『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

クラッシック音楽の勉強の仕方について
クラッシック音楽の勉強で、例えば、ベートベンの伝記を読んだりして
何歳のときに、どんな状況だったのか、というような作曲家の生涯を
勉強するという方法があるとききました。こういう背景からこういう
音楽が作曲されたということが重要だということですよね。
この勉強のことを指して、呼び方があったと思うのですが、
なんと呼ばれている勉強方法でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

うーん、とくに呼び名は無いような気が…。

(^^;
 
もしかして、dyingswanさんが気になってる言葉は「アナリーゼ(楽曲分析)」ではないですか? アナリーゼというのは、作曲家の生涯とは関係なくて、「主題提示部が○小節目までで、続く展開部ではこの主題が転調されて…」みたいな楽曲の構造を分析するのですが。
 
そうやって楽曲そのものに即して分析するのも大事だし、作曲された背景を知ることも大事だと思います。
 
ただ、作曲家の生涯を知って作曲された背景を想像するのは、楽しいことではありますが、それにとらわれすぎるとは良くない場合もあります。ある年に作曲家が失恋した。その年に悲しい感じの曲を書いた。その二つを短絡的に結びつけていいかどうか。No.1の方が仰っているのも、そういうことだと思います。
 
例えば、ベートーヴェンの30代以降の作品は、重厚な作品が多くなります。これは耳の病気のことや私生活での様々なトラブルが影を落としていると言われますが、そういう見方が「正しい」かどうか、わかりません。たぶん色んな面があると思います。ベートーヴェンの生きた時代は、王侯貴族が没落して、かわりに資本家階級が台頭してきた激動の時代で、聴き手の好みもまた、優雅な社交音楽から、人生や思想を表現する音楽へと変わっていった時代です。そういう聴き手のニーズの変化を反映しているという面もあるかもしれません。
 
要は、色んな角度から研究するほうがいい、ということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>作曲家の生涯を知って作曲された背景を想像するのは、楽しいことではありますが、それにとらわれす>ぎるとは良くない場合もあります。

私も、本当はそう思っていました。聞いてみて自分の感想を持てればいいのかな、と。プロでもないから。なんとなく、気が楽になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/09/07 14:00

アナリーゼ。

    • good
    • 0

こんにちは


>私の友人がアマチュアですがピアニストで、作曲家の人生を知らず、その曲の背景を知らなくては、曲を弾ききることはできないと言っていましたので、質問しました。
 作曲家の人生を知っても楽譜に書かれたことを読み取れないと..

 それには皆さんがいわれている「音楽学」が作曲家にもその時代の音楽学が有ったと考えられます。 それを元に作曲したのだろうと..

 これを追究するために音楽史や音楽様式を勉強された上で質問者さんの解釈に厚みを持たせるために伝記などで検証を加えられたらよいのではないでしょうか。

 楽譜すら作曲家の意志とは異なって出版社が勝手に売れるように手直ししてしまうこともあると聞きます。 それ故、外国の図書館まで出向いて本人直筆の楽譜を検討するといった研究もよくされていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ありがとうございます。直筆の楽譜というのは、まさに論より証拠という感じがします。
いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2010/09/07 13:58

「音楽学」の1分野である「音楽史」ということになるのかな。


音楽学というと楽典、和声学、対位法、作曲学、楽器、等々広いジャンルを包括するものという印象だね。
クラシック音楽に限らず、その歴史の勉強は必至だけど、それも勉強のほんの一角。
気をつけなくちゃいけないのは、変な伝記などを読むと、伝説や推察に惑わされて本質を見失うことになること。
勉強のためには、やはり、「音楽」そのものに向き合うことだろうね。
音楽学から演奏家になったピアノ弾きの独り言・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の友人がアマチュアですがピアニストで、作曲家の人生を知らず、その曲の背景を知らなくては、曲を弾ききることはできないと言っていましたので、質問しました。でも、それは勉強の一部だということですね。ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/18 14:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になります。

お礼日時:2010/08/18 14:28

すみません、そういう勉強法の呼び方については存じませんが・・・




>こういう背景からこういう音楽が作曲されたということが重要
これは嘘です。音楽はあくまで音楽(音の集合体)で、それ以上でもそれ以下でもありません。

例えば、ある人がある音楽を聴いた後で、それが障害を持った人間、あるいは大天才と呼ばれている人間が作った音楽、あるいは(ホントか嘘か)頭が良くなる等といわれている音楽・・だと知れば、その音楽への見方はがらりと変わってしまうかもしれません。そんなやり方がナンセンスであることは言うまでもありません。
音楽が作られた背景・作曲意図や、作曲家の人間性や人生・・・といった情報が入ることで、音楽そのものの本質(それ単独での価値)が見えなくなることも事実です。

そういった「作品そのもの以外の判断材料」から、本来の作品そのものの評価を飛び越えて自分の作品を判断されることを、好しとしない芸術家が多いのも、また事実です。
特にクラシックは古い時代から(番号や作品番号だけで)表題すら付けないという習慣もありますね。これはまそしくそれらの作品が、表題や作曲意図等のイメージに左右されない「音楽の為の音楽」として成り立っているという、1つの形だと思います。
もし作曲家の意図を尊重したいなら、作られた背景云々を知るよりも、まずそういったところから尊重することが重要なのではないでしょうか。


とはいえ、大好きな音楽があれば、その曲の作られた背景や作者が気になるというのも事実でしょう。なんだかんだ言っても自分も調べますし・・。
なのでまずは、余計な情報はシャットしてひたすら「聴くこと」からですね。他の判断材料が入ってきても揺るがないくらい、自分の中での評価が固まるまで。
作品を知る前に伝記を読んでしまうなんてある意味かなりの悲劇かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私の友人がアマチュアですがピアニストで、その曲の背景を知らずに、
弾いていては、曲を弾ききれない、その作曲家の人生も知らなくては、本当に曲を理解できないと言っていましたので、てっきりそういう勉強は大切だと思いました。

お礼日時:2010/08/18 14:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラシックについて勉強したい!

クラシックについて勉強したいと思うのですが、初心者にも分かりやすい、サイトってありますか?
教えて下さい!
具体的には、オーケストラの歴史や作曲家の話などが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの注文とはずれますが、中村紘子「チャイコフスキー・コンクール  ピアニストが聴く現代」(中公文庫)はすごい本ですよ。
まだお読みでないと独りぎめしてお話しますと、読後まず思ったのは、天は二物を与えず、なんて嘘っぱちだなと。ピアニストとして超一流の作者が(正直な話、彼女の演奏を聞いたことがないのです。「赤頭巾ちゃん気をつけて」で芥川賞受賞の庄司なんとかの夫人とだけ承知してましたが、この本一冊で、いかに彼女が超一流の世界的ピアニストであったか聴かずともわかりました。いまは彼女のピアノが聴きたくてたまらない)端倪すべからざるその筆力で、コンクールを舞台に、クラシックという繊細な音色の世界を、きらびやかで、的確きわまりない表現力で描いています。「描いておられます」と敬語を使いたいくらい。

抱腹絶倒の一次審査風景を描いたと思うと、「優秀な凡才の方が個性の強すぎるはみだし者の異才よりもはるかに有利なチャンスを手にする」コンクールという舞台では栄冠を獲得できず、世に埋もれたままになるピアニストについて、「あれほどの芸術性を秘めたシューベルトのソナタに、私は二度と出会うこともないかもしれない」と嘆いたりする。

クラシックの世界とは男尊女卑の世界で(この本の出版は昭和63年で、いまは事情がかわっているのかもしれませんが)、楽団の権威や威信にかかわるとして女性のオーケストラ入団には露骨な反感がしめされたこと。「当時、女性に向いているとされたのは、ピアノ、ハープ、リュートなどで、フルートとなるとすでに男性は眉をひそめ、バイオリン、チェロにいたっては女性の優美さを積極的に醜くかつ滑稽に見せるもの、見苦しいものと分類された」その背景には、「すべてが神とその宇宙に密接の結びついていた中世以来、ヨーロッパ人にとって音楽とは宗教的尊厳(即ち神)そして世俗的尊厳(即ち君主)の象徴とみなされてきたものであり、要するに権力、男らしさ、英雄的なもの等々の象徴であったから」と。

どのページ、どのページにも紹介したい話があって、もうきりがないからここで終わり。あとはお読みください。

あなたの注文とはずれますが、中村紘子「チャイコフスキー・コンクール  ピアニストが聴く現代」(中公文庫)はすごい本ですよ。
まだお読みでないと独りぎめしてお話しますと、読後まず思ったのは、天は二物を与えず、なんて嘘っぱちだなと。ピアニストとして超一流の作者が(正直な話、彼女の演奏を聞いたことがないのです。「赤頭巾ちゃん気をつけて」で芥川賞受賞の庄司なんとかの夫人とだけ承知してましたが、この本一冊で、いかに彼女が超一流の世界的ピアニストであったか聴かずともわかりました。いま...続きを読む

Qクラシック入門 初心者で何から入れば良いのか解りません

先日、ウィーンのアンバサーデ・オーケストラの演奏を聴く機会があり、
『音楽は誰にでも楽しいもの―演奏者にも聴衆にも』という彼らのモットーに触れ、
クラシック音楽に興味が湧きました。
ですが、恥ずかしながら全くの初心者で、何から手を付けたら良いのか解りません。
聴いたことがあると言ったら、有名な曲の有名なフレーズだけだと思います。
普段の生活でクラシックを耳にするのはNHKの『ゆうがたクインテット』という番組くらいです。。。
(『楽しみを希う心』という曲は大好きですが、クラシックに入るのか…すら解りません)

クラシックの入門として何から入るのが良いでしょうか?
何かお勧めがありましたら教えてください。
このアルバムが良い、この本を読んで勉強するともっと面白い、等…
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 クラシック入門、どこから入る........、このご質問、簡単そうで案外難問だと思いました。といいますのは、どこからでも入れると言ってしまえばそれまでのことだからなんです。あえてお答えするとしたら、方法は幾通りも.......。たとえば.....そうですねえ、具体的に言えば以下のようなことなのかなあ。
 でも、結局はやはり「聴いたことがあると言ったら、有名な曲の有名なフレーズだけだと思います」とお書きの通り、とりわけ印象を持ったものがあれば、もうそれでクラシックがお好きということになるのでしょうし、そこからさらに......というのがやはり一番多いスタイルなんじゃないでしょうか。

1.いつの間にかただなんとなく知っていて「いいなぁー」と思っているメロディーが含まれた全曲を探して聴くという方法。

 わりにポピュラーで、聞けば、「ああ、このメロディー知ってる、これってこの中の曲だったのか.....」と嬉しくなるような、そう、ビゼーの歌劇カルメンからの抜粋版「カルメン組曲」だとか、同じく「アルルの女」といったところなど。

 あるいはショパンの小品などもいいかも。ワルツ、ポロネーズなどと最近ではとてもお手頃なお値段でCDが手に入りますが、お勧めするとしたら彼の小品の中からバレーのために組曲に編成した「レ・シルフィード」などは名曲が揃っているうえに、さすがに舞踏用とあってか印象的だし躍動感に満ちていてとても素敵です。

 こうした曲はお部屋の中にただオーディオから流しておくだけ、それで十分。「聴こう.....」と構えないことか大切です。こうして、お好きな曲でも何時も何時も耳にしていますと、ある日突然のようにほかのものを聴きたくなったりします。それがチャンス、ショパンだったら次ぎはリストに乗り換えましょう。そうしてこそ初めてリストの個性に触れることができるはずです。
 どっちみちクラシックの作品ともなると幾ら聴いても聴いても果てしがありません。ですから、所詮は自分の好みの範囲からそう広くは踏み出せないもの。こんなふうにしてお好きなジャンルからどんどん踏み込んで行って、ただお好みの範囲を広げるということでいいのだと思います。 

2.ワルツやマーチのように活気があって印象的で、気軽に楽しめるような曲をどんどん聴くという方法。

 こうして、気楽に楽しめる曲をそれこそたくさん気楽に聴く.....というのがほんとうは一番多い「入口」なのではないでしょうか。例えばヨハン・シュトラウスのワルツはどれを聴いても美しいし、レハールの「金と銀」などはもうお聞きになればきっとご存知のはず。ポルカならSLが勇壮に驀進する光景を頭に描きながら「トリッチトラッチポルカ」を聞くとか。マーチといえばなんと言っても「ラデツキーマーチ」は定番でしょうが、スーザのマーチもいいですよ。「エル・カピタン」「美中の美」「ワシントンポスト」「海を越えた握手」などはきっと運動会などでお聴きになっているはずですし、なんと言っても元気がでますしね。

3.すこしだけ長くて重いものから聴きやすいものを選んで聞くという方法。

 ひとつはピアノコンチェルト(ピアノ協奏曲)のような作品。代表的なものといえばやはりチャイコフスキーだとかリストなどでしょうが、ラフマニノフの「2番」などもとてもメランコリックでいいですよ。

 もうひとつは組曲のようなもの。定番はやはりチャイコフスキーの「くるみ割り人形」だとか「白鳥の湖」といったところでしょうが、ビバルディーの「四季」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」、ドボルザークの「新世界」、グロフェの「大峡谷」、レスピーギの「ローマの松」や「ローマの泉」などといったところもお勧め。まだまだたくさんありますが、なによりもこうした作品にはストーリーがあります。ストーリーを追ってその光景を頭に描きながら聴く......というのがひとつの方法ではないでしょうか。
 ことに「ローマの松」の終章、戦地から故郷ローマに向かう古代ローマの大軍勢がアピア街道を行進します。霧のかなたからかすかに現れて、いつしか耳を聾するばかりに目の前を堂々と通り過ぎる軍勢の足音と戦車の轍の響き、具足の触れ合う音、それはレスピーギがある霧の夜に見た幻想でしょうか.....感動しますよ。

4.一気に本格的な作品に触れるという方法。

 といいましてもその幅はとても広いもの。まずは聴きやすいものからというのがいいと思います。シューベルトの「未完成」などはその定番でしょうが、メンデルスゾーンの「イタリア」などはとてもカラフルでお勧め。でも、一番のお勧めといえば、これはもうベートーベンの「田園」でしょう。ストーリー性もあるうえに、メロディーがとてもカラフルですし、ユーモラスな場面もあったりして、とてもあのオッカない表情をした彼の指先の羽ペンから生まれた作品とは思えないほど楽しい作品です。

 大切なことは、こうした大小すべての作品はと言うと、長い時間を費やして磨き上げられ正統とされてきた楽典や作曲法やオーケストレーションが盛り込まれて、みごとに完成の域にあるということ。そして、そうしたものから響き出るなんとも言いようのない「心地よい何か」を肌で「いいなあー.....」と感じられたら、もうそれで立派なクラシックファンということになるのではないでしょうか。とにかく意気込まないで好きなものを気楽に楽しむ......ことに徹してください。

 ついでに書きますと、とても古い映画ですが、ディズニーの作品で「ファンタジア」という作品がありました。DVDで出ていると思いますが、数々の名曲にアニメを組み合わせた映像は、もうそれだけで観る者をクラシックファンにしてしまうほど、出来たらぜひ見て欲しい映画です。

 そして、こうしたいわば理論に基づいてキチンと作られたクラシックの作品の数々、もちろん、聴いても聴いても素晴らしい作品は果てしなくあります。でも、ある日......、ジョージ・ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」の、あのジャズをふんだんに取り入れた12音階や意識的な不協和音に触れると.......、これがまた......、う~む、音楽って広いんですよねえ。大急ぎのご回答ですので、どこか間違いがあったらごめんなさい。

 

 クラシック入門、どこから入る........、このご質問、簡単そうで案外難問だと思いました。といいますのは、どこからでも入れると言ってしまえばそれまでのことだからなんです。あえてお答えするとしたら、方法は幾通りも.......。たとえば.....そうですねえ、具体的に言えば以下のようなことなのかなあ。
 でも、結局はやはり「聴いたことがあると言ったら、有名な曲の有名なフレーズだけだと思います」とお書きの通り、とりわけ印象を持ったものがあれば、もうそれでクラシックがお好きということになるので...続きを読む

Qやっぱり音楽を学びたい☆勉強法教えてください。

社会人5年目です。
親の理解(学費や就職)が得られず、趣味だと割り切って音楽を続けてきました。
しかし、どうしても諦め切れません。

今は某音楽大学の音楽教室でフルートのレッスンを受けていますが、やはり音楽理論を知らないことでつまづいてしまいます。
独学で楽典等勉強はしますが、限界を感じています。
大学を探していますが、夜間・通信の音楽科はないようです。
お勧めの勉強法や学び方がありましたら、教えてください。
可能であれば、仕事に音楽を組み込んでいけたらなと考えています。
もちろん、就職はとても厳しいですが・・。

Aベストアンサー

NO3です。

NO4~5さんとのやり取りを拝見させていただきました。また、私へのご返事もとても、胸に来るものがありました。

「たとえ小さな楽団でも入ることが第一歩で夢」

素敵ですね。こうした本音が聞きたかった。

「現在の仕事を辞めてもやりたいのですが、その後の生活費・資金をどうすればいいのかわかりません。」

私も、同じような経験を経てきました。これは個人的意見ですが、どうしてもやりたいのであれば、私なら借金してもやります。そして、それを後で必ず返すめどまでを考えて行動します。

「両親の協力・理解も難しいです。」
あなたのフルートへの一途な思いとそこへ向かう努力とそして結果を示していけば、きっとわかってくれると思います。
なぜ、こんなことまで言えるか。私も同じようなことを経ているからです。ご両親はちゃんと見ているはずです。あなたがほんとはどこまでやる気があるのかを。

「楽譜やフルートケースを見るだけで涙が溢れて、本当に辛かったです。それでも、またフルートを再開しました。やはり私にはなくてはならない存在なのです。」

これが一番です。ぐっと伝わってきました。あなたの強烈な思いが。
私の同期で、音大4年の時、当時の日本の最高のコンクールで優勝した男性がいます。そして、同じときにフルートで受けて1次で落ちた友もいます。その落ちた彼が言ってました。「優勝した彼は、全く音色が違うんだよな。それに、自分との大きな違いは、とてつもない量の密度の濃い練習・練習・練習、だからなんだろうな」と。
確かに、私が聴いても出てくる音は素晴らしかったです。普段は物静かな人でした。でも演奏では一変したんです。
NO4さんのアドバイスにも、とても貴重な内容がありますね。ここも大事な点です。

最後に。
あなたが納得した人生を歩まれることを切に願います。そして、今後、自分で決めたことをやっていく中で失敗や苦いことがたくさん出てくるでしょう。そんなときは「自分で選んだ道。これでいいんだ」と心に言い聞かせ、辛抱強く、わが道を邁進してください。ここでは互いの情報は知り得ませんので残念ですが、応援していますよ。

NO3です。

NO4~5さんとのやり取りを拝見させていただきました。また、私へのご返事もとても、胸に来るものがありました。

「たとえ小さな楽団でも入ることが第一歩で夢」

素敵ですね。こうした本音が聞きたかった。

「現在の仕事を辞めてもやりたいのですが、その後の生活費・資金をどうすればいいのかわかりません。」

私も、同じような経験を経てきました。これは個人的意見ですが、どうしてもやりたいのであれば、私なら借金してもやります。そして、それを後で必ず返すめどまでを考え...続きを読む

Qクラシック曲の楽曲分析、所謂「アナリーゼ」

楽曲分析というのはどうやったらいいのでしょうか?

僕はクラシックの曲と向き合う時、ソナタ形式ならば、
どこからどこまでが第一主題で何調、第二主題は何調、
ここからが展開部で第一主題、第二主題の動機がこう組み立てられ展開されていて
再現部はここから、コーダはここから、、、

ぐらいは解るんですが、多分これでは不充分なんですよね?
趣味でですがクラシックの作曲を取り組もうと思っています。
趣味とは言え、完成度は出来る限り高いものを目指しています。

いったいどうすれば「楽曲分析」した事になるんでしょうか?

Aベストアンサー

アナリーゼには色んなアプローチの仕方がありますので、「どうすれば分析したことになるか」というのは答えようがありません。
恐らく質問者さまは、まだ専門性の高い理論的な部分の学習が不足していると思います。だから、「どういう方法で分析すべきか」悩むのです。
楽式の基礎的な内容だけ知っていても、作曲はもちろん、アナリーゼにも不足です。
和声学、対位法、楽式論、管弦楽法等々を順番に勉強してください。
これらの理論をマスターすれば、「どういう分析をしたらいいか」というような疑問は自ずと解消されるはずです。

楽式面からのみ見れば質問文にあるような見方でいいでしょうが、他にも和声の扱われ方や対位法で用いられている技術、管弦楽曲であればオーケストレーションの特長等、いろいろな視点があります。
現実には、これらを組み合わせて作曲技法上の創意工夫を見ていきます。
いずれにせよ、将来的に作曲を志すのであれば、アナリーゼはもちろん大事ですが、その前に音楽理論の勉強をすべきです。そもそも、理論的な知識の裏づけがなければ、正確で有意義なアナリーゼは出来ません。


人気Q&Aランキング