私自身、家庭環境が複雑で、産まれてきた事を後悔した事がありました。
虐待を受けている子を見たり、聞いたりすると、余計にそう思います。
すごく恵まれていれば、生きるのも楽しいし、輝かしい事だと思いますが、そうじゃなければ、苦労の連続です。
もしかしたら、事故に合うかもしれないし、
虐めに合うかもしれない・・
こんな危険な世の中に
子供を産み落としたいと思う理由が分かりません。
それに、高年齢で産めば親は子供が若い時に確実に死んでしまうし、もしかしたら親が事故で亡くなる場合もあります。
取り残された子供(遺児)の気持ちを考えるとやりきれません。
それに、もっと考えられないのは、男性についてです。
50代で、結婚相手に子供を産ませるってどうゆう事でしょうか?
子供が二十歳を迎える前に親は定年です。
ましてや、前妻との間に子供がいながら、
どうしてまた子供を作ってしまうのでしょうか?
子供の将来を考えているのでしょうか?
自分さえよければ、いいとしか思えないんです。
子供って本当に親の犠牲者だと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

お考えよくわかります。

80%ぐらい同感です。
子どものことを考えれば考えるほど、この世の中はリスクだらけですよね。責任を持ってこのリスクだらけの世界に送り出せない、というのは質問者さんの優しさと理性・知性だと思います。
ただ、過激なことをいえば、私は0.001%かもしれないけれど、子どもたちがこの世の中を変える力になるかもしれない、とも考えています。
極端な例を挙げますが、たとえば「子どもを虐待した親はいかなる事情があっても死刑」「親をなくした子どもの教育費は全額公的負担」といった制度を、将来子どもたちが作ってくれるかもしれません。
本来はこういう制度は大人が作るべきものですが、現代日本にはまともな知性と理性、それに子どもに対する優しさを兼ね備えた大人はほとんど絶滅危惧種に近いので無理でしょう。大人にとってありがたくない改革であるということも実現を困難にさせます。
それでも、いつか「親は子どもの犠牲者」と逆転できる日が来て欲しいと願っています。

本論に戻しますと、まったく仰るとおりで、将来設計をちゃんとして子どもを作る人のほうが少数派ですね。
私は、住宅ローンでも生命保険の勧誘でも、それなりにプランを見て決めるのに、なぜもっと大事な「子どもをつくる」ときに同様の作業をしないのか、疑問です。
事故などで、プランをたてても外れるかもしれませんが、しかし最低限のプラン(見通し)も作らずに、子どもをつくるのは容認しがたいです。

>子供の将来を考えているのでしょうか?
という質問を広くとらえると、別の視点もあります。
もともと日本人は都合の悪いことは考えないという習慣があります。「縁起が悪い」といって思考を止めてしまうのです。
「子どもの将来?考えてるよ!」という人の多くは、「現在の資産や仕事・計画がすべて問題なく進行する」という仮定を勝手にたてています。
この場合は、「50代だけど何とかなるさ」という妄想が背景にあるわけで、「子どもの将来を考えていないわけではない」かもしれません。ただ、その考え方が軽薄にすぎるとは思いますが。

私は、昨今の“「結婚して一人前」「子どもがいて社会的に真っ当な人間」の復活”や、恋愛至上主義(恋愛ができなければ人でない)といった風潮に対して、きわめて批判的です。
その多くが「少子化」を問題としたうえで、少子化対策として宣伝されているものだからです。
恋愛も結婚も、もしかしたら不倫や夫婦間の殺人事件も、大人同士ならどうぞ好き勝手やってくださって結構、ただし子どもがいない場合に限る、と強く主張しています。
そのときに、子どもを育てる際のリスクを負担できない可能性がある人間(私がそうです)が、子どもの幸せを第一に考えて「やめておこう」と判断する自由の保証を求めています。
現今の流れは逆で、独身税を導入して無理にでも結婚させて子ども作らせて、人数さえ揃えばあとは知らない、きっと何とかなるだろう、というものです。
欲望のほかに、「何とかなるだろう」という、能天気な将来への見通しが、背後にあると見ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かっていただき、嬉しいです。
自分が、不幸に育ってきたものですから
どうしても悪い方にばかり重点をおいてしまいます。

子供を簡単にポンポン作る方は
「なんとか、なるさ」
という妄想が強いのかもしれませんね。
子供の事を真剣に考えればそう簡単に
この危険な世の中に産み落とせるわけありません。

お礼日時:2009/05/28 07:05

あなたはとても思いやりがあって思慮深い人なんですね。


アフリカの子供の話や、ほかの回答者様に応えておられる内容からそのように感じます。
私はあなたがおいくつなのかはわかりませんが、あなたのような人に、いつか子を生んで育ててほしいと思います。
絶望も知っておられる感じがしますので、きっと小さな小さな幸せを、見つけて幸せになれる人だと思います。きっといいお母さんになると思います!恵まれて育った人よりも、その喜びは振り幅が大きく、あなたの心の支えになるのではないかと思います。
子育てって本当に大変で夫の協力や愛情がないとくじけてしまいそうな日々の連続です。でも、ひとつの喜びがあると、それは何にも変えがたい、大きな喜びなんです。だから私も苦しいときもがんばれている気がします。
絶望の中に光がさしたとき、人は生まれて来てよかったと感じると思います。それまでの否定的な人生さえ、それがあったから今の自分があると、肯定することができます。幸せがいつまでも続くとは思っていません。でも、幸せになりたいと思う心はいつまでも持ち続けて、幸せを呼び込みたいですよね。
子育てのことを言いましたが、子育てをしない、子を持たない人生もいいのではないかなと思います。一長一短でどっちもいいなあと思います。とりとめなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
はい、絶望だと思った事があります。
光っていつ見えるんだろう?と、
暗闇の中をずっと歩き続けた十代でした。
今でも思うのですが、
そんな時って希望を持つなんて出来ません。
中学で自殺を考えましたが、怖くて出来ませんでした。
子供を持つか持たないかは、相手の男性にもよりますね。
経済的に不自由がなければ産んでもいいのかもしれません。
ただ、不慮の事故や、離婚があった場合は怖いですね。
まぁ私のような人間は子供なんて持たない方が正解だと思いますが。
深く考えすぎる所がありますからね。

でも、いいお母さんになれると言っていただき、素直に嬉しいです。

お礼日時:2009/05/28 23:43

父親が私の小さい頃から不倫常習(相手は何度か変わってますが)母親からは小学生くらいの頃からその相談をされたり、嫁姑問題を目の当たりにしてきた(中学生の頃私が祖母を追い出した)金銭面は学費給食費滞納とか服が汚いとか惨めな思いをする事はなかったけど小さい頃夜逃げした事は覚えてます。

。。
家庭環境が複雑という程ではないですけどあんまり“ごくごく普通”の家庭ではなかったかも???
でも産まれて良かったし、子供が欲しくて作り産みました。
不倫常習の父だけど、それを幼い娘に相談する母だけど、父からも母からも十分愛情をかけられて来たという実感があったから産まれて来た事を後悔した事がないし、子供が欲しくて作ってこの子を幸せにしようと思えるのかもしれないですね。

>事故に合うかもしれないし、
>虐めに合うかもしれない・・
>こんな危険な世の中に
>高年齢で産めば親は子供が若い時に確実に死んでしまうし、もしかしたら親が事故で亡くなる場合もあります。

それは現代だからじゃなく昔からある事ですし、それぞれがどう考えるかですよね。
高齢出産のリスクは昔の方がずっと大きかったでしょうし。

>それに、もっと考えられないのは、男性についてです。
>50代で、結婚相手に子供を産ませるってどうゆう事でしょうか?
>どうしてまた子供を作ってしまうのでしょうか?
>子供の将来を考えているのでしょうか?

これは妻側が子供を望む場合もあるのではないですか?
>子供が二十歳を迎える前に親は定年です。
この辺も話し合って作るのでは?
>ましてや、前妻との間に子供がいながら、
前妻の子供と会える状態かただ養育費を払っているだけの状態かでまた違うでしょうし、普通はそのへんも話しあって作るのでは?
想像ですが。。。

質問者様はきっと大変な苦労をされて育って来られたから質問文のような事を思うのでしょうけど、そのような疑問を持つ方は結婚しても子供を作らない選択をしても良いと思います。

>子供って本当に親の犠牲者だと思います。

普通の人は、子供を望んで産んだ人の多くはそうさせないように大事に大事に育てていくんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hanamomo75さんは、
普通の家庭ではないけれど、
親や周りの愛情を受けているから、
産まれてきてよかった。と思っているんでしょうね。

私は普通ではないので、子供は犠牲者だと感じています。
私のような考えのものは、本当に子供は作らない方がいいと思っています。

お礼日時:2009/05/28 19:35

子供を産みたくなくて自分だけの人生を全うするなら、こんな質問すべきでは無いと思います。

(答えが決まっているのに)
自分が悲劇のヒーロインとかと勘違いでは?
寺等でも行かれ自問自答が宜しいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分では答えは決まっていますけど
最近は、あまりにも虐待とかが多すぎて
子供を産みたいと思っている方に、
なぜ産みたいのかを聞いてみたかっただけです。

お礼日時:2009/05/28 19:37

子供生まなかったら人類絶滅しちゃうけど、それでもいい?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいと思いますね。少なくとも、悲劇の子供がいなくなるから。

お礼日時:2009/05/28 19:38

子供ができたとき、こんな世の中に産み落としていいのかどうか、


その子を愛するがゆえに、とても悩みました。
生んだ後も、女の子だから、いろんな事件を見るたびに心配しました。
男の子が生まれたときは、将来悪いことをして人様に迷惑をかけないか心配しました。

でも、結婚して10年になろうとしていますが、
毎日とても楽しくて、愛する主人とその子供と、小さな幸せを
楽しいね、幸せだねって過ごして行くうちに、自分も生まれてきて本当によかったと日々かみ締めています。昔は、苦しい事も多くて、自殺したいと思ったこともありました。
でも、今は、そんな日々も癒されて、これから先、子供や主人がもし不遇に命を落としたりすることがあっても、心から愛する人に巡り合えた奇跡を感謝して生きていきたいと思っています。

今、生んでくれた母に(嫌いな母でしたが)、心から感謝しています。
これから自分がどんな不幸にあったとしても、こういうキラキラした日々を過ごせたことに感謝して、決して生まれたことに後悔しません。
子を産むのは親の勝手なエゴ、という意見もありますが、その子の人生はその子のもの。生まれて来なければよかったという人生になるかもしれませんが、逆に、生まれて来てよかった!と幸せになるかもしれません。それを奪う権利もないと思います。

私は、子供って親の犠牲者とは思いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

happy-lucyさんと同じように
私もそのような不安がありました。

自分が亡くなって残された人が辛い目に合う事もあるんです。
産まれなければ、そのような心配もしなくていいですよね。

今の幸せが順調に続けば、結果的には良い事だとおもいますよ。
あなたが、キラキラしているのは、子供さんのおかげですね。
そのような幸せが続けば子供は親の犠牲ではないでしょう。

お礼日時:2009/05/28 19:42

自分が不幸な生い立ちで育ってきたから子供を産みおとしたいと思わない。


世の中には子どもをたくさん産み育てる人がいますから、
世の中の大半の人は質問者さんと違って幸せな暮らしをごく普通に
してきて、そんな不幸など思いもつかない、もしくは多少の不幸を
補ってあまりある幸福があると思っているのでしょう。

愛する人との間に子供が欲しいというのは自然な感情ですし、
女性が適正な年齢であれば、男性の年齢は関係ないようにも思います。
こういうのは本人同士の問題でもありますしね。

質問者さんのような考え方の人は子供を作らなければいい。
それにつきると思いますが。それについて他人がどうこう言う
筋合いもなければ言われる筋合いもないと思いますし。

ただ、子作り、子育てが不幸で悪いものならば
人類がここまで増えることもなかったと思います。
幸不幸というのは相対的なものなので、例えば
アフリカあたりで飢餓に苦しむ子供たちが不幸なのかというと
それは一概にはいえないように思いますね。
食うや食わずなのに子どもなんか作りゃがって。。というのは
先進国に住む我々の思い上がりのような気もします。
そこには、そこに住む人なりの幸せや楽しさがあるように思います。

ここのサイトの質問をみていてもよくわかりますが、
他人を批判したり、批難したりする人は、自分が満たされていない、
恵まれていない場合が圧倒的に多いのです。
自分が幸せになるとはどういうことなのか。という問いかけを
自分自身にしてみるのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も幸せな家庭で育っていれば
こんな事を思わなかったでしょう。
不幸だったからこそ、思うのです。
だから、普通の家庭の人が羨ましいです。
私はマイノリティですしね。
だから社会に馴染みずらいのかもしれません。

アフリカの子供達は、本当に可哀想ですよ。
私は、あんな風に産まれたくないです。
彼らに比べればまだ自分はマシだと思っています。
それなりの楽しさはあるのでしょうが・・・
どうなんでしょうね。

愛する人との子供が欲しい・・
まぁ自然ですね。確かに。

お礼日時:2009/05/28 19:50

>子供の将来をかんがえているのでしょうか?



考えられる人は少ないでしょう。実際はできた後に考えます。
そして、ほとんどの人が子供を育てならがその時にできる最善を尽くそうと努力します。

ただし、世の中にはそうではない親もいる。
そういう人たちは子供に対してだけじゃない、生き方そのものが自分本位なわけですよ。

なので、
「人は人、自分は自分。個人の価値観の違いだからわからない。」
というのが答えではないかと・・・

そこで逆にお聞きしたいんですが。
あなたが不遇な人生を送ることになったのは明らかに親のせいですよね。
でも、それは親になる人たちに「どうして産むんですか?」と理由を聞いて納得できるようなことなんでしょうか・・・
実は交通事故や病気になるのと同じで理由なんて無い。
「不運だった」としか言いようの無い問題ではありませんか?

それを人から「かわいそう」「気の毒に」「大変だったね」と同情されて嬉しいですか?
あなたのように「子供は親の犠牲者だ」と同情してくれる人間がいたとして、それが自分の励ましになりますか?

哀れみなんてご遠慮願いたいですね。
幸せな家庭に育った人に言われればなおさら「惨め」な気持ちになるだけでしょ。

私も決して幸せな家庭に育ったわけでもないし、人生も踏んだり蹴ったりだったと思ってますよ。
でも人間、不遇に負けて根性までゆがんでしまったらおしまいだから。
何をやってもうまくいかない。人間関係もうまく築けない。
それを全部誰かのせいにして世の中を逆恨みして、世の中が滅べばいいなんて・・・そんな身勝手な考え方もないと思うなあ。

だけどあなたはまだ大丈夫みたいですね。
世間の荒波にもまれて心がちょっと疲れちゃいるけど、自分と同じ境遇の他の子供達の気持ちを思いやることができる。
人の痛みを自分の痛みとして感じられるだけの感受性もある。
しかも、お礼を読む限り、あなたは自分の感情や怒りにまかせて反論する人じゃない。
ものごとを冷静に考えられる人だ。

だから、ご自身の中にある「幸せになれる可能性」を信じることはできませんか?
少なくともあなたにはまだチャンスがあると思うんですけどね・・・そういう見知らぬ人間の根拠のない言葉は信じられませんか?

長くなって申し訳ないんですが最後にもう一つだけ。
これは余談なんですが。
困った時にどういう頼り方をすれば人が助けてくれると思います?
私が実際にやったことがあるんで・・・よかったら参考にしてください。
それはですね・・・。
とにかく都合の悪いことがあれば「ごめんなさい、すいません」と全てを自分のせいにして頭を下げるんです。
人に責められれば「そうだよね。自分なんかもう死んだほうがいいよね。」と涙を流し。
情けをかけられれば「ありがとう、すごくうれしい」と心から感謝する。
そして、恋人には「愛してる、大すき」を連発。
誰の子供だろうと喜んで遊んでやり、人から非難されてる人には「そんなことない、すごいと思うよ」と誉めて励まし。
道端の花にも心を動かし、晴れ渡った空の青さに感動する。
ただ純粋な気持ちだけて生きるんです。
精神を病んでノイローゼ気味になってる時には何もしなくてもできますよ。
私なんか自分の中から水晶のようなピュアなものがあふれ出てきて、自分でも「天使じゃないか?このまま昇天するかも?」と思ったくらいですから。
まあ、これはこれでフツウじゃないし幸せといえるかどうかわかりませんけどね・・・。
人に文句なく愛されることの心地よさは感じられますよ。

「人に助けてもらいたい時にこそ素直になれ」それが私の経験から得たえた教訓です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他人から同情される事は、よくありました。
この人私を馬鹿にしてるんじゃないか?って
思うことも・・
実際、馬鹿にされていました。
だから、自分の過去は正直に言いませんし、
今後も徹底的に隠し通して生きていきます。
それが、自分を守る事だから。
私は、虐待はありませんが、なんだかすぐ可哀想な子供をニュースで
見ると、悲しくなってしまいます。
あぁ、この子将来どうするのかなって。
この世は、楽しい事もあるけれど、恐ろしい事もあります。
そんな事を考えていてもキリがないとは思いますが
どうせなら、産まない方がリスクはなくなっていいかと思います。
戦う前に負けを認めてしまうって事と同じ。
そうすれば、勝ちを味わう事もない代わりに負けも味わう事もない。



>困った時にどういう頼り方をすれば人が助けてくれると思います?
あ、これ何となく分かります。
実行してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 20:12

これは凄く深い問いかけですネ。


確かに私も思います。
虐待する親を見ると吐き気がするほど怒りを感じるし
母親が代理母になってまで、娘の子供を生むのにも「?」って思うし
貧困なのに子供ばかり沢山生むとか、まだまだ言えばあります。

それにみんな自分の環境から《立場》社会を考えます。

あなたのように虐待されたなら、この質問のように考えるのは
当然と思います。

なんだろう?
虐待する親は生んだ時は虐待しようと思って生んだんじゃなく
育ててるうちに、自分の人生が上手くいかなくなったので
そのうっぷんを子供にぶっつけてしまった結果?
つまり無知。
ホント、子供は犠牲者です。
何たって子供は弱いから。

普通に愛されて育ったら親を大好きだし、また、自分も可愛い子供を
育てようと普通に思うよね?
子供=幸福の図式が出来るから、子供に対して何の疑問も生まれない。

出来ちゃったから仕方なく育てる親もいるし、子供が希望だと
錯覚して、いくつになっても欲しいと思ったりするんじゃないかな~

本当に子供のことを考えて生んでるんじゃなくて、たいていは
ただ「自分が欲しいから」が事実だと思う。
本能かもしれない。

でも虐待する親は、どんな理由をのたまおうと、絶対に人として
劣ってます。

でもあなたが見る社会が勿論全てではないので、あんまり
「こんな危険な世の中の子供は犠牲者」って考えない方がいいです。

何故なら虐待されたって、強く生きてる子供たちが世界にはたくさん
いる訳なんだから。
それに、その強く生きてる子供たちを否定することにもなる。

「スラムドッグミリオネア」映画
乞食してる子供が
「君はラッキーで僕はアンラッキー。それだけさ」と。

親はバカでもエネルギッシュに生きる子供こそが偉いのです。
明るく言うセリフがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

虐待しようと思って産む親は、あんまりいませんよね。
途中で、環境や心の変化があったのでしょう。
子供を産みたいと思うのは、本能ですし、
仕方ない事ですよね。
でも、限度ってものがあると思いますね。
ポンポン何の疑問も持たずに産んでしまう人は
人として劣っているような気がします。
虐待された人も捨てられた人も
この世に産まれてきたからには、人並みの幸せを手に入れられると
いいなぁと思います。
そうしないと、”連鎖”も起こりやすくなりますし。。

お礼日時:2009/05/28 20:01

>子供って本当に親の犠牲者だと思います。


そんな事もないとおもいますよ。
ある程度年を取れば、自分で働いて稼げるし
幸せに生きる力は誰にでもあります。

質問者様がどういう環境なのか
わかりませんが

なんでも、かんでも
いいことも、悪いことも
人のせいじゃなく、自分でつくるものって
考えたほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちゃんとしたご家庭で育ち、感謝出来る親であれば
犠牲者ではありませんね。
産んでくれてありがとう!って
思っている子も知っています。

なんでもかんでも、ではなく
不幸に産まれてしまった場合を言っております。
私の育った環境は、書いてある通り複雑でした。

>いいことも、悪いことも
人のせいじゃなく、自分でつくるもの

はい。そう思います
不幸に産まれてしまっても
生きていかなければならないと決めたら、
幸せは自分で作らなければなりませんね。
でも、ありえない環境で育った場合、偏見だってあるし
精神的にも弱くなってしまいますし、
頼れるものもないので、なかなか、大変な事だと思います。

>幸せに生きる力は誰にでもあります。
その根拠はどこにあるんだろう?って
思いますね。

お礼日時:2009/05/28 06:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分のお金をへりくだるとき。

自分の息子を人に紹介するとき、
自分側をへりくだって『愚息』、などと言ったりしますが、

自分から金銭を差し上げるときに、
自分が渡すお金をへりくだった言い方にする言葉はありませんか?

ご存知なら教えてください。

Aベストアンサー

渡すお金の内容や自分と相手の関係、金額などによって、色々変わると思いますが、
たとえば、
1、些少ではございますが・・・
2、お利息は付けておりませんが・・・
3、裸で失礼とは思いますが・・・
4、御不足とは思いますが・・・
  等々時と場合によって使い分けしてください。

Qなんで子供なんて産むのでしょう? 私は子供大っ嫌いだし、子供なんて産んでしまったら 自分のお金、時間

なんで子供なんて産むのでしょう?

私は子供大っ嫌いだし、子供なんて産んでしまったら
自分のお金、時間、自由、配偶者とのいちゃいちゃ、晩酌…全て無くなる(出来なくなる)のでは?

産む人の気持ちが本気でわかりません。なぜ産むのですか?

Aベストアンサー

分からない人には経験するまで答えは出ないと思います。
自分で納得が出来ないことをなんと言われても理解するのは難しいと思います。

さりーなさんの場合は経験者の話を聞いてこういうもんなのか、と思いたいのではなく、どちらかというとなんで産まなきゃいけないの?に近いと思います。

それでもいつか、いいものかもしれない、欲しいなと思ったら経験してみたらいいと思います。

結果ありきの事なので検索すればブログは沢山出てくるでしょうけど、どれも自分の答えになるわけじゃないと思います。

Q「煩わす」はへりくだる言葉ですか?

学校の課題で、今物語を作っています。内容はギャグ中心の時代物です。

その作中で、主人公と敵キャラの忍者が永遠と口喧嘩をしているところに、
見かねた上の立場の忍者がやってきて
「もたつくのなら、この私が相手だ!」と啖呵を切る、シーンがあります。

この際の、上司の忍者のセリフを
「お前に煩わせるまで無く、この私が~」と書いてたところ、
部下に、へりくだる意味の“煩わせる”はおかしい。
と複数の友達に言われてしまいました。

調べたところ、“手を煩わせる”は慣用句でへりくだる意味があるようですが、
“煩わす”で調べたところ、丁寧語であるとは書いてはいませんでした。
自分自身は、正直、あまり違和感を感じないのですが、やはり変でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>部下に、へりくだる意味の“煩わせる”はおかしい。と複数の友達に言われてしまいました。

それは、友達が言っていることがおかしいです。

>>>「お前に煩わせるまで無く、この私が~」

「お前に煩わせる」は日本語としておかしいです。


この場合の、適当な台詞の例は、
「お前が煩うまでのことではない。この私が~」
あるいは
「お前の手を煩わせずとも、この私が~」
です。

Q子供が自殺したら産んだ事を親は後悔しますか?

子供が自殺したら産んだ事を親は後悔しますか?

Aベストアンサー

少なくとも赤ちゃんの時の笑顔とかから幸せはいただいているので、将来自殺しても生んだこと自体を後悔はしないと思います。
ただ、なにかできなかったか自分に対する後悔はするとおもいます

Q人によって態度を変える(へりくだる&威張る)先輩に悩んでいます。

20代の女性です。人によって態度を変える先輩(男性)が最近生理的に受け付けなくなってきており悩んでいます。

先輩は30代後半の男性です。先輩は基本的に「いじられキャラ」で、年上の人からは結構いじられています。
その反動なのか分かりませんが、後輩に対してはかなり横柄な態度を取ります。

仕事が出来る先輩であれば、厳しいことを言われても「それも勉強の内」と思って納得出来ますが、
後輩の私から見ても凡ミスが目立ち、しかも後輩に迷惑がかかっても、横柄なままで謝りません。
反対に、迷惑をかけた相手が年上であればペコペコと謝ります。また、ちょっと恐そうな後輩にも謝ります。
ほかの後輩に対しての説教を聞いていても、何かずれた事を言っているなぁと感じる事もしばしばあります。

モヤモヤするのは、その先輩が、人に何かを聞いたり誰かに仕事をさせようとする時に
恐そうな後輩には聞かず、必ずいつもは先輩が横柄な態度を取っている私たちに「偉そうな態度で」聞いてくることです。
また、それによって何か問題が起こったときでも「○○さん(後輩)が言っていたので」などと、
後輩が一方的に悪いような言い方をすることが多く、正直、人間性について疑問を持ち始めました。
今までは素直に聞いてきましたが、昨日先輩の仕事を手伝っていたときに、
初めて「お前」を連呼されたことに何故かものすごくイラッとし、生理的に受け付けないと感じるようになりました。
先輩は、普段男性の後輩には「お前」と言っていますが、女性の私にも言われたことで、感情が爆発したように思います。
(今まで職場の中で、誰かに「お前」呼ばわりされたことがなく、ショックを感じた事も理由にあると思います)
(一応、クレーマーの方のお相手もちょこちょこしているので、暴言に対して免疫が無いわけではありません・・)
また、係長に言われて先輩の仕事(別の係りです)を手伝っていたのですが、
完成したものを先輩の下に戻しに行ったとき、私が新しい仕事を持ってきたと勘違いした先輩が、
「はあ!?仕事を増やすなよ!」と開口一番言ったことに対しても情けなくなりました。
恐そうな後輩には一言も「お前」とは言いません。また、仕事を手伝わせることもありません。

正直、先輩から距離を取ることを考え始めています。必要最低限しか関わりたくありません。
普段、誰かに対してあまり好き嫌いの感情を抱かないほうかと思っていたのですが、
その先輩に関しては、これ以上助けになりたくないし、尊敬も全く出来ません。

私は、顔では笑いながら内面では毒を吐くということは苦手で、好き嫌いは少ない反面、
一度嫌いになったら、上辺だけ笑顔で付き合う事がストレスになりやすいタイプだと感じており、悩んでいます。
さりげなく距離を置きながら、上手く付き合っていく方法はないでしょうか。

20代の女性です。人によって態度を変える先輩(男性)が最近生理的に受け付けなくなってきており悩んでいます。

先輩は30代後半の男性です。先輩は基本的に「いじられキャラ」で、年上の人からは結構いじられています。
その反動なのか分かりませんが、後輩に対してはかなり横柄な態度を取ります。

仕事が出来る先輩であれば、厳しいことを言われても「それも勉強の内」と思って納得出来ますが、
後輩の私から見ても凡ミスが目立ち、しかも後輩に迷惑がかかっても、横柄なままで謝りません。
反対に...続きを読む

Aベストアンサー

いやな先輩ですねぇ。
私にも昔、嫌いな先輩がいました!
でも、どうやってたか忘れましたが、とりあえず嫌っていることはバレずに平穏に過ごしました。
その経験から言わせていただきますが、
やっぱり、敵は作らない方が良いです。
正面対決は避けるのが良いと思います。
憂さ晴らしを、同じ気持ちを抱えている口の堅い「同士」としましょう。

Q共働きで子供を産んで、親も子も幸せな感じが一切しな

共働きで子供を産んで、親も子も幸せな感じが一切しないで、不幸にしか機からみたら見えないんですが、なぜ共働きで子供を産むんですか?

自分たちで育てるんじゃなくて、幼児という段階で施設に預けて、それを自分たちで育てたと言えるのでしょうか?

産まれて間も無い子供を保育所に預けるような人間が子供を育てる資格があるとは思えない。なぜ産む?

自分たちも苦労するし、子供も可哀想だ。

Aベストアンサー

私は、共働きで育児中のものですが、
育児休暇中は、大丈夫かな、と心配もしましたが、
いざ始まってみると、
保育園はとても信頼がおけいいところで、
家庭と連携しながら、
親も子も、いい時間が過ごせたなと思っています。

私は、共働きでよかったな、と思っています。

環境によっては、
後悔するようなことも起こりうるのかもしれませんね。

今後の日本、
共働きは子供うまないとなると
出生率ががんがん下がってしまうと思うので、、、
私のような共働きウエルカムの人も、子供を産んで育てられるし、
質問者さんのような、子育て時期は子育て専念!という主義の人も
楽しく子供を産んで育てられるし、
という社会になれば、いいなと思いました。

Q「自分が亡くなる」と言う表現はおかしいのでは?

自分が死ぬ事を「自分が亡くなる」と表現する人をたまに見かけますが、間違っていると思いませんか?
随分前ですが、故逸見アナも記者会見で「私が亡くなったら・・」と発言していましたが私は違和感を感じました。
最近は「自分が亡くなる」と言う表現も認知されつつあるのでしょうか?

Aベストアンサー

再々失礼します。
この表現をした人の気持ちを想像した回答も書きましたが、
自分としては、「自分が亡くなったら親が悲しむだろう」とか「先日うちの犬が亡くなりました」
という表現には、完全に違和感があるのは確かですし、自分でも使いません。

でも「今年祖母が亡くなりました」は使いますし、親についても「亡くなった」と言うような気がします。
兄弟や子供ではどうでしょうか?他人に話すとき、
「昨日兄が事故で(死にました・亡くなりました)」
「昨日弟が事故で(死にました・亡くなりました)」
「息子が長年の闘病の末(死にました・亡くなりました)」
どちらになるでしょうか?
話す相手や場面や、その時の気持ちで変わりそうですよね。

「もし親が死んだら」って今書いてみて、すごく嫌な気分になりました。できる限り書きたくないフレーズです。
やはり「もし両親が亡くなったら」などと書くでしょう。

もしかしたら、身内でも目上(年上)の場合には遠慮なく使用できる言葉なのではないでしょうか?!ちょっと発見した気分です。

「亡くなる」は「死ぬ」の婉曲的表現である他に
「対象が自分より目上(年上)である場合には、他人に対して使っても違和感がない」
という定義を持たせられるのではないか、と思いました。どうでしょうか?

だから、「自分」や「ペット」に使うと、「あなたは自分を尊敬してるの?ペットを目上だと思ってるの?」
という潜在意識が、違和感を感じさせるのかもしれません。

再々失礼します。
この表現をした人の気持ちを想像した回答も書きましたが、
自分としては、「自分が亡くなったら親が悲しむだろう」とか「先日うちの犬が亡くなりました」
という表現には、完全に違和感があるのは確かですし、自分でも使いません。

でも「今年祖母が亡くなりました」は使いますし、親についても「亡くなった」と言うような気がします。
兄弟や子供ではどうでしょうか?他人に話すとき、
「昨日兄が事故で(死にました・亡くなりました)」
「昨日弟が事故で(死にました・亡くなりまし...続きを読む

Q長文です ご意見を聞かせて頂ければと思います。

今月に監護者変更の第一回目の調停を控えています。
4年前に離婚。12歳、9歳の娘が二人います。離婚原因は元夫の暴力(子供の目の前)と依存的なギャンブル。子供二人は元夫が引き取っています。
現在に至る経緯は、離婚時に親権をどちらも譲らず、どんな手段を使っても子供は渡さないと元夫が激情。再度の暴行の恐怖から、子供の監護を元夫に譲ってしまいした。親権は私が持っています。なぜかその後、肉体関係を要求されました。
私は、元夫の住まいから5分ほど離れたところに住んでいます。
元夫が引き取っているとは言え、平日の朝の子供たちの世話、保育園の送り、土日の朝、昼、時には夜の食事や世話、夏休みの学童のお弁当作り、
子供が体調不良時は私が仕事を休み看護、元夫がパチンコや、酒を飲みに行く時は私が面倒をみていました。外出すると時間通りに帰宅しないことがあり、私が朝まで子供達に付き添い、時には私の家に泊まらせることもありました。
元夫に恋人(?)が出来ると、元夫から私に連絡など一切無く、子供たちから、今日は女性が面倒を見てくれるので大丈夫と連絡があります。
女性に都合が悪いと、子供たちから連絡があり、今日は女性が来ないから来てほしいと言われます。その女性に子供たちの面倒をみさせていたようです。
日ごろから子供たちを二人きりにする事が多く、子供たちがマンションの2階のベランダに登って遊んでいたり、非常に危険なこともありました。
私が様子を見に行った時だったので、大事には至りませんでした。
夜中に子供たちから父親がいないと連絡があり、子供たちの所に行き、帰宅するまで面倒をみた事もあります。
ある時、次女から、父親にお腹をけられた事と、転んで怪我をした所をぶたれ、痛くて泣いていたと申告がありました。
最近、また別の女性がいるようで、連絡もなく以前のように女性に子供たちの面倒を見させている事が分かりました。
元夫に監護の限界を感じ、子供を私が引き取ると話しをしよう考えていましが、その女性と同居すると子供たちから聞きました。
女性には、長女と同じ学校、同じクラスの男の子がいるとの事。やはり、元夫から連絡はなく、同居、再婚に至っていました。
私から元夫に連絡をし、会って話を聞きました。午後3時ごろでしたが、元夫は酒を飲みながらの話しでした。
その女性とは昨年の春に男女の関係になり、子供たちが皆で一緒に住みたいからと言うので夏には再婚(元夫は3度目の結婚)、同居を決意したとの事。
秋に入籍をすませて同居をしている。再婚した女性は、元夫の暴力が原因で離婚している。
私は、その女性に自分の離婚原因を話したのか?と聞きましたが、その女性の元夫には話し、女性には、元夫から話は聞いているだろう。との事でした。
これから思春期を迎える、女児と男児が同居するにあたり、親として、大人として、心配ではないのか?と聞くと、その男児の事を知らないからそんな事を言うんだ。全く心配は無い。学校でいじめなども、先生に話してあるから問題無い。
今まで育ててきたのは自分だ。お前は子供をおいて出て行った。母親だったら普通、子供を引き取るよな?と激怒していました。
その後、子供の監護についての話し会いを求めましたが、話すことは無いと一向に応じることはありませんでした。
メールでの連絡も何度かしましたが、今までの文面とは全く違い、元夫の妻が文面を考え、返信しているようです。
ギャンブル(パチンコ)ですが、頻度は分かりませんが、まだやめていないようです。
私も現在再婚しており、現在の夫も再婚(元妻が2年生男の子、5歳女の子を引き取っている)です。
子供たちは現在の夫とよく遊び、問題ありません。
長くなりましたが、以上の理由から、監護権変更の申し立てを致しました。子供を振り回してしまう親の勝手は重々承知しておりますが、
調停での話し合いの中で、子供達にとって、現状ままで良いのか、子供たちにとってどのようなかたちをとるべきか、悩んでおります。
また、子供たちを引き取ることは出来るのか。
詳しい方、経験者方、率直な意見やアドバイスを頂ければと思います。

今月に監護者変更の第一回目の調停を控えています。
4年前に離婚。12歳、9歳の娘が二人います。離婚原因は元夫の暴力(子供の目の前)と依存的なギャンブル。子供二人は元夫が引き取っています。
現在に至る経緯は、離婚時に親権をどちらも譲らず、どんな手段を使っても子供は渡さないと元夫が激情。再度の暴行の恐怖から、子供の監護を元夫に譲ってしまいした。親権は私が持っています。なぜかその後、肉体関係を要求されました。
私は、元夫の住まいから5分ほど離れたところに住んでいます。
元夫が引き取...続きを読む

Aベストアンサー

他の方も書いていますが、子供さんがあまりにかわいそうです。どこまで両親に振り回されたら終わるのでしょうね?
質問者様に対してとてもひどい言い方になるかもしれませんが、子供さんからすると、父親も母親も大して変わらないのでは、と思います。どんな理由があるにしろ、両者とも中途半端にしか子供さん達の面倒を見ていないですよね。
子供は大人が思っている何倍もその状況を冷静に見ているし、感じています。そして、自分を守る為に自分の感情を殺すのです。お子さん達に聞いてもきっと今の生活に問題はないと答えるでしょう。でも、本当にそう思いますか?どうなのだろう、と考えたとしたら、その時点でお子さん達の気持ちを何も分かっていない。両親の事を困らせたり怒らせたりしない為、もしくはいい子だと両親に思ってもらう為、そんな態度を取るのです。褒めてもらいたいから。
質問者様はお子様を抱きしめた事がありますか?今1番お子さん達に必要なのは、いつまでも変わらない本当の愛情ではないでしょうか?

それを考えたら子供さん達にとっての良い形が見えてくるのではないでしょうか。

Q「自分がしたいこと」という表現がありますがどういう意味かわかりません。

「自分がしたいこと」という表現がありますがどういう意味かわかりません。
「自分」と言っても、自分の行動には他人が自分にしてほしい行動が含まれているので、それを分けて考えることは不可能に思えるのですが。
詳しくはそういうことだけれど、長いので短く表現した結果「自分がしたいこと」という簡潔な節になっているのでしょうか。
だとしても、「あなたがしたいことは何ですか」にそのままの意味で簡潔に答えることはできないと思います。
こういう場合は、結果的に自分がどう行動すると思うか、を答えれば良いのでしょうか。
そういう質問をされたり、そういったことを聞いたりすると、意味がわからなくなります。
なぜ、「自分がこれからすること」「あなたがこれからすることは何ですか」のように直接的に表現しないのですか。

Aベストアンサー

#1です。

>なぜほとんどの人が簡潔にそういう質問に答えられるのかわかりません。
:いや、簡潔に答えているように見えるだけですよ、たぶん。
何でも好きなことしていいよ、と言われたら戸惑うのと同じかもしれません。
結構適当に答える場合が多いように思うのですが、このような漠然とした質問ですから、それで構わないのではないでしょうか。
質問したのが誰か、ということによっても違ってくるでしょうが、

>「自分」と言っても、自分の行動には他人が自分にしてほしい行動が含まれているので、それを分けて考えることは不可能に思えるのですが。
:とおっしゃっていますね。
「自分の行動には他人が自分にしてほしい行動が含まれている」のは確かだと思うのですが、
「それを分けて考えることは」可能ですよ。

つまり、相手が何を期待しても、それに合わせた答えを言う必要はない、ということです。
「特にないですね・・・」でも十分答えになるでしょう。
無論、就職などでこのように聞かれた場合は、「自分の願望を適切に表現できるかどうか」を試されているわけですから、それなりの答えをする必要はありますけどね。
みなさんおっしゃるように具体的な状況がわかれば、もう少し適切な回答が得られるでしょう。
  

#1です。

>なぜほとんどの人が簡潔にそういう質問に答えられるのかわかりません。
:いや、簡潔に答えているように見えるだけですよ、たぶん。
何でも好きなことしていいよ、と言われたら戸惑うのと同じかもしれません。
結構適当に答える場合が多いように思うのですが、このような漠然とした質問ですから、それで構わないのではないでしょうか。
質問したのが誰か、ということによっても違ってくるでしょうが、

>「自分」と言っても、自分の行動には他人が自分にしてほしい行動が含まれているので、それを...続きを読む

Q親が将来、子供に楽をさせてもらえる、という考え

団塊世代を親に持つものですが、この人たちがよく言っていた『親が将来、子供に楽をさせてもらえる』という言葉は(=考え)は、そういう世代が最初に言った事ですか?

Aベストアンサー

いやいや、「子供は親を養うもの」という考え方は、おそらく人類が発生すると同時にできたものです。
「貧乏人の子沢山」という言葉を聞いたことはないですか?
貧乏なのに何人もの子供を産み育てるのは大変じゃないか、と思いますが、子供が大きくなれば、お金を稼ぎますから、子供が多い方が親は楽ができる、というわけです。

こういうのは、社会保障も充実していなかった戦前の考え方です。
たしかに、明治生まれの人達は、当たり前にそういうことを言ってました。

戦後生まれの世代は、その親達(大正生まれ)に、「今の子供は親の面倒を見る気がない」と嘆かせた世代です。特に母親は、「私は舅姑に仕えて苦労したのに、子供達は核家族で親の面倒をみない。」と嘆きました。
戦後に生まれた世代は、戦前生まれの親とは違う考え方、生き方をしている人の方が多いです。

もし、あなたの親が戦後生まれの団塊世代(昭和47年~49年生まれ)であって、そういうことを言ってるとしたら、かなり頭が古い人だと思います。
おばあさん世代の考え方と同じ、つまり、親の言うことをよくきく、優等生育ちかもしれませんね。

いやいや、「子供は親を養うもの」という考え方は、おそらく人類が発生すると同時にできたものです。
「貧乏人の子沢山」という言葉を聞いたことはないですか?
貧乏なのに何人もの子供を産み育てるのは大変じゃないか、と思いますが、子供が大きくなれば、お金を稼ぎますから、子供が多い方が親は楽ができる、というわけです。

こういうのは、社会保障も充実していなかった戦前の考え方です。
たしかに、明治生まれの人達は、当たり前にそういうことを言ってました。

戦後生まれの世代は、その親達(大...続きを読む


人気Q&Aランキング