ホラー小説が三度の飯より好きなんですが、最近は私の愛する貴志祐介がちっとも新刊を出さないので暇をもてあましてます。
そこで皆さんからオススメのホラー小説を教えてもらいたいのです。
ちなみに私が近年、ハマった作家は
●貴志祐介
●篠田節子
●阿刀田高
●鈴木光司
……などです。そんな傾向であったらよろしくです~
(あっ!なるべくなら男性作家推奨で。女性の書く文って苦手な事が多いので)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

洋物ですが クライヴ・バーカーはどうでしょう?



映画『ヘルレイザー』シリーズ、『ミディアン』、『キャンディマン』シリーズの原作を書いた人です。

今から20年以上前に彼の短編ホラー小説『血の本』シリーズを買って全部読みましたが・・・描写が強烈で内容も意外とひねった良作・佳作が沢山載ってます。

作者が画家でもあるので、映像的な描写が卓越しているように思えます。
その中の一遍で今度映画化された『ミッドナイトミートトレイン』は怖いです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9% …
    • good
    • 0

二宮敦人の「!」は良かったですよ。


設定が怖く、物語は引き込まれて読みやすく、終わり方はなんだかせつない。
不思議な読後感の作品でした。

もうすぐ新作を出すらしいのでそっちにも私は期待してます。
    • good
    • 0

結構最近(?)の人になってしまうんですが、


山田悠介の「×ゲーム」は結構怖かったです。

男性作家推奨ということでしたら彼の「罰ゲーム」は
短めなのでさらっと読めますし、ただ怖いだけではなく
物語性にリアリティがあり早く読みたくなるホラーです。
若干…というより結構グロい表現もあるのですが、
山田悠介の世界観がすごく感じられるというか……
「リアル鬼ごっこ」や「親指さがし」などの有名処よりも
私的には「×ゲーム」がオススメのホラー小説ですね^^

あ、あと「あそこの席」も個人的に好きなのでオススメです(笑)
(ホラーではないかもですが…あそこの席も山田悠介の作品です。)

――【×ゲーム】あらすじ――
主人公の小久保英明は小学校時代「×ゲーム」と称し、仲間4人でクラスメイトの蕪木鞠子をいじめ続けた。段ボール箱にいじめの内容を書いたクジを入れ、それを引いては書かれたことを実行するのだ。ある日、英明は「蕪木に告白する、しかし嘘の告白であることは告白後も明かしてはいけない」というクジを引き、やむなく蕪木鞠子愛に愛を告げる。それから12年、小学生時代の「×ゲーム」のことなどすっかり忘れてそれぞれの人生を歩んでいた彼ら4人の前に突然現れた蕪木は、12年間密かに抱き続けていた英明への偏執的な愛を抱き壮絶な復讐を始める。
    • good
    • 0

姉飼いとかおもしろかったなぁ。


基本私も小林泰三好き。
あと桐生ゆかりの夏の滴。
    • good
    • 0

私も貴志祐介さんや、鈴木光司さん大好きです。


ISOLAとか天使の囀りおもしろかったですよね。

「角川ホラー文庫」好きですか?
ホラー好きな人には「角川ホラー文庫」
結構お勧めだと思います。
特に「角川ホラー大賞」の受賞作品は
だいたい読んでいますがほぼ当たりです。
機会があったら読んでみてください。

私がお勧めなのは、メジャーなとこだと
飯田譲治さん(ナイトヘッドやアナザヘブン)
マイナーなとこだと小林泰三さんです。

あと、ホラーとは少し違うんですが、
松岡圭祐さんの「千里眼」シリーズも
おもしろいと思います。

最後に今注目してるのは貫井徳朗さんです。
「慟哭」は売れすぎて読んでしまっているかも
しれませんがとてもおもしろかったです。
あれは絶対一度は読んでみるべきだと思います。
その他の作品でもいくつもおもしろいものがあります。

アドバイスが少しでもためになれば幸いです。
    • good
    • 0

 私からは小野不由美さんのご主人でもある、綾辻行人さんをお勧めさせていただきます。

ミステリ作家として有名ですが、「囁き」シリーズや「殺人鬼」シリーズなどホラーも書いてらっしゃいます。
 また、厳密にはホラーではないのですが、小野不由美さんの「黒祠の島」も怖かったです。小野さんは女性ですが、硬めの文体ですので、大丈夫だと思います。

 以上、私のお薦めでした、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0

女性作家なんですが、小野不由美さんの『屍鬼』はかなりオススメです!!


外の世界と隔離された村が舞台の話です。題名を良く考えれば話の内容が見えてくるかも。詳しい内容を言うとつまらないと思うのでここでは言わないでおきますね☆
ちなみに私は夜に読んだのですが、ビビリながらも本が閉じれませんでした(汗)7.8cmあるハードカバーを1日2日で読んじゃいましたよ。
講談社からハードカバーで上下巻、文庫本なら全5巻で出ています。
女性作家なのでiyenifa-さんのお気に召すか判りませんが一度本屋でパラパラ見てみてください♪
    • good
    • 0

有名すぎますが



呪怨(著者:大石圭/角川)

はどうでしょう?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴志祐介さんの「新世界より」がとても面白かったです。

貴志祐介さんの「新世界より」がとても面白かったです。
読んだのは最近なのですが、こんなに面白い作品は今までにないくらいでした。

似たような内容というか、世界観というか、普通の世界ではない設定の本を読みたいと思っています。
お勧めがありましたら教えて下さい。

ちなみに、スターウォーズのようなバリバリのSF設定のものや、
携帯小説のような軽いものはあまり読みません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「風の中のマリア」(百田尚樹・講談社)たたかうために生まれたきたマリアの一生を描いた物語です。今までとは違う視点での物語を楽しめるのではないかと思います。

Q小説?新刊?。

小説というと、文庫本というのか、小さいサイズを想像するんですが、一回り大きいサイズ?が最初に出て、それから小さいサイズが出てくるんでしょうか?。
それとも出版社の違い?。
礼を上げると「夕食はディナーの後で」を、最初大きいサイズでしか見なかったのが、最近小さいサイズで出てきたし。
読みたい本は大きいサイズで高いし(小さい方で5~600円。大きい方は1500円)持ち運びもかさばるし、個人的な理由なんですが小さいサイズが何故無い?と思ってしまって。

Aベストアンサー

ご質問者さんは、ひとつ小さな勘違いをされています。本の価格で、本の大きさはホンの小さな部分なんです。本を作る上で、紙代や製本代は、よほどよいモノでない限り、文庫本で100円くらい、単行本でも200円かかりません。

本って、最初に版を作るところの固定費がけっこう大きな製品です。部数が多く出るかどうか分からない段階では、この固定費が本の価格の多くを占めます。本を作るお金が定価の1/3、本を宣伝するお金が1/3、本を配送して書店で売るお金が1/3くらいとお持っておくと良いかと。小さな出版社ほど最後の配送のお金が大きく、最大で1/2くらいになります。

文庫本が安く売れるのは、このうちの版を作るためのお金や、本を宣伝するお金が、すでに単行本で回収されているからです。文庫本を安く買えるのは、単行本を買ったお客さんがいるからです。

最初から文庫本で売る本もあります。ライトノベルなどですね。数万部単位で売れる算段がついている場合、このような売り方ができます。
雑誌での競争を勝ち抜いた作家さんやすでに有名な作家さんなら、そういう算段ができますが、そういうのがないと、毎年、数万点も新刊が出る世界ですから、万馬券や宝くじ並みの確率ですから、難しいかなと。

ご質問者さんは、ひとつ小さな勘違いをされています。本の価格で、本の大きさはホンの小さな部分なんです。本を作る上で、紙代や製本代は、よほどよいモノでない限り、文庫本で100円くらい、単行本でも200円かかりません。

本って、最初に版を作るところの固定費がけっこう大きな製品です。部数が多く出るかどうか分からない段階では、この固定費が本の価格の多くを占めます。本を作るお金が定価の1/3、本を宣伝するお金が1/3、本を配送して書店で売るお金が1/3くらいとお持っておくと良いかと。...続きを読む

Qホラー小説で読み始めにいいもの

中学生の女子です。ホラー小説を読みたいと思っているんですが・・・
ホラー小説といっても、「大体読んでしまったのでマイナーな面白い物を探している」
とかじゃなくて・・・。題名がわかんないんですがホラー映画をWOWOWで見てから
輪廻を見たり、親指さがしを見てホラーに興味がわいた程度でほんとに手始め(?)なんです。
映画館で見たことはないです。親指さがしを見てから同じ山田さんの
「リアル鬼ごっこ」を買ったんですが、私には合わなかったのか面白いと思えませんでした。
本屋でもオススメあたりにおいてるのは山田さんが多く、ほかのホラーの人のも
全くしらないし、恐すぎたら困るので買えずにいます。
どなたか私ぐらいのレベルで読めるホラー小説で面白い物しっていたら教えてください。

Aベストアンサー

私も「リアル鬼ごっこ 」の作者の本が何故あんなに次々出版されているのか不思議でならない一人です(^_^;)。

それはさておき、ホラー小説の中には、読んだ後味が悪い(イヤーな気分のままで終わる)ものもありますのでご注意くださいね。

その点、他の方も挙げているスティーヴン・キングの小説を私もお薦めします。理由は、
・長編でも読みやすい/・怖いところは怖い/・ほとんどは読後感がさわやか(基本的に人間の善意・勇気や友情・思いやりなどを肯定する作者の視点が快い)
……などですが、何よりも「読んで面白い!」が最大の理由です。

例外としては「ペット・セマタリー」(作者本人も「自分の小説の中で一番後味が悪い」といってますが、その通りでした)、あと「クージョ」「キャリー」も、やるせない思いが残りました。

お薦めは「シャイニング」の他には「IT」「ザ・スタンド」あたりでしょうか。ホラーとは言えませんが、「グリーン・マイル」「トム・ゴードンに恋した少女」も一読をお薦めします。

詳しくは下記サイトが参考になると思います。
スティーヴン・キング研究序説
http://homepage3.nifty.com/~tkr/king/kingtop.htm

参考URL:http://homepage3.nifty.com/~tkr/king/kingtop.htm

私も「リアル鬼ごっこ 」の作者の本が何故あんなに次々出版されているのか不思議でならない一人です(^_^;)。

それはさておき、ホラー小説の中には、読んだ後味が悪い(イヤーな気分のままで終わる)ものもありますのでご注意くださいね。

その点、他の方も挙げているスティーヴン・キングの小説を私もお薦めします。理由は、
・長編でも読みやすい/・怖いところは怖い/・ほとんどは読後感がさわやか(基本的に人間の善意・勇気や友情・思いやりなどを肯定する作者の視点が快い)
……などですが、何よりも...続きを読む

Qおすすめのホラー小説!

いつもお世話になります。

いきなりですが、おすすめのホラー小説を教えてください!

今までには、
黒い家(貴志 祐介)
天使の囀り(貴志 祐介)
玩具修理者(小林 泰三)
鼻 (曽根 圭介)
ぼっけえ、きょうてえ(岩井 志麻子)
ソウ―SAW(行川 渉)
Another(綾辻 行人)
ハサミ男(殊能 将之)
等を読んだことがあり、特に黒い家が好きです。

上記の本と全く異なるタイプのホラー小説も読んでみたいです。

ぜひ皆様のおススメを教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三津田 信三『忌館 ~ホラー作家の棲む家~』
岡嶋二人『クラインの壺』
歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』
小池真理子『墓地を見おろす家』
S・キング『ミザリー』『ゴールデンボーイ(ゴールデンボーイ収録)』『スタンドバイミー』
ホラーではありませんがゴールデンボーイ収録の刑務所のリタ・ヘイワースもおすすめです。ホラー目当てで買ったので思わずほろりとしてしまいました

Q2007年お勧め小説・近年人気の作家

読書好きの方にお尋ねします。
(1)2007年、お勧めの作品(推理小説歴史小説除く)ベスト3。
と、また主観で結構ですので
(2)近年人気の作家の中でも実力があると感じられている人物とその理由、また逆に売れているものの理解出来ない(笑)人物。
を、ご自身の元々お気に入りの作家名(傾向を知りたいので)と共にお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

これは2007年に出版されたという解釈でよろしいのでしょうか?

では(1)から。

1.「スロウハイツの神様」辻村深月
これはとにかく良かったです。
最終章を読んだときは非常に驚きました。

2.「図書館戦争シリーズ」有川浩
全4部作中2冊は2006年出版ですが、まあ完結記念ということで。
漫画化やアニメ化など、メディアミックスも始まっています。

3.「刀語」西尾維新
これは「なんちゃって」歴史小説なのでまあいいかなと・・・。
12ヶ月連続刊行を成し遂げただけでもすごいと思います。


(2)に関しては、ダントツで宮部みゆきさんと東野圭吾さんでしょう。
両者ともものすごい人気がありますし、色々な作風を書いているからです。

ケータイ小説は全般的に何故あそこまで売れているのかがわかりません。
文章が稚拙というか、少なくとも紙媒体には合わないかと。

お気に入りの作家は西尾維新さん、奈須きのこさん、成田良悟さん、米澤穂信さんです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報