出産前後の痔にはご注意!

 はじめてこの相談箱を利用させていただいております。

 物知らずな私には図書館で調べるか、インターネットを使って日が暮れるまで探し回ることしか出来ませんでした。どうかお力添えいただけると幸いです。

 現在、私は『大正時代』を舞台とした自作小説(とはいえライトノベル的なものですが)を書いています。それはいずれフリーのサウンドノベルとして航海するつもりです。そこで時代考証が必要になりずっと調べていたのですが、知りたいもっと細かい部分は知ることが出来ません。

 たとえば大正時代の剣道について
 ・その時代の塾、道場の数、子供は通っていたのか、道具一式の値段etc
 
 生活について
 ・一般家庭の電話の普及率etc
 
 こういった細かい部分を知りえる手段をご存知の方、どうか知恵をお貸しください。

 どこどこに行けば、電話すればお話が聞ける。
 実はこんなサイト、場所がある
 いや、実はそこらへん自分が詳しいから協力してあげるよ 等

 全部でなくともひとつでも分かりそうな手段、方法でも全然結構です。
 どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大正時代の専門サイトが参考になると思います。


http://taisho-g.com/

参考URL:http://taisho-g.com/
    • good
    • 0

個別にネットで検索するとある程度のことは調べが付く場合もあるかと思います。


例えば家庭での電話の普及率ですが、こちらにも出ていますし
http://74.125.153.132/search?q=cache:rE18GtSoOHM …

別の防災の論文では、関東大震災の時、一般家庭での電話の普及率は極めて低かった、とありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当日中に返答があるとは思っていませんでしたので大変嬉しく思っています!

当時、電話がひいてある家が珍しいのは調べで分かったのですが、どれくらいの度合いでというのがわからなかったので助かりました。
なるほど、よっぽどじゃないとなかったわけですね。「一般」の家庭にはまずなかったと考えて良いみたいですね。
かつ、舞台となる場所が東京からけっこう離れた場所であれば・・・
となると主な連絡手段は電報だったのでしょうか。当時は公衆電話が「自働電話」と呼ばれていたようですが、そこまで利用者がいたのでしょうか・・・

また、調べてみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2010/02/04 00:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電話の普及について質問です。

電話の普及について質問です。

昭和初期(満州事変)らへんで電話の普及率はどれくらいだったのでしょうか。
夫が他殺された件を妻に伝える方法で悩んでます。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昭和ひとけたの頃の東京の話です。
父が役人(公務員)だったので、役所が自宅に電話を引いてくれました。
回り近所の10軒近くがうちの電話を利用していました。
結構電話を借りに来ますが、掛かってきて呼びに行くのもありました。
名刺をもらった事があり、見たら呼び出し電話が載っており、うちの
電話番号と名が書いてありました。(ちゃっかりしています)
50m位離れた知り合いもおり、呼びに行かされるのはいやでした。
相手が留守の時も多くありがっかりです。
利用者はいくらかの通話料(お礼か?)を置いていくようですが、細かい
話は不明。

公共施設か大きい店には電話があり、そちらの利用者が多かったようです。
うちの例で見ると、人口100人あたり2,3本の電話という事です。

ところで緊急時の電話連絡は、個人では難しかったと思います。
役所、会社、金持ち間などでしょうね。
庶民は先方に電話がなければ、先答にある電報を使いました。
田舎では電話を引いた家は殆ど無かったのではないでしょうか。

昭和9年茨城県の祖母がなくなり「ハハシス・・・・」の電報が来ました。   
朝亡くなり葬儀の手配をし、昼ごろ打ったようですが、夕方早く来ました。   
母が役所の父に電話し早く帰った父はその夜立ちました。    
電報は以外に早く着き役に立ちました。

田舎でも電報電話局はあり、夜中でも電報は受付ます。
ただ伝送処理や配達がおくれるので、深夜受付は昼間の受付より時間が
掛かるようです。
うちの場合も深夜に依頼したと思われる「ハハキトクスグカエレ」の電報は
朝には間に合わず、「ハハシス・・・・」の少し前に着きました。

緊急時の電報連絡の見本は明治9年、熊本新風連の乱で、鎮台司令官の
種田中将が自宅で殺されたとき、一緒にいた妾が東京の親元へ打った電報
「ダンナハイケナイ ワタシハテキズ(旦那はいけない、私は手傷)」
が有名です。
主人が死んだあと、自分の安否を気遣う両親に、軽傷は負ったが心配ない
といち早く知らせ、新聞等より早かったかも知れません。

参考URL:http://park.org/Japan/NTT/DM/html_ht/KA001300_j.html

昭和ひとけたの頃の東京の話です。
父が役人(公務員)だったので、役所が自宅に電話を引いてくれました。
回り近所の10軒近くがうちの電話を利用していました。
結構電話を借りに来ますが、掛かってきて呼びに行くのもありました。
名刺をもらった事があり、見たら呼び出し電話が載っており、うちの
電話番号と名が書いてありました。(ちゃっかりしています)
50m位離れた知り合いもおり、呼びに行かされるのはいやでした。
相手が留守の時も多くありがっかりです。
利用者はいくらかの通話料(お礼か?)...続きを読む

Q明治大正の警官はなぜピストルでなくサーベルなのか

警官の武装手段として、短銃でなくサーベルだったわけですが、なぜなのでしょうか?そのほうが理にかなっているの他のでしょうか?

Aベストアンサー

 明治大正時代の警官でも、非常時での拳銃携帯が確認されています。

 サーベルである理由は、諸外国の警官がサーベル武装であったことから倣ったと考えられます。
 
 当時の帯刀事情では、警官に限らず、公務職は帯刀が許されていた(士族の精神的保護の意味での帯刀許可だったんでしょう)ようですから、現実には、帯刀の威圧効果は、望めません。
 
 海外に比較して、農村部まで大小(刀)の普及している日本では、帯刀は大きな効果はないとも言えます。

 逆に公務職者の風紀・綱紀の側面での帯刀の意味があったかもしれません。

 拳銃は、警官の護衛手段ではなく、威嚇・示威の目的で使われるものですが、当時の警官の質が高くなかった事情も含めて、拳銃携帯を許すことは難しかったと考えられます。
 簡単に言えば、当時の綱紀があまりにも低品質だったために、拳銃が市販化される恐れがあったなどの危険性を勘案したのでしょう。
 
 特に長州出身の野蛮人警官の野蛮な行為は多々あったようですから、警官の信用性を確保する・治安維持の目的で、警官を信じることも不可能だった背景もあるでしょう。

 同時に、拳銃の質が低く暴発の危険性を考えると、高給取りの警官に貸与させることに不安もあったでしょうし、警官自身の士族的精神性からも拳銃を嫌ったなどの背景もあるでしょう。

 明治大正時代の警官でも、非常時での拳銃携帯が確認されています。

 サーベルである理由は、諸外国の警官がサーベル武装であったことから倣ったと考えられます。
 
 当時の帯刀事情では、警官に限らず、公務職は帯刀が許されていた(士族の精神的保護の意味での帯刀許可だったんでしょう)ようですから、現実には、帯刀の威圧効果は、望めません。
 
 海外に比較して、農村部まで大小(刀)の普及している日本では、帯刀は大きな効果はないとも言えます。

 逆に公務職者の風紀・綱紀の側面での...続きを読む

Q明治から昭和初期の住み込み使用人の一生

明治から昭和の敗戦までも、貴族や商家、豪農、あるいは官吏や高給取りの家には、住み込みで使用人が働いていました。
こうした人たちの多くは未婚や単身であるように想像するのですが、そうした人の一生のイメージが湧きません。 住み込み使用人といっても多種多様で地域や主家の事情でも異なるのだと思いますが、代表的なケース例ではどのような一生なのでしょう。
代表的と思える数ケースなどをお教えください。
 
1)中流以下の農家や都市部の下層民の家族の中で誕生し、15,16歳あるいは成人後何かの事情で住み込みで働くようになるのでしょうか。
2)どういった仲介などの方法があったのでしょうか。
3)住み込み使用人を求める側は、住み込み使用人が欲しいことをどのようにしてアピールし、実現させたのでしょうか。
4)住み込みで働くとき、藪入りのような形で里帰りするのだろうと思うのですが、例えば5人の住み込みを使用している主家では、全員がいなくなってしまうようなこともあったのでしょうか。日程をずらすのが普通でしょうか。ほとんど主家に住み込んだまま、時々休暇で私用をたすような人も多かったのでしょうか。
5)住み込みで働いていた人が100人いた場合、何人くらいが結婚したのでしょうか。住み込ん後ではもう結婚しないで一生を終えた人はどのくらいいたのでしょうか。 (感覚的な割合で結構です)
6)住み込みを辞めるということもあると思います。結婚してしまうから。通いに変更するから。単に使用人であることができなくなったから。死んでしまった。 住み込みの主家で一生を終えるというケースはどの程度あったのでしょうか。
7)住み込み使用人が事故、疾病、老齢などで死んでしまった場合、主家は葬儀や遺体にどの程度関与したのでしょう。【住み込み使用人に実家や身寄りで遺体引き取りをしそうな類縁がいないケースの場合で、どうだったのか】 主家はどう扱うことが多かったのか。 葬儀、埋葬や墓はどうしたのか。

明治から昭和の敗戦までも、貴族や商家、豪農、あるいは官吏や高給取りの家には、住み込みで使用人が働いていました。
こうした人たちの多くは未婚や単身であるように想像するのですが、そうした人の一生のイメージが湧きません。 住み込み使用人といっても多種多様で地域や主家の事情でも異なるのだと思いますが、代表的なケース例ではどのような一生なのでしょう。
代表的と思える数ケースなどをお教えください。
 
1)中流以下の農家や都市部の下層民の家族の中で誕生し、15,16歳あるいは成人後何かの...続きを読む

Aベストアンサー

 回答者は昭和前期の生まれ、東京のごく普通のサラリーマン世帯で育ちました。

 家には女中と母の妹が同居していました。商家は別ですが、普通の家庭には男子住み込みの家事使用人はまず居なかったと思います。運転手を置くならともかく、かれらの仕事がありません。

 当時は地縁、血縁の結びつきが強固でした。女中は父親の郷里から嫁入りまでの約束でやってきて、礼儀作法、料理、裁縫、子育てに至る女子一般の知識を学ぶことになっていました。こうした知識を教えることは主婦の義務であったと考えられます。

 また身元がしっかりしていることが条件なので、あまり斡旋所(桂庵)などの利用はなかったと思います。

 大家族制で、未婚の弟妹が同居しているのが普通でした。女中が里帰りしていても、家事に差し支えることは少なかったのではないでしょうか。

 詳しいことは、たとえば小泉和子『女中のいた昭和』などがお役に立つと思います。末尾にある読者の書評も面白い。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309727921/chickensoupwi-22/

 回答者は昭和前期の生まれ、東京のごく普通のサラリーマン世帯で育ちました。

 家には女中と母の妹が同居していました。商家は別ですが、普通の家庭には男子住み込みの家事使用人はまず居なかったと思います。運転手を置くならともかく、かれらの仕事がありません。

 当時は地縁、血縁の結びつきが強固でした。女中は父親の郷里から嫁入りまでの約束でやってきて、礼儀作法、料理、裁縫、子育てに至る女子一般の知識を学ぶことになっていました。こうした知識を教えることは主婦の義務であったと考えられま...続きを読む

Q明治や大正ロマンかおる、レトロな女性の人名

明治/大正ロマンかおる、レトロな女性の人名ってどんな名前がありますか?
袴をはいて女学校に通っていたようなハイカラさんの時代。
そんな時代に流行した、今では少し古風な雰囲気のする女性の名前をおしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
維新後にはそれまで皇室・公家・大名家などでのみ用いられていた「~子」型の名前が庶民にも広がっていきました。
明治五年生まれの樋口一葉の「夏子」、同八年生まれの大塚「楠緒子(なおこ)」、同十一年生まれの与謝野「晶子」、同十九年生まれの平塚雷鳥の「明子」などにもそれがあらわれているかと思います。
明治生命調べによると、その後大正に入り元年・四年には「千代」がその年に生まれた女性名の第一位だそうですが(「改元」の影響を受けての命名と思われます)、二年は「正子」、三年は「静子」、五年は「文子」、六年は「千代子」、七年は「久子」と、このようにずっと「~子」型の名前が一位を占めています。
何か特別「大正ロマン」の香りがする名前という感じでもないかもしれませんが、実際流行した名前はこういうものであったようです。
ご質問の趣旨に合うかわかりませんが、ご参考までに。

Q明治~大正時代の庶民が着た普段着としての着物

こんにちは。
今となっては浴衣で外出される方も多いようですが、実際に明治~大正あたりに生きた人々(特に男)が、普段着として着物を着る場合、どんな服装だったのでしょうか?
どこを調べても、重々しいもの(ごっつい袴だったり羽織だったりを着たもの)しか出てこないのでこんな格好毎日してるわけはない…と思いつつ見ているのですが、どうなんでしょうか?

昔の人がどんな格好をしていたか、またそれの画像はありませんか(通販とかで売っていればそこのサイトを張ってもらえれば画像が見れるのでうれしいです!)?

どうか皆さんご教示願います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時の庶民の、特に男子の服装や格好だけを集め、まとめた本・画集・写真集はちょっとないのではないでしょうか。
いろいろな風俗や日常を写した写真やスケッチ等の画像を丹念に拾い集めて、自分自身で作り上げていくしかないと思いますが。

あまりパッとしたものではないかもしれませんが、参考までに
   http://oldphotosjapan.com/ja/period/%E6%98%8E%E6%B2%BB


人気Q&Aランキング