こんにちは。
国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。
日本を離れる際の手続き(年金・税金・雇用/健康保険等)
を確かめたいのですが。
(婚姻届とVISAの手続きは出しました。)

皆さん専門家(弁護士?社労士?)とかにお願いしてるのでしょうか。
websiteなどを調べているのですが、個別になっていて
情報もれがないか心配です。

年金は国民年金を払い続けられるらしいですが。。
経験者の方いたら、アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。


この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/in … の「2.国民健康保険(市町村、組合)中の 2番目の” ・ ” 」 

  また、住民登録を継続して、国民健康保険に加入していると、海外で医療を受けた時には、医療費の還付金をもらえます。
  還付金は、日本で医療を受けた場合の医療費に換算された金額から自己負担分を引かれた部分になります。
  従って、経験からすると、日本より、医療費が高額な国の場合はあまり効果は期待できないです。  
  手続きは、加入している区・市役所で聞いてください。

2.国民年金保険は、住民登録に海外への転出届けを出すと脱退する事になりますが、日本国籍を保持していれば、海外在住でも任意加入が出来ます。

  参照<2-1> 外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/in … の「3.国民年金 中の 3番目の” ・ ” 」 
  参照<2-2> 社会保険庁サイトの「 国民年金の被保険者 」:http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/01.html中の【任意加入制度】の3.

  加入期間が25年以上あれば、海外在住でも、受給できるとのことです。
  国民年金保険の任意加入手続きは、区・市役所で、簡単にできますよ。
  保険料の支払は、銀行口座からの自動引落も出来ます。

>「国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。」。。。との事であれば、
夫君の国の国籍を取られるようですと、現在、日本は2重国籍を認められていないので、国民年金の任意加入が継続出来なくなる可能性もありそうですね。 

日本と外国間の社会保障協定:http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm があります。
北欧では、スウェーデンと交渉中のようですが、協定国が年々増えているようですので、時々チェックされると良いと思います。

税金は、1月1日付けで住民登録が日本国内にあれば、課税されます。
今年度分の所得が給与であれば、所得税や住民税等は、給与から天引きされていると思います。

但し、住民税は前年度分を今年度に払っているので、年の途中で退職された場合は、前年度分の残額(今年度に支払う分)は納付書で、本人が直接支払うことになり、今年度分(2009年1月1日~住民登録を海外へ転出する日までの分)は翌年4~5月頃?に納付書が送られてきます。
納付書は、住民登録のあった住所に送られてくるので、ご実家等へ転送されるように、日本郵便に転送届けを提出しておくと良いと思います。
住民税も銀行引落が出来ます。

それから、手続きについては、国民健康保険、国民年金保険、住民税等については、区・市役所へ住民登録の転出届を出す時に、半日ないしは1日あれば、必要な手続きは出来ると思います。
時間的余裕がなければ、専門家に依頼するのも良いと思いますが、手続きなどは、ご本人が行い、行動記録や提出書類等の控え書を保管しておくと良いと思います。
海外に居ると、日本への問い合わせなどすると時に、時間帯が異なるので、難儀する事がありますので、手続きや制度の内容を出来るだけ、ご自身で把握しておいた方が、後々役に立つことがあるのでは。。。と思います。
経験上の老婆心ながらですが。。。
       
      
    • good
    • 0
この回答へのお礼

plokij75様
本当に役立つアドバイス有難うございます。
こんなに早く、完璧なお返事を頂けると思ってなかったので、
少々驚いております。
夫によると、北欧で健康保険に入れるとのことなので、国民健康保険は
無しにしようと思います。

あとは、国民年金、、将来もらえるかわかりませんが、
十数年厚生年金を支払い続けてきたので、こちらは継続しようと
思います。
北欧の方でも年金を支払う(夫に払ってもらう)ので、年金貧乏に
なりそうです。。
協定の方も随時チェックしたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:23

#1です。

    「この回答へのお礼」を読ませて頂きました。

余計なお節介を恐れつつなのですが、一寸気になったので。。。

>あとは、国民年金、、将来もらえるかわかりませんが、十数年厚生年金を支払い続けてきたので、こちらは継続しようと思います。

海外に移住された後にも、日本の企業に勤務される状況であれば良いのですけれど、厚生年金保険は日本の企業に雇用されていないと、継続できないですよ。
もしも、日本で会社等を退職される場合は、年金受給資格期間(25年)を充たすように、国民年金に、加入して置かないと、せっかく納付した厚生年金も、将来受給できなくってしまいます。

北欧諸国とも、早く、社会保障協定ができて、年金受給資格期間が両国の加入期間を合算できるようになれば良いのですけれど。。。

それと、万が一障害者になり、障害年金を受ける場合ですが、日本の年金は年金加入していれば、加入期間に関係なく障害年金を受給できるようですが、外国の場合は、国によって、加入期間が一定(例えば、2年とか3年とか)以上ないと障害年金を受給できない事があるとか。。。!?
で、外国の年金制度に加入する場合でも、その一定期間をすぎるまでは、日本の国民年金に加入しておいた方が良いと聞いた事があります。

経験上でだけですし、北欧の年金制度について無知ですので、こうした方が良い!とか、こうすべきである!とか、残念ながらアドバイス出来ません。
詳細については、最寄の社会保険事務所へ行かれるか、電話相談窓口:http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index … で確認されると良いと思います。

余談ですが。。。
今、息子が北欧の国で働いています。
税金が高いので厳しいけれど、社会保障は充実しているし、人々は豊かな暮らしをしているのを見ると、永住できる人は良いね!と言っています。
国際結婚されて、北欧に移住されるなんって、素晴らしいですね!
彼の地に行かれても、お幸せに!
   
    • good
    • 0
この回答へのお礼

plokij75様
お返事有難うございます。お返事が遅くなってすみません。


>>あとは、国民年金、、将来もらえるかわかりませんが、十数年厚生年金を支払い続けてきたので、こちらは継続しようと思います。

この文章が紛らわしくて、すみません。
そうですね、厚生年金は続けられないので、国民年金を支払おうと思います。
現地の年金は、夫が払ってくれるらしいです。高そうなんですが。。汗

北欧の企業に働いていらっしゃるとは!羨ましい限りです。
私もいつか現地で働けることを目標に、頑張りたいです。
外資系企業に働いておりまして、縁あって、結婚生活をあちらでスタート
することになりました。
そうですね。彼の両親をみてると、人生を謳歌していて、life of quality とは
このことかと感じます。
夫の仕事上、ずっと北欧にいるとも限らないので、その点でも、日本の
国民年金は払い続けようと思います。

親切なアドバイスどうも有難うございました。

お礼日時:2009/06/08 02:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外移住総括

海外移住を総括するとどんな感じですか?
どの時期に海外移住ブームが起きてこうなった、
どの国に海外移住した人はこんな理由で、今はこんな生活をしている、
などなど。

Aベストアンサー

以前仕事でマレーシアに良く行っていました。
確かに普通の生活をする限り年金で十分やっていけるかもしれませんが、それは普通に生活が出来る限りはという限定付きです。

その条件の一つは原則として現地人と同じ食べ物を食べるということです。それならば食費は非常に安くあがります。
でもあのカレー主体の現地料理や中華料理ばかりで日本人が生きられるでしょうか。日本食は日本よりも高く付くと思って間違いありません。
次に夫婦で移住したとして片方が病気になる場合が問題です。日本のような健康保険は整備されていません。外国人が入るような病院はかなり高いと思ったほうが正解です。
万が一配偶者がなくなったときにあなたはひとりで異国で暮らせるでしょうか。そして死ぬときは誰が面倒を見るのでしょうか。
こういうことを考えると普通の日本人は先ず無理というのが私の意見です。

Q退職後の転居を伴う入籍の手続き、年金・社会保険等の扶養手続き

今年度末・来年の3月31日付けで退職し、4月中に相手の住む他県へ転居、結婚入籍後は相手の扶養家族になる予定をしています。
職場には退職理由を一身上の都合としており、結婚することは伝えるつもりはありません。相手が職場の取引先の方であり、お互いに私の職場には知られたくないと思っています。以前退職した方の時のことを考えると、知られたら嫌がらせをされ、人権侵害のようなことを言われるのが目に見えてます・・・そのストレスに耐えられる自信がありません。非常に古い体質の職場です。
(相手の職場には知られても構いません)。

(1)4月1日から入籍までの数日間は国民年金、国民健康保険に加入し、入籍後に扶養手続きをすれば、元職場に結婚したことを知られることはないでしょうか。

(2)入籍までの間に離職票、退職証明書、源泉徴収票を元職場より発行してもらっていれば扶養手続きをスムーズに行ってもらえるのでしょうか。

(3)退職金が退職後の半年後くらいに給与振込先の口座に振り込まれるそうで、口座の変更手続きを行うと振り込みできない?、元職場に結婚したことが知れることになりそうで、どうしたらよいのかわかりません。
口座の住所や姓を入籍前のままにしておき退職金を振り込んでもらうと、不正に退職金受け取りとかにはなるのでしょうか。

(4)扶養家族になっているであろう平成21年の3月には確定申告をしなくてはならないのでしょうか。

今年度末・来年の3月31日付けで退職し、4月中に相手の住む他県へ転居、結婚入籍後は相手の扶養家族になる予定をしています。
職場には退職理由を一身上の都合としており、結婚することは伝えるつもりはありません。相手が職場の取引先の方であり、お互いに私の職場には知られたくないと思っています。以前退職した方の時のことを考えると、知られたら嫌がらせをされ、人権侵害のようなことを言われるのが目に見えてます・・・そのストレスに耐えられる自信がありません。非常に古い体質の職場です。
(相手の...続きを読む

Aベストアンサー

> 4月1日から入籍までの数日間は国民年金、
> 国民健康保険に加入し、入籍後に扶養手続きをすれば、
> 元職場に結婚したことを知られることはないでしょうか。

 入籍と結婚の結びつきが分かりませんが、退職後に身分変更の情報が元職場に伝わることは通常はないと思います。

> 入籍までの間に離職票、退職証明書、源泉徴収票を
> 元職場より発行してもらっていれば
> 扶養手続きをスムーズに行ってもらえるのでしょうか。

 扶養手続きに必要かどうかは分かりませんが、あった方がよいと思います。なお退職後国民年金、国民健康保険に加入するなら、社会保険の資格喪失証明書も必要になります。

> 口座の変更手続きを行うと振り込みできない?
> 元職場に結婚したことが知れることになりそうで、
> どうしたらよいのかわかりません。

 なら退職金が振り込まれるまで氏名の変更をしなければいいのではないでしょうか?

> 口座の住所や姓を入籍前のままにしておき
> 退職金を振り込んでもらうと、
> 不正に退職金受け取りとかにはなるのでしょうか。

 入籍で姓が変わっても“人”そのものが変わる訳ではないので、不正にならないと思います。

> 扶養家族になっているであろう平成21年の3月には
> 確定申告をしなくてはならないのでしょうか。

 冒頭で「来年の3月31日付けで退職し、4月中に相手の住む他県へ転居、結婚入籍後は相手の扶養家族になる予定をしています。」とありますが、なぜ平成21年の3月に扶養家族になっているのですか?説明と質問に矛盾があると思います。

 平成21年の3月に確定申告するのは平成20年に所得があって納税の必要がある方です。平成21年3月31日に退職するなら平成20年
分は年末調整してもらえば確定申告する必要はないと思います。

 平成21年中に支給された給与と半年後くらいに支給される退職金により納税の必要があるなら平成22年に確定申告が必要かと思います。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/nyuuseki.html​

> 4月1日から入籍までの数日間は国民年金、
> 国民健康保険に加入し、入籍後に扶養手続きをすれば、
> 元職場に結婚したことを知られることはないでしょうか。

 入籍と結婚の結びつきが分かりませんが、退職後に身分変更の情報が元職場に伝わることは通常はないと思います。

> 入籍までの間に離職票、退職証明書、源泉徴収票を
> 元職場より発行してもらっていれば
> 扶養手続きをスムーズに行ってもらえるのでしょうか。

 扶養手続きに必要かどうかは分かりませんが、あった方がよいと思います...続きを読む

Q海外移住(国内銀行口座手続き)

アメリカ、シンガポール等海外の現地企業に就職し海外移住をした場合、日本国内に開いている銀行口座の登録住所はどこを登録するのでしょうか?本籍でしょうか?現地の住所でしょうか?

そのほか、海外移住に伴う手続きが掲載されてるサイト等ありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

方法は以下の2点です。

1.海外住所に変更する。この場合には日本に住所がないので、新規の商品を取引したくてもできません(例えば預金のみであったのが、新たに投資信託を購入したいという場合)。インタネット又は電話による住所変更前に可能であった取引に限定されます。

2.日本の住所に変更する。この場合は信頼のおける受取人が必要です。銀行からの郵便物が確実に届き、必要な処理が期日までに確実にされることが大事です。そうでない場合は口座凍結の可能性があります。それができれば、国内に住所がありますから理論上は新規取引も可能になります(法的には違反ですが)。

結論としては、海外移住した場合には、日本国内の口座は単に維持するだけ及びその口座を通じての海外送金、国内送金等の取引と考えておくことです。

Qドイツ人との婚姻の手続きについて

初めての事で、無知なんですがドイツで婚姻するのと、日本国内で婚姻するのではどちらがスムーズですか?と言うのは、色々なwebサイトを見たところドイツで婚姻する場合は住民票の提示とか書かれていて、日本に住んでいて婚姻のためにドイツに言った場合はどのようになるのか。それと、離婚暦がある場合戸籍謄本に記載された離婚成立証明以外に別の離婚証明の書類が必要なのか。それと、本人がドイツにいて日本で手続きする場合相手のパスポート最終滞在とは日本にいた証明をしなければいけないのかなど、分からなくて困ってます。ドイツ人と、ご結婚された方ご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちわ

私は日本でされた方が簡単かなぁと思います。
日本では相手の方の婚姻要件具備証明書が必要になります。
これはドイツ法上相手の方が婚姻要件を満たしていることを証明した書類で,在日のドイツ大使館・領事館又はドイツ国の権限ある官庁で発給を受けることができます。
手続としては,役所に婚姻届,戸籍謄本(あなたの本籍地外の役所に届け出る場合に限ります),婚姻要件具備証明書及びその訳文を提出することになります。

一方ドイツで婚姻する場合,ドイツ法の定める手続を踏む必要がありますので,どのような書類が必要か一概には言えません。
ただ一般的には,あなたについて婚姻要件具備証明書が必要になると思います。その取得は,お近くの法務局・地方法務局に戸籍謄本・身分証明書・印鑑をお持ちになれば作成してくれますが,さらにこれを外務省領事移住部の証明班という所に持ち込み対外的な認証を受ける必要があります。また,ドイツで提出することになりますのでドイツ語訳も作成して置く必要があります。首尾良くドイツで婚姻手続が終わりましたら,あなたの戸籍に婚姻の事実を記載するために,ドイツの役所から婚姻証明書を取り,3ヶ月以内に日本の役所(在外大使館でも可)に婚姻届を出さなければなりません。

手続的には概ね以上のとおりです。

いずれにしてもお幸せに・・・。

こんにちわ

私は日本でされた方が簡単かなぁと思います。
日本では相手の方の婚姻要件具備証明書が必要になります。
これはドイツ法上相手の方が婚姻要件を満たしていることを証明した書類で,在日のドイツ大使館・領事館又はドイツ国の権限ある官庁で発給を受けることができます。
手続としては,役所に婚姻届,戸籍謄本(あなたの本籍地外の役所に届け出る場合に限ります),婚姻要件具備証明書及びその訳文を提出することになります。

一方ドイツで婚姻する場合,ドイツ法の定める手続を踏む必要があり...続きを読む

Q富裕層が海外移住すると、日本の富が減るのですか?

富裕層が海外移住すると日本が貧しくなる!と言われます。
でも、多くの人が資産を何で持っているかと言うと、お金か不動産のどちらかでしょう。他の形で保有する人は居るでしょうが、割合としては低いはずです。
当然ながら不動産は持ち出すことができませんし、お金については日本円のままでは海外だと使えないので、ドルやユーロに両替することになります。

富裕層が海外移住するときは円の資産をドルやユーロに替えるだけなので、日本国内の通貨量に変動はない、つまり円建てでみた資産に変動は発生しないように思われるのですが如何でしょうか。

まあ、アメリカ人が海外移住するときは米ドルは海外でも使えたりするので、そのまま持ち出して資産流出ということもあるかも知れませんが。

Aベストアンサー

お金か不動産のどちらかでしょう。他の形で保有する人は
居るでしょうが、割合としては低いはずです。
  ↑
お金というよりも、金融資産ですね。
1700兆円と言われています。



富裕層が海外移住するときは円の資産をドルやユーロに替えるだけなので、
日本国内の通貨量に変動はない、つまり円建てでみた資産
に変動は発生しないように思われるのですが如何でしょうか。
  ↑
その通りだと思います。
しかし、日本国内のドルやユーロは海外に移動します
から、その分だけ減ります。
外貨が減りますから、ある意味円が減るより恐いです。



富裕層で海外移住する層は、日本でたんまり儲けてあとは悠々
自適の生活を海外で送ろうとする人達です。
なので海外移住したら、資産こそ多いけれど所得は少ないということになるでしょう。どちらにしろ死に金になるのです。
勿論海外で事業を始める人も居るでしょうが、その所得に掛かる税金は海外に納めるというのは問題ないと思います。
  ↑
富裕層の多くは現金などを貯め込んでいるわけでは
ありません。
株とか投資信託、その他の金融資産で持っています。
そのキャピタルゲインや配当がバカになりません。
だから、所得が少ない、というのは間違いです。

話題になったピケテイ氏の研究によりますと、
そうした金融資産の運用で儲ける金の方が
労働所得よりも多いそうです。

また、配当や株売買の儲けには、20%の税金が掛かります。

ちなみに、そういう配当が年4000万以上の富裕層が
外国に移住するときは、高額の税金を掛けるように
なりました。

お金か不動産のどちらかでしょう。他の形で保有する人は
居るでしょうが、割合としては低いはずです。
  ↑
お金というよりも、金融資産ですね。
1700兆円と言われています。



富裕層が海外移住するときは円の資産をドルやユーロに替えるだけなので、
日本国内の通貨量に変動はない、つまり円建てでみた資産
に変動は発生しないように思われるのですが如何でしょうか。
  ↑
その通りだと思います。
しかし、日本国内のドルやユーロは海外に移動します
から、その分だけ減ります。
外貨が減りますから、あ...続きを読む

Q婚姻したらする変更手続き

おとといに婚姻したのですが、

保険証・免許証はどのようにして変更すればいいのでしょうか?
あとはクレジットカードなども変更しなければいけないのでしょか?

役所に聞きにいこうとしてもどこに行ったらいいのか
わからなかったので・・・(^^;

みなさんの知恵をお借りしたいと思いました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こちらを参考ください
http://zexy.net/newlife/manual/money_todokede/01_d_01.html

保険証はお勤めなら勤務先、国保なら区役所です。

免許は警察
クレジットは各クレジット会社に電話して用紙を郵送してもらってください。
クレジットの場合先に銀行口座の名義変更しておかないと
クレジット名義と銀行口座で違う姓になってしまい受付されないので
先に銀行の名義変更してください

あとはゼクシのサイトみてね

Q中国人は、昔から次々と海外移住しています。なぜでし

中国人は、昔から次々と海外移住しています(例えば日本と比較して)。そして、各地で中華街が建設されます。
中国人の海外移住が強い理由は、なぜでしょうか。その理由は、中国国内での不安や不満に起因するのでしょうか?
なお、この質問では、東シナ海や南シナ海で最近起きている、中国の行動について、回答を求めているものではありません。

Aベストアンサー

華僑という、ビジネススタイルのせいです。

Q婚姻届提出後の諸手続き

いろいろ自分でも調べてはいるのですが、こちらでお力を借りたく質問させて頂きます。

8月15日に婚姻届を出す予定です。
この日は夏休みを取得し、仕事は休みですが普段は土日のみの休みなのでこの日にいろいろな手続きをまとめて済ませたいと思っています。

本籍地
彼 A市
私 B市

新本籍地 B市

現住所 C市(すでに同居)

婚姻届提出 C市


新婚旅行10月初旬出発


(1)婚姻届を現住所C市で出した後、そのままパスポートの手続きは可能ですか?必要なものは?

彼は有効期限がきれている
私は2年前に10年のパスポートを取得したので、訂正手続きのみ

(2)当日に免許証の書替え手続きは可能ですか?必要なものは?

免許証、パスポート以外にすぐに手続きをておくべきことはありますか?

Aベストアンサー

(1)婚姻届を現住所C市で出した後、そのままパスポートの手続きは可能ですか?必要なものは?
彼は有効期限がきれている
私は2年前に10年のパスポートを取得したので、訂正手続きのみ

原則当日にパスポート手続きはできません。
パスポート手続きには戸籍謄本(または戸籍抄本)と住所が確認できるもの(住民票や免許証、保険証など)が必要になります。
結婚するということは、夫婦2人の新しい戸籍ができるということ。
新戸籍ができるまでにかかる期間は、通常婚姻届提出日から1週間はかかります。
ですので当日にパスポートの手続きに必要となる戸籍謄本を入手することは不可能ですので、手続きはできません。
婚姻届提出日に、婚姻届を提出したという証明として「婚姻届受理証明書」という書類をもらうこともでき、
新戸籍ができるまでの手続きに関してはこの書類で代用することも可能ですが、
身分証明に関する手続きにはこの証明書は使えないことが多いので、正直対して役に立ちません。

(2)当日に免許証の書替え手続きは可能ですか?必要なものは?

こちらについては、婚姻届を提出する場所によります。
免許書の手続きに必要な書類は住民票(の写し)のみですが、住民票は現在住んでいる市・区役所でしか発行できません。
今現在質問者さんも彼もC市で同居されているということですが、住民票は2人ともすでにC市に置いてあるのでしょうか。
もし2人ともすでにC市に住民票があるなら、婚姻届提出日当日に発行してもらえます。
住民票があれば免許証の手続きはすぐにできますので、早いうちに手続きしましょう。
免許証は今後全ての手続きにおいて身分証明になりますから。

…ちなみに。
パスポートについてですが、彼は有効期限が切れているようなので新規発行となりますが、
質問者さんの場合、訂正申請よりも切替申請(訂正新規)の方がいいかと思います。
訂正申請の場合、料金も安いですし受け取りも当日中にできますが、訂正されるのは氏名のみです。
パスポートの中に埋め込まれているICチップや自分で記入したサインについては変更できません。
記載している名前は新姓だけどICチップなどは旧姓となると、入国審査時に止められたり、説明を要求されることもあります。
そして国や地域によっては、入国自体を拒否される場合もあります。
新婚旅行でどちらに行かれるのか分かりませんが、入国審査が厳しい国に行く場合や、
今後新婚旅行以外でもどこか海外旅行に行かれる気があるなら、訂正申請ではなく、切替申請をされることをおすすめします。
切替申請は新規にパスポートを作成するのと同じような手順になります。
お金も時間も余計にかかってしまいますが、ICチップの情報もサインも全て新姓に書き換えられるため渡航先でトラブルが起きることもありません。
ICチップが旧姓のままだからといって必ずトラブルが発生するわけではありませんが、
新婚旅行という一生に1回の素敵な旅行ならなおさら、変に中途半端な手続きはしない方が無難です。

ただし!新婚旅行を10月に控えているとのことですが、既に旅行会社で予約はされたのでしょうか?
予約されたのなら、予約時の名前(航空券の名前)がどうなっているか確認してください。
もし航空券の名前が旧姓なら、パスポートは新姓で手続きをせず、そのまま旧姓のまま行ってください。
航空券の名前とパスポートの名前が違っていると渡航できません。
旧姓で予約をしてしまったなら、パスポートの新姓での手続きは新婚旅行から帰ってきた後にしましょう。
もし新婚旅行の予約時に「結婚するので、新姓で航空券の取得をお願いします」と言っていたのなら
パスポートを変更し、変更後のパスポートのコピーを旅行会社に提出すれば大丈夫です。

…それから、免許証とパスポート以外の手続きについて。
氏名が変わるなら、銀行口座やクレジットカード、携帯電話、保険、その他氏名を個人情報として提出しているもの全てに関して手続きが必要です。
質問者さんの場合は現在彼とC市で同居されているということですが
もちろん今の部屋も質問者さんは旧姓で手続きしているはずなので、
新姓を伝え、彼との関係も単なる同居人ではなく夫婦であると伝えるべきです。
手続き一つひとつ必要な書類は違いますが、戸籍謄本や住民票は何かしら必要になることが多いので
最初に2、3部余分に発行してもらっておいて、時間が空いたときにすぐに手続きできるように
婚姻届提出後はしばらく最低1部は持ち歩くようにしておいた方がスムーズにできるかと思いますよ。

(1)婚姻届を現住所C市で出した後、そのままパスポートの手続きは可能ですか?必要なものは?
彼は有効期限がきれている
私は2年前に10年のパスポートを取得したので、訂正手続きのみ

原則当日にパスポート手続きはできません。
パスポート手続きには戸籍謄本(または戸籍抄本)と住所が確認できるもの(住民票や免許証、保険証など)が必要になります。
結婚するということは、夫婦2人の新しい戸籍ができるということ。
新戸籍ができるまでにかかる期間は、通常婚姻届提出日から1週間はかかります。
ですので当...続きを読む

Q老後は海外移住を考えています。

老後は海外移住を考えています。
(老後はまだ先ですが。。。)

老後の海外移住で、人気の場所はオーストラリアやニュージーランド、
フィリピン、タイなどいろいろありますが
世界的に見て国自体がお金持ちのところ
(たとえばドバイとか、すごく裕福な国いろいろありますよね)
そういう国は、税金も安くとても住みやすそうに思うのですが
老後の海外移住先として、あまり聞かないように思います。
なぜでしょうか?
言葉の問題でしょうか?
(私もできれば英語圏がいいと思ってるので)

Aベストアンサー

> そういう国は、税金も安くとても住みやすそうに思うのですが

受入国にとってメリットがなければ、移住者を受け入れることは
ないのではないでしょうか。

フィリピンやタイなどは、退職者やお金持ちに外貨を落として
もらうことが目的ですね。

以下のページは参考になると思います。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/

Q婚姻届と、引越しの手続きについて

近々、婚姻届の提出と引越しの手続きを同時にしようと思うんですが、その場合の必要書類は、婚姻届、住民異動届(婚姻届をもらいにいったら、一緒にくれた)のみですか?
引越し先は同じ市内です。となると、転出、転入届けは必要ないのでしょうか?
住民異動届は婚姻と同時に住所を変更する場合に必要とありました。ということは、婚姻届で、戸籍の変更、住民異動届で住民票の変更ということでしょうか?
あとは、変更になった、住民票を持って、免許などの書き換えに行けばよいのでしょうか?
同じような質問あるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたのお考えはほぼ正しいです。
戸籍の変更…というか、新しい戸籍を作ることになりますからね。そこをお間違えなきよう。
住民票は数枚とっていた方が無難かと思われます。
ご主人(奥様の方ですよね?)の勤務先に提出、とかいろいろありますし。ご確認を。
郵便の転送手続きも、お忘れなく。


人気Q&Aランキング