【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

石油ストーブと石油ファンヒーター、どちらが使用料が安いのでしょうか?知り合いの人が、「ファンヒーターは暖まり方が早くて石油の減りも少ないので省エネだ」と言っていたのですが・・・私の考えでは、石油も電気も両方使用するのでコスト的に高いような気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

石油ストーブも様々なタイプがありますが、一般的な「反射型」として考えてみます。



石油ファンヒーターの特徴
1、温度設定が出来る
15℃~30℃間の温度調整が1℃単位で設定出来るので最適な室温で使える。
2、タイマー運転が出来るので早朝の起床時に快適な室温で起床出来る。
3、ファンで温風を吹き出し室内空気を循環させるので室温のムラが少ない。
4、点火時の数10秒は500w程度の電力を必要とするが、点火後は送風ファンの数10wの消費電力である。
(平均60wとして1日に12時間運転の電気代は17円程度、1kw/h=24円で算出)
5、器具の価格が石油ストーブより高価

石油ストーブ(反射型)の特徴
1、タイマー運転不可
2、火力微調整不可
3、温度設定不可
4、送風ファンがないので運転音は静か
5、送風ファンがないので消費電力ゼロ
6、送風ファンがないのでストーブ周辺と部屋全体の温度差が大きい。
6、器具の価格がファンヒーターに比べたら安価

因みに、我が家は石油ファンヒーター7台と石油ストーブ(反射型)2台があります。
石油ファンヒーターは、タイマー運転で早朝の暖房に使用して日中はエアコン暖房を利用します。
深夜冷え込んだ時は石油ファンヒーターを使用と使い分けてます。
石油ストーブは、天板が反射しないタイプでヤカン等を乗せて置くと湯が沸きます。
年末年始の餅焼きにも利用してますが、暖房効率は悪いです。
ただ、石油ストーブは構造が単純ですから壊れないのが魅力ですね。
変質灯油を石油ファンヒーターに使うと一発で気化器をダメにしますが、石油ストーブは芯が詰まるだけで空焚きすると簡単に直りますので器具の寿命は長いです。
灯油だけの燃料費を考えると設定温度によりますが、石油ファンヒーターは省エネ運転が可能なだけに有利です。
1日の電気代は灯油0.2~0.3リッター分です。
石油ファンヒーターの便利さに慣れてしまうと石油ストーブは灯油燃費の悪さと不便さが目立ちます。
    • good
    • 106

実は石油ストーブは(少なくとも正しく使っていれば)火力を弱くすることが苦手です。


普通に灯油を燃やすと一酸化炭素が出ます。石油ストーブの真っ赤になっている網は、それをもう一度加熱して一酸化炭素を完全に燃やすという意味合いがあります。
そういうわけで、石油ストーブは、少なくともあの網が真っ赤になっている状態を保つ必要があります。

一方でファンヒーターは、灯油をいったん細かな粒にしているので一酸化炭素の発生が抑えられます。
ですから、一度部屋が暖まれば火力をかなり落とすことができます。
これが、灯油の消費量の削減につながります。
また、ファンヒーターの電力は、おおざっぱに言って風を起こすために使われますが、こういう動作は電気にとっては得意な分野でして、そんなに効率は悪くありません。
※ついでに言えば、「暖めれば火力を下げられる」から、逆に、「寒いときには火力を上げる」という設計が可能になります。石油ストーブだと、火力がほぼ一定になるので、必要以上に強くするのはまずいです。

こういう事情から、ファンヒーターの能力にあった(ようするに、大きすぎない部屋でなおかつ、部屋自体の保温もできてればグッド)部屋を長く暖めるには、ファンヒーターのほうが、微弱運転ができる分コストは有利です。

部屋が大きすぎたり、暖まりにくかったりで、常時フル回転する必要があれば、ファンヒーターにはかえって不利になるでしょう。
    • good
    • 86

>石油ストーブと石油ファンヒーター、どちらが使用料が安いのでしょうか?知り合いの人が、「ファンヒーターは暖まり方が早くて石油の減りも少ないので省エネだ」と言っていたのですが・・・私の考えでは、石油も電気も両方使用するのでコスト的に高いような気がします




           ↓
暖房の燃焼方式や伝熱面積&暖感が違いますが、その場合のお部屋の暖まり方や温度の均一性、運転時間や温度調節が変化しますので単純に比較は難しいです。
尚、熱効率は同等です。

一応、

石油ストーブは → 暖房能力2~2.4kwが主力・自然対流式(反射式)・周辺を暖房するタイプ。
電気代は点火ヒーター用の乾電池のみ、(AC電源を用いる、特殊な芯上下や送風ファン付きも少数有る)

石油ファンヒーター →暖房能力は3~4kwが主力・強制対流(送風ファン)式・部屋のメイン暖房。
電気代は温風送風と燃焼用空気の取り入れ、灯油の気化や燃焼部に送るポンプにAC電源を使用。

※従って、使用目的と働きからは石油ファンヒーターが電気代を必要とする度合いが高いが、燃焼は灯油であり、電気代は微小、しかもお部屋の全体への送風をし、室温を早く暖め、燃焼量の加減・送風の強さも自動的にコントロールするので、電気代で差は無くて、暖房の目的や使用する部屋の広さやお住まいの地域を離れて選定するのは余りお奨めしません。

暖房の満足度は、必要な能力・暖房の温度加減・風が嫌いとか部屋が広いかで選択されるのが良いと思います。
    • good
    • 36

建築・不動産会社経営するものです。



自然に対流させるストーブは石油を食います。

電気の力を借りてでも、全体コストはファンヒーターのほうが安いです。

ストーブは温まるまでに時間がかかり、冷えるまでに時間がかかります。

つけたり消したりが頻繁に行えるファンヒーターのほうが、省エネですよね。

車のアイドリングストップと同じです。


しかし
比較的大きな部屋を長時間暖めるには
ストーブのほうが効果的です。
    • good
    • 45

ランニングコスト的には、大差はないと思いますけど。


電気の分だけ、若干ファンヒーターが不利かもしれません。
灯油の消費量だけなら殆ど変わらないと思いますよ。

だけど、使い勝手として。

ストーブは振動や衝撃が加わらない限り、ずっと暖房していますが、
ファンヒーターは、2~3時間で、一度消火します。
連続で使うには、何等かの操作をしないといけないです。
    • good
    • 22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファンヒーターと反射式石油ストーブの燃費比較

東京地区のマンションで石油ストーブを使う場合、ファンヒーターを20度に設定して朝から夜寝るまで運転。反射式石油ストーブを朝から夜寝るまで運転した場合、どちらがコスト的に安くなるでしょうか。
昼間暖かくて消すこともありますが、要は同時間運転した場合どちらが安いかお教え下さい。
ファンヒーターは部屋が暖まったら燃焼する灯油を絞りますが、反射式ストーブは部屋が暖まろうが暑かろうがずっと一定に燃焼し続けますよね。でも反射式は電気を使わないし。
コスト的には結局どちらが経済的なのでしょうか?

Aベストアンサー

灯油ファンヒーターが最も消費電力が多くなるのはスイッチを入れたとき。灯油を気化する為のヒーターが動作するからです。連続運転では、燃焼熱で勝手に灯油が気化するので、意外と消費電力は食いません。単位燃料辺りの発熱量はファンヒーターの方が高いです。

一方反射式ストーブは、上に薬缶を掛けるなどして室内を加湿出来ます。同じ室内温度だと、湿度の高いほうが人間は暖かく感じます。炎(?)が見えるので、見た目にも暖かく感じます。

この時点ではほぼ両者五分五分。

ただ、お住まいがマンションと言う事で、各種センサーの塊であるファンヒーターの方が安全であるのは間違いないです。

Q石油ファンヒーターの燃料効率はこの10年でどう変わりましたか。

石油ファンヒーターの燃料効率はこの10年でどう変わりましたか。
90年代後半の製品をずっと使ってきましたが
石油ファンヒーターもエアコン並みに燃費の進化はあったのでしょうか。
買い換えようか迷っているんですが
店で訊くと調子のいいセールストークを聞かされそうなんで
まず一般の利害関係のないエキスパートである皆さんからお知恵を借りたいのですが
教えていただけませんか。
検索しても情報がいまいちつかめません。

Aベストアンサー

おはようございます

安全性や風の流れのコントロールなどは向上したとは思いますが、
燃費については大きな差はないと思います。
(状況に応じて自動的に出力調整する機能がついていれば、若干ながら
 燃費は良くなります)

なぜなら、エアコンの場合は直接空気を暖めるのではなく、外気を冷やしてその分室内を暖めるという複雑なことを行っています。そのため、その工程を効率化することで省エネになりました。

一方で石油ファンヒーターの場合は、「石油を燃やして熱を取り出す」ということ自身がすでに一番効率の良い方法ですので、工夫して燃費を向上させる余地がほとんどありません。

Q20畳程度のLDKを温める暖房器具の光熱費について

20畳程度のLDKを温める暖房器具の光熱費について教えていただきたい思います

現在20畳程度のLDKを6kw程度の出力の石油ファンヒーターで暖房していますが、その部屋には昨年夏購入した省エネモデルのエアコンが設置してあるのでエアコンでの暖房も考えています。しかし我が家はオール電化にしていないのでエアコンでの暖房による電気代が気なります。石油ファンヒーターには灯油代と電気代がかかりますが、一日8時間程度の使用では石油ファンヒーターとエアコンではどちらの光熱費の方がお得になるのでしょうか?また灯油価格がどのくらいだと石油ファンヒーターのメリットが出てくるのでしょうか?またエアコン使用でオール電化にした場合とオール電化にしていない場合はどのくらいの差がでるのでしょうか?
(ファンヒーターは今年のダイニチのモデルでエアコンはダイキンのモデルです)

Aベストアンサー

 今の時期ですと外気温によります。
 エアコンはヒートポンプという非常に効率のいい暖房ですが、熱交換で暖房するという性質上、外気温に強く依存する暖房です。温度が下がれば下がるほど効率は下がり、消費電力はアップしていきます。

 マニュアルや室外機の側面を見ると、定格標準消費電力という表示があると思います。これは室外機周りの外気温7度の時に室温20度に設定した場合、この消費電力になりますという表示です。低温消費電力という表示は外気温2度のときの物で、機種にもよりますがだいたい外気温7度のときの二倍の消費電力となります。零下になるとほぼ全力運転となり、機種によっては定格標準の3~4倍の消費電力となります。

 家が木造かコンクリかとか、暖房機器の型番が書かれていないので想像ですが、仮にコンクリ20畳用のダイキンS63MTHXPの8時間稼働とした場合、外気温7度のときには月額9400円、2度のときには2万円ほど、零下になると3万前後でしょう。もちろんこの値は室温設定20度のときの物ですので、24度とかにしている場合にはさらに上昇します。

 石油ファンヒーターの場合暖房出力5.70kWのFW-577LXだと仮定すると、灯油1リットル80円(18ポリタンクで1500円弱)の場合、中燃焼で7100円ほど、最大燃焼で11700円です。20畳ほどなら部屋の断熱レベルによりますが月額平均1万円くらいは食っているのではないでしょうか。ダイニチは消費電力が大きいのですが、トヨトミなどの消費電力の少ないファンヒーターならこれから月額1000円ほど下がります。

 節約を考えているのでしたら窓の外にでも温度計をつるして外気温をまめにチェックし、7度まではエアコンを使い、それ以下の時には石油ファンヒーターを使うのが効率がよろしいかと思われます。次に買い換えるときにはトヨトミやコロナなどの消費電力が少ないメーカーの物を選択するとさらに節約になります。

 あと、サーキュレーターを使うのも効率が上がります。天井に貯まった暖かい空気を下に下ろすように空気を攪拌してやるだけで、設定温度は2~3度下げられます。シーリングファンが取り付けられるようならなおいいでしょう。

 オール電化の場合、電気代は5%引きになりますが全体でいえば微々たる物です。正直なところオール電化はオススメできません。エネルギーはどれか一つにするとかではなく用途によって選択し、暖房は気温によって使い分けた方が節約になりますよ。

 今の時期ですと外気温によります。
 エアコンはヒートポンプという非常に効率のいい暖房ですが、熱交換で暖房するという性質上、外気温に強く依存する暖房です。温度が下がれば下がるほど効率は下がり、消費電力はアップしていきます。

 マニュアルや室外機の側面を見ると、定格標準消費電力という表示があると思います。これは室外機周りの外気温7度の時に室温20度に設定した場合、この消費電力になりますという表示です。低温消費電力という表示は外気温2度のときの物で、機種にもよりますがだいたい外気温...続きを読む

QFF式のストーブとは何?

「FF式」というストーブは、値段が他よりちょっと高めですよね。
普通のヒーターとは具体的に何が違うんですか?
値段に見合うだけの性能があるんでしょうか?

Aベストアンサー

NO5ですけれど、FF式ストーブでも、煙突式石油ストーブでも、床暖房機能のある商品も存在してます。
床暖機能が付くとさらに高くはなりますが、それでも底冷えするような地域ではあった方がよい機能です。

また、給排気筒ですが、エアコン用のダクトや煙突用の穴が開いている部屋で使っていないのであれば、
そこから、外に出すことも出来ます。
給排気筒が長くなりますけど、壁に穴を開ける必要はなくなります。

また、NO4の方の説明しているエアコンですが、電気のみで温めるタイプと、
石油ハイブリット式エアコンというのがあります。

石油ハイブリット式エアコンは、冷房に関しては電気で、
暖房については、室外機で灯油を燃焼させて、熱を室内機より放出するタイプのエアコンです。
寒冷地ではそのようなエアコンも存在しています。

Q石油ファンヒーターの燃焼が頻繁に止まってしまう。

部屋の冷暖房にはエアコンを使っていますが、暖房は余り効率が良くないため、補助に石油ファンヒーターを使う場合が結構あります。しかし、2年位すると決まって短い時間で燃焼が止まってしまい、それが元通りの燃焼時間になりません。ファンヒーターの場合は室内の酸素を燃やしているので安全の為にセンサーが働いて燃焼を止めるので換気をして下さいとなっているようですが、点火して何分も経っていないのに直ぐに止まります。何処も悪い所も見受けられないのに、なぜ頻繁に止まってしまうのかわかりません。そのために使うのを諦めて、新しいものに買い替えています。何処も何ともないように思えるのに使えないのはどうしてでしょうか。2年位が寿命なのでしょうか、センサーが過敏になっていくのか、又は、何か不純物のようなものが蓄積されるのでしょうか。対処の仕方がない物でしょうか。どこか、部品を交換して直るものでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家は7L2DKと部屋数が普通の家庭より多い二世帯住宅のためエアコンや石油ファンヒーター及び石油ストーブも普通より多く使っています。

そして、昔から機械修理が得意で好きな私はエアコンや石油ファンヒーターの修理も自ら行いますが、経験上から石油ファンヒーター燃焼不調の原因の多くが「気化器の目詰まり」です。

なお、室温センサーはサーミスタという電子部品ですから壊れた経験は過去にありませんが、灯油気化器は昨シーズンに残った「変質灯油を使うと高確率で燃焼不調」の原因になり変質灯油使用が原因の故障はメーカー保証の対象外になります。

気化器が目詰まりした場合は分解してガスバーナーで気化器を高温空焼きするとタール状のカーボン物質が焼き切れ直ることがありますが、重症の目詰まりでは気化器その物を交換しなければ正常燃焼になりません。

過去に、4~5台は気化器の分解や交換修理を行った苦い経験から春先になると石油ファンヒーターの灯油を綺麗に抜き出して空運転を行って残留灯油が殆んど残らないようにして納戸に冷暗保管するようになってからは気化器の目詰まりは殆んど起こらなくなり長いものでは20年間程度使い続けてます。

恐らく、石油ファンヒーター寿命の多くは経験上では気化器の目詰まりではないかと思いますが、石油ファンヒーターのメーカー修理代は1万5千円程度になりますので今どきなら新しい石油ファンヒーターを購入した方が得策ではないでしょうか?

こんにちは。

我が家は7L2DKと部屋数が普通の家庭より多い二世帯住宅のためエアコンや石油ファンヒーター及び石油ストーブも普通より多く使っています。

そして、昔から機械修理が得意で好きな私はエアコンや石油ファンヒーターの修理も自ら行いますが、経験上から石油ファンヒーター燃焼不調の原因の多くが「気化器の目詰まり」です。

なお、室温センサーはサーミスタという電子部品ですから壊れた経験は過去にありませんが、灯油気化器は昨シーズンに残った「変質灯油を使うと高確率で燃焼不調」の原...続きを読む

Q石油ストーブかファンヒーター、どちらが経済的?

積雪はメートル級、朝晩の気温は氷点下にもなる雪国です。

築40年ほどの古い木造住宅です。

今は16畳の部屋にコロナさんの9畳用のファンヒーターを使っていて、当たり前ですが、寒いです。

そこで、木造17畳対応の対流型遠赤外線パネルの石油ストーブを購入したのですが、暖まらるのに時間がかかるのと、燃費が悪いような気がします。
(6リットルが12時間くらいでなくなる)

日頃は、朝と夜の帰宅後、冷え切った所につけるので、あったまる頃には出勤か就寝となります。

やはり、ファンヒーターのほうが節約、暖房になるのでしょうか?

遠赤外線効果と停電時も考慮はしたのですが、節約の為に買った石油ストーブが浪費となるのが嫌なのです。

上手な暖房法もしくは、節約法も教えて欲しいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

対流型は高温のゆっくりした上昇気流ですから、冷えた空気とは殆ど混ざらずに天井付近の空間に溜まります。
この対流型の混ざり方を実感しやすいのは、浴槽に水を入れてから焚くタイプの風呂釜。 上は熱々で火傷する温度なのに下は冷たい水のままで数度しか温度が上がっていない。まさにこれが部屋で起っている現象と同じです。

ファンヒーターは、ファンで空気を送り込んで排気温度を比較的低くし、送りだされる風速が速いので更に周囲の冷たい空気を取り込んで混ざっていくので、室温全体を少しずつ高くしていくことができます。(下の方ほど冷たいのはもちろんですが、その程度は対流型とは全く異なる)

対流型でも扇風機で上方の空気を掻き乱してやればファンヒーターと同じ事ですが、ファンヒーター使った方がスマートですし、扇風機の風がズレてストーブに当たったら燃焼状態がおかしくなって不完全燃焼するかもしれませんので、きちんと方向など考えないと危ないかもしれません。天井にファンが付いていれば一番いいとは思いますが。

対流型は常に一定量の燃料を使いますが、ファンヒーターは室温に応じて燃料の消費量を調節してくれるので、そういった意味ではファンヒーターの方が節約にはなります。

遠赤外線効果とは言っても、かなり気温が低ければそれで寒さを解消できるわけではありませんし、一方向からですから反対は寒いまま。あくまで二次的なものです。

対流型は高温のゆっくりした上昇気流ですから、冷えた空気とは殆ど混ざらずに天井付近の空間に溜まります。
この対流型の混ざり方を実感しやすいのは、浴槽に水を入れてから焚くタイプの風呂釜。 上は熱々で火傷する温度なのに下は冷たい水のままで数度しか温度が上がっていない。まさにこれが部屋で起っている現象と同じです。

ファンヒーターは、ファンで空気を送り込んで排気温度を比較的低くし、送りだされる風速が速いので更に周囲の冷たい空気を取り込んで混ざっていくので、室温全体を少しずつ高くしてい...続きを読む

Q灯油のポリタンクはどこに置いていますか?(マンション等にお住まいの方)

実家では室内(半分外のようなところ)に、ポリタンクに灯油を移し替えるシュポシュポを差し込んだまま置いていました。
マンションでも同じようにしてベランダに置こうと思っていたのですが、ベランダが狭いので雨が降れば濡れてしまうことに気づきました。
とりあえずポリタンクからシュポシュポを抜いて、きっちり蓋を閉めておけばいいかな、と思ったのですが、
この灯油がついているシュポシュポをどこに置いたらいいのやら困ってしまいました。
ベランダの床に置けば床に灯油がついちゃうし…。
室内に置くとしたら、シュポシュポを差したままでも雨には濡れませんが、ポリタンクの蓋を閉められないので
灯油の匂いが室内に広がりそうだし、蓋をしめる為にシュポシュポを抜けば、今度はシュポシュポをどこに置けばいいのやら…。

マンション・アパート等にお住まいの方、灯油缶(ポリタンク)はどこに置いていますか?
そして使用後のシュポシュポはどうしていますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

以前、ポリタンクをベランダに置いていました。ところが、ある方に注意をされたのです。
「火事になった時に、炎は窓から上階に出るので、ベランダに灯油を置いたら、燃えろ!燃えろ!になっちゃうよ」と。

なので、風水的にはよろしくないかと思いますが、玄関においています。シュポシュポは100均で買ったケースに収めております。垂れることもなく、ポリタンクから抜き出して、サヤに収める、という感じです。

あまり、参考にならないかも…ごめんなさい。

Q電気代が安くて、部屋中が暖まる暖房器具ないですか?

今、石油ストーブと石油ファンヒーターを使っています。

昨今の灯油の高騰と安全面から、電気による暖房器具を探しています。

長時間連続使用したいので、電気代が安く、本体価格も手ごろな、
部屋中が暖まる暖房器具ないですか?

エアコンは、本体も高く、空気が乾燥しますし、電気ストーブ&
ハロゲンヒーターは、部屋中が暖まりにくいので、検討外にしています。

Aベストアンサー

どうしても電気熱源、というのでしたらNo.4さんのおっしゃるように「エアコン+加湿」を私も推奨します。

最近のエアコンは、他の熱源と比べて熱量を3倍程度多く得られるようになっています。(COPと言います。3倍なら「COP=3」と書いてあります。詳しくはカタログ等ご参照を。)
加湿を推奨するのは湿度を保つほかに、空気を重くして上に溜まるであろう乾燥した暖かい空気(軽い空気)を下げる目的もあります。暖房効率を高めるために加湿をするのです。

ヒーター加熱方式(オイルヒーター・ファンヒーター・ハロゲンヒーター・電気蓄熱暖房機など)の場合、COP=1となります。最近のエアコンでいうCOP=3と比べると、どうしても暖房効率が悪いです。

それを承知の上でCOP=1の機器をお使いになるようでしたら、オイルヒーターなど「上に熱を発する暖房機器」を「窓下に置く」のを推奨。
冷気が入るであろう部分で上方向に熱を発生させることで、冷気を軽減したり冷輻射を遮る効果があります。ハロゲンヒーターのように熱源部が開放されていないので、安全性も高いです。

いろいろ書きましたが、根本的にメイン暖房を電気でお考えになるのでしたら、単価の安い深夜電力を活用しないとコスト高になります。どんな器具を選んだとしても、です。
それでも電気!ということでしたら、少ない電気代で効率よく暖房。設置方法で工夫して少しでも暖かさを感じるようにしたり、部屋が冷えないようにすればいいかな、と思います。

#わが家も灯油高で電気熱源を検討しましたが、
#設備投資と電気代(契約ブレーカー増)でマイナスになるので、
#従前どおりの石油ストーブを使い続けてます。
#夏も冬も電気代(基本料)が上がったままになるので、
#年間ベースで見ると高かったのです。
#お住まいの地域はわかりませんが、あと数ヶ月
#灯油で我慢できるなら、したほうが結果的にオトクかも。

参考URL:http://www.alldenka.net/q_a/q&a/ans_52.html

どうしても電気熱源、というのでしたらNo.4さんのおっしゃるように「エアコン+加湿」を私も推奨します。

最近のエアコンは、他の熱源と比べて熱量を3倍程度多く得られるようになっています。(COPと言います。3倍なら「COP=3」と書いてあります。詳しくはカタログ等ご参照を。)
加湿を推奨するのは湿度を保つほかに、空気を重くして上に溜まるであろう乾燥した暖かい空気(軽い空気)を下げる目的もあります。暖房効率を高めるために加湿をするのです。

ヒーター加熱方式(オイルヒーター・ファンヒー...続きを読む

Q石油ストーブより石油ファンヒーターのほうが危ない?

寒冷地在住で、石油ファンヒーターを使っています。すぐに暖かくなり、空気も乾燥しづらい石油ファンヒーターは、古い木造アパート暮らしにはとても有り難いのですが、困ることがひとつあります。それはアラーム機能。

2-3時間毎にアラームが鳴って、延長運転ボタンを押さなければならないし、早朝にタイマーをかけておいても1時間で止まってしまって結局寒くて目が覚めるし、自動停止の前のアラームが大変うるさいし・・・ 各社似たり寄ったりで、私のヒーターだけがそうなわけではないようです。(ちなみにダイニチです)

以前、石油ファンヒーターによる一酸化炭素中毒があったため、長時間運転ができないような仕組みになったと聞きましたが、石油ストーブは様々な事故が毎年後を絶たないのに、このようなアラームを付けようという話は聞いたことがありません。アナログなのでタイマー的な機能をもたせるのが難しいということもあるのかもしれませんが・・・

石油ストーブにはアラームがないのに、石油ファンヒーターにはアラームが義務付けられているのは何故ですか? 石油ファンヒーターのほうが事故の確率が高いということなのでしょうか? ふと疑問に思ったので質問しました。

寒冷地在住で、石油ファンヒーターを使っています。すぐに暖かくなり、空気も乾燥しづらい石油ファンヒーターは、古い木造アパート暮らしにはとても有り難いのですが、困ることがひとつあります。それはアラーム機能。

2-3時間毎にアラームが鳴って、延長運転ボタンを押さなければならないし、早朝にタイマーをかけておいても1時間で止まってしまって結局寒くて目が覚めるし、自動停止の前のアラームが大変うるさいし・・・ 各社似たり寄ったりで、私のヒーターだけがそうなわけではないようです。(ちなみ...続きを読む

Aベストアンサー

>私も納得が行かないのです。石油ストーブだって危ないことに変わりはないし、自分で管理するのが当たり前なのに、何で石油ファンヒーターにはこんなおせっかいな機能が付いているのかと。

分かりますよ。その気持ち、石油ファンヒーターだけでなく、そういう違いって探すと結構あるものです。

石油ストーブとファンヒーターの安全機能(おせっかい機能?)の差は、「管理能力」の差だと思います。

石油ストーブについては、着火の方法が若干難しく、確実に点火し利用できると確認することは、小学生程度の子供にはやや難しいものです。
そのため石油ストーブの利用には、必ず「一酸化中毒などの注意点を理解できる程度の能力者(大人ということ)が管理を行なう」という暗黙の了解があるのでしょう。

それに対して、ファンヒーターは幼稚園児でも点火することが可能です。

また利用時の諸注意に関してもストーブのほうが若干難しいです。たとえば可燃物の接近については、ファンヒーターなら器具に触れない程度に離す、ことで足りますが、ストーブは延焼しない程度に離す、ことが必要ですし、器具そのものへの人の接近も、ファンヒーターは吹き出し口の中に手を入れない、ことだけでほぼ火傷などを防ぐことができますが、ストーブは器具に触っていい場所のほうが少ないのが普通です(つまり、ほぼドコでも触れば火傷します9

これらのことを考えるとストーブの利用は、利用中必ず「能力者」の監視が必要なのに比べ、ファンヒーターは一定の処置をすることで(たとえば柵で囲って、子供が近づけないようにするなど)能力者が監視をしなくても安全に利用できる、という側面があります。

この常時監視の必要性の重要度が、安全装置の必要性に関わっているのです。

>私も納得が行かないのです。石油ストーブだって危ないことに変わりはないし、自分で管理するのが当たり前なのに、何で石油ファンヒーターにはこんなおせっかいな機能が付いているのかと。

分かりますよ。その気持ち、石油ファンヒーターだけでなく、そういう違いって探すと結構あるものです。

石油ストーブとファンヒーターの安全機能(おせっかい機能?)の差は、「管理能力」の差だと思います。

石油ストーブについては、着火の方法が若干難しく、確実に点火し利用できると確認することは、小学生程度の子...続きを読む

Q「石油ファンヒーター」「ガスファンヒーター」どっちが良いでしょう?

賃貸アパートに住んでいます。
リビングにしかエアコンがないので、それ以外の部屋がとても寒く、
ファンヒーターの購入を検討しています。

が、石油(灯油)ファンヒーターかガスファンヒーターか、
どっちにしようか悩んでいます・・・。

石油の場合
・天井が黒ずむと聞きました。新築なのでどうしようかと・・・。
・燃料補給が必要
・値段は安い


ガスの場合
・点火が早い・暖かい
・専用のコード差込口がなく、台所から引っ張ってこないといけない
・石油ファンヒーターより値段はやや高い
・友人がガス屋勤務で、とても薦められている


以上で悩んでいます・・・。
みなさんは、どういう理由で「石油」又は「ガス」にしましたか?
アドバイスがあればお願いします!!

Aベストアンサー

・天井が黒ずむと聞きました。新築なのでどうしようかと・・・。
 これは、ないと思いますよ。石油ストーブの勘違いではないでしょうか?

・専用のコード差込口がなく、台所から引っ張ってこないといけない
 小さなお子さんがいらっしゃるのでしたら、ちょっと危険ですね(実質上安全装置はあるので、大丈夫は大丈夫ですが)。

あと、ガスは、都市ガスでしょうか、プロパンでしょうか?
プロパンだと、業者にもよりますが、典型的には都市ガスの倍ぐらいのランニングコストになることが多いので、暖房に使うと辛いかもしれません。

手間をいとわないのなら、石油ファンヒーター。楽したいのなら、ガスファンヒーターだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング