ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

トノサマバッタの染色体は23本(23対ではなく、23本です)らしく、メスは単為生殖で個体を増やすと聞きました。
しかし、オスとの有性生殖もすると言います。
減数分裂はどのように行っているのでしょうか?
奇数だと半分にできないと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちょっと調べたら, トノサマバッタは XO型の性決定システムを持つみたい. つまりメスは 11対+XX = 24本, オスは 11対+XO = 23本.


ということで, メスの方では普通に減数分裂します. オスの方では減数分裂の結果「常染色体だけの精子」(これが受精するとオスになる) と「常染色体+X の精子」(これが受精するとメスになる) に分かれる, はず.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
オスが23本でメスは24本なのですね。
オスが生殖細胞を作る時は11本と12本に分かれるということですよね。
確かにこれなら有性生殖してオスメスが半々ずつ生まれますし、
別のサイトで「メスが単為生殖することもあるが、その場合は生まれてくるのは全てメスである」と書いてあったことも理解できます。
分かりやすい説明ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/07 01:40

分裂後の染色体数でしたらNo2様のおっしゃられる通り。



もしかすると、「減数分裂時の二価染色体の形成はどうなるのか?」という疑問でしょうか?

この場合、結果論ですが、
トノサマバッタ(XO型)では、対合すべき染色体が無くても減数分裂は問題なく起こるということです。
XO型では、減数分裂の相同染色体の対合が起こらなくても、分裂時に赤道面に並ぶことができるみたいですね。

これが、ヒトなどの場合、もし、相同染色体が1つなかったら
減数分裂時に赤道面上に染色体が並ぶことができるのか?
と言われたら、できないかもしれないし、問題なくできるかもしれないし。
もともと、減数分裂の詳しい機構はそこまで明らかでないです。

長々書きましたが、
XO型では、減数分裂の相同染色体の対合が起こらなくても、分裂時に赤道面に並ぶことができるという事実がある以上、そういうこととしか言えません。

このことと、3nの生物が配偶子を作れないということと混同されないように。これはもともと自然界では(もともと2nで成り立っている生物の場合)異常なことです。

XO型は自然界で成り立っているので、比較するものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/07 01:28

まず、減数分裂をきちんと勉強しましょう。



減数分裂といっても、分裂の開始前にそれぞれの染色体が自分自身の
コピーを作って二倍の本数になります。そしてコピーされた側の染色体が
異性側から来た染色体と交わるのです。先に2倍になってからその半分に
減る(即ち元の本数に戻る)ので、通常時の染色体の本数が奇数で
あるか偶数であるかは関係ありません。
言葉尻のみで単純に考えずに、反応機構もきちんと踏まえないと正しく
理解は出来ませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/07/07 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼニゴケ(染色体9本)の減数分裂について

中3の者です。最近、学校で細胞の分野で減数分裂について学習しました。
そして家で資料集を読んでいるとゼニゴケというのは染色体が9本と書いてありました。(ヒトは46本)

9本でどのように減数分裂するのでしょうか? 4.5と4.5ですか??

ご存じの方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

ゼニゴケは、その生活環の大半を「配偶体」と呼ばれる半数体で過ごし、受精によって作られる二倍体の「胞子体」でいる期間はごく短いのです。そのため、染色体数は半数体のnで表されます。9本というのは、この半数体の染色体数なので、これが減数分裂することはありません。

ゼニゴケは、8本の長い染色体の他に、性染色体と呼ばれる極めて短いX染色体またはY染色体を持ちます。n=9=8+Yならば雄株、n=9=8+Xならば雌株となります。

Q食塩水を電解質溶液とする化学電池について

すみません,中学3年生ですが,次のことについてご指導ください。よろしくお願いいたします。

「食塩水を電解質水溶液,金属板を亜鉛と鉄とした化学電池について,食塩水の濃度を濃くすると流れる電流の大きさが大きくなるのはなぜか。『イオン』という語を用いて説明せよ」という問題です。

化学電池で電流が流れる理由についての,私のこれまでの理解は以下のようなものです。

亜鉛の方が鉄よりイオン化傾向が大きいので亜鉛が食塩水に溶けだす→亜鉛板に電子を残す→鉄板よりも電子が過剰になるので導線を通って鉄板に移動する→水溶液中の水素イオンはナトリウムイオンよりもイオン化傾向が小さいので,鉄板に移動し,電子を受け取って水素となって発生する

ここで私が悩んでいるのは,「食塩水の濃度が濃くなる→NaClが多くなる」ことと電流の大きさが大きくなるのがどうつながるか,という点です。上の私の理解では,電流の大きさは水素イオンの数に応じて大きくなったり小さくなったりするのであって,NaイオンやClイオンの数とは結びつかないのですが…

それとも上記の私の理解のどこかに誤りがありますか。

どなたかお詳しい方,ご助言いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。
(私は中学3年生ですが,私立で一部高校の内容も学んでいるので,高校生向けのご説明でも代位丈夫だと思います)

すみません,中学3年生ですが,次のことについてご指導ください。よろしくお願いいたします。

「食塩水を電解質水溶液,金属板を亜鉛と鉄とした化学電池について,食塩水の濃度を濃くすると流れる電流の大きさが大きくなるのはなぜか。『イオン』という語を用いて説明せよ」という問題です。

化学電池で電流が流れる理由についての,私のこれまでの理解は以下のようなものです。

亜鉛の方が鉄よりイオン化傾向が大きいので亜鉛が食塩水に溶けだす→亜鉛板に電子を残す→鉄板よりも電子が過剰になるので導線を通っ...続きを読む

Aベストアンサー

中学校や高校で電池を扱う場合は構造のはっきりした典型例でやるべきだと思います。理屈ははっきりしないがとにかく電流が流れるというレベルの電池について含まれている物質の役割を質問しても明確な答えは出てきません。そういう意味でボルタ電池は扱わないとなっていたはずなんですがいつの間にか復活してしまったようですね。銅、亜鉛、食塩水のボルタ電池でさえ解説はあいまいです。鉄、亜鉛になるともっとあいまいになるでしょう。(電気化学の専門家で「ボルタ電池」をキチンと説明しようと思っている人はほとんどいないのではないでしょうか。「過去の遺物」なのです。したがって出回っている説明は何十年も前の化石のようなモノだけです。この説明は一度消えた単元を復活させて得意げな顔をしている人たちに責任を取ってもらわないと仕方がありません。ただし、後で出てくる酸化・還元反応の理解の妨げになるようなものを書かれると困ります。)

電池は「酸化・還元反応に伴う電子の移動を外部回路に取り出して利用する装置」です。酸化剤の反応、還元剤の反応がはっきりと書き下すことができないものを電気が流れるというだけで持ち込むことは避けるべきです。
※銅、亜鉛、食塩水のボルタ電池について
  Zn→Zn^2+ +2e^-
  2H^++2e^+ →H2
 と書いてあるのをよく見ます。
 これは1つにまとめると
 Zn+2H^+ → Zn^2++H2
 という反応と同じになります。
 硫酸を使った電池であれば起こるでしょうが食塩水では起こらないはずです(「亜鉛は酸とは反応するが常温の水と反応しない」というのはどの教科書にも載っている必須項目です。Mgだとゆっくりと反応が起こります。何とかわかるという限界です)。自発的に起こらない反応は電池として利用できません。
 こういう説明ではだめだということは30年前でも十分に了解されていたはずのものなのですが、またそのまま復活しています。もう、うんざりです。

NaClは酸化剤にも還元剤にもなりませんから質問者様の疑問はもっともなのです(ただ、電流が水素イオンで決まるというところは「???」です。)。酸化剤にも還元剤にもならない物質の存在がなぜ必要かについてまともに答えている解説はほとんどないのではないでしょうか。

>食塩水を電解質水溶液,金属板を亜鉛と鉄とした化学電池について,食塩水の濃度を濃くすると流れる電流の大きさが大きくなるのはなぜか。『イオン』という語を用いて説明せよ」

いかにも実験的に確認されたものであるかの様に書かれています。中学校での問題ですからよく知られている現象であるということも前提になりますね。本当でしょうか。
ソーラーモーターはどれくらい回るのでしょうか。食塩水の濃度をどのように変えているのでしょうか。
蒸留水ではうまく回らないが食塩水では回るという意味でのことでしょうか、それとも5%の食塩水と10%の食塩水で電流値が変わるということを言っているのでしょうか。

昔、「イオン化傾向の異なる2つの金属と電解質溶液があれば電池になる」という説明が出回っていました。この問題もそれにのっとってのもののように見えます。電流は電解質のイオンが移動することで生じるという説です。現在は「電極表面でおこる酸化・還元反応によって電子の移動が実現する」という立場で考えています。高校の教科書では、電池は酸化・還元反応の単元の中で出てきます。

中学校や高校で電池を扱う場合は構造のはっきりした典型例でやるべきだと思います。理屈ははっきりしないがとにかく電流が流れるというレベルの電池について含まれている物質の役割を質問しても明確な答えは出てきません。そういう意味でボルタ電池は扱わないとなっていたはずなんですがいつの間にか復活してしまったようですね。銅、亜鉛、食塩水のボルタ電池でさえ解説はあいまいです。鉄、亜鉛になるともっとあいまいになるでしょう。(電気化学の専門家で「ボルタ電池」をキチンと説明しようと思っている人は...続きを読む

Q約数と因数の違い(∈N)

中学校3年で「素因数分解」が教科書に出てきます。
教科書では「因数」「素数」「素因数分解」の順に説明されています。「因数」と小学校で習う「約数」の違いは何ですか?
ほとんど同じなのかと思いますが、「因数」の方は1およびもとの数を含まないのかな??と思ったのです。
だって多項式の因数分解の話では(x^2+2x+4)は実数の範囲では「因数分解できない」っていいますよね。

どなたか正確なところをご存知でしたら教えてください。また出典も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

laminaeさん、こんにちは。

参考URLに詳しい説明が載っているのですが、
たとえば7の因数は、7だけで、1つです。
約数は、7=1×7なので、1と7の2個です。
30の因数は、
30=2×3×5
と素因数分解できますから、2と3と5の3種類なので、因数は3個。
しかし、約数は、いっぱいあります。
1,2,3,5,6,10,15,30
これ、みんな30の約数ですね。

約数とは、ある整数aが整数bで割り切れるとき、
この整数bを整数aの約数、といいます。
30÷1=30
30÷2=15
30÷3=10
と、どれも割り切れて余りが出ないので、1も2も3も30の約数だ、というわけです。

さて、約数は、どんどん細かく分けることができます。
たとえば、
80÷16=5
なので、16と5はともに80の約数で
80=16×5
また、16=4×4
なので、
80=4×4×5
4=2×2なので
80=2×2×2×2×5
のように分解できます。
もう、これ以上には、分解できませんね。

このように、「もうこれ以上分解できない」状態を
素因数分解された状態といいます。
このとき、80を素因数分解している数字の種類は
2(が4個)と5(が1個)ですね。
この2種類を、80の因数といいます。
80の因数は、2と5、といえます。

約数は、もっといっぱいありますよ。
1,2,4,5、8,10,16、20、40、80
これ、全部、80の約数ですね。

こういう感じです。ご参考になればうれしいです。

laminaeさん、こんにちは。

参考URLに詳しい説明が載っているのですが、
たとえば7の因数は、7だけで、1つです。
約数は、7=1×7なので、1と7の2個です。
30の因数は、
30=2×3×5
と素因数分解できますから、2と3と5の3種類なので、因数は3個。
しかし、約数は、いっぱいあります。
1,2,3,5,6,10,15,30
これ、みんな30の約数ですね。

約数とは、ある整数aが整数bで割り切れるとき、
この整数bを整数aの約数、といいます。
30÷1=30
30÷2=15...続きを読む

QDNAとRNAの違いについて

親戚の高校生が生物の勉強でどうしてもDNAとRNAの違いがわからないらしく、たまたま訪れていた私に説明を求められましたが教科書を読んでもすっかり「???」でした。
どなたか、分かりやすく説明できる方いらっしゃいませんか?自信をつけて説明できるようにしてください!!
ちなみにサイト等で見てみましたが二人とも???の状態でした。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

DNAとRNAで困っていると言うことですから、暗記的な情報や教科書的な情報は逆に困ってしまうかも知れませんね。
と言う観点で、「感覚的」な回答をしたいと思います。
----------
DNAとは、普通、遺伝子と呼ばれているモノと思ってください。顔が丸いとか、血液型がB型だとか、小指の長さとか、、、、親と子供が似てるとか似てないとかって話をする時の「遺伝子」です。だから、DNAとは、自分が人間である特徴、肌の色の特徴などなどの記録が書き込まれている部分なのです。パソコンで言えば、書き込まれた内容が変更できないCD-ROMというところでしょうか。
CD-ROMが有るだけでは、中のデータを見ることはできませんよね。それといっしょで、DNAがあるだけでは、その中の情報を見ることも使うこともできません。
そこで、活躍するのがRNA達です。
「達」と言ったのは、3種のRNAがいるからです。DNA・CD-ROMは、核の中に保管されていています。そのDNAから体を作る材料であるタンパク質を作る場所が「r君(リボーソームRNA)」の庭になります。
このr君の庭まで、DNAのデータをコピーして持ってくる役目を「m君(メッセンジャーRNA)」が果たします。タンパク質を作るr君の庭に、DNAのコピーを持ってm君がやってくる。最後に、このコピーを元にタンパク質のパーツを運んでくるのが「t君(トランスファーRNA)」です。
DNAは、体を作る情報を保管する記憶媒体(CD-ROM)で、
RNAは、その情報から体を作る作業を担当する3人の小人 ですね。
----------
以上あくまでも、おおざっぱな話ですので、細かい部分は触れていません。(例えば、DNAが核以外の葉緑体やミトコンドリアなどの細胞小器官部にもある話や、真核生物と原核生物の違い(ここでは、われわれヒトが含まれる真核生物の話に特化してます)などには触れません。)

DNAとRNAで困っていると言うことですから、暗記的な情報や教科書的な情報は逆に困ってしまうかも知れませんね。
と言う観点で、「感覚的」な回答をしたいと思います。
----------
DNAとは、普通、遺伝子と呼ばれているモノと思ってください。顔が丸いとか、血液型がB型だとか、小指の長さとか、、、、親と子供が似てるとか似てないとかって話をする時の「遺伝子」です。だから、DNAとは、自分が人間である特徴、肌の色の特徴などなどの記録が書き込まれている部分なのです。パソコンで言えば、書き込まれた内容...続きを読む

Q染色体数

染色体について調べているのですが、
ヒトは46本、ネズミは40本、イヌ78本・・・など
なぜ種によって染色体数が異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜ種によって染色体数が異なるのでしょうか?

進化の過程で偶然そうなった、としかいえないでしょう。
ヒト、ネズミ、イヌのゲノムに存在する遺伝子自体はほとんど変わりがありません。染色体の数が違っても、ゲノム上の遺伝子がどういう風に染色体に割り振られるかが違っているだけです。

進化の過程で、一つの染色体が二つに分裂することや、二つの染色体が融合することがあり、これが種間の染色体数の違いを生みます。

たとえば、ショウジョウバエは種間で染色体数が違ったり、連鎖群が違ったりしていますが、これは一つの染色体が動原体の部分で二つに分裂したり(centric fission)、末端に動原体をもつ染色体同士が動原体で融合したり(centric fusion)した結果であると説明できることがわかっています。


人気Q&Aランキング