ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

 手形を送るとき、何で送ればいいのでしょうか?
 普通の郵便ではまずいと思いますが、簡易書留とかでも
いいのでしょうか?
 また手形の到着は、やっばり支払日に相手に到着している
必要があるのでしょうか?
 今回、初めて手形を発行します。
 基本的なことですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般的に手形を発送する場合は


書留500円
簡易書留430円
配達記録290円
のどれかを利用します。
補償額の違いですが手形なのでどれを利用しても
かまいません。
一般的には簡易書留が一番多いと思います。
手形の到着日は支払日に付くように送るのが
ベストだと思いますが場所によって
早く着いたり、遅れたりすることがありますので
少なくても支払日に郵送していれば問題は無いと思います。
なお、どうしても支払日に到着してほしいのであれば
プラス30円で配達日指定も出来ます。
送り状には郵送代を領収書と一緒に切手でくださいを
書いておけば郵送代は返してくれますよ。
    • good
    • 5

手形を振り出すときの注意点についてご理解されていると思いますが、改めて述べさせていただきます。


 支払手形の管理に当たっては、取引の記録を網羅的で正確に行なうことにより、取引状況が明確に把握できるよう、厳密な管理を行なうことが大切です。不正や誤謬を事前に防止するためには、手形を振り出すときに適切な手続きをとることが重要であす。振出時の注意点としては、手形用紙の管理と、適切な発行手続きの遵守を行うことが必要です。

支払手形の管理ポイントについては、
*署名、捺印者(銀行届出印)は手形作成者と分別保管されているか、チェックが必要です。
 手形用紙の作成者、保管者、手形署名捺印者、銀行届出印保管者が同一の場合は、支払手形の振出作業が当該担当者のみによって行なわれることになります。
 これでは手形の不正発行の危険性が高くなるため、内部牽制上不適当で、できるだけそれぞれの担当者は分離させることが必要です。
 要員の関係上、分けるのが無理な場合は、少なくとも署名捺印を責任者の管理下で行なうようにしてください。
 手形の作成者は、責任者の管理下でないと銀行届出印を取り扱えないようにするとともに、日頃から会社の銀行届出印と手形用紙の保管、受払管理を厳しく行ない、手形事故の予防に努めることが大切です。

*手形は用法に従って作成されているかチェックを日時行ってください。
 手形に関する銀行との取引約款には、当座勘定規定、手形用法と銀行取引約定書があります。
 このうち手形用法には具体的な手形の記載方法が決められており、それに反したために生じた損害については銀行は責任を負わないことになっているので、最善の注意をしてください。
とくに金額欄記載方法の相違は、手形交換所規則による不渡事由の1つに例示されているので留意してください。
また、手形金額の記載には、チェックライターを使用する等、手形用法どおりに記載しておけば、変造等の事故防止にもなり、自社責任を免れるための根拠にもなるので、手形用法どおりの記載を心掛けることが大切です。
 近年の経理システム(パソコン・ソフト)では、支払予定から適時かつ自動的に手形用紙に必要事項を印刷できるものもあります。印紙の組合せが最も安く上がるように自動的に手形を分割してくれる機能もありますので、大いに利用すべきです。

*約束手形の振出し、為替手形の引受けの手続きは適切か、確認をしてください。
 支払いの予定に従って手形を振り出すときは、所定の責任者の検閲・承認を必ず受ける体制としてください。
 責任者は、金額、期日、振出目的等について間違いがないか確認するとともに、手形要件の記載方法が適法に行なわれているかを検査をしてください。

*支払依頼票に基づき振り出す時の注意点です。
 支払手形は、手形作成担当者以外の者によっては作成させることはありません。指定の責任者の認印を受けた支払依頼票または手形振出依頼書に基づいて発行するという決りを必ず守ってください。

*交付されるまでの保管は適切に行なうことが必要です。
 来、支払手形の振出しは支払時に記名捺印するのが望ましいことですが、手形枚数が多量である等の理由で、所定の支払日の支払いに備えて手形をあらかじめ記名捺印を行なった状態で社内に保管しておくことがあります。
 このような支払手形については、受取手形と同様に大金庫に保管するなど、その保管に十分注意しなければなりません。なお、何らかの理由で所定の支払日に支払先に引き渡されなかった未渡手形の場合も同様です。
 保管については、「手形保管台帳」により日時チェックを行うことが必要です。

*支払手形の送付は適切な方法で実行してください。
 手形の送付は危険を伴うため、郵送の場合には書留郵便の利用や保険の設定等必要な措置を講じることが必要です。手形郵送時の被害などにより損害訴訟を適切に行うため必ず、郵送料確認を求めてください。
また、支払担当者が長時間持ち歩くことは、紛失などの発生原因ともなりますので避けることが必要です。

*手形振出し・引受け後、会計伝票は速やかに元帳記帳担当部署に回付してください。
 約束手形の振出しや為替手形の引受け後、仕入先元帳の記帳担当者へ速やかにその旨を連絡することは、二重払い等の誤謬や着服等の不正の発生を防止するだけでなく、不正・誤謬の発生を適時に発見し、対処するためにも必要です。

*支払記録は領収証と照合してください。
 相手方の支払手形の受領を確認するため、領収証を収受し、支払記録がそれに基づいているかを確認してください。あらかじめ相手先から届けられている記名捺印の印章と、領収証の印章を照合し、事故の発生を予防することが必要です。
また、当該領収証には、対応する請求書を添付しておくことが望ましい管理体制です。


融通手形の発行は禁止する
    • good
    • 4

配達証明つきの書留で送って下さい。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形の郵送

郵送方法について教えてください。
仕事で有価証券(約手)などを郵送する事って結構ありますよね。
弊社では通常、簡易書留で郵送するのですが、本来はどういう送付方法がいいのでしょうか?
先方から送られてくる有価証券は、簡易書留・書留・配達記録など様々です。
賠償の金額によって簡易書留と書留と区別されてるようですが、同封されている証券の金額は、賠償範囲外の物が多いのです。何かあった時に困りますし、かと言って諸経費ばかりかけても無駄ですよね。
佐○○便の方に問い合わせをしたら、郵便法?で有価証券(請求書なども)は宅配業者は取り扱い出来ないと聞きました。でも、弊社宛に請求書なども宅配業者から届く場合もあるしぃ・・・。
皆さんどうされてますか??

Aベストアンサー

物によって使い分けられた方が良いですよね。

書留及び簡易書留の損害賠償は
たとえば時価1万円のもの送ったのが、
紛失したり壊れたから1万円賠償してくれるということです。
手形など紛失したり破損しても実質金銭的な損害はありませんから、すぐ資金化できないものは
すべて配達記録で出しています。

理由はいつ出したか、いつ配達されたかが記録されます
ので私は何千万円の手形でも配達記録を使います。
郵送料も安いですから。

これでも心配な場合、配達証明をつければOKでしょう。

○月○日○時○分 誰々宛てに配達

本題からそれますが、以前輸送中ではありませんが
あってはならない事ですが、手形紛失の処理をしたことがあり、
思ったほど手間も費用もかけることもなく
無事済んだことがあります。

Q約束手形の郵送

今までは、手形を直接受け取りに行っていたのですが、今月から郵送で受け取る形になった得意先があります。25日振り出しで、それまでに領収証と返信用封筒を送付するように言われましたが、返信用封筒に切手を貼付するのでしょうか?簡易書留料金?それとも額面に合わせた書留料金?または、貼付せずにその料金分を翌月相殺?・・・郵送中の事故等による損失はこちらが負担すると、文面にあるため、どのような形で郵送してくれるのかが気になります。今お盆休み中で得意先の経理課に電話もできません。皆さんはどのようにされているのか、お聞かせください。

Aベストアンサー

おはようございます。
郵便の種類は手形の金額にもよりますが、大体、簡易書留が多いと思います。郵送で受け取る場合、どちらの会社の都合で郵送という形になったのかも考慮することが多いです。tatomama5963さんの会社の都合による場合でしたら、返信用封筒に簡易書留の印を押し、郵便料金(切手添付)を送付するのが親切ですが、その辺の所は紛失や事故が起きたときのことも考慮して、双方の会社で取り決めておくほうが良いのでは・・・?後から紛失したときなどに「そっちが簡易書留にしていたからそのようにして送っただけだから、こちらの責任はない」などというようなことも、無きにしも非ずです。又、領収証は手形を受け取ってから送付したほうが経理上安心なのでは・・・?受け取ってもいない金額の領収証を発行することは、危険です。
因みに私の経験では、請求書と一緒に返信用封筒に住所と宛名だけ書き送付し、各会社の支払日に手形が簡易書留で送られてきたのを、受取金額を確認した上で、領収証と簡易書留分の切手を同封していました。お互いに簡易書留で送ったり送られたりしているところは、相殺してました。
ご参考まで・・・・・。

おはようございます。
郵便の種類は手形の金額にもよりますが、大体、簡易書留が多いと思います。郵送で受け取る場合、どちらの会社の都合で郵送という形になったのかも考慮することが多いです。tatomama5963さんの会社の都合による場合でしたら、返信用封筒に簡易書留の印を押し、郵便料金(切手添付)を送付するのが親切ですが、その辺の所は紛失や事故が起きたときのことも考慮して、双方の会社で取り決めておくほうが良いのでは・・・?後から紛失したときなどに「そっちが簡易書留にしていたからそのようにし...続きを読む

Q手形の郵送料について 

先方から手形を郵送して貰った場合の郵送料についての質問です。私の職場では「郵送料分の切手」でお支払するのが常なのですが、たまに支払額から郵送料を差し引いて手形を切ってくる会社さんもいます。その場合、手数料の領収書というのは発行すべきなのでしょうか?
今までは手形の領収書しか発行しておらず、先方からも何も言われたことはないのですが、実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

手形額面から郵送料金額を差引くか又は、手形額面は売掛(支払)債権通りとし別途郵送料を郵券等で受渡しを行うかは相手次第です。という事は事務処理の簡便な方法を採れば良いと思います。

支払額から郵送料を差引いた際の手形領収証は手形額面で発行します。郵送料が入って来る余地はありません。

郵送料を郵券で受渡しした場合ですが、その為に領収書を発行、回収する必要はないと思います。一般的に送付状にその旨を記載しておくのが普通で、もっと端的に言えば領収書をどうするか否かはその会社の責任において行えばよいと思われるからです。

Q約束手形の受取日は、振出日?振出日以降?

顧客への売上金が約束手形で払われます。
私の感覚ですと、手形振出日の1~2日前ほどに郵送し、手形振出日には相手先に到着しているものと思っているのですが、現在(転職後)の顧客は、振出日に郵送しており、受取日が数日遅れ(土日を挟むと特に)です。

それでいて領収書も発行し、送付する必要があるので、領収書日付は手形振出日が一般であるため、どうもしっくりしません。

一般的には、手形振出日は、顧客が手形を振り出す日で、郵送などで受け取る日ではないのでしょうか?その場合、遠方の顧客であれば、受け取りまで数日かかりますが、それは普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、手形振出日は顧客が手形を振り出す日です。
手形振出日は予め注文書や契約書によって定められた日となっています。

ご指摘の通り郵送すれば受け取りまでのタイムラグが生じます。
じゃあどう捌くかってことになりますが
1)振出日に受け取った物とする
 領収証も入金処理も振出日で行うケースです。
2)入金日を手形受取日で処理する
 筋道からすれば、よりこちらが正確な処理です。
どっちの処理が多数かは統計でも取らない限りは解りませんが実体験では
1)のケースが圧倒的だと思います。

ただ振り出したものの何時までたっても送ってこない会社の場合は
受入日を入金日として会計処理を行うケースもあります。

手形に関する見解は下の方の書いてる通りでしょう。

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q手形を郵送したら、切手代金分の領収書が送られてきました。

支払いで、手形を簡易書留にて郵送しました。
だいたの取引先は、郵送代を切手で返してくれるのですが、手形額面の領収書と、郵送代金分の領収書と別けてですが、領収書を発行してきた取引先がありました。
翌月の支払い代金から差引いてくれるのかと思ったのですが、請求書には全く載ってなく、初めてのやり方で、どう処理して良いのか解りません。

このような場合の処理の仕方、解る方居ましたら教えてください。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

素直に考えれば「翌月の代金と相殺してくれ」でしょうね

2月仕入10万円
3月手形を郵送10万円...郵送料500円
領収証は10万円と500円

仕訳

2月
仕入10万円/買掛金10万円...商品仕入
3月
買掛金10万円/支払手形10万円.代金を手形で支払った
雑益_500円/仕入500円....郵送料を値引きしてくれた

こんな感じの方が処理は楽かな?

>手形額面の領収書と、郵送代金分の領収書と別けてですが、領収書を発行してきた取引先

相手に意図を聞く方が良いとは思います

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q受取手形を取立手数料を払わずに換金するにはいつ銀行に持ち込めばいいですか?

お世話になります。よろしくお願いします。

受取手形を取立手数料を払わずに換金するには銀行にいつ持ち込めばよいでしょうか?
ネットで少し調べましたら原則「支払期日前日、当日、その後の2営業日の4日間」みたいな感じだったのですが、それで正しいでしょうか?

「支払期日を過ぎたその後の2営業日」に手形を持ち込むことには全くペナルティなどは生じませんか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

零細企業で経理を担当している者です。
私も手形管理していますが取立手数料を取られるのは馬鹿らしい
ですよね?
ですので御社の口座のある支店振り出しの手形でしたら
期日当日に持ち込めば即入金されますし、近郊でしたら1日前、
遠方でしたら2日前に銀行に持って行けば取立手数料は要りません。
ただ御社の取引のある銀行の窓口に行って聞くのが一番だと思いますが。
弊社の取引銀行でも交換所の関係でどうしても取立に出さないと行けない手形もありますが・・・・
期日前に持ち込んだ場合期日に即資金化は出来ませんが取立手数料
は掛かりません。
ご参考までに。

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q県証紙の勘定科目

今回、屋外広告物の許可申請手数料として、県証紙を購入することになりました。
その際の仕訳の勘定科目なのですが、何が適当でしょうか?
広告宣伝費?手数料?租税公課?

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

印紙は租税です。印紙税法で定められてるからです。

県証紙は、純粋に云えば租税ではありません。
県に支払う手数料や公立高校の授業料支払の代わりに証紙を貼ります。

現金でもって手数料を取り扱いをすると現金管理が煩雑です。そのため県に対して支払うお金を払ったことを証明するため証紙がつくられてます。
ある意味、その県だけで使用できる金券のようなものですから、税金を払ってるわけではありません。

広告宣伝費、支払手数料どちらでも良いと思いますが、租税公課というのは変だと私は感じます。
市に支払う水道料金を租税公課にはしません。
税法、地方税法で定められてる「税」が租税です。

しかしながら、実務では印紙も県証紙も、同様な扱いをしてることが多いです。
買いだめておいて使用するという点が「同じもの」と判断される原因です。

特異な行政サービスを受けるために手数料を納めるのですが、これは税金ではなく、サービスに対する実費の一部負担のようなものです。
現金で受け取って領収書を渡すという事務を省略するために証紙売りさばき所でまとめて売っているにすぎません。

しかし、実務としては「租税公課」で処理をしててお目玉を税務署から貰うということは少ないです。買いだめするのは、特殊な業種だけだからかなと私は思ってます。

県立高校の授業料を証紙で払うという県が有りますので、会社で証紙を買って、代表者の息子の授業料をそれで払ったということがあれば「そいつはいけねぇぜ」と調査官に叱られることになりでしょう。

印紙は租税です。印紙税法で定められてるからです。

県証紙は、純粋に云えば租税ではありません。
県に支払う手数料や公立高校の授業料支払の代わりに証紙を貼ります。

現金でもって手数料を取り扱いをすると現金管理が煩雑です。そのため県に対して支払うお金を払ったことを証明するため証紙がつくられてます。
ある意味、その県だけで使用できる金券のようなものですから、税金を払ってるわけではありません。

広告宣伝費、支払手数料どちらでも良いと思いますが、租税公課というのは変だと私は感じ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報