位置情報で子どもの居場所をお知らせ

小説の参考文献

中島らもさんの「ガダラの豚」や「今夜、すべてのバーで」には巻末に参考文献が載っていて、興味を持った人はその参考文献に当たることができます。私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うのですが、多くの小説には参考文献の記載がありません。なぜなんでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

鋭い着眼点だと思います。


おっしゃる通り、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないはずなのに、多くの小説には参考文献の記載がありません。これは、(日本に限らず)昔からの慣習でそうなっているらしいです。
まだ著作権がやかましく言われなかった時代から、西洋で知識人が著した(小説ではない)浩瀚な書物は、おびただしい参考文献のリストを誇らしげに載せていたようです。読者のほうも、本文もそこそこにリストを眺めて、「こんなにたくさん難しい本を読みこなした上で、この本を著したのだ……」と感心したりしました。リストが載ってないと、「参考文献なしの本なんて、獄中でも書けるじゃないか」と言う人もいたとか。
しかし、当時から小説は、ほとんど参考文献を記載しなかったようです。その後、時代が変わって「引用と剽窃の違い」や著作権がうるさく言われるようになったのに、小説においては昔の慣習を引きずっている模様です。
この矛盾が火を吹いたのが、たとえば立松和平(1947-2010年)の『光の雨』ではないでしょうか。あれは盗作として、立松が極悪人のように言われています。しかし、小説に種本が存在して、そこからごっそり頂いて(ぱくって)いることは、しばしばあったようです。小説が小説を剽窃するのは、さすがに恥ずかしくて禁忌としても、ノンフィクションからなら(ジャンルが違うから?)頂いてもいいだろうという意識があったみたいです。そう言えば、『光の雨』が盗作した『あさま山荘1972』(坂口弘著)も、事件当事者によるノンフィクションでした。
ぱくられた側にしてみれば、タダでぱくられた上に参考文献にも記してもらえず、怒り心頭でしょう。しかし、小説の文章において「引用の要件」(たとえばhttp://withd.jp/news/2792.html)なんか守っていたら、小説になるかなあという感じもします。そのせいもあって、「昔の慣習を引きずっている」のかも知れません。芸術家とは、悪魔に魂を売り渡した怪物なのか……。いずれにせよ、『光の雨』はぱくり過ぎだったらしいですが。
村上龍の小説は、巻末に参考文献(ウェブも含む)の長大なリストが載ってるものもあります。注目すべき現代作家の取り組みですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
立松和平さんの小説の件は知りませんでした。
村上龍さんはどのような考えから参考文献を載せるようになったのでしょうね。

お礼日時:2010/04/23 12:19

歴史小説には参考文献が巻末についている場合がありますが、ないものも多いです。

それ以外のジャンルの小説に参考文献がつけられていることは稀だと思います。中島らもさんの例はきわめて珍しいと思います。この例がそうだというわけではもちろんありませんが、参考文献をつけるのは、その著作の権威付けにする場合があって、専門書や学術研究書には必須だと思いますがなかなか面倒な作業であり、義務でなければ省略するのが世の常です。小説などの創作文にはむしろ余計な場合が多いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、小説の中には、この資料がなかったら書けなかったというようなものも結構あるのではないかと思っています。その場合には、その資料に対して著書の中で何らかのクレジットを与えるべきではと思うのですが。

お礼日時:2010/04/20 13:11

>私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うのですが、



私小説でも参考文献をつけたものなんて見たことありません。

参考文献をつけるというのは論文において論拠を明示する手段であって、妄想や夢想や独善の比率の高い小説という文学手法において、参考文献をつけなければならないと考えるとすべての新奇なもの(novels)がしぼんでしまいます。
 小説に参考文献をつけるのは従って物的証拠や根拠があるというアピールのポーズであって、そんな参考文献をみるというのはむしろ野暮というものです。

 日本文学史上最大の奇書といわれる高橋源一郎の「日本文学盛衰史」は要するに明治以降の日本文学のパロディですが、各章のタイトルが「されどわれらが日々」のように既存の小説の題名またはそのパクリになっていますが、柴田翔の元の小説を「日本文学盛衰史」を読んだから読んでみようなんていうのも私見では野暮です。

この回答への補足

私の表現があいまいだったようなので補足します。「私小説をのぞけば、参考文献なしで小説を書くことの方が少ないと思うの」と書いたのは、ほとんどの小説は執筆する際に何らかの資料を参考にして書いていると思われるが、私小説は自分の体験を書いたものだから他の資料を使わないということもありうるというという意味です。

補足日時:2010/04/20 12:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、小説の中には、この資料がなかったら書けなかったというようなものも結構あるのではないかと思っています。その場合には、その資料に対して著書の中で何らかのクレジットを与えるべきではと思うのですが。

お礼日時:2010/04/20 13:09

素っ気ない表現で申し訳ないのですが、「そんな義務はないから」ではないでしょうか。


創作の世界を現実の世界と結び付けて欲しくない、という気持ちもあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、そんな義務はないかもしれませんね。
でも、小説の中には、この資料がなかったら書けなかったというようなものも結構あるのではないかと思っているのですが。

お礼日時:2010/04/20 13:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの引用について

レポートを書く際に引用したいのですが、同じ本で何度も引用する場合の引用の証明の仕方がわかりません。

例)
文章ーーー「引用部分」1)
自分のいけんーーーなど1)の部分は一回切れる。
ーーー「引用」2)
[参考文献]
1)田中太郎(2009) タイトル 出版社 p123
2)田中太郎(2009) タイトル 出版社 p145

参考文献はこのようにかけばいいのですか?
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

--------田中太郎氏は著著『タイトル』(○○出版刊、2009年12月)において、以下のように述べられている。
「引用部分」(123頁)。
しかし筆者は×××と考える。
さらに田中氏は同著の中で、
「引用部分」(234頁)
とも述べている---------。

という書き方もありだと思います。

質問文にあるような書き方は、「参考文献」ではなく、脚注の扱いになります。
つまり、本文中に(1)、(2)と打ったなら、レポートの末尾に、

〔注〕
(1)田中太郎『タイトル』p123
(2)同上 p145
(3)………
(4)田中『タイトル』p200
という具合にしておき、さらに〔注〕をすべて書き終わった後に、

〔参考文献〕
田中太郎『タイトル』(出版社、2009年12月) 
山田花子『タイトル』(出版社、2008年12月)

という具合に列挙しておけばいいと思います。

ただ、このような書き方が必ずしも正解とは限りません。
先の回答にもありますが、文系と理系では書き方が違うと思いますし、参考にした論文の注の書き方や先輩のレポートなどを参考にして書けばいいと思います。

--------田中太郎氏は著著『タイトル』(○○出版刊、2009年12月)において、以下のように述べられている。
「引用部分」(123頁)。
しかし筆者は×××と考える。
さらに田中氏は同著の中で、
「引用部分」(234頁)
とも述べている---------。

という書き方もありだと思います。

質問文にあるような書き方は、「参考文献」ではなく、脚注の扱いになります。
つまり、本文中に(1)、(2)と打ったなら、レポートの末尾に、

〔注〕
(1)田中太郎『タイトル』p123
(2)同上 p145
(3)………
(4)田中...続きを読む

Qレポートの参考文献

参考文献を記載するとき、出版年を記入しなければならないですが、
これは、初版の年ですか?
それとも今まさに持っている本(第5版なら第5版)の発行年ですか?

Aベストアンサー

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1刷 1970年4月20日発行
第3版第1刷 1998年1月15日発行
第3版第5刷 2005年7月10日発行

一応の原則としては,
「第1版と第2版,また第2版と第3版とでは,それぞれ内容は大きく変わる」
「第3版第1刷と第2刷以降では,内容は原則として同じだが,細かい訂正など多少手を加えることもある」
と考えてください。

このような場合,この本が第3版であることは確かですが,発行年をどうするか。
一応の原則としては,「版次(第3版)が同じであれば,刷次(第1刷とか第5刷とか)が違っても,内容はほとんど一緒」と考えられます。
したがって,内容的には1998年に出されたときのものと同じと考えて,発行年は「1998」と記録する,というのが一つの考え方です。
(図書館の蔵書目録のデータはそのようなルールで書かれています)
もっとも,本によっては,同じ版でも,刷りを重ねるごとに
かなり内容に手を加えていることもありますので,正確に記録するのであれば,「1998,第5刷2005」とすればよいでしょう。

ただ,版次の数字が「第85版」みたいにやたらと大きい場合は要注意です。そのような場合は,「刷」の意味で「版」と表示している可能性が高いです。
たとえば,
1965年初版発行 (初版と第1版は同じ意味です)
2005年第85版発行
これだと,年2回のペースで版を新しくしているということになりますが,観光ガイドとかムック(雑誌ぽい本)などならともかく,普通の図書で年に2回も版を改めるというのは滅多にないことですので,「2005年第1版第85刷発行」の意味と考えられます。
そのような場合は,内容としては1965年の時のものと同じでしょうから,出版年は「1965」としたほうがよいでしょう。

No.1の回答者さん。
気持は分かるのですが,もし自分が読んだ本が「2005年に出た第5版」だったとしたら,参考文献には2005と書くしかありません。
本当に「1960年に発行された初版」の本を手にとって,参考にしたのでなければ,1960と書くわけにはいきません。
自分がどの文献を参考にして書いたのか,それを明らかにするのが参考文献一覧ですから。
もし,自分は2005年発行の本しか見ていないけれど,その本の筆者は1960年に既にそのようなことを書いていたということをどうしても示したければ,本文の中でそう書けばいいのです。

初版の年を書いてはいけません!!
初版と第2版,第3版…では,内容が改訂されていますので,自分が参考にした文献はどれなのかということをハッキリさせるという意味で,「今まさに持っている本」の出版年を書きます。
また,文献のタイトルの後にも,(第5版)のように版を表す数字(版次という)を書きます。

ここから先は細かい話ですので,忙しかったら飛ばしても構いません。

本の奥付を見ると,内容の新しさをあらわす数字に「版」と「刷」があることに気づくと思います。
たとえば,

第1版第1...続きを読む

Q【ワード】レポートで引用部分だとわかるように、左右3文字くらいを開けたいのですがどこで設定すればいいのでしょうか

ワードでレポートを作成しています。少し長めの文章を引用したいのですが、そうする場合は前後一行の空白と左右の3文字分くらいの空白を空けるのだと聞いたのですが、両端を同じくらい空ける方法がわからなかったので教えていただきたいです・・・。

○=レポートの本文だとして、
下のように引用文の両端を同じくらい(3文字くらい)本文より内側にしたいのです。
○○○○○○○○○○○○○○○○○

   引用文引用文引用文引用文
   引用文引用文引用文引用文

○○○○○○○○○○○○○○○○○


わかる方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

引用部分をすべて選択して、
メニューバーの「書式」→「段落」→「インデントと行間隔」タブの「インデント」で、「左」と「右」を3字に設定してください。

Qワードに「URL」を貼り付けると、文字が黒だったり青だったり?

今まで「一太郎」を使っていましたが、いよいよ?wordを使い始めることになりました。

ホームページなどの「URL」(http://で始まる)をコピーして貼り付けた時に、
貼り付けた「URL」が「黒文字」の時と「青文字(アンダーバー付き)」になるのはなぜでしょう?

すべて「黒文字」又は「青文字」にする設定はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ハイパーリンク(クリックするとそのURLへ飛ぶ)の設定ですね。

私は一太郎を使っていますが、たまに使うWordではURLを入力した後、Enterキーを押すとハイパーリンクが設定される夜ですね。

黒を青くしたいのであれば、そのURLを選択して、「挿入」→「ハイパーリンク」で出てきたウィンドウで「OK」をクリックです。

青を黒くしたいのであれば、そのURLを選択して、「挿入」→「ハイパーリンク」で出てきたウィンドウで「リンクの解除」でできます。

両刀遣いは大変です!

Qレポート「剽窃」ってどこまでを言うのか?

今大学一年生なのですが、質問させてください。

レポートを書く上で、「剽窃」がいけないというのは当たり前のことですが、
それはどのレベルまでのことを言うのでしょう?
参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは不可能だと思います。
参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、
参考文献の文章をそのままでなく、アレンジしてまとめるのはOKなんでしょうか?
そもそもあまりレポートの書き方がわかりません…。
問題提起→その背景などを参考文献からまとめる→自分の意見→まとめって形でいいのでしょうか?
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

 大学教員です。

>>参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは
>>不可能だと思います。

 学生でなくても、研究者ならなおのこと、無理です。どんな短いレポート(短報)でも、先行業績が重ねられきた上に成り立っているわけれすから。

>>参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、
>>参考文献の文章をそのままでなく、アレンジして
>>まとめるのはOKなんでしょうか?

 OKです。直接引用ではなく、一人、あるいは複数の人の参考文献を自分で要約したりまとめたりして使うわけですね。
 次のように書きましょう。

 この教絵手の見解を○○○○の視点から要約すると、
・・・・・・・・・・・となる(教絵手 2000 pp123-125)

 あるいは、

 この問題については、教絵手と寓は、正反対の見解を発表している。つまり、教絵手は、○○○○○が問題であると指摘して、△△△△△と主張し[1]、寓は、逆に*****問題について、・・・・・・・・・・と分析している[2]。

(以上、あくまで参考例)

 上掲の○○○、△△△、***、・・・・の部分については、あなたなりの要約、あなたの言葉で参考文献の記述をパラフレーズしたものを書いたらよろしい。その要約のしかたや言い換え方にこそ、あなたの独創性や論理構成力が発揮できます。
 しかし、上の記述でもわかるように、あなたオリジナルの考えではないということは明示し、出典をきちんと書いておかなくてはなりません。
 
 私が回答した次の質問も参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2276708

レポートの書き方については、木下是雄さんの名著をぜひ読んでください。理科系、文科系を問わず「レポートの組み立て方」「理科系の作文技術」いずれも役に立ちます。
 今学期のレポートには間に合わなくても、座右の書として卒業論文を書くまで、いや卒業後もずっと、大変役に立つことでしょう。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2276708

 大学教員です。

>>参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは
>>不可能だと思います。

 学生でなくても、研究者ならなおのこと、無理です。どんな短いレポート(短報)でも、先行業績が重ねられきた上に成り立っているわけれすから。

>>参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、
>>参考文献の文章をそのままでなく、アレンジして
>>まとめるのはOKなんでしょうか?

 OKです。直接引用ではなく、一人、あるいは複数の人の参考文献を自分で要約したりまとめたりし...続きを読む

Q引用文献の中の引用文献を利用するときは?

学生で。レポートを書いているものなのですが、ある文献に、外国の人が調査した結果をある文献の著者が引用しています。私は、その外国の方の文を引用したいのですが、引用した文献の引用した文献を利用する事は可能なのですか?もし、そのような文や統計を引用する場合、どのようなステップを踏んで書けばよいでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

いわゆる「孫引き」ですね。

論文で孫引きをするとその文章の信頼度・精度が下がってしまいます。anthraceneさんの指摘するように文書Bの筆者氏がレフェリーであった場合もそうですが、「恣意的に都合のいい部分だけ切り取られた引用」の場合、とんでもないことになります。

ただ、そうはいかない場合があります。
・transactionさんの指摘するような、自分の語学知識で対応できない場合。
・散逸した書物……中国古典文学の世界でよくやる手段です。たとえば「『三国志』裴松之注に引く『漢晋春秋』によれば」という方法で逃げることがあるのですが、きちんと佚書であることがはっきりしていないと突っ込まれます。
・その他の理由で入手困難な場合……親文書が発行部数僅少・発禁処分などにより世間に流通していない・自分の文章が締め切り間近など。

とにかく、「入手困難」「自力翻訳困難」のいずれかでないと、なるべくならやらない方がよいでしょう。
どうしてもやる場合は、
・とりあえず自分が参照する文書そのままを正確に引く。
・きちんと「『文書B』に引く『文書A』」あるいは「『文書A』(文書Bよりの転載)」
などとすることが、論文筆者の良心です。

いわゆる「孫引き」ですね。

論文で孫引きをするとその文章の信頼度・精度が下がってしまいます。anthraceneさんの指摘するように文書Bの筆者氏がレフェリーであった場合もそうですが、「恣意的に都合のいい部分だけ切り取られた引用」の場合、とんでもないことになります。

ただ、そうはいかない場合があります。
・transactionさんの指摘するような、自分の語学知識で対応できない場合。
・散逸した書物……中国古典文学の世界でよくやる手段です。たとえば「『三国志』裴松之注に引く『漢晋春秋』によれ...続きを読む

Q小説のなかに既存の映画のタイトルを出すのって著作権的には問題になりますか?

趣味どまりのものではなく出版社に投稿するものだと想定した場合、個人が書く小説のなかに既存の映画の題名を出すというのは、著作権の問題はありますか?

著作権についてのサイトなどで調べたのですが具体的な例が少なく、解りませんでした…。(検索不足でしたらすみません。)

また、邦画と洋画で著作権法なども多少違うと思うのですが、特に洋画の方で、ハリウッド映画やディズニー映画などについてが気になります。

宜しければご回答お願いします。

Aベストアンサー

まず、題名に著作権はありません。
同じ題の映画はいくらでもあります。
ディズニーやアニメが著作権で問題になるのは、おもに絵です。絵は著作権がうるさいです。小説なら絵は使わないでしょう。
文章で問題になるとしたら、台詞です。台詞には著作権があります。だから、長々と台詞を引用すると、著作権に触れます。しかし、短いなら、引用の範囲内として許される場合もあります(出典を明記すればいい)。
もう1つ、うるさいのは歌の歌詞です。これはどんなに短くても引用する場合はその筋の協会に許可を得ることになってます。

なお、応募した小説が出版される場合、編集者と内容について協議するのが普通です。その際、編集者が著作権法に触れるところについては、書き直すか、許可を取ってくれるかするはずです。なので、応募する人は何も心配はいりません。余計なことを考えずに、想像力の翼を広げてください。

Q引用元が辞書の場合の論文の書き方

論文を書く際に、辞書を引用して「大辞林では…」とした場合、参考文献には記載するものでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、記載すべきです。

本文では、「大辞林(第三版:p.123)では」などとして、版とページ番号を明記して下さい。
版が変わると訂正が入ることもありますし、読む人がすぐに確認できるようにするためです。

参考文献では、もちろん、編者や出版年なども書いて下さい。
分野によっては、他の論文と区別して、「辞書類」という項目を立てることもあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング