列車を運転する人が電車でGOをプレイするとスムーズにクリアできるのではと考えたのですが。
たぶんいきなりプレイされても操作方法が分かっていれば簡単にクリアしてしまうんじゃないかと。そうとは限らないのですか?まあ運転する人が電車でGOをトライしたことのある人お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

首都圏の私鉄で現役の電車運転士をしております。



ゲームと実際の電車の操縦、全く別物であり、電車の操縦が出来るからゲームも簡単にクリアできるとは限りません。

ゲーム⇒決められた場所で決められた事をすれば高得点⇒数学的
実際の運転⇒回生ブレーキの電力回生状況如何でのブレーキ力の変化、応加重装置によるブレーキ力や加速力の違い⇒物理的

数学と物理、違うように全くの別物です。

実際の運転では、架線の電圧によって加速の度合いも、ブレーキの利きも変わってきます。
また、応加重装置の働きで、空いているときと込んでいるとき、電車の動きが異なります。
ゲームでは視覚によって全ての操作が決まりますが、実際の鉄道の操縦では視覚だけでなく、上記の架線や回生ブレーキの状況による変化、加減速による身体に掛かる荷重の変化、車内の空気の変化、
これらをもって判断し、操作しています。

そのため、全く別物であり、電車の操縦=ゲームではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ブレーキの仕方も全然ちがったりするんですね。分かりやすい回答参考になって助かりました

お礼日時:2009/12/23 13:45

知り合いに運転士がいますのでその人が言っていた感想です。


たまたま、自分が運転する路線と同じ路線が収録されていたそうなのでやってみたそうです。
結果は一発クリアーできませんでした。

営業列車とゲームでは全く感覚もブレーキの効き具合も違うそうです。
まず、同じポイントでブレーキをかけ始めても止まることができないそうで、通常の営業列車では使用しない常用最大ブレーキ(電車でGOで8レベル)を使用しなければならないこともあったそうです。
ゲームではGを感じることができないのでそれも難しいと言ってました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

全然別物であることがよく理解できました。アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2009/12/23 13:39

親戚が某鉄道の運転手なのでいつも運転してる区間をやらせてみました


派手にオーバーランしました。

お尻にGかからないと感覚がわからんそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱり運転できるからといってゲームでやるとなるとなかなかうまくいかないものですね。私も今度電車でGOをやってみます。

お礼日時:2009/12/23 10:07

元駅員です。



東北新幹線ホームを担当していたときゲームの好きな運転士に聞いたことがあります。

返って来た答えは「あれはめちゃくちゃ難しいよ、本物の電車のほうが簡単だよ」でした。
プロも難しいと言っていましたよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

えー本物のほうが簡単なのですか。それはあまりにも驚きです。まさかと思いました。

お礼日時:2009/12/23 10:05

F1ドライバーが車のゲームをやらせたら上手いかと言われればそうではないんだよ


それと一緒だな

あんたも車を運転した事があるならばゲームと現実は別物だという事が解るんだがな

運転するのは視覚だけじゃなく体感も必要だという事を言いたいのが解るか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゲームと現実は別物ですね。私は電車でGOというゲームができるからといって現物の列車運転はできるとは絶対に限らないと思っていたものの
逆に列車の運転ができれば電車でGOは簡単にクリアできるんだなと思ってました。他の回答を参考した結果、私の思っていたことと全然違っていてなかなかそうはいかないもんですね。

お礼日時:2009/12/23 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都内で電車でGO!のあるゲームセンター

都内で電車でGO!の巨体が未だにあるゲームセンターを教えてください。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1319590613

都内はありませんが、神奈川、埼玉の情報が上のサイトにあります、

Q電車に運転について

電車に運転について

新幹線の運転士になるには在来線の運転士を経てからなるのでしょう?
それとも最初から新幹線運転士として入社するのでしょうか?

新幹線は確かに車体も高価だし新幹線の運転士と聞けばエリートの様な気もしますが
実際、都会の在来線の方が、過密ダイヤで停車駅も多いし、踏み切りも多い(気を使うと言う意味で)
やる事が多い気がします

素人見ですが、東海道新幹線なら、新横浜を出れば、名古屋まで一時間ちょいノンストップ
もちろんボーっとしてる訳ではありませんが、在来線より楽なような気がします
実際どうなんでしょうか?

この歳で運転士はおろか、JR社員にはなれませんが、どうなのかな?と思いまして

Aベストアンサー

JR東海に関しては一定の養成期間はともかく、「在来線の運転手から新幹線の運転手になる」のではなく、いきなり「新幹線」のようですね。これは微妙に運転操作が違うことと、JR東海の在来線の運転規模が小さいせいです。

東海道新幹線は高速運転ゆえの空気抵抗が多く、在来線だと「ノッチ(モーターに行く電流)を切っても下り勾配だと加速する」んですが、新幹線は「関ヶ原の下りでも一定の電流を流さないと速度が落ちてしまう」んだそうで、微妙なノッチさばきを要求されるとのことです。また、意外なことに東海道本線より微妙な上り下りが多く(その分カーブが少ない)運転本数も多いので、細かい操作が在来線以上に必要だという問題もあります。逆に踏切が無く信号が運転台に示されるので、在来線よりその点は楽、ということなんだとか。

なんにせよ、ローカル線と山手線みたいに「線区の違いによる運転方法の差」が大きいので、在来線で研修を受ける意味が少ない、というのも「直接新幹線に行く」という理由でしょうね。

Q機関車が最後尾で運転している列車の運転方法

 機関車で客車を牽引して運転する場合、上り下りの逆方向への運転は、どうするのでしょうか?
 その機関車を先頭に付け替えればいいのでしょうが、そうはいかない場合(たとえばスイッチバック区間など)はどうするのでしょう?
 先日乗った列車は、行きの最後尾車両には、引き返し用?の運転席がありました。つまりは帰りは先頭車から最後尾にある機関車をリモートコントロールする訳ですね。
 かつて立野でスイッチバック区間に乗りましたが、確か最後尾の機関車がバックで列車を押して行き、その際先頭車両に車掌さんが乗って旗を持って安全確認しながら進んだような(運転手さんは車掌さんが振る旗が頼りということ)記憶があるのですが、本当にそのとおりだったのでしょうか?

Aベストアンサー

機関車を最後部にして運転する方法を「推進運転」と言います。

で、この推進運転ですが、日本では推進運転中に最前部となる車両には
通常運転席等はついていないので、25km/hの速度制限があり、かつ
見通しの悪い場合(ほとんどが抵触するはずです)には最前部に誘導員
を乗せて誘導することになっています。

「先頭車両に車掌さんが乗って」というのは、この状態をご覧になった
ものと思われます。

田端-上野などの長距離を推進運転する場合は、これで非効率なので、
最前部に簡易のブレーキ装置を接続して、非常ブレーキだけは使える
ようにし、最高速度を45km/hまでにしています。

カシオペアや北斗星は現在でもこの方法で推進運転をしており、実際に
見ることが出来ます。

以上、2つの方法は、あくまで運転操作は最後部の機関士が行っており
最前部は「非常の際の監視役」でしかありません。コレに対して
「引き返し用?の運転席」がある場合は、先頭の運転台で運転操作を
行っており、機関車の運転台には人間がいないのが普通です。

なお、日本では電車が普及したために、このような方法は珍しいの
ですが(いくつかのイベント用列車に例があります)、ヨーロッパでは
ごく普通に行われている運転方法で、PUSH-PULL(英)とか、Pendelzug
(独)などと言います。

機関車を最後部にして運転する方法を「推進運転」と言います。

で、この推進運転ですが、日本では推進運転中に最前部となる車両には
通常運転席等はついていないので、25km/hの速度制限があり、かつ
見通しの悪い場合(ほとんどが抵触するはずです)には最前部に誘導員
を乗せて誘導することになっています。

「先頭車両に車掌さんが乗って」というのは、この状態をご覧になった
ものと思われます。

田端-上野などの長距離を推進運転する場合は、これで非効率なので、
最前部に簡易のブレーキ装置...続きを読む

Q外国の列車の運転士は運転中に喫煙や飲み物を飲んでいましたが日本では厳禁ですか?

  こんばんは。

  さっき、テレビで世界の車窓を見ていましたが、どこの国の列車だか分かりませんでしたが、運転手が運転しながら煙草を吸っていました。運転席にはちゃんと灰皿も備え付けられていました。
 それと、ジュースのような飲み物もドリンクホルダーがあって、それも運転しながら飲めるようになっているようです。

 
 さて、質問ですが、外国では国によっては運転しながらでも喫煙や飲み物を飲むのは良いみたいですが、日本の電車の運転手は厳禁なのでしょうか。
 
 日本では運転しながら喫煙や飲み物を飲んでいるのを見たことがありません。
 煙草はともかく、喉が渇いたから何か飲むというのもできないのでしょうか。


 気長に回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

以前は、新幹線に限らず運転台に灰ザラがありましたが、今ではありません。国鉄時代の車も原則は撤去してしまったと思います。

国鉄末期の組合の力が異常に強かった時代に、運転士や車掌が好き放題をしたので、それまでは国鉄職員と共に国や国鉄当局を攻撃していたマスコミが、手のひらを返すように国や国鉄当局の味方になり、職員の行き過ぎた行為を攻撃するようになり、さらに乗客までもマスコミなどにちくって、飲食や喫煙を攻撃するようになりました。

飲み物を飲むぐらいは大目にみてもと思いますが、就業時間中に煙草も吸えなければ飲み物も飲めない作業環境は沢山ありますから、大目にみる理由にはならないですね。

今でも弁当を食いながら運転していたり、隠れて漫画を読みながら運転しているような運転士は居ますから、必要以上に厳しくしたくなる会社の気持もわかりますね。鉄道マニアが写真を撮るのを嫌がる、鉄道員は後ろめたいことをしているケースが多いですね。

Q新幹線の運転士、貨物列車の運転士・・・もし両方なれるとしたら、どっちがいい?

掲題の通りです。

新幹線の運転士、貨物列車の運転士・・・
もし両方なれるとしたら、どっちがいいですか?

その理由もお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

新幹線は駅に入ってくる手前からホームに据え付けるまでのブレーキ以外は、基本的にコンピューターが自動的にブレーキをかけてくれるようになっています。(ATC)
加速に関しては手動操作が残っていますが、大部分のブレーキ操作は自動で行われるので、運転士さん一人一人のウデの違いというのがあまり出てきません。

一方在来線の列車は、まだまだ人間の運転士さんが手動で列車の速度をコントロールしていますので、新幹線よりも主体的に列車をコントロールできる達成感があるというお話を聞いたことがあります。

まあ、新幹線は運転速度も高いので運転士さんに求められる技術も高いものがあると思いますが、だからと言って在来線の運転が簡単なわけでは無いということですね。

で、貨物列車というのは在来線の中でも最も一列車あたりの編成長が長いものになります。
東海道・山陽線では最大26両の貨車を引っ張ることも普通ですが、500mを越える長さの列車を運転できるのは日本では貨物列車くらいのものですから、貨物列車の運転にもそれなりの達成感があるそうです。

後、貨物列車の運転士さんは他のJR旅客会社の運転士さんと比べて担当する乗務範囲が広い傾向があり、例えば吹田機関区の運転士さんだと東は名古屋(稲沢)、西は岡山までが乗務範囲です。
もちろん名古屋から岡山まで通して運転することは無く、途中で交代するようになっています。

近年、旅客会社の方では会社をまたいで運転する際には運転士を交代させる傾向がより強くなっているのですが、貨物に関してはJR貨物の運転士さんが運転しますので、JR東日本・東海・西日本と走るエリアが異なろうと関係ありません。
よって、今後もJR貨物の運転士さんは各会社間をまたいで運転できる・・・という見方もできます。

※運転士さんもお仕事で運転されていますので、真剣にお仕事されている上でのお話だったことは付け加えておきます。

こんばんは。

新幹線は駅に入ってくる手前からホームに据え付けるまでのブレーキ以外は、基本的にコンピューターが自動的にブレーキをかけてくれるようになっています。(ATC)
加速に関しては手動操作が残っていますが、大部分のブレーキ操作は自動で行われるので、運転士さん一人一人のウデの違いというのがあまり出てきません。

一方在来線の列車は、まだまだ人間の運転士さんが手動で列車の速度をコントロールしていますので、新幹線よりも主体的に列車をコントロールできる達成感があるというお話を聞い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報