六輝のなかに「先負」と「先勝」がありますが、
みんないろんな読み方をしているようです。
正しい読み方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お約束で、「広辞苑第五版」では、





せん‐ぶ【先負】
暦注の六輝の一。この日平静を守って吉、午前は凶、午後は吉という。陰陽道おんようどうで公事または急用に忌むという日。先負日。せんまけ。

せん‐まけ【先負】(→)「せんぶ(先負)」に同じ。




せん‐しょう【先勝】
数回にわたる試合で、先に勝つこと。
暦注の六輝の一。この日、午前は吉、午後は凶、急いで吉という。先勝日。せんかち。

せん‐かち【先勝】(→)せんしょう





しゃっ‐こう【赤口】
暦注の六輝の一。大凶の日。午うまの刻のみ吉という。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

意味まで教えてくださりありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 10:36

平凡社『世界大百科事典』の「六曜」の項でも確認しましたが,


  先勝:せんしょう,せんかち
  先負:せんぶ,せんまけ
という読み方がなされるようです。私は子供の頃に「さきがち,さきまけ」と覚えていて,今でもどうしてもまずその読みが口をついてしまいます。三つ子の魂なんとやらですね。

あと「赤口」も「しゃっく,しゃっこう」の2とおりに読まれます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私も「さきがち、さきまけ」で覚えてました(笑)

お礼日時:2001/04/11 10:38

先勝:せんしょう


先負:せんぶ(せんまけ)と読みます。先負日(せんぶにち)の略です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/04/11 10:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「法楽」の正しい読み方を教えてください。

過日、ある文章中の「目の法楽」という言葉を「めのほうらく」と読んだところ、「『法楽』は仏教の言葉なので、『ホウライ』と読む」と指摘されました。
その後、仏教用語辞典等でいろいろ調べたのですが、「ホイライ」は「蓬莱」でしかありませんし、「法楽」は「ほうらく」としかありません。
仏教(用語)にお詳しい方、「法楽」の正しい読みをご教示ください。お願いします。

Aベストアンサー

私も、手許の仏教関係の辞書三種類を見ましたが、いずれも「ほうらく」としか載っていませんでした。
「法楽」という語は、「自受法楽」という熟語でよく見聞きする語ですが、これは「じじゅほうらく」と読み、それ以外の読み方を聞いたことはありません。

その他、大学の仏教学関係の講義等で、他の用例としても「法楽」を「ほうらい」と読むなどと習った記憶はありません。

ただ、仏教では宗派によっては特別な読み方をさせる場合があるので、「《ほうらい》という読みは絶対にない!」と断言することはできません。
その指摘をされた方に、「どちらのご宗派の読み方ですか」と聞いてみては如何でしょうか(嫌みと取られるかな(^-^;))。

仮に「ほうらい」という読みがあったにせよ、この読みは仏教界においても、やはり全くもって一般的な読み方ではない特殊な読み方だと思われます。
それを「知らないのか」と言われても困惑するばかりです。

ちなみに「楽」の字は、仏教では「ぎょう」と読むことがあります(先の回答にもある「呉音」というやつです)。
ですから無理矢理、仏教っぽい読み方をさせれば「ほうぎょう」になるのでしょうけれど、この読みも見聞きしたことはないので、たぶんこういう読みもないと思われます……。

私も、手許の仏教関係の辞書三種類を見ましたが、いずれも「ほうらく」としか載っていませんでした。
「法楽」という語は、「自受法楽」という熟語でよく見聞きする語ですが、これは「じじゅほうらく」と読み、それ以外の読み方を聞いたことはありません。

その他、大学の仏教学関係の講義等で、他の用例としても「法楽」を「ほうらい」と読むなどと習った記憶はありません。

ただ、仏教では宗派によっては特別な読み方をさせる場合があるので、「《ほうらい》という読みは絶対にない!」と断言することはできま...続きを読む

Q「渡辺」のたな・べ」か、「わた・なべ」か。読み方は、「わ

「渡辺」という苗字がありますが、この読み方は、「わたな・べ」なのでしょうか、それとも「わた・なべ」なのでしょうか。
私はなんとなく前者だと思っていたのですが、渡辺姓の友人は、生まれてこの方後者だと思っていたそうです。
実際のところはどうなのか、ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初のご質問からは少し離れますが、「渡辺」の由来について。
私も、「わたのべ(渡の辺)」から「わたなべ(渡辺)」になったのではと思います。
この「渡の辺」の「渡」とは、「渡し場」の意味だと思います。つまり「渡の辺」は、「渡し場のほとり」という意味ではないか、と。

『広辞苑』には、「渡辺」は、地名と姓氏の両方が載っていますが、そのうちの地名の方には、

わたなべ【渡辺】
古代・中世、摂津の淀川河口辺の地名。今の大阪市北区南部・中央区北部の辺り。渡し・港・橋(今の天満橋・天神橋の間)があり、交通の要所。中世武士団の渡辺党の本拠となり、また南北朝時代しばしば戦場となった。国府の渡し。渡辺の渡し。渡部。

とありますので、やはり「渡し場のほとり」ということなのではないかと思います。
姓氏の方はこの地名からできたのでは、という説もあるようです。

↓信頼される情報かどうか分かりませんが……。
http://tokuyamagic.jugem.jp/?eid=71
というのがありました。

Aベストアンサー

「歯」は「は」ですね。
級はQ、歯はHと略される場合が多いです。
(1Q=1H=0.25mm)

参考URL:http://www.egg-web.com/infosq/benri/dtp/tani/

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「表面鏡」「裏面鏡」の読み方

鏡で、
反射する面がガラスなどの表にある → 表面鏡
反射する面がガラスなどの裏にある → 裏面鏡
なのですが、

読み方は
「ひょうめんきょう・りめんきょう」
「おもてめんきょう・うらめんきょう」
どちらですか?
近々、鏡についての研究発表をするので、読み方が知りたいです。

また、検索すると
「表鏡」
「表面反射鏡」
などと書いてあるサイトもあります。どれが正しいのですか?どれでもOKですか?

お願いします

Aベストアンサー

>読み方は
「ひょうめんきょう・りめんきょう」
「おもてめんきょう・うらめんきょう」
どちらですか?

どちらも間違いではありません。

ただし、音は音、訓は訓のほうがすっきりします。

その意味で

「ひょうめんきょう・りめんきょう」

のほうがよいでしょう。

「おもてめんきょう・うらめんきょう」はこだわれば

「おもてめんかがみ・うらめんかがみ」でしょう。


もし業界の方ならば「用語辞典」規定されている場合があります。

文部省「学術用語辞典」をはじめとして

ガラス産業界やミラー産業界というものがあって、専門用語として読み方を決めている可能性があります。
それはそちらで調べてみてください。

業界用語が使えなければトーシローとみなされていずれ排除されるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報