VBAを使ってHFSSというソフトウェアを外部制御したいと考えています。
そのソフトの起動&終了や図形の形状編集、各種形式のファイル出力といった軽い操作は難なく動作させる事が出来るのですが、数GBのメモリを使用するような重たい処理をさせたりすると「別のプログラムでOLEの操作が完了するまで待機を続けます。」といったメッセージがVBA側に表示される事があり、その時点でFor文が途中で止まってしまい困っています。どうすればよろしいでしょうか?

なお、そのソフトウェア側で重たい処理が終了したのちに手動で「OK」ボタンをクリックすると次の処理へ進ませる事は出来ます。ですので、上記エラーメッセージが表示されたら自動でOKを選択したり、On Error Resume Nextのような感じでエラーメッセージを無視出来るだけでも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



話は簡単なのですが、解決は難しいです。

>「別のプログラムでOLEの操作が完了するまで待機を続けます。」

私の方も同様の問題でしたが、IE のアドオンのActiveX なので、私の状況とは違うようです。
本来は、マクロを使用するときに、OLEプログラムを外して動かせばよいのですが、たぶん、HFSS自体が、OLEで、Excelに繋がっているのでしょうね。

今回の原因は、OLE側の本体のソフトが終了する前に、マクロが終わろうとしてしまうということが原因です。それで、良くコードをごらんになって、「ソフトの起動&終了や図形の形状編集、各種形式のファイル出力」の、それぞれの作業の終わり目があるはすでず。その終わり目の前に、Wait を入れればよいのではないかと思います。

Application.Wait でも良いのですが、

負担の少ないAPIの
Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)
'モジュールの最上に書く

で、適当の待ち時間を入れてあげればよいのではないか、と思います。

Call Sleep 1000 '1000/1000秒...1秒

状況からすると、1秒以上は掛かると思いますが……。

それから、
Application.ScreenUpdating = False 'や
Application.Calculation = xlCalculationManual '(<--> = xlCalculationAutomatic)

この二つぐらいが、効をそうするのではないかと思います。

また、On Error Resume Next などの、エラートラップは、あくまでも、VBA の内部の問題ですから、トラップには掛かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きどうもありがとうございます。
WaitやApplication.ScreenUpdating = False、Application.Calculation = xlCalculationManualを全て試してみましたがダメでした。

しかし、頂いたアドバイスを元に、VBAで全てを操作する事を諦め、VBAを使っていったん複数のVBSを作っておいた上で、Shellを使ってそれぞれをMSDOS経由でVBSを実行させてみた所、意図した通りの動作をさせる事が出来ました。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 17:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

Q【Excel VBA】マクロでExcel自体を終了させたい

環境:WindowsXP、Excel2003

マクロでエクセルを終了(ブックを閉じて、アプリケーション自体も終了)させたいのですが、以下のコードではアプリケーションが閉じてくれません。

ThisWorkbook.Close
ExcObj.Quit
Application.Quit

どこか悪いところはありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通に考えれば質問者のコードで上手くいきそうですが
hana-hana3さんの回答にもあるようにThisWorkBook.Closeでコード終了となりますので
Application.QuitをThisWorkBook.Closeの前にもってこないといけません。
Application.Quitはそれがあるプロシージャのコードが全て終わるまで
その実行を保留するちょと特別動作をします。

'-------------------------------------
 Application.Quit
 ThisWorkbook.Close
'-------------------------------------
 
 

QVBA オブジェクトが空かどうか判定する

皆様のお知恵を拝借させてください。

エクセルVBAでオブジェクトを入れる変数を定義し、その変数にオブジェクト
が入っているかどうか検査したいのですがどうしたらいいでしょうか。

例えば---
Dim a As Workbook
If a <> nothing then ←この部分が分からない。このままだとエラー。
処理
End if
---------
環境
エクセル2003
WinXPsp1

Aベストアンサー

もし、aが空だったら
If a Is Nothing Then 

もし、aが空じゃなかったら
If Not a Is Nothing Then

QEXCEL VBAマクロ作成で、他のEXCELからデータを取り込みたい

メインプログラム(EXCEL VBA)より、
他のフォルダーにあるEXCELの項目の内容を取り込みたいです。
たとえば他のフォルダーのEXCELのRange("A2:A3").ValueをメインプログラムのRange("C2:C3").Valueにセットしたい時です。

・コマンドボタン押したら、どこのEXCELから取り込むかのポップアップ(?)は、表示はできてます。
・作業者が選んだパスとブックもMsgBoxで表示できてるので、もらう相手の場所も取得できてます。

・となると次はOPEN,INPUTですか?
テキストデータの取り込みですと、Inputでそのバッファを定義してるのですが、なんか違うような。。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Cells(2, 2).Value ' 相手シートの B2 の値を自分自身の A1 に書き込む

readBook.Close False ' 相手ブックを閉じる
Set readSheet = Nothing
Set readBook = Nothing

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Ce...続きを読む

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

QDoEvents関数って何?

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そこで「EXCEL VBA パーフェクトマスター」という本を見たら

for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
DoEvents
next i
unload userform1
と入力すれば解決することがわかりました。

しかし「DoEvents」についてあまり詳しく書いていなかったのでDoEvents関数をヘルプで見ると、
「発生したイベントがオペレーティング システムによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をオペレーティング システムに渡すフロー制御関数です。」

と書いてあるのですが正直、書いてあることがよくわかりません。

どなたかDoEvents関数について、
もう少しわかりやすく教えていただけませんか。
それから、最初に書いたコードで実行すると
ユーザーフォームの背景が真っ白になってしまう原因も
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
    DoEvents
    Cells(i,1) = ""
  Next i
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
  MsgBox "hoge"
End Sub

っていうフォームのコードがあった場合、
DoEvents を入れることによって、ループ中にユーザーがCommandButton2 を押すことによって CommandButton2 のクリック イベントも動いちゃいます。
CommandButton1 のクリック イベントではループの前に
CommandButton1.Enabled = False
CommandButton2.Enabled = False
を書いてフォーム上の CommandButton を無効にしておき、ループが終わったら
CommandButton1.Enabled = True
CommandButton2.Enabled = True
と書いて CommandButton を有効に戻してください。

これを工夫すれば、CommandButton2 で CommandButton1 のループを途中キャンセルする処理もすることができます。

Private Canceled As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

  CommandButton2.Enabled = False

  Dim i As Long
  For i = 1 To 50000
    DoEvents

    If Canceled = True Then
      MsgBox "キャンセルしました"
      Exit Sub
    End If

    Cells(i, 1).Value = ""
  Next i
End Sub

Private CommandButton2_Click()
  Canceled = True
End Sub



コードの行頭にあるスペースは見易さのために全角スペースで作成していますので、これをこのままコピペするとエラーになるかもしれません。
コピペするなら行頭の全角スペースを半角スペースに直してください。

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
...続きを読む

QEXCELマクロで上書きメッセージ無しで保存する方法

EXCELマクロで上書きメッセージ無しで保存する方法をお願いします
ActiveWorkbook.SaveAs "C:\Documents andSettings\Nakatani\MyDocuments\Book1.xls"
の様にするとすでにファイルがある場合上書きメッセージが出ます
メッセージを出さずに上書きするプログラミングを教えて下さい
宜しくお願いします

Aベストアンサー

Application.DisplayAlerts = False
ActiveWorkbook.SaveAs "C:\Documents andSettings\Nakatani\MyDocuments\Book1.xls"
Application.DisplayAlerts = True

Qエクセル:マクロ「Application.CutCopyMode = False」って?

エクセルのマクロを記録していると

「Application.CutCopyMode = False」

というものがよく出てきますが、これは何でしょう?
どういう意味のものかわかりません。
削除しても差し支えないのもでしょうか?

Aベストアンサー

「Application.CutCopyMode = False」の前で
セルのコピー、または切り取りを行っていると思います。
これは、その操作(セルのコピー、または切り取り)を無効にしているだけです。
------------
Range("A1").Select
Selection.Copy ← これを無効にしている
Range("A2").Select
ActiveSheet.Paste
Application.CutCopyMode = False
------------
上記の場合であれば、「Application.CutCopyMode = False」を削除しても問題ありませんが、
以下の場合、貼り付け処理でエラーになります。
------------
Range("A1").Select
Selection.Copy
Range("A2").Select
Application.CutCopyMode = False
ActiveSheet.Paste ← ココでエラー
------------
ご自分で、セルをコピーしてみると分かると思いますが、コピーした範囲が点線で点滅されます。
「Application.CutCopyMode = False」をすると、
その点滅がなくなります。

「Application.CutCopyMode = False」の前で
セルのコピー、または切り取りを行っていると思います。
これは、その操作(セルのコピー、または切り取り)を無効にしているだけです。
------------
Range("A1").Select
Selection.Copy ← これを無効にしている
Range("A2").Select
ActiveSheet.Paste
Application.CutCopyMode = False
------------
上記の場合であれば、「Application.CutCopyMode = False」を削除しても問題ありませんが、
以下の場合、貼り付け処理でエラーになります。
------------
...続きを読む

QエクセルVBAが途中で止まります

以前別のカテゴリで質問したのですが、そちらでは解決出来なかったので、こちらで改めて質問します。
下記のマクロで、一つのブックからSheet1だけをコピーして来て、少し処理をし、元のブックを閉じるというもので、ブックの数は多くて3000程、少ない時は300位です。
で、このマクロだと900位までですと最後まで行くのですが、それを超えるとリストが95位で止まってしまいます。
自宅で別データを作ってやってみるとうまくいきました。
コピー元のブックにはテキストデータのみで、200文字から500文字程度の大きさしかありません。
ファイル名も50文字程度の物を全部20文字程度まで短くしてもみましたが、ダメでした。
どうかお知恵をお貸しください。

Sub ★1★ブックの結合()
Dim sFile As String
Dim sWB As Workbook, dWB As Workbook, aWB As Workbook
Dim dSheetCount As Long
Dim i As Long
Dim SOURCE_DIR As String

'エクセルデータに変換されたファイルのあるフォルダを選択します。
MsgBox "エクセルに変換されたデータのフォルダを選択"
With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
If .Show = True Then
SOURCE_DIR = .SelectedItems(1) & "\"
End If
End With

Application.ScreenUpdating = False

'指定したフォルダ内にあるブックのファイル名を取得
sFile = Dir(SOURCE_DIR & "*.xls")

'フォルダ内にブックが無ければ終了
If sFile = "" Then Exit Sub

'集約用ブックを作成
Set dWB = Workbooks.Add

'転記マクロの中のDMリストシートをコピーする
Workbooks("転記用マクロ.xlsm").Worksheets("DMリスト").Copy Before:=dWB.Worksheets("Sheet1")
Application.DisplayAlerts = False
Worksheets(Array("Sheet1", "sheet2", "sheet3")).Select
ActiveWindow.SelectedSheets.Delete
Application.DisplayAlerts = True

'集約用ブック作成時のシート数を取得
dSheetCount = dWB.Worksheets.Count

Do
'コピー元のブックを開く
Set sWB = Workbooks.Open(Filename:=SOURCE_DIR & sFile)

'コピー元のsheet1を集約用ブックにコピー
sWB.Worksheets("sheet1").Copy After:=dWB.Worksheets(dWB.Sheets.Count)

シート転記

'コピー元ファイルを閉じる
Application.DisplayAlerts = False
sWB.Close
Application.DisplayAlerts = True

'セルA2の名前を変更する


'シート名をセルA2の値に変更
'ActiveSheet.Name = Range("A2").Value


'次のブックのファイル名を取得
sFile = Dir()
Loop While sFile <> ""

'集約用ブックを保存する
'dWB.SaveAs Filename:=DEST_FILE


Application.ScreenUpdating = False


End Sub

以前別のカテゴリで質問したのですが、そちらでは解決出来なかったので、こちらで改めて質問します。
下記のマクロで、一つのブックからSheet1だけをコピーして来て、少し処理をし、元のブックを閉じるというもので、ブックの数は多くて3000程、少ない時は300位です。
で、このマクロだと900位までですと最後まで行くのですが、それを超えるとリストが95位で止まってしまいます。
自宅で別データを作ってやってみるとうまくいきました。
コピー元のブックにはテキストデータのみで、200文字から500文字...続きを読む

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8750372.html


例えば、30ファイルあっても10ファイルしか読み込まれない事があり、
エラーメッセージもない、何事もなく終了するが10ファイルしか処理されていない、
常に発生する訳ではなく、マシンが変われば同じデータでもOKだったり、
データが少し変わればOKだったりする。
なので、昨日までOKだったのに、今日データが変わった為、急にダメになったりする。
もし、10ファイル目で発生した場合、何度実行しても必ず、10ファイル目までしか処理されない。
そのファイルがおかしいかと思い、その前後の2~3ファイルを削除しても、
やっぱり、10ファイル目(さっきとは違うファイル)までしか処理されない、
という恐ろしいバグがExcel VBAにありますが、それじゃないですかね?

While文などのループの中に、ワークブックのオープンがあると、
何度目かでオープンが実行されず、エラーなしでスルンと終わります。

回避方法は、Open 文の前に DoEvets の1行を書く事。
だいたいこれで直りますが、これで直らなかったマクロもあったので、
Open 文の後ろにも DoEvets の1行を書いて、前後を DoEvets ではさむと直りました。
安全(?)の為、前後をはさんでおいた方が良いと思います。

こんな感じ:
DoEvents
Workbooks.Open aaa
DoEvents

かなり前(1年くらい?)にハマりググりまくったところ、ほとんど情報はなかったですが、
1人だけ、自分の質問に「直った」と自己回答している方がいて、Open文の前にDoEvetsをつけたら直ったそうです。
半信半疑で真似たら私も直りました。
何故、これで直るのかはわかりませんが、DoEvetsを外すと見事に再現し、DoEvetsではさむとピタッと直ります。

ググりまくった際、とても情報が少なく、こんなに顕著に再現するのに、
何故、情報が少ないのかは不思議に思いました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8750372.html


例えば、30ファイルあっても10ファイルしか読み込まれない事があり、
エラーメッセージもない、何事もなく終了するが10ファイルしか処理されていない、
常に発生する訳ではなく、マシンが変われば同じデータでもOKだったり、
データが少し変わればOKだったりする。
なので、昨日までOKだったのに、今日データが変わった為、急にダメになったりする。
もし、10ファイル目で発生した場合、何度実行しても必ず、10ファイル目までしか処理されない。
そのファイルがおかし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報