ネットで名誉毀損について調べていて以下のような事が記載されて
おりました。

「会議室やトイレでの会話など、少数であってもそれらの者がしゃべって伝播していく可能性があれば、名誉毀損罪は成立する。」

ここでいう「伝播」とは実際に、どのレベルまでを指していうのでしょうか?
例えば伝播するのが社内までなら名誉毀損は成立せず、社内外の人間まで伝播すると名誉毀損が成立するということなのでしょうか?

どなたかお詳しい方、教えて頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 伝播される範囲が社内であるか社外であるかにかかわらず、不特定または多数人が認識しうる可能性(伝播可能性)があれば公然性が認められます。


 名誉棄損罪は抽象的危険犯ですから、絶対に外に漏れることがないというくらいでなければ公然性が認められ、成立します。
 社外に伝播された以上、伝播されたという事実が発覚していなくとも名誉毀損の危険が生じたので名誉棄損罪は成立します。
 名誉棄損罪が抽象的危険犯(外部的名誉が現実に侵害されたことをその成立要件とせず、また、その危険が現実に発生することも必要としない)とされたのは、裁判所が侵害の発生の有無を認定するのが困難であるという訴訟法的要請に基づくものです。ですから、発覚したかしていないかということは名誉棄損罪の成立には影響はないと考えられます。
    • good
    • 1

 伝播可能性は、不特定または多数人が知ることを期待して、特定かつ少数人に事実を適示した場合に問題となります。

お書きになられているとおり会議室やトイレでの会話において問題となります。
 この伝播可能性は「公然と事実を適示して」の「公然」についての解釈における争いです。「公然」とは、不特定または多数人の認識しうる状態をいいます。
 判例においては、被告人方の庭先の練炭囲いの薪が燃えているのを発見し消火に赴くさい、たまたまその付近で男の姿を見て近所のAと思いこみ、自宅でAの弟B及び村会議員Cに対し、また、、A方でその妻と近所の者に対し「Aの放火を見た」「火が燃えているのでAを捕えることができなかった」旨述べた場合、事実の適示は特殊の関係で限定されたものではなく、不特定多数人の視聴に達しうる状態において行われたということができるとして、「公然性」は肯定されています。
 逆に、否定されている例として、「8人出席の消防組合役員会の席上、懇意な役員の会合であるとして被告人に事実の開示を強いた場合」には、列席者には秘密を保持する義務があるから、公然性を欠く」という判例があります。
 これらの判例から、事実の適示が、ごく身内の限定されたものであり、かつ、秘密保持が保たれるなど他へ伝播する可能性がない場合には、伝播可能性がなく、公然性も否定されるということになります。
 会社で事実を適示した場合、伝播可能性については、その会社の規模、事実を適示した場所、時間、その場に居合わせた人の地位、等諸々の要素を考慮する必要があるでしょう。
 従業員が2,3人でその場に経営者もいて「口外するな」と言った場合は伝播可能性はないと考えられます。
 大きな会社の役員会議において事実を適示しても、役員には秘密保持義務がありますから、公然性を欠くとかんがえられます。大きな会社のトイレや休憩室で事実を適示すれば公然性は肯定されると考えられます。

この回答への補足

秘密保持が保たれているわけではないのですが、仮に社外へ伝播された場合、伝播されたという事実が発覚していない場合はどうなのでしょうか?仮に発覚しなくともやはり名誉毀損が成立してしまうものなのでしょうか?

どなたかお詳しい方教えて頂けないでしょうか?

補足日時:2009/05/25 00:40
    • good
    • 0

書かれているとおりです。

あなたが勝手に社内外という区分を持ち出していらっしゃるわけです。

「伝播していく可能性」をそのときの状況を考えながら、その情報の意味などを加味して、客観的に(これって難しいんですよ)判断するわけです。

多くの判例が存在しますので、いくらでも事例はありますが、あなたに当てはまりますかね。

可能性といわれれば、ゼロではない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物

侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物として何がありますか?
具体的に言うと傷害罪の二次被害です。精神的苦痛の裏付けを取った医師の診断書は必要でしょうか?
証拠としては、ボイスレコーダーに相手方の声が録音してあります。相手方のうち一人の一回分だけ録音してあります。
侮辱、名誉棄損として訴えたい理由は私に対して、
●「お前は、普通の人じゃない。」
●「精神科で診てもらえ。」
●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と言われたからです。相手方は4人います。二次被害では、「パニック障害」を発症しました。毎日、大変苦しいです。
以上のような事を毎日、起きてから寝つくまで考えてしまっています。
厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この質問文に
>●「お前は、普通の人じゃない。」
>●「精神科で診てもらえ。」
>●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
>●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と書き込みをした「質問者さん自身」であり、発言した本人ではありません。

なので「名誉毀損罪が成立するとしたら、ここに投稿を行う事により、公然と事実を摘示し、自分で自分の名誉を毀損した、質問者さん自身」です。

で、この場合、被害者と加害者が同一人物ですから、犯罪は成立しません。自殺により自分で自分を殺した場合、殺人罪が成立しないのと同じです。

・侮辱罪について

侮辱罪は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、侮辱罪は成立しません。

なお、侮辱罪の場合「言われた時に、第三者が同じ場所に居て、発言を聞いていた」と言う場合には「公然」となりますので「他に、誰か居たかどうか」が重要です。

また、名誉毀損と侮辱の違いは「事実を摘示しているか、事実を摘示していないか」の違い、というのが通説です。

侮辱罪の場合は、事実を摘示している必要は無いので「本人に対して、面と向かって言った」のが「公然」であれば成立します。

そういう訳で、名誉毀損罪は成立しないので、名誉毀損罪での告訴は不可能。

その場に無関係な第三者が居たなら侮辱罪は成立しますが、侮辱罪で告訴しても第三者の証言が得られないと思われるので立件は難しいです。
(たぶん、その場に居たのは「貴方と、相手方の4人」ですよね?で「相手方の4人」のうち「その場で聞いていた発言者以外の3人」は、個々の侮辱行為を「公然」とする為の「第三者」になる訳ですが、お互いがお互いを庇い合い、絶対に証言しないでしょう。なので「貴方でも、相手方の4人でもない、6人目の人物」が「その場」に居る必要があり、その6人目の証言者の証言が必要になります)

有望なのは「精神的な苦痛を負ったとして傷害罪での告訴」です。

「精神的な苦痛を受けた」と明記された診断書と、精神的な苦痛を負った理由となる行為の客観的な証拠(言われた事を日記に書いておいたとか、言われた事を録音してあるとか)があれば、かなり有望です。少なくとも、警察に被害届けを出した上で告訴すれば、立件まではされるでしょう。

なお、録音の無い他の3名は、たぶん「証拠不充分で不起訴」になるでしょう。

>厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

う~ん、傷害罪で立件され、運良く有罪が確定しても、内容が内容ですから、厳重な処罰は無理でしょう。たぶん、不起訴処分か執行猶予か。

もし、刑事での処罰が軽過ぎて不服と言うなら「精神的な苦痛を受け、損害を受けた。損害の賠償として○百万円を払え」と、民事で「損害賠償請求訴訟」を起すしかないですね。

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この...続きを読む

Q名誉毀損の慰謝料の相場について

知り合いから相談を受けまして、色々と調べたのですが、未熟者故参考になるようなサイトを見つけられませんでしたので、相談にのって下さいませ。
私の知り合い(以下Y)が、行きつけの飲み屋さんで、従業員の女の子(以下H嬢)に冷たくされた事に腹を立て、事もあろうに携帯のBBSにH嬢になりすまし、携帯のアドレス等の情報とともに卑猥な誘いを意味する内容の書き込みをしてしまいました。
そのBBSは、3日ほどでログが流れて閲覧不能になってしまい、その後何事もなく過ごしていたのですが、2週間程経過した時(3日ほど前)に、いきなりH嬢の兄と名乗る男が、1人の女性をつれて職場にやってきて、誹謗中傷の書き込み内容の印刷物をちらつかせ、「お前が書き込んだ事は調べがついている」と言い、Yは思わず謝罪してしまった事から、書き込みを認めたという事になり、慰謝料として300~500万円払えと言ってきたそうです。
この金額は相手が明示した訳ではなく、「お前の誠意を見せろ!300万でも500万でも持ってこい」と言う感じの恫喝だったそうです。
Yは自分のやった事に対して、非常に反省をし責任を感じて、職場に辞職願いを提出し(受理はされていませんが)最近買った車やAV機器等を処分してお金を作るつもりなのですが、どう頑張っても100万がせいぜいなんだそうです。
そこで、慰謝料の減額交渉をしてもらいたくて弁護士に相談したところ
・慰謝料の相場は300万円だから、相手の言い分は正しい。
・警察沙汰になる前に、さっさと払ってしまった方が良い。
・話し合いの中に入るつもりはない。
と、あっさり言われてしまったそうです。
現在、相手から支払いを迫られ、来週頭にも、また職場に行くと「職場に」電話があったそうで、当人はかなり焦っております。
どうか良きアドバイスをお願い致します。m(__)m

知り合いから相談を受けまして、色々と調べたのですが、未熟者故参考になるようなサイトを見つけられませんでしたので、相談にのって下さいませ。
私の知り合い(以下Y)が、行きつけの飲み屋さんで、従業員の女の子(以下H嬢)に冷たくされた事に腹を立て、事もあろうに携帯のBBSにH嬢になりすまし、携帯のアドレス等の情報とともに卑猥な誘いを意味する内容の書き込みをしてしまいました。
そのBBSは、3日ほどでログが流れて閲覧不能になってしまい、その後何事もなく過ごしていたのですが、2週間...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと待って下さい。
名誉毀損の民事訴訟はかなりありますが、ネット上での投稿でも、100万
から150万ぐらいが相場でしょう。相手が有名人などとかで、特別な内容
とかならともかく。
元々、損害賠償の取れる額が少ない上に訴訟をやったって
名誉が回復する訳でもないので、割が合わないので、一般の人達は
名誉毀損の訴訟をそれ程起こしません。

また、質問の内容から言って、質問者の方が罠に嵌められてる感じにしか
思えません。お金の請求の仕方にしても、脅しにしかみえません。
他の弁護士さんにも相談に乗って貰った方がいいです。

相談に乗った弁護士さんは、相手が普通じゃないから、示談交渉とか
を引きうけたくないということなのではないですか?

Q調査嘱託と送付嘱託の違いを教えてください

(1)調査嘱託と送付嘱託の違いがいまいちよく分かりません。
(2)以下のような場合は調査嘱託と送付嘱託のどちらで申し立てするのが適切でしょうか。
また、それ以外に適切と思われる方法を教えて下さい。

1.被告の業務日誌のすべてのページを提出してほしい場合。
2.被告が使用したNTT電話回線の、平成○年○月分~平成○年○月分の
毎月ごとの(NTTから被告への)請求金額をNTTに開示してほしい場合。
3.被告とその関係の会社が、ある会社へ送金した時の銀行の記録を裁判官および原告(私)が知りたい場合。

ご指南お願いいたします。

Aベストアンサー

まず、前提条件です。
民事訴訟法
(調査の嘱託)
第186条 裁判所は、必要な調査を官庁若しくは公署、外国の官庁若しくは公署又は学校、商工会議所、取引所その他の団体に嘱託することができる。

(文書送付の嘱託)
第226条 書証の申出は、第219条の規定にかかわらず、文書の所持者にその文書の送付を嘱託することを申し立ててすることができる。ただし、当事者が法令により文書の正本又は謄本の交付を求めることができる場合は、この限りでない。

簡単に言えば、調査嘱託は「必要な事項を調査し、報告させるもの」であり、文書送付嘱託は「必要な文書の送付を求めるもの」になります。

1.被告の業務日誌のすべてのページを提出してほしい場合。
被告が同一人物であるということなら、調査でも送付でもダメです。自分に不利な材料を出すとは思えませんので。したがって、この場合は民事訴訟法第219条以下に基づく文書提出命令の申し立てを行う必要があります。

(書証の申出)
第219条 書証の申出は、文書を提出し、又は文書の所持者にその提出を命ずることを申し立ててしなければならない。
(文書提出命令の申立て)
第221条 文書提出命令の申立ては、次に掲げる事項を明らかにしてしなければならない。
1.文書の表示
2.文書の趣旨
3.文書の所持者
4.証明すべき事実
5.文書の提出義務の原因

2.被告が使用したNTT電話回線の、平成○年○月分~平成○年○月分の
毎月ごとの(NTTから被告への)請求金額をNTTに開示してほしい場合。

この場合は、文書ではなく、必要な金額がわかればいいので調査嘱託になるでしょう。

3.被告とその関係の会社が、ある会社へ送金した時の銀行の記録を裁判官および原告(私)が知りたい場合。

これは「記録がほしい」ということですから文書送付嘱託になります。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/H08/109A.HTM#s2.4

まず、前提条件です。
民事訴訟法
(調査の嘱託)
第186条 裁判所は、必要な調査を官庁若しくは公署、外国の官庁若しくは公署又は学校、商工会議所、取引所その他の団体に嘱託することができる。

(文書送付の嘱託)
第226条 書証の申出は、第219条の規定にかかわらず、文書の所持者にその文書の送付を嘱託することを申し立ててすることができる。ただし、当事者が法令により文書の正本又は謄本の交付を求めることができる場合は、この限りでない。

簡単に言えば、調査嘱託は「必要な事項を調査し、報...続きを読む

Q法人にも名誉毀損ってあるの?

 先日、「法人にも「精神的苦痛」ってあるの?」という質問をして、「ない」という趣旨のご回答をいただきました。ありがとうございました。
 そこで、もう1つ教えてください。

 法人に対しても名誉毀損(あるいは侮辱)ってあるのでしょうか?
 つまり、「法人に対するなんらかの行為が、名誉毀損にあたる。民事面では慰謝料や損害賠償が発生する」ということはあるのでしょうか。
 また、刑事と民事で、成立要件など、ちがいはありますか?

Aベストアンサー

 それは,名誉棄損の保護法益をどのように考えるかで,少し変わってきます.
精神的苦痛とか,プライドが保護法益であるなら,法人は精神的苦痛を感じえない以上,法人に対する名誉棄損罪や侮辱罪は成立しません.

 しかし,判例通説は,名誉棄損罪についても侮辱罪についても,保護法益を被害者の社会的評価と考えます.社会的評価であれば,法人についても法益侵害される可能性がありますから,両罪とも成立し得ます.

 要件については,刑事では,抽象的危険犯なので,構成要件該当行為が行われれば,違法性阻却事由や責任阻却事由に該当しない限り成立します.
 一方,民事については,要は不法行為ですから,現実の損害発生と名誉棄損行為と損害との因果関係が必要になります.

Q名誉毀損は民事と刑事両方あるみたいですが、刑事事件で取り扱われる為には

名誉毀損は民事と刑事両方あるみたいですが、刑事事件で取り扱われる為には民事とは別の要件が必要ですか?例えば民事で名誉毀損で賠償が認められるような事例の場合、もし刑事告発されていたら刑事事件として加害者は逮捕されていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

刑事と民事はそもそも全然別のものです

刑事訴訟においては、刑法上の名誉毀損罪というのがありますが、
民事訴訟においては、名誉毀損というのは直接定めておらず、不法行為
(故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う)として扱われます

>例えば民事で名誉毀損で賠償が認められるような事例の場合、もし刑事告発されていたら刑事事件として加害者は逮捕されていたのでしょうか?

そもそも全然のものであるために、告訴されていたら、
逮捕される可能性も、されない可能性もあるとしかいいようがありません

(ちなみに、「告訴」するのは被害者及びその親族など。「告発」するのは第三者。
名誉毀損罪は、親告罪であるので、告発は出来ず、告訴される必要がある)


ちなみに、これは実際にあった事件で、いまだにたまに
テレビ朝日の特集番組等で報道されていますが、

2002年にある人が死亡した事件につき、
警察の発表(?)によれば、自殺であるとされていて、
その後本格的な捜査はされていないようなのですが、、

民事訴訟(死亡した人が保険に加入していたが、
自殺だと保険金が下りないために、遺族が保険会社を相手取って、
これは殺人事件であって、保険金の支払いを請求したもの)
では、これは殺人事件であり保険金を支払え、とした判決が下されました

民事訴訟で「殺人事件」と認定されているにもかかわらず、
警察が動かないのは問題である、この国の制度はおかしい、
とテレビ朝日の番組では主張されています

(ちなみに、私は法律を学ぶ学生なのですが、
民事で殺人事件と認定されたからといって、
警察が動かなければならない理由が、肌感覚として理解できません。。。

法律を学べば学ぶほど、市民感覚が失われていく、
という言葉を聞いたことがありますが。。。)

こんにちは

刑事と民事はそもそも全然別のものです

刑事訴訟においては、刑法上の名誉毀損罪というのがありますが、
民事訴訟においては、名誉毀損というのは直接定めておらず、不法行為
(故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う)として扱われます

>例えば民事で名誉毀損で賠償が認められるような事例の場合、もし刑事告発されていたら刑事事件として加害者は逮捕されていたのでしょうか?

そもそも全然のものであるために、...続きを読む

Q名誉毀損の証拠集め

犯罪歴がないのに、Aによって
あなたが犯罪歴がある前科者だと数人の前で言ったと
Bさんが教えてくれました。
確認するとほかの人も聞いており、日時も特定しました。
名誉毀損で裁判を起こす予定なので
Bさんとほかの人への聴取と書面での陳述、
録音をして証拠集めを考えております。

裁判で証拠になるようにしたいので、
書面、録音時の注意点を知りたいです。

Aベストアンサー

これは、相談者さんが自身で裁判をするのですか?

名誉棄損となれば、地方裁判所での訴訟となりますから弁護士が必要になります。

特に、録音は難しく「誘導」があっては無効とされます。

反面、弁護士の法廷質問で証言して、証明する方がいいかもしれません。

名誉棄損は、刑事事件ともなりますから、一度警察の方にも相談してください。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Qパンティとショーツの違いは?

男性に「パンティとショーツの違いは何か?」と訪ねられ、答えられずに困っています。雰囲気では何となく分かるのですが、はっきりと「こう違う」というものがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

 前にTVで同じ質問があり。レポーターが専門店に質問したところ、「同じものでございます。」ということでした。ちなみにスキャンティというのも同じものだそうで、結局売る側は区別してないってことかな?

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q名誉毀損の時効は?懲らしめたい。

三年十ヶ月前に寿退社した職場の上司から中傷され続けていて困っています。
働いているときは直属のその上司に「業務命令だ、頼むから死んでくれ」とか、何かと業務命令にかこつけてプライベートなことを質問したり、答えないと「上司の言うことをきかない駄目な人」と言いふらされたりしていました。そのこと自体は七年ほど前から退社するまでのことになります。
更に結婚式の時には新郎や新郎の親族のテーブルをまわり、「あんな酒飲みをもらって大変ですね」と言いふらし、みながその非常識さにびっくりしたのを「あいつは騙して結婚した」と今も職場で誹謗中傷とともに言い続けているそうです。因みに私は飲み会では飲みましたが自宅では飲まないので通常の範囲内だと思っています。今は妊娠などのため三年間ほとんど飲んでいません。
その上司は私の評価が下がることが喜びのようで、その為ならどんな手段もいとわないようです。嘘もつくし、些細なことを大げさに言いふらし、近所や(私の実家と上司の自宅は徒歩二分)職場でも私の誹謗中傷で嫁ぎ先の恥をさらしている気分で悦に入っているそうです。
その話は職場でも幅広く知られていて、現職員や元職員数人から聞きました。
目を付けられたきっかけは上司の私への親しみのあるからかいを一年間続けられ、エスカレートしてきたため「やめて下さい!」と強く拒否したところ傷付いたようでそのときから始まりました。かれこれ八年から九年にもなります。
法的にはどういった処置が取れるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

三年十ヶ月前に寿退社した職場の上司から中傷され続けていて困っています。
働いているときは直属のその上司に「業務命令だ、頼むから死んでくれ」とか、何かと業務命令にかこつけてプライベートなことを質問したり、答えないと「上司の言うことをきかない駄目な人」と言いふらされたりしていました。そのこと自体は七年ほど前から退社するまでのことになります。
更に結婚式の時には新郎や新郎の親族のテーブルをまわり、「あんな酒飲みをもらって大変ですね」と言いふらし、みながその非常識さにびっくりした...続きを読む

Aベストアンサー

私だったらどうするかを独断と偏見で書きます。
1 相手はたぶん中間の管理職だと思います。今の時節柄大変セクハラ問題にはどこの職場も敏感です。まともな会社であればそういう問題を起こす職員には厳しい処分を下します。私の職場にもセクハラホットラインというのがあって現場の上司を飛び越えて窮状を訴えることができるようになっています。そのようなシステムがないとしてもその上司を飛び越してその上のしかるべき管理者に手紙を送りましょう。これからもその会社で働いていこうという者にとっては悪い評価となるのはある意味では致命的ですから。もちろんコピーをとって。事実をありのままに書いて,どれだけ辛い思いをしたかを書きます。心ある管理者なら過去のこととはいえ何らかの処分をすると思います。また,そのような中間管理者を野放しにしていたという会社自体の責任もあると思いますし。
2 そのような手紙を送っても会社から誠意ある詫び状など来ないようでしたら,セクハラによる慰謝料請求をとりあえずその上司に対して起こします。1に記載したとおり使用者責任もあるので会社も同時に相手にしても構いません。方法は,調停にします。調停だと費用も安く,書類も作成しやすいからです。申立書には事実関係をありのまま自分の言葉で書けばよろしい。ただ,調停の呼び出しには強制力はないので,相手が不出頭ならそれで終わりです。その場合には,同じ内容で訴訟を起こすしかありませんが,訴訟となると白黒をつける場面ですから,きちんと主張立証しなければたとえ事実があなたの言うとおりだとしても負けてしまいます。やるからには勝たなければなりませんから,弁護士を依頼した方がよいということになります。問題は,不法行為に起因する損害賠償請求権は損害および加害者を知ったときから3年と短期の消滅時効に掛かることです。ただ,時効は相手が援用しなければ考慮されないので,たとえこの時効にかかっていると思ってもやってみる価値はだめもとでもあるかもしれませんが。
個人的にはセクハラを断じて許してはならないと思っています。参考にしてください。

私だったらどうするかを独断と偏見で書きます。
1 相手はたぶん中間の管理職だと思います。今の時節柄大変セクハラ問題にはどこの職場も敏感です。まともな会社であればそういう問題を起こす職員には厳しい処分を下します。私の職場にもセクハラホットラインというのがあって現場の上司を飛び越えて窮状を訴えることができるようになっています。そのようなシステムがないとしてもその上司を飛び越してその上のしかるべき管理者に手紙を送りましょう。これからもその会社で働いていこうという者にとっては悪い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報