本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です。
すぐ後ろを走るトラックの運転手さんがすべてを目撃していて「どう考えても悪いのは自転車であなたは悪くないよ。証人になるから」とまで言ってくれました。
警察の話だと過失は明らかに彼女側にあるのだが自動車を運転中の事故であり当然こちらにも過失が発生するとのこと。
また彼女が骨折をしている以上、「人身事故」扱いになり「書類送検」となりますが前例からおそらく不起訴になると思いますとの話でした。
彼女に対しては会社の上司と共に自宅まで2回ほど謝罪に訪れ彼女の母親も彼女も非を認めて逆に謝罪をしてきました。
しかし当初の予定を上回り完治するのが10月頃に長引く予定です。
ここで質問です。
3ヶ月程度起ちますが警察からも裁判所からも未だ通知が届きません。
警察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました。
不起訴になった場合は検察からは特に連絡がないとの説明も受けました。
今後の展開が全く見えません。
過去の色々な事案をネットで調べると長い場合半年から1年後に通知が来たとの情報もあります。
罰金、減点等どのような結果が予想されるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。


刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違反があり持ち点があれば6点オーバーで免停ですが)。
私も昨年の秋に人身事故を起こし、被害者は全治1週間の打撲で4点加点でした(示談成立済み)。持ち点がなかったため(違反歴がなかった)免停にはなりませんでした。
4点の内訳は、「事故を起こしたことに対する加点2点」と、(私の場合は、特に重大な違反・過失はなかったが、何かしらの過失があったからこそ事故が起こったと言う事で)「安全運転義務違反の加点2点」。
それらの交通違反がつくので、少なくとも9千円の「反則金」(罰金ではない)がつくとのことでした(どなたかが「違反がないのだから“減点”(本当は減点ではなく加点)はありえない」と書き込まれていますが、「安全運転義務違反」という違反が「あります」)。
こういう理由で少なくても2~4点の加点が出ます。
行政処分と刑事処分は別だと書きましたが、私の場合はまず行政処分が事故から1ヵ月後に下りました…加点4点。
刑事処分のほうはあれから8ヶ月経過し、検察からの呼び出しがなかったので、おそらくあのまま不起訴処分になったと思われます(事故の規模は本当に小さかったので、あれでいちいち起訴していたら検察も大変かと…示談も成立しましたし)。
だいたい処分が決まるまで3ヶ月~半年とのことです。

すみません、だらだら書きましたが、罰金・処分の内容等、被害者の方の怪我の診断内容によりますね。
ちなみに最初の診断書の内容で確定されるとことなので、その後治療が長引いたとかは、処分の結果に影響を及ぼさないとのことです。
(現に私の場合被害者の全治は1週間との診断書でしたが、結局1ヶ月近く通院したとのことでした。処分内容に変更なし)

ただ、私も事故をやった当時こちらのサイトでかなり調べましたが、結構地域によって処分内容に微妙に差があるようです。
それで結構混乱しましたがね…
私の場合はこんな感じでした。参考までに…
(しかし、未だに反則金の納付書が送られてきていません…「忘れた頃にやってくる」とは聞いたのですが…)
    • good
    • 40
この回答へのお礼

非常に参考になりました。
長文をありがとうございました。
もうしばらく様子を見てみます。

お礼日時:2009/07/19 20:08

刑事処分から説明すると検察庁に事件書類が送付(送致)された後、検察庁で事件として起訴するかあるいは起訴しないかを検討されることになります。


色々な投稿があるようですが、記載されている内容では、おそらく検察庁から呼び出しはないと思われます。
刑事処分を求めるような内容ではないため「不起訴処分」になると予想します。不起訴処分には「起訴猶予」と「嫌疑不十分」がありますが、起訴猶予という形に収まるのではないかと考えます。
そうなると、検察審査会というところにおいて、起訴が相当であると判断されない限り、刑事処分は何もこないと言うことになります。
起訴されたときの罰金は、1万円などという金額ではありません。
最低10万円以上は覚悟する必要があるでしょう。
軽傷事故でも平均15万円程度です。
人身事故の場合は、「交通違反によって交通事故が発生した」という扱いになり、反則通告制度が適用されませんので、反則金はありません。
検察庁からの呼び出しは、大きな事故の時は半年以上かかることもありますが、軽傷事故でも少なくとも3ヶ月はかかっているようです。
でも事故の内容から考えると、何も言ってこないと思います。

行政処分は怪我の内容や程度と、過失の内容・程度によって対象となる点数が違います。
一概に言えませんが、4点程度の点数は覚悟しておいた方が良いと思います。

民事上では、自転車にもある程度の過失責任がでます。
刑事上では、自転車に過失があってもよほどのことがない限り、自転車が処罰の対象になることはありません。(最近厳しくなっているようですが・・・。)
自転車は、反則通告制度の対象ではありませんので、点数など引かれることもないのです。
民事上は「公平な負担の原則」によって、自転車の過失相殺率はわりと低く抑えられています。
こういうことで、交通弱者と衝突したら車が悪いと言われているようですが、制度的に保護しているだけで、実質的には自転車も軽車両ですから、大きな過失があるといえます。
    • good
    • 43
この回答へのお礼

非常に分かりやすい説明をありがとうございました。
しばらく様子を見てみたいと思います。

お礼日時:2009/07/21 19:34

渋滞中の車列の隙間から何かが飛び出すことを予測しなければなりません


自転車も安全を確認せずに横断をした
どちらにも過失があります
被害者の保護や示談を適当にしており誠意が見られるという判断だと不起訴になるでしょう
警察は検察に書類を回せば終わりなので警察からの連絡はありません
警察からの書類に基づいて検察の取調べが行われます
そのときにどのような裁判になるかが告げられます
不起訴や起訴猶予もそのときに訊けば教えてくれるはずです
裁判になるとあなたの場合は「業務上過失傷害」で1万円くらいの罰金になると思います
検察の出頭命令はいつになるか分かりませんね

行政処分は公安委員会が行うので検察や裁判は関係ありません
裁判で有罪になっても行政処分を受けないこともあります
    • good
    • 19
この回答へのお礼

「安全運転義務違反」の件は警察官から説明を受けておりますので承知しております。
簡潔で分かりやすい説明をありがとうございました。

お礼日時:2009/07/19 20:10

>警察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました


この警察の発言、信じ難いのですが・・・事実なのでしょうか??
あなたの聞き間違えではありませんか?

いくら相手が怪我しようが巻き添えになった事故で、減点なんてあり得る訳がありません
何に対しての減点なのでしょうか?

交通事故をして加害者になったとしても減点をされるのは違反をした時のみです、違反が無いのに減点される理由は有りません
    • good
    • 27
この回答へのお礼

こちらに過失が無いように思えても「安全運転義務違反」というものが必ず発生するようです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/19 20:11

>3ヶ月程度起ちますが警察からも裁判所からも未だ通知が届きません。



検察庁でも、未だ「起訴・不起訴」が決定していないのでしようね。

>察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました。

これは、道交法上の「行政罰」についての説明です。
「刑事罰」については、警察は一切関与しません。
検察庁検事・裁判所裁判官が判断します。

>不起訴になった場合は検察からは特に連絡がないとの説明も受けました。

不起訴になった場合も、検察庁から「不起訴処分通知」が届きます。
「何も通知・連絡が無い」という事は、あり得ません。

>罰金、減点等どのような結果が予想されるでしょうか?

不起訴処分通知が届いた場合は、罰金を支払い・減点処分だけの行政処分で済み「前科」は付きません。
起訴され裁判所で有罪判決が確定した場合は、判決内容の処分(刑事処分)と減点処分がされ「前科」が付きます。

まぁ、相手側に非があり且つ被害者側も認めているようですから不起訴処分の可能性が高いと思いますね。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

分かりやすい説明に感謝いたします。
もうしばらく様子を見てみます。

お礼日時:2009/07/19 20:12

不起訴になれば、二度と起訴される事はありません。

一度、扱い警察署の事故係に、相談者さんの事故を送検した送検番号を聞いて下さい。

送検番号を送検検察庁に言って、問い合わせをしてみればわかります。

不起訴なら、刑事事件(自動車運転過失致傷罪)での処分は無しとなりますから、罰金刑も実刑もありません。

行政処分ですが、軽過失での重症人身事故になりますが、過失が相手側にあるので2点~4点の点数処分があります。

多分、2点又は3点で留まるとは思いますが、運転免許経歴書を申込みすれば、記載されているはずです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

もうしばらく様子を見てから何もない場合、送検番号聞いて送検検察庁に問い合わせしてみます。
この度はありがとうございました。

お礼日時:2009/07/19 20:15

>「人身事故」扱いになり「書類送検」となりますが前例からおそらく不起訴になると思います。



>不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思います。

という答が出ているのではないですか。

>不起訴になった場合は検察からは特に連絡がない

だから、待っているしかない、検察は時効までは動く可能性があると思って覚悟しておけば気が楽でしょ。

検察から何も来なくて、減点の通知が来たら、「ああ、終わったんだな」と思えばいいだけのこと。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
もうしばらく様子を見てみます。

お礼日時:2009/07/19 20:16

参考にどうぞ


http://rules.rjq.jp/jinshin.html

罰金については、警察の予想通り不起訴となるケースだと思いますが、検察官ではなので断言できません。
気になるのであれば、警察署に行って、送致先の検察庁と送致番号を聞いて、検察庁に問い合わせして見て下さい。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
もうしばらく様子を見てみます。

お礼日時:2009/07/19 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不起訴と減点

車の保管法違反は、減点2点、罰金20万円以下ということですが、
送検され、検察庁で不起訴となった場合、罰金はないと思いますが
減点はどうなりますか?

Aベストアンサー

検察で扱うのは刑事責任、減点は行政責任、行政処分ですから
別です。違反の事実そのものが無かったのなら話は変わりますが。。。

Q走っている人間と自転車の衝突

住宅街の車が通れない様な狭い裏路地なのですが、脇道から走って路地に入った
自分が自転車に横からぶつかられました。
自分は腕に軽い打撲をした程度でしたが、自転車の方が地面に倒れ
足を強打した様で暫く立てない状態となりました。
この様な場合、やはり走って路地に入った(飛び出した)自分の方に過失があるのでしょうか?
特に揉め事にはならなかったのですが、今後怪我が酷かった等で
トラブルになった場合どうなるのか気になり
ご意見賜りたく、質問させていただきました。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

真っ直ぐな歩道を走っていた訳ではなく、走って路地に入った質問者さんに否があると思います。

どちら側にも注意走行義務があり、常識的に考えて、相手が回避できないような行動側が分が悪くなります。質問者さんが逆の立場であって、走っている人を回避できたか否か?

再度考えて見ることをお勧めします。

Q不起訴・起訴

私は旦那にDVを受け、被害届を出していましたが起訴して欲しいという気持ちはなく被害届を取り下げという形で警察と相談して決めました。
そこで、今日検察官に呼ばれ検察庁に行きました!
20分程度の事情聴取を受けて終了。でした。
最後に今回は不起訴という形にしたいと検察官から言われました。
また、不起訴になると思うけどもしも起訴になった場合は連絡すると言われました。
検察官が不起訴にしたくても起訴になる場合の確立は高いですか?
また、旦那は26日で逮捕されて20日になります。
いつ不起訴か起訴がわかり、わかってからどのくらいで釈放されますか?
(今日、検察庁に行ってまいりました。)
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その事情聴取の中に、答えがあります。

最後に不起訴とする・・・この前に
本当に取り下げでいいのか?
と、グイグイこられたでしょうか?
グイグイ来たのなら、これは起訴するに値する
そのような心象でしょう。
時間を目いっぱい使って、本人には反省させる
こんな心理が働くはずです。

取り下げます
あっそうなの?そうだね旦那も反省してるしね
法曹として、了解です!!

的なフランクなものであれば、早いです。

処分の日に釈放されます、当日釈放です。

今日検察に行き、26日で20日ですから
26日に処分が決まり、26日当日釈放・・・こんな流れか?

起訴になる確立は、事実上ない・・・こう考えて良いと思います。
不起訴になると思うけど・・・
この表現は不起訴にしましょうね!
でも、こちらも法曹であるからには、完全はないのです。

な、意味でかまわない。

Q不起訴って…

旦那にDVを受け、被害届を提出しました。旦那が逮捕されました。10日くらいたち、警察に呼ばれ警察署にいくとこれからどうしたいかと聞かれました。
私は起訴して欲しいわけではなかったので警察と相談した上で被害届を取り下げしました。
すると次は検察官に10日後に呼ばれました。
検察官にはこれからどうしたいかを聞かれ、軽い事情聴取を受けました。
また、書類作成していただき旦那を許してくださいなどの文面を書いていただきました。
検察官の方は「不起訴にしたいと思っています。もしも不起訴にならなかった場合は連絡します。」と言ってくださいました。
不起訴にならない確立はだいぶ高いですか?
また、26日で逮捕されて20日になり、その時に不起訴か起訴が決まるようですが前日にわかることはありますか?
また、わかった時点で連絡をくれますか?
26日の前の日に連絡がきたりしますかね?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>不起訴にしたいと思っています

ですから、不起訴にならない確率は低いと思います。それを決めるのは検察官で、その当人が不起訴と言っているのですから順当なら不起訴になるでしょう。
また、決定の連絡は当人しかしないのが一般的です。被害者でもある事で、起訴するなら連絡する、と言っているのですから、不起訴なら連絡は無いであろうと思います。

被害届を取り下げた以上、今後もDVは続くと思います。たぶん、もっとひどく。

Q大学3年です 警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてますなんとかその警察の人に一矢報いたいと思っています

大学3年です
警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてますなんとかその警察の人に一矢報いたいと思っています

先日自転車で二人乗りをしていたところ警察に呼び止められ自転車を運転していた自分は少し逃げてしまい数分経ってから警察の元に戻りました
その後、
警察「今ひったくりがあったんだけどそれやったのお前らだろ」
と言ってきて荷物をひっくり返してきましたその間も
警察「お前数分の間どこ行ってたんだ。シャブでも捨ててきたか」
と根も葉も無いことを常に隣で言い続けていました。取り敢えずパトカーの中に乗って話を聞くと言われおとなしく乗り込みました。
その後
警察「お前なんで逃げたんだ。どうせ注射器でも捨ててきたんだろ」
私「いえ、自転車の二人乗りがいけないということをしていたので」
警察「そうじゃ無い、なんかやましいことでもあったんだろ」
とその繰り返しでしばらく問答した後本格的に持ち物検査をされました。その際手芸用品店にて買った薄く細めの金属製のブックマーカーを持っていました。それを見た瞬間警察が私を自転車盗難の犯人にしようとしてきました。その際
警察「これで何をしようとしてたんだ。あ!言って楽になっていけよ」
と言ってきました。自分は確かに趣味で自転車と手芸をやってましたがこのブックマーカーが自転車の鍵を開けるのにつかえるとは知らずに
私「いいえ知りません」
警察「自転車に詳しい奴が知らないわけないんだよ!ググればすぐ出て来るぞ!」
と口実を脅迫してきました。その後ググってみたところそんなことは一切載っていませんでした。その後も
警察「知らないでしらを切るならこのまま任意同行してもらうぞ。まだそれでも知らないというか。」
と言ってきました。自分は通学に片道2時間かけて通っていてこのままいくと終電がなくなると思い警察がこう言えと言った内容を復唱してしまいました。その後も他にも根拠もない言いがかりをしてきました。
結局1時間くらいパトカーのなかで問答した後自転車の黄色切符だけ切られて返されました。
けどこれが人生に何らかの干渉を生むような気がして気が気でなく、警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてます。
どうにかして相手の警察に謝ってほしいです
長たらしく書いてしまいすみませんでした。もしよろしければ弁護士の方などに相談に乗ってほしいです。

大学3年です
警察の脅迫じみた聴取に憤りを感じてますなんとかその警察の人に一矢報いたいと思っています

先日自転車で二人乗りをしていたところ警察に呼び止められ自転車を運転していた自分は少し逃げてしまい数分経ってから警察の元に戻りました
その後、
警察「今ひったくりがあったんだけどそれやったのお前らだろ」
と言ってきて荷物をひっくり返してきましたその間も
警察「お前数分の間どこ行ってたんだ。シャブでも捨ててきたか」
と根も葉も無いことを常に隣で言い続けていました。取り敢えずパ...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 相手の立場を想像してみる

敵情を知らなければ、いくさはできません。警察と争うためには、警察の傾向を調べることです。まあ警察は敵ではないにしても、今ご質問者はそれに物申そうとなさっているわけですから。
まず、日本警察の癖として、少年の自転車犯罪に異様なほど関心を持っていることが挙げられます。これは法務省の白書などで犯罪統計を眺めても分かるのですが、突出して摘発件数が多い感じです。
おそらく、警察の方針として、マメに少年の自転車盗・二人乗り・無灯火などを取り締まり、説諭(こんこんと説教)して帰すという伝統があるのでしょう。多くの市民が若い頃そういう体験をさせられることにより、「警察は社会の隅々までお見通しらしい」、「警察を言い負かそうとしても無理だ」などと実感します。それが日本社会の治安の良さを支えることにもつながっているのでしょう。
これがたとえばアメリカなら、少年犯罪といっても銃やマリファナや車(16歳から運転できる)関連などで忙しくて、自転車二人乗りごときをご質問者の件のように執拗に取り調べてる暇はないだろうと思われます。つまりですね、ご質問者は大きなショックを受けたにしても、さして特別な体験とまでは言えず、日本警察の伝統芸に引っ掛かってしまった、よくある話と思われるのです。

(2) 二重盲検法、第三相試験

これは警察ではなく医学・薬学用語ですが、人の命がかかってるだけあって、実に念入りな手法が行われています。第三相ということは、その前に第一相・第二相試験もあって、わざわざ健常者にまでも投薬実験するそうです。私たち素人の考え方では、「なぜ健常者を巻き込む? 患者さんの中から志願者だけに人体実験すれば足りる」と思ってしまうのですが。「医師も薬か偽薬か知らないまま投与するの?」と、最初聞いたときは驚きました。
警察の職務質問は、これと全然異なる分野ですが、少し似たところがあるのではないでしょうか。「見るからに怪しい人」だけでなく、そうでない人も対象にして、あらゆるパターンを試している節が見受けられるのです。怪しく見えるが犯罪者じゃない、あるいは怪しく見えないが実は犯罪者など、さまざまな人を対象に質問する場数を踏むことにより、警察官はテクニックを磨くのでしょう。怪しい人だけ調べてりゃ済む仕事ではないわけです。
つまりですね、ご質問者は人体実験の被験者というか、警察の練習台にされたようなもんなんですよ。医学・薬学の進歩のために健常者の人体実験までもが必要なように、警察官の取り調べ能力向上のためには犠牲者(?)が必要なのでしょう。
「自転車の二人乗り」「一時逃走」したぐらいで、「ひったくり」、「シャブ」、「自転車盗」などありとあらゆる嫌疑を吹っ掛けられるとは、災難ですよね。しかし、本当に疑われているというよりは、ダシに使われたのであって、練習用にあらゆるパターンを試されてしまったのだと考えられます。練習台にされた方はいい迷惑ですけど。
だいたい、自転車二人乗りの若者をたまたま尋問したぐらいで、うまい具合にシャブが出てくると思いますか? 覚せい剤取締りってのは、多数の人員、膨大な捜査の積み重ねを要するものであって、「いつかはそんな大きなヤマ(事件)を解決してみたいな」という下っ端の警官の願望が、端無くも現れたのが、「シャブでも捨ててきたか」という罵詈雑言でしょう。

(3) 結論

ご質問文は達意の文章であり、頭脳明晰な人と思われます。このQ&Aサイトをあちこち眺めていると、文章にもなってないような文章にうんざりさせられるのですが、ご質問者は違います。
だから分かってほしいのですが、ご質問者の件は、日本警察の伝統パターンをなぞったものに過ぎません。私も若いころ似たような体験をしています。脅迫じみた言い方であらゆる嫌疑を吹っ掛けられるが、「結局1時間くらい」で解放されるというのもパターン通りです。「自転車指導警告カード」(イエローカードとも言われる)にとどまり、赤切符は切られなかったというのも、平凡な結末でしょう。
というわけで、相手の警察に謝らせるのは無理筋ではないでしょうか。ご質問者は、これまであまり悪さをしたことがなく、警察の厄介になったのが初めてなのかも知れません。

(1) 相手の立場を想像してみる

敵情を知らなければ、いくさはできません。警察と争うためには、警察の傾向を調べることです。まあ警察は敵ではないにしても、今ご質問者はそれに物申そうとなさっているわけですから。
まず、日本警察の癖として、少年の自転車犯罪に異様なほど関心を持っていることが挙げられます。これは法務省の白書などで犯罪統計を眺めても分かるのですが、突出して摘発件数が多い感じです。
おそらく、警察の方針として、マメに少年の自転車盗・二人乗り・無灯火などを取り締まり、説諭(こ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報