英語をしゃべれるようになりたいと思い(目標は日常会話ができるレベル。今は中学レベルの英語もおぼつかない状態。全然しゃべれません)いろいろ調べた結果海外で実際に英語が使われている環境に自分の身を投じるのが一番いいと思い英語圏の国に行きたいと思っています。そこでワーキングホリデーやホームステイというのがあると聞き調べたのですが分からないことが多々あるのでお聞きします。自分は現在25歳の会社員です。行き先はオーストラリアが温暖で物価も安く、治安も良いようなのでいいかなぁと感じてます。まず費用ってどのくらいかかるのでしょうか?貧乏でとりあえず50万くらい貯めようと思ってますがそれで一年間もつでしょうか?現地で仕事もできるようであればしたいと思いますが。あと英語ができない人は語学学校に通う人が多いそうですが費用がかかるし、教えるための言葉も英語だとするととてもついていけないでしょう。そこで知ったのがステイ先のホストマザー英語を教えてくれるというものです。これなら個人のペースに合わせて学習していけるのではないかと思ったのですが、やはり高いのでしょうか?オーストラリアにもこういうのはありますか?(イギリスが多いと聞きました…)あと変な質問かもしれませんが恋人と一緒にホームステイすることはできるのでしょうか?今同棲してるのですができたら一緒に行きたいと思っています。日本語を使ってしまうという懸念がありますが。彼女は僕より年上で32歳です。ワーキングホリデーのビザはとれないかと思いますが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

オーストラリアのビザの申請は7月から始まるのでその頃に申請をして下さい。

一定の定員を超えると、その年度は受け入れてもらえなくなります。人数は教えてもらえません。申請時の残高証明ですが、私は30万円でとおりましたよ。50万円あれば、現地でアルバイトをして無駄使いをしない生活を送れば可能だと思います。経験者としてはあなたは100万円。彼女は働かないのであれば150万円くらいあればベストだと思います。

私は去年ワーホリでシドニーに滞在してました。英語はほとんどできなくて、最初はホームシックにかかって大変でした。でも、日本人のいない環境に身をおくのが一番。田舎の、日本人の1人も居ない場所で1ヶ月ホームステイしたら、会話の雰囲気は掴み取ることができました。最初はしゃべれなくても英語の生活に慣れることが大切です。語学学校に通わなくても方法はいろいろありますよ。ホームステイは自分で探すより会社で手配してもらった方がいいかも。みんなとは言いませんが、現地の家族はサイドビジネス感覚でホームステイを受け入れてるところが多々あります。実際私もそういう所にステイして、つらいと思いをしたこともあります。彼女と行かれるのいであれば、前の人も書いてあるように現地に住んでる人とマンションをシェアするのをお勧めします。例えば、オーストラリア人と日本人の夫婦とマンションを共有して生活したりできます。夫婦との会話はすべて英語!なんてことも可能です。
探し方は現地でのホームステイや旅行・ホテル・飛行機の手配などをしている、日本人の為の会社があります。ここで、いろんな人の情報をやりとりできます。他には日本語のフリーペーパーや現地の新聞などのシェアメイト募集欄にいろいろ載っています。
参考にして頂ければうれしいです(^o^)
    • good
    • 0

僕は、オーストラリアの大學に現在かよっている、大學3年生です。

ワーホリで英語を鍛えようというのが趣旨のようですね。それは可能だと思います。

まず英語を学ぶために英語圏へ!!というアイディアから話しますと、英語圏へ行ったからといって、英語が話せるようになるわけではありません。やはりそれなりの努力は必要ですし、話そうとするチャンスを自分で逃さないということが、オーストラリアの場合特に必要になると思います。はっきりいって、日本人が良く行く観光地、つまり、シドニーやゴールドコーストなどにある語学学校は日本人もやっぱりおおく、英語を使わないで生活しようと思えばできるらしいです。とくにゴールドコーストは、日本語のみでやっていけるとさえ聞きます。だから、場所選びは慎重に。

しかしながら、働くのであれば、やはり都市部を選ぶのが懸命でしょう。地方では、日本人の数は少なくなりますが、そのぶん仕事がない可能性がでてきますし、都市部のほうが、日本人勧告客がくるぶん求人が多くなりますよね。英語をはなす環境から逃げなければ、べつに都市部でも全然おっけ~なんですけどね。

物価の面から言うと、シドニーはそれほど安くないとおもいますが、日本に比べればそれでもやすいですかね。

ホームステイで、安くて週160ドルぐらいなんじゃないですかね。ちなみに、僕が昔住んでいたホームステイ先では、週175ドルでしたけど。彼女と一緒にホームステイといのは、とりあえず聞いたことありませんね。まあ、無理だということはないとおもいますが、なかなかステイ先で一緒に住むのは難しいと思います。一緒になら、ユニットを借りることをお勧めします。ホストマザーが英語を教えてくれるかどうかという点についてはよくわからいませんが、ぼくのホストファーザーはよく僕の英語がまちがっていたらなおしてくれたりはしました。でも、そういったことは、個人的に好意でおしえてくれることはあっても、システム的に確立されたものではないと思います。


語学学校のことを話すと、だいたい授業日は、安いところで週175ドル(もちろん豪ドルです)ぐらい、アベレージで230ドル、高いところで260どるぐらいといったところでしょうか。シドニーなどの都市部はやはり高めになります。英語のレベルについていうと、普通は、その人のレベルにあったクラスが用意されているので、心配ないと思います。ただ、日本人の友達とのみ出歩いていると、英語圏に居る意味がなくなります。もちろん同じ国から来た友達を持つことは大切ですが、オージーの友達も作りましょう~

費用についてですが、50万はどうですかね~ 確か、ビザを申請する時点で、ある一定以上の残高が必要だったと思います。働くきがあるなら、おっけーだとおもいますけどね。50万で収入なしですごすのは、きついんじゃないでしょうか。

彼女はワーホリのビザを取るのは難しいでしょうね。turist visa or student visaを取ることをお勧めします。ただし、turist visaでは働くことはできませんし、確か一度の発行で6ヶ月が最長で、そのあとまた申請しなおして1年滞在するという方法ぐらいしか思いつきません。student visaは申請することによって、ある程度働けますが、studentでなければならないので、語学学校、大學、TAFEの学生になる必要があります。オーストラリアは多少年についてゆるめなところがあるので、うまくすれば通る可能性があるとおもいますが、それは非常に厳しいと思います。

英語圏にいるから、英語が話せるようになるとは限りません。僕は、英語圏にいても、英語をはなそうとしない日本人をたくさん知っています。しかし、やはり、言語は文化なので、英語圏で生活しなければ、ほんとうに生きた英語を話せることはないと思います。がんばってくださいね
では~これで
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下のサイトに関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


なお、OZではなくNZ(ニュージーランド)に関する情報でしたら、いろいろな関連サイトを紹介できますが・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=40480, http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=35847

この回答への補足

はい、ぜひニュージーランドの関連も教えて下さい。別にオーストラリアだけ!と決めてるわけではないので…。NZでもどこでも現地で英語が学べるかつ住みやすければOKです。

補足日時:2001/03/25 14:44
    • good
    • 0

すみません、訂正です。



>2日(フルタイム)で1週間分の宿代+αのお金ができます。

と書きましたが、”正しい”計算をしてませんでしたので、もしかしたら3日かかります。
    • good
    • 0

費用についてですが、例えば、ホームステイの費用などを差し引いて自由に使えるお金で


50万ということでしょうか?
遊びまくるのであれば、ぜんぜん足りないのは確かです。
知っている人では、150万でも足りないなんていうリッチな人もいます。
向こうで働けば、2日(フルタイム)で1週間分の宿代+αのお金ができます。
宿代というのは、バックパッカーズの相部屋を利用した場合です。
お米が安いですので、ひたすら米を食べていれば、+αで1週間分の食費も出るかも。
お米はレンジでチンの人もいましたが、自分はひたすら鍋で炊きました。

友人は小さな語学学校に入ってしまい、レベルの合うクラスが無く、転校するはめになりました。
きちんと確認したうえで、入学するようにしてください。
    • good
    • 0

私の場合はアメリカですが高校時代に1ヶ月のホームステイと、大学が向こうでした。

アメリカとオーストラリアでは少し事情が違うかも知れませんので、ご参考として。

『ステイ先のホストマザー英語』という言葉は初めて耳にし、具体的にどういうものか分からないのですが、普通(?)のホームステイでも、一緒に暮らしているのは『家族』なのですから、日々の普通の暮らしの中での会話全てが勉強になります。ですから特に『ホストマザー英語』にこだわる必要はないのでは?と思うのですが。また恋人と一緒にということですが、相手の家族からの了承がもらえるかどうかの問題だと思います。が私個人の意見としては、あまりお勧めできないかと思います。ホームステイというのは、その家族の一員になることで決して『お客』でも『他人』でもありません。ですから、こちらもファミリーの方を家族と思って接することが必要になります(もちろん礼儀とマナーと思いやりを持って)。けれど恋人同士というのは、お互いが確たる目標を持っていても、ついつい『自分達』の時間や空間を優先し、家族とは違う関係を持ってしまうものだと感じます。個人的には下宿などの方法を取った方が良いと思います。その場合は単にビジネスとして下宿を『経営』している場合と、ホームステイだけど料金を取るという場合があるようです。前者の場合は『ホストファミリーと接することで英語を学ぶ』という状況を得るのは難しいと思います。

ワーキングホリデーでない場合は現地での滞在期間とビザの関係を調べて下さい。アメリカでは3ヶ月以上の滞在にはビザが必要です。また語学学校へ行かれない場合は、どんな種類のビザを取得すれば良いのか、またそのビザを取得する条件を知る必要があります。(ちなみに私が知っている限りでは、観光ビザでは3ヶ月以内しか滞在できません)ワーキングホリデーの場合、これは友人から聞いた話なのですが(私はワーキングホリデーの経験はありません)、生活費を稼げるぐらいに仕事はなく、稼げるのはお小遣い程度と思っておいた方が良いということです。またワーキングホリデーの審査でも、もし仕事がなくても暮らしていけるかどうかの質問がありYesと答えれる必要があると聞きました(定かではありませんが・・・)。また仕事をしても良いという条件のあるビザ以外だと、現地で仕事をすることはできないので、やはり必要な金額は全て日本で用意しておいた方が良いと思います。
#1の方の回答にある通り、英会話学校や旅行会社が企画しているホームステイプランには様々なイベントなども盛り込まれていますので、多くのことを経験するにはとても良いと思いますが金額はそれなりにかかります。私が高校時代に行ったコースは(当時は今より円高でしたが)1ヶ月で、保険代からお小遣いまで含めて40万程度でした。
とにかく個人で1年間という期間、学校へ行かずに学ぶ場合の一番の問題はビザです。今はどうなのか分かりませんが、どこの国でも『学校に通っていない』『就職先が決まっていない』という状況で、ビザの取得は大変難しいです。
オーストラリアでの生活は経験がないので物価など、詳しいことは分かりません、ごめんなさい。

私も経験しましたが、色々調べたり準備するのは大変ですっ!でも夢に向かって着々と進んでいる、という喜びと期待がありました。tendon さんもぜひ夢を実現させて下さいね!!
(長々と書きましたがオーストラリアの事情は分からないので、結局お役に立てなかったかもしれませんが・・・)

参考URL:http://www.nichigonet.com/nc/

この回答への補足

詳しい解説ありがとうございます。確かに彼女と一緒にホームステイではステイ先の家族とのかかわりが疎遠になるかもしれませんね…。ビザの取得が難しいものとは全然知りませんでした。行きたいと思えば簡単に取れると思っていたので…。観光ビザでも取得するのにそれなりの条件があるのでしょうか??
 仕事がなくても暮らしていけるかどうかの質問があるそうですがこれは金銭的に余裕があるということを証明しないといけないのですかね??とするとやはり50万どころではパスできないのでしょうか…。
 たしかに旅行会社や学校のプランやツアーはお金が非常にかかるし、僕が調べたところでは期間的に短いものばかりなので自分としてはそれらを利用することは全く考えていません。もっと安い方法で長く滞在するためには自分で探せばいいのだと思いますがどのように探したらいいのかがよく分からないんです。こんなホストファミリーがありますよ等の耳寄りな情報はやはり知人からの口コミや掲示板などから探すのがいいのでしょうかね?何か知っていたらぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。
 あっ、日豪センターのHP今日改めて見ました。ホームステイ料金(1週間)$155.00ですか、そんなに高くはないですね、これなら…。初めて見たときは$15500(高ぁ~)と勘違いしてました( ^^;)

補足日時:2001/03/25 14:00
    • good
    • 0

自分自身ワーホリを体験してますが、英語はあまり話せなくても問題はないです。


現地で生活していると最低限の英語は出来るようになると思います。実際なんと
かなるものです。自分の周りではオーストラリアが一番良かったという声をよく
聞きます。仕事もそれなりにいろいろあるみたいです。多分行ってみると分かると
思いますが、英語の話せない人が働いていたりしますよ。NZはあまり仕事ない
です。
ホストマザーが英語を教えるかどうかは私はちょっと分からないのですが、語学
学校は日本で探すより現地で探した方が安いと思います。必ず日本人が集まる所
があるので、そういう所に行くとお得な情報が手に入ったりします。
自分は語学学校に行って良かったと思っていますが(友達ができたので)、
行かなくても英語の勉強方法はいろいろありまし、とにかく会話をすることです。
恋人と一緒にホームステイができるかどうかは、ホストファミリー次第だと
思います。でもホームステイで彼女と住むより、フラットメイトを募集している
家で彼女と住んだほうが気は楽だと思うのですが。家賃もその方が安いし、
フラットメイトがオージーか日本人以外であれば日常でも英語を使うことができ
るはずです。あなたがどうしても英語を話せるようになりたければ彼女との
会話も英語にする気持ちを持たないと難しいと思います。
ワーホリのビザは申請してみないと取得できるかどうかは分からないので、
彼女も申請したほうがいいでしょう。確か作文を書かされたと思ったが、なんせ
何年か前のことなので変わっているかもしれません。
それでは楽しく過ごせるといいですね。

この回答への補足

語学学校を現地で探すということですが、具体的にはどのようにして探すことになるのでしょうか?日本人向けに案内してくれるところとかがあるのでしょうか?
ステイ先も現地で探せるのかな?でもまずは現地でしばらく泊まれるところを日本にいるうちに探しておかないとダメですよね。
語学学校の先生はやっぱり英語で「英語」を教えるんですよね?
(やっぱりついていけそうにない…( ^^;))
なにぶん海外に一度も出たことのないものなので分からないことだらけです。
フラットメイトというものですがこれはどんなものなのでしょう?よろしければお教えください。
あと僕が調べた限りではワーホリビザは30歳以下までが年齢制限ということだそうで彼女は無理みたいです。残念。観光ビザで行くとしたら彼女は3ヶ月しか滞在できないし…。やっぱり一年くらいはじっくり腰を据えて現地で生活したいものです。

補足日時:2001/03/25 13:46
    • good
    • 0

質問内容にそぐわない回答かもしれませんが。


ワタシもあまり英語のレベルが高くありません。
それでも体験留学という簡単なもので、去年に一週間ですが、
アメリカのポートランドに行きました。
近畿ツーリストからのプランです。
(毎年プランは1回のみ、出発は6月です。)
20万もかからなかった覚えがあります。
メインのステイ先はポートランドの大学寮。
(中村雅俊さんの子供さんが、去年卒業された大学です。去年偶然に鉢合わせしました♪)
そこで過ごす間に2泊3日で、現地の家庭にステイすることになります。
そこで、先方の家族と出来るだけ一緒に過ごすように務めればかなり耳も慣れます。
ワタシも辞書を持って行きましたが、それを使うこともなく過ごしました。
その時に一緒に行かれた方が、英語の教師(他国からの移住者などに英語を教えているらしい。)の家庭にステイされ、かなり英語の勉強をされたとか・・・・(^^)
また、向こうの方はパーティーをよく催されますし、時期的に卒業などのシーズンの決行なので、グラデュエーションパーティーなどのチャンスもあったりします♪
あと、ワタシの知る人は、語学留学にニュージーランドを選んでいる人が多いです。

あまりアドバイスにはならないみたいな気がしてきましたが、ワタシとしてはこんな感じです(^^;;;
日本の英語学校でも、先生が良ければかなり進むといわれましたが、やっぱり英会話は慣れが一番ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワーキングホリデー

すごく初歩的な質問なんですが、ワーキングホリデーって何ですか?
留学とは違うんですか?
詳しく教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

現在ワーキングホリデーでフランスに来ています。
ワーキングホリデーのビザというのは基本的に「あなたを1年間こちらの国に来ることを許可する、なおかつ働くこともできますよ」というビザ。
調べるとわかると思いますが外国にいくにはいろいろなビザがあって、就労ビザを取得しないことには正規に働くことはできません。
それを国際交流の名のもとに両国間の若者を対象として文化交流をはかろうとしたもの、と考えるといいかと思います。
でも、ビザがおりたからといって政府(両国)が何かしてくれるわけではありません。
単に1年の滞在と働くことを許すだけです。
住まいも職も自分で探すことになります。もちろん経済的余裕があれば働かなくてもオッケー。
要するに簡単な就労ビザ。国によって違いますが年齢制限があります。
詳しくは以下のサイトでよくわかると思います。

参考URL:http://workingholiday-net.com/

Qニュージーランドワーキングホリデーの期間について

ニュージーランドのワーキングホリデービザ発行条件には、「6ヶ月~1年の長期滞在予定の方」と書いてあったように思いますが、6ヶ月以下の滞在予定ではビザは発行できないのでしょうか?
例えば、 1ヶ月語学学校に通って、2ヶ月働く(計3ヶ月)などです。
普通に滞在中に帰国用事が出来て、6ヶ月未満で日本に帰ってしまう人だっていると思うのですが…。

できれば長期いたいのですが、なかなか厳しい部分もありまして。

ケットはオープンチケットで行くつもりです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビザの有効期間内であれば、いつ入国しても出国してもかまいません。

ワーキングホリデービザは、【ニュージーランドに最初に入国した日】 より1年間の滞在が許可されます。
滞在が許可さている期間内であれば何度でも入出国できます。

ただし、出国していた期間も滞在許可期間に含まれるので、その期間を再入国後に延長することは出来ません。


またワーキングホリデービザは、同一申請者に対し1回しか発行されないので、次回に1年間滞在できる機会があっても申請はできなくなります。
働かない(学校+観光)のであれば12週間未満はビザが不要です。


基礎的な英語力が低いと、1ヶ月語学学校に通って、2ヶ月働く計画なら、ワーキングホリデービザを取得しても、なかなか仕事が見つからず、予定期間が終了してしまうかも……
   

 


  

Qワーキングホリデー中にパスポートがきれます

オーストラリアでワーキングホリデー中です。
もうすぐでパスポートが切れるのでこちらで
切替申請を行いたいのですがビザはどうなるのでしょうか?
ちなみにビザは2008年5月まで有効のものです。

Aベストアンサー

  オーストラリア出国時
2冊だします。 新パスポートは トップページ
旧パスポートは ビザのステッカーのページを開いて出すといいでしょう。
自分の身分を証明するのは 新パスポート
オーストラリア入国のスタンプ及びビザがあるのは旧パスポートですから。
出国のスタンプは 新パスポートに押されます。

 日本入国時
たぶん2冊です。
新パスポートに入国のスタンプが 押されます。
最後に日本を出国したのは 旧パスですので 

 5月まで 一時帰国するとき
WHのビザは マルチエントリーではないと思います。
マルチエントリーなら Ausに再入国する再は ここに有効ビザありますよ
ってことで 新旧2冊 出します。

マルチエントリーでない場合は Ausのイミグレで リエントリービザを
発行してもらいます。 もちろん 新パスに貼ってもらいます。
入国は 新パスで入ります。

Q30歳のワーキングホリデーについて

夫婦でオーストラリアへワーキングホリデーを考えていますが、主人が5月に30歳になります。
ビザの申請時が30であってビザの有効期限内なら31になってからでも、渡豪
できますか?また、発給の枠が決まっているそうですが、30で申請して、その年度の枠に入れなかった場合も、次の年度に持ち越されますか?ご存知の方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

30歳という年齢は入国期限ではありませんので、
有効期限内のビザを取得していれば、31歳で入国できます。

発給枠はありますが、カナダほど競争が厳しいわけではないと思いますが。
オーストラリアの場合は国別の発給枠(つまり、日本○人、韓国○人のような形式)ではなく、
各国からの合計全部で何人という形式ですよね。
韓国人の場合、オーストラリアのワーホリビザ取得が困難ですし、
そういう意味でも競争は楽だと思います。

もし次年度の枠に申請される場合は、事情を英文で一筆書いてみてください。

Qワーキングホリデーの斡旋会社

来年の春から半年ワーホリでカナダに行こうと思っています。初めての長期渡航だし、なにより親が心配するので留学斡旋会社に頼もうと思っているのですが、斡旋会社はたくさんあってネットだけでは良くわからず、かといって全部資料請求するのも大変なのでどこを選ぶか迷っています。
ワーキングホリデーに詳しい方、どこの会社が良かったか教えていただけないでしょうか?
ちなみに今のところ出発前の無料英会話レッスンに惹かれてラストリゾートとJTBに資料請求しました。

Aベストアンサー

こんにちは。私はカナダではありませんがオセアニアの2カ国のワーホリ経験者です。初めてのワーホリですと、やはり日本で斡旋会社を通した方が安心ですよね。ビザや航空券、保険、語学学校、ホームステイ先まで全てそろえてくれて、自らは空港に行って飛行機に乗るだけ、到着後は現地担当者のお迎えもあったりして。私も初めての時はそうしました。現地の生活に慣れると、これくらいなら自分で出来たと言う人も多いです。斡旋会社の現地でのバックアップはとても心強いです。日本語が話せれば問題なく長期滞在できますね。

また現地にも日本人長期滞在者のためのサポート会社があると思います。
航空券とビザの手続きを自分ですれば、最低限自分の必要な部分だけサポートしてもらえるはずです。無料で相談にのってくれるところもありましたよ。カナダではありませんが。

ある程度海外旅行などで海外慣れしているのであれば、数日分の滞在先を確保して、現地に直接行って、現地のサポート会社に直接相談するのが安くすむと思います。まあ全て自分で出来れば一番安いのですが。

そしてワーホリで何らかのトラブルに巻き込まれるケースもよく聞きます。私自身も滞在先で空き巣や車上荒らしの被害を受けたことがあります。私はなんとか直接警察に事情を説明し被害届けを出したりしました。2回目のワーホリだったこともあり全て自分でやりましたが、その余裕が裏目に出てしまったとも思えます。

斡旋会社を通さず自分でやるのも、よい経験になることは確かですが、自分の語学力等をよく考えた上でどこまでサポートがいるのかを考えて、最低限のサポートは受けた方が良いとかと思います。すべて頼ってしまってはただの長期海外ツアーみたいになってしまいますから。

長々とすみませんでした。
ではよい海外生活を・・・(^^)

NZでよく利用していた現地サポート会社です。
カナダにもオフィスがあるようなので参考になればと思います。

参考URL:http://canada.eastwind.co.nz/index.html

こんにちは。私はカナダではありませんがオセアニアの2カ国のワーホリ経験者です。初めてのワーホリですと、やはり日本で斡旋会社を通した方が安心ですよね。ビザや航空券、保険、語学学校、ホームステイ先まで全てそろえてくれて、自らは空港に行って飛行機に乗るだけ、到着後は現地担当者のお迎えもあったりして。私も初めての時はそうしました。現地の生活に慣れると、これくらいなら自分で出来たと言う人も多いです。斡旋会社の現地でのバックアップはとても心強いです。日本語が話せれば問題なく長期滞在でき...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報