こんにちは。

ぴったりくるジャンルがみあたらなかったのですが・・

私は、貿易業務に携わっていますが、よく海外から
クレームの補償金として電信送金をしてもらいます。
そのときにいっつも釈然としないのが銀行の手数料が
差し引かれてしまうということです。
で、銀行の送金取り組み依頼書の項目をみてみると
「支払銀行手数料が発生した場合」として「受取人負担」
「送金人負担」でどちらにするか選べるようになってます。

そこで質問なのですが、
1.この「支払銀行手数料」とは具体的になにをさしているのか?
(手数料にもいくつかあるようで、受け取り銀行で
円建てで送られてきた送金を受け取る場合の「円為替
手数料」や途中の経由銀行で差し控れてしまう
「コミッション」等があるようですが・・・)

2.もしこれを「送金人負担」としたばあい、
上記の「コミッション」だけでなく、受け取り銀行に払う「円為替手数料」なんかも送金人で負担してもらえるのか?

3.ある銀行の担当者の説明によると仮に「送金人負担」とした場合でも、いろいろな銀行を経由してくると
各銀行間で連絡を事前にきちっとしておかないと、
往々にして、受取人に手数料請求がくる、という話を
ききましたが本当ですか?

とりあえず、こちら側としてはただでさえクレーム品で
損をしているのに、さらにそんな手数料で損はしたくない
という感じです。もし途中でそのような「コミッション」をさしひかれてしまったら、再度送金人にその分を送金させるというやり方もありますが、面倒なことはなるべく
さけたいのです。

よろしくご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご無沙汰しておりました。



私の勤めております会社の本社より
当該事例の件についてアドバイスがありましたので
コピー致します。

>お問い合わせいただいておりました「2ペイメント」の件ですが、
>2行(東京三菱、興銀)の担当者に確認をとりましたが
>いずれも、そのような言葉は使われていないということでした。

→ということは「2ペイメント」とは常陽銀行(当社取引銀行)の
内部用語かもしれません。なぜ電話応対した行員がまるで一般常識
のように使っていたのかは?ですが...。

>手数料負担に関しましても、「依頼人負担」としている場合、
>受取側では手数料は発生せず、フルアマウントでの入金となります。
>ただ、銀行によっては手数料を差し引く場合もあるようですが、
>その場合でも、その手数料を依頼人に請求するよう依頼すれば、
>後日、その手数料を依頼人へ請求してくれるようです。

ご参考になりましたら幸いです。
ちなみに私は上記メールを当該会社の経理部長に転送致しました。

この回答への補足

ごぶさたしております。
お世話になりました。KUNIです。
ご覧いただけるかわかりませんが・・・

海外送金関係で、またトラブルが発生しました。
というよりまたかという感じですが。

台湾より、クレーム商品返金として、usd398.80
請求したのですが、送金がついてみると20ドルひかれて
いました。さらに受け取り銀行より、ミニマムチャージ
手数料として2500円差し引かれました。

頭にきて(^^;受け取り銀行(乙)へ確認すると、
1.2500円についてはそもそも送金人負担とはできない。(すなわち弊社が必ずふたん)
2.20ドルについては調べたが不明。もし調べるなら
調査費があらたに発生するとのこと。

では今後どうすればいいのか確認すると、
台湾の銀行から(乙)銀行へ直接送金を仕向けるように
すればいいのではないか?と断定的な返事をもらえません
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でした。とりあえず、そうすれば連絡は直接
台湾の銀行と(乙)銀行がとれるようになるので..
とのはなし。


今回いろいろ送金人にもしらべてもらったところ、
台湾の窓口銀行>カリフォルニアの送金銀行>
(乙)銀行のニューヨーク支店>(乙)銀行と
かなり複雑な経緯をたどったようです。どっかでひかれ
たのでしょう。
そして、台湾の窓口銀行(甲)の話では、甲と乙には
「agreement」がないため、フルアマウント
および、付帯費用(途中でさひひかれてしまった20ドル?)は乙には送れないとのことでした。

はなしはここでとぎれていまいました。
結局どうしたらいいんでしょう。(^^;
うちは零細のため、銀行に強くいうことはできませんし。
いろいろ、考えると、台湾の邦銀支店から日本へおくらせ
れば、連絡等はつきやすいと思うのですが、、、
頻繁に送金をやりとりしているわけでもないし、台湾側の
取り引き銀行の問題もあるので、無理に台湾の邦銀支店を
つかわせることも難しいですし。一般の代金の送金で
あればあらかじめ、途中の差し引かれる金額を考慮して
代金設定しておけばいいですが、クレーム返金で
ただでさえ損しているのに、また引かれるってなっとく
いかないですよね。
ご紹介頂いた、HPもみましたが、海外送金とはいえ
レートによる端数処理まできちっと、銀行間では打ち合わせしているようなのに、弊社はアバウトでしかたない
ってのも釈然としないですね~。

とりあえず、上記のような問題があらたに発生しました。
ご参考になるかわかりませんが、、、

補足日時:2001/09/01 13:56
    • good
    • 1

下記の件ですが、そもそも私の会社と連結子会社との間で送入金でちょっとしたトラブルと


なっておりそれで何か参考になるものを探していたのが背景です。

>今回は45284さんがとくに送金依頼人負担にしろと
>指示されたのですか?

もともと連結子会社のほうではいつも手数料依頼人負担と指示して
処理しており、私のほうから何か指示したことはありません。
だからかえって困っています。
向こうは同じ処理しているのにこちらが手数料を負担する必要が
ある時と無い時があり、しかもその原因がはっきりしていないのですから。
そして、(私の赴任前からの処理手順らしいのですが)手数料をとられた分
送金処理側にその額を請求しつづけ、つまり手数料がさらに手数料を生む
ような結果になっていたのです。しかも向こうも経理担当が変り、
請求根拠のはっきりしないものなので支払できないとしていたようです。

今回、当社の本社経理部(ちなみに当社全体では経理担当者のみで500人はいる規模なので
そこそこ大きいと思います)にこの件で相談すると「依頼側負担としている
手数料を入金側でもとられた場合は入金(取引)銀行側に『手数料返せ!』
と請求している」との回答があり、そもそも入金手数料でのトラブルはない
とのことでした(「お前、何チョンボしてんの?」といった様子でした)。
もっとも規模が規模だから銀行サイドも優良顧客として対応していて
聞いてくれるのかもしれませんが...。
地方工場が同じ要求をしても言いくるめられるのがオチではないかと。

今回の件は、私のほうでも連結会社側から「何とかして欲しい」と依頼があり
現在も調査中です。
KUNISAN様とも情報交換出来ましたらありがたく存じます。

参考URLもぜひご参照下さい。
外国送金処理って意外にブラックなのが分かります。
(だから銀行側も入金:日本 側負担を勧めるみたいです。中国では
300万円の送金にたいして20万円も請求した例があるそうです。)

参考URL:http://www.pref.hokkaido.jp/keizai/kz-bkkry/koen …

この回答への補足

ご丁寧にたびたびの回答ありがとうございます。

>送金処理側にその額を請求しつづけ、つまり手数料がさ>らに手数料を生むような結果になっていたのです。

ベースはことなりますが、状況としては非常に
にていますね!
私もまさにそこらへんに頭をいためています。
私は中小零細の部類でして、貿易を一手にひきうけて
いますので(^^;、わたしの判断であるていど
どうにでもなる部分があるのですが、クレーム分返金
の場合は必ず、こういった問題がでてきており
不愉快です。とりあえず、原因としくみがわかれば
追求のしようがありますが、どこにきいても
「海外の特殊事情、しかたない、事前に問題はっせいに
そなえて打ち合わせしておけ」とか言う話や、あまりそこらへんに精通していない銀行担当者がおおいようです。
で、送金人に確認しようと思っても、そういった送金の
「慣習」がはっきりわからないため、相手に厳しく追求
できません。たとえば、毎回差し引かれる「円為替手数料」。以前いただいた、回答では「依頼人負担」とすれば
私の側では支払う必要がないということでしたが、
毎回かならずさしひかれます。この原因が銀行間の
連絡不備によるものか、または私の要求を無視して
依頼人が「受け取り人負担」とかってにしているのか
分かりません。
また、「支払い銀行手数料」の
「支払い銀行」ってどっちの側の銀行をいうのかも
いまだよくわかりません。

ご紹介のあったURLも早速みました。面白かったです。
レート換算にしても、私はよくわかりませんでしたが、
そこまで細かくやっているのは分かりました。では
なぜそういった問題はアバウトなのか逆にいらいらしてきます。

海外との送金についてはそう頻度がありませんので、
いま現在は、「過去」事例でいまだにもやもやと悩んでいる程度ですが、なにか発生したら、御連絡したいとおもいます。もし45284さんのほうで情報が取れましたら
お教えいただければまことに幸いです。

補足日時:2001/07/07 15:37
    • good
    • 0

私も経理として外国送金を担当しており、同様な状況なのですが、


今回の入金で手数料を取られませんでした。
不思議に思い、取引銀行に問合せしてみますと
送金依頼人手数料負担で依頼し「2ペイメント」という処理をした場合
依頼内容(依頼人負担という申込み)が入金側でも確認でき、
その結果として被仕向(入金)側には手数料は発生しないそうです。
但し、依頼人本人が「2ペイメント」で送金依頼できるのか、
或いは銀行間のみで判断されるのかは?とのことでした。
また、「1ペイメント」だと、例え依頼人負担の旨を連絡したとしても
銀行側で確認が取れず、その結果として被仕向側でも手数料が発生する
とのことでした。
この辺に詳しい方、フォローをお願い致します。

この回答への補足

昔の投稿でしたが、御回答頂ありがとうございます。
実は、いまだにいろいろわからずすっきりしない部分が
あったので大変うれしいです。

いつも「支払い手数料はそっち(送金人)負担で!」と
いっているのですが、いつも入金の際なんらかの
「円為替手数料」とか「コミッション」とかが取られます。
どこが悪いのか、先方がわるいのか、銀行がわるいのか
そういう連絡が旨く行かない特殊事情があるか分からず
もんもんとしています(^^;


>入金で手数料を取られませんでした

世間一般的に、勝手に受取人負担にされるようですが、
今回は45284さんがとくに送金依頼人負担にしろと
指示されたのですか?

>依頼人本人が「2ペイメント」で送金依頼できるのか、
>或いは銀行間のみで判断されるのかは?

そうですか。思えば、送金取り組み依頼書をみると
「1」「2」でやる旨書く欄がなかったようにおもいます。
「1」「2」でまた手数料とかかわってくるのでしょうか?

>「1ペイメント」だと、例え依頼人負担の旨を連絡し
>たとしても

そうですか~。でもこれがほんとなら銀行って
おかしいですよね。とんでもない国とやっているのなら
ともかく、これでは意味がないですよね~。
某銀行系相談所に電話してきいたんですが「特殊事情」を
理由に、勝手にコミッションが取られる可能性がある事
を強調され、半ば負担者選択は意味がないようなことを
いわれ、ほんとかなあ?とおもったことがありました。
もちろん海外ですから100%はないのはわかっていますが・・

手数料が取られてしまう原因を追求しておきたいですね~。ほんとに「特殊事情」が存在するならば、我慢もできるんですけど。

とにかく45284さんありがとうございます!
原因究明の糸口になるかもしれません。

もし、上記関連分かるかたいらっしゃれば、アドバイス
いただければうれしいです。よろしくお願いします。

補足日時:2001/06/29 00:29
    • good
    • 0

日本で他行のATMで払戻を行うと手数料を取られますよね?


それと似たようなものです。海外送金を行うときは、ほとんどの銀行は手数料を取ります。特に海外送金の場合は為替や各国の金融事情によって手続き経費が発生する場合もあり、そういうものを含めて手数料をとる場合があるようです。

最も安価に手数料を抑えたい場合は、送金人の銀行と受取人の銀行が同じ銀行グループの場合です。「送金人負担」とした場合は、送金に関わる全ての手数料は送金人が負担することになるので、円為替手数料も送金人が負担することになるでしょう。

クレーム品による返金のようですが、そういう場合は先方に「全ての送金手数料はそっちで負担してくれ」という風にきちんと依頼しておくべきです。(書面で先方が手数料負担することを明記し、相手が同意したものを残しておくとベターです)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q仕訳について

輸出運賃の仕訳について教えて下さい。
請求書には以下が記載されております。
・取扱手数料(免税)
・通関料(免税)
・保険料(非課税)
・書類作成料(課税)
・航空運賃立替金
これらの項目は何費で計上したらよろしいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

経理規定ではどうなっていますか?
以前の輸出の時の処理は?
このような費用にについては「適当な科目に分類して営業損益区分に記載し」と規定されているだけで、
企業が適切な科目を決め、常に同じ処理を行うことが要請されています。
企業外部者では
通常、販売費及び一般管理費の
・取扱手数料(免税)・通関料(免税)・書類作成料(課税)
は「支払手数料」「業務委託手数料」等
・航空運賃立替金
は「荷造運賃」「運送料」「発送費」等
・保険料(非課税)
「保険料」等

が使われますが、これが特殊な業務でめったに行われず
企業の勘定科目設定に適切な物がなければ「雑費」と言う選択肢もあります・・・としか言えません。

Q海外送金における「経由銀行手数料」を防ぐには?

メーカーの海外事業部で、商品輸出と代金回収を担当しています。
海外からの代金は商品と同時に請求書を発送し、指定口座に銀行送金してもらっていますが、
最近よく「経由銀行手数料」として2~3000円が引かれてしまうことがあります。
送金情報を見ると、相手の銀行が当社口座にダイレクトで振り込むのではなく、
同じ三井住友銀行の別支店、または全く別の銀行(UFJなど国内のこともあれば、米国など謎の銀行に飛んでいることも)に一旦送金し、
その第3銀行がお金を転送しているために発生する費用のようです。
なぜこんなことが発生するのでしょうか?
1度や2度であれば、担当者の指定ミスということも考えられますが
頻繁にあるので、原因を見つけて防ぎたいと思います。

当社の請求書の指定送金先欄には、会社名(口座ホルダー)と
三井住友銀行 ●●支店 口座番号 *******
と英語で記載してあるのみです。
もしかしてこの情報が不十分なために起こっているのでしょうか。
その場合、SWIFTコードなどしっかり指定すれば防げますか?

銀行間で「海外送金のときはこの経由銀行を使う」などと取り決められているのであれば
もうどうしようもないと思いますが、その可能性はあるのでしょうか。
(台湾からアメリカに飛んで日本に来るケースなど、ミスとしては考えられないレベルなので)

小さな会社で経験者がいないので質問させていただきました。
常識的なことをお聞きしてしまっているかもしれませんが、
ご存じの方がいたら教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

メーカーの海外事業部で、商品輸出と代金回収を担当しています。
海外からの代金は商品と同時に請求書を発送し、指定口座に銀行送金してもらっていますが、
最近よく「経由銀行手数料」として2~3000円が引かれてしまうことがあります。
送金情報を見ると、相手の銀行が当社口座にダイレクトで振り込むのではなく、
同じ三井住友銀行の別支店、または全く別の銀行(UFJなど国内のこともあれば、米国など謎の銀行に飛んでいることも)に一旦送金し、
その第3銀行がお金を転送しているために発生する費用の...続きを読む

Aベストアンサー

担当者の指定ミスや、
銀行情報が不十分なために発生してしまう費用ではありません。

>銀行間で「海外送金のときはこの経由銀行を使う」などと取り決められている。
とお考えの通りのことが起きています。

海外送金が行われる場合、よほどのことがない限り、
直接送金が行われることはなく、第三の銀行を通すことになります。
(このような第三の銀行をコルレス銀行などと呼びます)
詳しく説明すると長くなるので、
下記URLを参考にしてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF

Q国外航空券の内訳に書かれている記号(SW,YQ等)をまとめたものってある?

会社で旅費精算を担当しているものです。
外国に出張するための航空券を利用した際の見積書や内訳に記載のあるYQ,SG,UT,SWなどの記号をまとめたサイトや書籍はないでしょうか?

検索をかけてもマイナーな記号だとなかなかヒットしないので、苦労してます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めまして。
こちらのサイトはいかがでしょうか。(http://www.etour.co.jp/air_tax/index.html)
2007年12月作成なので少々古いですが・・・。

また、XTは調べてみたところ「欄外記入の合計」と以下のHPに記載されていました。
(http://www.geocities.jp/shin74512/tourist-fare-int)
欄外がどれかはわかりませんが、参考までに。

参考URL:http://www.etour.co.jp/air_tax/index.html,

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q一般的な商取引での「振込手数料」はどちらが負担するのですか?

現在、当方は商品の卸売業を営んでいるのですが、その卸売り先との間で商品代金の振込手数料について、どちらが負担するかで少々もめています。もちろん些細な金額ではあるのかもしれませんがとても気になります。
通常の一般的な商取引では振込手数料は買い手(支払側)が負担するものなのでしょうか?それても売り手(受領側)が負担するものなのでしょうか?うちでは当たり前のように買い手の方が負担するものだと思い、現在の卸売り先に負担していただいていますが、その会社だけは「それは常識外れ、売り手が負担が世間一般」とのことを言っています。
ちなみに相手方の会社はネット通販を主とする企業で、健康食品を取り扱っています。

Aベストアンサー

振込料の負担については、どちらが負担するという決まりは無く、あくまでも双方の話し合いで決まります。
ただ、双方の話し合いには、力関係がかなり影響します。
つまり、売りたい気持ちが強いか、買いたい気持ちが強いかです。

もう一つ、最近は、一般の商取り引きでは、手数料を引いて振り込むのが主流です。
何故なら、受け取り先が集金に要する時間と人件費が節約できることから、控除されることに反対しないからです。

ただ、会費や書籍代などの場合は、あらかじめ請求書に、「振込料は支払人の負担です」と書いて有り、その場合は当然、振り込み人が負担します。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報