どなたか教えてください。
実は、義父のお墓のことなんですが
生前、父は植木が大好きで 
義父の父母(主人の祖父母)のお墓に
植木を植えていました。
それが大きくなってお参りの度に
邪魔だから木を切ろうと促すのですが
性格のきつい父は「だめだ」と怒ってとりあってはくれませんでした。

ところが、義父母がなくなって数年経つうちに
急に大きくなり、土台がゆがんできました。
そのうちお隣のお墓にも迷惑をかけるかもしれません。
最近それが心配で何とかしたいのですが
亡くなった義父が大事にしていた木を
そのまま切ってしまって大丈夫でしょうか?
何か気をつけるようなことがあるのでしょうか?

ちなみにその木は私の身長より高く、2メートル以上あります。
もう1本のつげの木は私の身長より少々低いものの
横幅はかなりのものです。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

根の張る樹木はお墓の周辺には良くありません。

墓を根こそぎ壊す可能性もあります。
都市部の墓地のように狭い場所では倒壊し、けが人が出る危険も含んでいます。
費用はかかりますが、墓石の修繕や造り替えを考えると、専門家に任せて根からキチンと取り除いた方がいいでしょうね。種類によっては上だけ切っても根が育つものもありますから。
逆に根が張っていて枯れた場合、そこが空洞化して崩れる事も考慮しなければなりません。

土の上しか目が行きませんが、お墓は土台やお骨を入れるスペースも大事で、再工事にはそれも含まれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
先ほどお寺のご住職に相談したところ
同じ事をおっしゃっておられました。
亡くなった方の意向も大事だけど
その方が入っている器も大事。よく考えるように!とのことでした。
私一人の知識では及ばなかった配慮、
お知恵を拝借できたこと
心より、お礼申し上げます。

お礼日時:2009/05/24 14:36

私共の地域では、よほど広い敷地のお墓でもない限り、樹木を植えているのを見たことがありません。


それもそれなりに広い敷地の所でも、せいぜいサツキなどの小さな物です。
樹木は根っこが墓石を浮き上がらせ、虫や枯れ葉などで墓場を汚し、嫌われることの方が多いようです。
切るに当たっては、お知り合いのお寺にご相談されたらいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答 ありがとうございます。
そうですよね、
周りのお墓を見ても そんな大きな木を植えているお墓は
何処にもみあたりません。

お葬式の時お世話になったお寺さんに相談してみることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 23:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお墓の文字について

何故か、明治時代の個人の戒名(長男)が彫られたお墓(浄土真宗)に、次の代の分家両親、その娘たち5名、さらに不明な大きな骨壷が埋まっています。
この度、お墓を新しく建て直しの計画が持ち上がっていますが、この場合、お墓に入れる文字は「○○家先祖代々の墓」、「○○家累代々の墓」どちらを入れたら良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>>何故か、明治時代の個人の戒名(長男)が彫られたお墓(浄土真宗)に、次の代の分家両親、その娘たち5名、さらに不明な大きな骨壷が埋まっています。
 何人かの方がすでに回答されていますが、本来浄土真宗では竿(メインになる石)の部分には「南無阿弥陀仏(南无阿弥陀佛)」という御名号、もしくは『仏説阿弥陀経』の一説「極楽浄土で一緒に会いましょうね」という意味の「倶会一処」という言葉を書くのが正式なスタイルです。
 自分のうちの名前は、南無阿弥陀佛もしくは倶会一処と書かれた石の下の石(台座)に入れます。そのときは○○家ではなく、山田さんであれば、「山田」とだけ書く場合が多いですね。その名前の部分は家紋という場合もあります。
 浄土真宗の門徒として、お墓をお建てになるのであれば上記のようなことを考慮に入れるべきでしょう。
 余談ですが、浄土真宗では本来塔婆は立てませんので、お墓に塔婆立ても作る必要はありません。また、浄土真宗では「戒名」をつけることはありません。浄土真宗でつけるのは「法名」といい、戒名とは意味合いがまったく違います。

 また、お墓は霊園ですか??お寺の墓地ですか??お寺の墓地であるならば、基本的にはお墓に入っている人は過去帳という形で管理されているはずですよ。菩提寺(所属しているお寺)に問い合わせてみてはいかがでしょうか?


>>この度、お墓を新しく建て直しの計画が持ち上がっていますが、この場合、お墓に入れる文字は「○○家先祖代々の墓」、「○○家累代々の墓」どちらを入れたら良いのでしょうか?
 どうしてもこのようなスタイルにしたいという場合は、どちらでもかまいません。
 「先祖」という言葉自体も阿満利麿氏の説によれば、血筋だけとは限らないそうです。昔はムラ単位で「ご先祖様」と呼んでいたりするそうです。その説によれば「○○家累代々の墓」とする必要はありませんし。やはり、「○○家先祖代々の墓」というのではほかの人もいるかもしれないから申し訳ないと思われるのであれば、「○○家累代々の墓」としてもかまいません。
 少なくとも、浄土真宗の正式な形は上記の通りです。それ以外の形にしたいのであれば、どのような形にされるにしろご家族内で相談されるのがよいでしょう。

 また、ここで聞くよりもご自身の菩提寺(所属しているお寺)に問い合わせたほうが、ちゃんとした回答が得られると思いますよ。
 長々駄文を連ねましたが、乱文どうぞご容赦ください。
合掌 南無阿弥陀佛

>>何故か、明治時代の個人の戒名(長男)が彫られたお墓(浄土真宗)に、次の代の分家両親、その娘たち5名、さらに不明な大きな骨壷が埋まっています。
 何人かの方がすでに回答されていますが、本来浄土真宗では竿(メインになる石)の部分には「南無阿弥陀仏(南无阿弥陀佛)」という御名号、もしくは『仏説阿弥陀経』の一説「極楽浄土で一緒に会いましょうね」という意味の「倶会一処」という言葉を書くのが正式なスタイルです。
 自分のうちの名前は、南無阿弥陀佛もしくは倶会一処と書かれた石の下の...続きを読む

Qお墓の事で教えて下さい。主人は一人っ子で墓守りをする予定です。義父の弟

お墓の事で教えて下さい。主人は一人っ子で墓守りをする予定です。義父の弟が、墓を買うお金がないから妻の遺骨を墓に入れさせてと言ってきました。その叔父には長男がいるが、お金がないから墓は買えないと言っています。出戻りの娘もいます。義父は「可哀想なので公正証書を作って後で問題が起こらないようにして弟夫婦のみ墓に入れてあげたい」と言います。でも、その二人の子供も義父にお金を借りに来たり、自分の母親が危篤になっても、義父に頼り自分たちには関係ないという態度です。ので、法的に証書をつくったとしても、将来的に「親が入っているのだから…」と面倒なことを言ってくるのがめにみえています。法的には、相手に権利が無くても、私達や息子の代で揉めるのは避けたいのです。叔父の子供二人は叔父の老後も看るつもりも無く、墓もおやじの責任だろうと話し合いにも絶対に参加しません。あと半月で叔母の一周忌がくるので、叔父も義父も私達夫婦の意見をきくより、先に話を進めてしまいたいようなのです。どのようにしたら、よいのか意見を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>義父は「可哀想なので公正証書を作って後で問題が起こらないようにして弟夫婦のみ墓に入れてあげたい」と…

それは、舅さんの考え方が間違っています。
兄弟は子供のうちは家族ですが、結婚してお互いが独立したら近い親戚に成り下がります。
お墓は個々の家のもので親戚一同共有では決してありません。
その叔父が生涯独身だとかなら一緒の墓に入れることもありますが、少なくとも子がいる以上お断りすべきです。

それでその公正証書に何を書くのでしょうね。
例えば、
「△年以内に自分でお墓を建て出ていくこと。出ていかない場合は勝手に処分する。」
とでも書くのでしょうか。
現時点ではお金がないとのことなので、そのような内容なら相談に乗るのもやむを得ないかも知れません。

>主人は一人っ子で墓守りをする予定です…

舅とさんもまだ若いのかと想像しますが、いずれは夫の代になります。
墓があるということはお寺とのおつきあいがつきものだということです。
親や祖父母の供養は当然としても、叔父一家の供養に関わる御布施等まで夫が第一当事者になってしまいます。

>叔父も義父も私達夫婦の意見をきくより、先に話を進めて…

心を鬼にして断固拒否しましょう。

>義父は「可哀想なので公正証書を作って後で問題が起こらないようにして弟夫婦のみ墓に入れてあげたい」と…

それは、舅さんの考え方が間違っています。
兄弟は子供のうちは家族ですが、結婚してお互いが独立したら近い親戚に成り下がります。
お墓は個々の家のもので親戚一同共有では決してありません。
その叔父が生涯独身だとかなら一緒の墓に入れることもありますが、少なくとも子がいる以上お断りすべきです。

それでその公正証書に何を書くのでしょうね。
例えば、
「△年以内に自分でお墓を建て出ていくこ...続きを読む

Q本家と分家のお墓

宗派は浄土宗です。
夫が亡くなり、夫の希望で公園墓地にお墓を建てました。
その2年前に義父が亡くなったのですが、本家のお墓の継承者がいない為、以前より義父がお墓を見ていた為、義父は本家のお墓へ入りました。
夫は本家のお墓は嫌だと言い、義父は本家のお墓に入りたいと言っておりましたので、その通りにしたものの、父親と息子が違うお墓に入っているのはあまり良くないのではないかと義母と話をしています。
そこで、
(1)義父を夫のお墓へ一緒に入ってもらい、本家のお墓は永代供養をしてもらう。
(2)本家のお墓にある遺骨を全て夫のお墓へ移す。
どちらかにしようと思っているのですが、知識がないため迷っています。
どなたか、ご助言を頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないでしょうか。
また、公園墓地の場合、埋葬できる血縁範囲はかなり限られますので、本家の墓にある遺骨全てを改葬するのは現実的に不可能かと思われます。
さらにまた、本家の墓が寺院墓地(菩提寺)で、永代供養を受けてもらえるのならば

(1)義父さまを公園墓地に改葬し、本家の墓は永代供養する。

を、オススメします。

しかしながら、亡夫さまは菩提寺そのものを嫌っていたのかもしれません。ならば、公園墓地でみんな一緒もいいでしょう。
また、永代供養も一様ではなく、お寺さんによっては認めなかったり、無縁墓に合葬して既存の墓は更地にして変換することを永代供養といったり、そのまま墓を使用できたとしても30年とか50年の期限を付けられる場合が多くなってきましたので、永代供養について確認しておかなければなりません。

祭祀の承継については本件と無関係と思われますが、かなり難しい問題をはらんでおり、義父さまが使用権者であったかどうかも疑問がありますし、現在、貴家ご遺族の誰かが承継者であるどうかもかなり疑わしい状況です。墓を見ていたり(管理)、法事の施主になるだけでは承継者以外の者でもできます。法律的には現在承継者なしと考えてよいでしょう。もちろん、無縁ではありませんが、確認しておく必要があります。
(当方、民法の定める“祭祀の承継”については弁護士よりも詳しいです)

離檀料については憲法の保障する信教の自由を妨げるので負担する必要はありません。

余談ですが、亡夫さまが本家の墓を嫌ったのならば、義父さまを改葬した後、本家の墓は無縁にしてもかまわないかもしれません。亡夫さまはそのつもりだったような気がしてなりません。

合 掌

なるほど・・・

状況を詳しく理解していないので、ゴク簡単に述べさせていただきます。

はっきりさせておきますが、決まりは何もありません。一番肝心なことはご遺族の皆さんがどうしたいか、どうしてあげたいかを最優先にするということです。

亡夫さまは、なぜ本家の墓を嫌がったのでしょう。察するところ、本家のみんなと一緒の墓に入ることが嫌だったのではないでしょうか。
だとすると、本家のお墓にある遺骨を全て亡夫さまのお墓へ移すのは、亡夫さまを本家の墓に埋葬するのと同じことではないで...続きを読む

Qお年寄りは何故、隣地の雑草が伸びてるとか、木の枝が伸びてる、毛虫が付くのであの木を切れというのでしょうか?

いつもお世話になってます。

私の超個人的思い込みとして、
お年寄りは、「あそこの雑草が伸びてる」「木の枝が伸びてる」「だから毛虫が付く」「あの看板は変だ」と壮年期より、よく言うようになると思います。

(再度言いますが、決め付けでなく、"私にはそう思える事が多い"という意味です。)

例えば、「あそこの雑草が伸びてる。所有者に切ってもらうよう。言うべ」と言うお年寄りを、どのようになだめたらいいでしょうか?

なんか、さらに後付けで、「虫が沸くから」「蚊が発生しやすくなるから」と根拠無い理由を仰ります。

実際は、伸びていようが、綺麗に整えてようが、除草剤をまいてようが、生活上たいして迷惑は感じないはずなのですが。
(虫?虫の発生度も普通だし。)

どのように なだめたらいいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

分かりますよ^^そういうの。
なんつーか、年寄りって、何だかんだ言って寂しいだけなんです。
自分のほうを向いてほしいけど、若い人の考えていることや、最近の新しいことってのは理解できない(本当は理解できるんだけど、たいてい通用しない考えしか出てこない)から相手にされないし・・もし、何かの専門家とかであっても、年をとると誰からも相手にされないと自然に思い込む・・みんなそうなんだと思います。
たとえ幸せそうな家族に囲まれたお年寄りでも、本人はまったく気づいていなくても心の奥底では寂しさを抱えているもので。
そんな時、どうでもいいことにけちをつけたがるんだと思います。
自分を必要としてほしいという感情が大元であり、別に雑草が何センチ伸びようが、虫が発生しようがあまり関係ないんだと思いますよ。
まあ、聞き流してしまうのがいいですが、
「あらー、そうなんですか??初めて知りましたわ~。今度お隣さんに(役所に)教えないとねえ」
なんて、大げさに驚いたり「もっと教えてよ」みたいな方向に持っていき、話をすりかえる。
特に嫌いな人間でなければ、一度とことん話に付き合うといいと思いますよ。
本当の本当は、そんな草の長さを話したいのではなく、何かもっと別のことに気づいてほしい、こっちを向いてほしいって言うサインなんだと思います。自分のことが必要とされていると分かれば、そんなことなど気にしなくなるのではないかと思います。

分かりますよ^^そういうの。
なんつーか、年寄りって、何だかんだ言って寂しいだけなんです。
自分のほうを向いてほしいけど、若い人の考えていることや、最近の新しいことってのは理解できない(本当は理解できるんだけど、たいてい通用しない考えしか出てこない)から相手にされないし・・もし、何かの専門家とかであっても、年をとると誰からも相手にされないと自然に思い込む・・みんなそうなんだと思います。
たとえ幸せそうな家族に囲まれたお年寄りでも、本人はまったく気づいていなくても心の奥底で...続きを読む

Q個人墓が爆発的に拡大しているそうです。 昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで

個人墓が爆発的に拡大しているそうです。

昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで地元を離れて自分と子供のお墓として家族のお墓を一族の家系のお墓から独立して建てるように一族のお墓から家族のお墓になって家族のお墓にも入らずに家族の親が建てたお墓ではなくまた新たに自分のお墓を建てる高齢者が増えているそうです。

旦那の実家の家族が入っているお墓に一緒に入りたくないという女の人が個人墓を夫のお墓とは別に建てるのが多いそうで、旦那の実家の家族と一緒に入りたくないが自分の実家のお墓に入れてくれと言うのも言いづらいので自分の好きなようにデザインしたお墓に維持管理費を先払いで支払っていく人が多いらしい。

子供はお父さんの実家のお墓参りとお母さんの個人墓の2つに参りしてるけど、お父さんが一族の本家のお墓参りをしなくなったように、子供の子供はおじいちゃんのお墓参りを止めるのか、おばあちゃんの個人墓のお墓参りを止めるのか両方とも行かなくなるのかわからないらしい。

孫が東京でまた自分たちのお墓を作ったら、完全に本家のお墓とお父さんの実家のお墓とお母さんの個人墓のお参りには行かなくなると思われる。

お墓が負債というか無縁化していって墓地だと無縁墓は引っこ抜かれて墓石は供養されて山住みされて、印字面を削って再利用される。

骨壺はどうするのかは分からない。

お墓が分散化されて個人1人に一個のお墓の世界になってきているのは間違いない。

これって個人墓の時代のお墓の概念はいまと変わりそう。

創価学会はお墓を複数持ちましょうって言った責任は感じているのだろうか?

個人墓の普及で無縁墓が増加して墓石がゴミ化しているのだが。

個人墓が爆発的に拡大しているそうです。

昔は○○家の墓という一族で入るお墓から、戦争とか出稼ぎとかで地元を離れて自分と子供のお墓として家族のお墓を一族の家系のお墓から独立して建てるように一族のお墓から家族のお墓になって家族のお墓にも入らずに家族の親が建てたお墓ではなくまた新たに自分のお墓を建てる高齢者が増えているそうです。

旦那の実家の家族が入っているお墓に一緒に入りたくないという女の人が個人墓を夫のお墓とは別に建てるのが多いそうで、旦那の実家の家族と一緒に入りたくないが自...続きを読む

Aベストアンサー

うん、本当ですよね。

ゆえに、というか、当然の帰結なんだけど「樹木葬」とか「共同墓」を選択する人も多い。
埋葬に関しては、昔ならば「墓地」はあったけど、そこに樽詰めされた遺体を運んで、穴を掘って埋めるだけでしたからね。
だから墓石なんかも、主な役割は「目印」くらいだったんでしょうね。
それが肥大化し始めた。
墓石が巨大化し、お寺も墓地の「割り振り」を始めて、一族の墓としての役割を持たせるようになった。
それがさらに細分化していったのが昨今で、まるで建売住宅のようです。

個人墓の問題は、そう遠くないうちに転換を余儀なくされるでしょう。
高齢化と少子化は変わることはありませんので、無縁墓は爆発的に増え続け、寺も今までと同じ対応は出来なくなりますから、墓地そのものを減らす方向に傾くと思います。
もしくは、全く「別の場所」に共同墓や樹木墓を集めた「墓地公園」を建設し、読経なども省く方向での経営になると思います。

人間関係が希薄になってきたわけですから、当然、法要の回数などもミニマム化し、寺の存続が窮地に陥るのは目に見えています。
今は過渡期といったところです。

うん、本当ですよね。

ゆえに、というか、当然の帰結なんだけど「樹木葬」とか「共同墓」を選択する人も多い。
埋葬に関しては、昔ならば「墓地」はあったけど、そこに樽詰めされた遺体を運んで、穴を掘って埋めるだけでしたからね。
だから墓石なんかも、主な役割は「目印」くらいだったんでしょうね。
それが肥大化し始めた。
墓石が巨大化し、お寺も墓地の「割り振り」を始めて、一族の墓としての役割を持たせるようになった。
それがさらに細分化していったのが昨今で、まるで建売住宅のようです。

個人墓の...続きを読む

Qお墓の植木

お墓の両サイドに、各2箇所で計4箇所植木があるのですがその内1個が枯れてしまいました。
何か植えようと思います。よく聞くのは、あまり大きくなる木は、墓石を壊すのでダメ。実のなるものはダメ?なぜかは不明です。
どのようなものが一般的でしょうか。またホームセンターで手ごろな大きさの、くちなしの花が売っていたのですが、この花はOKでしょうか。

Aベストアンサー

お多福南天はいかが?
別名、五色南天ともいいます
夏場、緑、寒さ・乾燥が来ると黄色・赤と葉の色が変化します
紅葉しても落葉樹ではありません

実はほとんど成る事はありません
樹の高さは大きくなっても50cm
自然樹形で球形

参考URLの3.5号ポットというのはポットの直径10.5cmという意味

#2の回答者さんのアオキでしたら
斑入り(黄色い色が葉に入る)アオキ ピクチューラーターとか
ホシフアオキ なんてのはいかがでしょう

ただ、クチナシもアオキも実が成りますが、それでも宜しいのでしょうか

あと実のならないものとなると、ガーデニングに使われるもの
フィリフェラオーレア
(大きくなるのに時間がかかる(10年)が樹高、2mを越えます
大きくならないモノなら
ブルースター(これはお多福南天と同様球状の樹)が良いでしょう
同じ球状になる樹でも、ラインゴールド(茶色の葉っぱ)は管理が難しい

#1の回答者さんのツゲなら金芽ツゲはどうでしょう
これなら実をつけることはありません

あと何があるかな。五色ヤナギ白露錦なんてどうです?
http://www.rakuten.co.jp/interface/168360/194887/

植物もネットショッピング可能です

参考URL:http://www.engei.net/Browse.asp?ID=11858

お多福南天はいかが?
別名、五色南天ともいいます
夏場、緑、寒さ・乾燥が来ると黄色・赤と葉の色が変化します
紅葉しても落葉樹ではありません

実はほとんど成る事はありません
樹の高さは大きくなっても50cm
自然樹形で球形

参考URLの3.5号ポットというのはポットの直径10.5cmという意味

#2の回答者さんのアオキでしたら
斑入り(黄色い色が葉に入る)アオキ ピクチューラーターとか
ホシフアオキ なんてのはいかがでしょう

ただ、クチナシもアオキも実が成りますが、それ...続きを読む

Qお墓建設にかかる費用

お墓建設にかかる費用

寺院にお墓を建てさせてもらえることになりました。
お寺さんの紹介で、石材店を紹介されました。
近所の石材店と比べると倍も値段が違います!

先日、ケーキの手土産を持って自宅に来られました。
こちらの希望する、お墓も伝えていないのに、「自分のイメージで」と、
見積書まで作って。値段も詳細に書かれていました。
石の種類も決めてるようで、見本の石も持って来られました。
どのランクの石の値段かも、わからず、教えてもくれずです。

普通は、お墓を建てる際には、こちらの希望価格を提示してから、見積もりを
するものではないのでしょうか?
見積もりをする手数料もどこかで、とられるのではないですか?

ちなみに私は北陸住まいです。
1.2坪の小さな敷地です。
お墓石代は200万円を超えていました。
家は小さなお墓で良いので、150万円以下で押さえたいです。
今後、土地代などをお寺さんにお金を納めなければいけないので。

お寺さんが紹介されたこの石材店はこの町の住人で、門徒さんです。
我が家が建てるお墓の地盤は緩んでるらしく、基盤をしっかりしないといけない、と
話しておられ、更に金額が上がる可能性が高いです。
石材店を変えることは、絶対に出来ません。

今後、どういった話の展開をしていったら良いでしょうか?
まだ、縦のお墓にするか横にするかも迷っているとまで言っている段階です。

お墓の完成は秋で良いと思っているので、ゆっくりと、良い物を作って頂きたいです。
円満にことを運ぶアドバイス、宜しくお願いします。

お墓建設にかかる費用

寺院にお墓を建てさせてもらえることになりました。
お寺さんの紹介で、石材店を紹介されました。
近所の石材店と比べると倍も値段が違います!

先日、ケーキの手土産を持って自宅に来られました。
こちらの希望する、お墓も伝えていないのに、「自分のイメージで」と、
見積書まで作って。値段も詳細に書かれていました。
石の種類も決めてるようで、見本の石も持って来られました。
どのランクの石の値段かも、わからず、教えてもくれずです。

普通は、お墓を建てる際には、こちらの希...続きを読む

Aベストアンサー

なぜ石材店を変えられないのですか?
お寺からその辺をよく説明をしてもらいましょう。
その説明に納得できたなら、石材店に予算が無いのでこのぐらいで抑えてほしいと希望をしっかりと伝えましょう。
その際も、石材の説明、工事の説明、その他注意事項の細かい説明をあなたの方から求めましょう。
良い石材店なら、疑問をぶつければ、かえって喜んで説明してくれます。

今回がそうとは限りませんが、お寺と石材店が懇意にしていて、相場より高い価格で建てさせられてしまうことはよくあることです。
逆に、周りが内容の悪い安売り店ばかりで、その石材店の方が良心的な工事内容で適正な価格なのかもしれません。
あくまでおすすめとして、その墓地での平均的な見積りを持ってきてくれただけかも。
はたしてどちらなのか、それは他所と比較してみないと分かりません。

まずは、近所の方や他の檀家さんにお寺と石屋さん両方の評判を聞いてみましょう。
また、情報集めとして他の石材店に見積りをもらうこともいけないことではありません。
次は石材店の見極めからです。
いずれにしろ、お墓の形状のことも含め、1から内容、予算を相談し直ししましょう。
本当にプロの石材店なら、その家のご先祖に対する考え方、宗教観などをまず最初に聞いてきます。それから、お墓に対する想いを聞き、形の設計に入ります。
どれだけ知識を持っているでしょうか?
どれだけ資格等を持っているでしょうか?
どれだけ参考になる資料等を見せてくれるでしょうか?

法的には指定石材店があっても、正当な理由があれば指定以外の石材店に工事を頼むこともできます。その後のお寺との関係については、住職の人柄次第ですが。

なぜ石材店を変えられないのですか?
お寺からその辺をよく説明をしてもらいましょう。
その説明に納得できたなら、石材店に予算が無いのでこのぐらいで抑えてほしいと希望をしっかりと伝えましょう。
その際も、石材の説明、工事の説明、その他注意事項の細かい説明をあなたの方から求めましょう。
良い石材店なら、疑問をぶつければ、かえって喜んで説明してくれます。

今回がそうとは限りませんが、お寺と石材店が懇意にしていて、相場より高い価格で建てさせられてしまうことはよくあることです。
逆に、周り...続きを読む

Qうちのお墓にホームレスが住み着いて困る

うちの母方のお墓のある墓地にホームレスが住んでいます。
各墓石に私物のゴミの様な物を置いていくそうです。
墓地を管理する住職が警察に困るから何とかしてくれと言っても、市の土地なのでどうにもならないと言われ、忙しいのかまともに取り合ってくれないそうです。
各墓石にゴミを置いていくので、見つけると墓石の遺族がゴミを取り除きます。定期的に取り除きに来なければならないので困っています。
何ともならないのでしょうか。

Aベストアンサー

>市の土地なのでどうにもならないと言われ・・・・


上記であれば管轄の市役所に掛け合うしかないでしょう。
市の土地に勝手に住み着いている以上、市として強制排除などの行動をしてもらうしかありません。

Qお墓のことですが

お墓の事ですが僕も70才に近くなりますが
お墓の事で考えています。父が40年前に亡くなり
故郷の秋田県の田舎町のお寺にお墓がありますがは母親と一緒に
静岡県に住んでおります兄弟は神奈川県に居ります。
お墓の場所ですが僕と兄弟との中間にお墓をとも考えています
何処のお墓も管理費が必要と思いますが
いつかは管理費が支払いできなく成ると日が来るかと思います
管理費の掛からないお墓など有るのでしょうか?
もし管理費が払えなく成った時はお墓はどうなるのでしょうか
心配です。皆さんはどの様に考えているのでしょうか
お聞きしたいと思います

Aベストアンサー

>僕と兄弟との中間にお墓をとも…

“僕”は兄ですか、弟ですか。
どっちでも良いですけど、跡取りか分家かということ。

兄弟は、子供のうちは確かに家族ですが、お互いが結婚して所帯をかまえれば、「近い親戚」に成り下がります。
親戚に過ぎないのですから同じ墓に入ることはありません。
親と同じ墓に入るのは、跡取りとなった者だけです。

したがって、墓の場所が兄弟の真ん中なんて考える必要はないのです。

>父が40年前に亡くなり故郷の秋田県の田舎町のお寺にお墓があり…

あなたが跡取りならそこに入るだけ。
分家なのなら、現在の住まいに近いところで新たに墓を建てればよいです。

>いつかは管理費が支払いできなく成ると日が…

管理費うんぬんより、墓守をしてくれる人がいるかどうかってことでしょう。
あなたに子供や孫はいないのですか。
そのあたりが何も書いてないのでコメントしづらいです。

Q父の遺骨と先祖の墓の継承について

【質問内容】 父の遺骨は墓に入れず樹木葬。先祖の墓を永代供養としたいのですが、可能でしょうか?

人物の呼び方は私基点です。読み辛かったらすいません。

先日、父(次男)が亡くなりました。私は息子で、実家暮らしではなく遠方住まいです。

先祖のお墓について、十数年前、祖母(父の母)の面倒を看るため、祖母と一緒に父住居のある地元に移設しました。以降、墓は父が管理をしていました。
現在、墓の使用権利者は父となっています。(寺に確認済み)
通常であれば、祭祀財産として母か息子である私が継承し、先祖の墓に父の遺骨を納めて面倒をみることになると思います。

しかし、生前の父の遺言?(書面はなく口頭のみ聞いた)で墓には入りたくないと言っていました。
母(父の妻)が亡くなったら一緒に樹木葬などで納めてほしいと。
それは、墓守になる私達の負担をなくすために、父が考えていたことのようです。
実際、私も墓の面倒をみるには負担が大きく、母も健康とはいえないため、墓守をする余裕がありません。
現在、遺骨は実家にあります。父の遺言に添い、先祖の墓に入れるつもりはありません。
私怨ですが正直な話、母を散々いじめた祖母のいる先祖の墓の面倒をみたくありません。
ただ、無縁仏にするわけにはいかないので、永代供養を考えています。

墓守候補として、父の兄(長男)が生きていますが、遠方住まい&自分用の墓を購入しているため、端っから入る気はないようです。
父の兄は祖母の面倒もみようとはしない人だったので、墓の使用権利者にはなってくれそうもありません。
(相談したところ、墓に父の遺骨を納めておまえらが面倒をみろ。長男の命令だ的な感じに言われました。)

皆様のお知恵をお貸し頂ければと思います。

【質問内容】 父の遺骨は墓に入れず樹木葬。先祖の墓を永代供養としたいのですが、可能でしょうか?

人物の呼び方は私基点です。読み辛かったらすいません。

先日、父(次男)が亡くなりました。私は息子で、実家暮らしではなく遠方住まいです。

先祖のお墓について、十数年前、祖母(父の母)の面倒を看るため、祖母と一緒に父住居のある地元に移設しました。以降、墓は父が管理をしていました。
現在、墓の使用権利者は父となっています。(寺に確認済み)
通常であれば、祭祀財産として母か息子である私が継...続きを読む

Aベストアンサー

ご先祖様のお墓を見ることができないとゆうことでしたら、永代管理(供養)して下さる納骨堂に変えることも考えられるのではないでしょうか?そしてお父様のお墓は近くで面倒見やすいところを探されてはいかがでしょうか?もちろん納骨堂をご利用することも検討のひとつと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報