最新閲覧日:

インターネットに常時接続を行い、DNS(BIND4)を自サーバで運用しています。

この度、グローバルアドレスを変更しました。
JPNICの登録も無事終わり、インターネット上でも
新DNSが更新されたように見えました。
ところが、ある会社からメールが届かないとの苦情があり
調べたところその会社のプライマリNSには古いアドレスがまだ残っていました。
(セカンダリNSはISPだったがこちらは正常)

この原因としてはどのようなことが考えられるのでしょうか?また、その対処方法は?(相手のbindをHUP等)

情報が足りないようであれば、補足いたします。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>このexpireを少なくしてから作業すべきだったという事でしょうか?


>MinimumTTLは24hなので1日で更新がかかると思っていたのですが...。
expire値はセカンダリしているDNS(この場合は旧ISPのセカンダリDNS)
がプライマリDNS(あなたの管理するマスターDNS)から得たゾーン情報
をいつまで保持するかという値です。
対してMinimumTTLはマスターDNSからキャッシュDNSが解決で得た情報
をいつまで保持するかの値です。

>※ちなみに旧セカンダリDNS(旧プロバイダ)は現在も動いています。
> これも障害の原因になるのでしょうか?
おもいっきりこれが原因ではないでしょうか。
推測ですが、問題の旧セカンダリDNSが古い情報を保持したまま稼動し
ていて、問題の起きた会社のキャッシュDNSがそれをずっと参照してい
たのだとしたら、1週間もかかる理由もわかります。

>また、今後ホスト情報を変えたりしたときに、このままだと
>また1週間更新されないということでしょうか?
>(相手NSの指定を変えてもらったほうがよい?)
前回の記述では書いていませんでしたが、セカンダリするDNSのISPを
変更しているなどの場合は、旧ISPにセカンダリ情報をすみやかに削除
してもらうか、ご質問の通りMinimunTTLの他、expire値も短くすると
解決できると思います。

なお、DNSについてはDNSの教本ともいえるDNS&BINDという本を見ると
解説されています。オライリー出版というところから出てます。
なにかとDNSを設定するのに役に立つ本ですので、手元に置いておくの
がよいと思います。
    • good
    • 0

これはDNSを含む全IPアドレスを変更しているものと推定しています。



原因(推定):
多分、
1.自DNSのTTL値を小さくしてから作業していない。
2.JPNICのDNS登録変更によって、伝播遅延が起こっている。
だと思います。

対処方法:
1.は自力による対処方法はありませんので、苦情があった相手さんの利
用するDNSを管理している方にDNSをkill -HUPしてもらうしかないです。
2.は、DNSの旧IPアドレスに新しいゾーン情報を持たせたDNSを仮設置する
ことで一時的に回避できるかもしれません。

うまくいくと思う手順:
1.は自DNSを参照した他組織のDNSがキャッシュしている参照情報を保持
する時間の設定ですので、これらの作業前に短くします。
但し、短くする作業は変更作業日時から逆算して旧TTL値の設定時間以上
前に行わないと意味がありません。
あと、必ず作業後はTTL値を元に戻します。短いままですと、自DNSが多
く参照されますので、負荷があがることがあります。
通常は86400sec、短くするときは300secあたりが作業しやすいと思いま
す。

2.は同様の理由でJPNICのDNSが反映されても、変更前のJPNICのDNSを他
組織のDNSがキャッシュしていた場合、その組織だけDNSが参照できない
という影響がでますが、JPNICのDNSのTTL値は固定(多分86400sec)です
ので、上のような対処はできません。
よって、JPNICのDNS情報を更新する際は、DNSの旧IPアドレスを残しつ
つ、新IPアドレスを登録して登録上は併用状態にするとか、新IPアドレ
スと旧IPアドレスでDNSを暫く併設するとうまくいきます。
登録上での併用状態ではDNSはラウンドロビンしますので、旧IPアドレス
でDNSがなくなっても、新IPアドレスのDNSを参照します。但し、この場
合はJPNICへDNS更新依頼を2度行わないといけません。
新IPアドレスと旧IPアドレスでDNSを暫く併設するのが一番無難ですが、
DNSを複数用意できない、旧IPアドレスと新IPアドレスを併用できない
場合はこの手も使えません。

ISPでセカンダリサービスを利用されているなら、ISPのサポートがこの
手のノウハウを持ってて、アドバイスしてくれると思いますので、一度
相談されるのがよいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。

>原因(推定):
>1.自DNSのTTL値を小さくしてから作業していない。
>
以下のように設定していました。
3600 ;refresh
3600 ;retry
604800 ;expire(7d)
86400 ;minimumTTL(24h)
このexpireを少なくしてから作業すべきだったという事でしょうか?
MinimumTTLは24hなので1日で更新がかかると思っていたのですが...。
※ちなみに旧セカンダリDNS(旧プロバイダ)は現在も動いています。
 これも障害の原因になるのでしょうか?


また、今後ホスト情報を変えたりしたときに、このままだと
また1週間更新されないということでしょうか?
(相手NSの指定を変えてもらったほうがよい?)


>2.は、DNSの旧IPアドレスに新しいゾーン情報を持たせたDNSを仮設置する
>ことで一時的に回避できるかもしれません。
>
なるほど!
これは、上記で質問していますが、即座に更新されるのでしょうか?
(今回のように1週間更新されないということは?
  ←DNSの仕組みがよく理解していない?...すみません)

>ISPでセカンダリサービスを利用されているなら、ISPのサポートがこの
>手のノウハウを持ってて、アドバイスしてくれると思いますので、一度
>相談されるのがよいかと。
>
そうですね。
ちょっと訊いてみます。

お礼日時:2001/04/02 11:31

DNSのデータを更新されてからどの程度時間が経過してるのでしょうか?


DNSデータが全世界的に更新されるには約1週間程度見ておいた方がいいようなので…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今日見たところ直っていました。
言われたとおりちょうど1週間で更新されたようです。....すごいですね!

ところで、この1週間というはどこからくるものなのでしょうか?
(上記で説明してますがExpireの値?)

お礼日時:2001/04/02 10:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ