決算日現在において、振出した手形の期日が過ぎているのですが、引き落としされていません。この場合支払期日で 支払手形/預金 で仕訳して決算処理においては銀行残高調整表で調整するか、引き落としがされる日まで支払手形勘定を据え置いておくのかどちらでしょうか?
自分の見解では前者の銀行残高の調整なのですが、有識の方のご意見を頂戴したいです。と言いますのも、貸倒引当金に影響があるところのようで。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先日付小切手で期日に未落ちの場合、原則として仕訳は切りません。

ただし、未落ちの理由によっては仕訳を切る場合があります。


先日付小切手も、振出側では原則として、通常の小切手と同様、振出時に当座預金勘定を減少させます。先日付の合意は小切手を渡す相手との間でのみ有効であり、銀行をはじめとする第三者には無関係の合意です。そのため、未取付小切手と同様に考え、振出時に当座預金勘定を減少させます。

この場合、振出時にすでに当座預金勘定を減少させていますから、期日未落ちでも仕訳を切ることはありません。


ただし、先日付とした理由が資金繰りの問題(資金の融通)であれば、振出時に貸方「支払手形」(または負債科目「先日付小切手」など)に計上します。こちらのケースが一般的と思います。

この場合でも、未落ちは小切手の銀行への提示がなかったということであり動きがないのですから、仕訳は切りません。

もっとも、未落ちの理由が、振出側の資金繰りの関係による支払期限延長であれば、借入金に振り替えることを検討すべきといえます。実質的に借入金に転嫁したのでしたら、借入金への振替仕訳を切ることになります。
    • good
    • 0

支払手形勘定のまま残しておくのが適切です。

仕訳は事実に基づく必要があること、および手形は小切手とは違う会計処理になることがポイントです。

支払期日になっても振出側の事情によらず決済されない手形は、預金から引き落とされませんし、手形債務もそのまま残ります。そのため、支払期日に「支払手形/預金」の仕訳を切るのは事実を反映しておらず、正しくありません。仕訳をせず支払手形勘定のまま残しておくのが適切です。

小切手との対比でいえば、小切手は現預金とほぼ同等の換金性があることなどから、振り出し時に当座預金を減少させる仕訳を切ります。手形はそうではなく、むしろ有価証券であることから、振り出し時にはもちろん、支払期日到来でも振出側の事情によらず決済されない場合でも、預金を減少させる仕訳は切りません。

なお、振り出した手形が支払期日になっても振出側の事情によらず決済されない場合、その手形は、手形振出側では未取付手形と称します。見取付手形は変換ミスかな、と思っています。ご参考に、未取立手形は、銀行に持ち込まれていながら銀行側で処理できていない場合にいうところ、手形を振り出した側は銀行に持ち込まれているかどうか一般には分かりませんし直接には関係のない事情でもあるため、振り出した側では未取付手形で総称します。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。追加で質問なのですが、先付小切手が期日到来済で未落ちの場合も支払手形で計上しておくのが望ましいのでしょうか?

補足日時:2014/10/13 20:43
    • good
    • 0

かりに決算日が3月31日の会社が額面1,000,000円、支払期日平成26年3月31日の約束手形を振り出したが、決算日の平成26年3月31日になっても、当座預金から引き落とされていないとします。



この場合、その未取立て手形の金額は、平成26年3月31日現在の貸借対照表の「支払手形」勘定に含むべきです。なぜなら・・

・・手形が未取立てであっても、その手形債務は、平成26年3月31日現在は、依然として生きているからです。もし、当座預金から引き落とされたことにして「支払手形」勘定から1,000,000円を外して表示すると、その貸借対照表は会社の”真実”の財政状態を表現していないことになり、企業会計原則に反します。
※なお注記表に、決算日現在の「支払手形」残高のうち1,000,000円が未取立てであることを注記する。そして、決算日の後、その手形についてどのように処置したかを注記しておく。


〔参考〕企業会計原則

真実性の原則:
「 企業会計は、企業の財政状態及び経営成績に関して、”真実”な報告を提供するものでなければならない。」
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支払手形と営業外支払手形の違いは?

厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。

3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。
「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」

TACや大原簿記などの模範解答では

 完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500
 仮払消費税3,500 /

となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

営業外支払手形というのは、有価証券の購入などのいわゆる営業とは直接関わりのないものを購入した際に振り出した手形のことを言うのだと思います。引渡し物件が前期のものであるか否かで判断するのではないと思います。

Q手形の支払期日が日曜日

取引先から、約束手形で支払いを受けました。
手形取引は初めてなので、いろいろ自分なりに調べてみたのですが、支払い期日が日曜日になっています。
この場合、実際に取立てが行われるのは休み明けの月曜日になるのでしょうか?
当方の口座に振り込まれるのは、その月曜日から更に2-3日後になりますか?
支払期日が月末に近い日曜日で、その月内に口座に振り込まれるかどうか微妙な日付なので、割引した方がいいか迷っています。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

支払期日は「手形小切手法」にもとずき、記載された日が休日にあたる場合それを超える第一営業日、即ちこの場合は月曜日になります。(月曜日が連休の場合はその翌日と言うことになります)。

取立てについては、monako2003さんが取立てを依頼する銀行と、手形に書かれている支払銀行(手形の取引銀行)が同じである場合は期日の当日入金になります。(この場合は支店が変わっていても同じです)

また、取立てを依頼する銀行と支払銀行が違ってしまう場合は「未決済為替勘定」取扱いとなって、支払期日当日手形の取引口座から引き落とした後monako2003の口座に送金する手続きに入ります。
従ってこちらの口座に入金されるのは2・3日遅れが出ると言う事です。

この遅れを少しでも回避させる方法として、取り立て「電信扱い」があります、相手の口座引き落しと同時に送金してもらう、と言うものです。

一度取立てを依頼する銀行の「為替窓口」に相談してみてください。一部の地域では電信でも1日遅れになる事もあるようですから。

Q支払期日未到来の手形

1 受取手形の支払期日が来る前に振出人が倒産して、手形決済ができないことが明らかになりました。この支払期日未到来の手形も「不渡手形」ですか?

2 一旦銀行に取り立てに出した手形を、支払期日が来る前に返してもらうことはできますか? (例えば、支払期日がずっと先の受取手形を銀行に取り立てに出した後、振出人が破産したため、この受取手形分を破産債権として裁判所に届け出る場合、証拠書類として手形の写しが必要だから手形を手元に取り戻したいというケース。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厳密に言えばそうではありませんが、実質的には不渡です。期日未到来でも銀行は不渡り扱いとします。

2 返してくれます。

Q手形で支払いをする時(廻し手形)の期日は・・

経理初心者で、ここでいろいろと教えていただきながら何とか頑張ってます。。。
廻し手形について教えてください。
現在、取引先からの手形がいくつかあり、今月の支払いにそれを
使って支払いをしようと思ってます。
その際、手形の期日があと2週間しかないものがいくつかと、最近
受け取ったもので、期日が3ヶ月先のものがいくつかあります。

そういう場合、期日がまじかな手形でも支払いに利用しても大丈夫
なのでしょうか??
最低1ヶ月は先じゃないと駄目などというマナー?のようなものは
あるんでしょうか??
金額的にはどちらも大丈夫なので、どちらの手形を廻してもいいのは
いいんですが。

それと、期日が来た場合、銀行の窓口で書く用紙は窓口でもらうんでしょうか??その他必要なものはありますか??

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかかります。どういうことかというと、7/31日が満期日でも、8/3頃にならないと口座から現金を下ろせない、と言うことです。10日前に取り立て依頼をすると、確実に7/31には資金化され、現金として扱うことができます。
7/31にすぐ資金化したい場合は、満期日の1か月~2週間くらい前には銀行に手形を持ち込むぐらいの余裕が欲しいものです。

・支払明細書を作成し、手形を送る前に必ずFAXで支払先に送ります。その際、満期日を必ず記載しております。

以上3点を考慮の上で手形を廻してみてはいかがでしょうか。

おはようございます。
当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかか...続きを読む

Q約束手形の裏書人が解散したあとの取立期日が到来する手形

お世話になります。
質問のタイトルの通りですが、現在手元にあります、約束手形の裏書人が来年3月を以って解散することとなりましたが、約束手形の取立日(支払期日)が、来年の4月以降となっているものが数葉ありますが、この場合手形の効力に問題が生じますでしょうか。
仮に平成16年4月10日が支払期日でそのあたりに、取立に出すこととなるとおもいますが、裏書人がその時点で解散している場合に問題となるのか教えてください。
私の判断では、万が一に不渡りとなった場合に裏書していても、4月には解散していることから、裏書人としての効力が無くなるだけかなぁと考えております。
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

裏書人はある意味、連帯保証人ですから
その人がいなくなっても手形の効力は変わりません
不具合は保証能力が下がる事です、振出人の義務として
新しい裏書人の追加を求めるべきです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報