「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

こんにちは。今月迎えた9才のシェパード犬♀を健康診断の為、病院へ連れて行きました。一通り必要な指導を受けた後、シェパードは寿命が10年くらいなんだよ…昨夜まで元気でごはんも食べてたのに朝、亡くなってたなんて事も少ないんだ…と言ってました。シェパードみんなが10年の寿命って訳ではなくて、だいたいの目安なのは分かっていますし、先生は私たちの(覚悟)を思って言ったのだと思いますが やはり気になります。飼育環境や方法、個体差もかなり関係してくると思いますが本当に10年が平均なんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



シェパードは10歳の壁を越えるのがなかなか難しいのは事実です。
でも長生きさんもたくさんいますよ。
うちのおばあちゃんシェパは6月に15歳になります。
後ろ足が不自由になりましたし介護も必要ですがまだまだ頑張って
くれそうです。
先代のシェパも13歳まで生きました。

長生きのポイントは、シェパード特有の病気の特徴を知っておくこと。
なかなかシェパードを診たことのある獣医さんも少ないので、飼い主が
ある程度勉強しておくことが必要ですね。
8歳、10歳、12歳の壁が本当にあるようで、うちもその年齢で大きな
病気をしました。しかし早期発見で乗り越えられました。
9歳になったのなら最低でも年に2回の検診は必須です。
急死の原因は胃捻転であることが多いので、食事の回数を多くして
一回の量を減らす、食後はゆっくり休ませるなど注意が要りますね。

日ごろボディチェックや、ちょっとした行動の変化をよく観察する
ことが大切ですね。
メスのシェパは特に甘えん坊で繊細なので、精神的なこともよく
見てやる必要があります。ストレスで胃捻転になる子もいるくらい
ですから。

頑張ってうんと長生きさせて楽しいシェパライフをお過ごしください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

15才ですか!!すごいですね!先代のわんちゃんも13才ですか!室内飼いをされてたのでしょうか?室内と外飼いでまた寿命も変わると聞きました。うちのシェパは今まで良い環境で育っていなかったようです。フェラリアにもかかり肛門にもトラブルがあります。23キロで痩せています。股関節形成不全といわれ、年ですし太らせることはしませんがあばらと腰骨がガリガリ浮き出ているので2キロ程なら太らせるのは大丈夫ということでした。まだ、我が家に来て5日目。おいしいフードとたっぷりな水、家族との時間で幸せを感じて貰いたいです。来た時は無表情でしたが今は、本当に甘えん坊です。おばあちゃんですが中身は子犬のようなわんこです!

お礼日時:2010/02/11 08:18

大型犬の寿命が13歳くらいというのがあるみたいですが、


今シェパードも少ないし、昔の診察経験で先生ももしかしたらいわれているかもしれません。
ここ最近はどのわんにゃんの寿命も昔に比べ 数年のびていると思います
うちわんも中型ですが15歳です。
今からの年齢は わんこにお返しする 気持ちで可愛がってあげる時期ではあると思いますので
これを機会に ますます大事にしてあげて下さいね (^_-)-☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに最近の犬や猫は寿命が伸びていると聞きました。実家の中型の雑種犬は17歳です。実家の犬が10歳の時なんてまだまだでしたので先生に言われた時にやはり大型犬だからなのか…と思いました。今まで散々な目にあってきて、我が家にきて5日目、たくさんの幸せを感じてもらいたいです。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/11 08:01

そもそも平均寿命はそういうものです。

皆がその年齢で死ぬわけではないし、その直近とも限らない。
これが正しいという犬種別寿命の統計はないので11年程度と考えるべき。
ですから10年と言う人が間違いなわけではない。獣医は経験からそういう数字を出したんでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

犬種別統計はないんですね。やはり、大型・中型・小型で差が出るのでしょうね…。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/11 07:56

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3% …

>平均寿命は10-12年

近所のシェパード、8歳になったとたんに体調を壊すことが多くなり、つい先日、亡くなりました。その人、その前もシェパードを飼っていたそうですが、長い子で10年、短いと6年程度だったみたいです。

警察犬なども6歳程度で引退することが多いみたいで、なかには8歳まで活躍していた犬もいるそうです。

知り合いで13歳まで生きたシェパードを飼った人がいるのですが、7歳のときに皮膚がんになり、再発を繰り返したのですが、寝たきりに近い状態で3年間も世話をしたそうです。その兄弟の犬はすべて8歳とか9歳で他界、がんの子だけが長生きしたのは不思議だと話してくれました。

朝起きたら、冷たくなっていたとか、夕飯を珍しく残したら、その日の深夜に死亡したなどのシェパードの話もよく聞きますので、急死というよりも老衰、急に大型犬は眠るように息を引き取ることも多いみたいです。

元気なら、13歳程度まで運がよければ、生きることもあるみたいですから、その程度までは大丈夫かも知れません。

両親の飼っていた大型犬も8歳を越えたあたりから急に弱り、11歳まで生きることができなかった、あっという間でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

13年をこえる犬もいるようですが、10年になるあたりから体の不調が出てくるのですね…。とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/11 07:54

我が家の秋田も11年で死にました


となりの元野良は15年でした
そんなものです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。その犬によって差は出るけどだいたい10年前後なんでしょうね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/11 07:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェパード 成犬

シェパードの成犬(メス、9歳)を知り合いが
どうしても手放さなくてはいけない状態になってしまったらしく
僕に出来たらもらってほしいと頼んできました

家族にその事を伝えると許可は出ました
ですがシェパードを飼育したことないので
シェパードに関しては初心者です

過去に
バーニーズ・マウンテン・ドッグ
ボルゾイ
ドーベルマン
など飼育したり

超大型犬や大型犬の一時預かり
虐待などのトラウマによる噛み癖、恐怖感、暴走癖の克服などの経験もあります

ちなみに知り合いのシェパードには子犬のとき一度目にしただけでそれから会ったことないです

知り合い曰く
リード引きもないし高齢だから大人しい
とのことです


どうでしょう?
僕が貰っても大丈夫でしょうか?

シェパードって初心者向きの犬じゃないと聞いたので
少し不安になり質問させていただきました

Aベストアンサー

ご回答と補足を読む限りですが、

>僕が貰っても大丈夫でしょうか?

飼育に関しては問題ないと感じました。
こちらに関しては一点だけ注意事項を。
もしも訓練所の経験があるワンコならば、早々にテストしてあげて下さい。

1)リード等を利用して万一の危険を防ぐ。
2)たたんだ傘を持ってゆっくりと近づく。

Ponta01225さんが犬を観察して何も感じるところが無いか、よく見てあげて下さい。
理由は割愛しますが、シェパードだと訓練所経験がある犬もいます。
もちろん全ての訓練所ではありませんが、服従訓練と称して、服従しない犬にかなり強い対応を取る場合があります。

『棒状のものに過剰反応しないか?』
これだけはチェックしておいてあげて下さい。
知人が警察犬訓練所に預けたところ、ある日、突然噛まれて救急車で運ばれる大けがをしました。
原因がさっぱり解らないので助けを求められたのですが、状況を再現したところ傘に怯えていたことが判明しました。
これは傘に限らず、ホウキでも同じです。
おまけにバットを持って道を歩いている私とすれ違うというテストをしたところ、いきなり攻撃してきました。
つまり”棒状のもの”に異様に怯えたのです。

訓練所で何をされたかは、犬がよく語ってくれてます。
ちなみにこの訓練所は現在も手広く営業されています。

こういった変な躾をされていないかだけを確認すれば、過去に大型犬の飼育経験もおありということですので、おおよそ大丈夫だと思います。
感覚的に最も近いのはドーベルマンでしょうか。
ボルゾイはおそらく最も感覚が異なると思います。(いずれも無論個体差がありますので、参考程度に)

>シェパードって初心者向きの犬じゃないと聞いたので少し不安になり質問させていただきました

何が違うというと、噛んだときの力です。
これは『一生の間にまず起こるはずの無い緊急事態のことを真剣に考える』必要があります。
(近所の子供が)(フラフラと家に侵入して)(たまたま犬が食事中)(そこに倒れて)(子供が頭から餌に突っ込んだ)
こういった『そんなこと、あるわけないだろう』という事態が発生しても尚、大丈夫という状況に導いてあげることに注意してあげれば、そう特殊なことはありません。
犬の基本に代わりはありませんから、コミュニケーションという最も重要な点での違いはありません。


寿命は確かに限られています。
病気も出てくる可能性がありますし、介護になるかも知れません。
老犬介護というのは、大変と言えば大変ですが、ぶっちゃけ自然の成り行きです。
成犬の時期を過ぎて、また子犬に戻っていくようなものです。
費用もかかりますが、結局は飼い主の気持ちだと思うのです。
生命と付き合う以上これもまた自然と笑顔で介護できるなら、老犬との付き合いも、それがもし痴呆症状を伴うものであっても、それもまた楽しい生活です。

出来るならば、余生をPonta01225さんと過ごさせてあげて下さい。
何か不明点あれば、ご質問下さい。
応援致します。

ご回答と補足を読む限りですが、

>僕が貰っても大丈夫でしょうか?

飼育に関しては問題ないと感じました。
こちらに関しては一点だけ注意事項を。
もしも訓練所の経験があるワンコならば、早々にテストしてあげて下さい。

1)リード等を利用して万一の危険を防ぐ。
2)たたんだ傘を持ってゆっくりと近づく。

Ponta01225さんが犬を観察して何も感じるところが無いか、よく見てあげて下さい。
理由は割愛しますが、シェパードだと訓練所経験がある犬もいます。
もちろん全ての訓練所ではありませんが、服従訓...続きを読む

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む

Qジャーマンシェパードの皮膚病について

ジャーマンシェパードの雄7歳を飼っていますが、昨年の9月くらいから膿皮症と診断され治療をしています。抗生剤とステロイドで年末にいったん改善傾向にあったのですが、今年に入りさらに悪化して、現在バイトリル150mg/日、プレドニゾロン15mg/隔日を獣医さんから処方され、さらにハタケシメジ、キトサン、SOD顆粒のサプリメントを使っています。
発生部位は、胸部、大腿部からはじまり、現在は鼠径部がいちばんひどく、びらん、潰瘍形成しており、陰嚢も腫れて歩行時の痛みが強いようです。
いろいろ調べてみるとなかなか治りにくく、体質改善が必要とのことですが、どうしたらよいのかよきアドバイスをいただきたいと思います。コスト面もわかれば教えていただきたいのですが…

Aベストアンサー

我が家のシェパードも8歳くらいから膿皮症の診断を受けて15歳で亡くなるまでケアを続けました。

膿皮症という診断を受けますが、根底にはアレルギー、糸状菌による感染がある場合があります。
また、よくわからない場合に膿皮症という名称をつけられてしまう場合がありますので、
あまり症状がひどい場合は皮膚科の専門医に見てもらうことをお勧めします。
(実はアカラスだったり、ホルモン系の病気の場合も皮膚に似たような症状が出ます。)

要はこうした皮膚疾患はアレルゲンをなるべく排除すること、清潔を保つこと、皮膚のバリアを作る
ことということでケアするしかありません。なかなか完治は難しく、冬は軽減しこの季節から夏に
かけて悪化します。

私もあらゆる治療法を試しましたが(アトピカ、インターフェロン注射、ステロイド、抗生剤)結局は
治ったり再発したりの繰り返しでした。
まず、抗生物質はきちんと菌の培養検査を受けて、適応するお薬を使っていますか?これをしないと
耐性菌ができていたりして飲ませてもまったく無意味になります。
ステロイドは漫然と飲み続けても、症状を緩和する効果しかありません。飲み薬より、患部に
塗り薬を使用するほうが負担は少ないです。(ただし犬がなめ取らないように)

大切なのは適切な薬用シャンプーにより患部をきれいにすること(我が家はモンシュシュという
入浴剤が皮膚に負担がなくとてもきれいになりました)、犬のいる居室の環境を良くする事
(マットは清潔に、化繊製品を避けて綿を使用、カーテン、サッシまわりにカビがつかないように)
空気清浄機を使用すること。
そしてドッグフードを見直すこと。蛋白源をまったく違うものに変えて(肉から魚など)
無農薬の野菜を使用しているものなど。

さらに皮膚のバリアを強くするためにセラミド製品のサプリメントをとること。(エルムセラセラミド)
ただし、サプリメントもあまり種類をとりすぎると体に負担がありますので要注意です。

このように多岐に渡ってケアすることで軽減することはできます。
これさえすれば完治するという療法はないので、長く付き合いながら過ごすこととなりますが
日常のケアでずいぶん軽減はしますので、がんばってください。

我が家のシェパードも8歳くらいから膿皮症の診断を受けて15歳で亡くなるまでケアを続けました。

膿皮症という診断を受けますが、根底にはアレルギー、糸状菌による感染がある場合があります。
また、よくわからない場合に膿皮症という名称をつけられてしまう場合がありますので、
あまり症状がひどい場合は皮膚科の専門医に見てもらうことをお勧めします。
(実はアカラスだったり、ホルモン系の病気の場合も皮膚に似たような症状が出ます。)

要はこうした皮膚疾患はアレルゲンをなるべく排除すること、清潔を保...続きを読む

Q犬って何故人間が好きなんですか?

犬って人間が好きですよね?

何故人間が好きなんですか?
そういうのを実感するときありますか?

Aベストアンサー

NO.3様の回答とかぶりますが、人間が嫌いな動物を避けて自分になつく動物だけを可愛がり、また人間の都合に合わせて改良した犬ばかりが飼われています。
だから人間が好きな犬しか人間の周りにいないのです。
例えば盲導犬で有名なラブラドールでも原種のときは、とても乱暴な犬でしたが人間がイギリスに連れて帰り、おとなしい血筋ばかり繁殖してきたのでおとなしい犬種になりました。

でも、そういう犬でも群れを作りリーダーに従うという本能は失われていません。
犬は飼い主を人間と認識しているのではなく、リーダーとして認識しています。

ただ、そのリーダーが落ち込んでいたり病気のとき慰めようとするシグサは犬と人間という関係以上のものがあると思います。
これを見ると主従の関係以上に特別な思いがあるのかもしれませんが、犬に聞いてみないと何ともいえません。

Q食欲がなくなり足腰が弱った老犬について

2ヶ月前までは散歩も今までのように行けた14歳になるハスキーです。
急に後ろ足が悪くなり,食欲もおちてきました。下にのぞきこんで食べることがむずかしく,抱えて食べさせている状態です。
このようなことが急激にくると思わず,驚いています。
病気でもなくただ老犬であるという事実だけです。
このような状態になってからはもう長くないということなのでしょうか。
犬を飼われた方で似たような症状を経験された方がいらっしゃったら
是非教えてください。
1日でも長く生きて欲しいと思うのですが,急に衰えがきたので,パニックになっています。
動物はよくコロッと死んでしまうというのを聞いたことがありますが,
とにかく急にこんな衰えになって,後どのくらい生きてくれるのか
辛くて私自身笑う気さえおこりません。
よく分からない文章になってすみません。
どなたかアドバイスをくださったら嬉しいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

まず。
ワンちゃんの体重は落ちてきましたか?
もし体重が減ってきてるようなら、なるべく栄養のあるものを食べさせて体重を維持するようにしたほうがいいと思います。
老犬は一度痩せてしまうと、もう元には戻りません。
痩せはじめると一気にくるので、気をつけてあげて下さい。

それと「下にのぞきこんで食べることがむずかしく」なったのなら、エサの容器を台か何かに乗せ、かがまなくても食べられるようにしても駄目でしょうか?
老犬は下を向いて食事をするのが大変だと聞いた事があるので。
うちのコは寝たきりになるまでは、エサ箱をダンボールの上に乗せ、ちょうど胸の位置くらいにエサ箱がくるよう調整したら大丈夫でした。
ついでに我が家ではシニア用のエサから子犬用のエサに変更し、食欲のない時は、とにかく好きなもの・食べるものを与え、寝たきりになって自力で食事を取るのが困難になってからは、缶に入ったペースト状のエサを与えてました。

それと、足が弱ってきてるようでしたら「マッサージ」をしてあげるといいみたいです。
私はよく知らないのですが、母が「TVで観てやり方覚えた」と言って、よくマッサージしてあげていました(多分、NHKで観たのかと?)
検索すると出てくると思います。


我が家は13才の中型犬でしたけど、質問者さまや他の回答者さまの愛犬と同じような症状でした。
うちのコは「おかしい」と感じ始めてから、1年以上も生きましたよ?
途中、どうしようもなくなって、死期が近いのかも・・・と覚悟しましたが、かかりつけの獣医を変えたらまた元気になりました。
それでも寝たきりになってからは早かったので、なるべく寝たきりにならないよう、気をつけてあげて下さい。


とは言え、どんなに世話をしても、愛犬が頑張ってくれても、必ず「お別れ」の時はきます。
後悔も悲しみも残ると思います。
こればかりは変えようがありません。
でも「その時」がくるまでは、精一杯世話してあげて下さい。そして今からでも、いっぱい思い出をつくってくださいね。
そうしたらきっと、また犬が飼いたくなると思うので。

参考になるか解かりませんが、下にペット相談のリンクを入れておきます。
 

参考URL:http://d-mypet.com/p.php/79/

まず。
ワンちゃんの体重は落ちてきましたか?
もし体重が減ってきてるようなら、なるべく栄養のあるものを食べさせて体重を維持するようにしたほうがいいと思います。
老犬は一度痩せてしまうと、もう元には戻りません。
痩せはじめると一気にくるので、気をつけてあげて下さい。

それと「下にのぞきこんで食べることがむずかしく」なったのなら、エサの容器を台か何かに乗せ、かがまなくても食べられるようにしても駄目でしょうか?
老犬は下を向いて食事をするのが大変だと聞いた事があるので。
うち...続きを読む

Qシェパード 独り暮らし

一人暮らしですが、比較的、収入と時間の安定した、少し部屋数の多いマンション暮らしです。金持ちではないですが、独身家持ちのため、犬のために家計のやりくりはできる、という40歳です。ジャーマンシェパードを飼おうと思っています。犬を飼うのは初めてですが、散歩、親族が犬飼に慣れている、日2回、朝・夕は最低散歩や訓練を1時間ほどできます。わたしが捻挫などしないかぎり、しっかり躾けて、遊んで、家の中で秩序と愛情注ぎまくってやろうと思っています。もちろん、最初はうまくいかないでしょうね・・・。

専用の2畳ほどの部屋も玄関すぐのところに用意できます。残念ながら、庭はマンションのためありません。(犬OKなマンションです。)多数の知人から、”しつけるの、上手そう”と言われます。知人のコーギーの散歩を週に1度ぐらいさせてもらっていて、躾半分、芸事半分をしています。教員経験も10年以上あり、スポーツチームの監督経験もあるからだと思います。体うごかして、指示出すの、大好きです。叱っても怒らないようにしとうと思います。

車で伴侶のようにいろんな場所にも連れていってあげようと思います。週末に、郊外の山や海でおもいっきり羽のばそうと思っています。嫁さんいらんので、しっかりつきあってやろうかと思っています。子供のいない40台前半ですから、子供のようにしっかり育てて愛情注いでやろうと思っています。

専門家の方や、犬をかっているベテランさんなど、どう思われますか?

あこがれだけで命を育むことなどできないと、覚悟はあります。訓練所なども、もちろん考えていますが、できるだけ、産まれたてから、せめて週に一度は顔を合わせて、しっかりと信頼を築き、子犬の頃から、親犬もしっかり見届け、自分も犬飼う人として成長したいと思っています。

親戚親族に子供たちもいるので、人間の子供たちにもたくさん触れさせてあげようと思っています。

他の犬種も考えましたが、やっぱり、小さい頃、近所の友達のところで飼っていたシェパードが大好きで、臨終をみとった経験から、どーしてもシェパードなのです。

一番気になるのは、必要以上に吠えないようにすること、人に噛み付かないようにすること、他人からも好かれるような犬にしてやること、当方音楽家なので、練習で音が出ていても、きちんと興奮しすぎないで居てられるようにすること、です。
やっぱり、シェパードぐらいだったら、一軒家庭付きでないと無理でしょうか・・・。

励まし、叱咤、覚悟への質問など、よろしくお願いします。

一人暮らしですが、比較的、収入と時間の安定した、少し部屋数の多いマンション暮らしです。金持ちではないですが、独身家持ちのため、犬のために家計のやりくりはできる、という40歳です。ジャーマンシェパードを飼おうと思っています。犬を飼うのは初めてですが、散歩、親族が犬飼に慣れている、日2回、朝・夕は最低散歩や訓練を1時間ほどできます。わたしが捻挫などしないかぎり、しっかり躾けて、遊んで、家の中で秩序と愛情注ぎまくってやろうと思っています。もちろん、最初はうまくいかないでしょうね・...続きを読む

Aベストアンサー

シェパードに限らないのですが、戦闘能力を併せ持つ犬を飼うときに真剣に考えて頂きたいのは『失敗が許されない』ということです。

語弊があるかも知れませんが、小型犬の場合は『だましだまし付き合う』という手段が執れなくはありません。
言ってしまえば(例えそれがすべきで無いことであっても)人間の体格を利用して被害が最小限で済むようにコントロールが効きます。
つまり”だましだまし”で、騙しているのは飼い主が自分をということです。
ところが戦闘能力を持つ犬の場合は、飼い主が自分を騙すという余裕が持てません。

家庭犬としてのルール作り、根本の部分は、大型犬であろうと小型犬であろうと同じです。
戦闘力と言うべき運動能力を持った犬でも根っこは変わりません。
もうちょっと突っ込むと『大型犬を小型犬のように、ではなく、小型犬も大型犬と同じ付き合い方で立派に育てられる』ということです。
表現が難しいですが、小型犬だから、大型犬だから、特定犬だから。
こういったことがそもそも無いと思うのです。
みな命と意志を持った動物ですから、失敗は許されないという覚悟で育てる必要があります。

こういった意味ではシェパードだからという事もありませんが、ただ失敗した時のリスクが、即第三者や他犬、他動物の怪我や生命に直結するのも事実です。
総括してですが、初心者云々というよりも『大丈夫だろうか?』という迷いが少しでもあるならば飼育を断念されたほうが良いと思います。
迷いを持ちながら背負うには大きすぎるリスクです。
ですので飼われるならば、まずは迷いを無くしてからにしてあげてください。


その上でですが。
単純に初心者の方に勧められるかと問われると、勧めません。
理由は『小回りがきくだろうか?』というのが心配だからです。

犬の速度は全てが猛スピードです。
感情表現に関わるボディランゲージも刻一刻と変化しますし、犬というのは外部刺激も多い生活を送っています。
つまり自分のパートナーとして存在している犬だけでは無く、その犬を取り巻く環境から刺激が加わったときに、当然ながら犬はそれに対して反応します。

加わった刺激による対処を人間が手助けしなければならないことも多くあります。
こういったときに方法を数多く知っていて、その中から的確に最も正しいものを選択する必要が出てきます。
そして判断も犬のスピードに遅れると意味がありません。
要するに経験が支えになります。

この点に関してはスポーツチームの監督をされているということですので、guillaumegabさんご本人もよくお解りだと思います。
相手チームによる攻撃(刺激)があったとき、監督として小回りが求められると思います。
そして刺激となることもひとつではなく、膨大なパターンがありますよね。
コートなりグラウンドといった限られた場所で、ルールに従ってするスポーツでも大変ですが、犬の場合は(訪れる場所全て)(起きる可能性全て)に対して小回りが求められます。

それこそ散歩していたらハロウィンの扮装をした子供が、奇声をあげながら道の角から飛び出してきて、犬に激しくぶつかるかも知れません。
外にいてるときだけではありません。
隣の家のヨチヨチ歩きの幼児が(たまたま開いていた玄関から)(たまたま飼い主がトイレに入っているときに)(家の中にこっそり侵入して)(たまたま持っていたオモチャで)(愛犬を叩いて遊ぶかも)知れないわけです。
こういった一生の間に訪れることはないだろうことにも『失敗が許されない』というのが戦闘能力を持つ犬の難しさです。

全体的にお勧めしない理由を書きましたが、本当のところは共に暮らして頂きたく思います。
ジャーマンシェパードを迎えられるならば、ショー系はよほどの覚悟が無いと避けた方が無難だと思います。(ショーで求められている理想スタイルに健全性で少々の疑問があるというのを理由にさせて頂きます)

真剣に育成繁殖に努められているブリーダーさんを探してみて下さい。
ちょっと難しいのは警察犬系です。
問題行動を起こすシェパードも数頭見ましたが、全頭警察犬訓練校出身でした。
同時に素晴らしい犬で、落ち着きと慈愛に満ちた瞳を持つような犬も警察犬訓練校出身でした。
これは見学したときにでも、よく観察してみて下さい。
バットだとかゴルフクラブを置いているような所さえあります。
実際にあった話しですが、服従訓練と称して、これら道具を使い、結果として棒状のものを持った人に襲いかかるようになった犬を知っています。
知人の犬だったのですが、この犬は生涯を通して散歩中に口輪を外せる日は来ませんでしたし、掃除機のホース(棒)も畏怖対象だったらしく、毎日の掃除はもちろん、たまたま掃除機をかける必要が出たときも必ず家人が連れ出していたそうです。
ブリーダーさんにしろ訓練校にしろ、その選択が重要です。

>どーしてもシェパードなのです。

結局はこれが一番重要だと思いますし、その情熱があってこそ愛情があふれるのだろうとも思います。
情熱で困難さを打ち破ることは十分可能だと思います。
経験も必ずしも全ての人が長年必要とするわけではありません。努力で短縮することもできます。
(一応書きますが、厳しく躾けるという意味はありません。躾けるというのは心を育てることに他なりませんし、犬も全く同じです)

>プロのトレーナーなり、警察犬訓練所には入れて、自分も飼い主としての訓練をスキルを学ぶことは必須だとおもっています。

預けっぱなしでは無く、共に勉強できるところを選んであげてください。
raiden787さんの犬ですから、raiden787さんと共に過ごす時間が大切です。
迎えるときはスケジュールを組んで、迎えてすぐは一日共にいれる時期を選んであげてください。(ずっと構うという意味ではありません)
犬が寝ていて目を覚ましたらraiden787さんが存在するというのが大切です。
夏休みやGWを利用されることをお勧めいたします。

>シーザーミランの番組はとても大好きで、よく観ています。いいですよね~。勉強になることがたくさんです!

素晴らしい人で勘所で犬を扱える方だと思います。
が、あの方の番組はあくまでショーで、あの番組で勉強されるのはちょっと怖いです。
あれは『こんな問題を抱えていた犬が、シーザーミランが来るとホラこの通り!』というのを観て楽しむ番組だと思うのですよ。
そして番組の構成上、すぐに結果を出す方法を率先して使いますが、実際はこういった手法ほど強烈な刺激となって犬に跳ね返ります。(後のフォローもされているのだろうとは思いますが)
その証拠に、あの方ちゃんと番組としての見せ方を心得ていて、怖くて威嚇している犬を更に追い詰め凶暴化させたりというショー的なこともされています。
視聴者は『わぁ! 怖い犬!』ですね。
解決シーン前のクッションで、より解決が華々しく見えるように盛り上げるシーンです。
流石に初対面の犬を扱えるという所にフィクションは無いでしょうから、あれだけ初対面の犬を扱える人が、犬の恐怖心に気づいてないということはまずあり得ません。
ミランさんのためにも、番組は番組として楽しんであげて欲しく思います。

閑話休題。
とりあえずということでしたら、こちら(http://www.idunbar.com/)イアンダンパー博士のホームページから『ダンバー博士の子犬を飼うまえに』と『ダンバー博士の子犬を飼ったあとに』を無料ダウンロードできます。
氏の信奉者というわけではありませんが、少なくとも間違った方法は書かれていませんのでお勧めいたします。

不明点あれば補足ください。
良い伴侶犬を見つけられることをお祈りいたします。

シェパードに限らないのですが、戦闘能力を併せ持つ犬を飼うときに真剣に考えて頂きたいのは『失敗が許されない』ということです。

語弊があるかも知れませんが、小型犬の場合は『だましだまし付き合う』という手段が執れなくはありません。
言ってしまえば(例えそれがすべきで無いことであっても)人間の体格を利用して被害が最小限で済むようにコントロールが効きます。
つまり”だましだまし”で、騙しているのは飼い主が自分をということです。
ところが戦闘能力を持つ犬の場合は、飼い主が自分を騙すという余...続きを読む

Q愛犬の死後の不思議な体験

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそっちのけで側にいました。ここまで密に彼女と過ごせた数日間は本当に幸せの連続でした。おばあちゃんになった彼女の穏やかな表情に私の方が癒されていました。

彼女(愛犬)を看取ってから、精神状態が異常な事は私自身も家族もわかっていて、確実に「ペットロス症候群にむかうだろうな私」、と思っていました。

ですが他界してから3日目の夜中、私は極度の疲労と寝不足で心身共におかしかったのか、寝ているか起きているかの狭間の様な状態の時に、一瞬ですが視界がピカッと真っ白になり、その後なんとも言えないとても心穏やかな気持ち、感覚になり、体中が安心に包まれるといいますか(言葉ではうまく表現できずごめんなさい)そんな感覚に陥りその後寝てしまったと思います。

そして翌朝目覚めたときに彼女の姿は当然あるわけもないのですが、なにか(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)につつまれていて、わたしはそれからひたすら落ち込み、泣き続けることがピタリと止まったのです。もちろんほろりとくることはありますがそれでも、(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)によって「またお散歩行こうね」とか「少しは身体、楽になった?」と私は話しかけます。

これはいったい何なんだろうと・・・。
このような質問をさせていただいても(正解)はないのかもしてませんが、
愛犬が旅立っていく経験は初めてでしたので、同じような経験をされた方が
いらっしゃるのかなと思い質問させていただきました。

あまりのショックに脳が自己防衛本能で何かを遮断しているのかもとも
思っています。
ほんの数日まえの親友の死で悲しくて仕方ないはずなのに
この短期間で事実を受け止め前向きにいけるほど強じんな精神力をもっていない私が、なぜかケロっとしてるのが不思議でしかたないのです。
若しくは、まだ現実を直視できずにいるままなのか。

なんなんでしょうね・・・^^;
不思議でたまりません。

まとまりのない文章でもうしわけありませんが
似たようなご経験をされたことがあったり、なくてもなにかお言葉いただけたらなと
おもいます。
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそ...続きを読む

Aベストアンサー

いや~、私なんかほとんど泣いてない。
息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神的に自立している。
だから、人間が犬のためにしてやれることなんて、たかが知れてる。
所詮は、ただ飼って看取るだけ。

あなたはちゃんと、それがわかってる。
そして、ワンちゃんがくれたものを、今味わってるんだよ。
「ごめんなさい」じゃなくて、「ありがとう」と思いながら。
まだ、ワンちゃんの気配がそのまま残っている生活の中で。
まだ部屋は、当分は片づける気にはならないよね?

それにしても、16歳9か月とは、すごく長生きしてくれたねえ。
あなたは、本当に良い犬と出会い、良い別れ方をしたのねえ。
そんな人は、ペットロスになんかならないよ。
絶対に。

いや~、私なんかほとんど泣いてない。
息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング