双眼鏡(Nikonアクション)を落としてしまい、像が二重に見えるようになってしまいました。よく言われる、「光軸がずれた」というのでしょうか。できれば、自分で直したいのです。(1)自分で直せるとしたら、どうやったらいいでしょうか?(2)無理なら、修理費用はどのくらいかかるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

レンズにカビが生えて分解した経験者です。


(Nikonアクション)がどういうものかわかりませんが、私のものは簡単な構造でした。
まず前面レンズ、反射プリズムが2個ずつ、そして接眼レンズ。といった具合。
問題はプリズム。角度調節が難しいです。小さなネジで3次元的に調節する必要があります。
覗きながら少しずつ少しずつ調節しました。根気が必要です。光軸の調整だけなら、
完全に分解する必要はないと思います。顔側のパネルあるいはゴムラバーのどこかが外れると思います。
調節ネジがあるはずなので、少しずついろいろまわしてみてください。
ただ調節後、プリズムを固定する接着剤を塗らなくてはいけませんので、ここで分解する必要が出てきます。
(今回のずれもこの接着剤が剥がれたためと思われます。)
そのままでもラフに扱わなければ大丈夫だとは思いますが・・・。
とりあえず試してみて、どうしてもダメなら素直に修理依頼ですね。
メーカー保障は効かなくなりますのであしからず。
    • good
    • 0

光学製品はあまりご自分ではいじらない方が無難です。

私も写真用レンズの分解掃除くらいなら自分でやりますが..。

修理はNikonに直接聞かれてみてはいかがでしょうか?(以下URL参照)

双眼鏡の修理の経験はないですが、カメラのオーバーホールでも2万以内、レンズで物にもよりますが、1万以内ですから、構造の単純な双眼鏡ならせいぜい1万円以内だと思います。部品交換になると、部品代を取られます。実費程度です。

光軸の調整だけだと思いますので、大袈裟な話ではないと思いますが、構造部材に変形を生じていると問題です。

参考URL:http://nikon.topica.ne.jp/bi_j/index.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q双眼鏡の光軸調整

双眼鏡の光軸が狂ってしまったようで、ピントが左右で合いません(気分が悪くなるほど)

そこで調整に出したいのですが、 カメラのドイとか、カメラの大手チェーン店へ出せばよいでしょうか?

それともその辺のカメラ屋の方が良いでしょうか?

時間はかかっても構いません、なるべく料金は安い方で出したい(あまり使う物でもないので)
経験ある方、大体で良いので料金もわかればお願いします。
もちろん、実際は出そうと思うところで聞きます。
修理するか、買い換えるか目安に聞いています。

物は古い carton 20×50 の少し重い物です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カメラなら、お店が修理部門を持っている場合もあったのですが、双眼鏡は同じ光学製品でも構造が違うので、修理をするのは、メーカーかメーカー認定の修理業者となります。
一応メーカーである「カートン」はまだ存続しているので、修理の相談なら、まずメーカーに問い合わせることになります。

http://www.carton-opt.co.jp/whatsnew/f_whatsnew.html

しかし、この会社は以前はともかく、最近では双眼鏡や望遠鏡にあまり熱心ではなく、また生産拠点も完全に海外に移しているので、修理可能かは不明です。

メーカー修理が不能ならば、個人の修理業者を捜すことになりますが、その場合修理代金は決して安くありません。1万円を超える可能性が非常に高いです。個人業者の修理の世界では、製品の売値と修理代金は比例しません。

例 http://www.lcv.ne.jp/~cosmosak/binocurars/shuri.htm

ご使用の用途が、低倍率の小型機で足りるなら、修理より買い替えとなる可能性が高いと思います。

Q双眼鏡のクリーニング、修理

古い双眼鏡の修理をしてくださる会社又は個人を探しています。
部品は必要ないのですが、レンズが曇っています。
メーカーの技術者でリタイヤーなさった方、いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

お住まいがどちらかわかりませんが、「カメラ 修理」で検索するといくつかの専門業者が検索できますので、信頼できそうな業者で依頼されてはいかがでしょう?私は 日研テクノ(大阪本拠ですが、営業所が散在してます)をおすすめします。

また、カメラはちょっと難しいですが、双眼鏡ならご自分でなさることもできます。ミニドライバ(眼鏡用)とカニ廻し(私は製図用のコンパスで代用)それとクリーナ液(レンズに直接吹き付けずに、綿棒にほんのちょっとつける程度)でOKです。何よりも自分の愛用する品ですので、できれば自分で手入れするのが良いと思います。

Q双眼鏡で二重にみえてしまう

ネットで安く1000円で双眼鏡を購入したのですが、
焦点を合わせてみると、対象物が二重に見えてしまいます。
安物だったために、粗悪な品だったのでしょうか。
それとも、調整が悪いのでしょうか。
買ったものは海外の製品です。
メーカーはcobraと書いてありました。
モデルは750と書いてありました。
サイズ:縦18×横19(cm)
レンズ直径:50mm
意見をお聞かせ願えたらとおもいます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分落としたりしたときにちょこっとずれたのだと思います。だから付け直したらあっさり直りました。
分解の際はついでに綺麗に拭いてあげるといいと思います。

Qこの2つの双眼鏡であればどちらがお勧めですか?

現在ニコン 8×30 EIIを持っております。
しかしこの機種は残念なことに防水ではありませんのアウトドアに持っていくのは少しためらいがあります。

そこで防水機能がある2つの機種が候補にあがりました。

ケンコー Ultra-View OP 8×32DH

ビクセン アトレック HR 8×32WP

どちらも同じ倍率だし、対物レンズ有効径も同じで値段的にもどちらもお手頃かなと思っています。

EIIの8倍率を持っているので、これ以上高い物を買う気はありません。

よってこの2つに絞られました。

スぺックも金額もほぼ同じであるからどっちを取っても同じであろうとは思いますが、双眼鏡に詳しい方や現在、過去にご使用したことのある方お勧めの双眼鏡を教えてください。

デザインとか使い勝手とか小さな情報でも結構です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろ持っておられるのですね、
Papilio6.5倍、、良いですね~。おまけにミクロンまで。。
8x30E II といい、私が欲しいと思っているのばっかです♪
それでコーワ BD25-8GR まで買われた日には、
もう、くぅっ~!  羨まし過ぎますっ。

私の方はビクセンのダハ:アペックスプロHR8×42、一つのみ。
最初はニコンの8x42HG L DCFを奮発して買おうと思ったのですが、ショップのスタッフさんから、「HR8×42は、8x42HG Lとタメを張る隠れた名機」と教えられ(商売っ気の低いスタッフさん)、決めっ!
実はこれが初めての双眼鏡だったのですが、双眼鏡の素晴らしさを初めて知って~それ以来、暇さえあればショップを徘徊~、鳥見屋さん・星見屋さんに声を掛けては覗かせて貰ったり~、もうすっかり双眼鏡ファンになってしまいました。

今のHR8×42には十分満足しているので、やはり違うスペックのを、あれやこれや狙っているのですが、何分にも多趣味(鳥・星・山・バイク・無線)の貧乏人のため、もっか空想世界で我慢しているところです。

狙っているのは、
50mmクラス:FUJINON 7×50FMT-SX
FUJINONのフラットナーレンズは、かのカールツァイスと並び称されたこともあり、めちゃ重いですが星見の主鏡にと考えてます。
それからキャノンの10×42 L IS WP
はははっ、おんなじですね♪
20mmクラス:コーワ BD25-8GR
10mmクラス:ニコン 遊 4X10D CF
双眼望遠鏡:メガネの松本/10センチ(夢のまた夢~)
http://www.page.sannet.ne.jp/mazmoto/10BINO.jpg

うちの奥さんには、決っして語れません・・・♪

いろいろ持っておられるのですね、
Papilio6.5倍、、良いですね~。おまけにミクロンまで。。
8x30E II といい、私が欲しいと思っているのばっかです♪
それでコーワ BD25-8GR まで買われた日には、
もう、くぅっ~!  羨まし過ぎますっ。

私の方はビクセンのダハ:アペックスプロHR8×42、一つのみ。
最初はニコンの8x42HG L DCFを奮発して買おうと思ったのですが、ショップのスタッフさんから、「HR8×42は、8x42HG Lとタメを張る隠れた名機」と教えられ(商売っ気の低いスタッフさん)、決めっ!
実はこれが初めて...続きを読む

Q手軽に使いたい6倍30口径の双眼鏡、どれがいいでしょう?

旅行で持ち歩くため、下の3つのどれを買おうか迷っています。
Vixen 双眼鏡 アトレックライトBR 6X30WP
Kowa 双眼鏡 YF30-6
Kenko 双眼鏡 ultraVIEW 6x30WP

Vixenは全体的にしっかりしていそうですが、重さがネックです。
Kenkoが最も軽く、実視界が広く、かつ実売価格も低いようですが、
ネット上に情報が少なく、簡単に現物を見に行ける環境ではないため、
ためらっています。
Kowaは使用者が多く、酷評もなさそうなので、一番無難かと思うのですが、
もし上記双眼鏡の実物を確認したことのある方がいらっしゃいましたら、
使い勝手やデザインなど、何でも構いませんので、印象を教えてください。

Aベストアンサー

ケンコーのultraVIEW 6x30WPを持っています。価格を考えれば悪くないと思いますが、コーティングがフルマルチではない、レンズ対物接眼面が撥油コートではない等、仕様的にコーワYFやアトレックライトには負けていると思います。また細かい点としてはストラップがショボイ(ケンコーの双眼鏡はストラップがショボイものが多いです)、対物レンズキャップがスポスポ外れる(普通に使うと確実に紛失するレベル。私は自分で対処しました)なども気になりました。

ultraVIEW 6x30WPのメリットとしては、一般的なビノホルダーを使うことにより三脚に固定可能なこと(コーワYFやアトレックライトは不可)、裸眼で使う際、見口に顔を付けても普通に使えること(後述)でしょうか。他の2機種に比べ、わずかに軽量でわずかに実視界が広いですが、メリットとしてあげられるほどの差ではないと思います(誤差レベルかと)。

コーワYFとアトレックライトの2機種については、恐らくは同じ製造会社からのOEM(ODM?)と思われ、仕様的にも酷似しています。双眼鏡のブランド的にはコーワが一番上かと思いますが、コーワYFの方が特によいという分けではないと思います(むしろ巷のレビューを見る限り、アトレックライトの方が僅差で上という人が多いみたい)。価格やデザインなどで決めてしまっても良いように思いますが、アトレックライトについては、対物レンズキャップが本体吊り下げ式?(フリップ式?)となっており、紛失の心配がない点はメリットとして数えても良いかと。

ultraVIEW 6x30WPを購入する際、私もコーワYFやアトレックライトと比較検討していたのですが(本命はアトレックライトでした)、なぜultraVIEW 6x30WPにしたかというと、コーワYFやアトレックライトは裸眼で使う際、見口から少し顔を浮かせないと見えづらいという話を見たから。どうもアイレリーフの長さに対して見口の繰り出し量が足りないみたいなんですね。なので見口に顔をピッタリ付けると、アイポイントが近すぎて見えづらいと(この辺は顔の形にも拠るのかも?。掘りが深い顔の人なら大丈夫なのかなぁ)

私も手近に双眼鏡をチェックできるお店が近くになく、またultraVIEW 6x30WPについてのレビューは皆無だったため、ダメもとでの購入となりましたが、見口を繰り出して覗いてみると、像がブラックアウトすることもなく丁度良い感じで見られて一安心。結果、私的にはこの選択で良かったと思いました。なのですが、実は右接眼レンズにトラブルが出てメーカーへ返送&新品交換となっています(1ヶ月掛かりました)。

長くなりましたが、レンズキャップの使い勝手や保証の長さ(メーカー保証5年)でいけばビクセン、メーカーのネームバリューやコストパフォーマンス(実勢価格がアトレックライトより結構安い)でいけばコーワYF。ultraVIEW 6x30WPについては実勢価格はコーワYFより少し安い程度の上、光学的な仕様で少し落ちるので積極的にはお勧めしませんが、私のように見口の件が気になるなら選ぶのもありかと。以上、参考になりましたら幸いです。

# 女性じゃなくてスミマセン
#コーワを安物ってのは、いくら何でもちょっと…。

ケンコーのultraVIEW 6x30WPを持っています。価格を考えれば悪くないと思いますが、コーティングがフルマルチではない、レンズ対物接眼面が撥油コートではない等、仕様的にコーワYFやアトレックライトには負けていると思います。また細かい点としてはストラップがショボイ(ケンコーの双眼鏡はストラップがショボイものが多いです)、対物レンズキャップがスポスポ外れる(普通に使うと確実に紛失するレベル。私は自分で対処しました)なども気になりました。

ultraVIEW 6x30WPのメリットとしては、一般的なビ...続きを読む

Qコニカミノルタの10-30倍の双眼鏡について

コニカミノルタの10-30倍のVACANZAとゆう双眼鏡について。メジャーなメーカーですし、値段も安いので購入を考えています。
実際に持っている方、または覗いたことのある方、メリットデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

対物レンズの直径が28mmですか。これで10-30倍だと瞳径が2.8mmー0.9mmですから倍率をあげるとかなり視野は暗くなります。

人間の瞳の直径は明るい昼間で約2mmと言われています。これより大きい瞳径を備えた双眼鏡は明るい視野を有しています。(たとえば対物レンズ径50mm、倍率5倍の場合は10mmの瞳径)

瞳の大きさより小さい瞳径の場合、昼間でも視野は暗くなり実用的ではありません。

(上記2mmの瞳の直径は昼間の晴れた時の状態ですから、曇天では瞳は拡大しさらに大きくなります。)

Q双眼鏡の「ケラレ」について教えてください

自分は、ビクセンのアスコット10×50を使用しています。三脚使用です。
今のモデルではなく、ヘールボップ彗星の頃に買ったものです。WIDE仕様です。

さて、お尋ねしたいのですが、双眼鏡を覗く時に発生する、ブラックアウトと言いますか、上手く覗かないと、ピタッとハッキリ見えなくて、チラチラと黒い影が視界を横切ります。あまり上手く表現できませんが。
具体的には、いきなり黒い布を対物レンズの前でひらひらとされた感じと言いますか…
もちろん、バッチリと決まった時はハッキリと見えています。
最近はホームズ彗星を見てます。
しかし、どのような具合なのか、目と接眼レンズの位置の関係なのだと思いますが、かなり微妙で、ちょっと気を抜くとすぐ黒い影が…
双眼鏡のケラレと言うのは聞いていますが、これがその現象なのでしょうか?調べてみると、どうもそれとは違うようなのですが。

双眼鏡を使いこなしている方は、いつもピッタリとクリアな視界で観望しているようなのですが、この黒い影は出ないのでしょうか?
この黒い影が出ないような視方を教えていただけないでしょうか。
どうかお願いします。

自分は、ビクセンのアスコット10×50を使用しています。三脚使用です。
今のモデルではなく、ヘールボップ彗星の頃に買ったものです。WIDE仕様です。

さて、お尋ねしたいのですが、双眼鏡を覗く時に発生する、ブラックアウトと言いますか、上手く覗かないと、ピタッとハッキリ見えなくて、チラチラと黒い影が視界を横切ります。あまり上手く表現できませんが。
具体的には、いきなり黒い布を対物レンズの前でひらひらとされた感じと言いますか…
もちろん、バッチリと決まった時はハッキリと見えています。
...続きを読む

Aベストアンサー

双眼鏡の接眼部の「ケラレ」は、必要以上に眼を接眼部から離した場合に全視野が見えなくなる現象で、「ブラックアウト」とは違います。

「ケラレ」は、アイレリーフが短い機種で眼を離す(眼鏡使用を含む)場合に発生し、おおむね、視野の周辺部が見えなくなります。

ブラックアウトは、ちゃんと説明できないですが、これまでガラクタ双眼鏡を30台程度扱った経験では、広角の双眼鏡で出やすいようです。

接眼部の形式などが影響していると思いますが、古くて視野が狭い(古典的なケルナータイプ)ではほとんどおきません。

また、アイレリーフが短い機種では眼の位置がずれる可能性が低いため、アイレリーフが長い機種は眼の位置合わせの関係で発生しやすいようです。

私が使用している機種では、笠井のHC-BINO 10×50は比較的ブラックアウトしやすいようです。

接眼部がポップアップもしくは見口のゴムの折り返しなどで調整できる場合には、ブラックアウトしにくい位置を見つけるしかないと思います。

Qスワロフスキーの双眼鏡について

双眼鏡歴5年目の者です。

最近また新たに双眼鏡が欲しくなりニコンの8x42HG L DCFかビクセンのアペックスプロHR8×42を購入しようと考えています。

しかしあれだこれだと調べていると必ずスワロフスキーという名が出てきます。
双眼鏡歴5年ですがほとんど素人で、スワロフスキーという名の双眼鏡は知っていましたが、ウン十万円もする双眼鏡なんて見向きもしませんでした。

けど、そんな高級な双眼鏡のスワロフスキーで見たらどんな風に見えるのだろうと最近思ってきました。

毎月一万円ずつ貯金して3年弱でスワロフスキーの双眼鏡を買っちゃおうかな?と迷いが出てきました。
しかし金額が金額だけに、そんなお金があるなら実用的でいい腕時計のひとつでも買えるという気持ちもあって揺れています。

これは個人の趣味であり、「買いたければ買えばよい」という一言に尽きるわけですが、実際三十万円もする双眼鏡って本当にいい物ですか?価値あるものなのですか?教えてください。。。
見たことも手にしたこともないのでどうにもこうにも分かりません。
ニコンやビクセンの中高品で押さえておくべきでしょうか?

もちろん自分の妻には「こんな物(スワロフスキーの双眼鏡)を買う」なんてけっして言い出せませんが、一生の宝物になるなら思い切って買うのもありかなと考えています。
しかし金額が高すぎるので迷ってしまいます。

どうかこのスワロフスキーについてなにかご存知の方、「やっぱりいい双眼鏡は一生のうちにひとつは買うべきでしょ!!」というご意見とか、専門家でもないなら「双眼鏡ごときでそんな大金はやめとけ」(マニアの方、すいません)というご意見がございましたら、ぜひご回答お願いします。

双眼鏡歴5年目の者です。

最近また新たに双眼鏡が欲しくなりニコンの8x42HG L DCFかビクセンのアペックスプロHR8×42を購入しようと考えています。

しかしあれだこれだと調べていると必ずスワロフスキーという名が出てきます。
双眼鏡歴5年ですがほとんど素人で、スワロフスキーという名の双眼鏡は知っていましたが、ウン十万円もする双眼鏡なんて見向きもしませんでした。

けど、そんな高級な双眼鏡のスワロフスキーで見たらどんな風に見えるのだろうと最近思ってきました。

毎月一万円ずつ貯金して3年弱で...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合一般大衆機は、秋葉のヨドバシ[マルチメディアAkiba」で一通り、
超高級機はKYOEI-tokyo で
http://www.kyoei-tokyo.jp/html/newpage.html?code=63
一通り体験してますが、
違いはちゃんと感じるのですが、うまく表現できません。

下手な私のレポートより、
こちらのサイトが凄く参考になると思いますよ♪
http://sky.geocities.jp/sougankyousuki/pg34.html
中でも
「双眼鏡ランキング」と「双眼鏡対決」

でも、スワロとかツァイスとか買っちゃったら、お手軽タフな双眼鏡はやはり必要となるでしょうね。

そして徐々にハマっていき・・・、双眼狂へと~。(にぃっ、)

Q天体観測用の双眼鏡の選定について

友人と天体観測に出かける時には、バードウォッチングで使用している8×36のダハ型双眼鏡を持って行きます。しかし、星を見るには力不足なので、新たに7×50の双眼鏡を購入しようかと思っています。

安さだけなら笠井トレーディングのF-BINOの7×50がありますが、透過率が悪いし黄色い着色が酷いとの評判です。また、ニコンの7×50トロピカルを買うなら、高級機の7×50SPを買ったほうが良いとの話もあります。

予算は3~4万円程度で、一番使い勝手の良い双眼鏡を教えてください。

Aベストアンサー

私も星見を始めた頃どんな双眼鏡を購入すべきか悩みましたが、3台買った経験上下記のことがポイントとなります。

1 手軽さ(価格も重さも)が手持ちの双眼鏡のよさです。

2 出掛けた時 他に手荷物があったりして、重くて大きなものは固定用三脚等も必要で、結果的にその製品の「稼働率」が低くなります。

3 双眼鏡による星見に「はまる」といずれ2台目3台目がほしくなります。(高級化 高倍率化、大口径化)

いずれにしても天文用としても売られている口径50ミリの3、4万円の物ならどれもそれなりの見え味で不満は出ないと思いますが、35ミリ以上でもそれなりに実用になります。

今の私が3台目として欲しいのは、CANONのスタビライザー内臓の「防振型」双眼鏡で、これなら三脚固定が不要なので「天頂付近」の観望には特に重宝すると思います。
三脚固定のわずらわしさや首や腰が痛くなる事から解放され、しかも星像の点々が止まって見えるすばらしさがあります。
8、10、12倍、15倍まで各種ありますが価格的には10倍または12倍までがおすすめです。
またこれなら普段バードウオッチングにもつかえますね。

(フリーアームという三脚につける長い竿状のシーソーのような特殊なアダプターも天文機材の通販で1万数千円で販売されているが、取り付け機種の制約や三脚の購入も必要となる)

私も星見を始めた頃どんな双眼鏡を購入すべきか悩みましたが、3台買った経験上下記のことがポイントとなります。

1 手軽さ(価格も重さも)が手持ちの双眼鏡のよさです。

2 出掛けた時 他に手荷物があったりして、重くて大きなものは固定用三脚等も必要で、結果的にその製品の「稼働率」が低くなります。

3 双眼鏡による星見に「はまる」といずれ2台目3台目がほしくなります。(高級化 高倍率化、大口径化)

いずれにしても天文用としても売られている口径50ミリの3、4万円の物ならど...続きを読む

Qコンサートでの双眼鏡選びとズーム機能について

同じ質問を別カテゴリでしたのですが
カテゴリ違いかなとも思い、再投稿させていただきます。
どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。


横浜アリーナ2階席からのコンサートのために
双眼鏡を購入しようと思い、いろいろ調べてみました。
ズーム式のもので低倍率(6~15倍あたりで22ミリ)
がいいのかなと思いましたが、どのサイトにもズーム式は
ダメとあります。コンサートで顔も全体も交互に観たいのですが
やっぱりズーム式は避けた方が良いでしょうか?

もしくは、固定倍率(8倍~10倍で25ミリあたり)
を一つと、全体用のもう少しお手ごろ(2000円程度のオペラグラス)を2つ用意しようかなとも思っています。
その場合、上記の8~10倍のもので
もしオススメの機種がありましたら
具体的にメーカー名など教えていただけると嬉しいです。
予算は5000円~12000円前後です。

いま目をつけているのはペンタックスのタンクローという機種です。
でもこれもネット上の古いかもしれないデータから
見つけたので、今はもっと良い機種があるんでしょうか?

同じ質問を別カテゴリでしたのですが
カテゴリ違いかなとも思い、再投稿させていただきます。
どなたか詳しい方、よろしくお願いいたします。


横浜アリーナ2階席からのコンサートのために
双眼鏡を購入しようと思い、いろいろ調べてみました。
ズーム式のもので低倍率(6~15倍あたりで22ミリ)
がいいのかなと思いましたが、どのサイトにもズーム式は
ダメとあります。コンサートで顔も全体も交互に観たいのですが
やっぱりズーム式は避けた方が良いでしょうか?

もしくは、固定倍率(8倍...続きを読む

Aベストアンサー

 学生時代にツキノワグマの調査で双眼鏡を使っていました。朝から夕方まで8時間ぶっ通しで双眼鏡を覗きっぱなしというような使い方をしていました。半端なモノだと帰り道は頭痛と平衡感覚のズレでまっすぐ歩けなかったですね。

 ま、そういう特殊な使い方はさておき。

 タンクロー、良いんじゃないでしょうか。ちゃんと使えますよ。
 このクラス(対物レンズ口径が20-25mm)の双眼鏡はマニアからは相手にされていませんが、見え方に破綻もなく、何より小型軽量であることを考えると非常に使い勝手が良いモデルが多いです。
 その中でもタンクローは評判が良いモデルです。

http://www.pentax.jp/japan/imaging/binoculars/tanc/index.html

 タンクローRならなんとか予算内に入りそうですし、見え味も悪くありません。

 他にお薦めモデルをもう1つ挙げると、ニコンのスポーツスターEXでしょうか。これもなんとか予算内で購入できると思います。

http://www.ave.nikon.co.jp/bi_j/products/binoculars/compact/star_x25.htm

 他は・・・あまり自信を持ってお薦めできるものはないですね。そもそもこのクラスがいわゆる「安物」に属するので、ニコンかペンタックスならなんとか許容範囲の見え味、というレベルです。私はどちらでもたいして変わらない(50歩100歩)の見え味だと思っていますが、どちらかというとタンクローの方が評判は良いようです。

 ビ○センやケ○コーも、高いモデルは良いのを出しているようなのですが、ホームセンターなどで"8割引"なんて無茶な値段で売られているものがあまりに酷すぎるので、私は金輪際買う気はしません。店頭で除いてみて床に叩きつけたくなるようなモノが大半です。中には明らかに光軸が狂っているモノすらあります。

 というわけで、スポーツスターかタンクローが予算内で購入できるモデルとしては、「ちゃんとした双眼鏡」で良いと思います。タンクローの方が値崩れしている(旧モデルが大幅値引きで売られていたりする)ので良いかも。

 一応、「双眼鏡マニア」の末席を汚す者としては、これだけだと淋しいのでもう少し高価なクラスのモデルも紹介だけしておきます。

http://www.ave.nikon.co.jp/bi_j/products/binoculars/standard/index.htm

 ニコンのモナークというモデルなのですが、対物レンズ口径で3つシリーズがあるのですが、これの36シリーズが素晴らしい見え味です。
 この口径にしては軽いしコンパクトだし、見え味は素晴らしいし、これでこの価格は大バーゲンだと思います。私、これの前身モデルのエスパシオというモデルを持っているのですが、これはこれで満足していたのにモナークを覗いてみてショックを受けてしまいました・・・

 双眼鏡の見え味って、「安物メーカーのガラクタ」は別にして、ある程度は対物レンズ口径に依存します。
 ライカの7万円くらいする8×25も確かに素晴らしい見え味なのですが、でも素直に見るとニコンのモナークの方が良いです。なのでそもそも25mmクラスには、「双眼鏡マニア」は最初から何も期待していないわけなのですが、その中ではこの2機種(というよりこの2メーカー)は、このクラス、この価格帯では頑張って「ちゃんと見えるモデル」を造っています。
 なのでこれらのメーカーの、もう1つ上のクラスを買うと「目を見張るような」見え方をします。
 それ以上のクラスは、まあ「堅気ではない」好みの世界ですね。実用上はニコンのモナークあたりのクラスがハイエンドと考えて良いと思います。他メーカーで同等の性能のモデルはもう少し高いですが。
 ・・・そりゃ15万円のモデルを一度覗いたら引き返せなくなるのですがね。
 でも、船舶等の特殊用途でも10万円前後のモデルが多用されていますし、クマの観察で8時間ぶっ通しで見るような使い方をしても、最も使いやすかったのはニコンの10×40で7~8万円クラスのモデルでした。
 30万円のツァイスも1日覗いていると激しい頭痛がしましたが、頭痛が起きなかったのはニコンだけでしたね・・・

 倍率ですが、同じレンズ口径であれば一般的に倍率は低い方が綺麗な見え方をします。明るいですし。
 なので8×25と10×25があるモデルでしたら、8×25を選ぶ方が無難でしょう。まあ10×25でも後悔はしないと思いますが。

 それと私もズームはお薦めしません。
 ニコンやキヤノンのズームですら、非ズーム機と比べると視野も狭く、像もしゃきっとしません。これらで「用途によってはなんとか我慢できる範囲」です。ズームでなければならない用途というのもほとんどないので、ほとんどの場合は私でも迷わず非ズーム機を選びます。ホームセンターの安物ズーム機なんて、試しにちょっと覗いただけで床に叩きつけて踏みつけたくなる代物です・・・

 というわけで長々と書きましたが、素直にタンクローで良いのではないでしょうか。
 私としてはモナークを購入していただければ嬉しいですが(別に関係ないのに)。モナークを買ったらバードウォッチングやスターウォッチングの同好の士が増えそうで。

 学生時代にツキノワグマの調査で双眼鏡を使っていました。朝から夕方まで8時間ぶっ通しで双眼鏡を覗きっぱなしというような使い方をしていました。半端なモノだと帰り道は頭痛と平衡感覚のズレでまっすぐ歩けなかったですね。

 ま、そういう特殊な使い方はさておき。

 タンクロー、良いんじゃないでしょうか。ちゃんと使えますよ。
 このクラス(対物レンズ口径が20-25mm)の双眼鏡はマニアからは相手にされていませんが、見え方に破綻もなく、何より小型軽量であることを考えると非常に使い勝手が良い...続きを読む


人気Q&Aランキング