまし
たが、打ち方が違いました。金属の反発が良いのは
誰もが知っているところですが、それがゆえにコンパ
クトにミートする打ち方になっています。意識しなく
てもそれで飛んでいくので身についています。
木製では、反発しない分、しなりを利用し、バットに
長くボールをくっつけるイメージが必要になります。
慣れてくると順応出来る人もいれば、そうでない人が
います。私は出来ませんでした。(あくまでも私のイ
メージと表現です。)

元木、西岡の話ですが結局、生き残るための手段の
結果がそうなったのではないでしょうか。プロの世界
は一流の集まりで「上には上がいる」ということかと
思います。

Q【ファールチップ 三振】

ツーストライクから打者がファールチップを打った場合、キャッチャーがそのまま捕球すれば空振り三振になりますね。

【質問1】
ツーストライク後のファールチップを捕手がミットで直接捕球しなかった場合は三振にならない…と知人に聞きました。
(例えばファールチップした球が捕手のマスクに当たり地面に落ちる前にミットで捕球した場合やお腹で抱え込むように捕球した場合)
この知人の解釈は正しいのでしょうか?

【質問2】
上記質問1が正しいのであれば、ファールチップ後の球が身体のどこにも触れずミットと逆の手(右手)で直接捕球した場合は?

今の今まで『ツーストライク後のファールチップは地面に落ちるまでに捕球すれば三振』と思っていましたので、友人の話が納得できないのです。
どなたか詳しく解説して下さい。

Aベストアンサー

質問1
お友達が正解
打球が最初に捕手の手またはミットに当たったものであれば、その後マスクやプロテクターなどに当たって跳ね返っても、地面に落ちる前に捕球すればファウルチップであり、ストライクとなります。これに反して、最初にマスクやプロテクターなどに当たって跳ね返ったものを捕球しても、正規の捕球とはならないので、ファウルボールです。
質問2
手(素手)はミットと同様に判断され正式な捕球と見なされ故に三振アウトです。

Q打者および走者はどの塁までいけるの?

少年野球にたずさわっております。
下記のような事が試合中におこりました。
打者および走者はどの塁まで進塁出来るのでしょうか?

無死 走者二塁で四球となった球が捕手に触れずダイレクトでバックネットにはさまりました(ボールデッドとなった状態)
この場合、打者および走者はどの塁まで進塁出来るのでしょうか?

投手の投手板をはずさず一塁への牽制球が暴投でボールデッドになった場合と一緒だから『テイクワン』だ。と言う人もいれば

投球の場合は牽制球と違って『テイクツー』になるから打者は二塁まで行けて二塁走者はホームインだ。と言う人もいます

実際の野球規則ではどお対処されるのでしょうか?

またダイレクトと捕手のミットに触れかすめてボールデッドになった場合とでは対処の仕方が違ってくるのでしょうか?

お詳しい方いらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

テイクワンです。
ただし、二走は三塁まで行けますが、
打者は四球を選んでいようと一塁までです。
以下【問18】の「解答のほうの」なを以下を参考に。
http://www21.ocn.ne.jp/~khbf/abc.html

ちなみに、公認野球規則7.05(i)の準用かな。
----------------------------------------
打者の四球目、三振目の投球が(h)および(i)項規定の
状態になっても、打者には一塁が与えられるにすぎない。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~elcondor/dragons/rules/7_00.htm
----------------------------------------

なお、捕手が触っていても、ダイレクトでも同じ。


人気Q&Aランキング