(訂正) 質量mの弾丸を発射し、高さhの摩擦のない台のふちに静止している質量Mのブロックに
命中させる。ブロックは弾丸の命中後、弾丸を入れたまま、台の下端から距離Lの
地点に落ちる。このときの弾丸の初速度の大きさを計算せよ。
図は↓のような感じです
 v
O―――→■→V・
――――――     ・
・・・台・・・・・・・・|h    ・
          ――――――-
          ←――L――→

これを解いてみると
v=[(m+M)L√{g/(-2h)}]/mとなったんですが、(vは弾丸の初速度。)
あってますか?
計算方法は
水平投射のような部分の落下し終わったときのVをもとめて(Vは水平投射部分の初速度)
それを運動量保存則より
X方向:mv+0=(m+M)L√{g/(-2h}よりvを出したんですが、
すごく複雑な式になってしまって、間違っているような気がするのですが、
どうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(-2h)の'-'が余分であることを除けば、その式であっています。


重力加速度の方向と、物体の落下する方向が一緒なので、-ではなく+になるはずです。

導出方法も、その点以外は問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

+でしたね。まちがえました。
問題ないですか。よかったです。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報