溶融亜鉛メッキを施した電線管がありますが、通常何g/m2なのでしょうか??
400g/m2は特注?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般に肉厚で規定しています。


薄い素材に厚く付着させることは出来ませんし、肉厚な素材に薄くメッキすることに意義がありません。
    • good
    • 0

パナソニックのZシリーズはカタログに300g/m2とあるので、標準管はそれ以下なのだと思います。



丸一の標準管は300g/m2とホームページにありますが、
2003年にどぶづけ指定で取り寄せた仕様書には400g/m2とあります。

参考URL:http://www.maruichikokan.co.jp/product/domestic/ …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリートと溶融亜鉛メッキの相性について

コンクリートと溶融亜鉛メッキの相性について教えてください。
屋外で溶融亜鉛メッキのポールが
コンクリートに打ち込んであります。
工事完成後半年ぐらいですがポールの立上げ部が
コンクリート面に沿って薄く錆びてきていました。
そこで亜鉛メッキ補修スプレーを吹きました。

溶融亜鉛メッキってコンクリートに弱いのでしょうか?

Aベストアンサー

コンクリートはアルカリ性なので、金属を腐食します。
亜鉛めっきの配管はコンクリートとの接触面には防食テープというビニルテープを巻いたりします。

Q亜鉛メッキ、鋼板屋根の特徴は?

築30年、木造、亜鉛メッキ、鋼板屋根の戸建の特徴ー断熱性、遮音性、湿気など、教えて、お願いします。

Aベストアンサー

築30年のお家に、断熱性、遮音性、を求めることはできません。
当時はロックウールやグラスウール程度しか普及しておらず、使っていないところもあります。
柱は集成材の可能性はかなり低く無垢柱で、ひと廻り痩せているとすればすきま風もあります。
床下もベタ基礎という工法はほとんどしてませんから土で、防湿の措置(防湿コンクリートやフィルム施工)はその年代の物件で見たことはありません。

しかし、床下から湿気てもすきま風で乾燥されて木材は健常であるお家もありました。

屋根勾配が緩い切り妻などであるとケラバの下地が腐ってることもあります。
安全に住むためには検査が必要でしょう。
メンテの差もあります。よくメンテされてればある程度は居住に耐えます。

Q屋外建築物の溶融亜鉛メッキ物に塗装する場合

屋外建築物の溶融亜鉛メッキ物に塗装する場合

いままで何度か塗装をしているんですが、

ペンキが数ヶ月するとはがれてしまいます。

はがれれずに塗装する方法をさがしています。

下地材等をつかって

塗装をしてもはがれてしまいます。

溶融亜鉛メッキに施す白錆防止の塗料が良くないとのことも

耳にしたことがありますが、、、

他に情報があれば、、とおもっています。

Aベストアンサー

はじめまして!
北国の設計屋さんです。
溶融亜鉛メッキ物に塗装する場合は、最初に表面をサンダーなどで表面の層を取ります。
次にプライマーで下地処理をします。
それからオイルペイントなどの塗装をおこなう事になります。
素人さんの場合は、プライマーなどの下地処理をおこなわないでする為に早く剥がれるのです。
専門の塗装業者に依頼した方が良いのではありませんか。
ご参考まで

Q塩害に対する亜鉛メッキとステンレスの比較

建築系の仕事の関係で、塩害地区での亜鉛メッキとステンレスの性能比較の資料が必要です。「ステンレスより亜鉛メッキのほうが塩害に強いという資料が無いか」との客先の依頼があったのですが、まったくその種の知識が無いため苦慮しております。
設計事務所および公共機関にも提出できるレベルの数字的な根拠のある資料をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授いただければ幸いです。
書籍名等だけでも結構です。図書館に出向いてみます。

Aベストアンサー

補足 です。
塩水噴霧試験での両者の比較が出ていればいいのですが、見当たりません。
しかし、所詮、金属は塩害には弱いです。コーティングを検討されたほうがいいのではないですか。
的をはずれていたらゴメンナサイ。
http://www.ozak.co.jp/resist-j.htm
http://www.murae.co.jp/katarogu/metal/taima.htm

Q溶融亜鉛メッキ

 溶融亜鉛メッキに関して教えてください。

 外部に露出する鉄骨柱の溶融亜鉛メッキですが、おそらくは「一般のメッキ仕様」、「上ランクの仕様」などがあると思うのですが、その辺りの仕様の種類・指定の仕方(図面表記の仕方)などに関して教えてください。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「一般のメッキ仕様」、「上ランクの仕様」などがあると思うのですが、
1種と2種。鉄骨なら普通は2種を指定。

>仕様の種類・指定の仕方(図面表記の仕方)
参考URLhttp://www.aen-mekki.or.jp/faq/014.html
種類、記号を指定。

Q住宅用地の水道管、汚水管、雨水管の設置について

住宅用地における、水道管・汚水管・雨水管について教えて下さい。

新規に土地を購入し住宅を建築するにあたり、土地内の水回りの設備について。

具体的には
(1)水道管について
・現状、既設の水道管が存在しますが、設置から約20年経過しています。
・設置後、水道管が使用されたのは約半年位、それ以外は全く使用されてされてない状況。
・水道管自体の素材はおそらく「VG管」だそうです。(水道局に確認)
【質問】現状の既設管をそのまま使用するのがいいか?それとも
     新規に工事して最新の「ステンレス製」水道管にした方がいいかで悩んでいます。
     (ちなみに、新規工事の方が割高ですが、耐用年数等を考えるとどうなのか?)

(2)雨水管、汚水管について
・現状、汚水管、雨水管は設置されておらず新規工事が必要
【質問】道路からの引き込み位置について、どの辺がいいのか?
     外構の妨げにならない上、あまり目立たない場所が良いと思っておりますが…
     引き込み位置で家相上避けた方がよい場所(鬼門、裏鬼門等)はあるのか?

専門家やお詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

住宅用地における、水道管・汚水管・雨水管について教えて下さい。

新規に土地を購入し住宅を建築するにあたり、土地内の水回りの設備について。

具体的には
(1)水道管について
・現状、既設の水道管が存在しますが、設置から約20年経過しています。
・設置後、水道管が使用されたのは約半年位、それ以外は全く使用されてされてない状況。
・水道管自体の素材はおそらく「VG管」だそうです。(水道局に確認)
【質問】現状の既設管をそのまま使用するのがいいか?それとも
     新規に工事して最新の「ステ...続きを読む

Aベストアンサー

設備屋です。

本管引込までやって入る者です。

NO2さんが言われているとおり、SGP管ですね。鋼管です。何十年も前の施工はこんな材料しかありませんでしたし、またそれが普通でした。

他の現場でも、土地開発のときに、上水引込をしてほったらかしになった現場に遭遇した事がありましたが、やはり何年も経過した一次管からは、水が出てきませんでした。分水付近で腐食して錆びがこぶ状になっていました。

新築現場でしたが、分水やり直しにて対応しました。

今、まともに水圧、水量が確保できているかを確認してください。少しでも常圧不足なら閉塞しています。
そのときは、前面道路掘削のうえ、サドル分水やりなおしです。(自己負担工事)

今は鋼管なんか使わず、二層ポリ管かSUSです。自治体の管種指定がありますので、従う必要があります。(要事前協議)

現状、普通によくでるなら、今すぐ分水引込はしなくてもよいです。将来具合が悪くなった時の対応でもいいんじゃないですか?

測定の方法ですが、常圧、静水圧、流動圧、流量を計測になりますので、専用テスターがいりますし、計算も必要になりますので、素人さんでは無理があります。

大きい実績のある設備屋さんに見て貰って下さい。個人業者ではご存じない世界です。

排水管の通す位置ですが、こればっかりは敷地と前面側溝、建物、進入路の関係になりますので、家相重視よりもおさまりから考えなくてはなりません。

新築プランがかたまってから、その設備屋さんにアドバイスもらってください。排水ルートの設計ですね。

排水場所ありきではなく、建物ありきの考え方優先をお勧めします。

設備屋です。

本管引込までやって入る者です。

NO2さんが言われているとおり、SGP管ですね。鋼管です。何十年も前の施工はこんな材料しかありませんでしたし、またそれが普通でした。

他の現場でも、土地開発のときに、上水引込をしてほったらかしになった現場に遭遇した事がありましたが、やはり何年も経過した一次管からは、水が出てきませんでした。分水付近で腐食して錆びがこぶ状になっていました。

新築現場でしたが、分水やり直しにて対応しました。

今、まともに水圧、水量が確保できているかを確認...続きを読む

Q溶融亜鉛メッキ高力ボルトのM12サイズは?

ある鉄骨建物の設計で参考物件を調査したところ、梁が溶融亜鉛メッキ処理がされており剛接合部分に ”F8T SUN”の刻印でねじ部12mm(M12)が使用されておりました。いろいろ調べてみましたが、このサイズのボルトが見つかりません。現在も流通、もしくは製造されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ひょっとしてこれではないですか? メーカーに問い合わせてみてください。
http://www.nichiasteel.co.jp/cat1020/WebCat/HTB/index.html

その他検索でヒットしたもの=
http://www.nejis.com/sanko/zaiko/F8T.htm

参考資料です
http://homepage3.nifty.com/kouriki-bolt/faq.html

Q水道管の所有者が分岐を認めてくれません(T_T)/

困りました(T_T)
土地を購入し、これから、建築工事着工のこの時に!
前面道路(私道(道路位置指定されている))に入っていた水道管本管が、個人所有の水道管だとわかり、所有者に分岐を求めた所、断られました。水道が引けなければ、住めませんし、何の為に土地を買ったのか(T_T)/~
 しかし、所有者までに、5件も家が存在し、皆、分岐を認めています。なぜ、今回だけ?しかし、私道で今回私が購入した土地をまたがって通過しなけば、その所有者は家にたどりつけません。理不尽では、ありませんか?他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、分岐を認めないなんて!!
 皆さん、いったいどうすればいいのですか??
 

Aベストアンサー

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してください。

>理不尽では、ありませんか?
>他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、
>分岐を認めないなんて!!
お気持ちは大変わかるのですが、
(私も自宅を建てる時隣の家に嫌がらせされましたから。職場まで電話が来ましたからね。)
お話しのような人物と話すだけ時間の無駄ですし、
こじれると新築工事の時、役所にあること無いこと言われるなどされると
面倒なのでご自分で給水管を引くのが私の経験上ベストと思います。

自費で給水管を引くことにもメリットがあります。
数十年後、漏水や赤水(錆びの混じった水)の多発で
私有管の敷設替えが必要なときが必ず来ます。
その時所有者は分岐させている世帯全員に費用負担を求めてくるからです。
でもあなたが独自に敷設すればそれに協力する義務はないんです。

また、可能であれば市有管から分岐する給水管の材質は
HI-VP(塩ビ)かポリエチレン等の腐食しない材質を
お使いになるといいでしょう。
赤水は出ませんので漏水が多発するまで数十年間もちます。
鋳鉄管やライニング鋼管での施工は極力避けましょう。
事前に水道業者に申し入れておくと良いです。

また先に別の回答者が述べられておられますように
将来あなたの家までの途中で土地開発があれば分岐を求めてくる方が
いるでしょうから、その方から分岐費用をもらうことができます。
(ただし、費用をもらうと責任が付いてきますからその辺は注意してください)

感情的になりますと住んでいて嫌になりますので、
「自分の家なのだから自分のことは全て自分でやろう。」と
発想を転換したほうがストレス無く暮らせます。
将来このことについて協力しなくていいと考えれば
怒りも少しはおさまりませんか?

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してく...続きを読む

Q溶融亜鉛メッキの使用法(電触)について

完全な屋外で、溶融亜鉛メッキの架台の上にステンレス製の設備機器を設置することは問題ないでしょうか?
(本来は架台もSUS製とすべきとは認識しています)
・電触によりメッキに錆が出ると思いますが、
「これはメッキ部分の錆であり、内部のスチール部分は影響ない」
「ベストではないが、一般的に許容されている施工法」
と考えてよいでしょうか?
・また架台のボルト等をSUS製とすることはどうでしょうか?
・(メッキの厚さ等)判断する際の基準がありますでしょうか?
質問内容以外でも 一般的な工法としての知識や注意点を教えていただくとありがたいです。

Aベストアンサー

屋外電気設備で亜鉛メッキ(ドブ)にステンボルトの組み合わせは、よく見かけます。
注意して見た事はないですが、錆が出ていたようなイメージは有りません。

Q【換気】1/300以上、1/250以上、1/900以上、1/1600以上ってどういう意味ですか?

【換気】1/300以上、1/250以上、1/900以上、1/1600以上ってどういう意味ですか?

吸気孔、排気孔に記載されていました。

Aベストアンサー

家の耐久性や居住性のことを考慮して天井裏の面積に対して一定量の換気面積が求められています。屋根形状や、換気孔の位置によって換気量の計算が変わってきます。屋根の低い位置から空気を取り入れ、屋根の高い位置から排気するのが最も効果的です。これを具体化すると、軒天から空気を取り入れ、屋根の頂部から排気するのが最も効果的。前者が最上階天井面積に対して1/900。後者が同様に1/1600。最も、効率の悪いのが軒天から空気を取り入れ、軒天の他の部分から排気する場合です。この場合は、天井面積に対し、吸排気両用で1/250。これより若干効率の良いのが、妻側の壁から給気して、反対側の妻側の壁から排気する場合で、必要な換気孔面積は吸排気両用で1/300。その次に効率の良いのが、軒天から空気を取り入れて妻壁から排気する場合で、必要な換気孔面積は吸気孔が1/900、排気孔も1/900となっています。そして、最も効率的なのが、最初にお話しました、軒天から吸気し、屋根頂部で排気する方法です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報