私のうっかりミスで回収した裏書手形の期日が過ぎてしまいました。(末日期日➡︎3日に気づき時すでに遅し)客先の廻し手形で、回収が先月10日で期日が短く当社は月初にまとめて取り立てに出す習慣でしたので、うっかりしておりました。
対応なんですが、まず回収先の取引先へ連絡、直接当社が振出人と話をするか、裏書人である取引先に依頼をするか?ちなみに当社と振出人には面識はありません。
処理として、
振出人に期日を訂正してもらう?または小切手と差し替えてもらう?
というようなことを考えているのですが、その場合の領収書のやり取りや、郵送などで処理した場合、いったんなにもなしに有価証券を先方にわたしてしまうわけですし、できれば出向いて差し替えを依頼したいのですが、どうやら振出人はHPによるとそこそこの規模の会社で、すぐに社長さんがハンコを押してくれるような感じではありません。
まず、どのように依頼し進めていったらいいのか?途方にくれています。
ご教示ください。よろしくお願いします。

このQ&Aを見た人が検索しているワード

A 回答 (4件)

私も何度か経験があります。


斯様な場合、私は『check-svc』様がお答えになられている事と同じことを行いました。

1 当方の会社名を名乗って、「こちらの事務手続きミスで、御社が振り出した手形を(交換所提示期間内に)取立することができなかったため、失礼ながら御社に電話を入れさせてもらいました」と用件を伝え、適切な部署の方に回してもらう。

2 担当責任者の方が電話口に出たら改めて用件を述べ、「振込または小切手で代金を頂きたい」「手形現物は代金受け取り後に速やかに送付する」「手形のコピー、当方の住所または振込先口座情報を貴社に送信したいので、FAX番号を教え願いたい」旨を伝える。

大抵はこの程度のやり取りで解決しますね。
領収書の発行は不要です。
 ⇒ 手持ちの手形に対する本来の領収書はすでに他社が発行済み
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

アドバイスありがとうございます。
おかげさまで振出人に交渉し無事解決しました。領収書の件にふれていただき
よくわかりましたのでベストアンサーとさせていただきます。

お礼日時:2015/07/07 17:37

手形交換所を通じての決済ができないというだけのことで、手形は借用書としての証明力の効力はあります。



ですから、振出人に手形の記載金額を支払ってもらうように話しをもっていけばいいのです。
支払方法は色々ですが、こちらの口座に振り込んでもらう、あるいは小切手と交換するなど、先方と調整すればいいです。
万一、先方が支払わないと言うことになれば訴訟することになりますが、勝訴は間違いないので先方もバカでない限りは支払に応じるはず。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
訴訟では、勝ち目あるんですね。心配が少し減りました。

お礼日時:2015/07/07 17:39

>どうやら振出人はHPによるとそこそこの規模の会社で、すぐに社長さんが…



そこそこの規模とは、「大きい会社」という意味ですか。
それなら、手形にいちいち社長自らが判を押しているとは考えにくいです。
経理担当役職者の役目と思われます。

郵送だの預かり証だの考える前に、まずは振出人である会社の経理部門に電話して実情を話し、対処法を相談するべきでしょう。

誰にも間違いはあることですから、きちんと話をすれば分かってもらえるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。
そう言われてみれば、そうですね。
社長直々はないかもしれません。
間違いは誰にでもある、と慰めていただきありがとうございます。
これからは気をつけるようにしたいと思います。

お礼日時:2015/07/07 17:44

裏書あって判子がおされてるのなら、それを持って銀行に行ってあなたの口座に入金すればいいのでは?



表書きに期日があっても、裏書+判子があれば期日は無効です
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

いち早くお答えいただきありがとうございます。
無事に解決いたしましたので御礼申し上げます。

お礼日時:2015/07/07 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q裏書手形の裏書に不備があるとどうなりますか

約束手形の裏書に不備があった場合どうなるのでしょうか?
不備といえるものかどうかわかりませんが
裏書手形の裏書に横判(社判)と銀行印を押しましたが、銀行印が若干
はみだしてしまい(1mm程度)また強く押しすぎたため
インクが結構にじんでしまいました。

このような手形は、銀行に渡した際どのようなことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

誰が見てもにじんで見える状態なら,その印を×してください。再度押印してください。
又は一区切り全体を×にして。×の真ん中に銀行印を押印してください。

インクが結構にじむ?朱肉でなく赤スタンプを使用したのですか?
正しいやり方は朱肉をきれいにして,銀行印をトントントンと軽く叩くようにしてください。まんべんなく朱肉が付いたら,(先ず手形用ゴム板と印矩(インク)Lの角を使用し他の紙で練習してください)

手形を手形用ゴム板の上に置いて,押印したまま20~30秒押し続けてください。もし薄い時は,印矩(インク)事務定規の角の所に何度か押印します。そうすると正しい仕事ができます。

銀行という処はこの手形は誰が見ても信用できるか否かで判断します。不備だと判断されたら返却されます。ですから慎重にしてください。

Q期日現金と手形の違いについて

手形発行費用の削減、手形管理業務の削減という意味で期日現金という支払方法がひろく使われていると思います。

この期日現金というものについて分からない点があり質問いたします。

1.期日現金というのは法的な力がかかるのでしょうか?手形が不渡りとなれば倒産になると思うのですが、期日現金でも同じく倒産になるのでしょうか?

2.期日現金でも割引ってできるのでしょうか?

3.上記の2つの質問&手形の存在の有無以外で、期日現金と手形に違いはありますか?

最近会計システム絡みの仕事をしていて非常に気になっています。一部でも構いませんので、回答いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経理勤務を離れてから、この期日現金(期日振込?)が大手企業の多くに拡散されたような気がします。ブランクがあるので全部覚えていませんが債務をファイナンス会社に委託するケースが多いので、期日に振り込んでくるのは系列のファイナンス会社の名前となります。期日前の現金化はむづかしいと思いましたが、手数料と利息を払えば現金にしてくれるかもしれません。詳しくはファクタリングで検索するとヒットしますよ。
違いは期日振込は売掛金しかも長い(回収率が悪い)、手形は回収と見なされる。(実態はどちらも売掛債権として回転日数の対象となる。)

Q仕訳について教えて下さい!交際費ですが、当社とA社で客先に持って行った

仕訳について教えて下さい!交際費ですが、当社とA社で客先に持って行った手土産代を折半する場合。
当社(社長)が手土産を10000円で購入。プラス客先には以前営業枠で購入した手土産2000円を追加して
手渡した。社長の口座には、会社当座から10000円振込。A社には6000円を請求。伝票上は未収入金と
する。最終的に以前営業枠で購入した2000円は営業振替▲2000円とする。以上、どのような仕訳になるか全く分かりません。だれかアドバイスいただけないでしょうか・・・。

Aベストアンサー

「営業振替」の意味がわかりません。
お手数ですが、補足くださると詳しくお話できるかもしれません。

上記内容を除き、また仮払金で前もって支払うことがないと仮定すると、
以下の仕訳が妥当かなと思います。

(1)もともと購入済みであった手土産の購入時の仕訳

(借)交際費  2,000 (貸)現金預金  2,000


(2)一万円の手土産を購入したとき(購入の事実を知り振込をしたとき)の仕訳
  [この時点で"客先"に(1)と共に折半することがわかっている場合]

(借)交際費  4,000 (貸)現金預金 10,000
(借)未収入金 6,000

Q期日前投票について

もうすぐ参議院議員選挙がありますが、私の地域では市議選挙もあります。ですので期日前投票に行くときは市議選挙の期日前投票が始まったときに同時に行く予定をしてますが、期日前投票初日に1番目に投票に行った人に対して、投票箱の中を確認させるんですか?本来の投票日に1番目に投票に来た人に投票箱の中を確認させるので、もし期日前投票の投票箱の中を確認させなければ意味がないですよね?もしご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>期日前投票初日に1番目に投票に行った人に対して、投票箱の中を確認させるんですか?
 ・その通りですが
 ・初日だけではなく毎日です
 ・あと投票時間中に投票箱を新しくした時も同様です
 (最初の段階では投票箱の組み立てからです、投票箱は毎日交換されます(投票があった場合:投票がない場合は組み立て前の状態で翌日に繰り越します))

 ・追加:期日前投票後に死亡等になった場合でも、その投票は有効です
  (これは、選挙権の認定が期日前投票日からになる為です、投票後に選挙権が喪失しても投票自体は有効になります)

Q取引先が吸収合併 請求先は?

取引先がある会社に吸収合併されることが決まっています。
支払条件はよくあるパターンの
「納品検収 月末締め翌月末払い」です。

そこで質問ですが、吸収合併の日を境として

吸収合併前の旧会社からの注文を
納期の関係で吸収合併後に新会社に納める

ような場合は一般的に請求先はどうすればよいのでしょうか?
新会社宛に請求書を発行する?

または、納品日が吸収合併後になることが明らかな場合、
吸収合併前に新会社から注文書を発行してもらう?

上記以外も含めて一般的な方法を教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

合併の場合、旧会社の債権債務は、新会社(存続会社)がすべて引き継ぐことになっています。

ご質問の場合、旧会社からの注文書に基づき、新会社に納品し、新会社に請求書を発行することになります。

理由は、
注文書発行時・・新会社(合併した後の状態、という意味です)はまだ存在していない。
納品時・・旧会社はすでに存在しない。
請求時・・旧会社はすでに存在しない。からです。

また、合併前に新会社名で注文書を発行してもらうことは、一般的ではありません。
合併により、旧会社の債権債務は自動的に新会社に引き継がれます。
つまり、合併の日の前に旧会社がした注文は、自動的に新会社の注文に切替ります。
逆に、合併の日より前に、新会社が発注することは、新会社(合併後の状態)としては存在していないので、辻褄があいません。

合併により、社名変更するとイメージするとよいかもしれません。
例えば、1月からさくら銀行と住友銀行が合併し、新社名が「三井住友銀行」になるとします。
絶対に、合併前の12月には、三井住友銀行名で注文書がだされることはありません。

合併の場合、旧会社の債権債務は、新会社(存続会社)がすべて引き継ぐことになっています。

ご質問の場合、旧会社からの注文書に基づき、新会社に納品し、新会社に請求書を発行することになります。

理由は、
注文書発行時・・新会社(合併した後の状態、という意味です)はまだ存在していない。
納品時・・旧会社はすでに存在しない。
請求時・・旧会社はすでに存在しない。からです。

また、合併前に新会社名で注文書を発行してもらうことは、一般的ではありません。
合併により、旧会社の債権債...続きを読む

Q口頭弁論期日について

口頭弁論期日について2点、質問させてください。

当方、本人訴訟をしています。
争点整理手続きを2回した後、半ば強引に口頭弁論期日を5月下旬に設定されてしまいました。
しかしながら、民事訴訟法165条1項、170条5項、177条等によれば

「準備的口頭弁論(あるいは弁論準備手続き、書面による準備手続き)を終了するに当たり、その後の証拠調べにより証明すべき事実を当事者との間で確認するものとする。」

とありますが、裁判所に質問しても、私が証明すべき事実や本裁判の争点を教えてもらえないので、困っています。上記条文はそういう意味ではないのでしょうか?

また、口頭弁論期日に向けて最終準備書面を作成したいのですが、上記のとおり争点が明確に把握できないため、期日までに間に合いそうにありません。そのことを理由にして、口頭弁論期日は延期できるのでしょうか?

あるいは、5月から新たな就職先に勤務するため休みが取れそうもないのですが、このことを理由に期日の延期はできるのでしょうか?

当方としては、争点を明確に把握した上で最終準備書面を作成し、会社を休めるようになる1~2ヵ月後に期日を変更したいと考えています。

お手数おかけしますが何卒有益なご意見を賜れればと存じます。

口頭弁論期日について2点、質問させてください。

当方、本人訴訟をしています。
争点整理手続きを2回した後、半ば強引に口頭弁論期日を5月下旬に設定されてしまいました。
しかしながら、民事訴訟法165条1項、170条5項、177条等によれば

「準備的口頭弁論(あるいは弁論準備手続き、書面による準備手続き)を終了するに当たり、その後の証拠調べにより証明すべき事実を当事者との間で確認するものとする。」

とありますが、裁判所に質問しても、私が証明すべき事実や本裁判の争点を教えてもらえない...続きを読む

Aベストアンサー

> 上記条文はそういう意味ではないのでしょうか?

少し違うものと思います。

挙げられた条文は、裁判所が「確認する」ことを定めたものであって、当事者に教えることを定めたものではありません。また、確認すべき対象も「証明すべき事実」であって、同条に基づく争点確認義務はありません。

さらに、証明すべき事実は、当事者が裁判所に対して何をどのような方法で証明するかを争点整理手続の中で明らかにすることによって定まるものであって、裁判所がこの事実を証明しなさいと指示するものではありません。裁判所は中立性を保ち当事者の間に立つべき存在であるところ、そのような指示を出すと中立を確保できなくなってしまうのです。


> 争点が明確に把握できないため、期日までに間に合いそうにありません。そのことを理由にして、口頭弁論期日は延期できるのでしょうか?
> あるいは、5月から新たな就職先に勤務するため休みが取れそうもないのですが、このことを理由に期日の延期はできるのでしょうか?

口頭弁論期日の変更は、「顕著な事由がある場合」にのみ許されます(民事訴訟法93条3項本文)。ただ、弁論準備手続を経た場合には、「やむを得ない事由がある場合」にのみ許されます(同条4項)。

前者については、理由を具体的に明らかにし、かつ疎明資料を付けた場合には、仕事の都合であれば認められるときもあります。弁論準備のため、という理由は、争点整理手続を経た場合には、認められにくくなるようです。

後者については、前者よりも要件がさらに厳しくなり、弁護士などの訴訟代理人を選任できない事情の有無なども加味されます。

> 上記条文はそういう意味ではないのでしょうか?

少し違うものと思います。

挙げられた条文は、裁判所が「確認する」ことを定めたものであって、当事者に教えることを定めたものではありません。また、確認すべき対象も「証明すべき事実」であって、同条に基づく争点確認義務はありません。

さらに、証明すべき事実は、当事者が裁判所に対して何をどのような方法で証明するかを争点整理手続の中で明らかにすることによって定まるものであって、裁判所がこの事実を証明しなさいと指示するものではありま...続きを読む

Q裏書した会社が倒産、廻し手形は返却?

A社が振り出した手形を、裏書き手形としてB社から受取りました。
もしB社が倒産した場合、B社の破産管財人から
債権整理の為、この廻し手形の返却を求められる場合があるのでしょうか?
もし手形の期日前に割引によって現金化してしまった場合はどうなるのでしょうか?現金での返金を求められるのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その恐れはありません。
裏書した相手は、もう債務は支払済みですから、帳簿上にあなたへの債務は残っていません。
倒産の整理は倒産した日の債権債務に基づきますから、支払済みの債権債務は関係ないのです。
あなたの手形はあなたと振出人A者の関係であって、B社はとりあえず関係ありません。取り合えずといったのは万が一振出人のA社が支払えないときには、あなたのB社への債権が復活するからです。

割引してしまっても受け取った手形はあなたのものですから、返却する必要はありません。

Q意味をわかりやすく教えてください

ひきあたるとはどういう意味なのでしょうか?
「支払期日が古いものから入金がひきあたることがあります。」
という文章の意味がイマイチ理解できません。

無知で申し訳ありませんがわかりやすい言葉で教えてください。

Aベストアンサー

数回の返済分があって、入金があった場合、古い期日のものから入金分の金額をあてていきますという意味だと思います。「ひきあてる」といった方が伝わるでしょうか。

Q約束手形で振出人の署名はあるが押印のない場合は

調べてみたのですがよくわからないのでどなたかよろしくお願いします。

この場合、どのような観点からみても約束手形として無効になるのでしょうか?それとも○○として解釈されるとか決まりがあるのでしょうか?

判例六法などで調べましたがわかりませんでした。

Aベストアンサー

無効です

手形要件を満たしていません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報