私はフェレットを飼い始めて半年になります。
昔から私はハムスターを飼っていましたが
どうしてもフェレットも飼ってみたくなり飼いはじめました

しかし フェレットの事について色々調べていくと
予防注射のようなのを受けるような事を本で書いてあったりしていて
「なるほど!これを受けなければ!!」っと思うのですが
いろんな情報が混乱してしまって
何がなんだか わかんなくなりました(;^_^A アセアセ・・・
注射をしなくて定期的に飲んでいく薬があるとも聞いた事あります
「耳ダニ」「ノミ予防」・・・・
いったい最低限なんの予防注射!??をしてあげればいいのか

どうか教えてください お願いします
あと いったい1匹費用はどのぐらいになるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問の回答ではないのですが、


動物保険でアニコムというのをご存知ですか??
フェレットも対応しています。
目を通してみてはどうでしょうか??

参考URL:http://www.ani-com.com/
    • good
    • 0

最低限、3種混合の予防注射とフィラリア予防はした方がいいと思います。

ジステンパーとフィラリアだけでも予防した方が安心だと思います。(最悪の場合、死んでしまうこともあるので…)
最近の獣医さんはきちんと説明してくれるところが多いので、詳しいことは獣医さんに相談した方が確実だと思います。
    • good
    • 1

我が家でもペットを飼って4年近くなります。


当初一匹だったフェレも、今では3匹に増えましたが
予防接種の費用はバカになりません。

我が家の場合、予防接種の有無を知らずに飼ってしまった口で
後で知って、TVやペット雑誌で「フェレっとは楽に飼える」等の
安易な紹介に、ちょっと腹をたてた物です。

さて予防接種ですが、最近は数種の混合ワクチンを打ってくれていますが
病院によって、種類数も値段も違いが有ります。

我が家は一番混合量の多い(^^;)七種混合で1万円
(フィラリ飲み薬アワクチン半年分込み)
を近所の獣医さんがしてくれていましたので、そちらにつれていっています。

それでも1匹の値段なので3匹だと3倍になります(^^;)

かつて我が家の飼い犬をジステンパーで亡くした時の事を考えると
予防接種を怠ってペットを殺してしまう用な事は、避けたいものです。

耳ダニですが、後から飼った2匹はきれいな耳をしていたのですが
最初のフェレくんが、ペットショップ(極悪環境下)に長い間いたためか
それ以前に持っていたかで、かなりひどい状態でした。
おかげですぐに、残りの2匹も同じ状態になってしまって早速病院で
薬をもらって気長に直しています、綿棒で耳あかを掘ったりもしてあげます。

ただし、皮膚が乾燥するので、入浴は2週間に1度くらいを目安に
した方がいいそうです。

http://homepage2.nifty.com/yume/
    • good
    • 0

こんにちは



予防接種ですが
ジステンパーという病気を予防するために打つワクチンのことです。
フェレットは犬と同じジステンパーウィルスに感染するので、ジステンパーを予防するためのワクチンを打つということなのです。
フェレットは意外と犬と似かよった病気をします。
前記のジステンパーもそうですが、狂犬病、インフルエンザ、フィラリアなど犬に感染する病気にフェレットも感染するのです。
なので、このワクチン接種は必ずされたほうがいいです。
犬も毎年接種しますし、またこの病気は非常に感染力が強く
感染している子(犬やフェレット)から簡単に移ります。
これで死んでしまう子は結構いるそうです。
これはワクチン接種を初回は2回
次の年からは年1回打ちます。
余談ですが、まだワクチン接種をしていないなら
動物病院では診察がはじまるまでケージから出さないことをお勧めします。


注射をしなくて定期的に飲む薬は
先のジステンパーの予防ではなく
フィラリアの予防のことだと思います。
これも犬飼いさんにはあたりまえのことなのですが
上記のようにフェレットも犬と同じような病気になるので
同じように薬を飲ませ予防するのです。
WEBで見ていただければ
どういう病気なのかはおわかりになるでしょうから省きますが
蚊が感染源となる病気なので、5~11月ぐらいまで
飲ませる物になります。
これには注射はありません。

フェレットの予防接種ですが
今のところ専門ワクチンを打ってくれる先生は
1人しかいらっしゃいません。
(独自に海外の流通経路と提携しているらしいのですが)
他の先生だと、犬用のドヒバック5などを打つ先生が多いようです。

私がフェレットを飼っていたときは
その専用のワクチンを打ってくれる先生のところにかかり
1本1万円でした。
もちろん犬用のドヒバック等ならもう少し安く打てるはずです。
フィラリアは、年の初めに(5月ごろ)
心臓にすでにこのフィラリアがいないか血液検査をします。
これで5000円ぐらい。
あとの毎月与える薬は体重により違い
我が家は小ぶりだったので1ヶ月1000円程度でした。
ミルベマイシンというこれもやはり犬用のフェラリアの
お薬を頂き、粉状にして蜂蜜に混ぜて舐めさせました

私は最近8歳になるフェレットを肺水腫で亡くしました。
8年前は情報も何もなくとても不安な状態でしたが
今は沢山の情報源と、見てくれる獣医さんも多くなってきていると思います。
正確な情報でどうぞ可愛がってあげてくださいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく色々教えてくださってありがとうございます
さっそく今度の行ける時をねらって病院に行きたいと思います
運良く家の近くにも見てもらえる病院があるとも分かったので

でもその前にゲージを買わなければ行けないですね
1つ小さいのがあるのですが
3匹をかっているので・・・・買います!

お礼日時:2001/03/15 12:28

参考URLを伸しておくので困ったときはこのなかから( ̄ー ̄)



 ペットショップに入ったら、まず衛生面をチェックしましょう。
 そして店員さんに触れるかを聞いてみましょう。
 実際に触って自分の目で健康状態や噛み癖等を確かめてみましょう。
 そして1回目の予防接種がしてあるか確認してください。

とのことです 中の文をコピーしました(^^V
どんな動物でしょうっていうのから見たらいいと思います

参考URL:http://allabout.co.jp/family/smallanimal/subject …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フェレットはすでに3匹おります
今の所は飼う予定がないです(笑)
でも ご親切にありがとうございました^^
いいサイトも教えて頂けて うれしいです♪
ハムスターも頑張って飼っていかないといけないのに
フェレットもドンドン増えていきそうです
(;^_^A アセアセ・・・

この度はありがとうございました

お礼日時:2001/03/13 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェレットの予防注射について

生後2ヶ月のフェレットを飼育中です。
1回目のジステンバーは接種済みのフェレを購入しました。2回目がまだです。
先日2回目の接種をしようと思い良い動物病院を教えてもらおうと近所のペットショップで聞いたところ・・「1回目を受けていたら犬のように他の動物と接する機会も稀だから、次回の接種は1年後で大丈夫ですよ」と言われました。
本やネットには生後1年までは3回接種が必要と書かれていますよね。
やっぱり3回とも受けたほうが良いのでしょうか?
ジステンバーはフェレ専用の注射じゃなく犬用を代用するので本当に3回も必要なのかな・・と少し疑問に思っていたので、みなさんどうされてるか教えていただきたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ワクチンは回数ではなく最終接種時の年令です。
フェレットでは最後は14週に接種します。
いくら早く打っても母体免疫が残っていればブロックされてそのワクチンは効かないからです。逆に母体免疫が完全になくなっている14週以降に1回打てば効果はあるのですが、万が一8週ぐらいで母体免疫が無くなる子であればその間無防備になるので念のため2ヶ月以降に1,2回接種します。

Qフェレットを飼い始めたときのこと教えてください。 (フェレット飼い主様へ)

23歳会社勤め、実家暮らしのものです。
フェレットを飼うため、準備をしています。
関連HPはじっくりと読みましたが、不安があるのでわかるところだけでもアドバイスいただければ幸いです。

■お金・病気のこと
フェレットは病気になりやすいということで、飼ってからも「いざという時のためのフェレット貯金」は続けていくつもりですが、始めはどのくらいの「フェレット貯金」があれば安心でしょうか。
(生体やゲージ、えさなど以外の貯金の金額のことです。)

Q1.とりあえず、20万くらいは最低貯めてから飼い始めようと思っています。
(その後月に3万ずつくらいためていこうと思っています。)
これで大丈夫でしょうか?

Q2.失礼ですが、みなさんはいくら貯めてから飼い始め、月にいくらくらいずつ貯金していますか?
具体的な数字を教えていただければ助かります。

Q3.また、いざという時のために「ペット保険」に加入することも考えています。
もしご経験があるかた、オススメの保険、注意点があったら教えてください。
病気のことが一番心配です。なんとか出来る限り準備してあげたいです。

■場所のこと
マンション住まいです。
ゲージを置く場所はあるのですが、遊ばせてあげるところとなると狭いのではないか不安です。
自分の部屋は、二段ベット、タンス、ピアノ、パソコン・・大人が二人座るのがやっとという感じです。
放したら隙間やコードがたくさんある危ない部屋です。
Q4.何か対策はありますでしょうか。
(来年3月家族で引っ越すので、飼うのはその時の方がいいかなぁ・・と迷っています。
できれば夏の終わりから飼いたいのですが・・。)

わかる範囲で結構ですので教えてください。必ずお礼コメントは書くようにしております。
フェレットを飼って良かったーっていう話、ここが大変だよ、という話もそえてくださるとうれしいです。

23歳会社勤め、実家暮らしのものです。
フェレットを飼うため、準備をしています。
関連HPはじっくりと読みましたが、不安があるのでわかるところだけでもアドバイスいただければ幸いです。

■お金・病気のこと
フェレットは病気になりやすいということで、飼ってからも「いざという時のためのフェレット貯金」は続けていくつもりですが、始めはどのくらいの「フェレット貯金」があれば安心でしょうか。
(生体やゲージ、えさなど以外の貯金の金額のことです。)

Q1.とりあえず、20万くらいは最低貯...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。私も5月からフェレットを飼い始めた新米フェレ飼いです。

私はほぼ衝動買いのような感じで飼い始めたので質問者さまのように色々調べて準備なさってること頭が下がります!!

私もそろそろフェレちゃん貯金を始めないと・・と思っていたんですが、先日ペット保険のことを知り資料を取り寄せました。スタンダードなタイプでも1500円程度なので、万一の時のために契約しようかな・・と思っています。

予防接種のことは他の方も書かれているような感じです。
うちはジステンバー予防注射代5000円と5月~12月までのフィラリアの予防薬が毎月1000円程度でした。

住宅のこと・・
我が家は2LDKの賃貸ハイツですが、出してあげる部屋を決めています。誰かが家にいるときは放し飼い状態です。
うちの子はトイレのしつけはお迎えして3日で完璧になりました。個体によって覚えの早い子もいるみたいですよ。放牧中でもトイレがしたくなったらケージに戻ってちゃんとトイレでします。

その代わりものすごく噛みます・・
甘噛み程度だとは思うのですが、足首や肘、膝の裏側の柔らかい部分を噛んでくるので叫び声をあげるほど痛いです。
もちろん噛まないようにしつけはしてるのですが、なかなかよくなりません。

我が家にもコード類がたくさんありますが、うちのはコードは噛まないです。
隙間は大好きで、いつもテレビ台かパソコンラック、サイドボードの下にもぐりこんでいます。
どうやら基地らしくスリッパやリモコンを隠したりされます。。

最初は過保護すぎて(?)そういう場所に入れないようにしていましたが、フェレちゃんの方が一枚上というか・・どんなことをしても入っていってしまうので今は絶対危険な場所だけガードしてあとはやりたい放題です。

いろんな性格の子がいるみたいですが、うちはかなりやんちゃさんです。
でもやんちゃで手がかかるくらいの方が育てがいがあるし、かわいいと思っています。

夏の温度管理とかもあり世話は大変ですが、本当にかわいいのでもし飼われるのならしっかり手をかけてあげてかわいがってあげてくださいね!!

参考URL:http://www.ipetclub.jp

はじめまして。私も5月からフェレットを飼い始めた新米フェレ飼いです。

私はほぼ衝動買いのような感じで飼い始めたので質問者さまのように色々調べて準備なさってること頭が下がります!!

私もそろそろフェレちゃん貯金を始めないと・・と思っていたんですが、先日ペット保険のことを知り資料を取り寄せました。スタンダードなタイプでも1500円程度なので、万一の時のために契約しようかな・・と思っています。

予防接種のことは他の方も書かれているような感じです。
うちはジステンバー予防注...続きを読む

Qウサギを飼うのに予防注射は必要ですか。

タイトルどおりです。また

1.えさはどうする。

2.今度もらいたいけど、ぼこぼこ増えたら困る。

オスだけメスだけなど一匹でも飼えるのか。(ウサギはさびしいと死ぬ、らしいので?)

などなど。他に注意点があったら、教えてください。

Aベストアンサー

予防接種は基本的には必要ありません。犬のように毎日外に連れ出すわけではないので感染する病気はひろってきません。
生き物ですので風邪を引いたりそのほかの病気(下痢・皮膚病など)、怪我などでその時に病院で治療がいりますが、前もって予防のためにという注射はいりません。

1・エサはドライフード(尿臭減少成分入りがお勧め)を主食に、おやつに毛玉症予防の為にドライフルーツ(パイナップルやパパイヤ)を用意するといいです。生野菜ももちろん大好きです。でも主食にするとおしっこがめッちゃくさいです。。。
好みで干草系の物をあげてもいいです。

水入れは常時安全に飲めるように吊り下げ式のペットボトルのようなものがありますのでそれを買ってください。

2・喧嘩する子もいますので複数飼いなら別々のケージで並べて飼う方がいいです。ケージの外に出してあげるときに一緒に出して遊ばせてあげてください。
とりあえず1羽飼うのならオスのがいいです。将来的に繁殖するのでしたらメスが若い方がいいです。

寂しいと死ぬというのは迷信です。あまりかまい過ぎてもストレスで弱ります。適度にかわいがってあげて適度にのんびりさせてあげてください。(ダッコが嫌いな子もいます。そんな子はナデナデだけですね)

必要なもの:飼育書 ケージ(将来を考えて幅は60cm位は欲しいですね) エサ入れ(安定感のあるもの) ウォーターボトル(上記参考) コーナートイレ(トイレを覚えさせた方が後々簡単) トイレ用品(トイレシーツや砂) エサ 

今後買った方がいいもの&あったらいいもの: ワラマットなどの敷物 ドライシャンプー ブラシ リードかサークル(コードなどかじるので部屋遊び中すみっこに入り込まない予防用) ホットボード(冬期) 

書き忘れもありそうなので飼育書やネットで確認しておいてください。

予防接種は基本的には必要ありません。犬のように毎日外に連れ出すわけではないので感染する病気はひろってきません。
生き物ですので風邪を引いたりそのほかの病気(下痢・皮膚病など)、怪我などでその時に病院で治療がいりますが、前もって予防のためにという注射はいりません。

1・エサはドライフード(尿臭減少成分入りがお勧め)を主食に、おやつに毛玉症予防の為にドライフルーツ(パイナップルやパパイヤ)を用意するといいです。生野菜ももちろん大好きです。でも主食にするとおしっこがめッちゃく...続きを読む

Q犬の狂犬病予防注射とワクチン注射について。

先月の10日に狂犬病予防注射をうけたのですが、フィラリアの薬をもらうついでに今月の2日にワクチン注射を受けようと思うのですが、
もう少し期間をあけたほうがいいのでしょうか?体調に問題ないようでしたら、連れて行きたいのですが。
回答お願いします。

Aベストアンサー

ウチはワクチン接種月が4月なので、狂犬病予防接種は5月に打ってもらってます。

獣医さんいわく、「ひと月くらいあけて」との事です。
先月10日ならもう大丈夫だと思いますよ。

そうは言っても、かかりつけの獣医さんに直接お聞きになるのが一番良いかと。

Qミニウサギとフェレット、飼い易いのは?

今度、自分の誕生日にペットを買ってもらうことになりました。
ミニウサギかフェレットで迷っているのですが
基本的に飼い易いのはどちらでしょうか?
あと匂いなんかも気になります。。。

できれば、経験者・現在飼っている方の意見をお聞きしたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも難しい動物です。
フェレットは直接飼育経験はありませんので(知人からの情報です)参考程度にしてください。

(1) うさぎもフェレットも病気や怪我をする可能性があります。
(2) 病気・怪我の際に適切な治療をしてくれる動物病院は限られています。
(3) 病気・怪我で10万単位での治療費がかかることがあります。
(4) どちらもトイレを必ず覚えるわけではありません。個体差があります。
(5) いたずら等には躾で対応する事はできません。入って欲しくないところには入れないように、触って欲しくないものには触れないようにするしかありません。
(6) どちらも噛み付く可能性があります。結構痛いです。
本気ガミはどちらも救急病院に行かなくてはいけない傷になります。
(6) 糞尿は臭いものです。うさぎは掃除さえしっかりすればにおいは気になりません。フェレットはフェレット自体が結構臭いです。
(7) どちらも小さくて弱い動物なので、部屋の温度管理はエアコンを使ってする必要があります。

私はウサ飼いなので、うさぎに関してはもうちょっと詳しく。
うさぎはいわゆるミニうさぎと言われる雑種と、血統管理されたものがいます。(日本ではアメリカンラビットが主流です。)
雑種=ミニうさぎはほとんどの場合ミニではありません。これは成長するまでどうなるかはわかりません。
ミニうさぎは遺伝性の骨格、歯のトラブルが非常に多いです。
良い環境で生まれ育てられるわけではないので、生まれてからの数ヶ月は賭けのようなものです。(死亡率が高い)
運よく子うさぎ時代を生き残り、運よく、何の先天性疾患もなく、歯の問題もない場合は、雑種は長生きな子が多いですね。

対して、きちんとしたブリーダーさんの管理下で生まれた純血種の子は歯や骨格のトラブル、家に迎え入れてから数ヶ月間の死亡率はそれほど多くはありません。
また、大人になったときの姿は大体わかります。
両親がきちんとわかっている場合は、性格もわりとわかります。
ただし、純血種特有の弱さはあります。
購入費用も高額です。
でも、安心です。

どちらもお金がかかるし、決して飼いやすい動物ではありません。
それでもそんな苦労も出費もチャラにするくらいの魅力を彼らは持っています。
良く考えてお迎えしてあげてくださいね。

どちらも難しい動物です。
フェレットは直接飼育経験はありませんので(知人からの情報です)参考程度にしてください。

(1) うさぎもフェレットも病気や怪我をする可能性があります。
(2) 病気・怪我の際に適切な治療をしてくれる動物病院は限られています。
(3) 病気・怪我で10万単位での治療費がかかることがあります。
(4) どちらもトイレを必ず覚えるわけではありません。個体差があります。
(5) いたずら等には躾で対応する事はできません。入って欲しくないところには入れないように、触って欲...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報