小説の参考文献

中島らもさんの「ガダラの豚」や「今夜、すべてのバーで」には巻末に参考文献が載っていて、興味を持った人はその参考文献に当たることができます。私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うのですが、多くの小説には参考文献の記載がありません。なぜなんでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

鋭い着眼点だと思います。


おっしゃる通り、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないはずなのに、多くの小説には参考文献の記載がありません。これは、(日本に限らず)昔からの慣習でそうなっているらしいです。
まだ著作権がやかましく言われなかった時代から、西洋で知識人が著した(小説ではない)浩瀚な書物は、おびただしい参考文献のリストを誇らしげに載せていたようです。読者のほうも、本文もそこそこにリストを眺めて、「こんなにたくさん難しい本を読みこなした上で、この本を著したのだ……」と感心したりしました。リストが載ってないと、「参考文献なしの本なんて、獄中でも書けるじゃないか」と言う人もいたとか。
しかし、当時から小説は、ほとんど参考文献を記載しなかったようです。その後、時代が変わって「引用と剽窃の違い」や著作権がうるさく言われるようになったのに、小説においては昔の慣習を引きずっている模様です。
この矛盾が火を吹いたのが、たとえば立松和平(1947-2010年)の『光の雨』ではないでしょうか。あれは盗作として、立松が極悪人のように言われています。しかし、小説に種本が存在して、そこからごっそり頂いて(ぱくって)いることは、しばしばあったようです。小説が小説を剽窃するのは、さすがに恥ずかしくて禁忌としても、ノンフィクションからなら(ジャンルが違うから?)頂いてもいいだろうという意識があったみたいです。そう言えば、『光の雨』が盗作した『あさま山荘1972』(坂口弘著)も、事件当事者によるノンフィクションでした。
ぱくられた側にしてみれば、タダでぱくられた上に参考文献にも記してもらえず、怒り心頭でしょう。しかし、小説の文章において「引用の要件」(たとえばhttp://withd.jp/news/2792.html)なんか守っていたら、小説になるかなあという感じもします。そのせいもあって、「昔の慣習を引きずっている」のかも知れません。芸術家とは、悪魔に魂を売り渡した怪物なのか……。いずれにせよ、『光の雨』はぱくり過ぎだったらしいですが。
村上龍の小説は、巻末に参考文献(ウェブも含む)の長大なリストが載ってるものもあります。注目すべき現代作家の取り組みですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
立松和平さんの小説の件は知りませんでした。
村上龍さんはどのような考えから参考文献を載せるようになったのでしょうね。

お礼日時:2010/04/23 12:19

歴史小説には参考文献が巻末についている場合がありますが、ないものも多いです。

それ以外のジャンルの小説に参考文献がつけられていることは稀だと思います。中島らもさんの例はきわめて珍しいと思います。この例がそうだというわけではもちろんありませんが、参考文献をつけるのは、その著作の権威付けにする場合があって、専門書や学術研究書には必須だと思いますがなかなか面倒な作業であり、義務でなければ省略するのが世の常です。小説などの創作文にはむしろ余計な場合が多いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、小説の中には、この資料がなかったら書けなかったというようなものも結構あるのではないかと思っています。その場合には、その資料に対して著書の中で何らかのクレジットを与えるべきではと思うのですが。

お礼日時:2010/04/20 13:11

>私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うのですが、



私小説でも参考文献をつけたものなんて見たことありません。

参考文献をつけるというのは論文において論拠を明示する手段であって、妄想や夢想や独善の比率の高い小説という文学手法において、参考文献をつけなければならないと考えるとすべての新奇なもの(novels)がしぼんでしまいます。
 小説に参考文献をつけるのは従って物的証拠や根拠があるというアピールのポーズであって、そんな参考文献をみるというのはむしろ野暮というものです。

 日本文学史上最大の奇書といわれる高橋源一郎の「日本文学盛衰史」は要するに明治以降の日本文学のパロディですが、各章のタイトルが「されどわれらが日々」のように既存の小説の題名またはそのパクリになっていますが、柴田翔の元の小説を「日本文学盛衰史」を読んだから読んでみようなんていうのも私見では野暮です。

この回答への補足

私の表現があいまいだったようなので補足します。「私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うの」と書いたのは、ほとんどの小説は執筆する際に何らかの資料を参考にして書いていると思われるが、私小説は自分の体験を書いたものだから他の資料を使わないということもありうるというという意味です。

補足日時:2010/04/20 12:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、小説の中には、この資料がなかったら書けなかったというようなものも結構あるのではないかと思っています。その場合には、その資料に対して著書の中で何らかのクレジットを与えるべきではと思うのですが。

お礼日時:2010/04/20 13:09

素っ気ない表現で申し訳ないのですが、「そんな義務はないから」ではないでしょうか。


創作の世界を現実の世界と結び付けて欲しくない、という気持ちもあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、そんな義務はないかもしれませんね。
でも、小説の中には、この資料がなかったら書けなかったというようなものも結構あるのではないかと思っているのですが。

お礼日時:2010/04/20 13:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの書き方 参考文献

レポートの最後に書く参考文献の書き方を教えてください。

参考文献は最後のページの余りに書いてもいいのですか?
それとも新しく一枚作ったほうが良いのですか?

そして、参考文献の著者名などの書き方を教えてください。
発行年数は「初版第1刷発行」と「初版第10刷発行」があるのすでがどちらを書くのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんだか叱られているみたいですね。

その本そのものが発行された年を書くということです。
「初版第1刷発行」と「初版第10刷発行」では、後者です。

Q卒業論文の参考文献について

文学で卒論を書くのですが、参考文献は実際に引用したり、題材に直接関わっているものを表示するのでしょうか、それとも、題材と直接のつながりはなくても、自分がそこに至るまでの考え方のベースになったものまで含めても良いのですか?後者まで含めると現在50冊くらいになるのですが、多ければいいというものでもないですよね、きっと。私の担当教官は自由にさせてくれるのですが、大学院を受験するかもしれないので、なるべくきちんとした書式で、良いものを書きたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

論文には参考文献の表示が二ヶ所あります。
1)論文中に引用した文献の書名、著者、出版社、引用したページなど。
  記入場所は各章の後や巻末で人により異なります。
2)巻末に本文中で引用したり参考にした文献の一覧表を掲げる。
  
参考文献は教授や一般読者が著者がどのような参考文献を勉強し論文のテーマに取り組んだかを示すもので、どのように勉強したか(深く理解したか)を示すものではありません。著者に精神的に影響を与えたと思われる文献まで記載する必要はありません。論文の内容に自信があり学会に発表もできるようなら全ての文献を記載すべきでしょうが、一般の学生の場合、参考文献の多い割には論文の内容が貧弱ということもありえるのでほどほどがよいでしょう。

引用の仕方を間違えて(常識を守らず)盗作、著作権違反などを起こさぬよう一般論文や先輩の論文で事前によく勉強が必要です。

Q参考文献の書き方(論文)

大学花子2005「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、大学出版、pp.5
大学花子2005『論文の書き方』、大学出版、pp.50

と言う具合にかいています。
以下のような場合はどうすればいいですか?

・記事を書いた人が明記されていない雑誌の記事
「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、大学出版、pp.5 でいいですか?

・その雑誌全体を参考にした場合
」『月刊論文』5号、大学出版  でいいですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。というか、おはようございます。

論文は、基本的にはお師匠さんである教官からの指導になります。何故か。それは細かい点(年月日まで入れるかどうか等)にブレがあるからで、「これ」というのは無いのが実状です。一般的なことでお応えします。

・大学花子「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、pp5(2006.5)[★→雑誌名が陳腐な場合、識別するために出版者も記述]
・大学花子『論文の書き方』pp50(電電公社刊 2005)

と、書くことが多いですね。それでも、文・史・法・経・人文、などなどによって大分違ってきます。

ご質問の2行ですが、1つ目はOK。
2つ目は雑誌の該当号全部を表現したい場合、特集名とか小特集とかになっていませんか?なっていれば、それを冠した方が良いです。無ければ、「・・・・参照」でよいと思います。

もう一度くりかえしますが、論文の注のつけかたは結構マチマチです。指導教官の指示に従いましょう。(と書いていて思ったのですが、質問者さんご自信が“結構いろいろあっていい加減”という感想をお持ちではないですか?)

ご参考まで。

こんばんは。というか、おはようございます。

論文は、基本的にはお師匠さんである教官からの指導になります。何故か。それは細かい点(年月日まで入れるかどうか等)にブレがあるからで、「これ」というのは無いのが実状です。一般的なことでお応えします。

・大学花子「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、pp5(2006.5)[★→雑誌名が陳腐な場合、識別するために出版者も記述]
・大学花子『論文の書き方』pp50(電電公社刊 2005)

と、書くことが多いですね。それでも、文・史・法・経・人文、などなど...続きを読む

Q20世紀仏文学の参考文献?

こんにちは。
それなりに仏文学をかじっていたつもりだったのですが20世紀が結構弱点で批評家さんのこととかもほとんどわからなくて授業であうあうしてしまいました。そんなわたしはとりあえず、高校生の時からだいすきなカミュの異邦人でレポートをやろうと思いましたが20世紀に直撃して困っています。レポートの字数は5000字程度で、そんなに多くはないですが、やはりこの機会にも文献を多く当たりたいです。
そこで質問です。ロラン=バルト~ロブ=グリエ~モーリス=ブランショ~サルトルあたりで、比較的廉価か、大学の図書館に一般的に置いてありそうな、(カミュじゃなくとも)文学全般について書かれている本で、初心者にもとっつきやすいものってありますか?レポートを書き上げる日数にあまり余裕はないのですがでも頑張ります。少数精鋭だと嬉しいです(…)
詳しい方、教えて下さると助かります!

Aベストアンサー

> ロラン=バルト~ロブ=グリエ~モーリス=ブランショ~サルトルあたりで

このあげられたラインナップを見ると、まだどういう角度で何を書いていこうとするのかもわからない状態かと思います。

おそらくこのなかで一番手に入れやすいのは、サルトルとカミュの論争である『革命か反抗か』(新潮文庫)でしょう。
できれば、サルトルの「シチュアシオンI」(人文書院から出ているサルトル全集の11巻に所収されています)を先に読んでおいた方がいい。
これだと文学者の社会参加、みたいな感じで、とくに思想の勉強をしなくても書けそうな気がする(ただ、課題なら75%の人がこれを選ぶかも)。

つぎにロラン・バルトです。
バルトで書くつもりなら、『エクリチュールの零度』(ちくま学芸文庫)を読まなくちゃならない。これも手に入れやすい本です。
この本は1/3ぐらいが親切な訳注にあててあり、しかもブランショが同書の解説をしているのまで翻訳されていて、ほんとうに「おいしい」本です(わたしは訳者の森本和夫さんの文章も好き)。ブランショの解説はバルトの要点を簡潔にまとめているだけでなく、彼自身の『来るべき書物』への橋渡しともなっていくものでもある。

ただ、いかに親切な訳注があったとしても、ラング? エクリチュール? ディスクール? という状態だと、これは全然読めないでしょう。そういうときにはとりあえず『寝ながら学べる構造主義』(内田樹 文春新書)か、『ポスト構造主義』(キャサリン・ベルジー 岩波書店)を読んで、バルトという人はどういう人であり、この人はいったい何をしようとしたのかを頭に入れておけば、ずいぶん見通しもよくなってくるかと思います。
「カミュの『異邦人』は、バルトのいう「無垢なエクリチュール」である」なんて書くとカッコイイ(笑)。ただそこに到るまで、うんと勉強が必要ですが。

ブランショは『カミュ論』(筑摩叢書)がありますが(これは相当手に入れにくい)、ブランショはバルトをまず読んでそれから、という感じですね。

さて、ロブ=グリエは『新しい小説のために』(新潮社)を読むことになるでしょうが、これはなかなか手に入れるのが大変です。大きい図書館に行けばあるだろう、というぐらいの本です。これは、19世紀のリアリズム小説が行き詰まりを見せたところに登場したカミュを、ヌーボー・ロマンの先駆者として位置づけていくもの。
これは文学史の流れに置いた「小説の技法」という観点から書くことになるでしょう。

もうひとつ、同じヌーボー・ロマンの書き手として、ナタリー・サロートの『不信の時代』(紀伊國屋書店)をあげておきましょう(これまた手に入らない)。
これの冒頭に所収されている「ドストエフスキーからカフカへ」では、バルザックに代表されるような19世紀的リアリズムに対して、新しいものを生み出していこうという模索のさなか、カミュの『異邦人』がどれほどの期待を持って迎えられたか。にもかかわらず、その期待に応えるものではなかった、という文脈で、ドストエフスキーからカフカへと到る新しい文学の流れと対比させながらカミュを批判的にとらえています。

うーん、日数に余裕がないとなると、何にしても大変かと思いますが。
以上、参考まで。

> ロラン=バルト~ロブ=グリエ~モーリス=ブランショ~サルトルあたりで

このあげられたラインナップを見ると、まだどういう角度で何を書いていこうとするのかもわからない状態かと思います。

おそらくこのなかで一番手に入れやすいのは、サルトルとカミュの論争である『革命か反抗か』(新潮文庫)でしょう。
できれば、サルトルの「シチュアシオンI」(人文書院から出ているサルトル全集の11巻に所収されています)を先に読んでおいた方がいい。
これだと文学者の社会参加、みたいな感じで、とくに思...続きを読む

Qレポートの参考文献の書き方

例えば「たくさんの植物の育て方」っていうレポートを書くのに
Aの本からは「薔薇の育て方」
Bの本からは「ドングリの樹の育て方」
Cの本からは「サボテンの育て方」

みたいにいくつかの本から例を抜き出して書きたいんですが、参考文献の書き方ってどうすればいいんでしょうか?
2~3ページの物を4行くらいに要約するので引用ではないですし・・・

-----------------

2.1 薔薇の育て方
 ~~~~である。(1


参考文献
(1 「美味しいバラの育て方」 ○○著
(2 「目指せ森林!~立派な木を育てるために」 ○○著

-------------------
みたいな書き方をしていけばいいんでしょうか?
すごく困っています!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

「補足コメント」を拝見しました。

>聞きたかったのは本文中の番号の示し方についてなんです。
⇒次のようにします。

2.1 薔薇の育て方
 「~~~である。」1)

2.2 ドングリの育て方
 「~~~である。」2)

のように引用の印「 」をつけた文の最後に、(1 のような片カッコ(=開きカッコ)ではなく、1)のような、「閉じカッコ」を使って番号を振るほうがいいと思います。

なお、ここでは示しにくいですが、フォントは「上付き」にするとよいでしょう。

Qレポートの参考文献を教えて下さい

大学の日本文化論という授業で、「近現代日本文学における人物に対して使われる「におい」について」または「近現代日本文学における人物の理想像」というタイトルが出題されたのですが、何を読んで書けばいいのか全く見当がつきません。どなたか、このタイトルに少しでも関連するような文学や、文献があれば教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

 
  以下のような本があるのですが、これは絶版でしょう。古書店情報でかなり高い値が付いていました。しかし、図書館にはある可能性があります。貴方の大学の図書館になくとも、他大学の図書館にあれば、借りられるはずです。
 
  >「近代文学の理想像」/三枝康高/塙書房/昭和36/2000円
 
  現代だと、以下のような本しかありません。これはあまり役に立たないと思いますが、書店で見られてはどうですか。
 
  >「濃い人々―いとしの作中人物たち」
  >群 ようこ (著) 単行本 (2001/04/01) 講談社
  >価格: ¥1,300
 

Q卒業論文の参考文献の書き方で3つ質問があります

参考文献の書き方に迷っています。
3つ質問があります。
(1)外国の論文を、日本の出版社が翻訳したものを載せる場合、どのように書けばいいのでしょうか。
(2)わたしの研究では、大学の教授などにインタビューをすることが多かったのですが、インタビューした人の名前は参考文献の中に載せますか?
(3)インタビューした方からもらった資料(プリント)が何枚かあるのですが、5枚程度のプリントで発行年などがあいまいです。そのようなものを載せる場合どうしたらいいですか?

よろしくお願いします><

Aベストアンサー

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: 勁草書房. (Original work published 1999)
===

のいずれかです。「Cambridge, MA」は出版社のある「マサチューセッツ州」のケンブリジという意味です(アメリカ合衆国の場合は州をそれ以外の場合は国名などを書きます)。本文中の引用では、上のそれぞれの参考文献の書き方について、

===
……である(Tomasello, 1999 大堀壽夫他訳, 2006, p. 11)。
===
……である(トマセロ, 2006, p. 123)。
==

となります。ただ、できれば該当箇所の前後だけでも英語で読んで、訳書ではなく原典を引用したほうが好まれます。その場合、訳書を参考文献に挙げる必要はありまsねん。

(2) インタヴュー。

公的に活字となって出版されているのであるなら、それを引用します。そうではなく質問者さま自身のインタヴューであれば、参考文献リストではなく、脚注で示します。たとえば上のトマセロさんにインタヴューしたのであれば、脚注を用いて、

===
Tomasello, M., personal communication, 2007, January.
===

と書くか、直接本文に、

===
……である(Tomasello, pers. comm. 2007, January)。
===

と書きます。インタヴューなら、「personal interview」、「pers. interview」でもよいと思います。

(3) プリント

たとえば、猿山県犬川市にある高校に勤める山田明先生が出した「中世トンブクトゥの歴史」というプリントがあるとします。

===
山田 明. (n.d.). 近代トンブクトゥの歴史. 猿山県犬川市: Author.
===

「n.d.」はno dateつまり日付不明ということです。日付がわかるのでれば、「n.d.」のところに「2007, January」のように記入します(日がわからなければ年だけでも)。プリントをいただいた相手に問い合わせてわかるのであれば問い合わせましょう。その人が忘れていないかぎり埋まります。

本来出版社が来るところに「Author」があるのは、出版したのが著者と一緒という意味です。先生や会社員として学校や会社で印刷したのなら、学校や会社の名前を書いたほうがよいのかもしれませんが、軽いプリントならAuthorでよさそうな気がしました。いつも見ているスタイルマニュアルが手元にないので、この出版社欄は、どう書いたらよいのかよくわかりませんでした。

●追加質問について。

(1) 参考文献のページ。

参考文献のページはページ数にカウントするのですか? 先生に問い合わせてみたほうがよいと思います。逆に提出が3枚だというなら(A4で規定の行数なのだと思いますが)、参考文献で1枚使うのは多すぎませんか? 文献的な研究ならともかく、自分でデータを出したり論理を組み立てていくタイプの論文なら、引用が多すぎるのかもしれません。文献的の考証のような研究をしようとして参考文献数が多くなるのであれば、先生に相談すればよいと思います。いずれにしろそれは学校が出した課題の規定なので、先生に相談するのがいちばんでしょう。

(2) 関連文献。

関連文献は参考文献に載せません。参考文献は、referencesなので、ただ論文を書くのに参考にしたというものではなく、論文のなかで実際に参照したというものです。どうしても書きたいのなら、そのような総説は「……についての研究は1970年代に始まった(Tomasello & Call, 1997)」のように短く引用するのが、ひとつの手です(たぶん導入の辺りになるはずです)。また、研究書の総説は引用するとよいと思いますが、新書程度の入門書であればとくに引用することもないと思います。

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: ...続きを読む

Qビデオを参考文献にする場合のレポート

ビデオを参考文献にしてレポートを書こうと思っているのですが最後に
参考文献を書くとき、何を書いたらいいのか、書く順番などがわかりません。
普通の本だったら、
作者名『本の題名』発行者 発行年などを書きますよね?
ビデオだったらどうすればいいんでしょうか??
知っている方がいたら早急にお返事下さい。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

#1です。
早い方がいいと思って焦って回答してしまいました・・・。
分かりにくいですよね^ ^;すみません。
----------------------------------------------
作者名(発行年)『タイトル』発行元[AV資料(ビデオカセット)]
----------------------------------------------
・・・という風にするといいと思います。
(※発行年・発行元の書き方は指導教諭・調査の対象・学校・・・等によって順番が違っているので質問者様の習った通りにして下さい。)

Q参考文献一覧の書き方

卒論があと少しで終わるのですが、参考文献一覧の書き方について質問させてください。

通常、和書も洋書も著者名をアルファベット順に書きますが、辞書を用いた場合は、どうすればよいのでしょうか。

例えば、
Beethoven: ○○○・・・
Debussy:○○○・・・
Mozart:○○○・・・

の中に『数学大事典』より引用した「魔方陣」の項目を含めたいとき、どのように組み入れればよいのでしょうか。
辞書はたくさんの人によって書かれているので、どのようにしたらいいのかわかりません。

Beethoven: ○○○・・・
Debussy:○○○・・・
魔方陣の項目:『数学大事典』・・・
Mozart:○○○・・・

というふうにすればいいのでしょうか?
どなたかお願いします。

つまりは、『広辞苑』などの辞書を引用したときの、参考文献一覧表の書き方についてです。

Aベストアンサー

辞書・辞典類を参考文献に含めることは少ないのではないでしょうか? 英文で論文を書いた人が、使った英語の辞書を参考文献に入れたりはしないでしょう? せいぜい本文で括弧書きするくらいでしょう。

日本語と英語の並べ方については日本語・英語をそれぞれまとめてどちらかを先にするといいと思いますが、書式は大学の指示に従いましょう。

Qヘルマン・ヘッセ研究のための参考文献

ヘルマン・ヘッセの「荒野のおおかみ」「シッダールタ」「クヌルプ」などの作品を中心に、卒論を書こうと思っています。
具体的なテーマなどもまだ決まっていませんが、ヘルマン・ヘッセを
卒業論文のテーマとした場合に参考になる文献をぜひ教えていただきたいと思ってます。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何かいろいろ探してみました。参考になれば…。

http://ya.gguide.biz/320/23.html

http://www.h5.dion.ne.jp/~diyberg/contentsbooks.html

http://books.yahoo.co.jp/book_search/author?author=%B0%E6%BC%EA%EC%CC%C9%D7

http://tora2.tamacc.chuo-u.ac.jp/Profiles/0002/0000280/pblc1.html

評伝ヘルマン・ヘッセ(上)
http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1364.html

ヘルマン・ヘッセの作品における子供の教育http://ci.nii.ac.jp/naid/110004653386/

http://www.kyukyo-u.ac.jp/p_system/index.php?type=teacher&execmode=vew&cd=36

ヘルマン・ヘッセと民族的思想
http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/5562/1/55_009.pdf

中野 和朗 ヘルマン・ヘッセ研究会編著『ヘッセへの誘い』

『ヘッセへの道』 高橋健二古稀記念論文集 新潮社, 1973

小澤 幸夫 ヘッセの『夢日記』と『デーミアン』の成立

石橋 道大 ヘルマン・ヘッセ研究会編・訳『ヘッセからの手紙 混沌を生き抜くために』

何かいろいろ探してみました。参考になれば…。

http://ya.gguide.biz/320/23.html

http://www.h5.dion.ne.jp/~diyberg/contentsbooks.html

http://books.yahoo.co.jp/book_search/author?author=%B0%E6%BC%EA%EC%CC%C9%D7

http://tora2.tamacc.chuo-u.ac.jp/Profiles/0002/0000280/pblc1.html

評伝ヘルマン・ヘッセ(上)
http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1364.html

ヘルマン・ヘッセの作品における子供の教育http://ci.nii.ac.jp/naid/110004653386/

http://www.kyukyo-u.ac.j...続きを読む


人気Q&Aランキング