手塚治虫の「ブラック・ジャック」は、何種類も単行本、全集が出ていますが、収録内容、順番がそれぞれ違うようです。
講談社の「手塚治虫漫画全集」では、ピノコが誕生する話より前にピノコが登場していて、矛盾しています。なぜ雑誌掲載順にしないのでしょうか?もしかすると雑誌と出版元が異なるためなのでしょうか?
 現在刊行中の「手塚治虫文庫全集」に期待しているのですが、またこのようなことになると残念です。講談社に直接聞こうかとも思いましたが、試しにここできいてみます。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はっきりわかるわけではありませんが、連載当時のオリジナルである秋田書店のコミックも、雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載された順番ではなかったと記憶しています。


いくつかの回が省かれて、コミック化され、また連載が終わってからしばらく経って読み切りの回もありしました。
最終巻が出たのは連載終了と読み切りが終わって、10年くらい経ってからのはずです。

作者が完成度という点でコミックに入れて欲しくないとか、出版社が差別用語などがあることで見送ったとか、いろんな理由があると思います。
特に医学的なことに関して、雑誌に掲載されたあと、それを読んだ医療関係者から、ここがおかしいなど指摘を受けた回もあると、作者自身記述していました。こういう理由も大きいと思います。

「チャンピオン」の連載通りがもっともオリジナルのような気もしますが、場合によっては作者の書いた順番通りじゃないこともあると思います。
タイムリーな話題を扱った作品だったら、先に書いた作品を一回分遅らせて掲載したたこともあるかもしれません。
ピノコに関しても、チャンピオン連載時にどうだったか記憶があいまいなのですが、けっして時系列にこだわった連載じゃなかったようにも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答、ありがとうございます。
やはり最初に本になったチャンピオンコミックスが良さそうですね。僕も5~6巻持っていて、最初に読みましたし。
 どれかを手元に持っていたいので、今度出る文庫全集版を買ってみようかと今は思っています。

お礼日時:2010/01/07 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックジャックの手塚治虫文庫全集が今月から刊行されていますが、単行本

ブラックジャックの手塚治虫文庫全集が今月から刊行されていますが、単行本や秋田文庫の文庫版に入っていた話や今まで未収録だった話も含めて全話収録されるのでしょうか?

Aベストアンサー

これまで収録されなかった話が入る可能性はありますが、「全話」収録は無いでしょう。
なぜなら、表現上の問題でこれまで収録されない話があるためです。何も問題がなければ、手塚治虫の代表作の完全版がこれまで出されない訳がないでしょう。
ウキペディアの「単行本」の項目をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF#.E5.8D.98.E8.A1.8C.E6.9C.AC

Q手塚 治虫氏の作品に毎回登場する、豚のようなキャラは?

 鉄腕アトム、火の鳥、ブラックジャック、etc…
手塚氏の手がけた作品の多く(全作品ではどうかわかりませんが)で、
豚のような顔につぎはぎがあり、ひょうたんのような形をしたボディの
キャラクターがちょい役でしばしば出てくるのが気になります。

 手塚プロダクションのHP(http://www.tezuka.co.jp/)にアクセスし、
トップを飾るフラッシュを読み込む際にもいきなり上記のキャラクターが現れるのですが、
あの豚の顔をしたキャラクターの正式名称は、公式では一体なんていうのでしょうか?
(正式名称に関する設定がないようでしたら、通称でも構いませんが)

 小さい頃からこのキャラクターの存在がとても気になって仕方ないのですが
何か特別な意味があったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

「なにか」というと諸説あるようで・・・
研究ページ見つけちゃいました。

手塚さんの漫画の作り方というのは「スターシステム」といって、
頭の中に「劇団」みたいなものがあって、
ロック(黒サングラスの悪役専門の青年)やヒゲオヤジ、アセチレン・ランプ、ハム・エッグ、スカンクといった「俳優」に作品ごとに「役」を与える・・・といったものだそうです。

ヒョウタンツギもその「団員」の一人(?)ですね。
小説で、ヒョウタンツギが主役を張っているものもあるとか・・・
私も未見ですが、読んでみたいですね。

参考URL:http://www.scn-net.ne.jp/~yato/hyoutan/theory/theory.htm,http://ja.tezuka.co.jp/studio/character/star01.html

Q手塚 治虫のオススメ。

いつもお世話になります。
手塚 治虫の漫画で、あなたの「オススメ」を、教えてください。

僕は、ブラック・ジャックが好きなんですが、それ以外、あまり読んだ事がないんです。
なんか難しそうなやつとかあるじゃないですか。

なので、「これ、以外に面白い」ってやつを教えていただきたいのです。
※例えると、「火の鳥」なんて、なんか難しそうなイメージがあるんですが…。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つまり、アトムの最後が三種類あったと思います。太陽に突入して蒸発するという最後と、時間を過去に遡って、自分の誕生の時点まで戻り、話が円環になるというのと、もう一つは何だったでしょうか。
 
  『三つ目が通る』というのも、わたしは非常に好きです。和登さんという女性が非常に格好いいです。これも時代が出ていて古いですが、奇想天外な話が次々に出てきます。「三つ目族伝説」などを、世界の色々な伝承と結びつけて、非常に説得力があります。本当に「三つ目族」はいたのではないかとわたしなどは思ってしまったのですが、最後の巻のなかのインタビューで、「あれはみんな作りごとです」とあっさり言っていたのには驚きました。しかし、「作りごと」ではないと思います。作者がそう言っても、そう思えない、面白い話です。
 
  『ワンダー3』というのもシリーズですが、たいへん面白いです。
  『ジャングル大帝』というのは、ずっと大昔アニメだったので、大長編のような気がしますが、長編は事実ですが、三巻本ほどです。
 
  『アドルフに告げる』も、非常に広範囲な社会的・民族的問題を扱っていて、また非常に面白いです。手塚氏の戦争体験が記されているのだと思います。
 
  別格として、サファイヤ・フォン・シルヴァーランドが主人公の少女コミックの傑作『リボンの騎士』がありますが、これは、男性が読むとどうなのか、分かりません。たいへん感動した話ですが、少女漫画です。
 
  『プライム・ローズ』という長編もあります。非常に興味深いシチュエーションから始まり、意外な展開となる冒険ロマンSF漫画です。
 
  作品がたくさんあり過ぎて、これが、という風に絞れないです。短編で傑作があるのですが、「怪奇サスペンス傑作集」などに入っているかも知れません。
 

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つ...続きを読む

Q手塚治虫「ミッドナイト」は全集と秋田書店版とどっちを買ったほうがいいですか?

手塚治虫「ミッドナイト」を単行本で揃えて読もうと思ってます。
(ブラックジャックも出てくるタクシードライバーの話)
・講談社手塚治虫漫画全集版全6巻
・秋田書店少年チャンピオンコミックス全6巻
どっちを買ったほうがいいでしょうか?
両者の違いをご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

「ミッドナイト」
講談社の全集は、秋田のコミックを底本にするという杜撰な編集をしたので、内容は両者共全く同じです。
その為、全66話(前後編1話あり)中、14話が単行本未収録作品として残ってしまいました。

又、#2さんが仰っている様に、秋田文庫版の4巻には、単行本未収録だった最終回に至るまでの3話(前中後編)が収録されています。

ですが、それでもまだ11話が未収録のままです。(数年前、ミステリー雑誌で未収録2話が再掲載されましたが、単行本にはなっていないのでカウントされていません)

>どっちを買ったほうがいいでしょうか?
漫画全集の方が大きい分だけ見やすいですが、値段的には1000円以上開きがあります。
少年チャンピオンコミックスは1冊390*6*1.05≒2457円
手塚治虫漫画全集は(591*2+534*4)*1.05≒3845円

秋田文庫は小さく見辛いのでお勧め出来ません。(4巻を除くw)

Q少女マンガのタイトルと掲載雑誌、刊行年を教えて下さい。

少女マンガのタイトルと掲載雑誌、刊行年を教えて下さい。

10年近く前に立ち読みした読みきり漫画のタイトルが分からず、気になっています。
どうしてももう1度読みたいのですが…
下記に記載した2作品(※)の内、どちらかでも記憶にある方、
または雑誌を所有している方等、いらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願い致します。
(※内1作品は、存在のみの記憶であり、内容を全く覚えていませんが…。)

<情報>
◆出版社:白泉社(花とゆめ、LaLa、LaLaDx辺りだと思います)
◆作者名:「シン」様
◆内容:
 主人公(女/多分高校生)が死んでしまった彼(同じく高校生)のお葬式の最中(?)、
 何らかのきっかけで、過去にタイムスリップし生前の彼に遭遇する、というもの。
 彼はその出来事を日記(文集?)に残しており、現在に戻った彼女はその文章を目にし、涙します。
 ※その日記での印象的な台詞:「その人は、大切な人が死んでしまったそうです」

◆その他:
 ・当時の新人漫画家さんで、おそらく本作がデビュー作
  比較的大きく取り上げられていたと記憶しています。

 ・同作者様の過去掲載作品は、記憶にある限り、上記作品を含め2作品のみ
  どちらも白泉社(おそらく同雑誌)に掲載された読みきり漫画
 (改名されている場合は判別がつきませんが…
  個人的には以降、この作者様をお見かけした覚えがありません)

 ・絵柄や作風が、『あかく咲く声』、『夏目友人帳』等の著者である、
  緑川ゆき様に似た雰囲気を持つ方だったと記憶(あくまで記憶ですが…)

------------------

具体的には9~13年ほど以前の作品だと思います。
少なくとも単行本化はされていないのは、ほぼ間違いありません。
ただ、記憶のみに頼っているため、作者名以外は所々記憶違いがあるかもしれません。

当初から動向を気にしていた作者さんで、度々思い出してはいましたが、
最近は国立国会図書館等で閲覧したいと思うくらいに気になっています。
…が、タイトルや刊行年、雑誌名が思い出せないため、
検索情報が少なすぎて難しいのが現状です。
また、そんな曖昧な情報でも出版社にお問い合わせ出来るのかもよく分かりません。
(作者名だけでも探していただけるものなのでしょうか?)

打開策等、どんな情報でも構いませんので、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答下さると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

少女マンガのタイトルと掲載雑誌、刊行年を教えて下さい。

10年近く前に立ち読みした読みきり漫画のタイトルが分からず、気になっています。
どうしてももう1度読みたいのですが…
下記に記載した2作品(※)の内、どちらかでも記憶にある方、
または雑誌を所有している方等、いらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願い致します。
(※内1作品は、存在のみの記憶であり、内容を全く覚えていませんが…。)

<情報>
◆出版社:白泉社(花とゆめ、LaLa、LaLaDx辺りだと思います)
◆作者名:「シン」様
◆内容:
 主人...続きを読む

Aベストアンサー

コミックホームズ(Comic Holmes)さんによると、これでしょうか??

http://comich.net/cr/sa/shin.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報