【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

車の廃バッテリー処分について

ネットでバッテリーを購入・交換しようと思っているのですが、
使用済みになった廃バッテリーはどのように処分すればいいでしょうか。

購入店で無料回収しているのですが、運賃がかなり高く付くので、
ディーラー・車用品店などに持ち込んでも処分して頂けるのかご存じの方いればお願いします。

また、可能な場合、おいくらでして頂けますでしょか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>ディーラー・車用品店などに持ち込んでも処分して頂けるのかご存じの方いればお願いします。



経験者です。私は二ヶ月前に、購入店ではない車用品店に持ち込んで無料で処分してもらいましたが、お店によるとしか言えません。

それまで、どこか無料で処分してくれる所がないかと思って、近所のホームセンターや廃品回収業者や車用品店で尋ねてみましたが、どこも販売したバッテリーと交換なら無料だが持ち込みは有料と言われました。

しかし、何件目かに尋ねた車用品店(全国的に有名な店でした)では、自動車用バッテリーなら無料で良いですよと言ってくれましたので、後日持ち込んで回収してもらいました。なお、自動車用以外はダメなようです。

整備場の隅にバッテリーの置き場があって、あそこに置いて下さいと言われたので、自分でそこまで運びました(無料ですから当然ですね)。

質問者さんも、あきらめずに近いところから順に尋ねてみると良いと思います。結局のところ、それぞれのお店によるとしか言えませんので。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

まず車を購入したディーラーから、近くの車用品店から(といっても田舎なのでないですが…笑)と探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/24 09:52

廃バッテリーはゴミでは無くて、資産です

    • good
    • 16
この回答へのお礼

ということは『売れる』ということですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/24 09:50

最近道路沿いの空き地を数ヶ月借りて家電製品とかの「無料引取り」とか「一円買取」などをやっている業者があります。


その業者のチラシを数枚持っていますがいずれも「バッテリー」は回収対象になっています、従って廃バテリーは結構な商売の対象になっていると想像しますそういった業者を探すのも一案かと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

うちの近くでそういう業者と遭遇したことはないですね…。
(田舎に住んでいる者で(汗

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/24 09:49

水をさすようで悪いですが、No.3さんの言っている


>日中「ご家庭で不要になりました、電気製品・バッテリーは御座いませんか?」と、街中を流している廃品回収業者がいませんか?
悪質な業者も結構いる為、気をつけたほうが良いです。

カー用品店によっては有料で廃棄してくれるところも有るかもしれません。
バッテリーでは有りませんが、廃タイヤをオートバックスで処分した事があります。
あとは個人経営などの有人ガソリンスタンドも引きとってくれるかもしれません。
(セルフ式スタンドは無理なところが多い気がします)

No.1さんの言っている所が良さそうかなとは思いますが。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

悪質な業者を見分ける術は知らないですね…(笑

カー用品店などに問い合わせてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/24 09:47

>使用済みになった廃バッテリーはどのように処分すればいいでしょうか。



通常は、他の回答通り「販売店が引き取り」ます。
運賃ですが、業者販売だと「着払い」という場合が多いのですがね。

>ディーラー・車用品店などに持ち込んでも処分して頂けるのかご存じの方いればお願いします。

購入先でないので、一般産業廃棄物としての扱いとなります。
まぁ、一般的には「他店で買ったバッテリーは、引取りをしない」でしようね。
引き取ってくれた場合、500円から3000円の費用が必要です。

それよりも・・・。
日中「ご家庭で不要になりました、電気製品・バッテリーは御座いませんか?」と、街中を流している廃品回収業者がいませんか?
この業者だと、バッテリーは無償で引き取って貰えます。
引き取ったバッテリー内の電極に付いた硫酸鉛を除去し、電極を清掃、新たに希硫酸(バッテリー液)を入れ、充電すれば「再生バッテリー」として販売できますからね。
そもそも、バッテリー自体には寿命はありません。寿命があれば、再生バッテリーは存在しません。(笑)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

>日中「ご家庭で不要になりました、電気製品・バッテリーは御座いませんか?」と、街中を流している廃品回収業者がいませんか?

たまに回ってますね!その業者がきたときに頼んでみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/23 17:31

廃バッテリーは、買い取り業者がお金を出して買い取っていきます。


無料で良いのなら私の所でも引き取ります。

ディーラーでは、産業廃棄物扱いですので、
引き取りしないかもしれません。

町の修理工場などで聞いてみれば、
結構、引き取ってくれると思いますが・・・
    • good
    • 6
この回答へのお礼

少し調べてみます。 

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/23 17:29

着払いで回収してくれるところがあります。




http://muryou-h-s.sakura.ne.jp/

参考にされてみてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/23 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッテリーの処分費用。

バッテリーの処分費用をお聞きしたく思います。

ショップにて交換済みなのですが、あまりにも高く付いてしました。
たぶん、バッテリー本体の値段に含まれていたのかもしれません。(19,500円)

別にホームセンターにてPanasonicのバッテリーを同型クラスを見てみると(取り付け無し)で3,000円ぐらいでした・・・驚き!!!下見不足でした。

あとあと後悔をしたのでお聞きします。
実際、処分する際に発生する金額はいかほどでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バッテリーを取り扱かう店舗であればどこで買ったバッテリーであろうと引き取ってもらえます。バッテリの回収は販売店から回収業者へは無料です。確かバッテリーメーカーが経費を支払っていると思います。私は実際に他店で購入したものでも廃バッテリーを別の販売店に無料で持ち込んでいますから、もちろん無料で引き取ってもらえると思います。
バッテリーの値段ですが、カルシウムバッテリー、一流メーカーバッテリー、高性能バッテリー、二流品の順でしょうか。寿命も同じ順のようです。自動車ディーラーは割高に感じますね。ガソリンスタンドはGSなどの一流メーカーの正規品が多いので高く感じますが安心感はあります。ただ、バッテリーも製造したすぐの物としばらく置いてある物には違いがあります。
製造年月日は製造番号に組み込まれています。

Qバッテリー処分方法

通信販売でバッテリーを買いました(市価の半額以下でしたので)。まだ取り付けてないんですが、古い使用済みバッテリーはどこで引き取ってもらえるんでしょうか?
今まではカー用品店で買って、その場で付け替え、古いのは無料で引き取ってもらってました。
今回はカー用品店で買ってないので、店で引き取ってくれるかどうか・・・
それとガソリンスタンドなどは引き取ってくれるのでしょうか?
もちろん購入店ではない場合は、有料での引き取りだと思ってます。
わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古いバッテリーは、バッテリーの原料として再利用されます。
交換した古いバッテリーは、ガソリンスタンド、ディーラー、カー用品の量販店、そして自動車整備工場等で、通常無料で引き取ってもらえるので、お持ちください。かかりつけの車屋なら、持っていきやすいのではないかと思います。

参考URL:http://h-battery.com/hurui.html

Qバッテリーの再生法

交換するたびに捨てずにおいた車のバッテリーが、6、7個あります。
普段、充電しておいて、災害時等の緊急電源に使えないかと思っています。
古いバッテリーを生き返らせる方法はないものでしょうか。
バッテリーに寿命がくるということは、そもそもなにがどうなることなんでしょうか。化学は門外漢なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

バッテリーの寿命と言うのは極板の活性物質の劣化やセパレーターの劣化が主な原因です。活性物質の劣化とは極板上で実際に電解液(希硫酸です)と反応する物質(鉛と二酸化鉛です)の状態が反応に適さない状態に変化してしまう状態のことで、もっとも顕著なのがバッテリーが上がった状態で長時間放置された場合で極板上に形成される鉛の硫化物の結晶が大きく成長してしまい。充電操作(電気分解ですね)によって用意に元に戻らない状態になってしまう状態です。この他にも極板に用いられる海綿状鉛(電解液との接触面積を広くするために特殊な形状に仕上げてある)の形状が徐々に崩れてしまい、有効な極板面積が減少し結果的に内部抵抗が高くなり電池の容量が低下する減少などです。また、電解液が蒸発し極端に少なくなるとセパレーター(各電極を絶縁するための部材)が電解液によって腐食し電極同士の短絡が起きる場合などです。

したがって、補充電をせずに長期間保存したバッテリーを復元するのは殆ど望み薄です。また、セパレーターが劣化している状態で不用意に充電すると、内部で電極の短絡が起こり、充電時に発生する可燃性ガス(水素と酸素、これは爆発的に燃えます)に短絡時に発生した火花で引火し、爆発の危険があります。バッテリーが爆発すると内部の電解液(希硫酸)が飛散し非常に危険です。

バッテリーの分解なども希硫酸の処理施設などがない場合は危険ですのでやめておいた方が良いでしょう。希硫酸を中和処理する際に有毒ガスや可燃性ガスが発生し取り扱いを誤ると、中毒や爆発の危険性があります。

使用済みのバッテリーは専門の業者かカーショップなどに引き取ってもらい正しく処理しましょう。それらの業者では内部の鉛などをリサイクルし安全に処理します。

バッテリーの寿命と言うのは極板の活性物質の劣化やセパレーターの劣化が主な原因です。活性物質の劣化とは極板上で実際に電解液(希硫酸です)と反応する物質(鉛と二酸化鉛です)の状態が反応に適さない状態に変化してしまう状態のことで、もっとも顕著なのがバッテリーが上がった状態で長時間放置された場合で極板上に形成される鉛の硫化物の結晶が大きく成長してしまい。充電操作(電気分解ですね)によって用意に元に戻らない状態になってしまう状態です。この他にも極板に用いられる海綿状鉛(電解液との接...続きを読む

Qバッテリー交換にスパナとメガネレンチどちらがよいか

バッテリーの端子に取付けられている配線コードの端子の脱着のため、工具を買おうと思うのですが、スパナとメガネレンチはどちらが適してますか?メガネレンチはスパナに比べてボルトをなめにくいというのは聞いたことはあるのですが、メリットがあればデメリットもあるのかなと思いまして・・・

あと、スパナやメガネレンチよりこれの方がおすすめ!という工具はあるでしょうか?

さらについでにお聞きしたいのですが、バッテリー交換などの際、工具の絶縁ってみなさん必ずしますか?
ビニールテープを巻けば大丈夫なんですか?
それとも元から絶縁処理されている工具の方がよいでしょうか?
絶縁スパナとかおおげさですかね?(^^;

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

ちょうど3日前に、出張バッテリー交換をしました。
車はトヨタのカムリで、バッテリーは55B24Lでした。
(9.5sqのラチェットレンチに10ミリソケットのみで作業)

使用工具は、たいがいいつも「9.5sqのラチェットレンチ」で、
ソケットはこれまた、たいがい「10ミリのもの」を使います。
(スズキの軽なんかだとステーには8ミリナットというのも・・)

まず最初に「-」ターミナルを外して短絡の未然防止・・。
(その前にメモリー保持用簡易バッテリーをつないだりもします)

+と-のターミナルナットはボルトの突出量が少ないので、
ソケットで回せないことがないですが、ステーのナットを回す
に当たって、ロングボルトの突出量が多い場合はソケットを
噛ませることが出来ない場合がありますので、その場合のみ
メガネレンチを使用しています。

やはりラチェットレンチは作業性に優れてますから、
基本的にそれが使える場合はそれ。使えなければメガネ・・。

スパナを使うことはまずないです。(やはりナメやすい)

Qバッテリーの製造年月日の判別

車のバッテリーを買い換えようとしてますが、バッテリーは鮮度が高いものが良いらしいので製造年月日を確認してから購入しようと思ってます。

バッテリーの製造年月日表示はメーカーによって違い、数字と記号が混ざってるので一目では判断できません。

そこでバッテリーの製造年月日の見方、特にGS YUASAの製造年月日の見方を教えて欲しいです。(他のメーカーも教えてくださると助かります)
※どうも旧YUASAと現在のGS YUASAでは表記方法が変わってるようです。

Aベストアンサー

参考になるかわかりませんが、下記のURLを確認してください。当方も活用してます。

参考URL:http://www.cityfujisawa.ne.jp/%7Eendo-oil/photo/seibi/bt.html

Qお米の相場が知りたいです

現在一人暮らしをしており、最近自炊を始めました。
先日スーパーにお米を買いに行ったところ確か5kg2千円くらいで
10kgが4千円くらいだっと記憶しています。
とりあえず5kgを買いました。
自分でお米を買ったのは今までそんなにないのですが、買うお店がいつも同じなんでお米の相場がどんなものなのかよくわかりません。
そこでお聞きしたいのですが、5kgと10kgそれぞれの値段でいくらくらいで買えればお得だと思いますか?
もちろんお米の種類もピンキリなんで価格差は出ると思いますので、平均値でお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きょうはディスカウントスーパーで富山県産コシヒカリ無洗米5kgを1,980円で買いました。いつもよりちょっと高め。
いつもはスーパーの特売で10kg 3,000円未満になったものをよく買います。銘柄は千葉県産や茨城県産のコシヒカリか、あきたこまちが多いです。
新潟魚沼産コシヒカリは高すぎて買う気がしません。値段が2倍でも2倍おいしいわけではない(と思う)ので。


世間の標準はどんなものでしょう。

農林水産省の食料品消費モニター調査結果
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/moniter.htm

平成17年度第3回 「米の消費及び購入動向等について」 (平成18年3月調査)
 問5-3 最近購入した米の値段(10kg換算)
   2,500円未満 …………………  6%
   2,500円以上 3,000円未満 … 20%
   3,000円以上 3,500円未満 … 22%
   3,500円以上 4,000円未満 … 21%
   4,000円以上 4,500円未満 … 12%
   4,500円以上 5,000円未満 …  7%
   5,000円以上 5,500円未満 …  5%
   5,500円以上 6,000円未満 …  3%
   6,000円以上 …………………  2%

年代別、地域別の詳細なデータは、Excelの集計表に載っています。

きょうはディスカウントスーパーで富山県産コシヒカリ無洗米5kgを1,980円で買いました。いつもよりちょっと高め。
いつもはスーパーの特売で10kg 3,000円未満になったものをよく買います。銘柄は千葉県産や茨城県産のコシヒカリか、あきたこまちが多いです。
新潟魚沼産コシヒカリは高すぎて買う気がしません。値段が2倍でも2倍おいしいわけではない(と思う)ので。


世間の標準はどんなものでしょう。

農林水産省の食料品消費モニター調査結果
http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/moniter.htm...続きを読む

Q古いバッテリーを捨てるには?

エンジンのかかりが悪いので、古くなったバッテリーを交換しようと
思っています。
バッテリー本体は近くのホームセンターで買おうと思いますが、
古いバッテリーは、ホームセンターのごみ置き場に捨てても
いいのでしょうか?
HPでは、買取しているリサイクルショップもあるようですが、
ガソリンスタンドなんかで無料で引き取ってくれるのでしょうか?

また、関連してですが、バッテリーターミナルから、直取りで、
盗難防止警報装置のラインが出ているのですが、外しても大きな音は
出ないのでしょうか?不安です。

いずれかでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>HPでは、買取しているリサイクルショップもあるようですが・・。
下記サイトをご覧下さい。
http://www.ohata.org/car_battery.html

なおガソリンスタンド、カー用品屋で購入すれば、古いのは引き取ってくれます。
バッテリーは有害ゴミなので、むやみにゴミ捨て場に捨ててはいけません。

Qバッテリーの性能ランクが高過ぎる場合

パナソニックの一番性能が高いと思われるバッテリーは
「ブルーバッテリー CAOS」だと思いますがB19のサイズだと、
55B19になると思います。
しかし自分の車のメーカーが採用しているバッテリーは34B19です。
性能ランクに差があり過ぎますが、性能ランクに差があり過ぎると
オルタネータなど何かのパーツに負担がかかったり
するのでしょうか?

例えば、GS YUASAだと高性能バッテリー(GCH)で38B19と言うのが
ありますので、それぐらいにしておいた方が良いでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題ないと思います、大容量だからといって充電にかかる電圧/電流は標準とそんなに変わりません、標準のバッテリーで充分な消費電力であれば負担はありません。

ただし、大容量のバッテリーに交換する理由はなんでしょうか?
ただ単に高性能を求め安心の為でしたらそれで良いのですけど、標準のバッテリーで間に合わないくらいに消費が多い場合には消費量を補うために標準のオルタネーターではどんなに回っていても充電が間に合わず、消費電流と発電電流に差が生じ、電流不足になることは考えられます。
バッテリーの大容量がオルタネーターに負担をかけるのでは無くて大消費量がオルタネーターに負担をかけるのです、

余談ですが、性能ランクをバッテリー容量とかん違いしている方が多くいますが、バッテリー容量や低温時始動性能を元にJISで数値化したものですのです、厳密に言うと性能ランクが大きくなると容量が大きくなると言い切ることは出来ません、バッテリーメーカーによっては5時間率公称容量(Ah)を示している物もありますが同じメーカーの物で40と42、で同じ5時間率公称容量を示す物もあります、この場合は数字が大きくなっても容量は同じだと言う事ですね。
容量だけでしたらAhの単位をつけると思いますがこの数字は単位無しです。

問題ないと思います、大容量だからといって充電にかかる電圧/電流は標準とそんなに変わりません、標準のバッテリーで充分な消費電力であれば負担はありません。

ただし、大容量のバッテリーに交換する理由はなんでしょうか?
ただ単に高性能を求め安心の為でしたらそれで良いのですけど、標準のバッテリーで間に合わないくらいに消費が多い場合には消費量を補うために標準のオルタネーターではどんなに回っていても充電が間に合わず、消費電流と発電電流に差が生じ、電流不足になることは考えられます。
バッ...続きを読む

Q買ったバッテリーが充電されてないことってある?

素朴な疑問なんですが、車のバッテリーってエンジン掛けずにいると放電していつかバッテリー切れになりますよね。
で今うちの車がそのような状態です。

それで店やネットで売ってるバッテリーってずっと保管されているから放電した状態だと思うんですが、商品が売れたら充電してから売るんでしょうか?

いちおうネットで買おうと思うんですが、もし充電されずに送られてきたら自分で充電しないといけないんですか?



ちなみに、うちのはトヨタ車なんですが新車で買ったときについていたバッテリーが5年持ちました。55D23Lです。
でバッテリーが上がったので店でアトラスの75D23Lを買ったら2年半で逝きました(いまここ)。
ちなみに年間走行距離3000kmほどです。

単純に55より75のほうが高性能のようですが、どのへんが75のほうが高性能なのでしょうか?

Aベストアンサー

>車のバッテリーってエンジン掛けずにいると放電していつかバッテリー切れになりますよね。

数千円のバッテリーでも、数十万円のバッテリーでも同じ症状が出ますね。
バッテリーは、常時自然放電を行なっていますから・・・。
自動車バッテリーに関しては、値段と性能は比例しません。

>店やネットで売ってるバッテリーってずっと保管されているから放電した状態だと思うんですが、商品が売れたら充電してから売るんでしょうか?

バッテリーに関して「知識を持っている店」の場合は、在庫保管の時点では(メンテナンスフリー(M/F)バッテリーを含めて)バッテリー液(希硫酸)を入れていません。
バッテリー液が入っていなければ、「プラスチックと電極のただの箱」に過ぎません。
ただの箱は、バッテリーとしての機能はゼロですから放電はしないのです。
注文を受けてから、担当者がバッテリー液を入れて「バッテリーとして初期充電」を行なうのです。
量販店の場合は、販売予測に基づいて予め決まった個数のバッテリーにバッテリー液を入れた状態で店頭に並べています。
この場合でも、注文があった時点で30分程の初期充電を行ってから引き渡します。
通販でM/Fバッテリーを購入しても、バッテリー箱とバッテリー液は別々に届きますよ。
ユーザー自らバッテリー液を入れて、バッテリー液投入口を密封します。^^;

>ネットで買おうと思うんですが、もし充電されずに送られてきたら自分で充電しないといけないんですか?

ネット業者次第ですが、多くの場合は「取り付け前に、初期充電を行なって下さい」との注意書きがあります。
自動車用バッテリーは「使った分だけ充電する」のが基本です。
ですから、基準点まで初期充電を行なった方が良いのです。
充電器を持っていない場合は、電装部品(オーディオ・エアコンなど)をOFFにしてアイドリングを30分ほど行なって下さい。
※オルタネータ(発電機)の発電量は、エンジン回転数に比例します。

>単純に55より75のほうが高性能のようですが、どのへんが75のほうが高性能なのでしょうか?

バッテリー記載の容量(と一般的に呼びますが、実際は容量では無い)数値が大きいと「高性能」と認識する方が多いです。
55D23Lも75D23Lも、同じ12Vに過ぎません。
バッテリーを水槽とすれば、55・75の数値は「ホースの太さ」と思って下さい。
ホースが太ければ、一度に大量に水が出ますよね。
質問者さまの車に付いているオルタネータ(発電機)は、水槽に水を溜めるポンプです。
このポンプの能力は、パイプ55前後に対応しています。
55のホースから出た水量は、このポンプでも充分補給する事が出来ます。
が、75のホースからでる大量の水量は、このポンプで完全補給する事は出来ません。
自動車の取説・整備手帳などには、ここまでのバッテリーは交換可能と記載があります。
仕様に合ったバッテリーを選ぶ事です。

>車のバッテリーってエンジン掛けずにいると放電していつかバッテリー切れになりますよね。

数千円のバッテリーでも、数十万円のバッテリーでも同じ症状が出ますね。
バッテリーは、常時自然放電を行なっていますから・・・。
自動車バッテリーに関しては、値段と性能は比例しません。

>店やネットで売ってるバッテリーってずっと保管されているから放電した状態だと思うんですが、商品が売れたら充電してから売るんでしょうか?

バッテリーに関して「知識を持っている店」の場合は、在庫保管の時点では(メ...続きを読む

Qバッテリーの寿命の判定はどうするの

電圧を計測すると12.6Vで問題ないように見えても実際にエンジンをかけても
かからなっかたりしますよね,バッテリーの劣化はどのように見極めするのでしようか
経過年数がかれば寿命の判断材料にはなりえますが,ずーと保有していなければ無理
例えば比重計で測れば劣化しいて使えないバッテリーと判断できるのでしょうか

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。

それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これらを目安にならないという方もいるようですが、おそらく正しく計測できないまたは、方法に誤りがあるのでしょう。液比重に関しては液量がアッパーレベルにあることが必須条件で、当然ながら充電を行ってから計測します。また、この際に液のにごり(極板上の活性物質の脱落による)や各セルごとの液量に大きな差があるものなどはこの時点で不良と判断します。各セルごとの液量に差がなければ規定値まで液(蒸留水)を補充し、規格どおりの方法で充電し計測することになりますが、液温にも注意する必要があります。当然ながら液温が高くなれば比重は低めの値を示しますので計算による補正が必要です。以下に計算式を示します。

基本的にバッテリーの比重の表記は20℃を基準としていますので、20℃に換算した値を出す必要があります。

T(20℃)=(比重計測値)+0.0007(計測温度-20)で計算できます。

このときに、各セルでバラつきがあったり、規定よりも20%以上外れる場合は不良と考えていいでしょう。

それから、質問者さんのように、単に無負荷での電圧を測ってもほとんど無意味です。バッテリー内部の電極上の活性物質はできるだけ広い面積で電解液と接するようにして、内部抵抗を出来るだけ小さくして十分な電力を供給できるような構造に設計されていますが、充電・放電を繰り返すうちに、この微細な構造が徐々に崩れていきます。そのため、実際に電解液と接触する面積が小さくなり、電池容量は徐々に小さくなっていくからです。この状態でも単に電圧を測ったのであれば、正常な値を島します。簡単な言い方をするともともとは単1電池の大きさの単一電池の容量の電池であったものが、使っているうちに、内部で実際に反応に関与する面積が減っていき、じつは単1電池の大きさの単3電池の容量しかなくなってしまうというようなことがおこるのです。この状態でも電流が小さな状態なら正常な電圧を示しますが、スターターモーターなどの大電流を必要とする危機を動かしたとたんに、容量不足で急激に電圧が落ちてしまい、スタートできないというような状況が起こるのです。

まぁ、電装整備工場や整備工場などに行けば、負荷電流をかけた状態で計測できる機器がありますので、そういったところで計測すれば正確なところがわかるでしょう。


おまけ、バッテリーの内部で実際に反応(バッテリーは化学反応で電力をためています)している物質は、鉛と二酸化鉛と希硫酸ですが、この鉛と二酸化鉛はちょっと見た目には判らないんですけど、かなり高度な技術で微細加工されています。二酸化鉛は粉末状ですが、出来るだけ広い面積で電解液と接するように非常に細かい粉末に加工された上で電極に脱落しないように塗布されていますし、鉛も海綿状鉛というもので、スポンジのように非常に微細な穴が多数開いた構造とすることで有効な面積を増やすようになっています。実際にバッテリーが放電する際には両方の電極で化学反応が起こり電解液中に溶け出して行きます。このときに電力を発生するのです。逆に充電するときは、溶け出していた物質をそれぞれの電極に戻す反応が起こるのですが、このときに溶け出して行った元の場所にきっちり戻るのではなく、それぞれの極板の適当な位置に戻ってしまうのです。そのため徐々に微細構造が崩れていき有効な面積が減ってしまうのです。また、放電させた状態で長時間置いてしまうと、反応によって生成された硫酸鉛の結晶が大きく成長してしまうので、充電しても元に戻りにくくなってしまいます。このときに出来る結晶の大きさも均一ではないため、ある部分は元に戻っても、ある部分はもどらにというようなことがおこります。こうなってしまうと、戻りにくい部分を戻すために大きな電流で充電すると、すでに戻っている部分に対しては過充電状態というような不都合が発生し、バッテリーを十分に充電することが出来なくなってしまうのです。電解液の比重を計ることはどの程度の部分で正常の反応が進んで、どの程度が異常な状態であるかをみる目安になる(反応に関与しない部分が出ると比重が元にもどらないので)のですが、これによる比重の変化は大きなものではないため(小数点下3桁必要)温度や、液量などを管理した上で行わないと意味がないのです。

いろいろと意見があるようですが、しっかりと正確に測る方法はあります。それは、規定された電流値と時間を守り完全充電を行い、その後にバッテリーの容量に見合った負荷をかけてそのときの電圧降下と持続時間を計測するという方法です。この方法はバッテリーの内部抵抗と起電力を計測することになるため、かなり正確に計測できます。ただしこのような計測をする機器は決して安価ではありませんので個人で持つのは無理でしょう。

それ以外にもバッテリーの比重や液量・液の状態なども十分な目安になります。これ...続きを読む


人気Q&Aランキング