手形の裏書についてですが、

裏書された約束手形(A社振出 → B社 → 私の会社)を受け取りました。

手形裏のB社が記名、捺印されている下の「被裏書人」のところに誤って、

当社社名のゴム印を上下さかさまに押してしまいました。

このあと銀行に取立に出しますがこの場合、訂正(B社訂正印)が必要でしょうか?

このままでも大丈夫でしょうか?やはり銀行で不備としてひっかかる可能性が高いでしょうか?

詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐らく法律的には不備ではないと思います。

裏書人が記名押印をすることと裏書の連続が具備すべき条件ですから、逆さでも明確に読めれば究極的には適法でしょう。

でも実務的に銀行が受け付けるかどうかは別です。恐らく嫌がるのではないでしょうか。

そんな面倒を避けるには、其の反対の記名の欄を赤の斜線で消してそこに銀行印を捺して、次の欄にもう一度正しく記名押印をしたら良いのです。
簡単なことですから、そのようにした方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2011/02/26 22:27

もう一つ下に押しなおせば問題ないと思います。

この回答への補足

早々に回答ありがとうございます。

いつもの流れから言いますと、

(1)B社捺印欄の下の細いところ「被裏書人」に当社社名ゴム印を押す
(2)その下の裏書欄に当社のゴム印(住所、社名、社長名)と印鑑を捺印
(3)銀行に出します。

さかさまに押してしまったのが(1)の段階なのですが、上下さかさまでも
問題はないのでしょうか?

度々すみませんが、教えていただけますでしょうか?

補足日時:2011/02/23 23:05
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形の裏書間違ったら?

皆さんこんにちは、私は結構転職を繰り返しているんで
すが、手形の裏書について長年疑問があります。
代表者印の「印影」「位置」についてなのですが
「こんな裏書はダメ」とはっきりした絵入りの説明なんて探して見たのですが見つかりません。
たまに、支払いで廻した後「不安だから印をもう一回押しなおして」と戻ってくることがあります。
1.印がブレている(限度があると思いますが)
2.印のふち(円)が欠けている
3.代表者名と代表印が重なっている
4.印がにじんでいる
この内、本当に銀行で割引を断ったりする場合が
あるものは・・・?
また、どんなに気をつけても間違ってしまった場合
裏書人欄を×で潰して下の裏書人欄へ書き直しは認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

問題は(1)と(4)でしょう。
重要視されるのは「印影」です。
ですが 再度押しなおしてください という要求があったとしても それを理由に割引を断る事は考えられません。
もしはねられたとすれば信用問題など 理由は他にある筈です。
手形の裏書は振出人が連続していれば問題はありません。

Q手形の印鑑を間違えました

友人からの相談ですが
手形を発行してしまって、満期日が7日後に来るのですが
手形と控えの割り印を見て、間違った印を押した事に気が付いたとの事です。
当座預金の残高は有るのですが、この場合不渡り処分に成るのでしょうか?
振り出し先に手形の回収をお願いすれば良いのですが、
変に誤解されるのが恐いので教えて欲しいと言う事です。
このままでは、不渡り処分に成って、調査機関に登録されてしまうのでしょうか?
取引先に満期日前に連絡しないといけないのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

手形振り出しの取引先の銀行に連絡が実務上いちばんです。

「期日○月○日、手形番号○○、金額○○円、押印を間違えて渡してしまいました。発行間違いないので引き落とししてください」と

「期日に銀行窓口で届出印の押印をしなおすか、手形用紙差し替えするか」は銀行の指示に従えばよいです。

以上、元銀行勤務二十余年の経験談です。

Q小切手や手形に押す印鑑の印影はどの程度までOKなのでしょう?

いつもお世話になります。
支払の手段として、小切手や手形をきることがあるのですが、そのときに押印する印鑑の印影で少し気になることがあり投稿いたしました。
この印影は銀行で印影の照合をしていると思うのですが、これはどの程度までならOKとされるものなのでしょうか?というのもたまに少し印影が細かい文字のところがつぶれてしまったり、例えば右半分がなんとなく、ぼやけてしまったりすることがあります(肉眼では、ぼやけているがわからないことは無い程度)。完全に2重に押印したようなものは、認められないのはわかるのですが、それ以外の上記のような場合、照合というのはどの程度まで合っていたら認められるのでしょうか。同じ印鑑でも押し方で多少上記のようなことは起こりえると思うのですが。必要以上に気にして何枚も作成しなおすのも、、、と思っております。
実際銀行に出してみたらわかる、、、というのがあるかもしれませんが、お解かりの方、経験則をお持ちの方等いらっしゃいましたら、アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

> それがどの程度までならOKなのかというのが知りたいです。

例えば、商法や銀行法などの法律として、
「印章の○○以上(程度)。」などとは定められてはいません。

その小切手(手形)を発行した銀行支店の当座預金係の担当者が、
届出印と照合できるかできないかの個人的な判断(経験)に負います。

気になるのなら、例えば、適当な紙に幾つかのパターンの押し加減で押印をして、
それを持って銀行支店へ行って、判断をして貰うと良いでしょう。
法人で当座を開いているのなら、銀行支店の担当者もいると思いますので、
その方に問い合わせるのも手段の一つです。

Q上下反転した捺印

気になってしまって仕方が無いのでメールさせていただきました。
「ハンコ」を逆さまに押したらどんな意味が有るのかご存知の方いらっしゃいませんか?
新人の時に先輩社員から「ハンコはさかさまに押したら絶対駄目だよ。」言われたのを覚えていて、逆さまに押さない様に気をつけていました。
でも何故いけないのかを忘れてしまい気になって気になって・・・・
常識なのか先輩の独断と偏見なのかも分からないのですが、どなたか聴いたことある方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

逆さに押印するのは、役職者が「真意は賛同していないものの、立場上押印しなければならなかった」ときに行う行為です。後日、計画が失敗したときに押印した役職者は承認責任を問われますが、逆さに押印しておくことで「私は本音としては反対していた」という意思表示ができるわけです。もちろん、商法上は意味をもたない行為です。
このような背景がありますので、一般社員が責任が発生しないにも関わらず、逆さに押印するなど、「おこがましい」行為となるわけです。

Q小切手の裏書について

小切手の裏書について二点教えてください。

線引き小切手の場合、現金化するには、裏にも
振出人の印が必要であると聞きました。

その場合、振出人の印+自分(受取人)の氏名或いは
会社名が書かれていてはいけないのでしょうか?
裏書に名前が二つ書かれていることになりますよね?

もう一つの疑問ですが、小切手の裏書は、必ず
住所、氏名が必要でしょうか?氏名だけでは受け入れて
もらえないのでしょうか?

小切手を扱うことが初めてなので、分かりにくい質問で
申し訳ありません。
詳しい方、是非教えてください。

Aベストアンサー

>名前が二つ書いてあっても良いということになるのでしょうか?

線引き小切手を誰でも引き出し出来るように振出人が署名捺印する物と違って、あくまでも引出し人の確認ですから、名前が二つになってもサインだけは求められると思います。
私が振り出した小切手で自分が引き出しに行っても、裏書きのサインだけは求められます。
厳密に言えば、引き出し人の確認と言うだけでそのサインが全くでたらめであっても、それを確認することは無いと思います。
トラブルがあった場合の、銀行側の責任逃れ的な物なのでしょうか。
銀行による取り扱いは色々かも知れませんので、ご質問者様が名前や住所を明らかにすることにこだわりがあるので有れば、とりあえずそのまま提出し、求められる範囲でサインをすれば良いと思います。


なおこの回答は、あくまでも私の経験であって、法的な根拠は解りかねますので念のため。
銀行関係者の専門的な回答があると良いのですが。

Q小切手の日付を訂正する

こんにちは。
中小企業で事務全般を任されているものです。

今回、仕入先へ渡す小切手の
日付を間違えて記入してしまいました。
(1ヶ月先の日付を書いていました。)

上司に確認したところ、訂正印を押し、日付を直すよう
指示をうけ、そのようにしましたがこの際の「訂正印」
とは銀行印でなくてはいけないのでしょうか?
自分の苗字の訂正印を押してしまったのですが
後で「これではいけないのかも??」と
不安になってきました。

経理初心者でわかりませんので、どなたか早急に
教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯1です

銀行持込の時点で、拒否される可能性も考えて補足いたします。

ベストなのは仕入先にまだ小切手をお持ちであるならば、持ち込み前に訂正されるのが一番です。

すでに持ち込み後でしたら貴社取引先銀行へ「不備の小切手を発行した」旨、一報入れておいたほうがよいと思われます。

持ち込み銀行(仕入先取引)=交換所=支払い銀行(貴社取引)へと、連絡が行き渡るはずです。 
後は訂正印か、差し替えか銀行の指示を仰げばよいかと。

何だかわかりにくい文章ですね・・・。(汗)

お急ぎと判断してのアドバイスがかえって御迷惑を掛けていなければよいのですが・・・。

Q支払手形の書き間違え

緊急質問です。

支払手形を他社に発行するのに、払い出し日の日付を書き間違えてしまいました。
どう処理すればいいのでしょうか?

訂正印を押して書き直す・・・?

その手形は没にして新たに作成する・・・?
その場合その没にした手形はどう処理すれば?

どなたか緊急に教えてください

Aベストアンサー

#1の方が記載されましたように、いずれでも良いと
思います。

但し、手形は振り出した会社の信用を示すものであり
期日、振出日とも訂正はあまり良いものではありません。

可能であれば、再作成された方が良いのではないでしょ
うか?

書き損じ分の処理については、#1の方が書かれた通り
で、印鑑などがおしてあれば、消しこんでおくと良い
でしょう。

Q約束手形の記載に不備があるとどうなりますか

経理素人のものですが、
自社で切った約束手形に、届印がにじんでいる、ややずれている
期日の日にちの判がにじんでいて分かりずらいなどの不備があった場合、
その手形が期日をむかえたとき、どうなるのでしょうか。

手形は他社にまわされたりするかと思うのですが、
期日にお金がおりないなどのことはあるのでしょうか?事
前に銀行から連絡とかくるのでしょうか?

知っている方おしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは

手形は、まず発行して支払いした段階で「受け取り先」の経理でチェックされるので、取り立てられる際にその様な問題が発生する率は比較的少ないと思います。「ずれてる、にじんでる・・くらい」は、有り得ます。それが第3者が「確認不可能でない限り」問題はありません。
銀行での届出印は、銀行によりけり、は多少ありますが「きちんと陰影の照合がなされており、目で見る視覚的より、機会で照合出来るかどうか」です。それで照合出来ないほどひどい手形(見た事ありませんし、経験もないですが)だと、その手形の振出し銀行に問い合わせが入り、確認されるのではないでしょうか。
手形は約束の期日に現金化されますので、受取先で現金化されるのが通常ですし、振出し先の口座から支払われます。事前にという事はないと思います。手形の支払い日は確定していますから、当日銀行に持ち込むか、銀行にあらかじめ、預けておいて手形の取り立てを依頼しておきます。銀行間のやりとりで、期日当日に通帳には記載されますが、その日に現金化とならず、1、2日後に入金されて初めて現金を出金出来る・・というパターンもあります。何にせよ、手形は会社の顔でありその会社の信用ですから「もとから、手形に不明確な記載や不備が生じる事は、本当に余程の事がない限りないと思います」振りだす方も責任者、受け取る方も経理の責任者です。必要事項は「その際」確認されているはずです。

こんにちは

手形は、まず発行して支払いした段階で「受け取り先」の経理でチェックされるので、取り立てられる際にその様な問題が発生する率は比較的少ないと思います。「ずれてる、にじんでる・・くらい」は、有り得ます。それが第3者が「確認不可能でない限り」問題はありません。
銀行での届出印は、銀行によりけり、は多少ありますが「きちんと陰影の照合がなされており、目で見る視覚的より、機会で照合出来るかどうか」です。それで照合出来ないほどひどい手形(見た事ありませんし、経験もないですが)だ...続きを読む

Q約束手形取立の際の裏書記載について

いつもお世話になります。
法人ですが、通常現金振込にて代金を
受領いたしておりましたが、今回
約束手形での受け取りが発生致しました。
※一定金額までは現金振込して頂いたのですが、
 お客様の社内規定上、一定金額以上は
 どうしても手形での支払いになるそうです。

2/15が支払期日のため、今週中にでも
弊社の取引先銀行へ取り立て依頼を
行おうと考えております。
先に取り立て依頼書をもらってきて
記載を致しました。
取り立てる為、約束手形の裏の一番上の欄へ
弊社の住所・代表社名・銀行印押印が必要と
銀行の方に伺いましたが、
住所や代表者名は通帳の登録のものになるのか
とても不安に思い質問させていただきました。
※会社(本社)が移転し、代表者も変わりましたが、
 諸手続きの都合上、通帳の登録情報は
 移転前の住所と代表者です。
今の住所と代表者で記載と考えておりましたが、
受け付けてくれるのでしょか。

大変初歩的なこととは、存じますが
何卒ご回答の程、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。
私の経験上でお話ししますね。
私が勤めていた会社は受取手形も支払手形も発生しています。
支払手形は銀行に登録している横判【住所、会社名、代表者のゴム印】と丸印【銀行印】を使わなければいけませんでした。
受取手形の裏書は連続性が最重要なので、住所、会社名、代表者は手書きで【ゴム印も可能】大丈夫ですが、
書き間違えると厄介ですから、統一して横判と銀行印を使っていました。
私が経理担当していたときは、極力期日の一ヶ月前に取立に出していました。
2月の期日の分は1月上旬とか・・・
会社独自なので一概に一ヶ月前がいいのかは分かりませんが、
取立忘れを防ぐのにいつも一ヶ月前にチェックしていました。

会社が移転したのでしたら、早急に手続きしておくといいかと思います。
早めに銀行で手続きした方がよろしいかと・・・

参考URL:http://www.nihonbussan.com/yakusokutegata.html

Q約束手形の裏書人・被裏書人などについて

約束手形における振出人、裏書人、被裏書人についてご教授お願いします。
私は以下のように理解しています。
(1)振出人=手形を最初に発行した人
(2)裏書人=裏書をした人。お金をもらえる人だが、被裏書人にお金を払うために裏書をする。
(3)被裏書人=裏書人が指定した人、お金をもらえる人
(4)さらに被裏書人が新しく裏書人となり、別に被裏書人を指定して債権を譲渡する。
(5)これらを繰り返して、手形は転々と譲渡されていく。
以上、私の理解に誤り等あればご指摘お願いします。
また、
(6)小切手にも裏書があるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)~(5)まで、おおまかな理解としては、特に誤りはないと思います。


>(6)小切手にも裏書があるのですか?

小切手には裏書欄はありませんが、裏書することもできます。
しかし、そのまま相手方に渡せば事足りますので、通常は裏書ではなくこの方法によります。
記名式(受取人の氏名が記載されている)小切手の譲渡は、必ず裏書しなければなりません。

が、その前に、小切手には支払期日がなく、銀行ですぐ現金化できるので、小切手の譲渡自体あまり必要性はありませんが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング