親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ある翻訳者が「病み上がり」という言葉について、「私は病み上がりです」とは言うが、人に対して使わないと解説しています。その理由は、「私は病み上がりです」というのは、自分を卑下した表現だというのです。

私としては、人に対しても病後を気づかって使うのに問題ないと思いますが、皆さんはどう思われますか?

A 回答 (4件)

「~上がり」は


「前にその職業・身分・状態だった者」
という意味で「役者上がり」「役人上がり」といった
使われ方をします。この表現には
「現在の職業・身分・状態が前よりも良くなっている」
逆の見方をすると、
「もともとは現在よりも悪い職業・身分・状態だった」
という意味合いが含まれ、当人の前の職業・身分・状態に
対する蔑視が根底にあります。
こういった他の用例から、「病み上がり」という表現にも
当人が過去に病気であったことへの蔑視が連想されます。
そのため、自分を卑下して使う場合にはよいのですが、
自分以外の人を表現するために使うことは、
避けたほうがよいように思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
確かに他の言葉をそえて「~上がり」というとそのようなニュアンスがしますね。

お礼日時:2010/04/13 00:14

「病み上がり」とは病気から完全に回復した状態を言っているのではなく、病後まだ体力が十分に回復していない状態であるというマイナスイメージを持った言葉なので人に対して使うときは注意して使わなければならないということをその翻訳者さんは言いたかったのだと思います。



60代、自営業です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、そういうとらえ方なのですね。
参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/04/13 00:12

「病み上がりなんだから無理しないでね」と、人にも普通に使います。


その翻訳者さんはどうして「病み上がり」を卑下した言葉と判断しているのでしょう?
病み(病気)+上がり(終わり)で、特別な語源があるとも思えません。

そもそも、ある言葉を人に対して使ってはいけないと言うルールは、社会通念でなければ意味がありません。ある学者が、「この言葉は人に使うべきでない」と言っても、その他の人達がそう思っていなければ、その学者の主張は間違いになります。
強いて言えば、その翻訳者さんに対しては「病み上がり」と言わない方が良いでしょう。他の人には使えると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答ありがとうございます。

ロジカルな内容で、私的には納得です。

ところでせっかくですから、前の回答者様にもお願いした、おおざっぱな年齢区分と職業区分の簡単な調査に協力いただければ幸いです。

年齢区分:○歳代
職業区分:会社勤め 公務員 自営業

非常におおざっぱですが、ご協力いただければ幸いです。

お礼日時:2010/04/11 14:11

昔から、「病気にかかるのは本人の責任」というのが社会の暗黙の


了解なのです。病気にならないよう「健康管理」するのは当たり前
病気になるなど迷惑極まりないということですね。

ですから、「病気で休むのは恥」ですし「病後で100%の働きが
できないのも大問題」なわけです。

ただしこれらのことは、思っていても口に出しません、「無理するなよ」
「ゆっくり安め」「当分残業はするな」とか優しい言葉が飛び交います。
ですが、実態は前述の通りなのです。大人になれば分ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます

参考までにご回答者様の年齢区分と職業区分をお教えいただければ幸いです。「○十歳代」とおおざっぱでかまいません。「会社勤め」か「公務員」か「自営業」くらいのくくりでいかがでしょう。

「言葉は文化」というのが私の持論ですが、その人が使う言葉の背景にはその人の価値観が由来している文化が存在しているという意味です。戦後65年経った今、日本社会を構成しているのは多様な価値観を背景に持つ人々だとも言われています。調査にご協力いただければ幸いです。

ちなみに、私はほぼ半世紀生きてきました。

お礼日時:2010/04/11 14:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『病み上がり』という言葉の意味

『病み上がり』という言葉は病気が治ったばかりの状態の事をいうと辞書に載っていましたが、ケガが治ったばかりの状態は『病み上がり』とはいわないのでしょうか?病気からの回復のみに使用する言葉だとすると、ケガが治ったばかりの状態はなんというのでしょうか?

Aベストアンサー

 骨折など外から見えないケガが治ったばかりのときは「繋がったばかりなんだから」という表現を。
 出血を伴うケガ(擦過傷や裂傷・切傷など)のときは「塞がったばかりなんだから」を。
 打撲や捻挫などで青アザなどができるケガなら「(痛みやあざが)退いたところなんだから」を。
 身体の免疫力・抵抗力や内臓などの異常が原因の病気なら「病み上がりなんだから」を。

 その全部を包括して(先述した4つの分類のうち複数がほぼ同時に治ったときなど)、「治ったばかりなんだから」を使いますね、私だと。

「上がり」で「になったばかり・になって間もない」という意味があるので「塞ぎ上がり」などの表現が間違っているわけではないとは思うのですが、それ以外に、「終わる」とか(双六の終点やカードゲームで勝利条件を満たした状態を上がりと呼びますし、仕事の終業時刻を迎えたとき・女性が閉経を迎えることも「上がる」と言いますし)、「現場叩き上げ」・「盗賊上がりの○○」と経歴のことを差すときにも使いますし、汎用性が高いだけに、慣用句として一般的に使われている言葉(病み上がりなどがいい例ですが)以外では、かえって逆に「~上がり」という表現を耳にしないですね。

 骨折など外から見えないケガが治ったばかりのときは「繋がったばかりなんだから」という表現を。
 出血を伴うケガ(擦過傷や裂傷・切傷など)のときは「塞がったばかりなんだから」を。
 打撲や捻挫などで青アザなどができるケガなら「(痛みやあざが)退いたところなんだから」を。
 身体の免疫力・抵抗力や内臓などの異常が原因の病気なら「病み上がりなんだから」を。

 その全部を包括して(先述した4つの分類のうち複数がほぼ同時に治ったときなど)、「治ったばかりなんだから」を使いますね、私だと...続きを読む

Q取引相手が風邪を引いた時のメール返信

取引相手が風邪を引き高熱を出したとメールで書いてありました。
このような場合、なんと返信すればいいのでしょうか?

今は体調大丈夫でしょうか?
お身体に気をつけてください。

上記では全然気にしていない雰囲気になってしまいます。
よろしければ、アドバイスいただけませんか?

Aベストアンサー

プライベートな関係ではなく、取引先との業務上のメールなんですよね?
それなら、「大丈夫ですか?お身体には十分お気をつけください。」で十分だと思いますよ。

あるいは、先方が風邪を引き高熱を出したとメールで書いてきたことは、「そのため納期が遅れるかもしれません」と暗に言っているのかもしれませんね。
遅れてもかまわないなら、「納期は気になさらず、十分養生してください」でしょうし、困るなら、「大変でしょうが、納期もせまっています。よろしくお願いします。」でしょう?

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qご無理を申しまして?無理を申しまして?

こんにちは。

相手に無理なことをお願いする時の言い方をおしえてください。

「お忙しいところ、無理を申しまして大変恐縮でございますが、
よろしくお取り計らいのほど、お願いいたします。」

というのの、「無理」には、「ご無理」と、
「ご」をつけるものなのでしょうか。
それともいらないのでしょうか。

他の部分でも、おかしいところがあれば
ご指摘いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ご」は必要ないと思います。
「お忙しいところ、無理を申しまして誠に恐縮ですが(以下略)」
で大丈夫です。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、
その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。」と言われました。
そこで、つい「かしこまりました。わざわざお電話いただきありがとうございます。」
と言ってしまったのですが、これって間違いですか??

あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、
「わざわざありがとうございます。」と言ってしまいます。
これもおかしいですか?

電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか?

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「わざわざ」という言葉は「わざとらしく・故意に」という意味と「何かのついでではなく特別に・その事だけの為に」などという意味があるみたいです。
今回の場合は、後者の「何かのついでではなく特別に・その事だけの為に」という方になると思います。
「わざわざご丁寧に~」っと言う言い回しだったら、それほど失礼な感じにならないんじゃないかと思います。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q「ご依頼する」の使い方 日本語の使い方について

部外用の文書での敬語、丁寧語の使い方で質問です。
相手方からの依頼は、「ご依頼の件」や「ご依頼いただきますよう・・」などと表現するのはわかりますが、こちらからのお願いについて、「ご依頼いたします」という言い方は正しいのでしょうか?。「ご依頼する」という表現がなんとなく引っかかるのですが。上司がこの表現を使って対外文書を出そうとしているのですが、間違っていたら恥ずかしいので調べております。
どなたかお詳しい方ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BE%9D%E9%A0%BC&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=01409001211000
「する」をつけて漢語のサ変動詞「依頼する」です。

これに「ご」をつける場合、
・相手が「依頼」する時は
「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。
・自分が「依頼」する時は
「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。
「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。

理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。
参考------------------------------------------
・「日本語なんでも相談室」:Q&A
http://nihongo.ashir.net/qandaDisp.php?id=152
[「質問」「依頼」は、その行為自体は相手に向かっていますが、話し手の一方的な行為であったり、相手にとって恩恵をもたらしたりしていませんから、謙譲語は使えません。]

・メールマガジン【 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 】:「ご依頼」その2< 敬語の使い方(2)
http://blog.livedoor.jp/kamigaki2005/archives/51463425.html
[ですが、自分からの依頼や質問などは、
 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、
 謙譲の「ご(お)」は不要です。]

・教えてgoo:「[ご]の使い方について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3394656.html
回答No.3
[ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。]
----------------------------------------------

上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。
(余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。
ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、
謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。重要なのは「立てている」事です。
つまり「”向かう相手”がある言葉」が[謙譲語 I ]なのでなく、「”向かう相手”を立てている言葉」が[謙譲語 I ]です。誤解のないよう^^。
例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。
「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も
「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。)
(別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。)


これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は
専ら「ご依頼申し上げる」と使います。「ご依頼する」は使いません。
(難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。)

参考------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『依頼という言葉にごをつけると丁寧語になるのか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415757794
ベストアンサーの中の
[(注)「ご依頼」は、名詞や、謙譲語 I の一般形「ご~する」の形では用いられず、専ら謙譲語Iの
ほかの一般形「ご~申し上げる」の形で用いられます。]

Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317159548
 補足2の中の
[「お/ご~申し上げる」は、同じ謙譲語Iである「お/ご~する」とほぼ同じ意味・用法を持ちます。その両方が使える場合(「ご連絡申し上げる」と「ご連絡する」など)が多く、その場合は「お/ご~申し上げる」の方が敬度が高いといえます。
ただし、その一方しか使われない語もあります。例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」
とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。]
----------------------------------------------

上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。
自分側からの「ご依頼」については既出の「敬語の指針」の中の
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf
27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お(ご)……申し上げる」
の形しか使わないと理解しています。

(ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。
Yahoo辞書「申し上げる」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%94%B3%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=20252818189000
「日本語オンライン」BBS
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=01&mode=part&page=0&num=582&sort=1&back=tree
              )



ではなぜ「依頼」は「ご依頼申し上げる」だけは使うのかと考えた時に、その理由としてNo.4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。
なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。
つまり”特別”に「ご依頼申し上げる」はOKという事です。



次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、
これは「敬語の指針」
20ページ------------------------------------------
[【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】
謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で,
両方の性質を併せ持つ敬語として「お(ご)……いたす」がある。
「駅で先生をお待ちいたします。」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。」と同じ
内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。これは,「お待
ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I)
と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる]
28ページ------------------------------------------
[【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の
[上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お(ご)……いたす」がある。]]
--------------------------------------------------
にある「お(ご)~いたす」の形です。
ここにあるように「お(ご)~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。まず謙譲語 I の「お(ご)~する」が成立しないと成り立ちません。



ここが「依頼」の悩ましい所だと思います^^。
さぁどう解釈するかです。

私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。なので「ご依頼いたす」は無いです。
ただし下記のような方もいます。
--------------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『「ご」の使い方 3例』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110822451
[とにかく、理屈から言えば、「依頼」はI~IIIのすべての謙譲語になれるはずですから。
~~
理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない]
Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217107332
[ただし、サ変動詞「依頼」するの場合、「ご依頼する」という形ではなく、「ご依頼申し上げる」という形のほうが落ち着きがよいのでよく用いられます。]
--------------------------------------------------

この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。
本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。


正直日本語の謙譲語は難しく、『自分がする「依頼」』の「ご」については特に難しい部類であり、私も「ご依頼いたす」が絶対に不可とは言い切れません^^。
ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。

ただ一般的には自分が依頼する場合は、
題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では
「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」
「〇〇していただけないでしょうか」
「〇〇していただいてよろしいでしょうか」
などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://...続きを読む

Q「(人・会社を)紹介してもらった」の尊敬語は?

身内に紹介してもらった方へ初めて挨拶を送る場合、「紹介してもらった」はなんと表現したらいいのでしょうか?仕事でのやり取りです。
文章としては、「a社のA(私)と申します。弊社B(身内)よりC様(先方)を『紹介してもらった』」としたいのですが、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

「紹介」という言葉を無理に使わなければ解決するのでは?

「弊社のBよりC様のことを伺い、この度メール差し上げた次第です」


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング