子供の医療保険で県民共済とCOOP共済で悩んでおります。どちらが得なのでしょうか?お願いします。もしくは子供の医療保険のようなものは考えないで、入らないほうがよいのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>県民共済



誰でも入れる
保証額は、若干低い

>COOP共済

組合員しか入れない(生協に加入すること)
保証額は、若干高い
保証内容が、若干良い


掛け金は、ほとんど同じ
今生協に加入しているなら、COOP
加入するつもりも無く、保険を掛けたいのなら県民共済

子供の保険は、1日目から出ますし
医療助成と合わせると、かなり魅力です
保険の請求も、簡単です

>子供の医療保険のようなものは考えないで、入らないほうがよいのでしょうか?

保険は万が一のリスクをカバーする物です
リスクの無いものに保険は無用です

掛け金は毎月千円程度、還付金もあるので年7千円程度でしょう
私は、子供たち全員に共済を掛けています
毎月の負担は、ご主人のお昼代1日分程度ですよ

お兄ちゃんが骨折で手術した時は、10万ちょっと掛かりましたが共済でほぼ全額カバーできました
子供に病気や怪我は付きものです
いざという時の為です
毎月の負担は、ご主人のお昼代1日分程度ですよ?
どうでしょう?
    • good
    • 4

(Q)子供の医療保険のようなものは考えないで、


入らないほうがよいのでしょうか?

(A)まずは、こちらの質問が基本でしょう。
基本的に乳幼児の医療費は無料です。
小学生・中学生でも補助をする自治体もあります。
となれば、何の為の医療保険なのか?

例えば、三歳のお子様が一週間の入院をします。
治療費は無料です(雑費等は自己負担です)。
なので、お金はかからない……とは、言えないのです。
お子様が小さければ、小さいほど、親(特に母親)は心配で看病に付きます。
このとき、母親がパートなど時給で働いていれば、看病をすることは、
収入減になります。
子供の医療保険とは、その収入減をカバーする意味があるのです。
逆に言えば、専業主婦で、家計に余裕があるのなら、医療保険は無くても
良いのです。
一方では、必要な家庭ほど家計が苦しく、なくても良い家庭ほど、
医療保険にお金をかけられるという矛盾があります。

小児がんは、一万人に一人とも言われていますが、長期の入院になる場合が
多く、家族(特に母親)の負担がとても大きくなります。
こんなとき、家計を気にせずに、看病に集中できる共済は有用なのです。
ただし、確率はとても低いです。

このようにまずは、ニーズを決めることが大切です。

次に、どんな保険にするか……
これは、ニーズが決まっていれば、そのニーズに合致した保険を選べば
良いだけのことです。

県民共済とCOOP共済の最も大きな相違点は、
賠償責任保障の有無でしょう。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 4

保障充実を考えるなら”全労災”のキッズ保険を勧めます。


下記を参考にして下さい。
http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin/type/ki …

なんならばご相談にのりますよ!
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独身女性の場合、県民(こくみん)共済かcoop共済どちらに加入すれば良いのか困っております・・・

当方25歳独身女性なのですが
両親に、後々慌てる事になると心配なので医療保険に入っておけと言われました。
予算2-3000円の範囲で色々調べた結果

・coop共済 たすけあいの医療コースhttp://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml
・coop共済 たすけあいの女性コース
http://jccu.coop/kyosai/lineup/josei/guarantee.shtml
・県民共済の総合保障2型
http://www.kyosai-cc.or.jp/randing/images/hosyohyo/hosyo_total_c.html
(・県民共済の医療1型特約
http://www.kyosai-cc.or.jp/randing/images/hosyohyo/hosyo_total_toku_b.html)

・こくみん共済


この5つ(4つ?)で迷っているのですが

・県民共済に加入する場合、総合保障2型のみ加入するよりも、医療1型特約にも加入しておいた方が安心なのでしょうか?
総合保障2型の詳細を見ると手術保障の欄がないので・・・

また、県民共済の場合は重度後遺障害を負った場合最高1000万出ると書いてありましたがたすけあいの方は最高100万程しか支払われないらしいのです。
保険については全くの初心者で周りに相談する人もいないので独学で色々調べているうちに頭がこんがらがってしまいました・・・
また、同じ程度の金額なので2つの保障を見比べている内にどちらがいいのか分からなくなってしまいました。

あと、非常に恐縮なのですが県民共済とこくみん共済の違い(メリット・デメリット)を教えて下さい…


長文になりましたが、どなたかアドバイス頂けると有難いです


また、おすすめの保険がありましたら教えていただけると有難いです…(予算は2~3000円の範囲でお願いします)

どうぞ宜しくお願い致します

当方25歳独身女性なのですが
両親に、後々慌てる事になると心配なので医療保険に入っておけと言われました。
予算2-3000円の範囲で色々調べた結果

・coop共済 たすけあいの医療コースhttp://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml
・coop共済 たすけあいの女性コース
http://jccu.coop/kyosai/lineup/josei/guarantee.shtml
・県民共済の総合保障2型
http://www.kyosai-cc.or.jp/randing/images/hosyohyo/hosyo_total_c.html
(・県民共済の医療1型特約
http://www.kyosai-cc.or.j...続きを読む

Aベストアンサー

>県民共済とこくみん共済の違い(メリット・デメリット)
・割戻し率が県民共済は3割強、こくみん共済(総合型)2割強
・病気入院が県民共済は日額4300円、こくみん共済(総合型)1500円
病気死亡で360万円はどちらも変わらないので、パフォーマンス的には県民共済の方が上かな?と思います。
こくみん共済は宣伝で経費がかかり過ぎているように思えます。

現在よく出回っている医療保険は、長期入院のときには途中で給付を打ち切られて困って、短期入院のときには貯蓄で何とかなるのに貰えて「ラッキー」と思えるような、需要と供給があっていないものばかりです。
入る意味が薄いかと思います。
独身は自分の葬式代だけあれば十分です。
「保険に入っておけばとにかく安心」する親御さんは結構いますので、とりあえず県民共済に入っておけばよいのではないでしょうか。

No.1さんの勧めている内藤 眞弓さんの著書「医療保険は入ってはいけない」はおススメです。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-60051-1
わかりやすい本なので、こちらを一読されてからでも遅くはないかと思います。
保険は一度決めると後で見直すのが結構面倒なので、初めが肝心です。

>県民共済とこくみん共済の違い(メリット・デメリット)
・割戻し率が県民共済は3割強、こくみん共済(総合型)2割強
・病気入院が県民共済は日額4300円、こくみん共済(総合型)1500円
病気死亡で360万円はどちらも変わらないので、パフォーマンス的には県民共済の方が上かな?と思います。
こくみん共済は宣伝で経費がかかり過ぎているように思えます。

現在よく出回っている医療保険は、長期入院のときには途中で給付を打ち切られて困って、短期入院のときには貯蓄で何とかなるのに貰えて...続きを読む

Q県民共済保険及び全国共済保険で自殺でも保険は

上記保険で自殺でも保険はおりるのでしょうか?

Aベストアンサー

>県民共済保険及び全国共済保険……

要するに、都道府県民共済のことだと思いますが、
加入後1年が経過すれば、自殺でも共済金が支払われます。
(病死と同額です)

Qこくみん共済の新総合医療共済の総合タイプか、 CO・OP共済たすけあいの医療コースか迷っています・・・

もしもの時の為に、医療保険に加入しようと
ここ数週間、こちらでも質問させて頂いたり
自分でも資料請求などして色々と調べた結果、
(金銭面の問題で安い共済系でとは決めていたのですが)
以下の2つで迷っております・・・


こくみん共済の新総合医療共済の総合タイプ(日額5000円型)
http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/tiryouplan.php

か、

CO・OP共済たすけあいの医療コース(月2000円コース)
http://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml




なのですが、
自分は死亡保障はそれほど重視していないので
入院・手術・通院などが充実している方が良く
その場合掛け金が安く、充実している
こくみん共済の新総合医療共済の総合タイプに
ほぼ決定していたのですが

よく資料やHPを見直すと

CO・OP共済たすけあいの医療コースには
月々プラス100円で「個人賠償責任保険」
http://jccu.coop/kyosai/lineup/baisyou/index.shtml

というものが
付いて来ると書かれてありました。



これはコープ共済のみのサービス?なのでしょうか?
他の共済系の保険にはこのようなものは付いて来ませんよね・・・?

だとしたらそんな保障額に差が無いので
コープ共済に入ってプラス100円で個人賠償責任保険にも
加入した方が色々安心できるのか・・と迷っております。

ちなみに自分は今24歳ですので
掛け金はこくみん共済の方が安いので助かるのですが・・・

また、こくみん共済の方は先進医療保障があり、コープのほうはありません。
しかし、個人賠償責任保険はコープにはあってこくみん共済にはありません・・



あと、もし良ければ余剰金の変換率もどの共済が一番いいのか教えて欲しいです




周りに保険について詳しい人がおらず
聞く人もいないので質問が長くなってしまい申し訳御座いません。

どうぞ宜しくお願い致します。。

もしもの時の為に、医療保険に加入しようと
ここ数週間、こちらでも質問させて頂いたり
自分でも資料請求などして色々と調べた結果、
(金銭面の問題で安い共済系でとは決めていたのですが)
以下の2つで迷っております・・・


こくみん共済の新総合医療共済の総合タイプ(日額5000円型)
http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/tiryouplan.php

か、

CO・OP共済たすけあいの医療コース(月2000円コース)
http://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml




なのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、自分自身がちょうど保険を見直していたので(コープ、全労済、民間生保)、分かる範囲でアドバイスできたら、と思います。
(全労済については十分、把握されていると思うので、あえてコープ共済をメインに話します。)

現役時代の保障でいえば、コープ共済はかなり優秀だと思います。
特に「たすけあい」は掛け金があがらず、それでいて疾病入院・ケガ入院とも同等の保険がおりるし、
おっしゃるとおり、個人賠償も100円でプラスできます。
安くて安心を買えるので、保険の理にかなっているかな?と思います。

また、これはコープ共済の方に実際に聞いて、ちょっと感心した話なのですが、
災害にたいするお見舞金も小額ながらあるようで、神戸の震災時には、
コープスタッフが現地に出向いてテントを張り、
証券が消失していても加入者であることが確認できれば、随時、その場でお見舞金の数万円を出したそうです。
6万円以下の保険金額なら診断書がなくとも領収書で支払い対応をしてくれるようですし、なかなか善良な経営をしているなあ、という印象を受けました。
支払いが早いことも重要課題ですよね。(すみません、全労済については詳しくを知りません。)

全労済に比べてのデメリットを言うならば、還元率が若干低いことでしょうか。
全労済が30%戻る場合でも、コープは20%どまりだったりするようです。
(これは、掛け金と保障のバランスあるので、一概に金額では判断できないと思いますが。)

あとはやはり、65歳以降の保障が少なくなることでしょうか。
もちろん、65歳までの間は保険料を安く済ませておいて、
あまったお金を自己管理にて貯金することができれば、さほどの不安は持たなくても良いのかも分かりませんが。

また、(余談ですが)もしもあと2000円程度よゆうがあれば、共済に加えてガン保険に入っておくと安心です。

とここまで褒めておいてなんですが、私は老後の保障を重視したため、
結局、たすけあいには加入しませんでした。
けれども、働き盛りの夫のプラスαの保険として、「たすけあい」あるいは「あいぷらす」の追加を検討してはいます。

最後に、既に30代、入院経験のある私の立場から申し上げますと、
人は年をとるほどに体調を崩しやすくなります。
なるべくであれば、目先の還元率よりも保障内容が自分にマッチしているものを選ばれることをオススメします。
(人様に助言できるほどの知識はないのですが、少しでもお役に立てれば幸いです。)

専門家ではありませんが、自分自身がちょうど保険を見直していたので(コープ、全労済、民間生保)、分かる範囲でアドバイスできたら、と思います。
(全労済については十分、把握されていると思うので、あえてコープ共済をメインに話します。)

現役時代の保障でいえば、コープ共済はかなり優秀だと思います。
特に「たすけあい」は掛け金があがらず、それでいて疾病入院・ケガ入院とも同等の保険がおりるし、
おっしゃるとおり、個人賠償も100円でプラスできます。
安くて安心を買えるので、保険の理...続きを読む

Q妊娠・出産の期間だけ医療保険を増やしたいと思いますが…定期医療保険?共済?

28歳主婦です。これから妊娠・出産を希望しています。
その時期だけ医療保険を増やしたいと考えています。というのは、終身医療保険(こちらも今から加入予定です)を60日5000円と最小限にしようと思っており、妊娠・出産時のいろいろなリスクを考えると、その時期だけでももう少し日数と日額を増やしておいた方がいいかなぁと思いました。(よっぽどのことがない限り60日5000円で充分でしょうか??)
一応子供は2人欲しいと考えており、歳も離れても2~4歳くらいにしたいので5~6年くらいの期間を想定しています。(もしくは、1人目妊娠・出産時何もなければ、一度解約して2人目計画前にまた保険に入り直す?)(でもこればっかりは希望なのでそのように産めるかはわかりませんよね…。あくまで希望です)

そこで定期医療保険や共済などをプラスするとしたら、どのようなものがオススメでしょうか?
日額は5000円で日数も120日以上は欲しいかなぁと思います。もちろん保険料はなるべく安い方がいいです。

あと共済についてですが、共済の1年更新のものだと、1人目が帝王切開で給付を受けたら2人目が帝王切開の時は給付されないのでしょうか?

このように考える私にぴったりな保険を教えてください!おねがいします!

また、別の質問ですが…
生まれてくる子供のもしもの時の保険ってありますよね?何かで見たことがあるのですが…。興味があるので知っている方がいれば教えてください。

28歳主婦です。これから妊娠・出産を希望しています。
その時期だけ医療保険を増やしたいと考えています。というのは、終身医療保険(こちらも今から加入予定です)を60日5000円と最小限にしようと思っており、妊娠・出産時のいろいろなリスクを考えると、その時期だけでももう少し日数と日額を増やしておいた方がいいかなぁと思いました。(よっぽどのことがない限り60日5000円で充分でしょうか??)
一応子供は2人欲しいと考えており、歳も離れても2~4歳くらいにしたいので5~6年くらいの期間を想定して...続きを読む

Aベストアンサー

これから医療保険をお考えでしたら、基礎となる終身保障は、がん保険+120日以上の医療保障、とすべきです。

で、妊娠、出産期間中だけ積み増すなら、10年更新とか、共済でも充分でしょう。(共済の場合、手術給付があるかチェックしてください。)

なお、1年更新でも、自動継続なので、健康状態の告知ありませんから、1人目で帝王切開の場合も、2人目で出ない事はありません。(解約・新規または他社で新たに加入の際は、子宮だけ5年くらい保障除外でしょう。)

なお、お子様の保険ですが、県民共済とかの、こどもの商品に入っておけば、割安で充分ではないでしょうか?一生の医療保障を、安く掛けたいなら、0歳から加入できる終身医療保険もありますのでご検討ください。

Q生命保険見直しとCOOP共済について

主人30歳(会社員)、私27歳(学生)、子供10ヶ月の家族です。
出産を機に、主人の生命保険の見直しと私の生命保険の加入とを検討しています。
まったく初心者なのでアドバイスを頂ければ幸いです。

現在主人の保険は、結婚前に義理の父母がかけたものを引き継いでおり、死亡保障2500万円、入院3000円で月々の支払いが約12,000円ですが、5年おきに健康の場合は20万円頂けるものです。
更新まであと9年あり、できれば解約しない方向で考えています。

ただ、保証が低いので死亡保障を3000万円、入院7000円になるように、追加で入りたいと思っております。現在のものに増額すると、けっこう値段がかかるようでした。

一方私の保険に関して、子供が大きくなるまでは死亡保障2000万円、入院5,000円程度かなと勝手に考えていたところに、COOP共済「あいぷらす」というのをみつけ、支払いが月額約4000円なのでこれでいいかなと思いました。
主人のものも、混乱しないように、同じ商品で掛け金が低いものを追加しようかなと考えています。

ただ、ここではガン保険は必要とか色々な意見を見ますし、第一子は非常に安産だったものの次はいつどうなるかわからないので、共済の場合の問題点や民間の利点などアドバイスを頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

主人30歳(会社員)、私27歳(学生)、子供10ヶ月の家族です。
出産を機に、主人の生命保険の見直しと私の生命保険の加入とを検討しています。
まったく初心者なのでアドバイスを頂ければ幸いです。

現在主人の保険は、結婚前に義理の父母がかけたものを引き継いでおり、死亡保障2500万円、入院3000円で月々の支払いが約12,000円ですが、5年おきに健康の場合は20万円頂けるものです。
更新まであと9年あり、できれば解約しない方向で考えています。

ただ、保証が低いので死亡保障を3000万円、入院7000円...続きを読む

Aベストアンサー

ご主人様の保障内容がわかりませんので、詳しいアドバイスは出来ませんが、保険料と保障のバランスを考えた保険の加入をお勧めします。

おそらくは、60歳まで保険料を払いつづけた後の収支を計算しますと、出費の方が相当大きくなっているはずです。

私見ですが(同じことを15年ほど言いつづけています)、終身・1000万円+お子様の独立年齢までの保障を年々減っていく「逓減定期」や「家族収入」特約で充当、終身医療・日額1万円程度、全ての保険を60歳くらいで払込終了になるように契約。
こうしますと、総払込保険料・約1000万円、残っている保障・死亡1000万円+医療1万円が一生涯、収支は合いますし、安心は一生残りますね。

奥様の死亡保障は、終身・500万円もあれば充分では?
生活費に困らないようですので、葬儀費+αで良いと思います。 それよりも医療を充実させたほうが得策です。
がん保険も家族で加入したほうが良いでしょう。

60歳までに死亡される方の確立は、100人中7~8人です。生存のリスクも考えた内容を設計してもらうと良いと思います。

ご主人様の保障内容がわかりませんので、詳しいアドバイスは出来ませんが、保険料と保障のバランスを考えた保険の加入をお勧めします。

おそらくは、60歳まで保険料を払いつづけた後の収支を計算しますと、出費の方が相当大きくなっているはずです。

私見ですが(同じことを15年ほど言いつづけています)、終身・1000万円+お子様の独立年齢までの保障を年々減っていく「逓減定期」や「家族収入」特約で充当、終身医療・日額1万円程度、全ての保険を60歳くらいで払込終了になるように契約。
こうしま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報