人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

1.ボーイング767-300(763)の座席は、プレミアムクラスが無いですが、それでもやはり前のほうが乗り心地などは良いですか?

2.また前のほうがプレミアムタイプになっていたりするんですか?


3.また、ANAより、AIRDOのほうがすいていたりする理由は何かあるのでしょうか?以上、3点、どうか教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

AIR DOには767-300に相当する機材(飛行機)が3機あるようなので


どれに乗るかは判りません。

事前にわかったとしても当日の機材変更ということもありえるし
横一列が2-3-2という配置は変わらないでしょうから、
どれに乗ることになっても大差ないと思います。

予約時のシートマップの件についてはANAに聞くのが良いかと思います。
    • good
    • 1

同様の質問に別の所で答えさせていただきましたが、ご理解されていないようなので(明らかに間違っている答えを選ばれています)こちらに書き込ませていただきます。


他の回答者様と重複する所、また他方での回答と重なる所がありますがお許し願います。

羽田-新千歳間のANA便ですが、ANAの時刻表において4桁(4000代)の便名で表示されている便はたとえANA便名が付されていても、ADO運航便のコードシェア便になります。
ANA運航便は50~80番台と臨時便扱いの900番台の便になります。
なお機種変更が無い限り、時刻表上でのこの区間におけるANAの763、つまりは国際線用の機材での運航はありません。
76P、国内専用プレミアムクラスありのB767-300での運航になります。
国際線用のB767、つまりは763での運航の場合、前方はビジネスクラスのシートになっていますが、これはプレミアムクラスとしては使用されません。エコノミークラス(一般席)としてアサインされます。

また質問者様の搭乗便は上で説明したようにADO運航便になりますので、214や216席仕様のANA機材ではありません。
紙の時刻表の場合には機種についてと書かれた所の763の下の、運航会社がADOとなっている方を見る必要があります。
HPの場合には、こちらのエアドウの763の所をご覧ください。

http://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/code/i …

ADOの座席配列に関しては、もともとモノクラス仕様なので、ビジネスクラス的なものはありません。
ただし機内で歩く距離が少なかったり、早く降りる事が出来るなどの利点はあります。
またジェット機はエンジン後方の排気が騒音のもとになっていますので、前方は比較的静かです。

3番目に関しては、ANAよりADOがいつも空いているという事も無いと思います。
それでもあるとすれば知名度の問題とか、ADOには直接関係なくてもスカイマークに問題が多発したように、新興航空会社が全て同じように見られているというのも根底には有るかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございました。

お礼日時:2010/08/12 21:18

こんにちは。


航空・旅行関係の仕事をしているものです。

質問者様の質問内容と、今までの回答に対するお礼の内容を総合的に見て、理解していただきやすいように回答申し上げます。


まず、質問者様が搭乗される飛行機は、AirDo(北海道国際航空)が、AirDo自身の飛行機で、AirDoのパイロットや客室乗務員によって運航する便です。
しかし、AirDoはその知名度の低さのため、767-300という大きな飛行機の200席以上のすべての座席を売り切る力がありません。
そこで、AirDo自身で売る座席以外の残った座席(その残り)を、ANAに販売してもらうようにしています。
ANAでAirDoのチケットを買った人は、AirDoよりちょっと高いですが、ANAのマイルも貯まるし、往復チケットを買えば帰り道にAirDoより沢山飛んでいるANA便も選べるので便利になります。
この時、乗客が分かりやすいように、同じAirDoの飛行機でも、AirDoでチケットを買った人にはAirDoの便名を知らせ、ANAでチケットを買った人にはANAの便名を知らせます。
1つのAirDoの飛行機に、2つの会社がそれぞれ便名を付けて、座席を共同で販売することを「コードシェア(共同運航)」というのです。

ANA側からすると、自分で飛行機を飛ばさなくてもANA便名の付いたフライトが増えますし、AirDoからすると自分で売り切れなかったチケットをANAが販売してくれるので、一挙両得、ということになります。

ただ欠点があり、AirDoの飛行機の座席は、ANAの飛行機よりも若干狭く、ご指摘のプレミアムクラス(ビジネスクラスに相当)もないので、ゆったりと旅行したい人には不向きとなります。
もともとAirDoを使っていた人にも変化はありませんが、ANAでチケットを買った人にとっては、ANAの飛行機で飛んでいる便だったらゆったりできるところ、同じ値段でも狭い座席を使用せざるを得なくなる、ということです。これがコードシェアのデメリットですね。


この前提を基にして、3の質問に回答します。

1つめの「前の方の乗り心地」ですが、人それぞれです(笑)。
前の方が静かなのは事実ですし、乗り降りが楽なのも事実です。
しかし、前の方が混雑しやすいので、静かに過ごしたい人には逆にうるさくなる可能性があります。
また揺れは中央部に比べて大きくなります(飛行機は中央の翼を中心に前後左右に揺れます)。

2つめの「プレミアムクラス」は、座席が広くサービスがいいというANA独自のサービスです。
乗り心地は座席の質が良くなっているのでその分快適でしょう(7,000円の追加料金がかかります)。
国際線で言えばビジネスクラス、新幹線などで言えばグリーン車に相当します。
しかし、これはANAの飛行機のしかも大型機などの一部の機体にのみ設置されている座席なので、AirDoの飛行機で運航するANA便には、そもそもこの座席もサービスもありません。

飛行機は、メーカーで製造されるのは「機体(ボディ)」のみで、座席は航空会社が好みを選んで導入しています。
航空会社によって、座席の質や色、幅、リクライニングなど、すべて異なります。
767-300というのは、飛行機という「家」の部分で、どの航空会社で使っている767-300も基本的には一緒です。家具や備品といった「インテリア」は航空会社が担当するので、どういうインテリアにするかは、航空会社次第ということになります。
プレミアムクラスは、ANAの好みで導入されている特別な座席で、その座席のチケットを買った乗客には、特別なサービスをします、ということです。
AirDoの飛行機には、こういうサービスが一切ありません。全席エコノミーです。これがAirDoの好みなのです。
1つの座席でエコノミー2.5席分のスペースを使うのは勿体ない、座席が狭くても、安い値段でできるだけ沢山の乗客を乗せたい、というのがAirDoの戦略なので、一般の座席のみしかなく、ゆったりした座席は機体できません。
しかし、ANAが使っていた昔の飛行機をそのまま再利用している飛行機が1機だけあるので、運がよくめぐり逢えば、座席だけはゆったりとしたANA時代のプレミアムクラスを体験できるかもしれません。
それは座席番号を指定する際に、座席一覧が表示される「シートマップ」を見ればわかります。前方1~2列目が2-1-2という配列になっていれば、昔のANA時代のプレミアムシートです。


最後の質問ですが、同じ便でAirDoの方が空いているのは、前述の通り知名度と販売能力の違いです。またコードシェアは、運航する側(AirDo)が2/3以上の座席を担当しなければならないことになっているので、持ち分がANAより多いのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

本当に本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/08/12 21:17

ANA4721便(羽田16:25発)は"AIR DO運航"となっていますので


羽田を同時刻発のAIR DOの"ADO 021便"に乗ることになります。
(No.8様の仰るとおりです)

あなたがANAの搭乗券を持って搭乗口に行くとAIR DOの飛行機に
乗るわけです。

> 今回の私が乗る予定の、AIRDOの216席の飛行機は、
> こちらのシートマップを見るということでいいのですよね?

間違っています。AIR DO運航の便のシートマップは
AIR DOのページを見る必要があります。
http://www.airdo.jp/flight/service/airplane.html

上記シートマップでお分かりの通り、AIR DOのB767-300は
286席,289席,270席のいずれかの設定で、216席はありません。
よって前方にシートピッチの広い席があることもありません。
(No.5で記載したとおり270席の設定だけは一番前に10席程ありますが)

# 少し誤解されているようですが、B767-300=216席ということ
# ではありません。航空会社の運用によって変わります。
# ANAでは216席の設定があるというだけです。
# ANAのページにも書かれていますが「代表的な配列のみ
# 掲載しています」とあり、216席以外も存在します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も本当に感謝いたします。
そうなのですか。私が乗る便のシートマップをクリックしたら、
その、216席のものが出てきたのですが、で、座席を選んで予約する際にも、
そのシートマップが元となっていたと思うのですが・・・。
では、どうすれば分かるのでしょうか?

また、プレミアムのようなタイプが前方にあるかないかは
どうすれば分かるのでしょうか?ANAに問い合わせるしかありませんか?
270席のタイプのものなら、あるということですよね?

しかし本当に分かりづらいです。
座席を指定する際にも、216席のシートマップが元となってるのに
実際は違うなんて・・・。

お礼日時:2010/07/25 11:41

>コードシェア


まあ、共同運航と考えていただければ^^
同じ便 (1機) だけど、
ANA ○○便であると同時に、AIRDO △△便 でもあるわけです^^

で、ご質問の216席の飛行機は、AIRDO の飛行機ですよね。
ってことは、ANA のサイトに載ってる飛行機ではなく、
AIRDO のサイトに載っている飛行機です。
つまり、前方も普通席です^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/12 21:18

質問者様が乗る予定の便名を補足していただけますか? (ANA47xxとか)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ANA4721です。

ご親切に本当に色々とありがとうございます。
お手数かけます。

お礼日時:2010/07/25 08:20

No.5です



> 2.こちらに載っていたのですが・・・。お分かりになりますでしょうか・・・?
> ANAに聞くべきでしょうか・・?

そのページは確認していますが、
そのページ(右上)でも『AIR DO機材はこちら』となっていますよ。

# > ※216席の767-300は見つかりませんでした。
# これはAIR DO機材の話を書きました

コードシェア便の意味が理解いただけていないのかもしれませんが
羽田~札幌便で「ADO運航」と書かれている便は、AIR DO便の座席
の一部をANAが買い取って、ANAとして売っているに過ぎません。

また「ADO運航」には、AIR DOが持っている機材を使うためプレミアム
クラスの販売はないです。(よってシートマップを見るならAIR DOの
サイトを見るしかないです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご親切に本当にありがとうございます。
素人なものですいません。コードシェアの意味も全く分かっていません。

混乱してきました。(^^;

席の一部をANAが買い取るというのもよく分かりません・・。取り外すのでしょうか・・。

え~と、それはさておき、
まとめますと、
今回の私が乗る予定の、AIRDOの216席の飛行機は、
https://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/b6s/i …
こちらのシートマップを見るということでいいのですよね?

それが正しいという前提で、(正しいのですよね?)私がお聞きしたいのは、

このシートマップでは、エコノミーやビジネスやエコノミーより少し良いプレミアムタイプのような
区別がありませんが、区別が無いとしても、実質的に前のほうの席は、
ビジネスクラスですよね?

ということなんです。

いやあなんだか難しい・・・。

お礼日時:2010/07/24 20:06

コードシェアなのでAIRDOの機体ですよね。


ANAはAIRDOから座席を買い取って販売する形態だと思います。

> 1.
エンジンより前方の方が静粛性は高いと思います。
座り心地そのものは同じシート、同じピッチならば
変わらないのではないかと。

> 2.
ANAからAIRDOにリースされた機体があるようで
下記AIRDOのシートマップ上もプレミアムシート
らしきものが残っています。(270席)
改修されてなければまだあるかもしれませんね。
※216席の767-300は見つかりませんでした。

AIRDOのB767-300のシートマップ(286席/289席/270席)
http://www.airdo.jp/flight/service/airplane.html

(旧)ANAのB767-300のシートマップ(76P 270席)
https://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/b6h/i …

> 3.
販売チャネルの広さも違うし、顧客もマイレージプログラムで
囲われているのでANAの方が販売数が多いのでは?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2.こちらに載っていたのですが・・・。お分かりになりますでしょうか・・・?
ANAに聞くべきでしょうか・・?

https://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/b6s/i …

お礼日時:2010/07/24 13:59

まず、どこの航空会社を利用されるのでしょう


座席は同じボーイングであっても航空会社により違います。(路線によっても違います)
ボーイング767-300(763)の座席でもJALであればクラスJと言うシートが42席あります
客席数もJALは261席 ANAは216席などの違いがあります。なのでゆったりしているのはANAです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼致しました。大変失礼致しました。ANAです。ANAのAIRDO便?となっています。すいません詳しくないものでして・・・。でも間違いなく、ボーイング767-300(763)です。216席です。
教えてください。

お礼日時:2010/07/24 09:51

まず、どこの航空会社を利用されるのでしょう


座席は同じボーイングであっても航空会社により違います。(路線によっても違います)
ボーイング767-300(763)の座席でもJALであればクラスJと言うシートが42席あります
客席数もJALは261席 ANAは216席などの違いがあります。なのでゆったりしているのはANAです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーイング767-300の座席について

12月に東京から四国にANAで行くのですが、行きは16列目の窓際の席がとれました。機種はボーイング767-300です。
帰り(東京行き)は20列目の窓際をとったのですが、18-19列目は窓のない席との表示がありました。また、18列目から翼の上となっています。
ANAに聞いても、窓はあるお席ですというだけです。でも写真を見ると、微妙に窓の配置がそのあたりは不規則です。
せっかく乗るので景色がよく見える席を取りたいのですが、20列目に座られた方、あるいはこのあたりに座られた方の感想をお教えいただけますか?
むしろ後ろの方の席のほうが景色はいいでしょうか?

Aベストアンサー

主翼付け根のすぐ後ろ辺りと、最後方。どちらの席が好きか、は完全に個人の好みの差があります(ANAのB767-300の窓側席は、30番以降は42・44番が欠番で46番まであります)。

私自身は前者のほうが好きです。飛行中に、主翼に付いてる動翼(飛行機の姿勢を変える可動式の小さい羽根)の動きを見るのが好きなので。併せて下方の景色を見る事も十分できます。ただ、人によっては「エンジンの音がうるさい」と、この辺りの席を避ける人がいます。そういう人は、エンジン音が聞こえにくい前方の席を選ぶ傾向があります。

最後方は、B767なら全く主翼に邪魔されることなく下方の景色を見る事が出来ます。最後方の席のデメリットは、到着後飛行機から降りるのに時間が掛かる事です。飛行機は基本的に前方の扉から乗降しますので、前方の席のお客さんの後に続いて降りる事になるので、その順番待ちで時間を取られます。

これ以上の事は、実際に乗って体験していただくのが一番と考えます。

QANA767-300(76P)の座席について教えてください。

ANA767-300(76P)の座席について教えてください。

ANA767-300(76P)で窓際の『8A/9A/12A/13A』を予約しましたが、この席は窓がありますか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 どの座席も窓はあると思います。窓の位置と座席の位置とはずれていますが。

https://www.ana.co.jp/dom/inflight/seatmap/b6h/index.html


人気Q&Aランキング