アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

経理初心者で、ここでいろいろと教えていただきながら何とか頑張ってます。。。
廻し手形について教えてください。
現在、取引先からの手形がいくつかあり、今月の支払いにそれを
使って支払いをしようと思ってます。
その際、手形の期日があと2週間しかないものがいくつかと、最近
受け取ったもので、期日が3ヶ月先のものがいくつかあります。

そういう場合、期日がまじかな手形でも支払いに利用しても大丈夫
なのでしょうか??
最低1ヶ月は先じゃないと駄目などというマナー?のようなものは
あるんでしょうか??
金額的にはどちらも大丈夫なので、どちらの手形を廻してもいいのは
いいんですが。

それと、期日が来た場合、銀行の窓口で書く用紙は窓口でもらうんでしょうか??その他必要なものはありますか??

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おはようございます。


当社では毎月のように受手を廻して支払をしておりますので、参考までに書き込みします。

・手形を廻すときは、支払先によっては、割引の手続きをしたいと言う場合もあり、早めに手形を郵送しております。

・当社の取引している銀行では取立て依頼をするときは、手形を10日前までに銀行に持ち込まなくてはなりません(この辺は銀行によっても違うものと思います)。勿論、満期日1~2日前に持ち込んでもいいのですが、そうすると他店券扱いとなり、資金化されるまでに3日程度時間がかかります。どういうことかというと、7/31日が満期日でも、8/3頃にならないと口座から現金を下ろせない、と言うことです。10日前に取り立て依頼をすると、確実に7/31には資金化され、現金として扱うことができます。
7/31にすぐ資金化したい場合は、満期日の1か月~2週間くらい前には銀行に手形を持ち込むぐらいの余裕が欲しいものです。

・支払明細書を作成し、手形を送る前に必ずFAXで支払先に送ります。その際、満期日を必ず記載しております。

以上3点を考慮の上で手形を廻してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
支払明細書というのは作成したことありませんでした。
これを作成するのはとてもいいですね。
すぐにでも取り入れようと思います。
支払先のことを考えると割引やその他のこともあるので
はやり早めがいいですね!!
とっても分かりやすい簡潔な文章でよく理解できました
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/27 20:09

たびたびすみません。

NO.2のものです。
手形について注意点をあげさせてもらいます。

約束手形の場合ですが、表面の宛名(社名)と裏面の一番上の裏書の社名が一致しないといけません。
例えば、株式会社が(株)になっているのは大丈夫です。株式会社が有限会社になっていたり、抜けていたりするものはダメです。

社判ではなく手書きの場合、訂正は記述者でなければできません。

手形の訂正もしくは差し替えが必要になる場合もありますので、取立依頼は余裕を持ってしてみてください。
    • good
    • 1

再びNO.1で回答したものです。


文面の訂正ですが手形期日が先の物となっておりますが後
の間違いでした。申し訳ありませんでした。

手形を取立てに出すと取立て手数料を取られますので出来れば
エクセル等で手形の管理をして提示もれのないようにすれば
良いかと思います。
失礼しました。
    • good
    • 0

NO.2のものです。

訂正させてください。期日が先ではなく、後です。
発行されてすぐか期日が2ヶ月位あるものをもらうことが多いです。

>その他必要なものはありますか??
手形と代金取立手形預り通帳(銀行によって名称が違うと思います)の他には、代表者印と社判と手数料です。代表社印は、訂正等があった場合必要になります。印鑑は社外へ持ち出しできないかも知れませんので、その場合は事務所へ戻ってしてください。
    • good
    • 0

支払にまわす手形に決まりはありませんが、期日が近いものはまわさない方がよいと思います。

支払に使われる手形は、期日が先のものが多いです。期日が先、というのは日付が後のものをいいます。
期日が近いものはすぐに現金化されていいのですが、最低でも1ヶ月は余裕がないと取立の手続き上、もらう方も困ります。
2週間しかないものは、支払いに使わずすぐに銀行へ取立依頼をして下さい。

手形の取立には、支払呈示期間というものがあって、満期日を含めて3日間必要です。更に取立銀行から支払地の手形交換所へ送る日数も考えなくてはなりません。遠方だと日数もかかります。

手形の取立てをするときは、代金取立手形預り通帳などに記入をして、裏書をした手形と取立手数料とともに取引銀行の窓口へ出します。
期日の1ヶ月前でも2ヶ月前でもかまいません。支払いに使う予定のない手形は、集金してすぐ銀行に預けてもいい位です。

代金取立手形預り通帳等が手元にない場合、銀行に聞けば用意してくれます。取引銀行の担当者か窓口で聞いてみてください。

参考URL:http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/tegata.toritate …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました!!
支払いに使う予定のない手形は集金してからすぐに銀行に
預けることができるんですね。
事務員が一人しかいないので、なかなか事務所を開けることが
ままならず、期日前後に銀行にいけるか不安でした。
余裕をもって預けにいこうとおもいます。
詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/27 20:04

はじめまして零細企業で経理を担当しております。


御社の受取手形を支払に廻すという事ですね?
御社と支払先との支払い条件で手形サイトは決められて
いないのでしょうか?(支払い日起算120日とか)
期日間近の手形を廻すと支払先は喜ぶでしょうね。
最低1ヶ月は先じゃないと駄目というマナーですか?
ありません。
御社側からしましたら支払期日が一番先の手形を廻す方が
資金繰り面からも良いと思います。
あと受け取った手形の期日がきましたら支払地が近県でしたら
前日に入金票と通帳を取引銀行に持って行きます。
支払地が遠方になりますと2日前に持ち込むとかありますので
詳しくは取引銀行に確認された方が宜しいかと思います。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました!!
最低1ヶ月は先じゃないと駄目なんていうマナーは
ないんですね。
ここにしかこういった質問が出来ないのでとっても
助かります。
その他、とても分かりやすい説明で助かりました。
よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/27 20:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業は出来れば裏書手形は受け取りたくない?

簿記を勉強していて疑問に思ったのですが
裏書された手形を受け取るのと
普通の裏書されていない手形を受け取るのでは
裏書手形は不渡のリスクがあるから
企業にとって普通の手形で支払いしてもらった方が嬉しいのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、零細企業で経理を主に担当している者です。
裏書手形と普通の手形での支払いを受けた場合のリスクに
関してはもう他の回答者様の仰る通りです。
ただ、実務の場合裏書手形が廻って来たらその企業が資金繰り面
で窮しているとかの印象を持ちます。
リスクは同じですが自己の手形を発行出来ない理由があるのかと
考えてしまいますね。

Q回り手形と回し手形

回り手形と回し手形とはまったく同じ意味なんですか。
それとも若干なりともニュアンスに違いがあるのでしょうか。
回り手形という人もいれば、回し手形という人もいるので、どちらが正しいのか分かりません。
まったく同じ意味ならどちらを使ってもいいことになりますが、使用頻度はどちらが多いのでしょうか。

この際明確にしておきたいので質問させていただきました。
よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

手形は、ご存知の様に裏書譲渡ができます。
この裏書譲渡において、譲渡する側(裏書人)からみれば「回し手形」
逆に受け取る側(被裏書人)からすれば(回り)「渡り手形」となります。

よって、どちらも一般的に使用されています。

しかし、手形の債権譲渡は正式には”回り”でも”回し”でもなく、裏書
もしくは裏書譲渡となります。

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q受取手形を取立手数料を払わずに換金するにはいつ銀行に持ち込めばいいですか?

お世話になります。よろしくお願いします。

受取手形を取立手数料を払わずに換金するには銀行にいつ持ち込めばよいでしょうか?
ネットで少し調べましたら原則「支払期日前日、当日、その後の2営業日の4日間」みたいな感じだったのですが、それで正しいでしょうか?

「支払期日を過ぎたその後の2営業日」に手形を持ち込むことには全くペナルティなどは生じませんか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

零細企業で経理を担当している者です。
私も手形管理していますが取立手数料を取られるのは馬鹿らしい
ですよね?
ですので御社の口座のある支店振り出しの手形でしたら
期日当日に持ち込めば即入金されますし、近郊でしたら1日前、
遠方でしたら2日前に銀行に持って行けば取立手数料は要りません。
ただ御社の取引のある銀行の窓口に行って聞くのが一番だと思いますが。
弊社の取引銀行でも交換所の関係でどうしても取立に出さないと行けない手形もありますが・・・・
期日前に持ち込んだ場合期日に即資金化は出来ませんが取立手数料
は掛かりません。
ご参考までに。

Q約束手形の宛名と裏書の日付について

お世話になります。
本日、約束手形を受取った(書留にて送付)のですが、手形表面の・・・殿の欄は、空欄であり、また、裏面に裏書されているのですが、裏書日付部分に日付の記載がなされていないのですが、これは有効でしょうか。

受取った約束手形の状況
---------------------------------------------
No.   約束手形 No.A123456

           殿
印紙  金額 \1,000,000※
   上記金額をあなたまたはあなたの指図人へ・・・
   振出地 東京都・・・・・・
   住 所
   振出人 株式会社 東京商事
---------------------------------------------
裏面
  表記金額を下記被書人・・・
  平成  年 月 日
  埼玉県・・・
  有限会社 埼玉商店

 といった手形ですがいかがでしょうか??

Aベストアンサー

株式会社 東京商事 が有限会社埼玉商店宛てに振り出した手形を、有限会社埼玉商店 から受け取ったのですね。

手形表面の・・・殿の欄には、第一裏書人(有限会社 埼玉商店)の名前を記入します。

裏書日付部分には、受け取った日付を記入します。

これで、他社へ裏書きしたり、銀行に取立や割引の依頼が出来ます。

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q裏書手形の領収書の書き方

建設業経理事務初心者です。
工事代金の一部として裏書手形を受け取りました。
裏書手形の領収書の書き方を教えてください。

(1)領収書のあて先は、裏書人でよいのか?

(2)但し書きには、工事名を記入すればよいのか?

(3)その他、記入することは?

領収日は指定してあります。約束手形の領収書は、記入したことがありますが、経理初心者で、細かいこともわかりません。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

裏書手形の領収書は、支払先が直接発行した約束手
形を受け取る場合と同じです。
宛先は工事代金を支払うべき裏書人ですが、手形の
裏面にその署名捺印がされているか、しっかりと確
認して下さい。

Q手形はなぜ120,150日など支払が長いのでしょうか。

検収月末締め翌月末120日手形

この決済条件だと、
1月に物を売った場合、回収できるのが、
2月末から120日後。
すると6月末の回収ですから、
お金を手にするまで半年かかるわけですよね。

このように決済条件が長くなった経緯はどういう理由からでしょうか。

本来であれば、
全ての会社が
検収月末締め翌月末現金とすれば、
全ての会社が公平にお金をやり取りができ便利だと思うのですが、

なぜお互い現金化するまで長い期間の決済条件をするようになったのでしょうか。


質問2
あと追加質問ですが、
手形は120日手形は、120日後の指定された日、一日を過ぎた場合は、無効となるのでしょうか。
もしそうであれば、手形は不便のように感じられますが・・・

有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

メーカーを経営するとわかりやすいですね。部品を買い、それを組み立てて、テストして、梱包して、在庫にして、売りに出す。お客様に買ってもらって即現金ならいいけど、これまた末締め翌月末払い。すぐに2~3ヶ月経ってしまいます。その間だって社員に給料払ったり家賃払ったり、水道光熱費だって払わなくてはなりません。カタログも作らにゃいかんしホームページに載せても、即売れるとも限らない。

はじめっから手元に大金があって、2~3ヶ月は売上なくても貯金だけで給料や家賃が払える会社ならいいのですが、世の中そんなに甘くはありません。必ずや「運転資金」なるものが必要なのです。そのために手形という便利なツケのシステムができたわけです。
その代わり手形が決済できないと、「不渡り2回→倒産」という諸刃の剣です。

業界によってはもっと長い手形もあるらしいですよ。建設なら半年、漁船は1年近い(遠洋漁業なら1年近く帰って来ないから)手形もあるらしいです。

Q約束手形の受取日は、振出日?振出日以降?

顧客への売上金が約束手形で払われます。
私の感覚ですと、手形振出日の1~2日前ほどに郵送し、手形振出日には相手先に到着しているものと思っているのですが、現在(転職後)の顧客は、振出日に郵送しており、受取日が数日遅れ(土日を挟むと特に)です。

それでいて領収書も発行し、送付する必要があるので、領収書日付は手形振出日が一般であるため、どうもしっくりしません。

一般的には、手形振出日は、顧客が手形を振り出す日で、郵送などで受け取る日ではないのでしょうか?その場合、遠方の顧客であれば、受け取りまで数日かかりますが、それは普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、手形振出日は顧客が手形を振り出す日です。
手形振出日は予め注文書や契約書によって定められた日となっています。

ご指摘の通り郵送すれば受け取りまでのタイムラグが生じます。
じゃあどう捌くかってことになりますが
1)振出日に受け取った物とする
 領収証も入金処理も振出日で行うケースです。
2)入金日を手形受取日で処理する
 筋道からすれば、よりこちらが正確な処理です。
どっちの処理が多数かは統計でも取らない限りは解りませんが実体験では
1)のケースが圧倒的だと思います。

ただ振り出したものの何時までたっても送ってこない会社の場合は
受入日を入金日として会計処理を行うケースもあります。

手形に関する見解は下の方の書いてる通りでしょう。

Q100万円ちょうどの収入印紙

3万円以上100万円以下は200円で、100万を超えるから200万までは400円ですが、100万ちょうど(税抜き)は100万以下で200円でいいのでしょうか?超えるというのは、101円以上という意味でしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。100万円は100万円以下に入りますので、収入印紙は200円になります。超えるというのは、100万1円以上という意味です。税抜きか税込みかというのは、明確な記載があれば、税抜きの方が適用になります。100万円(別に消費税5万円)とあっても、収入印紙は200円になります。
極端な例で例えば領収書で100万1円を発行する場合、1枚の領収書ならば400円の収入印紙が必要ですが、領収書を100万円と1円の2枚に分ければ、100万円の領収書に200円の収入印紙を貼るだけで済み、200円の節税になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報