アメリカン・ドリームという言葉をよく耳にしますが、
一体何のことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

映画の「ロッキー」なんかが、その象徴みたいに言われてますね。


脚本自体もアメリカンドリームなんですが、映画を作った話もまさにアメリカンドリームで、無名の俳優だったシルベスタ・スタローン(アメリカのエリートであるWASP(白人・アングロサクソン系人種・プロテスタント信者を兼ね備えた人々)ではなく、彼はラテン系の移民の子孫です)が、極めて低予算(ロー・バジェット・ムービーと言われます)と少ないスタッフで撮ったセットも少ないロケもちょっと、無名の俳優ばっかりの映画が、いつのまにやら世界的ヒットになって、スタローンがビッグネーム入りする過程は、まさにアメリカンドリームを体現しているといったら言いすぎでしょうか?
    • good
    • 2

一般的には、身分や学歴に関係なく、平等にチャンスがあって、お金持ちになったり、大統領になったりできる自由・民主主義のことを言いますが、



現代的には、皆平等にベンチャーが起こせ、ベンチャーキャピタルが利用でき、しがらみなく、失敗者にもふたたび平等なチャンスが与えられ、実力さえ有ればお金持ちになって、快適な生活が暮らせることを言います。フロンティア精神がそれを支えます。そのメッカがシリコンバレーというわけです。
    • good
    • 1

チャンス(機会)は誰にでも平等にあるってことだと思います。


それを利用して富を築く事などを一般的にアメリカンドリームって呼ぶのでは?
    • good
    • 3

簡単に家柄とか、身分とかに関係なく、個人の能力と才覚によって富を得ることと思います。



自由の国、自由競争の国だから可能と言うことで、アメリカンと言うところを強調しているのかもしれません。
チャンスは誰にでも有ると言うこと
(まあ、確かに、ガレージショップから億万長者になった人は多い)
無一文から億万長者になる可能性を秘めた夢が込められていると思います。
    • good
    • 0

一応辞書にもでてますね(参照URL)



私の認識では、こつこつと努力して一代で富を築くってのが
アメリカンドリームだと思ってました。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 0

アメリカンドリーム



【American dream】
民主主義・自由・平等といった,アメリカ建国以来の理想。また,その理想を体現するアメリカの文化・社会。転じて,経済的成功による富の獲得をいう。

gooデイリー新語辞典。最近は、転じての方が多そう。ビル・ゲイツとか…
    • good
    • 0

夢の意味は………?


日本:はかない、頼みがたいもの、叶わぬもの。
米国:(現実的に)叶えるもの。(目標の意ですかね?)

アメリカン・ドリームとは「絶対に叶えてみせる、でっかい目標(夢)!」かな?

以上、私的考えでした♪
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由の国アメリカ?

アメリカは自由の国と呼ばれていますが何が自由なのか全くわかりません!どなたか詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 そもそもの由来は「 王政からの自由 」です。古来、ヨーロッパ諸国は
王族が最高権力者であり、さまざまな形で圧政が行なわれてきました。
そこで、絶対権力者のいない国を理想に建国したのが米国というわけです。

 ですから米国の独立戦争は、英国の王国軍を相手に戦いました。当時の
米国には愛国派=ペイトリオッツと、国王派=ロイヤリスツがいました。
日本流に言えば、開国派と尊皇攘夷派というところですね。

 リンカーンの有名な演説「 人民の人民による人民のための政治 」というのも、
of the people = 政治家は人民のなかから選ばれる : 特権階級の否定
by the people = 政治家は人民によって選ばれる : 公正な選挙
for the people = 政治家は人民のために政治を行なう : 国民主権
を意味しており、要するに王政の否定を表わしています。

 ちなみに世界中の国家のなかで、もっとも長期にわたって同じ政治形態を
維持しているのが、意外にも歴史の短い米国なんですね。江戸時代に米国を
訪れた武士は、「 亜米利加では国の長を入れ札で決める 」ことに驚いて書き
残していますが、国家元首を選挙で決めることを18世紀から実践していたと
いう事実は、評価されてしかるべきだと思います。当時では、思いも寄らぬ
新機軸だったわけですから。

 そもそもの由来は「 王政からの自由 」です。古来、ヨーロッパ諸国は
王族が最高権力者であり、さまざまな形で圧政が行なわれてきました。
そこで、絶対権力者のいない国を理想に建国したのが米国というわけです。

 ですから米国の独立戦争は、英国の王国軍を相手に戦いました。当時の
米国には愛国派=ペイトリオッツと、国王派=ロイヤリスツがいました。
日本流に言えば、開国派と尊皇攘夷派というところですね。

 リンカーンの有名な演説「 人民の人民による人民のための政治 」というのも、
o...続きを読む


人気Q&Aランキング