ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

「オマエは何屋だ?!」と叱られそうですが(はい、修理工です!)、
今夜9時頃、長距離ドライブの帰りに「油圧警告灯」がチラつきました。
(平成10年式、ムーヴ、走行21万キロ強)
油量をみたら、ゲージの先にも付いてきませんでした!

田舎で、GSも閉まってて、運よく開いてたたヨロズ屋で サラダ油を買い、2リッターブチ込みました。

とにかくエンジンに負荷かけないように家までの50kmちょっとをオソルおそる帰りました。(なんとか無事でした。)
オイルは早急に交換するつもりですが、こんな経験されたかたは いらっしゃいますでしょうか?
経験者のかた(伝聞でもかまいません)、その後、エンジンどうなりましたか?
壊れないようにするため、どう処置しましたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>こんな経験されたかたは いらっしゃいますでしょうか?



50キロ程度なら、問題ないでしようね。
完全にオイルガ無くなった訳でもありませんから、エンジンオイル成分が変わっただけです。
既存の鉱物油・植物油・部分合成油・化学合成油に、植物油が添加されただけです。
今でも、バイク用・農機具用などのオイルには「植物性オイル」が入っています。
(化学合成油+植物油or鉱物油混合は大丈夫ですが、鉱物油+植物油の混合は長距離は不可です。)
カストロールは、そもそも「植物油(ひまし油)」を意味していますよ。

>壊れないようにするため、どう処置しましたか?

直ぐに、自動車メーカー指定のグレード・粘度のオイルを交換して下さい。
純正品・OEM品・DIY品を問いませんから、安いオイルで大丈夫です。
そして、短期間で数回オイル交換を行なって下さい。
旧車とか長距離走行車には、フラッシングは百害あって一利無しのようです。

先ず、短期間にエンジンオイルを交換する!事で、対策は終わりです。
余談ですが、古い車の場合「化学合成油を使用すると、エンジンを傷めますから、鉱物油使用」が基本です。
設計当初から化学合成油使用を考慮している車種は、別ですが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

皆さまのお答えは、おおむね、「問題は残るかもだが、すぐに交換すればダイジョウブ」のようですね。

今さらながら、エンジンオイルについて詳しく勉強してみます。
「鉱物油・植物油・化学合成油等の成り立ったイキサツや使い分け」とか。
(・・・そんなことも知らずに、よく修理工やってるな!)

フラッシングについては、私もいろんな意見があることを承知してます。
今まで自分のクルマはずっと3000~5000kmごとにオイル交換をしてましたので、フラッシングしようと思ったことさえありませんでした。
フラッシングについても勉強してみます。

お礼日時:2009/05/24 07:37

それより、エンジンオイルがどっかから、漏れてるんじゃないですか?



普通、よっぽどメンテを怠らない限り、オイルが無くなること無いと思いますが。

この回答への補足

こちらに、その後の経過を書きとめておきます。

今日、朝一でオイルを替えました。
(・・・あれからすでに 100km強走ってます。)
まず、抜いた後、2リットル入れて5分程回し、もう一度抜きました。
(いちばん初めに抜いた時は「シャビンシャビン」のオイルが出てきました。)

で、二回目入れる時はオイルエレメントも交換し、規定量のオイルを入れました。
・・・あとは数百km走ったら、もう一度交換しようかと思ってます。
その後に、エンジン逝ってしまったら、何かの機会にここでご報告いたします。

皆さま、ありがとうございました。

補足日時:2009/05/25 22:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

・・・メンボクない・・・。
オイル、漏れてるのは初めから判ってるんです。
クランクのリアシールからなんですけどね。
それ治すのにはミッション降ろさないとだめで、メンドくさくて場当たり的修理(漏れたオイルが熱い排気管に付かないようにする)でシノいでいました。
・・・もちろんお客さんのクルマに対しては こんなコトしませんよ!

「紺屋の白袴」と申すか、「医者の不養生」と言うか・・・。

ただ、1ヶ月の走行距離が多く、オイルが減る前に交換の距離に達してしまうので 全く気にしてませんでした。
ところが、昨日は高速道路を使った長距離ドライブで、確か(ここがイイカゲン)そんなに前じゃない時期にオイル替えたからと、気にせず行ってしまいました。
負荷もかかって、オイル消費も激しかったのか、油断しました!

これからはイタワッテやろうと思います。
(早くオイル漏れ治せよ!)

お礼日時:2009/05/24 23:03

そのまま後何キロ位走れるかテストしたら如何ですか 通常のエンジンオイル同様にオイル交換もして

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

・・・えっ?! 今後もサラダ油をですか?
そそそ、それはご勘弁を!
でも興味ありますね。

オイル漏れが激しく、フロントの排気管にいくらカバーを増設してても、どこかには当たってコゲ臭いにおいがしてましたが、
今日はニオイが違いました。
サラダ油では発火点も低いでしょうから、車両炎上の危機に瀕してます!

早くオイル漏れを治すのが まっとうな修理工ですよね。
この話しを知人らにしたら、
「インチキ整備士!」とののしられ笑われました!(爆)

お礼日時:2009/05/24 22:46

No7です、


カストロールR30は蓖麻子油からできており、蓖麻子油は英語でCastor oilというので、Castorをもじって会社名もカストロールになりました。

第二次世界大戦前のヨーロッパで盛んだった飛行機レースのエンジンオイルとして有名になり、皮膜保持性能はいまだにナンバーワンだと思います。2サイクルにも4サイクルにも使える万能オイルです。
ただし対酸化性能が悪いので一般的には使われず、後の化学合成オイルはこのオイルの性能を目指してつくられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

勉強になります。

ヒマシ油というと、「下剤」とか「ブレーキフルード」を連想しますが、エンジンオイルのベースとして そんなに良いものだったとは・・。

潤滑油としては フツーに石油由来のオイルを使うのが順当な考えだと思ってました(というより、植物油を高温・高負荷下で使うという発想自体が思い浮かびません)が、昔の人は偉いものです!

「サラダ油」が、同じ植物油とは言え「ヒマシ油」相当の性能を持ってるハズはないでしょうから、いっこくも早く交換しようと思います。

お礼日時:2009/05/24 07:49

No2さんの言うように、植物油は温度とか圧力で樹脂化してガム状になるので、クランクメタルやピストンスカート、シリンダー内壁、タービンシャフトなど、温度と圧力がかかる部分が樹脂化して膜になっている可能性があります。



市販車の工作精度が上がっている現在では顕在化するほどの違いは感じられないかもしれませんが、分解すればどこかに必ず変化が見られます。

フラッシングオイルを多めに入れて「すすぐ」感じでエンジン内部を洗ったほうがいいと思います。

修理工さんならレーシングオイルの古典「カストロールR30」のことは知ってますよね、植物性オイルで、あれも使用後分解整備することを前提にしています。だから現代ではほとんど使われません。無事を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

低能修理工なので、恥ずかしながら ご教示のオイルについては存知あげませんでした。

そんな植物性レーシングOILが、先ほどの回答者様もおっしゃっておられたように、なぜ使われたのでしょう?
鉱物系よりもある部分の性能が良いのでしょうか?

愛着あるクルマですので・・・というより、ビンボーなので、なんとか無事であってほしいものです!

お礼日時:2009/05/24 01:00

オイル交換して、しばらく回して、もう一回オイル交換しておけばまず大丈夫だと思いますよ。



2STバイクでやったヤツがいたけど、問題なく走ったそうな。
その後も問題なしだけど、壊れないだけで、性能は・・・なんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

けっこう皆さま、やっておられるんですね。

数回は交換スパンを 思いっきり縮めてやってみます。
まあ、深部のダメージは残ったままかもですが、もしその後すぐに壊れたとしたら、壊れたのがそのせいなのか、21万も走ってれば…なのか、判断はつかないでしょうね。

お礼日時:2009/05/24 00:51

無ければそれでも代用できます、未だに2ストではひまし油(変性植物油)入ってます。


4ストの植物系レース用オイルは帰って「すぐに!」鉱物油に入れ替えて回しておきます。
変質(酸化、腐るとでも言うか)したら困るので、当然ですけど・・・
21万ですか、クリアランスも広く打音が出たでしょうけど軽く回ったでしょ?
後処理は、フラッシング後に「通常のオイル交換」で構いません。
触媒への影響なんて、もう「オイル消費が早いE/g?」でしょうからどうこう言うよりも
すでに劣化してますよ。
交換するつもり>と言う方がヤバイですね、遅い!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

サラダ油号、エンジン音は特に問題もなく、吹け上がりも通常どおりでしたね。(高回転はコワくて回しませんでしたけど・・・。)

オイル消費が早い・・・のではなく、オイル漏れが激しいんです。
でも、減りきる前に交換距離数が来てしまうので、気にとめてませんでした。今回は油断しました!
(漏れたオイルが排気管に触れて とてもクサかったので、遮熱版の上にさらに「屋根」をつけてしのいでました。何屋だ?!)

なるべく早く交換するツモリです。

お礼日時:2009/05/24 00:46

こんばんは。

        経験は無いですが、以前某自動車雑誌で、エンジンオイルの代わりにサラダ油を入れてみるという実験が掲載されてました。 その内容は、『エンジンオイルを全て抜き取り、規定量のサラダ油を入れて、サーキットをほぼ全開で走ってみる』というモノでした。ちなみにテスターは国沢光宏さんでした(ご存知ですかね?)           国沢氏いわく、走行中の吹け上がりは上々、ただ一周が限度だ…と。その時は冬で温度に有利なんで、夏なら半周持たなかったかもしれないですね。   また、サラダ油は潤滑はしますが、それ以外のオイルに求められる性能が皆無なので、ホント一時しのぎにしかならないようです。貴方もすぐエンジンオイルに入れ換えるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

サーキットを全開で・・・がスゴイです。
しかも1周しかもたないなんて・・・。

私は50km強を、「エンジン回転 2500rpm以下」を厳守し、下り坂ではニュートラルにして ほぼアイドル回転、たちまち後方が渋滞するので何度も脇へ・・・
を繰り返しつつ、「修行」のような帰路でした。

オイルは すぐに替えます。

お礼日時:2009/05/24 00:35

かつてオートメカニックで


1600ccクラスで
サラダ油
ATF
ミッションオイル
に交換して走らす企画がありましたが、全部1時間以上走りましたが
以上はありませんでした

オイル安め、鉱物油、を2回ほどはやめに交換すれば
クランクメタルに関しては大丈夫です


>油量をみたら、ゲージの先にも付いてきませんでした!
これが一番危ないかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も以前、どこかで見聞きした覚えがあったため、今回のようなコトを強行したのです・・・。
でなければ やれませんよ。

でも、実際、「自分のクルマで」というのは、かなり度胸がいるものです。ホント、冷や冷やでしたよ、帰りの道中・・・。

早急に交換します。何度も。

お礼日時:2009/05/24 00:28

そんな経験はありませんが


サラダ油は熱で樹脂化し固まりますので
即刻オイル交換が必要です。

また、今すぐ交換しても隙間に残った分が
いずれ樹脂化し、動きが悪くなり、
ノッキングを起こし
最悪オーバーヒートしますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

・・・でしょうね。
もう、ヤケで入れたようなものでした。

奥深く入り込んだサラダ油は 変質してダメージを与えるかも・・・。
私、長期レポートしてみます。
(極短期レポートになるかも。アッサリ逝ってしまって・・・。)

お礼日時:2009/05/24 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「2サイクルエンジンの代用オイル」

「2サイクルエンジンの代用オイルですが‌‌

50ccの2サイクルスクーターに使うエンジンオイルですが4サイクルスクーターに使った4ストオイル5000キロ毎後に交換した後の廃油を2ストオイル500ml+4ストオイル廃油とミックスして2ストエンジンオイルの代わりに使うのは無謀ですかね?‌‌

焼き付きしなければいいんですが」

と言う質問を、このバイクカテの先の質問で見掛け、その質問者さんはお礼もしないまま締めたようなので未解決になった?ようでしたが個人的には少し興味深い内容の質問だったので改めて質問させて頂きますm(_ _)m

どうなるにしろ、くだらない事だとは分かってますが....(笑)

実際の所、どうなるのでしょうか?

頭脳派集団と他サイトから謳われるOKwaveのユーザーの皆様の回答お待ちしてますm(_ _)m

Aベストアンサー

簡潔に言えば、2&4サイクルに求められる要件が違い
添加される成分が異なり現実的でないです。
4ストオイル廃油をミックスするのはメリットが
全くと言っていいほどないので無謀かどうかと
聞かれれば限りなく無謀でしょう。
http://www.juntsu.co.jp/qa/qa1113.html

>実際の所、どうなるのでしょうか?

他の方が仰るように、いずれ動かなるでしょうが
分解整備とピストンやピストンリング交換で直るでしょう。
2ストの場合、クランク室で1次圧縮するので
場合によっては、クランク周りも必要かも。

「燃えやすい」「燃えにくい」という表現は微妙です。
単純に引火点のことを指している場合は、危険物の
第4石油類の分類を調べれば分かりますが、潤滑油
特に内燃機関に関しては、燃える=燃焼、爆発を意味するし
自然発火温度が圧力の上昇とともに低下する傾向があるのと
2ストオイルもいろんな製品があるり、未知の部分も多いので
何とも言えません。
http://www.juntsu.co.jp/qa/qa1604.html
http://www.geocities.co.jp/MotorCity/8980/pit/pit_2st_oil.html

簡潔に言えば、2&4サイクルに求められる要件が違い
添加される成分が異なり現実的でないです。
4ストオイル廃油をミックスするのはメリットが
全くと言っていいほどないので無謀かどうかと
聞かれれば限りなく無謀でしょう。
http://www.juntsu.co.jp/qa/qa1113.html

>実際の所、どうなるのでしょうか?

他の方が仰るように、いずれ動かなるでしょうが
分解整備とピストンやピストンリング交換で直るでしょう。
2ストの場合、クランク室で1次圧縮するので
場合によっては、クランク周りも必要かも。

「燃えや...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Q自家用車(軽自動車)に砂糖を入れられました。

タイトルのままなのですが、先週の金曜日にガソリンの値上げに備えて半分以上ガソリンが入っていたのですが、満タンにしようと思いセルフSSに行きました。
まず、運転席から給油口のレバーを引っ張っても蓋が開かず、カード等を使っても開かず、ディーラーに持って行きました。
つまみ部分が壊れていた為に開かなかったらしいです。
そこでもう一度SSに戻り、ガソリンを給油しようとキャップを回して開けたら、粉で一杯でした。
思わず固まってしまい、店長を呼んで確認をしてもらうと「砂糖」を入れられていました。
直ちに警察に連絡をして被害届を出したのですが、車が壊れた訳ではないので受理出来ないと言われました。
(給油口の蓋の損傷と運転席側の後部ドアに刺したような傷があり、それについては「器物損壊」になりました)
しかし車両保険に入っていたので、全額修理代が出る事にはなりました。
現在はディーラーで修理中なのですが、ポンプの掃除とフィルターの交換等をするらしいです。
でもどれくらい入れたのか分からないし、どれくらい走行したのかも分かりません(もちろん犯人も分かりません)
修理に出して直してもらっても、エンジンの調子が悪くなったりはしないのでしょうか??
ディーラーの整備の方を信用するしかないのですが、不安で一杯です。
やっと一回目の車検を受けたばかりだったのに。。。

物凄くショックで日ごと恐怖感が増してきています。
警察でも悪質な怨恨による犯罪だっと言われました。
思い当たる人はいるのですが、怖くて聞けません。
一週間前に彼のバイクのシートとタイヤを切られる事件があったばかりなので。。。

長くなってしまいまいましたが、砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
修理(ポンプの洗浄、フィルター交換等)で大丈夫なのでしょうか??
どなたか教えていただけませんでしょうか???

宜しくお願い致します<m(__)m>

タイトルのままなのですが、先週の金曜日にガソリンの値上げに備えて半分以上ガソリンが入っていたのですが、満タンにしようと思いセルフSSに行きました。
まず、運転席から給油口のレバーを引っ張っても蓋が開かず、カード等を使っても開かず、ディーラーに持って行きました。
つまみ部分が壊れていた為に開かなかったらしいです。
そこでもう一度SSに戻り、ガソリンを給油しようとキャップを回して開けたら、粉で一杯でした。
思わず固まってしまい、店長を呼んで確認をしてもらうと「砂糖」を入れられてい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。興味深い内容だと思いました。
私が過去に見たことが参考になれば。

>砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
※ガソリンに砂糖を混入させると、エンジンが焼きつくのは「本当」です。都市伝説ではありません。紹介のサイトの理屈は「机上の空論」。

ガソリンに含まれる水分、そして燃料系統にガソリンから分離して溜まっている水に砂糖が溶け込むと、徐々にシリンダー内に運ばれます。また、普通の砂糖ならともかく、三温糖などは粒子が細かいのでガソリンに溶解しなくてもガソリンの流れに乗って、フィルターを通り越してシリンダーに到達する場合もあります。結果として、シリンダー周辺の高温部に焼きつき、対応が遅ければ致命的な結果となります。(砂糖を使った嫌がらせの手段はまだまだあるのですが、悪用されると危険なのでこの程度で)。

以前赴任していた土地の自動車整備工場で、ガソリンに砂糖を混入されたと言う車のエンジンを見たことがありますが、そこの整備工場の社長のお話では、その土地で偶にある事と言っておりました。(そこの土地は、ある種の差別問題があったて、地域住民の間でトラブルが絶えなかった所でした)。ディーゼルエンジンでも同様の現象が起きるそうです。
この手の嫌がらせは、主に昭和のマイカーブームの頃に全国的に流行したとの事ですが、現在でも漁師等は同業者同士のトラブルの際にする事があるそうです。(なんせ漁船のエンジンは1台で1千万以上しますから)。

>修理(ポンプの洗浄、フィルター交換等)で大丈夫なのでしょうか??
エンジニアを信じるしかないでしょう。もし自動車が戻って来ても、異常があったら出来るだけ早く専門家の判断を仰ぐべきだと思います。しばらくは遠乗りや高速道路の利用は控えた方が良いと思います。

一応犯人の心当たりはあるようですが、この事から、犯人像が浮かんできませんか?
メカに詳しいと言うよりも、そう言うマイナーな知識を持ている、あいは情報を得る事が出来る人間。執念。用意周到さ・・・。

狙われないような対策をするのであれば、防犯装置を導入したり、或いは今までの駐車場所から少し離れた賃貸駐車場や知人の所などに車を預け、犯人に見つからないようにすると言う方法もあると思います。
半端な気持ちで犯行に及んだわけじゃないようです。
私はこの程度しか助言できませんが、元気を出してください。

こんばんは。興味深い内容だと思いました。
私が過去に見たことが参考になれば。

>砂糖でエンジンが焼きつくと言われているのは、本当でしょうか???
※ガソリンに砂糖を混入させると、エンジンが焼きつくのは「本当」です。都市伝説ではありません。紹介のサイトの理屈は「机上の空論」。

ガソリンに含まれる水分、そして燃料系統にガソリンから分離して溜まっている水に砂糖が溶け込むと、徐々にシリンダー内に運ばれます。また、普通の砂糖ならともかく、三温糖などは粒子が細かいのでガソリンに溶解し...続きを読む

Qエンジンオイルを入れ忘れてアイドリングを・・・

エンジンオイル交換の際に、何をトチ狂ったのか
古いオイルを排出後、新しいオイルを入れずにアイドリングを30秒~1分ほどしてしまいました。


知り合いの整備工場に尋ねたところ
「30秒くらいのアイドリングならばピストンに傷はつかない。
ピストンが熱くなっているのにオイルが無いと、潤滑できなくなり、その後シリンダー?が欠けて、エンジンから「カラカラ」音がする、カラカラ音が出れば問題だが、 30秒くらいでエンジンを停止すれば、まず問題はない。  念のため、オイルをもう一度入れ替えて、シリンダーのかけらなどが無いか確認してみると良い。 しかし、 30秒~1分くらいならば、まず シリンダーは傷んでない」 との返答でした。

その後のテスト走行でも問題が無かったですが、念のため質問させてください。
上記の工場の整備士の方の見解でよろいしでしょうか?



○アイドリングをしてしまった時間は、30秒ほどでした、長くても1分以内です
○エンジンオイルを入れるキャップを開けたところ 湯気や、焦げたにおいなどはありませんでした
○その後、オイルを補充し、時速30キロで少し走ってみましたが、異常は感じられませんでした
○エンジンから異音などはしません
○エンジンオイルをその後さらにもう一度交換しましたが、シリンダーのかけらなどは出ませんでした


また もし 上記のような失敗をしたときに 
アイドリングを何分くらいしたらエンジンが焼付くものでしょうか?
また、エンジンが焼けつくと どのような症状がでるのでしょうか?

お教えください

エンジンオイル交換の際に、何をトチ狂ったのか
古いオイルを排出後、新しいオイルを入れずにアイドリングを30秒~1分ほどしてしまいました。


知り合いの整備工場に尋ねたところ
「30秒くらいのアイドリングならばピストンに傷はつかない。
ピストンが熱くなっているのにオイルが無いと、潤滑できなくなり、その後シリンダー?が欠けて、エンジンから「カラカラ」音がする、カラカラ音が出れば問題だが、 30秒くらいでエンジンを停止すれば、まず問題はない。  念のため、オイルをもう一度入れ替えて...続きを読む

Aベストアンサー

低能 自動車修理工です。

昔、自分のクルマで それヤッちゃいました!
しかも5分くらい かけっ放し!! (爆)
もちろんアイドリングですけどね。


・・・なんともありませんでした。
慌てて あとからオイル入れて回したのですが。

その後10万km以上乗りましたが これといったエンジントラブルなく・・・
まあ、常に3千kmごとにオイル交換してましたので、ヤッてしまった時もエンジン内部の状態が良く、ヤッてしまった後も 早めのオイル交換で ことなきを得ていたものではと・・・。

ですので、高回転させなければ、1分程度は問題ないと思いますよ!

でも、5分間は やはり良くないでしょうね、キョウビのクルマは。 シビアですから。
ただ、焼きつく時間までは判りません。
どこかで実験したサイトなどが見つかればいいのですが。

エンジン焼きついた瞬間を経験したことはありませんが、
焼きついたエンジンは 何度も見てます。

ピストンやシリンダーがイカレるよりも、クランクシャフトやコンロッドのメタル(軸受け)、あるいはカムシャフトのメタルがヤラレるのが先ですね。

オイル潤滑命!で支えられてる部位なので、油膜切れすると 真っ先にダメになります。
それらのメタルの焼き付いた状態とは、表面がギザギザし、細かい金属はがれが起きてます。

オイルの中に混じる金属片とは、こういう 「メタルかす」 である場合がほとんどでしょう。

潤滑が途切れてメタルがヤラレると、最終的には「ロック」 してしまいます。
回転が停められます。
ヒドイと、コンロッドが折れてブロックを突き破り、いわゆる「足出し」することも・・・。

ここまで至らない 軽い損傷では、メタルのクリアランスが大きくなって、回転あげるとヒドイ音に・・・な症状が現れます。

まあ、フツーに異音も出ずに走れせてるのであれば、問題はないと思います。

低能 自動車修理工です。

昔、自分のクルマで それヤッちゃいました!
しかも5分くらい かけっ放し!! (爆)
もちろんアイドリングですけどね。


・・・なんともありませんでした。
慌てて あとからオイル入れて回したのですが。

その後10万km以上乗りましたが これといったエンジントラブルなく・・・
まあ、常に3千kmごとにオイル交換してましたので、ヤッてしまった時もエンジン内部の状態が良く、ヤッてしまった後も 早めのオイル交換で ことなきを得ていたものではと・・・。

ですので、高回転...続きを読む

Q2stオイルを安物にしたら調子が良くなった?

Gアクシスを通勤(往復50km程)で使用している者です。

先日、オイル警告灯が点灯したのを機に「ヤマハ・オートルーブ」から
リッター300円の安物オイル(一応「ヤマハ車に最適」と謳ってはいましたが・・)に変え
暫く走行したところ、アイドリングが「エンスト直前」なくらい低回転になりました。

「低回転になった」というと、「不調になった」と思われそうですが
当のGアクシスはアイドリングが高く(スローを最低レベルにしても高回転のまま。
また、安物オイル追加後もスローは最低レベルのままでしたので、調整してスロー
を少し上げました)
低回転になり少し調整した「今」が正常と思われるのです。
エンジンの回転も以前より「滑らか」になった気もします。(これは「気」になるだけで、
本当にそうかは判りませんが)

ここで質問(疑問かな?)です

『安物オイルにした事で、調子が良くなることはあり得るか?』

そんなことは無いと思うのですが、皆さんの意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元Sディーラー勤務、現在整備工場経営、バイク乗りの現役整備士です。

 先の回答ではボロクソに言われてますが、私今まで何台もホームセンター売り1L248円のヤツで乗ってますが特に問題は出ていません。お客にも安いオイルを頼まれて同じ物を何人も使っていますが今まで問題が出たと言う話も有りません。確かにヤマハ純正は良いオイルですが、みんながみんな最高を求めてる訳で無し、普段の足にそこまでの品質が無くても用が足りてるなら、安いオイルで充分です。もし2割消費量が増えたとしても、価格は1/3以下ですからコストパフォーマンスは抜群です。
  
 この手のオイルでバイクより条件がキツイ発電機や草刈機(空冷で冷却ファンも無く長時間の全開運転)でも問題無いんですから、「安いから焼き付く」と言うのは短絡的過ぎると思います。そもそもオイルは作れるメーカーが限られてますから、国産なら原料の出所は殆ど同じだったりします。純正だからと言ってバイクメーカーがオイルを作っている訳でも有りません。純正と同じ物が名前を変えて別ブランドで売ってたりもします。ですので余り神経質に考えなくても良いかとは思います。

 で、安いオイルで調子が良くなるか、ですが、今お使いのオイルがお乗りのバイクと相性が良いのでは?高い安いは余り関係ないと思います。

元Sディーラー勤務、現在整備工場経営、バイク乗りの現役整備士です。

 先の回答ではボロクソに言われてますが、私今まで何台もホームセンター売り1L248円のヤツで乗ってますが特に問題は出ていません。お客にも安いオイルを頼まれて同じ物を何人も使っていますが今まで問題が出たと言う話も有りません。確かにヤマハ純正は良いオイルですが、みんながみんな最高を求めてる訳で無し、普段の足にそこまでの品質が無くても用が足りてるなら、安いオイルで充分です。もし2割消費量が増えたとしても、価格...続きを読む

Qガソリン車にディーゼルエンジンオイルはやばい?

ガソリンエンジンにディーゼルエンジンオイルを入れて走行するとどの様な事が起きますか?

またディーゼル車にガソリン車用のエンジンオイルを入れて走行するとどの様な事がおきますか?

専門知識をお持ちの方お知らせ下さい

Aベストアンサー

ガソリン車にディーゼルオイル。

何か引っかけ問題みたいですが、
ディーゼル専用のおいると兼用のオイルがありますので
問題が少ない場合が多いですし、
ガソリンエンジンのフラッシング用には
よく洗浄拡散能力の高いディーゼルオイルを使ってから
抜いて、目的のオイルを入れたりもします。

何も起きません。
きれいになっていいでしょう。
高回転ではちょっと負荷が多くなりますので
低回転せんようですわ。

ディーゼル車にガソリン専用オイル

なかなか無いですが(たいていCFも着いているので)
専用であれば
確実に劣るのが先の洗浄拡散能力です。

これはエンジン内部が真っ黒けになります。
乗用ディーゼルのオイルは3000~5000kmでの交換が必要ですし、
其処まで持たずに、内部にスラッジをなすりつけるようなことになり
長期的にはエンジン内部に取れないスラッジを蓄積することになります。

それは、隙間の小さい潤滑部
=バルブガイド・ピストンリングなどに蓄積することになり
燃焼・高温によりカーボン化。
噛み混みカジリによりフェースの腐食
密閉効率低下、出力ダウン耐久性ダウンとなります。

ガソリン車にディーゼルオイル。

何か引っかけ問題みたいですが、
ディーゼル専用のおいると兼用のオイルがありますので
問題が少ない場合が多いですし、
ガソリンエンジンのフラッシング用には
よく洗浄拡散能力の高いディーゼルオイルを使ってから
抜いて、目的のオイルを入れたりもします。

何も起きません。
きれいになっていいでしょう。
高回転ではちょっと負荷が多くなりますので
低回転せんようですわ。

ディーゼル車にガソリン専用オイル

なかなか無いですが(たいていCFも着いているので)
専用であ...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Qガソリンの代わりにお酒でエンジンはかかる???

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー 3 』を久しぶりに見て疑問に思いました。「ガソリンの代わりにお酒を入れてエンジンはかかるのでしょうか??」
劇中では、酒場で一番強いお酒をデロリアンにいれエンジンをかけようとしていましたが、『ブルンッ!ブルンッ!』と始動し始めたように私は思いました。その後エンジンをふかした結果、火花と煙と一緒に後ろから部品が飛んできていました。本当に部品が飛び出てしまうのでしょうか???

私が教えて頂きたいのは…
 1、ガソリンの代わりにお酒を入れてエンジンはかかるのでしょうか??
 2、酒を入れてエンジンをかけると車は壊れてしまうのでしょうか??また、飛び出てきた部品は何ですか???

この2つになります。教えてください。

Aベストアンサー

 エンジンを動かすことに関る条件は、燃料の性質だけを採っても、比重、粘度、発火点、発熱量、単位量辺りの燃焼に要する酸素の量、混合気の燃焼速度、等々、様々なものがあります。
 燃料ごとにこれらの値は異なりますから、ガソリンエンジンは『ガソリンを使った場合なら』上手く作動するように設計され、その他の場合までは考慮されていません。
 従ってお酒を入れてもまともに動きませんし、動いたとしても、劇中のタイムトラベルに必要な高速走行は出せません。
 もっとも、ボイラーの耐圧に限界のある蒸気機関車を使うよりはましかもしれませんが。

 尚、メタノールについて言及されている回答者の方も居られますが、メタノールはお酒には含まれて居りません。

 アルコールとは、炭化水素分子中にある水素原子の一部が、水酸基に置き換わった分子構造を持つ、化学物質の総称で、その種類は無限にあります。
 それらの中で、お酒の成分として最も重要で濃度の高さでも飛び抜けているのは、エタノール(別名:エチルアルコール)です。

 お酒と言っても色々あり、かってはカクテル材料専用のお酒で、アルコール濃度96%というものまであったそうです。
 これは工業用エタノールの濃度とほとんど同じで(というより工業用エタノールをそのままビンに詰めていたのかも!?)、これならばガソリンと混ぜればエンジンを動かす事が出来るかもしれません。

 実際、ブラジルで、石油を節約するために、ガソリンにエタノールを混ぜたものを、普通のガソリン車用燃料としてスタンドで売っているところを、テレビで見たことがあります。

 そしてメタノールは誤飲による死亡事故が何件もあるほどの有毒物質です。
 ただ、生物には有毒であっても、機械にも害を成すとは限りません。
 メタノールはオクタン価が高く、高性能のハイオクガソリンが得られなかった第二次世界大戦中には、戦闘機(当時の飛行機は殆どがガソリンエンジン機です)にガソリン用とは別にメタノールタンクを設け、燃料をメタノールに切り替えることで、一時的な出力アップを図ったものもありました。
 最初からメタノールにしないのは、メタノールは腐食性があるので、エンジンの寿命が減るからです。
 それから、メタノールで出力が向上するのは、ハイオクでないとノッキングを起こすような、圧縮比の高いエンジンに使うと、ノッキングを防止出来るからです。
 メタノールやエタノールの発熱量は、ガソリンよりも低いので、レギュラーガソリンでもノッキングを起こし難いエンジンに使うと、逆に出力は低下します。

 後、うろ覚えで申し訳ありませんが、小説版において、エンジンが壊れた直後にドクが
 「インジェクションが吹き飛んだ」
と悪態をついていたように思います。
 飛び出て来た部品がインジェクションかどうかは判りませんが、インジェクションがあるという事は、キャブレター式ではなく、燃料噴射式だという事です。
 燃料噴射式はコンピューター制御ですから、正規の燃料以外を入れると、物理的に壊れなかった場合でも、制御部がエラーを起こして、エンジンが止まる可能性が高いと思います。

 エンジンを動かすことに関る条件は、燃料の性質だけを採っても、比重、粘度、発火点、発熱量、単位量辺りの燃焼に要する酸素の量、混合気の燃焼速度、等々、様々なものがあります。
 燃料ごとにこれらの値は異なりますから、ガソリンエンジンは『ガソリンを使った場合なら』上手く作動するように設計され、その他の場合までは考慮されていません。
 従ってお酒を入れてもまともに動きませんし、動いたとしても、劇中のタイムトラベルに必要な高速走行は出せません。
 もっとも、ボイラーの耐圧に限界のあ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング