ネットで名誉毀損について調べていて以下のような事が記載されて
おりました。

「会議室やトイレでの会話など、少数であってもそれらの者がしゃべって伝播していく可能性があれば、名誉毀損罪は成立する。」

ここでいう「伝播」とは実際に、どのレベルまでを指していうのでしょうか?
例えば伝播するのが社内までなら名誉毀損は成立せず、社内外の人間まで伝播すると名誉毀損が成立するということなのでしょうか?

どなたかお詳しい方、教えて頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 伝播される範囲が社内であるか社外であるかにかかわらず、不特定または多数人が認識しうる可能性(伝播可能性)があれば公然性が認められます。


 名誉棄損罪は抽象的危険犯ですから、絶対に外に漏れることがないというくらいでなければ公然性が認められ、成立します。
 社外に伝播された以上、伝播されたという事実が発覚していなくとも名誉毀損の危険が生じたので名誉棄損罪は成立します。
 名誉棄損罪が抽象的危険犯(外部的名誉が現実に侵害されたことをその成立要件とせず、また、その危険が現実に発生することも必要としない)とされたのは、裁判所が侵害の発生の有無を認定するのが困難であるという訴訟法的要請に基づくものです。ですから、発覚したかしていないかということは名誉棄損罪の成立には影響はないと考えられます。
    • good
    • 1

 伝播可能性は、不特定または多数人が知ることを期待して、特定かつ少数人に事実を適示した場合に問題となります。

お書きになられているとおり会議室やトイレでの会話において問題となります。
 この伝播可能性は「公然と事実を適示して」の「公然」についての解釈における争いです。「公然」とは、不特定または多数人の認識しうる状態をいいます。
 判例においては、被告人方の庭先の練炭囲いの薪が燃えているのを発見し消火に赴くさい、たまたまその付近で男の姿を見て近所のAと思いこみ、自宅でAの弟B及び村会議員Cに対し、また、、A方でその妻と近所の者に対し「Aの放火を見た」「火が燃えているのでAを捕えることができなかった」旨述べた場合、事実の適示は特殊の関係で限定されたものではなく、不特定多数人の視聴に達しうる状態において行われたということができるとして、「公然性」は肯定されています。
 逆に、否定されている例として、「8人出席の消防組合役員会の席上、懇意な役員の会合であるとして被告人に事実の開示を強いた場合」には、列席者には秘密を保持する義務があるから、公然性を欠く」という判例があります。
 これらの判例から、事実の適示が、ごく身内の限定されたものであり、かつ、秘密保持が保たれるなど他へ伝播する可能性がない場合には、伝播可能性がなく、公然性も否定されるということになります。
 会社で事実を適示した場合、伝播可能性については、その会社の規模、事実を適示した場所、時間、その場に居合わせた人の地位、等諸々の要素を考慮する必要があるでしょう。
 従業員が2,3人でその場に経営者もいて「口外するな」と言った場合は伝播可能性はないと考えられます。
 大きな会社の役員会議において事実を適示しても、役員には秘密保持義務がありますから、公然性を欠くとかんがえられます。大きな会社のトイレや休憩室で事実を適示すれば公然性は肯定されると考えられます。

この回答への補足

秘密保持が保たれているわけではないのですが、仮に社外へ伝播された場合、伝播されたという事実が発覚していない場合はどうなのでしょうか?仮に発覚しなくともやはり名誉毀損が成立してしまうものなのでしょうか?

どなたかお詳しい方教えて頂けないでしょうか?

補足日時:2009/05/25 00:40
    • good
    • 0

書かれているとおりです。

あなたが勝手に社内外という区分を持ち出していらっしゃるわけです。

「伝播していく可能性」をそのときの状況を考えながら、その情報の意味などを加味して、客観的に(これって難しいんですよ)判断するわけです。

多くの判例が存在しますので、いくらでも事例はありますが、あなたに当てはまりますかね。

可能性といわれれば、ゼロではない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名誉毀損について素朴な疑問

名誉毀損について素朴な疑問

素朴な疑問なのですが、例えばストーカー行為で訴えられた人が敗訴して、きちんと賠償金も払ったとします。それで被害者や被害者の近い人が、加害者の職場の人間や親などに、ストーカー行為があったことをバラすことは名誉毀損になりますか?

ネットで名誉毀損について調べてみたところ、社会的な評判が落ちることになっても公共の利害に関するものであれば、名誉毀損には当たらないとありました。また、別のサイトには、公共の利害が【目的】でない場合は名誉毀損に当たる、とありましたので、ストーカー被害者などの報復が目的の場合は名誉毀損に当たる、ということなのでしょうか。

もし上記の例が名誉毀損に当たらない、となれば、加害者側は一生居場所がないなぁと疑問に思った次第です。

Aベストアンサー

ストーカー行為があったことをバラすのは
見方を変えればストーカー行為されたことを
ただ言うだけの話なので名誉毀損になるとはおもえません。
加害者が居場所を変えるしかない気がします。
>ストーカー被害者などの報復が目的の場合は・・
法解釈というより判例があるかどうかではないでしょうか?
裁判所が名誉毀損にあたるとすればあたるでしょうし
あたらないとするならあたらない。
そもそも民事ならともかく
刑法で名誉毀損罪ってちゃんと機能してるか疑問です。
結局裁判所が理屈をつけてきめるだけの話だとおもいます。

Q名誉毀損の成立条件について

2ちゃんねるのとある板(A板)において
「X」というコテハンとして誹謗中傷されましたが
この場合、私という個人を特定できないので名誉毀損罪や不法行為は成立しないでしょう。

しかし、私は今回誹謗される少し以前に
違う板(B板)に別の掲示板荒らしによって
私の個人名・住所・会社名などを2chのB板で晒されました。
ここではコテハンは「Y」と名乗っていました。

よって、A板では私の個人を特定できませんが
B板では私の個人を特定できる状態です。

この場合、B板で私の個人が特定できるということで
A板の誹謗中傷が成立するようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

名誉毀損の成立要件として個人が特定できなくてはならないことはすでに述べられております。
ここで問題となるのが、「X」=「Y」=MAG2さん
であることが他人が明らかに認知できているかどうかです。
「X」=MAG2さん、「Y」≠MAG2さんであると認知されているような場合には、「X」=「Y」と結論付けることができませんので、名誉毀損は成立しません。
もちろん逆の場合にもです。
仮に「X」=「Y」が立証できたとしても、誹謗中傷の度合いによっては名誉毀損には当たらないことがあります。
例えば「馬鹿」などは許容範囲とされている傾向があります。
最後に対抗措置を行なったか否かですが、その加害者が「X」を誹謗中傷したと論理的に結論付けることが義務つけられています。(立証義務責任)具体的には加害者の戸籍上の名前を特定するなど、ログを取得するなどです。
(立証義務責任)の意義は、「~した」ことを証明することより「~していない」ことを証明するほうが困難であるからです。

Q名誉毀損とは?

よく、雑誌などである事無い事書かれたと名誉毀損で
訴えるって、ありますが、たとえば、自分が近所の人に
ある事無い事、いわれた場合も名誉毀損で訴える事ってでき
るんですか?名誉毀損って紙の上で、なんたるかの証拠が
ないかぎり名誉毀損にはならないの?ちょっとした疑問でした。

Aベストアンサー

「たとえば、自分が近所の人にある事無い事いわれた場合」ですが、まず問題になるのは、Aあなただけの時に言われたのですか?Bそれとも何人かの前で噂をされたのですか?それによって大きく違ってきます。
と、言うのも「名誉毀損」の成立には、(1)公然と事実を摘示し、(2)人の名誉を毀損した との2つの要件が必要です。ですからAの場合には名誉毀損は成立しません。言い換えれば2つを兼備していなければ名誉毀損に当たりません。

ただし事実が公共の利害に関する事で、目的が公益を図る目的であれば、摘示された事実が真実であると証明された場合に限り罰する事は出来ません。保護法益を公共性に見出しているんでしょうね!

ちなみに侮辱罪とは事実を摘示せずですから、ただ単に「○○ばアホやで~」と言った場合。名誉毀損は「「○○ばXXだからアホやで~」と言った場合です。XXの部分が本当の事かどうかは成立要件には関係ありません!

興味があれば「判例付きの六法」などをオススメします。
本屋さんで立ち読みしても充分ですけどね。(本屋さんゴメンなさい)

Q名誉毀損の成立について

『不特定または多数人が認識できる状況下で、人の社会的評価を低下させるに足りる具体的事実を告げて、人の社会的評価を低下させる危険を生じさせること』が名誉毀損にあたるらしいのですが、例えばmi○iなどのSNSサイトやFBで友達を何人か同時に切った際、交流がないから等の理由に加え、ある特定の人にされた嫌な行為を書いたら名誉毀損は成立しますか?

何人か切っている場合、個人の特定って難しいと思うんですが…

書いてすっきりしたい派です。

Aベストアンサー

ある特定の人にされた嫌な行為を書いたら名誉毀損は成立しますか?
   ↑
相手が特定できるような書き方をして、かつ
その嫌な行為が、人の社会的評価を下げる
危険性があれば、名誉毀損が成立する
可能性があります。


何人か切っている場合、個人の特定って難しいと思うんですが
    ↑
どこの誰か、特定できないような書き方であれば
名誉毀損にはなりません。
特定できるかどうかは、曖昧な表現になりますが、
社会通念、つまり常識などで判断されます。

伏せ字にしても、四囲の状況やら、前後の文脈などから
容易に相手が特定できる場合は名誉毀損
になります。

Q掲示板での名誉毀損について

 ここのOKWEBでは名誉毀損など、多分ありえないかも知れませんが
名誉毀損とはどの時点で発生するものなのでしょうか?

 自分自身が傷つけられたと感じたとき、名誉毀損が発生するのでしょうか? 極端な例ですけど、芸人に軽く頭をたたかれた!とすると、不快に感じたときには、名誉毀損に値するのでしょうか? 
これは違うのかな(´ヘ`;)

教えてくださいお願いいたしますm(__)m

 

Aベストアンサー

犯罪としての名誉毀損罪の成否という観点から回答します。

名誉とは、人に対する社会的評価である「外部的名誉」と本人が自分に自身に対して持っている主観的評価である「名誉感情」をいいます。名誉毀損とは、これらを傷つける行為を指しますが、名誉毀損罪は「公然と事実を摘示して」と規定しているので、公然性のある行為だけが名誉毀損罪になります。名誉を傷つける行為が不特定多数、少なくとも特定多数が知りうる状態で行われたものでなければ名誉毀損罪は成立しません。
また、名誉毀損罪は「事実の摘示」によって犯す罪ですから、芸能人に軽く頭をたたかれて不快に感じても、暴行罪の成否は別として、名誉毀損罪が成立することはありません。

なお、名誉毀損罪の特色の一つとして、そもそも検挙数が少ないこと、検挙されても起訴率が異常なほど低いことがあげられます。被害者の告訴があっても犯罪として問題にするに足る例は少なく、まして刑事裁判の対象とするほどのものは極めて少数しか存在しないのです。

Q名誉毀損罪が成立するでしょうか?

私と義理の兄がさまざまな家庭トラブルでもめています。そのとばっちりが、今度は妻に及びました。義兄はトラブルが解決しないのは妻の性格が悪いのだと言い出し、ついには「彼女を調べたのだが、人格障害らしい。君も気をつけろ」などという手紙をもらいました。どうも、興信所ではなく、友人を使って調べさせたようです。その友人は知り合いの精神科の看護婦に「こんな性格の女性がいるんだけど、もしかして何かの病気が当てはまらないかな」と聞き出したようです。こんな根拠のないことで、妻を誹謗する義兄を懲らしめたいのです。名誉毀損罪、侮辱罪で訴える事ができるでしょうか。名誉毀損罪230条には、「公然」とは不特定、または多数人が知りうる状態とあります。手紙に書かれただけでは成立しないのでしょうか。少なくとも、妻の情報を友人、看護婦に知られたということは少人数であってもそこから伝播する可能性があり、公然性ありと思うのですが。詳しい方お教え下さい。

Aベストアンサー

親告罪なので告発を必要とします。
したがって、第3者へ事実関係が明確に分かる事。
捜査に難題が無い事 途中で取り下げが起きない事。
これが最低限告発の為の条件です。
http://eritokyo.jp/law/criminaltelaw1.html
あとは、弁護士に相談してください。

懲らしめる と言う意味と程度が分かりません。

Q名誉毀損の基準は?

名誉毀損の基準についてお伺い致します。

名誉毀損とは住所・氏名・電話番号などを明らかにした上で特定の個人や団体を批評することであって、例えばネットなどで使われているハンドルを用いて批評した場合は名誉毀損にならないと聞いたことがあるのですが、もしそのハンドルが社会的に広く浸透しているものであっても名誉毀損にはならないのでしょうか?

また、本名で活動している芸能人や芸術家などに対して批評を行った場合、それは公人に対する批評として受け止められ、例えそれが本名を使った批評であっても名誉毀損としては取り扱われないのでしょうか?

Aベストアンサー

芸名・ハンドルなど本名でなくとも、事実無根の中傷により、芸能活動やネットでの言論活動に支障が出ることで迷惑はかかると思います。
本名以外の「名称」でも、名誉毀損は成り立つとおもいます。

参考URL:http://www.pie-net.jp/hosei/student/1997/tsuchiya.html#2-1

Q名誉毀損罪の成立

先日、会社の上層部及び職場上席者へ「私は○○に犯されました、これから警察へ相談しに行きます(後日、本当に行ったとの連絡もあり)」との電話が有りました。
この話を直接相手から聞いたのは数人なのですが、どこからか話が漏れ、いまや職場の同僚や先輩・後輩までの間まで広がりつつあります。
中には、「お前大変だったらしいな」等と興味本位で探りを入れてくる人もいて、信用も精神的にもボロボロの状態で、自殺すら考えました。

今回の様に、相手者が数人に対し行った誹謗・中傷が結果的に不特定多数の人間に伝播していった場合、相手者を名誉毀損罪で訴えることは出来るのでしょうか?刑事・民事両方の面でご意見を覗えれば幸いです。

尚、この相手者とは一度、不貞関係があったことは事実ですが強姦や強制と言った事は一切ありません。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA
名誉毀損罪での告訴は可能です。

ただ、告訴は可能ですが立件されるかどうかは別の話。警察は「強姦犯人の言い分は信じない」でしょうから。

民事で争う場合は、被害行為と被害の因果関係の立証と、受けた損害を確定させる必要があるでしょう

例えば、電話が元で精神科の治療を受ける事になったと立証した上、その治療費のすべての領収書が証拠として提示出来る、とか。

Q名誉毀損と批評

例えば、私がブログで、ある作家のことを、かなり辛辣に批評したとします。その人が、私を名誉毀損で訴えた時、名誉毀損になるでしょうか。内容にもよる、という答えがありそうですが、名誉毀損と批評の違いは何ですか?その人にとって都合の悪いことが名誉毀損になってしまったら、批評ができなくなってしまう恐れはないのですか?法律に詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民事と刑事は少し別なので、刑事(刑法第230条の名誉毀損)について論じます。

人の名誉権/プライバシー権等と、表現の自由/知る権利等はぶつかり合うことがあります。批評すれば、当然に他人の名誉を毀損する可能性はあるため、名誉権を保護すると表現の自由の制限してしまうことになります。

よってその両者の調和のために、刑法230条の2で、公共の利害に関する場合の特例が設けられていて、「行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。」と定められています。

少し言い換えると、批評が公共の利害に関することであり、それが主に公益目的からであって、かつ真実であれば、罰しないということです。

ただし、なかなかその線引きは難しく、個々の具体例で考えるしかありませんが。

Q名誉毀損罪・侮辱罪・不法行為の成立要件

某匿名掲示板の以下のような傾向の発言に名誉毀損罪・侮辱罪や不法行為は成立するのでしょうか?

お国自慢板の「地域中傷」(○○県は低所得の貧乏県などの発言)
学歴板の「学歴差別」(高卒は人間の屑などの発言)
ハングル板の「韓国人蔑視」(韓国人は犬食いの野蛮人などの発言)

Aベストアンサー

名誉毀損・侮辱罪の客体は、「人」です。必ずしも自然人(生物学的な人)には限りませんが、法人や、一定の機能を持った団体でなければいけません。

したがって、抽象的な「○○県」や「高卒の人間」、「○○人」といったものは、団体とはいえないので、犯罪は成立しません。(ただし、行政組織としての「○○県」であれば、客体になりえます。)

ただし、文脈上、特定の人を指すことがあきらかであれば、その人に対する名誉毀損は成立します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング