プロが教えるわが家の防犯対策術!

JGCの平ステータスに20,000FOP以上はワンワールドサファイヤとなりますが、20,000FOPの近道を伝授ください。
http://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/oneworld.html

コストパフォーマンスに優れた回答をお待ちしております。
ベースはHNDです。

国内線でHND-OKAをひたすら繰り返すのか?
その他の策はあるのでしょうか?

A 回答 (2件)

 お久しぶりですが、お元気そうで何よりです。


 ご質問の「困り度」が最大(すぐに回答欲しいです)ですが、これは年内に2万FLY ON ポイント(以下FOP)を達成したいという意味でしょうか。

 そうであれば方法は、JALビジネスきっぷでの東京-大阪往復に絞られるでしょう。年末の繁忙期でも利用可能ですしマイル積算率も100%、さらには有利な条件でFOPが加算されるキャンペーンが行われているためです。
 東京-大阪の区間マイルは280マイルです。積算率100%の運賃ならその倍の560 FOPが貯まるのはご承知の通りです。さらに、ほぼ通年で行われている「FLY ON ボーナスキャンペーン」分の400 FOPが追加されます。加えてJALは現在、「FLY ON ポイント2009年ラストチャンスキャンペーン」[1]と銘打ったキャンペーンを行っており、もう400 FOPが上乗せされます。すなわちJALビジネスきっぷで東京-大阪を搭乗すると、片道当たり280×2+400+400で1,360 FOP稼げるわけです。単純計算では15片道の搭乗で2万FOPに届きます。
 ただしご承知の通りJALビジネスきっぷは1区間だけの利用はできないので、15回のうち1回は特便割引1に差し替えます。特便割引1は積算率75%、「FLY ON ボーナスキャンペーン」加算が400 FOP、「FLY ON ポイント2009年ラストチャンスキャンペーン」加算が200 FOPです。合計すると1,020 FOPになります。これも参考ページ[1]に出ています。
 JALビジネスきっぷ7往復分にこの1,020 FOPを足すと20,060 FOPになります。総費用は特便割引1の運賃額により多少異なりますが、最安では228,000円です。

 海外も含めてよければ、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスでヨーロッパまで往復してくる方法があります。成田発香港経由ロンドン往復が20万円台前半で手に入ります。例えば参考ページ[2]はJTBの商品ですが、年末年始の繁忙期を除いて24万円です。成田-香港が片道2,301 FOP、香港-ロンドンが片道7,479 FOPですから往復で19,560 FOP稼げます(*1)。
 ただし2万FOPでワンワールドサファイアのステイタスを得るには、期間内に積算対象運賃で4回以上JALグループ便に搭乗する必要があります。手っ取り早くは羽田-伊丹-コウノトリ但馬1往復がよいでしょう。費用38,800円~45,800円で「JALグループ便4回」の条件を満たせます。残り440のFOPもこの1往復で楽に上積みでき、合計2万FOPはクリアです。総費用は28万円前後と計算されます(*2)。

 年内でなく年が明けてからでよければ自由度はずっと大きくなります。オーソドックスにやるなら仰る通り羽田-沖縄往復でしょう。バーゲンフェアを利用すれば片道14,000円(*3)で1,476 FOP稼げますから、7往復で2万FOPに届く計算です。総費用は196,000円です。
 これよりFOP単価の安い区間は国内ではちょっと思い浮かびません。以前は札幌-那覇(1,398マイル、バーゲンフェアで16,000円)がありましたが、休止になったのはご存じの通りです。以前の回答[3]で触れた「FLY ON ポイントスタートダッシュキャンペーン」「JAL国内線ステップアップキャンペーン」のような大盤振る舞いがあれば作戦も変わりますが、そうでなければバーゲンフェアでの沖縄往復かJALビジネスきっぷでの大阪往復に落ち着くでしょう。

 国際線ならより安く上げることも可能です。フライトマイル×1倍のFOPしか貯まらないとは言え、その分を距離で稼げます。例えば「Web悟空3週末ステイ」の東京-シンガポール、1月3日~30日の午後便出発なら最安で33,000円です。片道距離が3,312マイル、積算率が70%ですから往復で4,636 FOP貯まります。これを4往復し、残りを東京-大阪往復ででも補えば2万FOPは容易です。総費用は16万円といったところでしょう。
 また「Web悟空5週末ステイ」の東京-ニューヨーク、1月4日から2月18日までの間の出発なら最安で54,000円です。片道距離が6,737マイル、積算率70%ですので往復で9,432 FOPです。2往復してこれに適宜の国内線1区間か2区間を足せば楽に2万FOPを越えます。総費用は13万円程度からです。
 少し高くなりますが、同じく「Web悟空5週末ステイ」の東京-ロンドンという手もあります。12月31日から2月26日までの間の出発なら最安で60,000円です。往復8,708 FOPですからこれで2往復して、残りはビジネスきっぷの東京-大阪1往復で届きます(*4)。総費用は15万円程度からです。

【まとめ】
 2万FOPをなるべく安く稼ぐ方法で私が思いついたものは以下の通りです。もちろん下記の案を2つ以上組み合わせることも可能です。
(A) 東京-大阪をビジネスきっぷで7往復 + 1片道は特便割引 総費用23万円前後
(B) キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで東京-ロンドン(香港経由)1往復 + 羽田-伊丹-コウノトリ但馬1往復 28万円
(C) 東京-沖縄をバーゲンフェアで7往復 20万円
(D) 東京-シンガポールをWeb悟空3週末ステイで4往復 + 適宜の国内線を1往復 16万円から
(E) 東京-ニューヨークをWeb悟空5週末ステイで2往復 + 適宜の国内線に1片道 13万円から
(F) 東京-ロンドンをWeb悟空5週末ステイで2往復 + 適宜の国内線を1往復 15万円から

 なお下記の点には留意下さい。
・総費用には空港使用料や燃油特別付加運賃などを含めていません。
・総費用は最も安く上げた場合のものです。特に国際線航空券は時期による価格変動幅が大きいので、時期によってはかえって高くついてしまうことがあります。
・マイル積算規則については実行に移される前にご自身でも再度確認ください。(特にJAL便以外を利用される場合)

[1] http://www.jal.co.jp/121campaign/flyon/last_chan …
[2] http://www.jtb-free.com/air/air_411.php?cn=J09SN …
[3] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2730470.html

*1 これらのFOPの数字には、ビジネスクラス利用による25%の割増を既に含めています。
*2 燃油特別付加運賃や空港税類は含めていません。UKの空港をビジネスクラスで出発すると、航空旅客税が100英ポンドと高いのは痛い点です。
*3 1月搭乗分は12,000円と少し安いのですが、あいにく今からでは予約が間に合いません。またバーゲンフェアが継続設定されるかも多少の心配要因です。
*4 「FLY ON ボーナスキャンペーン」「FLY ON ポイント2009年ラストチャンスキャンペーン」合計の800 FOPが付く前提での試算です。

参考URL:http://www.jal.co.jp/121campaign/flyon/last_chan …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Umada様、大変お久しぶりでございます。
毎度お世話になり、大変ありがとうございます。

質問不足でしたが、来年のスタート以降を狙っておりました。
懇切丁寧なご回答で感謝しております。
自分で考えたプランを遥かに超えるルートの提示、これから良く考えさせていただきます。

お礼日時:2009/12/16 18:44

本年、HNDベースで国内線やら国際線やらを飛び回って、6ヶ月程でJGCを取得いたしました。


私も、今後ステータス維持のため、20000FOP修行をする身となりますが、既にUmada様が大変すばらしい回答を寄せられておりますので、ちょっと別の観点から・・・。

Umada様の回答を一部拝借させていただき、そのまま受け取ると、ニューヨークへの「Web悟空5週末ステイ」利用が、かなり有利そうですが、税金やら燃油サーチャージやらが、1回あたり22,000円程かかります。
従って、ざっとFOP単価は、8.1円/FOP程度です。
同じくロンドンですと、運賃60,000円に対し、税金・サーチャージが28,000円で、FOP単価は、10.1円/FOP程度となります。
また、HNDベースとは言え、やはり空港までの時間や交通費は、それなりにかかってくることでしょうから、いずれにせよ、本気でコストパフォーマンスを考えるとしたら、航空運賃以外の要素が多分に影響してくるものと思われます。

私としては、すでに示されているいくつかの回答を上回る案はご提示できないのですが、これらのいくつかの例をもとにして、ご自身で許容なされるFOP修行の金額と数字では表せない旅の満足感をお考えになってみるとよいのではないかと思います。

例えば、沖縄に行ったときに久米島まで往復運賃で往復する、奄美大島に行ったときに喜界島まで往復する。
幸い、本年は、片道800FOPがつくというキャンペーンもあり、FOP単価をそれほど上げることなく、こういった島々へ行くことが出来ました。
また、こういった島々は、意外と安く宿泊できるので、わざわざHNDベースの自宅に戻らなくても、宿泊費以上の価値を得られたりもします。

あと、すでにJGCということですので、適宜マイレージも、たまっておられるのではないかと考えられます。
その場合は、一旦、海外まで特典航空券で行き、その上で、ソウルや台湾発の現地発券で、日本、北米、あるいはキャセイにてアジアやオセアニア各地などを目指してみてもよろしいのではないかと思われます。
特に、後者ビジネスクラスでの修行はまた、FOP単価だけの視点では表せない旅の満足感という要素が入ってくると思います。

ただし、どの手段をとるにせよ、来年4月から、一部予約クラスのマイレージ換算率を改定するようですので、情報には是非とも敏感になっておくことをお勧めします。

Umada様、お名前と一部、回答内容を拝借してしまい失礼いたしました。
外貨調達の方法等、ROMの身ではありますが、いつも大変参考になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
キャンペーンの利用も見逃せないですね。
こういったものをうまく利用することも大切だということがよくわかりました。

お礼日時:2009/12/29 00:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング