病院の待合室にあるようなリトグラフ。トーマス・マックナイトのような作品を作るのはどんな設備がいりますか?また、個人で出来るものでしょうか。色数が多い場合、精密な位置合わせはどうしているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

トーマス・マックナイトは、シルクスクリーンではないですか?


多色刷りの場合は、トンボと呼ばれる位置合わせ用のマークを付けるのが普通です。

リトグラフやシルクスクリーンの殆どのものは、アクリル絵の具等で描いた原画を写真撮影し、それを基に印刷版を作って印刷したものですね。

したがって、原画は、普通の絵の具で描けば良いんですよ。

リトグラフリトグラフは石版や亜鉛、アルミ板を用いたもので、平版印刷と同じような設備が必要で、個人ではちょっと難しいかもしれないですね。

しかし、シルクスクリーンであれば、家庭でも出来ると思いますよ。
(プリントゴッコみたいなものです)
原画から写真製版で版を作るのは、個人ではなかなか大変ですが、スクリーン版ができれば、版とスキージ、インク、紙があれば刷れますね。

版を写真製版ではなく、切り絵のようにして作るのなら個人でもそう難しくないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/31 11:18

1monのご指摘に誤解される方もあると思いますので一言。



1mon さんのおっしゃる事は、一部の真に版画として作品を創っている方の言い分ですね。
ごもっともです。
版画を最終作品としている場合は、これです。
一点もののように一部の人にしか手に取ってもらえないものではなく、芸術を一般大衆に広げたいという志からオリジナルの版画作品を創られる方はいらっしゃいます。
例えば、故 池田満寿夫氏などでしょうか。

しかし、現在のリトグラフ、シルクスクリーンの版画と呼ばれているものは、複製品としてのものが殆どです。
印刷会社が、平版印刷物をリトグラフと呼んで高級ポスターを作品のように販売したり、インクジェットで印刷したものをジークレーなどと言って販売しています。
インテリアアートと称して売られている、ラッセン、ヒロヤマガタなどがその分野では有名ですね。
実際リトグラフと称して販売されているもので、どれだけの作家が写真製版ではなく、石版に直接描いて版を作っている作家が居るのでしょうか?
大多数が、後者である事は、知っておくべきだと思います。

浮世絵版画等の木版も、どちらかというと後者のものに近いものと思われますが、時代を経て残っている現物が少なくなっているので、価値が出てきたという事もあるので、後者の写真製版の高級ポスターももしかしたら、評価される世の中が来るかもしれませんね。

P.S.
実際のところ、トーマス・マックナイトが、本心では、前者なのか後者なのか、本人のみ知るでしょうか?
(刷り数を考慮すると真実が見えそうですが・・・・)

また、トーマス・マックナイトがシルクスクリーンなので、シルクスクリーンとリトグラフは、同種のものとは決して言っていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
え~、いろいろご意見ありましたが、芸術作品としての版画の作り方は知識がありましたので、私が知りたいことは概ねnora99さんの回答でわかりました。
知り合いのイラストレーターのおじさんが、どやってこれ(自分の絵)を版画にするんだろうと悩んでいましたが、参考にしたいと思います。

お礼日時:2009/05/31 11:24

質問者やこの質問スレを見る人が誤解するといけないので一言。



>リトグラフやシルクスクリーンの殆どのものは、アクリル絵の具等で描いた原画を写真撮影し、それを基に印刷版を作って印刷したものですね。

>したがって、原画は、普通の絵の具で描けば良いんですよ。

これは大変誤解を生む表記の仕方です。

リトグラフやシルクスクリーンの場合、次のような2つの分け方もあります。

-----------------------------------
A.一枚物の絵を複製するための手段。

この場合、元の絵の画材は問われません。水彩だろうが油彩だろうが構いません。画集などの通常の印刷より、原画の雰囲気をずっとよく伝えます。

質問者の意図は「複製を作るのにリトグラフを」というものではないと思います。むしろ個人で「リトグラフにより複製を作る」というのは大変難しい。と言うより、無理だと思います(違法な贋作製作などはしりませんが)。


B.元々、リトグラフもしくはシルクスクリーンとして製作されたもの。

これは、作者が元々リトやシルクで表現することを前提として製作したものです。

例えば棟方志功は木版画家ですけど、何かを複製をするために版画を製作したわけではありません。自分の表現の手段として版画を製作したわけです。

トーマス・マックナイトの版画は略歴などを見るとこっちのタイプのようですね。

つまり、複製の手段ではなく、それ自体が「オリジナルな作品を作る」一つの表現手法となっています。

私は自分では「さわり」程度しか版画をしたことはありませんが、版画家の人とは何人かと話しをしたことはあります。

>リトグラフやシルクスクリーンの殆どのものは、アクリル絵の具等で描いた原画を写真撮影し、それを基に印刷版を作って印刷したものですね。

などと、リトやシルクを単に複製の手段としてしか捉えていないとも受け取れる様な文章は、そういった版画家たちに大変失礼であり、他人事ながら腹が立ちます。

昔は、版画と言うと、沢山刷れるところから一枚物の絵画より一段落ちる表現とされてきましたが現在ではそのようなことはありません。

-------------------------------
また、リトグラフは「平版」であり、シルクスクリーンは「孔版」であることから全く違うものです。

これは、自分で製作する場合にとても重要になってくる差異ですが、多少語弊のある言い方かもしれませんが、シルクスクリーンの場合は結局の所、描いたものを使用して「別途」に版を作るのに対し、リトグラフの場合は描いたものが「直接」、版になりえます。

勿論どちらが優れいていると言うことではありませんが自分の作品を制作する場合、この差は大きいので注意が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/31 11:19

一般的なリトグラフを一般的な個人が自宅でやるのは、かなり無理があると思います。



問題はプレス機で、学校用(美大などではない普通の学校)の簡易型でも重さが50キロ近くあり、値段も20万円近くしますし、通常のものだと軽くても重さが200キロ以上、値段も安くても100万円以上はします(基本的に床の強度を増す工事が必要です)。

食えているかどうかは別にして「プロ」としてやっている人でも縁のある美大や工房で刷っている場合が多いようです。

木版リトグラフというのもあり、こちらはずいぶんと手軽に出来るようですが、質問にある作家はこれではないと思いますよ。

以下URLのリトグラフの部分が参考になると思います。

http://www.n-hanga.com/douhan/hanga/hangatop.html

リトグラフをやりたいのならば工房などが主催する「講座・教室」のようなものを利用することになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 11:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q・リトグラフ~作品の価値・・・

お世話になります
著名な作家の作品の複製リトグラフが多数販売されていますが
価格が高価な物もありますが重版と記載があり
製品も多数出回っているのですが購入する際に注意する点
また、製品の価値・評価などはどうなのですか?
何回か製作されている中でも最初の方が製品価値が高いのですかね?
複製リトグラフ、やはり本物以上の価値は無いもですか?

Aベストアンサー

>価格を聞き、ビックリ50万以上したと
>それでネットで調べましたが別に本人が筆で書いたわけでもなく
>リトグラフと聞き、

東山魁夷だと、1999 5/6 没ですから、まだ著作権は切れていません。
したがって、原画の撮影をすることを了承してもらうための費用、カメラマンの撮影費、製版費用、印刷費用、宣伝費などが掛かっていますね。
部数もたいした事ないので、撮影代、十数~数十万円、製版代としても数十万円、その他諸々を加えてもうけを出す為にはその価格になってしまうのでしょうね。

しかし、リトグラフの価値としては、数千円から数万円の高級ポスターでしょう。

でも、その絵が好きで質問者さんの知人の方がそれで満足すればそれでいいのでは?
本物でしたら数百万円は下らない絵を、コピーでも目の前にして拝めるのですから。
購入した人の価値観の問題ではないでしょうか?

まぁ、私なら東山魁夷記念館へ行って本物を見てその余韻に浸る方が良いと思いますが。
岩絵の具を用いて肉筆で描かれたあの質感はリトグラフという名のペターっとした商業印刷ポスターでは絶対に味わえませんから。

>価格を聞き、ビックリ50万以上したと
>それでネットで調べましたが別に本人が筆で書いたわけでもなく
>リトグラフと聞き、

東山魁夷だと、1999 5/6 没ですから、まだ著作権は切れていません。
したがって、原画の撮影をすることを了承してもらうための費用、カメラマンの撮影費、製版費用、印刷費用、宣伝費などが掛かっていますね。
部数もたいした事ないので、撮影代、十数~数十万円、製版代としても数十万円、その他諸々を加えてもうけを出す為にはその価格になってしまうのでしょうね。

しかし...続きを読む

Q忘れっぽい天使のリトグラフを探しています

クレーの『忘れっぽい天使』のリトグラフを、今どちらかで購入できるところをどなたかご存知ありませんか?
プレゼントにしたいので、額装されたものを扱っている画廊やミュージアム・ショップ等の情報をお待ちしています。 是非とも宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本パウル・クレー協会のミュージアム・ショップはどうでしょうか?
http://www.paul-klee-japan.com/shop.html

Qシルクスクリーンとリトグラフの違い?!

シルクスクリーンの絵とリトグラフの絵は、見た目など何が違うのでしょうか?

ネットで検索したのですがイマイチ分からないので
どなたかお詳しい方、かなりの素人でも分かるように教えていただけると嬉しいです。

検索した知識では、リトグラフのほうが高価なものだというのは、販売されている値段で分かったのですが・・。

以上よろしくお願いいたします。

また・・、素人質問ですみません。
よく“絵を買い取ります“などとネットで宣伝している画廊のようなお店があるのですが、例えばブラジリエのシルクスクリーンの絵(絵自体が40×60くらいで額は80×60くらい)のものは、買取などの対象になるのでしょうか??!
やはりけっこう安そうなので(ネット市場価格2万円程度?!でした)、そんなことをお店に問い合わせするのはやはり一般的にはちょっと恥ずかしいことでしょうか??

Aベストアンサー

シルクスクリーンとリトグラフのどちらが高価かということは、技法そのものというより、制作工程によります。
シルク、リトのどちらも美術版画専門の工房で刷る場合、工程の多くが専門の職人の手によるものとなり、当然印刷部数も限られ、高価となります。また、こういった工房では、アーティストが色などを数回チェックすることが多く、当然時間もかかる分、質も高くなります。

しかしながら、今日本では多くの大量生産版画が販売されています。よく街中で声をかけてくるタイプの展覧会で販売されているのがそうです。
こちらの大量生産のほうは、手刷り版画ではなく、販売員が「専門の工房で・・」と言っても、実態はいわゆる印刷屋さんの機械刷りです。アーティストから印刷の版権だけを買って印刷するので、時にはサインさえ印刷の場合があります。ただ、こういう展覧会での販売方式は、販売員の給与、場所代、広告代などがかさむのでとても高いですが、実際の作品そのものの価値とはかなり差があります。

シルクとリトは見た目では違いが分かりにくいです。
シルクの場合、使用しているインクの質によっては、表面が盛り上がって見えます。
また、リトは、逆版になるので、たまに文字とかが逆さになっていることがあります。

シルクスクリーンとリトグラフのどちらが高価かということは、技法そのものというより、制作工程によります。
シルク、リトのどちらも美術版画専門の工房で刷る場合、工程の多くが専門の職人の手によるものとなり、当然印刷部数も限られ、高価となります。また、こういった工房では、アーティストが色などを数回チェックすることが多く、当然時間もかかる分、質も高くなります。

しかしながら、今日本では多くの大量生産版画が販売されています。よく街中で声をかけてくるタイプの展覧会で販売されているのが...続きを読む

Qアルフォンス・ミュシャのリトグラフが欲しい場合、どういった場所で購入するのですか?

あまり絵のようなものを購入したことがないので、どういった場所で購入できるのかわからないのですが、店舗販売しているお店というのはあるのでしょうか?ヤフーオークションなどでは安いのかもしれませんが不安なので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ヤフーオークションでも出ていますね。
古美術商のような、中古美術品を扱うショップがネット上にあるのでそういうところで探せばいいでしょう。

これは最近復刻されてリトグラフという名で販売されている印刷物の場合です。復刻を扱うメーカーがあります。(強引な勧誘で社会問題化して法改正のきっかけになったような)メーカーは、常識ハズレの高い値段設定をしていることが多いです。復刻版のポスターに何十万円も払うのは非常識な気がします。
復刻版のリトグラフには投資価値もありませんので、くれぐれもご注意ください。(「偽版画」という言葉で調べればいろいろ知識がつきますよ)

他の方が書かれているように、アールヌーボーの時代に広告ポスターとして印刷された「本物」のリトグラフならかなり高価になるでしょうけどね。

本物でも復刻でも、どちらも印刷物です。
ならば、もっと安価なポスターを額に入れて飾ってもいいと思うんですよ。気軽に買えますし。

Qリトグラフの見分け方

リトグラフと印刷との見分け方を知りたいのですが。エッチングとかですと画面の縁がすこし凹んでいるので分るのですがリトグラフとかシルクスクリーンはどうでしょうか。

Aベストアンサー

http://www16.cds.ne.jp/~n_hanga/douhan/hanga/hanga6.html#Q2

本当にもうわからないよね…印刷の技術が発達しすぎて。そもそも、もう分ける必要もないのかなぁと思いつつあります。
後は、「味」なので個人の好みなのかなぁ。印刷でもいいんだけど、高いと引くよな。

Q鈴木英人のリトグラフ&シルクスクリーン等について

鈴木英人の作品に限ったことではないですが、
版画でシルクスクリーン・リトグラフ・EMグラフの
技法について教えてください。
特にどうやったらカラーの版画になるのかという仕組みが知りたいです。
小中学校で習った版画は白黒反転だったのであんなにカラーでグラデーションがかった版画になるのかが不思議です。

公式サイトの技法を見てもよく分かりません。
http://www.eizin.net/eizin/works/process.html

宜しく御願いします。

Aベストアンサー

版画というよりも・・・印刷ポスターですね。

写真製版で、スクリーン版や平版を作りそれで印刷したポスターです。
部数にも因りますが、一枚、数百円から数万円以下でできるものです。

スクリーン印刷は、布に光に反応する樹脂を塗って、製版フィルムをのせ光を当てると、光の当たらなかった所が固まらずに、穴があきます。
ここからインクが出て、紙等に印刷されます。

平版は、同じような樹脂を表面を荒らしたアルミや亜鉛の板に塗り、光の当たった箇所の樹脂が固まり、そこにインクがのり、これを紙等に転写します。

製版フィルムは、4色(黄色、青、マゼンタ、黒)あるいはそれ以上の色毎に作られます。

実際に、手元にあるポスターや、週刊誌のカラーグラビア写真を虫眼鏡で拡大してみると小さな点の集まりが見えると思います。
大きな点や、点の密度が高い所は、色が濃く、小さな点の所は色が薄くなります。

詳しい事は、写真製版、印刷の事を調べると良いと思いますよ。

Qリトグラフのエディション

リトグラフについてですが、
作家のサインと左下とかにエディションナンバー(例えば30/150)
ってあると思うのですが、同じように「EA」と書いてるリトグラフを持っています。
エディションナンバーとEAとでは実際その絵の価値とか変わるものなんでしょうか?
またEAの意味って何なのでしょうか?
ご存知の片いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

版画の用語です。英語ではないので詳しくは無いのですか
下記URL下の方を参照ください。

販売用ではなく展示では、見かけることがあります。

参考URL:http://www.enchanteart.com/rito.htm#yougo

Qシャガールリトグラフの裏面について教えてください

シャガールリトグラフのエルサレムウィンドウの扉絵のライオンと鳥のリトグラフの裏に印刷がありますが、シャガール作品の裏面には印刷があるのですか。 またforの後の文字(英語だと思う)が読めません、なんと書いてあるのか解れば教えてください。なおリトグラフはアクリル板をグリンテープで封印してあるので直接裏面を確認したわけではありません。表の画像も添付したかったのですが、1枚しか添付できませんでした。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

文字だけだと、
 for Jerusalem
 Marc Chagall
?・・・にしか見えない、内容からして。ただ"Jerusalem"の後の"Z"?が何かわからない。
"The Jerusalem Windows"はおそらく通称でシャガールが付けた作品名ではないと思います。(教会の窓なので、これらをまとめた作品名は別に必要無いので。)ですから説明として"(windows) for jerusalem"とか言っても間違いではないはず。実際、日本国内でもわざわざ「エルサレムのためのステンドグラス」と呼ばれる場合もあります。
上の2語は元の持ち主だかの名前?でしょうか。

Q油絵、リトグラフを売ってる東京の画廊

ボーナスがでたら、自分の部屋に飾るために、油絵かリトグラフを買おうかなと漠然と思っています。予算は、リトグラフなら10万円以下、油絵なら20~30万円以下です。

私の好みは、モネ等の印象派や、抽象画では、ミロ、カンディンスキー、マークロスコーといった感じです。

さて、どこで作品を探したらよいのでしょうか? 週末に銀座の画廊に通えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

お好みの感じから

銀座プランタン7回の画廊をお勧めします。

定期的に油彩展、版画展を実施しておりますから
幾つか見て、比較検討をしてみて下さい。

又、年に幾度か特別セールを実施しますから
時間が許せば、その時期はお買い得になります。

参考URL:http://www.printemps-ginza.co.jp/calendar/art_calendar.htm

Qリトグラフに関する質問

画家の描いたリトグラフが売られていますが、
どのようにして刷られているのでしょうか。
また、色はどのようにして再現できるのでしょうか?

Aベストアンサー

リトグラフ、多くの場合画家の絵を元に、版画の職人が作ります。
版、石灰石の上に描きます。その原版を濡らし、版面以外にインクが付かないようにして、ローラーでインクをつけて刷ります。

色、これは多色刷りのほかの版画と同じですね。色の数だけ版を用意して刷ります。数色で刷ることが多いですね。

リトグラフ、職人さんが作ることが多いのですが、画家が確認した上でサインを入れます。同じリトグラフでも、画家のサインのないポスターもあり、値段は全然違いますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報