小田急電鉄は3000形(VVVF)と5000形(抵抗)のように異種同士の併結運転を毎日多くの列車で運転しています。

そこで質問ですが
A・小田急電鉄以外にこうした異種制御方式の電車の併結を行っている鉄道会社はあるのでしょうか?

B・こうした運行はかなり特殊なのか、さらに複雑な機能が必要になるのでしょうか?

以上、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんばんは。


鉄道会社で電車運転士をしており、違う車種同士の併合列車も担当して乗務している者です。

今回のご質問は、
制御方法の違う車種が併合しても運転に差し支えないかという内容で宜しいのでしょうか?

いま、鉄道車両には、
○抵抗制御
○チョッパ制御
○VVVF方式
・・・・・と三種類が主にあります。

こと、加速する際は、マスコンで直接架線電流を調整しているわけではなく、DC100Vなどの制御回路で間接的に制御しています。
これら電動機の動かし方が異なる車両でも、制御回路自体は同じなので、力行に関しては何ら問題ありません。

制御方法によって、加速のバランス、加速度、
それぞれ異なりますが、連結器のスプリングが緩衝しますので、乗り心地の観点では劣ることはあれど、運転するに支障ありません。

問題は、制動方法。
今、高速鉄道においては、
○電磁直通ブレーキ(HSC)
○電気指令式(MBS)
・・・・のブレーキ方法があります。

HSCは編成全体にSAP、BP、MRPを回し、空気指令で弁を介して制御する方式ですが、
MBSは編成全体に回した3本の電線(一部アナログ方式の場合は、電気指令線は1本で、その流れるアンペアによる)のON、OFFによって各車のブレーキ作用装置を制御しています。

ブレーキそのものの制御方が違うので、このままでは併合することは出来ません。
私の勤める会社の車両は、併合に使う車両は皆MBSなので、何ら問題はないのですが、小田急の場合、併合に使う3000形(MBS)とそれ以外(HSC)と二種あるので、一つ「ブレーキ読み替え装置」というモノが必要になります。

3000形(MBS)が先頭の際、運転士が指令したブレーキ段相等を、後尾の(HSC車)SAPに出力させてブレーキを、
先頭がHSC車の場合、ブレーキ弁を操作し込められたSAPを読み替え装置でそれに近似のブレーキ段で後尾車(MBS)に出力する仕組みになります。

先頭がMBSならともかく、
逆に先頭がHSCですと、SAPの値次第によっては後のMBSのブレーキが強く出て引っ張られるような挙動をしめすケースも考えられます。

>A・小田急電鉄以外にこうした異種制御方式の電車の併結を行っている鉄道会社はあるのでしょうか?
MBSとHSCとの併合ケースは稀です。

>B・こうした運行はかなり特殊なのか、さらに複雑な機能が必要になるのでしょうか?
読み替え装置があるので、可能とはいえ、制御方法の違いによる衝動の発生は避けられないので、かなり特殊となります。
今、小田急もHSC車そのものが減りMBSに改造しつつあるので、過渡期的な姿です。
他社では、併合しないように運用を分けるのが通常です。
    • good
    • 0

No.4です。



カルダン、つりかけ駆動は、主電動機を台車にどういう形で吊っているのか、
界磁チョッパ、抵抗制御、VVVFは、主電動機をどういう形で動かすのかの形式の違いであり、混結の可否とは関係ない事です。

もっと突っ込めば、界磁チョッパは界磁制御領域までは、高圧を抵抗にかませて制御している訳で、今回の御質問の回答とは別な事なのですが……。

混結出来る、出来ないの要素として、
○ブレーキ制御方の違い→ブレーキ制御方が違う車両同士の連結には、読み替える仕組みが必要。
○電気連結器の接点、回路の割り当てが同じか?
○ノッチ段が同じか→逆に言えば、同じでなければ、電気連結器の接点も違う→総括制御は出来ない。

……に、
なる訳です。


ブレーキ読み替え装置を使って混結し、営業車を走らせている会社は稀です。
採用している会社では日常的に見られるシーンかも知れませんが、その会社の数自体は少なく一般的ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#4も含めて回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 13:10

制御方式が同じ物で異系式車両の併結は、各社とも当たり前ですよね。

制御方式が異なる方式での併結、と言う例と言うことですので、関東の例を書き込んでおきますね。

東武鉄道

伊勢崎線系統、東上線系統で最も車両数が多いのは、8000系(バーニア制御)ですが、この車両は他制御車両と併結はしません。

この後継車として昭和年代から平成初期に掛けて新造された10000系は、一部の機器違いなどで、10000系、10030系、10050系などに別れますが、これら車両は2、4、6、8、10両編成で、同形車両と併結で運用されます。

この10000系グループの中に、10080系という車両があります。他の番台区分車は、1の位は製造順に1から降られますが、この1080系だけは例外で、編成は

11480+12480+13480+14480

の4両1編成の存在です。理由は、VVVF制御装置の試験車両で、過去にはスペーシアと同じ制御器のテストをしていました。今は載せ替えがされて別の制御器になってます。単独での試験走行時は4両ですが、営業運転に入れての試験では、他の他励界磁チョッパ制御車両の10000系と併結で運転されています。

西武鉄道

西武鉄道の2000系通勤車は、他励界磁チョッパ制御、電力回生ブレーキ優先補足空気ブレーキ併用全電気指令式電磁直通ブレーキ(HRD-1R)搭載車両ですが、下記の編成は、特殊な経歴の持ち主です。

池袋方

2098+2398+2397+2298+2297+2198+2197+2097

2000系編成は、先頭の2000系偶数車と奇数車が制御車(クハ)、他は中間電動車(モハ)です。電動車は奇数車に制御器、制動装置、集電装置を搭載、偶数車に電動発電器(MG)または静止型インバータ(SIV)と、空気圧縮機(CP)を搭載します。

この97編成は電動車ユニットが2100系車両1ユニット、2200系車両1ユニット、2300系車両1ユニットの電動車3ユニットに制御車2両の8両編成(6M2T)です。SIVとCPは2100系と2300系の偶数車に搭載しており、2200系の偶数車は台車にモーターを搭載して居るのみで、下回りはサハ(付随車)みたいに見える車両です。

この編成は特殊で、4000系という2ドアセミクロス車両製造時に種車として101系を一部廃車して、その床下機器と台枠を流用したのですが、145F(クハ1145+モハ145+モハ146+クハ1146)の中間電動車を使用し、VVVF試験車を製造しました。当初は車体が同系の301系に組み込んで試験してましたが、車体が老朽化して使用不能となったため、その時新造中だった2000N系の2097F編成で試験を続行することとなり、最初に製造されたモハ2197の制御器としてモハ145搭載のVVVF制御器を移植しました。

当初完成時は

2097+2197+2198+2098

でしたので、単なるVVVF試験車でしたが、数ヶ月後に4両の中間電動車(2297+2298+2397+2398)が完成して組み込まれたのですが、後から新造されて組み込まれた中間電動車は、全車他励界磁チョッパ制御車のため、1編成でありながらVVVFインバータ制御と他励界磁チョッパ制御の混結編成となっています。作られて10年以上となるので試験は終了してると思いますが、現在も混成編成のまま西武池袋線で運用されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 13:09

まれです・・・と言われても、近鉄はシリーズ21(VVVFでHRD(MBS))と


8000系(抵抗制御でHSC)が毎日のように引っ付いて走ってますが。
確か、界磁チョッパと抵抗制御車が固定編成を組んでいた時期もあった
はず・・・。京王も、つりかけ駆動車とカルダン駆動車が固定編成だった
時期もあるはず(2600系+2000系)です。

特殊な機能は必要になりますし、そういうことをやらない会社は絶対に
やりませんから(気楽にやっちゃう会社の方が少ない)、結構目立つ
存在だったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 13:09

東北、山形、秋田新幹線は毎日ほとんどすべての列車が


異種同士の連結で東京を発着してますよ。
ということで、特殊形態ではないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 13:07

関西の大手私鉄でも


近鉄(各種)南海(高野線山岳用車両)阪急(7000+8000他)  
JR西日本でも221系と223系の連結がありますね。
阪急に至っては、編成内でVVVFとチョッパ車が混じっていたりしました。
さすがにひと昔前は、電磁チョッパと抵抗制御は、連結できないなどありましたが今は、そんなことないようです。さまざまな制御のできるVVVF車が相手の性能に合わせるといった形で、特殊ではなくなっています。 
新型車のノッチ特性と、ブレーキ指令を旧型車と同じにすれば、ノッチ情報で全列車制御できます。
問題になるのが多いのはブレーキ指令です。新しい電気指令式か否かで大きく違います。
ブレーキ指令を読み換える装置を搭載し、どんな車両でも連結できる車両を導入して運用を柔軟にしているのが近鉄ですね。南海は旧型と運用する車両は新車でもブレーキ指令を旧型に合わせ、逆に阪急やJRは新型のブレーキ指令の車両同士の連結しか行っていません。 
また、せっかくの新車の性能を発揮できないともったいないので、旧型と連結するときに、性能をあわせるスイッチ(主に加速と最高速)を持つものが多いですね。
異種間連結は運転制御装置とブレーキ指令装置の問題が大きいと思っていただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 13:07

>A・小田急電鉄以外にこうした異種制御方式の電車の併結を行っている鉄道会社はあるのでしょうか?


あります。
電車どころか、JR北海道のキハ201系と731系/721系は汽動車+電車ですが。
(キハ281系とキハ283系も別物ですが、こちらは車両単位で混成できます)

>B・こうした運行はかなり特殊なのか、さらに複雑な機能が必要になるのでしょうか?
運転士からの制御は「ノッチ」情報しかありません。従って、
・旧型の特性に合わせて新型の特性制御をおこなう。
・旧型の機器を併結を考慮し、新型に置き換える。
・新型単体では新型用、併結時は旧型用の特性で制御する。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/12 13:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qディスクブレーキ、ドラムブレーキ

SR400やエストレアなどのバイクでドラムブレーキのものを良く見かけるのですが、最近はディスクブレーキになっていますよね?

そこで思ったのですが、ディスクとドラムは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

やはり近年ディスクブレーキになっているということは、ディスクブレーキのほうがドラムブレーキよりも性能は上なのですか?

バイクについてあまり詳しくないので、大変申し訳ありませんが、詳しい方、ご説明をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

※下に続き思い出したことを付け足します

○ディスクブレーキの場合ドラムブレーキと比較して中心より外側なので
 ジャイロ効果が大きく出ます。

○またバイクの場合ドラムブレーキの作動にワイヤーが使われますが
 ディスクブレーキの場合油圧ラインを伝って圧力を伝達するので
 それぞれワイヤーの伸びやホースの膨らみでダイレクト感が損なわれ
 ますが、ディスクブレーキの場合テフロンメッシュホース等 耐圧制
 に優れ 膨張の少ないものに変える事によってダイレクト感をアップ
 できます。

 ※ドラムブレーキでもワイヤーの強化で可能ですが、油圧クラッチを
 例に出すまでもなくワイヤーと外皮の摩擦抵抗が無い油圧が有利です。

QJR藤沢駅に小田急3000形

7/14の16:20分頃だったと思います。藤沢駅にて小田急の新宿方面から来た快速急行から片瀬江ノ島方面の各駅に乗り換えて、発車した直後だったと思います。ふとJRの藤沢駅を見ると、自分の乗っているのと全く同じ車両(多分小田急3000形)がJRの二番線を通過する様子が見えました。はっきりと最初は見ていなかったので間違っているかもしれませんが特に引っ張られてる様子はなく、車内の明かりは消えていましたが、赤いランプは点いており自走しているように見えました。また新車のようにロゴを隠したりしている様には見えませんでした。
こんなこと有り得るのですか?何の為の走行ですか?保安装置の違いはどうなっているのですか?

Aベストアンサー

下記サイトに7月14日に小田急4000形が逗子から松田まで
甲種輸送されたとの情報が掲載されているので
これをご覧になったのでは?

http://1st-train.net/topic/200907/4058-6b.html

参考URL:http://1st-train.net/topic/200907/4058-6b.html

Qディスクブレーキとドラムブレーキ

ディスクブレーキとドラムブレーキは、昔、ドラムブレーキのほうがパッド(ライナー)の接する面積が広く簡単に引っ掛かるので効きがいいと読んだことがありました。ディスクブレーキは、接する面積が少ないので、強い力に倍力して圧力を掛けなければならないと書いてありました。

フェード現象の起きやすい欠点を除けばドラムブレーキのほうが、簡単に制動がかかるのかと個人的に思っていましたが、今はディスクブレーキばかりになってしまいましたが、うまく調整すれば、非常によくかかるとおもいました。

専門家の方、いらっしゃったら、それぞれのブレーキの特徴についてお考えを教えていただければと思います。

Aベストアンサー

単純に効きだけならドラムブレーキでも強力なブレーキは作れます。
ディスクよりも簡単かもしれません。
60年代のレーサーに使われていた2リーディングダブルドラムなどは鬼のように効くらしいです。
乗ったこと無いけど。

問題は、コントロール性です。
ドラムは制動能力を上げれば自己倍力によって急に効く、いわゆるカックンブレーキになりやすいです。
ディスクの方が入力に対して比例的に効きが変わるので、コントロールしやすいです。
あと、熱に対しても強いです。
ドラムは放熱性が悪く、フェードやシューの熱膨張によるタッチの変化などが起きやすいです。
ディスクは摩擦体が露出しているので放熱性が高い上、フローティングディスクにすれば膨張してもタッチの変化はありません。
(本当はちょっとある)
まっすぐ走って一回止るだけならドラムでもいいですが、
ワインディングでブレーキをコントロールしならが走るにはディスクの方が偉いとされています。

Q5000形(小田急)4両編成はいつまで使うの?

最近、5000形の6両編成車が解体されているのを見た。

5000形の4両編成のほとんどは6両編成よりかなり先に製造されていると思うけど全車健在のようで急行や快速急行でよく運用されてます。

先に製造されれば解体も先ということでもないけど、最近は相当に老朽化が感じられ、他形式6両車との設備上の差も顕著で、廃車の雰囲気もないので正直「いつまで使う気なんだろ」と思います。

4両+6両の形も変わらないのだろうけど当分廃車の予定はないのですか?

Aベストアンサー

全体の流れとしてはNO-3さんの通りだと思います。
今年度は3000形を6両編成を6本、8両編成を1本導入します。

その一方で5000形で今年度中に定期検査の期限を迎えそうなのは5052X4・5055X4・5059X4・5063X4あたりです。その中で5063X4は最後にリニューアル工事を終えた編成です。

また5200形で定期検査切れになりそうなものは5252X6・5257X6・5258X6・5259X6(すでに廃車)・5261X6・5267X6あたりです。

なおこれは小田急が正式発表したものでなく、私が車体に記載されている検査表記からの想像です。さてどうなるのでしょうか・・・いろいろ想像するのは楽しいものです。

Qアコード(CD6)のリアブレーキブレーキを、ディスクブレーキからドラムブレーキに交換できますか?

Fドリをしたいのですが、アコード(CD6)はリアブレーキがディスクブレーキで、そのうえサイドブレーキがインナードラム式ではないため、非常にサイドブレーキの効きが悪く困っています。そこでリアブレーキ自体をアコード(CD3)等のドラムブレーキに変換することは可能ですか?
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

釈迦に説教かもしれませんが・・

No1です。タックインってご存知かと思います。コーナーに突っ込むとき、猛スピードで突っ込んでゆきます。オーバースピード気味です。
フルブレーキして、フロントに荷重かけます。前のめりになるんですけど。
単にステアリング切って、かる~くサイドひいてやると、見事にドリフトします。

同じ原理で、後部座席を取っ払い、トランクルームの中身を空っぽにすると、リアーが軽くなります。
これは、タックインとおんなじ効果があって、尻が振れやすい状態です。
プラス、滑りやすいタイヤを履くと、ドリドリマシンになるはずですが。

タックインは、決まると気持ちいいです。ダートで練習したほうが決まりやすいです。
頑張ってくださいねぇ~。

Q【電車・東急電鉄の謎】かつて東急電鉄は関東の東急線だけでなく京王線、小田急線、京急線、相愛線、江ノ電

【電車・東急電鉄の謎】かつて東急電鉄は関東の東急線だけでなく京王線、小田急線、京急線、相愛線、江ノ電線も東急が所有していたらしいですが、なぜ東急電鉄は東急線以外を手放したのでしょうか?

Aベストアンサー

東急の創始者、五島啓太は昭和の鉄道王と呼ばれた人です(ちなみにもう一人そう呼ばれた人が阪急の小林一三です。なので、五島は東の鉄道王、小林は西の鉄道王とも言われます)。

最初武蔵電気鉄道(のちの東京横浜電鉄、いわゆる東急)の経営者となり、その後経営に行き詰った小田急をはじめ、さまざまな路線で譲渡、吸収合併などを推し進め、「大東急グループ」と言われる一大鉄道グループをつくりあげました。

ですが第二次世界大戦後、空襲による被害が大きい路線をすべて1社で復旧するには無理があり、加えて子会社化した小田急などの社員からの独立運動も大きくなり、結果会社を分離独立させ、東急以外を手放したということです。

QライブDioのフロント・ドラムブレーキのディスク化について

タイトルのとおりです。AF34の排ガス規制前ライブDioに乗っています。前後ドラムブレーキでは不安が残るため、フロントディスク化したいと考えています。そこで、分からないことが多々あるので教えてください。

1、ディスク化にはどこから交換したら良いのでしょうか、三つ又、フォーク、タイヤ、ディスクにタイヤも変える必要がありますでしょうか。マスターシリンダーとキャリパーってのはよく分からないのですが、これもきっと必要になるのですよね。

2、取り付けはAF35ライブDioZXのフロントとライブDioSRのフロントのどちらが適していますか。個人的にはあの金サスが好きなのでZXのを流用したいと考えているのですが・・・。

3、ディスク化の難易度を教えてください。駆動系いじったことある程度ではどうでしょう。じっくりやれば可能でしょうか。オークション等で三つ又とフォークとディスクとタイヤ丸ごとセットがありましたが、あれだと簡単そうですね。

Aベストアンサー

こんにちは~

先日ライブDioチェスタ(AF34前後ドラム)をディスク化しました。
私はヤフオクで「ZXのフロント周り一式」を落としてて装着しました。その時のセット内容は、
タイヤ、フォーク、三つ又、マスターシリンダー、ディク、キャリパーでした。
ZX用でもSR用でもどっちでもいいんじゃないでしょうか??これは好みの問題ですから。
あと必要なのはディスク車のヘッドライトカバーです。
これをがないとマスターシリンダーのスペース分カウルに穴を開けるという非常に面倒くさい作業になります。


で、難易度自体はさほど高くありません。
なんせ元の車体のフロント外してポン付けですから。
一人でやるよりは二人で作業したほうが楽です。フォークを差し込むのは一人では難しいです。
ただサービスマニュアルは手元にあったほうがいいですよ。フロントカウル等を外す手順が載っていますので。

それと交換前に、手に入れたパーツで、パッド残量とブレーキフルード、あとフォークのチェックはしてください。
パッドとフルードは交換自体も楽ですのでケチらないように。

ヤフオクならおよそ5千~1万円で手に入り、作業時間も3時間程度だと思います。
ブレーキ系はミスが許されない部分ですので、慎重に作業してください(^^

こんにちは~

先日ライブDioチェスタ(AF34前後ドラム)をディスク化しました。
私はヤフオクで「ZXのフロント周り一式」を落としてて装着しました。その時のセット内容は、
タイヤ、フォーク、三つ又、マスターシリンダー、ディク、キャリパーでした。
ZX用でもSR用でもどっちでもいいんじゃないでしょうか??これは好みの問題ですから。
あと必要なのはディスク車のヘッドライトカバーです。
これをがないとマスターシリンダーのスペース分カウルに穴を開けるという非常に面倒くさい作業になります。
...続きを読む

Q小田急ロマンスカーEXE30000形先頭車両で運転席は見えますか?

表題のとおりなのですが、
小田急ロマンスカーEXE30000形で新百合ヶ丘より片瀬江ノ島まで
行く予定です。
7号車(途中まで先頭車両)の1A・Bの席を取ったのですが、
こちらの席から運転席は見えますか?
10号車の14A・B・C・Dのほうが車掌さんが見えてよいなど、
アドバイスありましたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
7号車ということは、相模大野⏩藤沢で先頭になる席ですね。(相模大野で前6両分割、藤沢ではスイッチバックするので、藤沢より先は最後尾になります。)

運転席、少し見えにくいですね。
遮光幕は閉めないので見えることは見えると思いますが、

⚫貫通型先頭車なので狭く柱が邪魔。またメーターパネルが高いので、客席からだと前面展望は良くない。

その点が大丈夫でしたら、良いと思います。

最後尾10号車は非貫通型なので窓と乗務員室が広いので、見易いのです。

Qディスクブレーキとドラムブレーキについて

ちょっと疑問に思うことが二つほどあるので知識豊富な皆様お願いします。
(1)一般的に前輪にはディスク、後輪にはドラムという組み合わせが多いですが
どういう理由からなのでしょうか?走り屋感覚でいうと後輪をロックさせやすいから
という理由になりそうですが、市場的に言えばもっときちんとした理由があると
思うのですが、ご教示願います。
(2)シューやパッドの引きずりはフェードを誘発させると思うのですが
ドラム、ディスクはそれぞれどういう構造で防止しているのですか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドラムの方が安く作れます。
前に進んでいる車を止める場合、フロントブレーキがそのほとんどを受け持ちます。
動いているエネルギーを摩擦によって熱エネルギーに変換するのがブレーキの仕事です。
その熱を効果的に空気中に放出しないとフェードすることになります。
ディスクブレーキは放熱に優れているのでフェードしにくいのです。
ディスクよりドラムの方が効きは良いのですが、熱の放出性が悪くこもりやすいので前輪にはディスク、穴の開いたベンチレーテッドディスクブレーキを採用している車が多いのです。
後輪は補助的な物、駐車ブレーキを兼用して居る物が多いので安いドラムでもかまわないとなります。

ドラムの場合は、リターンスプリングで引っ張ることによりドラム面から引き離されます。
サイドブレーキを引くことにより自動調整される物が多いと思います。
ディスクの場合は、ピストンのブーツが引っ張ったり、ディスクの僅かなぶれでパットが弾かれて僅かな隙間が出来ることによりディスク面から引きはがされることになります。
たまに、スライドピン等の不良で固着し、引きずりを起こすことがあります。

ドラムの方が安く作れます。
前に進んでいる車を止める場合、フロントブレーキがそのほとんどを受け持ちます。
動いているエネルギーを摩擦によって熱エネルギーに変換するのがブレーキの仕事です。
その熱を効果的に空気中に放出しないとフェードすることになります。
ディスクブレーキは放熱に優れているのでフェードしにくいのです。
ディスクよりドラムの方が効きは良いのですが、熱の放出性が悪くこもりやすいので前輪にはディスク、穴の開いたベンチレーテッドディスクブレーキを採用している車が多い...続きを読む

Q小田急5000形6両(5200形)の4両化について

つい先日、5200形が4両化されて運転されているのを見ました。
鉄道雑誌で、計画も含めて4両化に関する記事を見た記憶はないので驚きました。
同形は4000形製造による1000形に置き換えで「玉突き廃車」との計画は知っていました。
この期におよんで4両化された意図(最初から全廃するつもりだったのか、なかったのか)、使用期間(暫定なのか、当面使用が前提か)、これから増えていくのかどうか、5000形(2段窓4両編成車)も含めて今後どのような動きになるのか、などなどご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも!
何だか当初の計画とは違ってきていますね。

これから先は、あくまで仲間内の噂話です・・・
5200形の4両編成化ですが、現在施工済みの5256×4と5258×4のほかに間もなく5255×6が4両編成化改造工事に入ります。おそらくこの3編成で終わりだと思います。というのはあとの5200形はM3車(5400番台)のパンタグラフが撤去された編成ばかりですので。4両化すると編成でパンタグラフが1台になってしまい、昔から重要機器は二重化するという小田急の考え方を覆すことになってしまいます。まして経年の進んでいる車両ですから、わざわざパンタグラフを再取付までして改造するとは考えにくいです。

それでは何で5200形を4両化改造(まあ小改造ですが)したかというと、新松田~箱根湯本で4両編成が必要なこと、さすがに5000形の1~3次車は相当へたっていること等が考えられます。

5000形5200形がいつまで使用されるかというと、そんなに先ではないかと思います。5262×6も今月中に廃車予定です。なぜかというと現在小田急ではOM-ATSに代わってより安全性を増したD-ATS-Pの設置工事を進めています、もちろん車両側の改造工事も必要になります。おそらく5000形5200形は設置対象外だと思います。

いずれ小田急は、4両編成が1000形19本・8000形16本の35編成でまかなえるようなダイヤになるかと思います。

例年ですと5月頃に年度事業計画が発表になります。車両の新造計画や、D-ATS-Pの導入時期も発表されるかもしれません。そこである程度は見えてくるでしょう。

どうも!
何だか当初の計画とは違ってきていますね。

これから先は、あくまで仲間内の噂話です・・・
5200形の4両編成化ですが、現在施工済みの5256×4と5258×4のほかに間もなく5255×6が4両編成化改造工事に入ります。おそらくこの3編成で終わりだと思います。というのはあとの5200形はM3車(5400番台)のパンタグラフが撤去された編成ばかりですので。4両化すると編成でパンタグラフが1台になってしまい、昔から重要機器は二重化するという小田急の考え方を覆すことになってしまいます。まして経年の進んでいる...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報