本の印税 印刷部数 など



小説などの印税というのは、「売れた数」ではなく、「印刷した数」、作者に入ってくるのですよね?
200万部印刷して100万部売れた小説の場合、100万部分の印税ではなく、200万冊分の印税が入るのですよね?


また通常、100万部売れた小説というのは、どれくらい印刷されているのでしょうか。
一概には言えないと思いますが、「売上の1・5倍くらい」などと、目安を教えてください。
例えば、漫画の「ワンピース」は、初版が約300万部で1週間の売り上げが約200万部なので、
「印刷部数は売上の1・5倍~2倍くらいかな」と勝手に考えているのですが。


小説が映画やアニメになった場合、作者にお金は入らないのでしょうか。
「二次創作では作者に1円も入らない」と聞きますが、
映画化などで原作者にお金が入ることは稀なのでしょうか。
それとも、入らないことも入ることも同じくらいの頻度であることなのでしょうか。


3つ質問しましたが、「1つしか分からない」「自信が無い」などでも結構ですので、回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1について


現在の主流は、印刷した部数による支払う計算です。
刷った本の数で支払われます。
一部の本、または自費出版などでは実売部数で支払われる契約もあります。
ただ、一般的とは言えません。

それと、一概に200万部といっても、一気に200万部刷るケースは、ほぼありません。(ワンピースや村上春樹など、例外だけにニュースになるぐらいですから)
普通の小説であれば、初版1万部前後。売れ行きを見つつ、重版していきます。
ここでポイントになるのが、重版の場合は、初版と同時期にお金が入って来ないということです。重版に対する印税として、初版とは別に入ってきます。
例えば、初版1万部の印税が入ってきた後、重版の3000部の印税が入ってきます。この間隔は、重版になってから2ヶ月~半年程度の開きがあります。
結果的にはいってくるからいいじゃん、と思うかもしれませんが、それで生計をたてている人には、なかなか切迫した問題だったりします。


2について
実売部数というのは、実は非常に計算が出しづらいものです。
今はコンピュータ化されているので、流通から出版社に情報は入っているようです。ただ、これが通常公開されることはありません。
オリコンが推定数字を出していますが、あれも正確だとは言い切れません。
ただ、上に書いた通り、基本的には出版社は重版をかさねることで、部数を増やしていきます。なので、在庫は限りなく少なくなるように刷ります。常に本屋さんに置いてもらえるワンピースなどでは、多めに刷っても問題ありませんが、その他の本の多くは、一定期間本屋さんに置かれたあとは、出版社に返本されます。この管理費(倉庫費など)が、出版社の財政を圧迫するため、1、1倍程度で刷るのがベストです。
(ただし、本屋さんに常に置いてもらえる本や、シリーズ本などは別になります)


3について
もちろん、お金は入ります。
ただ、大したお金ではない、ということはよく聞きます。
長期アニメ化などになれば、結構な額にはなると思いますが、レアケースです。
マンガであれば、キャラクターグッズなどでも入ります。
ただ全体としては、本が売れたほうがお金になるようです。
また、出版社と契約していない(または絶版などで切れている)場合、作者の一存で決めることも可能です。
極端な話、1000円で映画化をOKしてもいいわけです。
映画の業界も、大きなバッグがついていない限り、お金がないですから。制作費が一千万を切るような映画も多いです。

余談ですが、二次創作で1円も入らないものもあります。
ついこの間あったばかりの、コミケに代表される同人誌です。
あれも、キャラクターを使用しているので、二次創作にはあたりますが、もちろん作者には1円もいきません。
ほぼ黙認なので、それはそれとして、受け入れている作者の方の方が、多いとは思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/26 23:23

3はよく分からないので1と2に回答します。



1
他の回答にもありますが、出版社次第です。
以前はほぼ全て、質問の通りの印刷部数で計算する「発行印税」という形式でしたが、最近の出版不況により、中小の出版社では実売部数で計算する「売上印税」とするところも徐々に増えてきました。当然、出版社にとっては売上印税の方が有利ですが、実売部数を出版社が誤魔化す可能性や、また出版社自身が実売部数を表に出したくないなど、なかなか簡単に移行できないようです。

2
書籍全体の返本率は大体40%弱で推移しています。よく出版社の広告で「100万部突破」とありますが、出版社から発表される数字は全て印刷部数なので、つまりそのうちの4割弱、つまり40万ぐらいは売れずに返本されるということです。
その他、返本されずに棚に常備されることなども含めると、印刷部数の6割ぐらいが実売部数になるんじゃないでしょうか。
2004~2005辺りで電撃文庫で返本率が23%、スニーカー文庫で20%台という数字が出たこともあるので、出版社、タイトルによって大きく異なることがあることはご注意ください。
参考URLは過去の書籍返品率になります。

参考URL:http://www.1book.co.jp/000736.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/26 23:22

1 について



契約によります。
作者が印刷部数の具体数について契約に盛り込む意向の場合は、実売部数で結ぶ場合もあります。
ほとんどのケースが印刷部数なのは著作権団体の雛形が印刷部数だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/26 23:23

>3


 ・映画化の場合は、原作使用料が作者に入る(100万から500万・・人気作で1000万もあった模様)
 ・DVD化の場合は、2次使用料が作者に入ります
  (上記は一時金で、映画の興行収入、DVD等の売れ行き等は考慮されません)
 ・TV放送された場合(映画等)、放映原作料が作者に入ります
参考:けいおん、の場合、単行本、CD、DVD、BD、グッズ等からの印税、著作権収入で、最終的に2億位になると言われています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/26 23:24

回答者さんがきちんと答えてくださっているので、蛇足ながら付け加えますと。



1と2に関して。

200万部印刷して、100万部しか売れなくても、作者の手許には印税として200万部分のお金が渡ります。
これは、印税を「印刷部数×税抜き定価×印税率××%」で計算する契約だからです。

書籍の値段は、印刷、製本代、流通にかかるコスト、宣伝費、印税などの必要コスト、それに「出版社の儲け」です。
「出版社の儲け」以外の部分は、出版する前に契約し決められた金額が支払われます(売れようが売れまいが、契約で決めた金額が支払われる)。
つまり、印刷した部数すべてを売り切って初めて、最初に思い描いていた「出版社の儲け」が出てくるわけです。

ですから、出版社としては、「100万部くらいしか売れないだろう」と予測できるものを200万部印刷することはありません。

固定客(というか絶対買うであろうファン)の数は、雑誌連載時の反応や、前に出版した本などからだいたい推測できますから、完全に売り切ると見込める部数を印刷します。

売れた部数の1.5倍というのは、数が多すぎると思います。
100万部売れたとして、1.5倍だと50万部余ることになりますから。
『ワンピース』のように、じわじわといくらでも売れていく(現時点で)ものであればそのくらい印刷しているかもしれませんが、大多数のものは発売日から一定期間を過ぎれば、よっぽどのことがない限り(ドラマ化されるとか、マスコミで取り上げられるとか)、売れなくなってしまいます。

売り切れる数を正確に予想して印刷し、さらに一定期間の売れ具合を見て、売れ行きがよければ増刷を決定するというのが妥当な線でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/26 23:22

1 その通りです。

発行部数で印税額を計算します。

2 わかりません。実際に売れた冊数を正確にはかるのは難しいと思います。

3 原作料として作者にもお金が入ります。しかし一回こっきりの事で、その映画がどれだけヒットしてもさらにギャラが発生することはありません。
映画の興行収益には関係ないので「1円も入らない」という表現になるのでしょう。
作家にとってはとりたてておいしい事でもないですが、映画がヒットすれば原作本が売れるという大きなメリットがあります。

それにしても漫画と違って小説で200万部300万部を売り上げるというのは驚異的なヒットです。
過去にもそう多くはありません。
10万部でベストセラーと呼ばれますし、多くの小説は1万部すら発行されてません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作物(ビジネス本など)の印税に消費税は外税でつけて支払われるのでしょうか?

著作物(ビジネス本など)の印税に消費税は外税でつけて支払われるのでしょうか?

出版社から著者へ支払われる印税には書物本体価格の何%という形で計算されて印税が決まると思いますが、消費税は別途加算されて支払われるのでしょうか?

例)1,000円本体価格 消費税50円 販売価格が1050円の本のとき、10%の印税が著者に支払われるという場合。
100円あるいは105円、どちらが印税として支払われるのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 出版契約書における印税の計算は、通常は本体価格に対する%です。消費税とは無関係です。

 したがって、お話の場合ですと100円ということになります。

Qブックオフ等の本買取店に小説などを売る行為の是非

【質問】
ブックオフ等の本買取店に小説などを売る行為は、「良いことをした」つもりが、実は「自分の首をしめている」面もあるのではないでしょうか。

【補足】
「もったいない」「再利用」という観点からは、捨てるくらいならリサイクルによってもう一度、新たな読者に買って読んでもらうことはとても意義があると思います。

しかし、新しい本が売れることによる印税等で小説家や、出版社を支えている仕組みが、中古本があふれることによってダメージを受けてしまいます。(新しい本が売れなくなる)
お金が全てではないでしょうが、ある程度お金が入ることによって小説家や出版社を支え、優れた作品を生み出しているとも言えます。

*「そもそもたいした額じゃない」や、「どっちでもよい」といった質問主旨からずれた回答はご遠慮ください。

Aベストアンサー

そうなんですよねー。
このサイトで「おすすめの本、教えてください」といった質問に大好きな作家の本を答えて、「ありがとうございます、早速図書館で借りてきます!」とお礼を書かれるとかなりガッカリしてしまいます。

私もgenki2999さんと同じ考えからずっとブックオフ等は利用しませんでした。
でも、ついに去年の大地震の後始末で大量にブックオフに本を出してしまいました。
本棚が倒れたり中身が雪崩を起こしたりで「本を減らさなければ次の地震で死ぬな…」と思ったので。
市のリサイクル回収に出そうと思ったのですが清掃局が震災で麻痺してたのと、量が多く月2回の回収では1年はかかりそうだったので、今回だけと決意しました。

でも段ボールに詰めながら、後ろめたい思いで複雑でしたねー。

私はブックオフに本を売っておいていうのも何ですが「もう手に入らないもの以外、本は本屋さんで買って読もうよ、作家さんを支えようよ」派です。

Q小説家 貰える金額 計算式

とある小説家さんが本を出版したとして
本の値段が500円、累計の部数が100000冊、印税が6%だった場合、


(本価格)×(累計部数)×(印税6%)=貰える額
500×100000×0.06=3000000

この計算式で合ってますか?
もし、なにか勘違いしているところ、間違ってるところがあれは教えてください。

Aベストアンサー

その計算式で問題ありません。

部数については発行数ではなく、実売数が良く使われています。
また、実売部数が増えることで7%→8%と上がっていく契約もあります。

参考になれば幸いです。

http://homepage2.nifty.com/osiete/s653.htm

Q執着を捨てたいんですけど、何かそれに関する小説、本など

執着を捨てたいんですけど、何かそれに関する小説、本など
ありましたら教えてください。
具体的にはいつまでも忘れられない人への執着を断ち切るとか
自分の生き方の執着を捨てるとか・・・・です

Aベストアンサー

私もNo.2の回答者さまと同じ意見です。

人生を変える一番シンプルな方法?世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド

をおすすめします。

色々な自己啓発本、潜在意識関連、スピリチュアル本などを
読み進めていくうちに、今、この本に辿り着きました。

読み始めたばかりなのですが、
正直最初はえっ??て感じの印象を受けましたが、
実践してみると、効果があるのが少しずつ実感できます。
なんとも不思議な感覚です。

セドナメソッドという方法なのですが、
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4072584258/ref=oss_product

参考までに
セドナメソッドの創始者のレスター氏のお話、
レスターの物語
http://f33.aaa.livedoor.jp/~mindtech/index.php?%27%27%A5%E1%A5%BD%A5%C3%A5%C9%C8%AF%B8%AB%A4%CB%BB%EA%A4%EB%BC%AB%B8%CA%C3%B5%B5%E1%A4%CE%CE%B9%27%27

あと
感情を手放す方法
で検索して、私には効果があった方法だったので、
こちらのアドレスも貼っておきます。
http://members.jcom.home.ne.jp/dawn-watcher/Healing/healing2.html

ええ~、これで感情を手放せるの??と思いつつも
実践してみたら、
フッと軽くなって、驚いて思わず『あれ?』と
ひとりで声を出してしまいました。

私も根強い執着があります。繰り返し繰り返し
その執着、感情を手放せるよう実践していくつもりです。

私もNo.2の回答者さまと同じ意見です。

人生を変える一番シンプルな方法?世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド

をおすすめします。

色々な自己啓発本、潜在意識関連、スピリチュアル本などを
読み進めていくうちに、今、この本に辿り着きました。

読み始めたばかりなのですが、
正直最初はえっ??て感じの印象を受けましたが、
実践してみると、効果があるのが少しずつ実感できます。
なんとも不思議な感覚です。

セドナメソッドという方法なのですが、
http://www.amazon.co.jp/gp/product/40725842...続きを読む

Q編曲者の印税について

昔は編曲者には印税が入らないと聞いていましたが、
いま、ネット検索しますと、
音楽出版社によっては、契約で編曲者にも印税が入る場合があるとか、
ここOKWAVEの回答欄でも
>昔はアレンジャーつまり編曲家には印税が無かった
>のですが森岡先生が編曲家印税の主張をしてから
>認められ、編曲家印税が認められるようになりました。
とありました。

現在は、編曲者には作曲者と同じように必ず印税がはいるのでしょうか?
それとも、音楽出版社により、印税が入る場合と入らない場合があるのでしょうか?
お詳しい方がいらしゃいましたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一例になりますが、JASRAC(日本音楽著作権協会)の
「著作物使用料分配規定」
には、編曲者を含む音楽家に対する分配率規定が明示されていますので、希望すれば、作曲・作詞家と同様に印税を受け取ることができます。
http://www.jasrac.or.jp/profile/covenant/pdf/2.pdf
この表の、4ページには演奏の
20ページには出版に対する編曲者への分配規定が明示されています。
ただ、編曲にせよ作曲にせよ、出版社との話し合いでの契約に基づくものですから、編曲料の一括払いで、印税契約は無しという選択もあります。
例えば、1曲あたり編曲料を3万円、曲集1冊で30万円を受け取って、著作権自体を楽譜の出版社に譲り渡すという契約形態です。ベストセラーになっても、指をくわえて見ている外はありませんが、そのときの自分の選択なので仕方がありません。逆に、サッパリ売れないときもあります。印税契約だと1円のおカネも入ってきません。どちらの契約を選ぶべきか、吉と出るか凶と出るかは世に出してみないと分かりません。

Q日本の暮らしについて書かれている本を探しています。 昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本

日本の暮らしについて書かれている本を探しています。
昔の日本の衣食住、行事などを歴史的に書いている本ではなく、現代の田舎等にスポットに当てた本はありますでしょうか。
なるべく家庭的な和食で、工芸品なども書かれていて…読みやすく写真が多い本がいいです。

Aベストアンサー

現代の農村・山村・漁村などについては、中川重年監修『日本の里山日本の里海』(全6巻)↓がくわしいようです。
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061143/

時代は少し古いですが、芳賀日出男『日本の民俗 祭りと芸能』/『暮らしと生業』↓も、写真が豊富です。
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655165/
http://www.honyaclub.com/shop/g/g16655166/

Q出版本の印税について

細木数子さんの、話題の占いの本が450万部
売れたそうです。
たしか500円位だったと思いますが・・。

500円×450万=22億5000万円の売り上げ
になりますね。

ところで、細木さんの手元には幾ら入るのでしょうか?
印税って売り上げの何%くらい貰えるのでしょうか?

暇にまかせて他人さまの懐具合を計算してみたくなりました。

Aベストアンサー

本当に450万部も売れたんでしょうか?
出版物は再販売価格維持制度という制度で
守られているので、返品が可能です。

つまり出版社は問屋さんに出荷した時点で
販売とみなし、売上げ計上できますがそれは
返品される可能性のあるものです。

また、出版界には公称部数という訳の分からない
外部公表用の部数があり、特に雑誌の部数は
曖昧に扱われてきました。今回は雑誌じゃないので
何とも言えませんが、出版社が「こんなに売れて
まっせ」という宣伝の一環のような気がしなくも
ないです・・・

それでも細木さんにはけっこうな額の印税が
ころがり込んでいるのは間違いないでしょう。

Q売れている本探し

海外にいるので本屋に足を運べないため,特定ジャンル(料理本,英語学書など)で売れている本をネット上で探したいのですが可能でしょうか。
オンライン書店では,ベストセラーなるものがあるのですが,オンライン書店以外の店売もみんな含めて,日本国内で売れている本を,ネットで検索する方法がもしあれば是非教えてください。
週間でも月刊でも昨年1年間でも構いません。
ちなみに何部売れているかまではわからないですよね…。

Aベストアンサー

どぞー。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%9C%AC%E3%80%80%E5%A3%B2%E3%82%8A%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%80%80%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
http://books.yahoo.co.jp/ranking
http://www.tsutaya.co.jp/girls/ranking/071011.zhtml
http://okwave.jp/qa2484082.html
http://astore.amazon.co.jp/eigokenteitaisaku-22/detail/4478980470

検索キーワードに、自分の知りたいジャンルを追加すればOKです。

Qバイトの印税について・・・

バイトなどで100万円こすといくらか印税払わないといけないと聞いたんですが、
正確には何万円こすと印税とられますか??

また、とられたとしたらいくらくらいですか??

※印税であってなかったらすいません(^^;)

Aベストアンサー

アハハハ、自信なげですのでご説明しますが、印税というのは「出版物やレコード(楽曲)など著作物の著作者に対し、著作物の売り上げに応じて出版社やレコード会社など(版元)が著作者に対して支払う対価」のことを指します。
何か出版などに関わる倍と問うことでもないでしょうし、例えそうであっても印税はあなたを雇う著作者が受け取るもので、バイトには関係ありませんね?

ご質問は、バイトで受け取る給与にかかる「所得税」のことですね?
ご存知でしょうが、私たち日本国民は勤労の義務と納税の義務を負って生活しています。
働く以上はそれによって得る所得に応じて一定額の税金を納めねばなりません。

この所得税の納税額を決める計算方法をご理解いただかねばなりません。

全部事細かに説明するのも良いのですが、せっかくの機会です。
税金について勉強いただく良い機会かと思いますので、以下のサイトを眺めてみてください。
わかりやすく説明があります。

サイトの中段にありますが、結論は

「103万円」は、アルバイトの収入が合計103万円を超えたら、親の扶養家族からはずれますよ!!という額。

「130万円」は、扶養家族からはずれるばかりか、税金もしっかりとられまっせ!!という額です。

ということです。

アハハハ、自信なげですのでご説明しますが、印税というのは「出版物やレコード(楽曲)など著作物の著作者に対し、著作物の売り上げに応じて出版社やレコード会社など(版元)が著作者に対して支払う対価」のことを指します。
何か出版などに関わる倍と問うことでもないでしょうし、例えそうであっても印税はあなたを雇う著作者が受け取るもので、バイトには関係ありませんね?

ご質問は、バイトで受け取る給与にかかる「所得税」のことですね?
ご存知でしょうが、私たち日本国民は勤労の義務と納税の義務を負...続きを読む

Q最近売れてる本でおすすめ教えて下さい

「売れてる本」に興味津々です。
過去1年位の発売で「売れてる本」の中でも
これはお勧め!な本ありましたらご紹介願います。
ジャンルは問いません。
(感想付きですと特に嬉しいです)

基本的に何でも読む人間なのですが、
ノンフィクションに片寄りがちです。
最近は必要以上に本を読んでいなくて、
世間の流れから遅れを感じております。
こんな私ですが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

江国香織さんの 「冷静と情熱の間 rosso」
辻 仁成さんの 「冷静と情熱の間 blue」
テリー・ケイさんの「白い犬とワルツを」
この3冊が オススメです。

上 2冊は1つの恋愛を女性側、男性側から書いている大変 珍しいものです。
私は rosso →bluで読むのがいいと思います。

白い犬~は妻に先立たれた老人が犬と寄り添って生きるが 他の人には なかなか姿をみせず・・・という感じの話で 感動です。まさに 大人の為の 絵本的な存在だと思います。


人気Q&Aランキング