我が家のシャンデリアの電球がついに3っつとも切れてしまいました。
電気やさんに聞いてもらったところ、器具の製造はオーヤマで電球はトーキとゆう会社らしいのですがもうトーキでは製造していないとのこと。電球の規格はE11110V40Wというらしいのですが他のメーカでもよいのでどなたか使えそうなものを教えていただけませんか。

A 回答 (1件)

口金のサイズが11で110vの40wの規格です。

各社で出ています。ホームセンター等に置いて有ります。ローソク等の形でどーしても見つからない場合近くの電気店、電気工事店に聞いてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。明日さがしてみます。

お礼日時:2001/03/31 21:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q製造物責任法の製造業者等とは

こんばんわ。私はある会社の社員です。弊社の製品はある業者が製造した製品をPB化し、製品に弊社の名前を表示して販売しています。また輸入も行っています。弊社は製造物責任法でいう「製造業者等」に位置づけられますか?教えて下さい。

Aベストアンサー

「製造者等」とは、製造業者・輸入業者・表示製造業者及び、
実質的に製造業者と認められる者、
つまり、製品の製造を自ら直接行っていない輸入やOEM及び改造や
用途転用した場合であっても「製品への表示」の在り方で、
「当該製造物を引き渡した時から10年」の責任期間が生じます。
ですからPL表示対策は、実際に設計や製造ましてや検査・試験すらしていない
物であっても製造物責任法の『製造者等』に当てはまり、
「いつ何が起きるか判らないトラブルに巻き込まれる」かも知れず、
それなりの責任が生じることなのです。

参考URL:http://www.bansei.com/~bansei/pointL1007.htm

Qついに発見

前述でもありました、会社に前に働いていたかた(形上は社員ですが別の会社で働いています)

私がいないときに出入りしているのが発覚しました

でも未だ、しっぽがつかめません・・・・

やっとなにをしにきているか判明しました

PCに強い方にお願いして、私の会社のPCを調べてもらったんですが

前に働いていた方がやめた後に、某日にPCが強い方をつれてきて

私のPCに入っている会計ソフトのデータを削除した後、新しいデータをいれかえて

あるらしいんです・・・

どうしたら、しっぽをつかめるんでしょうか・・・

Aベストアンサー

会計ソフトは
書き換えるとわかるようになっていますし
前年度のデータはいじれないようになっています。
(いじれますが記録が残るようになっています)
紙の帳簿で修正液やテープで訂正せず二重線を引いて訂正印を押して直すのと同じです。
普通の人が見ても会計士、税理士が見ても
何かを意図的にすればわかるようになっています。
なので、
その様な形跡があるのなら
決算前に月次のデータを帳票等を見て確認し
変更があればすべて訂正しなければなりません。

当然出入り口の鍵の交換や
PCのログオンパスワードの変更等はされていなければなりませんが
その人が悪意をもってやっているかは別として
貴方の会社の管理体制のずさんさも明らかなので
この際、根本的に管理体制を見直して
その様な外部の人間が安易に入室できないように
勝手に部外者がPCをいじれないようにしなければならないでしょう。
監視カメラの設置やPCのログの採取は会社のシステム担当と相談すればいいと
思います。

QNHKの「受信料」がついにネット進出か?

NHKは本当に受信料をネットに進出するのでしょうか?
http://cobute.blog68.fc2.com/blog-entry-371.html

Aベストアンサー

しまへん(^^♪

別立てだから、受信料払っている家(うちとか)
でも、NHKオンデマンドとか、番組単位や月単位で、
見物料とれる。

ネット配信込みで見放題なら
NHK大減収よ。損になることは、しまへん。

Q痴漢でっち上げ女の顔写真がついに晒されましたが…。

2008年に大阪で起きた痴漢でっち上げ事件で、
虚偽告訴を行った女の顔写真が、
数ヶ月前ついにインターネット上で晒されました。
(当方が公開を呼びかけた訳ではない。)
この写真は、おそらく近畿地方のローカルニュースで
報道された映像ではないかと思われます。

ローカルニュースで報道された顔写真を、
一般人が転載して全国区に広めるなど、
報道映像の顔写真をインターネット上に転載する行為は、
【名誉毀損罪】に該当する可能性はあるのでしょうか?

(注)ここでは著作権侵害の問題は無視します。

この行為がもし名誉毀損罪に該当するとすれば、
(同じ私人でありながら、)
報道機関にだけ犯人の顔を晒す【特権】が
存在するということになります。
実際のところ、この辺りについては、
一体どういう扱いになっているのでしょうか?
報道機関と一般人では扱いが異なるのでしょうか?

刑法230条とその解釈などに詳しい方は教えてください。
最近冤罪が疑われる事件があまりにも多いので気になります。
こちらにも身を守る権利はあるので。

Aベストアンサー

>インターネット上の大手動画サイトには「公共性」はないのでしょうか?
全くありません!
動画サイトが、社会貢献していますか?
動画サイトが、情報公開をしていますか?
全くしていません。

公共性に関しては、動画サイトは「投稿サイト」ですから、全くありません。

報道機関が、一般私人であれば何故警察を含む官庁には記者クラブが存在して、一般人が関係することができないのかを考えれば答えは出てきます。

Q隣の敷地の持ち主が我が家の塀を壊せるか

我が家の隣にマンションが建つ事になり現在工事が始まっています。
しかし、我が家の敷地に建つ、隣との堺のブロック塀の土台が隣の敷地に入り込んでいることが判りました。

状況としては、私の家は建売住宅で、購入後10年と5ヶ月ほど経過しています。ブロック塀も我が家の敷地内に建っていてブロック塀も建築された状態で購入しました。
隣の敷地についてはマンションが建つ前に売却され新しい土地所有者がマンション業者に依頼して建築をする予定です。


相手のマンションの業者が言うには私の方では何もすることはなく、土地売買のために間に入った不動産会社か、我が家を建てた建築業者に相談する、と言っています。
我が家を建てた建築会社は私が購入後10年経過しているので、ブロック塀土台工事はしないと言っています。
間に入った不動産会社には連絡を取っていませんので、どのような対応をするのか判っていません。

この場合、仮に、

1.マンション業者と不動産業者の話の中で不動産会社が我が家のブロック塀の土台を壊しても良いと許可すれば、相手方は私どもの意思を無視して壊すことが出来るのでしょうか。
<土台を壊されるのが仕方ないとして>
2.もし、土台を壊すことになってもブロック塀が壊れた場合の保障はしないと言われましたが、保障されないのが当然なのでしょうか。
3.もし、間に入った不動産会社が私の方にブロック塀の土台を壊してくれと要求されたら呑まなくてはならないのでしょうか。(取得時効というものがあるらしいですが、建売だから主張できないことなのかという不安も含まれた質問です)

相手側に、数日中にブロック塀の事で立ち会ってくれ、という文面の文書が届きました。具体的内容ではありませんでしたが、壊すことが決まっているのかと思うと不安です。



専門家ではないので説明不足等あるかもしれませんが
どうかよろしくお願いいたします。

我が家の隣にマンションが建つ事になり現在工事が始まっています。
しかし、我が家の敷地に建つ、隣との堺のブロック塀の土台が隣の敷地に入り込んでいることが判りました。

状況としては、私の家は建売住宅で、購入後10年と5ヶ月ほど経過しています。ブロック塀も我が家の敷地内に建っていてブロック塀も建築された状態で購入しました。
隣の敷地についてはマンションが建つ前に売却され新しい土地所有者がマンション業者に依頼して建築をする予定です。


相手のマンションの業者が言うには私の方では何...続きを読む

Aベストアンサー

まず、そのブロック塀が越境している場合には、隣地所有者は当然にしてその越境の解消を要求できます。結果としてご質問者はブロック塀を壊さねばならなくなります。

ところがご質問者は越境していないと思い購入したわけですから、その損害は購入時の建築業者や不動産業者に損害賠償請求できます。

以上が上記の法律的な位置関係です。

マンション業者は、そのため、まずその建築業者や不動産業者に「賠償する気があるのか」を聞いているわけです。

ブロック塀をどうするかは勿論ご質問者の所有物ですから決定権はご質問者にあるものの、越境していることに対しては隣地所有者の権利侵害をしているわけですから、そのまま放置は出来ません。
いやだといえばマンション業者はご質問者に撤去を要求する訴訟提起するでしょう。勝手にご質問者の塀は壊せないけど、裁判で勝訴すれば強制執行という形で出来ます。

本来はマンション業者はあくまでご質問者に撤去を要求し、ご質問者が購入時の業者に賠償を求めるという構図なのですが、マンション業者が代わりにご質問者がする賠償要求の交渉をしているというだけなのです。

ご質問のような場合、2通りの解決策があります。
一つは普通に塀を壊してという解決策です。ただ問題はご質問者の損害を弁済してもらえるかどうかと言う話が残ります。

もう一つはその越境部分が少しであればご質問者が買い取るという話です。

ご質問では10年超えているということで、取得時効というのも確かに視野に入れた方がよいかもしれません。

何にしてもまずはどういう話まで進んだのか、相手がどういう話を持ってくるのかお聞きになり、その上で弁護士に相談されたほうがよいでしょう。

おそらく10年過ぎているので、業者に対する賠償要求は難航しそうですし、現に建築業者はいやだといっているようですから、簡単には決着しないものと思います。

まず、そのブロック塀が越境している場合には、隣地所有者は当然にしてその越境の解消を要求できます。結果としてご質問者はブロック塀を壊さねばならなくなります。

ところがご質問者は越境していないと思い購入したわけですから、その損害は購入時の建築業者や不動産業者に損害賠償請求できます。

以上が上記の法律的な位置関係です。

マンション業者は、そのため、まずその建築業者や不動産業者に「賠償する気があるのか」を聞いているわけです。

ブロック塀をどうするかは勿論ご質問者の所有物で...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報