サイクルベースあさひに自転車を見に行って、よりワイドレンジなギヤの自転車が良いと思い外装6段をチョイスしようと思ったら、
「一番軽いギヤと一番重いギヤ比はどちらも同じ、外装6段はこの中で細かく分かれているだけですよ」との事。
でも「外装6段だから坂道も楽々」ってカタログに書いてあるからより軽いギヤ比じゃないのか?と言い返すと、
「より細かい細かいギヤ比だから最適なギヤで登ると楽と言う事です」とのこと。
これって、本当ですか?
なら、ほとんどの自転車メーカーのカタログや、HPの情報って紛らわしいですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

実際にギア比を計算してみました。


ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1速が0.733、2速が直結1.000、3速が1.360だそうです。
(参照:自転車探検! http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/variable …
これを、さっきの2.285に掛けます。
すると、1速が1.674、2速が2.285、3速が3.107です。
(数字が多くなるほど、ペダル1回転でより多く後輪が回転する、つまり、スピードは出るけど重いギアになっていきます。 逆に小さくなるほど、スピードは出ないが、軽く、坂も楽に登れるギアになります)
次に外装6段です。
外装6段のシティサイクルの前ギアを数えたかったのですが、いいのがありませんでした。
後ギアは、ほとんどはシマノの14-28T(最小14枚、最大28枚)だと思うので、1速から順に28、24、21、18、16、14枚です。
前ギアを仮に44枚とすると、ギア比は順に1.571、1.833、2.095、2.444、2.750、3.142です。
これを見ると、内装3段の1速と3速、外装6段の1速と6速のギア比はかなり近いことがわかります。
内装3段の2速は、外装6段の3速と4速の中間くらい、つまりちょうど中央あたりです。
つまり、店員の言っていることは、あながちウソではない、ということです。
外装6段は、内装3段を細かく分けただけ、とも言えます。
ただ、内装3段は、1つギアを変えると、ペダルの重さが極端に変わります。
1速では軽すぎる、でも2速では重すぎる、みたいな状況が、外装6段より多くなるかと思います。
外装6段なら、2速や3速を使えばちょうどよくなります。
なお、外装6段には、1速が28枚から34枚になったギアもあります。
(2速から上は同じ枚数)
このギアが装備されている、もしくは、あとからこのギアに交換すれば、1速だけ2速と極端に離れてしまいますが、かなり軽いギアにすることができます。
また、同じ内装変速でも、内装3段ではなく、内装8段にすると、細かく分かれるだけでなく、さらにワイドレシオなギアになります。
(軽いギアはより軽く、重いギアはより重くなります)
具体的には、1速が0.527、8速は1.615です。
内装3段の1速0.733、3速1.360より、広範囲をカバーしています。
なので、よりワイドなギアが欲しいのであれば、内装8段を選択するのも手です。
・・・が、内装8段には、一つ大きな欠点があります。
コストが高いことです。
内装8段の採用車種の多いブリヂストンでも、一番安くても定価で5万円クラス以上の上級グレードにしか存在しません。
(マリポーサシリーズ、プレスティーノ、アルベルトロイヤルエイト等)
予算が許すのであれば、内装8段の自転車を候補に入れてもいいと思います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
まさに、このこと(技術的裏づけ)を聞きたかったのです。
で、この回答を読む前にBSの客相に電話したら同じアドバイスをいただきました。
「内装8段の3段は内装3段の1段とほぼ同じくらいのギヤ比」との事でした。
軽いギヤを頻繁に使う+初老の脚力の無い母親が乗る
って、事を考慮するとコストはかかりそうですが内装8段になりそうです。
もう少し若ければ、クロスバイクに近いママチャリを薦めたいところですが
機械音痴の母親が前後の変速(前3段、後8段とか)を自由自在に使いこなすことは無理です。
そんなにスピードは出ないけど、坂に強く、ゆっくり乗る事が出来る快適なギヤ比のママチャリ出ると良いんですがね。
ともあれ、モヤモヤが取れてスッキリしました。
ありがとうございました!

お礼日時:2010/04/16 12:26

内装3段 、外装6段は取り扱い方法も考慮して選択した方が良いですよ。


外装6段は駐輪場でぶつけられるような所に置くと変形して変速不具合が出ることが多いですし、チェーンカバーであるためにチェーン注油状態に気をつけ定期的な頻繁な注油が必要です。
内装3段でチェーンケースの場合は雨に強くチェーン注油も少なくてすみます。
自分できちんと管理できれば良いのですがメンテナンスを出来ない人は外装6段を購入すべきではありません。

あさひには色々な自転車がありますが、あさひオリジナル自転車は全てMade In Chinaであり急な坂道や使用が激しい乗り方をすると短時間で故障することが多いようです。
自転車メーカはベアリング用ボールを製造するような技術を持っていませんから外部から仕入れますが、中国では精度の高いボールを製造できるような段階には程遠くMade In Chinaの自転車で力のある学生が乗っていると1年程度でクランク軸等のガタが出るのが普通ですから要注意です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに家にある自転車も
15年くらい、快適に乗れてるのもあれば
2~3年で快適では無くなった自転車があります。
次購入する奴は品質のしっかりしたものを選びたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/16 12:28

その意味をどう考えるかで本当かどうかは変わるのですが、多少の差はありますが、内装3段も外装6段も一番軽いギヤ比はそんなに違わないはずです。

なので、急な坂道を上るときの苦労は内装3段も外装6段もそう違わない。その意味だけで考えると店員さんの言葉はやや不親切といえるかも。
というのも現実世界の坂道はといえば、きっかり20度の坂道が延々と続くと言うことはあまりなく、ある部分は14度でちょっと上ると18度になって、さらに行くと16度になって、最後に20度がちょっとあるといった具合です。
店員さんのいう「最適なギヤで登ると楽」ということの本当の意味は、ペダルを一定の重さで踏めるというところにあります。先の坂道の例で言えば、内装3段のギヤでは14度から20度までの坂道を全て同じ低いギヤ(1段)で上ることになるでしょう(14度の坂は2段でいけるかも)。そのため、斜度が変わるたびにペダルを踏む重さが変わります。逆の緩いところでは軽く、急なところでは重くという具合に。でも外装6段の場合、それぞれの斜度に合わせてギヤを選択できます。例えば14度の部分は3段で、16度、18度を2段で、20度は1段に切り替えることでペダルを踏む重さを一定にすることができます。
ペダルを踏む重さを一定にコントロールできると、人によって感じ方はまちまちですが、一般的には疲れにくくなると言われています。
この意味で言えば6段の方が楽です。
結局、疲れるのはどちらも一緒ですが、どちらが疲れにくいかといえば、こまめなギアチェンジが可能な6段の方がまあ、疲れませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いろいろ、教えていただいた結果、多少はコストがかかりそうですが
内装8段が良さそうだと言う、結論に達しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/16 12:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内装8段変速自転車と内装5段変速車のGD値について

ブリヂストンの「ビレッタコンフォート」内装8段変速車と「スターノヴァ」内装5段変速車のGD値がどれぐらいか分かる方、よろしくおねがいします。
「スターノヴァ」はチェーンドライブとベルトドライブの車種がありますが、同じ内装5段でも両者のGD値が違うと聞いたことがあるので、そのあたりもお願いします。

Aベストアンサー

GD値=フロントスプロケ歯数÷リアスプロケ歯数(×内装変速比)×タイヤ直径×円周率
ででると思います。頑張って調べて下さい。

Qギヤ比について教えて下さい。 私は今クロスバイクに乗っていて、フロントがトリプルで、48.38.26

ギヤ比について教えて下さい。
私は今クロスバイクに乗っていて、フロントがトリプルで、48.38.26。
リヤは11-28の8速です。
平坦の巡航時、38-17.15位を使う事が多く、追い風や
下りで48-17や15を使います。
ロードバイクの場合、コンパクトクランクでも50-34とかフロントのギヤ比の差が大きいですよね。
フロントのチェンジのタイミングが難しいように思うのですが、スタート時はインナーのすごく軽いギヤとか使うんですか?
みなさんどのように使っているのか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分のケイデンス「クランクの回転数」をまず出してください。

ケイデンスを一定にする、のが自転車の基本です。一定のケイデンスなら心拍数が安定し、長距離でも疲れにくくなるからで素。

ロードバイクの場合、基本的にはロードレースのギア比を想定してます。ですからクランクの50は平地巡行用で34は登り坂用というのが一般的です。もちろんレースをするなら、本来はレースの高低差などに合わせて細かくギア比を調整するものです。

質問者様のケイデンスと心拍数が耐えられるなら(つまり脚力があるなら)平地は常に38で、基本的にはフロントを38で固定し、リアギアの28などで発進すればよいと思います。
逆に48で固定して、リアギアを14にするとギア比が0.29になるので、38-11のギア比0.289とほぼ同じになり、48固定でもいいのではないか、と思います。

フロントギアは切替にタイムラグがあるので、基本的には切り替えません。38固定でケイデンスが安定するのか、48固定で安定するのか、普段は知っている場所で確認してください。
ルートがいくつかあるなら、その場所ごとの確認でもいいでしょう。基本的には心拍数の上がりぐあいで確認します。

自分のケイデンス「クランクの回転数」をまず出してください。

ケイデンスを一定にする、のが自転車の基本です。一定のケイデンスなら心拍数が安定し、長距離でも疲れにくくなるからで素。

ロードバイクの場合、基本的にはロードレースのギア比を想定してます。ですからクランクの50は平地巡行用で34は登り坂用というのが一般的です。もちろんレースをするなら、本来はレースの高低差などに合わせて細かくギア比を調整するものです。

質問者様のケイデンスと心拍数が耐えられるなら(つまり脚力があるなら)平...続きを読む

Qママチャリ 外装6段のリアハブ

 宜しくお願いします。

 外装6段(シマノのボスフリー)のママチャリのリアホイールが壊れてしまい、交換を考えています。
 しかし、ネットで探してみても、ハブの種類が、『変速機なし用』と『内装3段用』しか見当たりません。

 もしかして、外装6段用のリアハブは、変速機がない1枚ギアのものと同じなのでしょうか?
 それとも、外装6段用のハブが存在するのでしょうか?


 ちなみにホイールごと交換する予定なので、ブレーキを現在使用しているサーボブレーキから、ローラーブレーキに変更しようと考えてますが、装着可能でしょうか?
 どこかのHPで、「ブレーキレバーも変えなければ・・・・」のような事が書いてあった気がしたので、他に気をつけることがあったら、合わせて教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

ハブに関しては、シングルスピード(無変速)とも内装3速とも違い、外装6速用のハブが必要です。
外装6速用ホイールというのは、採用車種が少ないために、あまり出回ってないんじゃないでしょうか。
根気良く探すか、バラのパーツからホイール組んでもらうしかないと思います。
ブレーキについては、よくわからないのでわかる方に譲ります。
(もしくは店で聞いたほうが早いかも?)

Qルイガノ LGS TR2のギヤ比

ルイガノ LGS TR2を購入して1ヶ月になります。
ダイエットするなら クロスバイクがよい、と聞いて、一目ぼれで衝動買い。

平地なら結構走るし、片道15kmの通勤は問題ないんですが、坂道になるとしんどいです。
一番軽いギヤにしても、少し坂が急だったり、距離が伸びるとモウダメ。

もともと基礎体力も、脚力も、心肺機能もないのが原因だとはわかっているんですが、自転車自体のスペックとして「上り坂をもう少し楽に上がれる」ギヤに変更するとかは 可能なのでしょうか?

ちなみにスペック表?でみてみると、前42T 後 11-28T ということなので、一番軽いギヤ比は1.5、という見方であっているのでしょうか??

となると、他のクロスバイクなどでは ギヤ比が1を切るようなものもあるようで、そっちの方が軽く漕げるということですよね??(すみません。よくわかってなくて)

Aベストアンサー

13-34tの構成
13・15・17・19・23・28・34
まえ42tのギア比
3.2・2.8・2.4・2.2・1.8・1.5・1.2

11-28tの構成
11・13・15・17・19・21・28
前32tのギア比
2.9・2.4・2.1・1.8・1.7・1.5・1.1

純正状態のギア比
3.8・3.2・2.8・2.4・2.2・2・1.5・・・

非常に端的に言えば
・リアギアを13-34に変えるのは
今のギア構成のトップを外して
ローギアを一枚足してやり、その分、ギアの間の間隔を広げる様な感じになります
・フロントを32tにするのは
今のリアギアから重たいギアを二つ取り、
ローギアを追加し、その分ギアとギアの間を狭めてやることになります。

先にも回答しましたとおり、
ダイエットのためには、
「筋力ではなく、心肺機能を有効に使う運動が効果的」
「無酸素領域ではなく有酸素領域」
そのためには、軽いギアをくるくる回して走るのが効果的ですが
余り軽すぎても無意味です。
適度な負荷を維持しながらきめ細やかに
リアギアの7sを風の向きが変わるとか
ちょっと登り下りの鱶に合わせて細やかに、
めいっぱい全部使いつつも、
坂道で楽になるといういみです。

ですから、同じ回答に見えるカモしれませんが
ダイエット目的にはフロントギアの交換が最も有効です。
しかも安上がりです。

リアギアを交換するには
専用工具が必要で、販売店で購入しても無料で取り付けはしてくれない
レベルのちょっとした作業になります。
=工賃発生しかも単体部品はリアギアの方が高い。
=しかも今よりもワイドになり扱いにくいダイエット向きではないそれこそ
立ち漕ぎが必要な可能性がより高まるのがリアギア交換です。

ちなみに、チェーン交換ですが
リアギアを大きくした場合、
チェーン長さの追加も発生します
11が13になるので、確実に一コマ追加です。
しかも34tと大きなギアになりますので
保険でもう一コマ=4リンクほどの長さ追加が必要です
そうなると、たぶん新規に購入かな?気の利いたところなら余りチェーンを付けてくれるかもしれません。
どちらにせよ、変速調整作業も発生します。
=さらに高くなります。
=チェーン代金抜きでも工賃は取るでしょう。
=総額1万円は見た方が良いですね。

これがフロントギアを小さくする方向だと
チェーンが余るので切ります。
=これにも工賃が発生しますが新規に買え!と言われる確率は0です。
部品代と交換工賃合わせても5000円言わない作業です。

ですから、
「より安くて、よりダイエット・坂道向きに最適化できる改造」として回答しました。

13-34tの構成
13・15・17・19・23・28・34
まえ42tのギア比
3.2・2.8・2.4・2.2・1.8・1.5・1.2

11-28tの構成
11・13・15・17・19・21・28
前32tのギア比
2.9・2.4・2.1・1.8・1.7・1.5・1.1

純正状態のギア比
3.8・3.2・2.8・2.4・2.2・2・1.5・・・

非常に端的に言えば
・リアギアを13-34に変えるのは
今のギア構成のトップを外して
ローギアを一枚足してやり、その分、ギアの間の間隔を広げる様な感じになります
・フロントを32tにするのは
今のリアギアから重たい...続きを読む

Q外装6段変速(安物ルックMTB)

※自転車には素人で勉強不足な所があるので用語などおかしい所があるかと思いますご容赦下さい※

状態の悪くなっていた中古のMTBルック車?というのでしょうか、
シマノの外装6段ギアなどがついた安物の自転車を整備して試走してみたのですが

ギアを落とす時に手のシフト操作に強い力が必要でしてこういったものなのでしょうか?
ギアを上げるときには軽くシフトして、いっきに何段も変わるのですが
落とす時には1段づつで力も強く必要です、故障や不調ではなくこういったものというのならいいのですが。

ギアを落とす時は小さい所が大きいスプロケに移らなくてはいけないので
力が必要だったり1段づつなのも当然かなぁとも思うのですが常識がないもので・・・

※手に必要な力は6kmほど走っても右手が疲れきるほどではなく強い力が必要だと感じる程度です。
※ワイヤーやギアディレーラー?など可動する部分にはひとまずCRC556で動きをよくして
チェーンはオイルなどでしっかり潤滑してあって手で直接リンク一つ一つ動かすとスムーズなのでそう悪くはない感じです

Aベストアンサー

一般的リアディレーラーは、ワイヤーを外すと一番トップギア側にスプリングの力で移動します。
(トップノーマル型といいます。 一部MTB用にはローノーマル型もあります)
なので、シフトアップは、シフトレバーが巻き取ったワイヤーを解放し、スプリングの力でトップ側に移動するだけなので、ほとんど力がいりません。
それに対し、シフトダウンは、スプリングの力に逆らってディレーラーをロー側に引っ張ってワイヤーを巻き取るため、もともとシフトアップより力が必要です。
ただ、中古の程度のよくない自転車であれば、シフトワイヤーも動きが悪くなっていると思います。
高い部品ではないので、シフトワイヤーを交換してみてはどうでしょうか。
ワイヤー単体ではさほど抵抗がないように思っても、わずかな抵抗が実際にはけっこう影響が大きいです。
シフトダウンがシフトアップより力が必要といっても、正常に作動しているシフターであれば、かなり軽く作動するものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報