新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

主に闘病記などのオススメの本ありましたら教えてください。最近読んだのは 余命1ヶ月の花嫁や 飯島夏機さんのガンに生かされて などです。 闘病記以外にも何かありましたら教えてください。去年は 沖縄の ひめゆりや 特攻隊など戦争物を読んでいました。精神世界関連も好きです。 私自身 事情あって外出できず家にとじこもっているので読書が救いになってます。よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

こんにちわ。


闘病記で感動したのはダニエル・スティール著『輝ける日々』です。
生まれたときから躁うつ病の症状を示したニックという少年の家族とカウンセラーの闘病記で、ものすごく感動して泣けました。こんなにもすごい努力をした家族の話があるものかと‥本当に感動してお勧めの本です。

その他
カミュの『ペスト』はいかがでしょうか。
アルジェリアで実際に起こった鼠が原因の病気の話です。

戦争もので泣ける本は次に本でした。
藤原てい著『流れる星は生きている』
満州にいる夫がシベリア送りになった日本人の妻と子の脱出記です。
こんな話が本当にあるものか‥と思うほど悲しい話ですが、最後には大きな感動と奇跡が待っています。

百田直樹著の『永遠のゼロ』もお勧めです。
特攻隊の話で、最後は感動しました。

その他、個人的にお勧めの本は
乃南アサ著『しゃぼん玉』(罪を犯してしまった少年が山奥に逃げて、その山奥で優しいお婆さんとヒゲ爺という人に出会って、心を入れ替えていく話)

重松清著『ビタミンF』
直木賞作です。6つの短編集ですが、どれも皆素晴らしく、暖かさが温かいお話でした。

それとアウシュヴィッツ関係の書はお読みでしょうか?
アマ・ハイルマンの『アウシュヴィッツを越えて-少女アナの物語-』は、読んだ後、言語に絶し、泣くことしかできませんでした。

トマス・ジーヴ著『ボクは鉄条網に囲まれて育った』も得られることが多い作品です。

虐待関係では、デイヴ・ペルザーの『“It”と呼ばれた子』が有名です。

その他『永遠の子』も虐待の話ですが、これはこれから読もうとしている本なのでまだ感想は分かりません。

登山・遭難関係ですは下記がお勧めです。
沢木耕太朗著『凍』
サン・テグジュペリ著『夜間飛行』

私からは以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。たくさん教えてくださってありがとうございます^^

お礼日時:2009/11/22 18:06

訂正と付け足しです。


アマ・ハイルマンではなくアナ・ハイルマン。

その他思いついたのは柳田邦夫の『犠牲(サクリファイス』です。
脳死の息子に家族がどう向き合うかが描かれていて感動ものです。
    • good
    • 0

闘病記。



『僕は人生を巻き戻す』 テリー・マーフィー著、仁木めぐみ訳 文藝春秋

はいかがでしょう? アメリカ人の脅迫性障害の青年が、優秀な医師とのコンタクトがきっかけで回復していく、なかなか感動的な実話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^読んでみます!

お礼日時:2009/11/22 18:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング