人気雑誌が読み放題♪

バットの上っ面に当たって後ろに跳んでいくファールについてなんですが、

右打者の場合、
1塁寄りに飛んでいく場合、もし、バットの軌道がもっと上であってジャストミートして前にボールが飛んだとしたら、それは3塁方向への打球なのでしょうか?
また3塁方向へのバックネットファールは、これと逆で、ジャストミートならば1塁方向への打球でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1です。


>ジャストミートのときと、後ろに飛ぶときのボールの軌道は、もしかすると一直線上になるのではないかという仮説です。

おそらく後ろに飛ぶ打球は、バットによって加えられた力で後ろに球が飛ぶ、という考えからこのような仮説を立てているのではないかと感じました。ジャストミートのときはその力が球が前に飛ぶように働くから後ろに飛ぶときと反対向きになる、というように。

しかし実際は、前後方向と左右方向(一塁・三塁方向)を分けて考えると、
後ろに飛ぶ打球は、投球の勢い(慣性力)で後ろに飛び、バットによる力で左右の方向が変わり、
前に飛ぶ打球は、バットによる力で前に飛び、バットによる力で左右の方向が変わる、
となっていると思われます。

前に飛ぶか後ろに飛ぶかはバットの上下の当たり具合(ジャストミートしないと球の勢いのほうが強く後ろに飛ぶ)で変わりますが、左右方向はバットの当たる(左右方向の)角度で変わると思われ、バットの上下のあたり方が変わっても方向は変わらないと考えます。

ちなみにこの説明では、バットから2方向の力が別々にあるような書き方をしていますが、実際の力は一つのみですし、3次元の世界での現象なので力の方向は3方向に分けるほうが正確です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

模擬実験してみたのですが、おっしゃるとおりに前に飛ぶか後ろに飛ぶかという違いだけで、バットの角度により方向は一定しますね。つまり、1塁側に飛ぶ打球ならば、バックネット方向でも1塁側に飛びます。

お礼日時:2009/05/25 23:23

#1です。



今までの回答は、バットが常に水平と仮定していましたが、
実際振り遅れの場合はバットのヘッドが上がっている状態で、
タイミングが速い場合はヘッドが上がっている状態になるので、
それを考えると、質問者様、#3の回答者様の言うとおり、

>振り遅れたなら三塁寄りのバックネットへ、逆なら一塁寄りのバックネット

が正しい気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バットのヘッドの状態まで考慮するととてもややこしいです。とりあえず水平になっていて、振り遅れているか早いかということだけで考えてみたいと思います。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/25 23:26

>ジャストミートのときと、後ろに飛ぶときのボールの軌道は、


>もしかすると一直線上になるのではないかという仮説です。

なるほど・・・そんなことは考えたこともありませんでしたが、例えば右打者がボールの下ツラを叩いてバックネット方向へのファールになる場合、たしかに、振り遅れたなら三塁寄りのバックネットへ、逆なら一塁寄りのバックネットへ飛ぶような気がします。

>単純に考えると、バットの上でも下でも
>ボールに加わる平面方向の力は同じ方向

というのももっともですが、「方向は同じで飛ぶ向きだけ逆」という場合に、「逆というのは何を軸にして反転させることか」の定義によって「方向は同じ」の意味が変わってくる気がします(プレート板と平行に折り返すのと、ボールに衝突した時点でのバットの角度に平行に折り返すのとで「反転」する方向が違う)。

この回答への補足

もし、タイミングが早い(引っ張りのタイミング)でバックネットに飛ばした場合、3塁側に飛んだら自分の体に当たる怖れもありますよね。

補足日時:2009/05/21 21:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

模擬実験してみたのですが、おっしゃるとおりに前に飛ぶか後ろに飛ぶかという違いだけで、バットの角度により方向は一定しますね。つまり、1塁側に飛ぶ打球ならば、バックネット方向でも1塁側に飛びます。

お礼日時:2009/05/25 23:24

単純に考えると、バットの上でも下でもボールに加わる平面方向の力は同じ方向だと思うので


一塁寄りのときはジャストミートしても一塁寄り
三塁寄りのときはジャストミートしても三塁寄り
と思うのですが…

質問文のように思った理由を教えていただければ、きちんと回答できるかもしれません。

この回答への補足

ジャストミートのときと、後ろに飛ぶときのボールの軌道は、もしかすると一直線上になるのではないかという仮説です。当然、1塁側に飛ぶ打球が後ろに飛ぶときは、3塁側のバックネットにいきます。

という仮説なんですが、何しろ本式に野球をやったことがないので感覚的にわかりません。

補足日時:2009/05/19 23:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッティング(ボールの下をかする)

バッティングについて教えて下さい。

打ちそこなう時に必ずボールの下をかすり、後ろ又は真上にボールが飛んで行きます。

このパターンがあまりにも多いのですが、何が原因なのか解る方、おられますでしょうか?


実際のスイングを見ないと難しいでしょうが、仕事の合間にバッティングセンターへ行くのでいつも一人、自己流です。
打ち方は、上半身を軽くそらす感じにして、ヒザを軽く曲げ、コンパクトなスイングを心がけてます。

気分転換にバッティングセンターへ行くのですが、打てないと逆にストレスになり、逆効果です。
気持ちよく打てるコツなどありましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

打つときにヘッドが下がっているというのは右打ちなら右の脇、左打ちなら
左の脇が空いているのではないでしょうか??
しっかり脇をしめて打ってみればヘッドはさがらないと思います!
本当にみていないのでもし違ったらすみません・・・!

Q「右打ち」に関して

中、高、大と長年野球をやってきましたが、疑問が一つあります。
バッティング指導に関して、何故「右打ち(逆方向への打球)」が理想と言われるのでしょうか。
その理由としてランナーから遠いと言うのを聞いたことがありますが、
確かにランナーが3塁に行く時はレフトよりライトの方が遠いため、送球距離が伸び生還率が上がりそうなのは分かります。
バックホームの際、レフトからの送球の方がクロスプレーの際タッチしやすいのも分かります。
とまぁ確かに上記のような点で利点があるのは分かります。
しかし、上記の利点はランナーが居る際の話であって、ランナーが居ない時には必要のない事のはずです。
しかも下手にライト前とかに打つと中、高ではライトゴロも多々起こり得る事です。
しかもこれは右打者にとっての話のはずです。なのに左打者も逆方向に打てと言われます。
右打ち(逆方向)を意識しすぎて、所謂「擦り打ち」になって全然打てなくなる人もよく見ます。

右打者でも左打者でも、最高のバッティングができればセンターから順方向に打球が行くはずです。
特に左打者の流し打ちは、所謂「走り打ち」になる事が多く、これは必ずしも最高のバッティングではないはずです。
私は現在左打ちですが、良い当たりをした時はライト方向に行く事が多く、飛距離もライト方向の方が出ます。
なのに流し打ちをしろだの三遊間を狙えだと散々言われてきました。
更に右打ちだった頃も、右に打てとずっと言われてましたし、ライトゴロも多々ありました。
逆打ちはチームバッティングとしては良いかもしれませんが、必ずしも"理想の"バッティングでは無いと思います。
なのに何故「右打ち(逆方向への打球)」が理想と言われるのでしょうか?
そしてこれは日本独特の指導なんですか?
皆さんの意見をお聞かせいただきたいと思います。

中、高、大と長年野球をやってきましたが、疑問が一つあります。
バッティング指導に関して、何故「右打ち(逆方向への打球)」が理想と言われるのでしょうか。
その理由としてランナーから遠いと言うのを聞いたことがありますが、
確かにランナーが3塁に行く時はレフトよりライトの方が遠いため、送球距離が伸び生還率が上がりそうなのは分かります。
バックホームの際、レフトからの送球の方がクロスプレーの際タッチしやすいのも分かります。
とまぁ確かに上記のような点で利点があるのは分かります。
し...続きを読む

Aベストアンサー

打者から見たら、haruka_rukiさんのおっしゃる通りかもしれませんね。
多分なんですが、投手の組み立ての中でひっかけた内野ゴロを打たせるというのがあり、順方向のバッティングだとこれにはまる率が高いからではないでしょうか?


人気Q&Aランキング