出産前後の痔にはご注意!

来年2月完成予定の自宅の一室に整体サロン部屋を設けます。玄関は別で看板もつける予定です。税金面や今から準備しておく事について具体的なアドバイスを頂けますでしょうか?

現在私はサラリーマンの夫の扶養に入っており、自宅完成を機に整体の仕事に専念したいと考えてます(現在は扶養内でコンビニ勤務)。隠れ家的サロンではなく、開業届けも出し、看板も出して利益が出たら申告したいと思いますが、建設地は夫の実家のそばで私には未知の土地の為、今住んでいるアパートから引越して、まさにゼロからのスタートです。周りに個人事業主が皆無で全く知識がありません。そこで以下の件について質問です。

(1)開業届けを出したら申告はどのようにしたら良いのでしょうか?結婚前はOLで確定申告も自分でした事がありません。また夫の扶養にはそのまま入れるのでしょうか?最初は利益もほとんど出ない場合でも開業届けを出したほうがいいのでしょうか?事業を始めて1ヶ月以内との事ですが曖昧です。利益を見込めるようになってから出したほうが得策でしょうか?

(2)自宅の一室を使用しますが世帯主と自宅の名義は夫です。電気代、光熱費、電話代などは自宅分と一緒に夫の銀行口座から引き落としになってしまうと思うのですがサロン使用分として申告した場合経費として認められるのなら具体的にどのように按分するのでしょうか?

(3)利益が出て白色?もしくは青色?申告した場合、幾らから夫の扶養は外れることになるのでしょうか?その場合は自営業として国民年金になるのでしょうか?

(4)仕事に必要な什器、備品関係のものはとりあえず全て領収書をもらっておこうと思いますが将来出張の事も考えて中古のミニバンを購入しようと考えていますが、この車も領収書をもらえば経費にできるのですか?実際出張した場合のガソリン代や高速代もでしょうか?

以上、全くの素人で税金面の知識がさっぱりわかりません。本屋等で勉強の為の本を見ているのですがなかなか買うにいたる参考な本がみつかりませんでした。勉強するとして今から準備しておくことと、参考になる本などがあれば教えてください。

なお余談ですが、
女性専用サロンで駅から遠く、住宅街にあるため、集客や利益面で時間がかかる事は織り込み済ですが主婦の片手間にやるのではなく、真剣に仕事として取り組む所存です。

今回は扶養・税金・準備面についてのみの具体的なアドバイスをお願いします。経験者や現在私と似たような境遇で自宅サロンを開かれている方からアドバイス頂けたらとても嬉しいです。

A 回答 (2件)

私も整体師です。



単純にすべて税務署に聞きに行けば良いですよ。

私はすべて税務署に行って開業時の申請の方法から確定申告の方法まで聞いてそのとうりにやってます。

私は青色申告です。

私は1年目で毎月100万円ほど売り上げていました。

本気でやるなら中途半端に脱税する事は考えないほうが良いです。

車に関しても税務署に聞くのが1番早いです。
買う場合とレンタルでも違いますよ。

私の経験上こんな話よりも売り上げをいかに上げるかの方法を知っているのかが気になります。

世の中の整体は整体はできても患者さんを増やす方法を知らないので。

いかに宣伝するかが大事です。

私の仲間で26才で毎月160万売り上げている女の子がいました。

努力しだいでこの位はいけますよ。

ただ世の中の税務署の調べでは売り上げ平均40万位らしいです。

値段の付け方を安くするとまず失敗します。

本気でやるなら地元で1番値段を高くしましょう。

私は30分4900円です。360分コースもあります。

30分3000円以下でやると厳しいですよ。
    • good
    • 0

>(1)開業届けを出したら申告はどのようにしたら良いのでしょうか…



再来年の 2/16~3/15に、白色なら『収支内訳書』、青色なら『青色申告決算書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …
を作成して、『確定申告書 B』とともに提出。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>また夫の扶養にはそのまま入れるのでしょうか…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

1. 税法の話なら、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

2. 社保や 3. 給与 (家族手当) については、税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
細かい部分はそれぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことは夫の会社にお問い合わせください。

>最初は利益もほとんど出ない場合でも開業届けを出したほうがいいのでしょうか…

開業届に利益の有無は関係ありません。
決められていることは守るのが、節税の第一歩です。

開業届とともに「青色申告承認願」も出し、青色申告に挑戦しましょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

>サロン使用分として申告した場合経費として認められるのなら具体的にどのように按分…

床面積比など合理的な方法で按分。
その上で、家族が支払う場合の仕訳は「事業主借」。

>(3)利益が出て白色?もしくは青色?申告した場合、幾らから夫の扶養は外れることになるのでしょうか…

前述。

>(4)仕事に必要な什器、備品関係のものはとりあえず全て領収書をもらっておこうと…

基本的な考え方として間違ってはいませんが、金額だけの領収証ではだめですよ。
何をいくつ買ったのか明細が書いてなかったら、一緒に納品書や請求書が必要です。

>中古のミニバンを購入しようと考えていますが…
>実際出張した場合のガソリン代や高速代もでしょうか…

その車を家事にも乗るなら走行キロ数などで按分。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm
しかも、原則 10万円を超える買い物は減価償却資産であり、取得年に一括して経費になるわけではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

------------------------------------

あと、経理に自身があるなら

>来年2月完成予定の自宅の一室に整体サロン部屋を設けます…

消費税の「課税事業者選択届」を出しておくと、建築費にかかる消費税の一部が還付されることがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6501.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自宅サロンオープンについて質問です。

自宅サロンオープンについて質問です。

自宅の一室を使って、アロマテラピーのサロンをオープンしたいと考えています。
本などでも調べているのですが、いまいち分からないので、お教え願います。

大々的な広告などせず、友人、その友人・・・という様に広げて行きたいと考えています。
ビラやHPは作りました。
この場合、当然お金の動きが発生すると思うのですが、所得税など払わなくてよいのかと疑問です。
知り合いの詳しい人に聞いたら、
「そんな趣味程度のレベル、それは”収入”じゃなくて、ただ、個人の財布から個人の財布にお金が動いているだけ。領収書など出さなければ、お金の動きがあったことも分からないし、数万円程度の売り上げで税金なんか気にしなくて良い。そもそも税務署がそんな小さなお金のために動かない。」と言われました。
確かにそうですが・・・

では「極端な話し、月に30万や50万稼ぐようになっても?」と聞くと、
「そうだ。」と。

会社として届け出をせず、あくまで「趣味のレベルです」と言っていれば、
いくら稼いでも良いということになって、おかしい気がするのですが・・・。
所得隠ぺいみたいな事にならないのでしょうか?

また、会社として届け出を出すには、規模や収益などが決まっているのでしょうか・・?


自宅サロンを開いている方、確定申告はどのようにされているのでしょうか?
私の知人が言った様に、入ってくるお金は、収入ではなく謝礼金の様なものとして、全てポケットマネーになるのですか?


サロンをオープンしたいと言うのに無知な質問で恥ずかしいのですが、これまでずっと会社勤めだったためよく分かりません。
よろしくお願いします!

自宅サロンオープンについて質問です。

自宅の一室を使って、アロマテラピーのサロンをオープンしたいと考えています。
本などでも調べているのですが、いまいち分からないので、お教え願います。

大々的な広告などせず、友人、その友人・・・という様に広げて行きたいと考えています。
ビラやHPは作りました。
この場合、当然お金の動きが発生すると思うのですが、所得税など払わなくてよいのかと疑問です。
知り合いの詳しい人に聞いたら、
「そんな趣味程度のレベル、それは”収入”じゃなくて、ただ、個人の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!記帳代行のKSKです。

オープンおめでとうございます!

さて、ご質問の件は他の回答者様の言うように、お知り合いの方の間違いです。

きっと、知人の方は申告などせず、闇でおやりなさいと言いたいのでしょう。

確かに闇で事業をしている方は沢山います。私の周りにもいます。(いちゃまずいですが・・・)

もし、質問者様が知人のアドバイスの通り闇で事業を営んで、税務調査が入ってしまったときのリスクを負うというのであれば、それもいいでしょう。

リスクはこんな感じです。

1 まず、白色申告として認定されます

2 収入を概算計上されます

3 経費を概算計上されます

4 税額が5年分まとめてきます(5年以上事業をしていれば)

5 もちろん延滞税や加算税もついてきます

※私の経験上最も乱暴な処理をされた事例は「収入=所得」とされたことです。

月商が10万とか20万でも業種的には、利益率は高い事業ですよね。

税額もそれなりに大きくなると思います。

上記のようなリスクを許容できないのであれば、きちんと税務署に開業届けを提出することをお勧めします。

参考になれば幸いです。

こんにちは!記帳代行のKSKです。

オープンおめでとうございます!

さて、ご質問の件は他の回答者様の言うように、お知り合いの方の間違いです。

きっと、知人の方は申告などせず、闇でおやりなさいと言いたいのでしょう。

確かに闇で事業をしている方は沢山います。私の周りにもいます。(いちゃまずいですが・・・)

もし、質問者様が知人のアドバイスの通り闇で事業を営んで、税務調査が入ってしまったときのリスクを負うというのであれば、それもいいでしょう。

リスクはこんな感じです。

1 まず、白...続きを読む

Q自宅マンションの1室を美容所登録されている方

まつ毛エクステのサロンを開くため、自宅マンションの1室を美容所登録したいと考えています。
美容所登録の条件として、登録区画内に流水設備が必要です。
リフォーム会社に見積もりを依頼したところ、給水は問題ないが、排水が難しく、
廊下を10センチ上げて浴室までのルートを取る必要があると言われてしまいました。
この方法は厳しいので、他の方法がないか探しています。

そこで、自宅マンションの1室を美容所登録したことがある方がいらっしゃいましたら、
どのように流水設備をクリアしたか、教えていただきたいと思います。


●詳細
・美容師免除保持。
・すでにアイリストとして活動しています。
・会社員で、夕方以降と休みの日しか活動しないため、他のテナントや賃貸を借りる予定はありません。
・保健所より、流水設備に、タンクを利用することは不可と確認
・洗面所を美容所登録区画にはできません(生活区間として利用しているため)
・他の条件はクリアしています
・美容所登録は市町村により規定が若干異なる旨理解しています。
・マンションの管理規定もクリアしています


すごく調べ、ほぼ無理なのだろうと諦める・・までに至っていますが、藁をもすがる思いで、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

カテゴリはライフにします。

まつ毛エクステのサロンを開くため、自宅マンションの1室を美容所登録したいと考えています。
美容所登録の条件として、登録区画内に流水設備が必要です。
リフォーム会社に見積もりを依頼したところ、給水は問題ないが、排水が難しく、
廊下を10センチ上げて浴室までのルートを取る必要があると言われてしまいました。
この方法は厳しいので、他の方法がないか探しています。

そこで、自宅マンションの1室を美容所登録したことがある方がいらっしゃいましたら、
どのように流水設備をクリアしたか、教えていただ...続きを読む

Aベストアンサー

《マンションの管理規定》ではなく、「管理規約」とそれに付帯する「使用細則」を熟読すれば、その種の工事が不可能だということが分かる。

管理規定をクリアしていると言うが、そもそも、専有部の内装工事を実施するには、管理組合理事会(理事長)に「工事申請書」(設計図や工事日程表など添付)に加えて、上下左右の部屋の居住者から「工事同意書」を貰い、それらを提出しないといけない。そういう書類提出を受けて、理事会で審議し、で、問題が無ければ、理事会承認となり、それで、初めて、専有部の工事が実施できる。

そういうことが、国交省の標準「管理規約」に記されている。国交省の示す標準をモデルにして、たいていのマンション「規約」は出来ているので、こういうことは、全国一律だと思う。で、躯体全体に影響を及ぼす可能性がある給排水管工事は、まともな理事会ならば承認しない。

皆が皆、給排水管を勝手にいじりだしたら、何時、水漏れが起こるか分からなくなる。少なくても、水漏れの可能性が増す。そして、なにより、不特定多数のお客がマンションに出入りすることで、防犯上の問題も生ずる。挨拶もちゃんと出来ない、見ず知らずの人々が、しょっちゅうマンション内に出入りするということでは、マンションの資産価値も大幅に下がり、一気に、マンションのスラム化が始まる。

店舗としての専有部でない限り、ちょっと、営業は難しい。店舗とか、事務所としての専有部であっても、他の居住者に迷惑を掛けてはいけないという項目もあるので、なかなか「規約」をクリアするのは難しい。勝手に工事をやれば、当事者の負担で「原状復帰(工事)」を理事会から求められる。それに従わなければ、最悪、「共同生活に適さぬ人」として、裁判所に提訴(理事長が原告)されて、「強制退去処分」を受けることになる。

でも、まあ、あるいは、可能かもしれないという疑い(かすかな望み)があるのなら、管理組合の理事長に問い合わせましょう。何も答えられないという丸投げ理事長なら、管理員とか、管理会社(フロントマン)に聞いてみましょう。

《マンションの管理規定》ではなく、「管理規約」とそれに付帯する「使用細則」を熟読すれば、その種の工事が不可能だということが分かる。

管理規定をクリアしていると言うが、そもそも、専有部の内装工事を実施するには、管理組合理事会(理事長)に「工事申請書」(設計図や工事日程表など添付)に加えて、上下左右の部屋の居住者から「工事同意書」を貰い、それらを提出しないといけない。そういう書類提出を受けて、理事会で審議し、で、問題が無ければ、理事会承認となり、それで、初めて、専有部の工事が実施...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報