法定相続人でない者が遺書によって遺産を相続する場合、相続税はどのようになるのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご質問のような「遺贈」を受ける人(「受贈人」)がいるかいないかに関わらず、


(1)まず、相続税の総額を、法定相続人すべてが法定相続分どおりに相続したと仮定して、それぞれの法定相続人について計算し、合計して算出する。
(2)相続税総額を、実際の相続・遺贈の額の割合で按分して、相続人・受贈人それぞれの相続税額が決まる。
(3)さらに、相続人・受贈人それぞれについて、相続税額の加算や控除があり、それぞれの相続税納付額が決まる。
ということになります。
参考URL(国税庁タックスアンサー No.4152 相続税の計算)を参考にしてください。

(3)では、たとえば配偶者、父母、子供以外の人は20%の税額加算があり、法定相続人でない受贈人はもちろん、孫(養子であれば法定相続人)や兄弟姉妹も税額加算の対象になります。

(1)で基礎控除額が遺産総額を上回って非課税になることもあります。
基礎控除額の計算も、遺贈のあるなしに関わらず、法定相続人の数で決まります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続人の範囲 親・配偶者・子供全員死亡の場合

相続について勉強しています。
相続人の範囲について質問させてください。
もし被相続人の配偶者・子(孫はいないものとする)・親・兄弟(配偶者・子なしとする)
すべて死亡している場合、相続人は不在ということになるのでしょうか。
それともそれ以外に親族がいる場合は、法定相続人になるのでしょうか。
またその場合、親族関係は大体どこまで遡ればいいのでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2,3,4,6です。
少々余計なことを言い過ぎたかもしれません。


>では配偶者が死亡している場合で配偶者の親とか、配偶者が被相続人の前に別の人と
結婚していて子供を産んでいる場合、その人らも相続人になりうるのでしょうか。

相続人は次の場合だけです。

1.配偶者は常に相続人
2.「血族であることを前提に」、第一順位が子(またはその直系卑属による代襲)、第二順位が親等の最も近い直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(またはその子に限った代襲)。順位の上の者が存在すると下の者は相続人にならない。

つまり、「配偶者の親」「配偶者の先夫(妻)の子」は入りません。義理の親はあくまでも事実上の話で、法律上は親ではなくてあくまでも「配偶者の親という単なる一姻族」でしかありません。配偶者の先夫(妻)の子も、養子縁組をしない限りは、法律的には「配偶者の子という単なる一姻族」でしかありません。
もとより「姻族」には「尊属」「卑属」という区別をする発想がないので「尊属、卑属と言えば当然に血族を意味する」ことになり、姻族は相続人にはなり得ないのです。

>それはまた認知しているとか養子とか、別の問題になるのですかね。

被相続人の実の子でないなら本当は認知できない(事実としての実親子関係の不存在は認知の無効原因)のですが、それはともかくとしても「養子縁組により養親と法定親子関係が生じ、養親の血族とは法定血族関係が生じる」ので「養子は養親の血族と血族関係にある」です。
そして「養子は実子と同じ」なのが法律の扱いですから、養子は実子と相続関係においてもまったく同様の扱いになります。

#2,3,4,6です。
少々余計なことを言い過ぎたかもしれません。


>では配偶者が死亡している場合で配偶者の親とか、配偶者が被相続人の前に別の人と
結婚していて子供を産んでいる場合、その人らも相続人になりうるのでしょうか。

相続人は次の場合だけです。

1.配偶者は常に相続人
2.「血族であることを前提に」、第一順位が子(またはその直系卑属による代襲)、第二順位が親等の最も近い直系尊属、第三順位が兄弟姉妹(またはその子に限った代襲)。順位の上の者が存在すると下の者は相続人にな...続きを読む

Q遺産の法定相続分について

法定相続について、以下に挙げるパターンの場合を教えていただけますでしょうか。

まず、以下にまとめた理解で正しいでしょうか?
“○”部分の数字がわかりません。

<血縁の状況>
本人(配偶者・子どもなし)、母、兄とその配偶者(兄夫婦に子どもなし)です。
1)現状況で、自分が他界した場合。
  母:○分の1、兄:○分の1(但、遺留分なし)、兄の配偶者:権利なし
2)母が他界し、その後自分が他界した場合。
  兄:全額(但、遺留分なし)、兄の配偶者:権利なし
3)母と兄が他界し、自分が他界した場合。
  兄の配偶者:権利なし、よって自分の財産は国庫へいく。

※1:遺産の規模は、相続税がかかる金額ではありません。
※2:2)と3)のパターンでは、経費を差し引いた全額をNPO等への寄付を遺書にて指定予定です。

ちなみに、兄が自分より先に他界した場合、妹(傍系)である自分は権利なしでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A 母
B Aの子
C Aの子(質問者)
D Bの妻

1  AがCの全財産の法定相続権を持ちます。Bには法定相続分はありません。
2 Aが死亡した段階でAの財産の半分づつをBとCが法定相続分として持ちます。
  その後、Cの死亡でCの財産の全額の法定相続分をBが持ちます。
3-1 Aが死亡してから、Bが死亡した場合。
    Aの財産はBとCに半分づつ相続されます。
    Bの死亡で、Bの財産(Aから相続した財産で死亡時に残ってる分は当然入ります。B独自の財産も相続財産です)はDに4分の3、Cに4分の1法定相続分が発生します。
3-2 AとBが同時に死亡した場合。
    AとBとの間で相続が発生しません。
    Aの財産はCが全額法定相続分を持ちます。
    Bの財産の法定相続分は、Dが4分の3、Cが4分の1です。

ごめんなさい「2)と3)のパターンでは、経費を差し引いた全額をNPO等への寄付を遺書にて指定予定です。」に。
遺書ではなく遺言だと思いますが、遺言を書く者が誰なのかが「?」です。
被相続人(死んだ人)の残した遺言は最大限に尊重されますが、法定相続分の半分は遺留分減殺請求権の行使によって否認されます。

また(3)では、どちらが先に死亡するかで相続関係が変わりますね。母が先に亡くなる場合と、同時死亡とのパターンを述べました。

A 母
B Aの子
C Aの子(質問者)
D Bの妻

1  AがCの全財産の法定相続権を持ちます。Bには法定相続分はありません。
2 Aが死亡した段階でAの財産の半分づつをBとCが法定相続分として持ちます。
  その後、Cの死亡でCの財産の全額の法定相続分をBが持ちます。
3-1 Aが死亡してから、Bが死亡した場合。
    Aの財産はBとCに半分づつ相続されます。
    Bの死亡で、Bの財産(Aから相続した財産で死亡時に残ってる分は当然入ります。B独自の財産も相続財産です)は...続きを読む

Q相続人の範囲

私は兄との二人兄弟で、兄はすでに死亡し、兄の妻(義理の姉)がいます。
その状況で私の親が死んだ場合、相続人は私と義理の姉のふたりになるのでしょうか。
もし、兄が生きていれば、相続人は私と兄のふたりだと思うのですが、兄が死亡していた場合にどこまでが相続人の範囲かが分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

相続の放棄を考えている場合,次順位相続人のことも考えておいたほうがいいです。

配偶者は常に相続人になりますので,配偶者が生存しており相続放棄を希望するのであれば,被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所で相続放棄の申述をする必要があります。
そして第一順位相続人である直系卑属(あなたとお兄さんの子)も相続放棄の申述を行い,それが受理されると,その人たちは相続人ではなくなります。

これで相続人が誰もいなくなるわけではありません。

第一順位がいなくなると,第二順位相続人(被相続人の直系尊属。お祖父さんやお祖母さん等です)が相続人になります。相続の放棄をするなら,第一順位相続人が放棄をしたあと,第二順位相続人も相続の放棄をする必要があります。

第二順位相続人がいない場合,今度は第三順位相続人として被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。第三順位相続人が死亡している場合には,その下1世代(甥姪)までが相続人になります。放棄を希望するなら,第二順位相続人が相続放棄をした後に,相続放棄の申述を行うことになります。

これらの人がすべて相続の放棄をすると,相続人がいない状態になります。
相続財産の整理処分が必要であれば利害関係人から相続財産管理人の選任の申し立てをして,家庭裁判所が選任した相続財産管理人が相続財産の処分を行います。

なお,相続人が遺産に手をつけてしまった場合,それは法定単純承認(民法第921条)となりますので注意してください。

相続の放棄を考えている場合,次順位相続人のことも考えておいたほうがいいです。

配偶者は常に相続人になりますので,配偶者が生存しており相続放棄を希望するのであれば,被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所で相続放棄の申述をする必要があります。
そして第一順位相続人である直系卑属(あなたとお兄さんの子)も相続放棄の申述を行い,それが受理されると,その人たちは相続人ではなくなります。

これで相続人が誰もいなくなるわけではありません。

第一順位がいなくなると,第二順位相続人(被相続人の...続きを読む

Q遺産相続を放棄して、子ども(孫)に遺産相続させるこ

私には、高齢の両親(90歳と88歳)と弟がいます。私は家族がいますが、弟には家族がいません。両親が亡くなった場合、私の相続分は放棄して、子ども(両親かすると孫)に遺産相続をさせることは可能なのでしょうか。回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご両親が同時に亡くなる事はないと思うので、仮に父上が先に亡くなったと仮定しての話ですが・・

この場合の法定相続人は「母」「質問者さん」「弟」の3人で、法定相続割合は「母」が1/2、「質問者さん」と「弟」が1/4ずつになります(ただしこの割合は関係者の協議でどのようにでも変える事は可能ですが、今回の話とは関係ないので触れません)。
質問者さんの子は法定相続人ではありませんから、通常の手続きでは相続できません。

相続発生までに、もし質問者さんが亡くなれば質問者さんの子供が代襲相続人になりますが、今回の質問の趣旨とは違いますよね。

そこでこういう場合、「遺贈」という方法が使えます。
「遺贈」は、被相続人(この場合父親)が遺言によって法定相続人以外に財産を遺す方法で、血がつながっていない人にも遺す事が出来ます。
遺し方は『特定遺贈・包括遺贈』があるし、受ける側が断る事も可能ですが、このあたりは手続きも含めて一度『遺贈』で調べてみてください。

ただしこの方法を使うと、本来の法定相続人の取り分を横取りするような形になるので、相続人は自分の取り分をいくらか戻せと言う権利があります。これが「遺留分の侵害」であったり「遺留分減殺請求」であるわけです。
要するに、遺言で「遺贈」が発生した場合、母親と弟は本来の取り分の1/2までは要求出来る権利がある訳です(ただし、権利があっても遺留分の請求をしなければ全部質問者さんの子が相続する事も可能です)。

これ以外には、子を質問者さんの両親の養子にする方法もありますが、ご高齢の両親に理解してもらって手続きするのは、ちょっと厄介かも知れませんね。

ご両親が同時に亡くなる事はないと思うので、仮に父上が先に亡くなったと仮定しての話ですが・・

この場合の法定相続人は「母」「質問者さん」「弟」の3人で、法定相続割合は「母」が1/2、「質問者さん」と「弟」が1/4ずつになります(ただしこの割合は関係者の協議でどのようにでも変える事は可能ですが、今回の話とは関係ないので触れません)。
質問者さんの子は法定相続人ではありませんから、通常の手続きでは相続できません。

相続発生までに、もし質問者さんが亡くなれば質問者さんの子供が代襲相続人に...続きを読む

Q相続人の範囲と相続放棄手続き

最近、親戚と疎遠になっていた叔父Aが、昨年5月、亡くなっていたことを知りました。そして、兄弟であるBが、Aの子供より、「相続放棄をした」と聞いたそうです。Bは、「負債があるかもしれないから、念のため、相続放棄の手続きをした方がよいのでは?」と、連絡をくれました。

被相続人Aの両親は20年前に死亡、配偶者(離婚)、子供2人(相続放棄済)。
被相続人Aの3人の兄弟(BCDとします)の内
Bは存命。
Cは3年前に死亡。配偶者と子供2人(X・Y、私はその1人)
Dは、配偶者と共に10年前に死亡。子供1人(Z)。

1.この場合、相続人は、被相続人の子供2人(相続放棄済)と、兄弟であるB、代襲相続人X・Y・Zの5名になるとの解釈でよろしいでしょうか?
2.相続放棄は、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」とのことのようですが、今からでも手続きできるのでしょうか?
3.仮に、Aに負債があった場合、1年以上経ってからでも、法定相続人に請求がくることがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.相続人は兄弟であるB、代襲相続人X・Y・Zです。相続放棄した子たちは初めから相続人ではなかったことになります。

2.できます。ただし
>そして、兄弟であるBが、Aの子供より、「相続放棄をした」と聞いたそうです。
という知らせを質問者さんが知ったときから起算して3か月です。申述先は被相続人の最後の住所を受け持つ家庭裁判所です。(質問者さんの住所地ではありません)遠方なら電話連絡し、郵送でのやりとりで可能です。

3.ありえます。しかし債権者が未だになにもいってこないことをみると、はたして子たちが家裁で放棄したのか、申述の準備をしつつ(そろえるのが大変)、子たちから申述受理証明書なりを取り寄せさせてください。

Q直系尊属以外の人が相続する場合の相続税

2月に叔母がなくなりました。
配偶者は先になくなっており、子供もいません。
法定相続人は、叔母の兄と姉になります。
直系尊属以外が相続する場合、相続税が2割加算されると思います。
遺産分割で兄の子供(甥)に相続させた場合、兄が相続する場合と
甥が相続する場合で相続税は変わりましでしょうか。
また、その場合兄から子供への贈与税が発生するのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

甥は相続人ではありませんから、相続により遺産を取得することはできません。
甥に遺産を取得させたいというのであれば、兄が相続し、これを甥に生前贈与す
ることになります。

この場合、兄は2割加算の相続税を納め、甥は贈与税を納めることになります。

Q相続人の範囲を教えてください。

ネットでいろいろ調べて、概ねこうではないかとの結論はあるのですが、自信がもてないもので質問させていただきます。

被相続人が今年の11月に亡くなりました。
配偶者は本年6月に亡くなり、子どもは小さい頃になくなっています。
直系尊属は全て死亡しています。

ここで、被相続人の兄弟姉妹が相続人となることになり、兄弟姉妹がなくなっている場合は、その子(甥・姪)が代襲相続人となるまでは理解してます。

ここからが質問になりますが、
被相続人は結婚前に、普通養子縁組を行なっており、実の兄弟と養子縁組先の義兄弟がおります。
その場合、実の兄弟、養子縁組先の義兄弟はまったく同じ扱いになり、実の甥姪も義理の甥姪も
法定相続人となるという理解に間違いはないでしょうか?

現在遺言書の検認に必要な相続人の戸籍謄本を集めているのでご質問しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>普通養子縁組を行なっており…

特別養子ではないことに間違いがなければ、

>実の兄弟、養子縁組先の義兄弟はまったく同じ扱いになり、実の甥姪も義理の甥姪も
法定相続人となる…

はい。

>現在遺言書の検認に…
>兄弟姉妹がなくなっている場合は、その子(甥・姪)が代襲相続人となるまでは…

遺言書に何と書いてありますか。
もし、遺言書に兄弟姉妹の誰かを省くと書かれていれば、遺留分は発生しませんし、甥・姪への代襲相続もありませんので、その点をご確認ください。
http://minami-s.jp/page010.html

相続に関しては某司法書士さんのサイトが分かりやすいです。
(関係者ではありません)
http://minami-s.jp/page008.html

Q法定相続人は借金も相続?

はじめまして。私の叔母が作った借金の件で教えて下さい。(状況)叔母(68歳)は残念ながら末期の膵臓癌の為、余命1ヶ月あるかないかと医師から宣告されています。ところが最近になり、その叔母に借金がある事が判明しました。一つは大手消費者金融で、もう一つは知人からです。叔母は私の父(73歳)の妹で子どもはおらず、叔母の夫は約20年前に他界し、現在は完全な一人者です。叔母と私の父との二人兄弟の為、法定相続人は叔母の兄である私の父となります。そこで次の2点について教えて下さい。
1.叔母の死亡後、消費者金融に残された叔母の債務はどうなるのでしょうか?
2.知人との間に発生している借金についてですが、最近になり知人の方から「お兄さんが法定相続人なのだから、叔母が残した借金もお願いしますね」という要望を伝えてきました。しかし、知人と叔母との間にある借用書にはいくらかの担保(宝石等)はあるものの、連帯保証人の記載もありません。ましてや、父が連帯保証人にもなっておりません。法定相続人だからといって債務の返済義務まであるのでしょうか?
金額の大小は抜きにして、客観的なよきアドバイスをお願いします。

はじめまして。私の叔母が作った借金の件で教えて下さい。(状況)叔母(68歳)は残念ながら末期の膵臓癌の為、余命1ヶ月あるかないかと医師から宣告されています。ところが最近になり、その叔母に借金がある事が判明しました。一つは大手消費者金融で、もう一つは知人からです。叔母は私の父(73歳)の妹で子どもはおらず、叔母の夫は約20年前に他界し、現在は完全な一人者です。叔母と私の父との二人兄弟の為、法定相続人は叔母の兄である私の父となります。そこで次の2点について教えて下さい。
1....続きを読む

Aベストアンサー

要点は他の方の回答にあるとおりです。

注意事項として、相続放棄しても、実は財産を隠していた、一部を処分していたという行為があると、単純承認したとみなされる場合がありますので、くれぐれもご注意を。

限定相続の場合、手続きがかなり煩雑になりますので、それなりの法律家に委任することをお勧めします。

Q相続人の範囲について教えてください。

被相続人に妻子がなく、父母も祖父母も亡くなっております。

兄弟が5人おり、被相続人は、4番目で二男です。
長男は、亡くなっており、子供が一人います。
長女は健在です。
次女、三男は、亡くなっており、三男には子供が2人います。

これからが問題なのですが、被相続人の亡母は再婚で、前夫との間に2人の子供がありました。
2人とも亡くなっておりますが、長男には子供が2人おり、長女は3歳で亡くなっております。

亡母の前夫との間にできた長男の子供に、被相続人の相続人となる資格があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>兄弟が5人おり…

この前提が間違っています。

>亡母は再婚で、前夫との間に2人の子供…

これも兄弟のうちです。
一般には「異父兄弟」あるいは「種違兄弟」といい、法律用語では「半血兄弟」です。

>亡母の前夫との間にできた長男の子供に、被相続人の相続人となる…

半血兄弟には、全血兄弟の 1/2 の相続権があります。

したがって、
・全血の長兄の子・・・2/7
・全血の長姉・・・2/7
・全血の次姉・・・子がいないなら関係なし
・全血の弟の子 A・・・1/7
・全血の弟の子 B・・・1/7

・半血の兄の子 A・・・1/14
・半血の兄の子 B・・・1/14
・半血の姉・・・幼いうちに亡くなっているなら関係なし

Q法定相続人(孫)と相続放棄について

法律に明るくないわたしに相続放棄についておしえてください。

事情はこうです。
先日、わたしの母親が他界しました。
生活に窮していたため、借金がいろいろあり、
生前から、一部肩代わりをしたりしてきました。
母に財産は無く、今回「相続放棄」の手続き
をとることにしました。

今回相続放棄の手続きを行う予定の人は以下の4人。
◎配偶者(父親)
◎子3人。(女2人、男1人)
 (※子の女2人は結婚で家を出ています。)

しかし、これで本当に大丈夫なのか不安です。
わたしは長男で、妻と息子(2歳半)がおります。
妻と息子にも相続をさせたくありません。

わたしの妻も息子も相続放棄の手続きをする必要があるのでしょうか?

どうか、お教え頂けますようお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

相続放棄の場合は、代襲相続の規定は適用されません。
すなわち、あなたが相続放棄してもあなたのお子さんが代襲相続することはありません。
(民法887条)


人気Q&Aランキング