【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

流れ学の可視化で使われる表面浮遊法と注入流脈法を教えてください。本当に困っています。文献にも載ってないし、インターネットにも詳しくにのていません
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般論として書きます。



流れの可視化の手法の一つに、トレーサー直接注入法 と呼ばれる手法があります。これは トレーサーとなる 煙,色素,油類,微粉末 などを流れの場の中に直接注入する事により、流れの状況(流線・渦 etc)を目で見える形にして観察する方法です。

このトレーサー直接注入法にもいくつかの手法がありますが、一般的によく使われるのが、注入流脈法と表面浮遊法です。 以下、簡単ですが・・・

注入流脈法
流れ場の中にトレーサーを連続的に注入して流脈を得る方法で、比較的低速の流体に適しています。トレーサーと流体との比重差や、トレーサーの流体中への拡散が問題となりやすい欠点があります。

トレーサーには、煙草の煙,線香,バルサン煙,ケロシン,流動パラフィン,ドライアイス,色素,コンデンスミルクなどが用いられます。

概略の摘要流速は
  水  :  V = 5*10^(-4) ~ 0.4 m/s
  気体 : V = 0.1~100 m/s   程度です。

表面浮遊法
自由表面上の液流の挙動を観察するための方法で、流体の液面上に軽い粒子を浮かべて流れの状況を目視します。粒子は液面に浮いているため、表面張力と重力の影響を受けやすい欠点があります。

浮遊粒子には、アルミ粉末,ベークライト,おがくず,発泡スチロール,スキムミルク,コルク,ナイロン粒子などが用いられます。

概略の摘要流速は、水で ~ 0.2 m/s  程度です。 

(注)浅沼編 「流れの可視化ハンドブック」 朝倉書店
   に詳しく載ってるそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 参考 : 日本機械学会 「伝熱工学資料」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。詳しいお返事とても助かります。参考を読ませていただきがんばりたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/05/15 11:16

#1です。

あまりに無責任なので少し調べました。

Yahooで「表面浮遊法」と「注入流脈法」は数件ずつしか出て
きませんね。その中に使えるページはありませんでしたでしょうか?

「注入流脈法」の方では、線香の煙で可視化するというのがありました。

Yahooで「流れ(スペース)可視化」とやると1万件近く出てきますね。
なかなか希望のページに辿り着くのは難しいかも知れませんが、
参考になりそうなページも多そうです。

がんばってください。
以上
    • good
    • 0

すみません。

初めて聞いた言葉で、ぜんぜん自信無しですが、
お困りとのことなので、想像で回答します。

目に見えない流体の流れを見えるようにするわけですよね?

表面浮遊法とは、水の表面に例えば発砲スチロールの細かい
粒とか、おがくずとかを浮かせて、その動きを観察すること
ではないでしょうか?

一方、注入流脈法とは、流れている水にインクをたらす等して、
流体内部の流れを可視化することではないでしょうか?

この程度はもうわかっていらっしゃるかもしれないですが、、、。

以上
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流れの見方

流れを見るには可視化方法があります。その可視化実験を行うには注入流脈法や表面浮遊法などがあります。今回の質問はこの注入流脈法や表面浮遊法以外の方法を教えてください。

Aベストアンサー

壁面トレース法 ⇒
油膜法、電解腐食法、感温皮膜法等

タフト法 ⇒
表面タフト法、タフトグリッド法等

トレーサ法 ⇒
その1-(直接注入法)注入流脈法、表面浮遊法、感温液晶法等
その2-(化学反応法)非電解法、電解発色法
その3-(電気制御法)水素気泡法、スモークワイヤ法等

光学的方法 ⇒
シャドウグラフ法、シュリーレン法、サーモグラフ法等

こういう事ですか?

参考URL:http://www.oyama-ct.ac.jp/M/ida/

Q水の抵抗値の測定方法

電気製品で水の抵抗値1500Ωcm以上の水を使用するとあるのですが、
テスターの端子を水につけて1cmの距離の抵抗値を出せばよいのでしょうか?
測定器具はテスターしかないのですが、測定可能でしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

すでに回答があるように、
分極が生じてしまうので、テスターの直流では、水の抵抗を測ることができません。

水の抵抗(電気伝導度)を測るための専用のセンサーと計器があります。

水の電気抵抗値は、普通の水道水で、4から80kΩ程度、純水で1から10MΩとのことですから、
1500Ω以上と言うだけの条件であれば、普通の水道水で良いように思います。


人気Q&Aランキング