取引先で、
取締役→常務取締役(昇任)の人事がありました。
お祝いの電報を贈る際は、以下文章でよいのでしょうか(抜粋)。

この度の常務取締役ご栄進ご内定を
心よりお祝い申し上げます。


着任は6月の株主総会後だということで「内定」となるので、
ご栄進おめでとう・・・だとまだ早いよ!ってなると思うですが。

A 回答 (2件)

http://blog.goo.ne.jp/web-denpo/c/be09f587388071 …

この段階で電報は問題ありません。
アデランスなどごたごたした会社でなければ、株主総会は単なる手続き的なものです。
皆さん、そうされています。
下記もそう書かれています。
なお、文面は上記サイトがぴったりです。


http://blog.livedoor.com/common_theme-115226.htm …
秘書の方にお話を聞いたところ、一般的には喜びが大きい内定時に祝電を打つのがベストのようです・・・
    • good
    • 0

経営者レベルのマナーは一向に存じませんが、自宅宛か、


内定段階ならこっそり祝意をお伝えするだけで充分では?

会社が公表した段階、正式に登用された段階で電報でしょう。
でないと、なんだあいつはと、社内で無用なねたみ軋轢を引き起こすでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取締役と代表取締役の役員報酬

代表取締役 A
取締役 B(発起人でもあり100%出資)

1.取締役Bが代表取締役Aより、高額な報酬を
 受け取った事例をごぞんじの方は、いらしゃい
 ますでしょうか。

2.1の事例をお持ちのとき、それは
 どのような理由で、金額が代表取締役より報酬が
 多くなったのか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

常勤、非常勤で 金額は変わってきます。

例) 代表取締役 A氏 ・・・  常勤 
   取 締 役 B氏 ・・・ 非常勤 

この例で言うと、役員報酬が A氏<=B氏 だと
損金不参入濃厚です。
しかし、 B氏も常勤であれば 会社の業績等も考慮し、
社会通念上 妥当だと思われる範囲であれば、
代表よりも金額が多くても 全く問題ございません。
(常勤になった場合、 社保関係手続きが必要です)

ただし、貴社の場合、 気を付けることが一点!
「特殊支配同族会社」に該当すると 思われます。

参考URLに 国税庁・タックスアンサー に掲載されている
<No.5207 特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入>
を記載しておきました。
ご参考までに。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5207.htm

Q常務取締役=使用人兼務取締役?

 先日、株主総会におきまして常務取締役が選任されず、取締役から外れました。
 その件で質問なんですが…

1.元常務取締役曰く
「常勤している取締役は使用人兼務取締役だから取締役を解任されても使用人としての地位は残る」
と言っております。
 税法上では「代表取締役、社長、副社長、専務、常務等の役付取締役は使用人兼任取締役にはならない」となっておりますが、その他の法令についてはどうなっているのでしょうか?

2.取締役から外れたため「常務取締役」としての名刺は使えないわけですが、その際、「常務」という役職での名刺の発行を要求されているわけですが、そもそも取締役でない「常務」という役職がありうるのか…一般的にどうなんでしょうか?
※こちらの問題については、そちらの会社でどうするかの問題だろという答えになりそうですが、一応参考意見をお願いします。

Aベストアンサー

1について

ご存知かもしれませんが
少なくとも、会社法上では、代表権の有無だけが問題になるのであって、社長も副社長も関係ありません。

また、常勤=使用人兼取締役というわけではなく、その企業の問題です。

2について

「常務」という役職を制定することは、法令上存在しませんので、企業の自由です。

しかし、「常務」という肩書により、相手方に取締役であることを誤認させるのであれば、表権代表の問題が発生しないとは言い切れません。

私の勤務していた会社では、役付きを外れても退社しない場合は、「理事」という肩書(これも一般の会社では使用しせず、かつ民法との関係で誤解を生む肩書ですが)で、常務待遇とか、専務待遇という扱いでした。どっちにしろ普通の会社は使いませんね。

Q取締役・監査役報酬の決め方など

どなたか詳しい方教えてください。

資本金1000万円の株式会社で、株主総会で取締役・監査役の報酬総額を決め、その後取締役会で個別報酬を決めるという場合についてです。

(1)株主総会では報酬総額を必ず年額で決めなければならないのでしょうか?(月額ではダメ?)

(2)監査役が一人しかいないのですが、この場合監査役会というものは存在しないことになるのでしょうか?

(3)仮に監査役会が存在しないならば、監査役報酬は取締役会で決めてしまってかまわないのでしょうか?その場合監査役の取締役会への出席も強制ですか?

なんだか分からない事だらけですが、詳しい方ご教示下さい。

Aベストアンサー

そもそも、報酬総額とは役員全体と考えてはいけません。
監査役と取締役の報酬はそれぞれ別個に株主総会で定めなければなりません。(商法279)
それぞれが総額にできるだけで、役員報酬全てをまとめてやるわけではないのです。
また、監査役は株主総会で意見を言えるだけであり、案自体を監査役が作成するわけではありません。(商法279の3)
結果、なった総額について監査役の協議により個別のものを決定します。
ですが、監査役が一名である場合は、そのような協議は必要ないですが。

Q専務取締役、常務取締役の違いって...

この区別の意味って何なんでしょうか。
その会社内の独自の分け方なんでしょうか。
それとも税法やその他法律的に責任やその他の制約などあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

責任云々はさておき、専務が上、常務が下ということだそうです。
仕事内容などは会社によってまちまちなのが現状でしょう。

大手であるほど、天下りした人間などにそれなりの役職がないと・・・ということで、こういった役職がうまれたと思います。

過去にも同じような質問があります。
参考にしてください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=106059

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=106059

Q社外取締役の報酬を自社の売上にしたい

株式会社の代表取締役をしている人が、他社の社外取締役になった場合、その報酬を自社の売上にすることはできるのでしょうか?
また、これが可能の場合、月末に社外取締役になっている会社に請求書を発行する形となるのでしょうか?
通常の役員報酬の支払いと処理が異なる場合、自社の売上にするために必要な手続き等教えて欲しいです。

Aベストアンサー

今さらの話ですが、会社法331条で「法人」は取締役になれないと規定されています。
つまり、取締役(社外であっても)に対する報酬は、その人個人に支払われるものであり、あなたの会社の営業成果としての売上や収益にはなりません。

これが「出向」契約に基づく給与なら、全額会社に戻し入れするという経理処理は可能ですが、そもそも代表取締役は社員ではないので出向という訳にはいきません。

なので強いてやるとすれば、社外取締役で得られる報酬分だけ、自社の代表取締役の報酬を減額することでしょうか。こうすれば自社の経費を少なくして利益が増えます。

ただし、取締役の報酬を改定するには取締役会の決議をしておかないと税務上説明が出来ないということと、社会保険関係の処理がややこしくなるかも知れませんが。

Q役員の略歴書の書き方(常務取締役から取締役になった場合)

はじめまして。

役所への申請書類提出のため、役員の略歴を代筆しなければなりません。

常務取締役から取締役になった人(常務の役職が無くなった)は、役職(常務)が無くなったことを略歴書でどのように表現すればよいでしょうか。

取締役であることにかわりが無いので【就任】はおかしいですし、「常務取締役から取締役に変更」としても、【変更】の主語は会社なので文法的におかしいと思います(自分が変更したのではなく、会社が変更したので)。

下記のように略歴書を書いた場合、××の部分の表現の仕方に迷っております。

○年○月○日 常務取締役就任
○年○月○日 取締役××

××の部分の適切な表現を教えていただきたく、お願い致します。

Aベストアンサー

取締役就任しか考えられません。
「取締役に降格」なら、全て就任を昇進です。

Q社外取締役の報酬について

当方、株式会社の代表取締役社長をしています。
別の企業から社外取締役就任を要請されています。
この場合、役員報酬は代表を務める会社に入るのでしょうか?
それとも個人に報酬が入るのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には「取締役」は個人の資格で就任するものですから、個人の報酬として扱います。

ただし、会社間の関係の中で、「代表取締役」としてのあなたの職責の延長上で社外取締役になる場合は、会社と協議してその報酬を会社へ入れる場合もあると思います。

Q常務取締役とは。

どのような役職なのでしょうか?


お付き合いをしている彼が今月から、常務取締役になるとの
事です。基本的には社長の補佐役として職務にあたるのでしょうか?
彼は「青年会議所(JC)」にも所属しています。益々、やりがいが
出てくるとは思いますが・・。

詳しく分かる方がおりましたら、回答をして頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるのです。実際にはその大分前に内定してはいますがね(苦笑)。

常務の職務が社長の補佐であるとは一概には言えません。代表権を持つ社長はじめ他の取締役らと共に法を遵守して会社の経営に当たり、株主の期待する配当が出せるように働くことです。会社によっては常務が営業本部長を兼務し、実質的な営業や販売リーダーとして先頭に立つこともあります。

しかし常務や専務の責務は会社によりまちまちであり、特に専務や常務が複数いるときは、大きな会社ほど担当分野(総務、経理、労務、人事、経営企画、販売、広報宣伝、生産部門、顧客管理など)を持たせて分担をさせるのが普通です。

青年会議所のメンバーなら、これからも先が楽しみですね。

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるので...続きを読む

Q株式会社の経理をやっていますが、役員報酬の改定の取締役会議事録を作成し

株式会社の経理をやっていますが、役員報酬の改定の取締役会議事録を作成したいのですが、
私の会社は、代表取締役が1名 取締役が3名です。取締役3名のうち2人が兼務役員、
一名が非常勤役員です。 決算を行う際は役員報酬には社長のみ上げて残りの3名は給料に
あげています。 議事録を作成する際は、4名とも金額は変わらないのです1人ずつ
  氏名  月額  ○○○○円 (社長)
  氏名  月額  ○○○○円 (兼務役員)
  氏名  月額  ○○○○円 (兼務役員)
  氏名  月額  ○○○○円 (非常勤役員)

書かないとだめですか?  それとも役員報酬の社長だけでいいのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

取締役会議事録で個別に報酬額を決める場合には、該当する役員全員
について記載します。

要注意は、何年前かは分かりません定時株主総会で決議し、
「株主総会」です、「取締役会」ではありません!!!
その議事録に載っているはずの取締役報酬総額(全員の年額合計の
見積額)を超えていないかどうかです。キチンと確認してください。

今回決定の、議事録の記載は、

第*号議案 役員報酬改定の件

 上記の議案につき議長から、当会社の役員報酬について、平成**年*月分より、
次のように改定したい旨を諮ったところ、別段の異議なく承認可決
された。
 
 代表取締役社長   ***** 月額 1,000,000円
 常務取締役     ***** 月額   700,000円
 取締役営業部長   ***** 月額   650,000円
 取締役相談役    ***** 月額   100,000円

 なお、使用人兼務役員の報酬は使用人分給与を含む。

と、キチンと記載してください。

定期同額給与に関しての税務当局の調査は大変厳しいものがあります。
議事録の記載は大変重要です。慎重にご確認ください。

取締役会議事録で個別に報酬額を決める場合には、該当する役員全員
について記載します。

要注意は、何年前かは分かりません定時株主総会で決議し、
「株主総会」です、「取締役会」ではありません!!!
その議事録に載っているはずの取締役報酬総額(全員の年額合計の
見積額)を超えていないかどうかです。キチンと確認してください。

今回決定の、議事録の記載は、

第*号議案 役員報酬改定の件

 上記の議案につき議長から、当会社の役員報酬について、平成**年*月分より、
次のように...続きを読む

Q常務取締役の略し方?

基本的な質問で申し訳ありません。
会社の本社にいる常務取締役へレターを書くことが多いのですが、宛名は「○○常務」で良いのでしょうか?常務という言葉が常務取締役の略なのか、それとも別の役職なのかどうかがわかりません。
比較的フレンドリーな会社でもあり、話す時は「○○さん」と呼ぶのですが、やはり文書では役職をつけます。普段役職で呼んでいないので、どう呼べば良いのかわからないので、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 「常務」というのは「常務取締役」の略称です。
 ただ、宛名に書く場合は略さない方がいいでしょう。あくまでも会話の中での呼び名、と捕らえるべきだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報