『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

音をモニタリングするときや録音した音に「ふぉぉ~」というノイズが入ります。(風のような音)

前に一度そういう現象がありましたが、2週間くらい放置していたら勝手に直りました。

ですがまた、同じような状況になってしまいました。

ちなみにケーブルに触れたり、グリグリしてもノイズに何の変化もありませんので接触不良ではないと思います。

ファンタム電源を入れるとノイズが目立ちます。

【環境】
マイク…ROAD NT-1A
IF…fast track 8R
DAW…sonar6 PE

※エアコンも消してPCから離してもそのノイズが鳴ります。特に大きな衝撃も与えていません。違うinputに差し替えても変わりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>上記の原因に当てはまらない場合はマイクの故障と考えたほうがよろしいでしょうか?


マイクは比較的低価格です。
http://www.bestgate.net/mic_rode_nt1a.html
これを見ると、付帯入れても二万弱です。他は、5-10万するでしょう。

このような場合、一番低価格な品物の故障を前提として、新品買ってきます。
使ってみて動かない、ジヤー本体の故障だ。修理。

という手順を踏むと、自分で修理できない品物の修理を依頼するときの判断になります。
この方法ですと、極端な場合、同じ品物を2セッと購入することになるので、資金的負担が大きくあまりおおすめで着ないのですが。

ホコリと結露に十分注意してください。
ほこりが溜まっていてコンデンサーマイクロホンの配線が漏電して、おかしな音を拾っていたとか
結露して、漏電して、おかしな音を拾っていた、
なんて話も聞きますから。
この手のほこり・結露が原因の場合、設置している場所の環境が悪いわけで、良い環境である修理屋に持って行くと、原因が改善されて、直ってしまう場合が多いです。
修理に出すときには、「内部の掃除もお願いします」としておくと、埃や結露が原因の場合にはなおります。

以上の様に、わかりません。マイクの中の配線が漏電しているのか、埃が詰まって埃の振動音を拾っているのか、既にあるように、アンプ内に埃が溜まったり結露しておかしなことになっているのか、わかりません。
    • good
    • 0

ケーブルの問題でもない、騒音や吹かれでもない、ハウリングでもない、となると、考えられるのはマイクかオーディオI/Fの異常くらいでしょうか。

他には、違法無線などのノイズを拾っている可能性も考えられないではないと思いますが、時間帯を問わず定常的な問題なのであれば、その可能性は低いでしょう。

しかし、ファントム電源をOFFにしていてもその音が乗るのであれば、マイクよりはオーディオI/Fの問題という気がします。コンデンサマイクは、ファントム電源が入っていなければ、これっぽっちも動作しませんので。

ということで、「オーディオI/Fが怪しい」に1票投じておきます。

もっとも、マイクの角度や距離によっては、PCなどの騒音も思いのほか良く拾うものなので、ただ「PCからは離れている」というだけでは、これが原因である疑いを払拭できませんが...

友人・知人がミキサやオーディオI/Fなどをお持ちなのであれば、マイクを預かってもらって、実験してもらうのが確実だと思います。
    • good
    • 0

可能性の有る物


ハウリング。音がしているときに、録音をモニターしているスピーカーに近づけると、「ピー」という強い音に変化する。モニター音を外に漏らさないようにしてください。

風きり音。
マイクの覆いが金網だけなので、隙間風などの風で(名称忘却、音の振動を水晶結晶に伝える部分)が振動し、マイクは振動を音として解釈して出力してしまう。
屋外録音用のフード(ウィンドスクリーン と呼ぶらしい。私は風除けと呼んでいるので正確な名前を知りません)が販売されています。取りつけてください。

ノイズ対策で比較的簡単に出きるのは、電源の同相か異相か。簡単に言えば、ノイズが小さくなるようにコンセントの向きをひっくり返してください。
シールドとか接地とか色々ありますが説明が面倒なので略。必要ならば補足ください。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございます。

スピーカーからの距離も遠いのでハウリングの原因は低いです。

常に同じ室内環境に保管したり録音したりしていますので、風きりの原因は低いかもしれません。

配線関係やコンセント周辺もいじってみましたが何の変化もありませんでした。

わざわざ答えていただいて申し訳ありませんが、上記の原因に当てはまらない場合はマイクの故障と考えたほうがよろしいでしょうか?

補足日時:2010/12/08 15:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンデンサマイクにブーンというノイズが入る

タイトル通りブーンというノイズが入ります。

使用機材
AKG C1000S、モンスターケーブル、Macky Onyx satellite、iBookG4

この前の日曜日に上記機材のMac以外を購入し、接続したところこうなりました。
(マイクのみ在庫がなかったのでガラスケースに入っていた展示品を購入)

色々調べても良くわからなかったので、どうかお願いします。

状況として
※マイクを接続した状態で
Onyx satelliteのACアダプターを外してバスパワーで動作させてもだめ。
蛍光灯を消してもだめ、何にもない壁コンセントでOnyx satellite単独動作(パソコンは接続してない)させてもだめでした。

マイクを持ちながらOnyx satellite本体を触るとノイズが止まるという状態です。
前から持ってるカラオケマイクとShureのPG48をつなげたら問題なし。

コンデンサマイクは初めてなのでこういうものなのか、ただ単純に故障しているのかわからないので、どうかお願いします。

Aベストアンサー

ノイズではなくてハムです。
どこかから交流電源を誘導しているようですね。
マイクとアンプがアース線で繋がっていないようですね。
マイクコードのシールドがアースから浮いているとか。

satellite本体を触るとノイズが止まるという状態です。
これはそういうときの症状です。

Qコンデンサーマイク壊れた??

最近、マイクをケーブルにつないでセットしてからファンタム電源を入れる、
そうしないと高い頻度で壊れる、という情報を得たのですが、
私は今までそんなことつゆ知らず、多くの場合最後にマイクをつなげて、
マイクのスイッチを入れたりしていました。
マイクのスイッチも入った状態でつないだことだってあると思います。
それもごく初期の頃から。

コンデンサーマイクで録音しているのに、
どことなく実際よりも音が重い感じ(振動が荒い感じ?)がするのですが、
これって壊れているのでしょうか?
抜けが悪いって言うか臨場感が遠いっていうか・・・
(ボーカル録音)

Aベストアンサー

うーん…
私のレベルでは、やっばり、そのコンデンサマイクがどんなもんかがわかんないと、あんまり短絡的には言いづらいですね。

ずばり、コンデンサマイクの種類によっては「そんなもん全く関係ない」ってのもあるし、電源の投入タイミング以前にファンタムの電圧が合ってない(これ、アマチュアシーンでは意外と多いです)事の方が原因だったりもする。

まぁ「あんまり詳しすぎる情報は難しくて混乱するだけなので。」ということは、わかんないでもないですが…

ただ、一般論としては「電源投入タイミングは守りましょう」ということは
「確かにそれが原因で痛むコンデンサマイクがあるので、いつ何時そういうコンデンサマイクを扱うことになっても間違いがないように」
という、、『身体で覚える「躾」の問題』として重要…ってことなんです。

なので、質問者の方の疑問点である
「今の不調の原因として考えられるかどうか」
という原因究明の観点だと、逆に「電源投入タイミングごときは、全く不調の原因にはならない」タイプのコンデンサマイクもあるので、私のレベルでは具体的なマイクの種類に拘らないと答えきれないんですよ。

まぁこんな話だけじゃ「そんなこと聞きたいんじゃない」と怒られるだけと思うので、ごく基本的な事柄だけちょっと書き足します。

・コンデンサマイク全般での「マイクケーブル繋いでから電源を入れろ」という『躾』の最も重要な目的は、電源投入時のポップノイズを防ぐためである。
→このポップノイズは、マイクによっては結構ド派手なので、どっちかというとマイクよりミキサー、アンプ、スピーカ保護のために鉄則とされる、

・真空管内蔵型のコンデンサマイクでは、正しい手順で電源投入しないとヤバイ機種が多い。
→そういうマイクは、取扱説明書に「これでもか!」というくらいくどく禁止事項が書いてあるのが普通。

・エレクトレットコンデンサマイクは、最近のものならほとんどは「正しい供給電圧でありさえすれば、いきなりの電源投入自体で壊れたり不調になる構造ではない。
→マイクから見たら、ケーブル接続後に通電しようが、接続した瞬間に通電されようが、いきなり電圧が掛かってくることに変わりはないので、その程度で壊れるような設計にはなってないということです。ただし例外はあります。

で、ここが私が気になって気になって仕方ない点ですが、
・48Vファンタム仕様のコンデンサマイクでは、マイク側に電源投入スイッチが付いている機種は極めて少ない。
→10万円前後以上する高級マイクでは、確かに内部がデリケートなので「①ケーブル接続、②機器側ファンタムON…の後に③マイク側スイッチON」しないと壊れるかも…なものがあります。マイク側で急な電圧を緩衝して内部を保護する機構があるから。

しかし、そういうマイクはめちゃ高価なので、質問者の方がそういうマイクを使っているのかどうか…をはっきり知りたかったんです。

2~3万円くらいまでのマイクで、マイク側にスイッチが付いている機種というのは、「内蔵電池駆動兼用」で、電池使用時の電源スイッチとして設けられているケースがほとんどです。
で、2~3万円くらいまでのコンデンサマイクなら、最近のものならまずはエレクトレット型なので、上に書いたとおり電源投入タイミングだけが原因で故障・不調か発生することはほとんど無いと思います。

むしろ、電池駆動が可能なタイプのマイクでは、ファンタム電源の電圧に制限があって、48Vのファンタム機器の場合はファンタムオフにして電池で動かしてくれ…と注釈が付いている機種の方が(そんなに多くはないが)機種数的には多いくらいです。
もしそういうコンデンサマイクだったら、48Vを投入すると寿命が縮んだり不具合が発生したりは有り得ます(そういうマイクもそんなに種類は多くはないので、型式がわかれば調べられるとは思いますが)。

個人的に、最近身近で良く聞くトラブルで一番多いのは、業務仕様ではない「プラグインパワー式」のコンデンサマイク(通常、3.5mmミニプラグ)を、プラグパワーとファンタム電源を混同して、変換プラグ使ってファンタム48V機器(XLR端子)に繋いで壊してしまうケースです。これは、せいぜい3~5Vを想定したマイクに48Vも掛けるわけですから、壊れない方が不思議です。

・・・と、現時点で考えつくのはこれくらいですね。

で、結局マイク次第なわけですが、電源絡みの故障なら、大抵は音が出ないか「使用中ずっとノイズが乗る」という症状の方が多いことは多いです。
まぁ「音質が悪くなる(高域がおかしくなる)」的な症状も有り得ることは有り得ますが、その症状の場合は、電源以外の要因…保管の悪さ、衝撃、内部回路の劣化、内部結露、ダイヤフラムの異常等…といった、電源だけが原因にはなり得ない要因の方が多いことは多いですけどね。

うーん…
私のレベルでは、やっばり、そのコンデンサマイクがどんなもんかがわかんないと、あんまり短絡的には言いづらいですね。

ずばり、コンデンサマイクの種類によっては「そんなもん全く関係ない」ってのもあるし、電源の投入タイミング以前にファンタムの電圧が合ってない(これ、アマチュアシーンでは意外と多いです)事の方が原因だったりもする。

まぁ「あんまり詳しすぎる情報は難しくて混乱するだけなので。」ということは、わかんないでもないですが…

ただ、一般論としては「電源投入タイミ...続きを読む

Qコンデンサマイクの湿気・ノイズ

コンデンサマイクが湿気を帯びてしまった所為か、ノイズが入ってしまいます。これはもう直らないのでしょうか?
それとも乾燥させれば前と同じようにノイズが入らなくなりますでしょうか?
知っている方がいらっしゃたらお答え頂けると幸いです。

Aベストアンサー

水自体を浴びたのではなく、湿気を帯びてしまった程度なら乾燥させればたいてい元に戻ります。

柔らかくて清潔なタオルなどの上に寝かせて、直接でも間接でも日の光が当たらないところに置いておくといいですよ。

Q録音で音がこもらないようにしたい

たびたびこちらでお世話になっています。
色々ありましたがおかげさまで、
パソコンに歌声を取り込む事が可能になりました。
皆様ありがとうございました。

コンセプトとしては、なるべく生の声に近いように、
それでいて予算はそんなにないということでした。

それで、安くてもコンデンサーマイクがいいということで、
結果、評判の良かったRODE-NT3を入手しました。
インターフェースはTASCAMのUS-122Lです。
ケーブルはXLR-XLRですが3mで500円でした。
メッキはよく分かりません。

それでAudacityをもちいて録音すると、
ダイナミックマイクとあまり変わらないようなこもった感じになるのですが、
もう少し良くはならないものでしょうか。
何かを操作すれば良くなるといったことはないでしょうか。

録音する部屋が狭いからこもるのかと思い、
部屋があまり関係のないと思われる小声の喋りもやってみましたが、
やっぱりちょっとダイナミックマイクとあまり変わらない感じなのですが。
それとも、これが機材の能力なのでしょうか。
「もっとお金かけないと同じ土俵には立てないよ」ということでしょうか?

たびたびこちらでお世話になっています。
色々ありましたがおかげさまで、
パソコンに歌声を取り込む事が可能になりました。
皆様ありがとうございました。

コンセプトとしては、なるべく生の声に近いように、
それでいて予算はそんなにないということでした。

それで、安くてもコンデンサーマイクがいいということで、
結果、評判の良かったRODE-NT3を入手しました。
インターフェースはTASCAMのUS-122Lです。
ケーブルはXLR-XLRですが3mで500円でした。
メッキはよく分かりません。

それ...続きを読む

Aベストアンサー

それよか、なんでUS-122LバンドルのCubase LE使いませんの?
Audacityよかもっといろいろ調整できますのに。

あと、マイクと口の間隔狭すぎませんか?
NT3なら、マイクと口の間隔を20センチは空けた方が良い。
近づけすぎたらめちゃくちやこもりますよ。
まさかマイクを手で持って歌ってないですよね?

20センチ空けて録音して、どう調整しても音量不足なら、それは声が小さすぎです。
これは裏技的ですが、NT3はファンタム使わず電池使うと、ちょっと音質と音量が変わるので、試してみる手ではあります。その方が声との相性がよい事も希にある。

QPCへのマイク直挿しによるノイズの解消

ノートパソコンとマイクでの録音時に入るノイズについて、2つ質問があります。
今使用しているのは「Line端子はなく、マイク端子はあるノートパソコン」です。マイクは「PC用スタンドマイク」と「ダイナミックマイク」のどちらも持っています。

1.マイクをPCへ直挿しして声を録音しているのですが、ノイズが入ります。
このノイズは録音している間中ずっと入ります。低い音です。また、スタンドマイクの首の部分(マイクの向きを変えることが出来るヘビのような部分)に触れると触れている間だけ激しくなります。
これは直挿しが原因のノイズなのでしょうか?それともそれ以外のものが原因のノイズなのでしょうか?
また、直挿しが原因で無い場合はどうすれば解消されるでしょうか?

2.直挿しが原因のノイズは必ずあると思うのでそれを解消したいです。
ノイズを編集して消すのではなく、元から取り除く為にどうすれば良いかを調べると、I/Fなる高価なものが必要であるとわかりました。
なるべく極限までお金をかけずにノイズを解消したいのですが、何を購入すれば良いでしょうか?接続コード等についてもあわせて教えていただけるとありがたいです。
ノイズを取り除けるならばI/Fでなくてもかまわないので、教えてください。

使用しているパソコン等の情報等が足りなかったりした場合はすみません。すぐに情報を追加します。
早めに解消したい問題ですので、どうかよろしくお願いします。

ノートパソコンとマイクでの録音時に入るノイズについて、2つ質問があります。
今使用しているのは「Line端子はなく、マイク端子はあるノートパソコン」です。マイクは「PC用スタンドマイク」と「ダイナミックマイク」のどちらも持っています。

1.マイクをPCへ直挿しして声を録音しているのですが、ノイズが入ります。
このノイズは録音している間中ずっと入ります。低い音です。また、スタンドマイクの首の部分(マイクの向きを変えることが出来るヘビのような部分)に触れると触れている間だけ激しくなり...続きを読む

Aベストアンサー

低い音は多分ブーンと言うハムノイズかと思われます。
絶縁不良だったりアースが上手く取れていないと起こり易いです。
(他の機器のノイズを拾っている可能性もあります。
周りの電気製品を切れるだけ切ってみましょう。)

ノート本体の金属部(ボディアース)を触ってノイズが消えるか確認してみて下さい。
(金属部の露出が少ないので難しいかも。ネジとかあればそこを触る)

スタンドのノイズが大きくなる場所に適当な導線を繋ぎ
ノートの金属部に繋いで見ましょう。
部屋にある近くの金属に繋いでみたり
エアコンや電子レンジコンセントにあるアース端子と言う手も。
(電気の来ている物には繋げない様に。)

マイクを分解し感受部の半田付けをし直すとピタッと止まる事も。
(私は良くやってます。)
プラグを挿す時にジャックを微妙な位置にすると止まる事もあります。
(微妙な位置が難しい。)

マイクとノートの相性もあるのでノイズの出ないマイクを
見つける事も方法の一つです。
高いマイクが必ず合うとも限らないのが難しい所です。
高いのに替えた途端にノイズだらけと言ったこともありますね。

低い音は多分ブーンと言うハムノイズかと思われます。
絶縁不良だったりアースが上手く取れていないと起こり易いです。
(他の機器のノイズを拾っている可能性もあります。
周りの電気製品を切れるだけ切ってみましょう。)

ノート本体の金属部(ボディアース)を触ってノイズが消えるか確認してみて下さい。
(金属部の露出が少ないので難しいかも。ネジとかあればそこを触る)

スタンドのノイズが大きくなる場所に適当な導線を繋ぎ
ノートの金属部に繋いで見ましょう。
部屋にある近くの金属に繋いでみた...続きを読む

Qマイクの寿命について

マイクの寿命というのは、どういう形で分かるものでしょうか?
寿命が近付いたな、と分かるきっかけがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

素人PAは長らくやってる方ですが、難しい質問ですねぇ(^^ゞ

以下は、私の経験談に過ぎないですが・・・寿命と言うより、「ある日突然死」の方が圧倒的に多いですね。なので、強いて言えばなんですが、ダイナミックでは
・音が籠もる/低域が無くなってキンキンする
・やたら出力が落ちる
という症状は、ごくわずかにお目にかかったことがあるくらい。

音がおかしくなる系は、ユニットカプセル内で振動板やコイルを保持する材が劣化して変になるパターンだと思います。あと、落っことしてユニットカプセルがボディ内で変な位置にずれて音が変になったけど、グリル外してユニットの位置を直したら音も直った・・・ということも。

また、ダイナミックでは、確かに若干は「経年変化」はありますね。
ただ、身近な例で20年物と3年物のSM57があり、明確に音が違うのですが、実はボディサイズも微妙に違うので(^^ゞ、経年変化か本体全体のマイナーチェンジの結果なのかが、ちょっとわかりかねたりします(古い方が音が太いが、劣化して高域が録れないという意味でもなかったり・・・)
仮に経年劣化的な変化があっても、かなりゆっくりなので、明確に音が悪くなる=死んだも同然となりますから、寿命を探る判断根拠とはなりづらいです。

コンデンサなら、盛大にノイズが載るか完全に沈黙するかどっちかですから、ますます「寿命」をはっきり予知するのは難しいですね。むしろ、音質が落ちた=もうダメ。これはダイナミックより明確なので、事前予知は実質できないと思います。

空論ですが(^^ゞ
せめて同型マイクを毎年1本ずつ買って、既所有品と厳密に音質比較していけば、使用範囲内で明確に音質が落ちる瞬間に出会えるかもしれませんが・・・(^^ゞ

素人PAは長らくやってる方ですが、難しい質問ですねぇ(^^ゞ

以下は、私の経験談に過ぎないですが・・・寿命と言うより、「ある日突然死」の方が圧倒的に多いですね。なので、強いて言えばなんですが、ダイナミックでは
・音が籠もる/低域が無くなってキンキンする
・やたら出力が落ちる
という症状は、ごくわずかにお目にかかったことがあるくらい。

音がおかしくなる系は、ユニットカプセル内で振動板やコイルを保持する材が劣化して変になるパターンだと思います。あと、落っことしてユニットカプセ...続きを読む

Qコンデンサーマイクからノイズ

コンデンサーマイクからノイズ
がするんですがどうしてでしょうか?
マイクRODE‐NT3
IF TASCAM122L
XLRケーブル 安いの
パソコンNEC Lavie
録音ソフトRADIO LINE FREE

ノイズはザーッというもので、時間をおいてしたりしなかったりします。
同じ配線でダイナミックマイクをつないでも絶対なりません。

Aベストアンサー

No.1です。補足までは了解。

私なら、さきにXLRケーブルを替えてみますね。
安物ってどこのメーカー製かわからないけど、まぁできるならカナレクラスのに。
安物のXLRケーブルなら、希に端子との相性(接触不十分的な)こともあるので。
その意味では「マイクケーブルは、配線材は安物でも端子はまともなモノを」という面はあります。もちろん、その手の問題はダイナミックはコンデンサより鈍感なので。

それでもダメなら、NT3なら音屋で買われたと思うので「おかしいんだけど」と返品チェックかな?
RODEとクラシックプロとPeavyの製品は、音屋は対応は悪くないと思いますが。

Qマイクの録音レベルとノイズの兼ね合い

マイクの録音レベルとノイズの兼ね合い

ごめんなさい、他に質問させていただいたものについてのお礼がまだなのですが、少し慌てているので質問させてください。

一般住宅にて、
ボーカル→SM58
アコギ →BETA57A

で録音しています。
録り音はあとあとのためになるべく大きい方が良いと思っていたのですが、
ノイズ(正確にはザーという砂嵐のような音です)を拾ってしまうため、ピークランプ点灯前ギリギリではなく、もっと小さい録音レベルにしています。

この妥協は正しいでしょうか?ノイズ除去系のエフェクト(Logic 9)も試してみましたが、上手く消すことができませんでした。
本格的なスタジオを使用する以外に、良い方法があれば教えてください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オーディオインターフェースのレベルつまみを、概ね3時より大きく、かつソフト側はほぼ目一杯で、まだ音が小さく、もっとレベルアップが欲しいくらいであれば、それは元音が小さすぎるのが最大の原因かと私は思います。

ほかでも回答したことがあるのですが、例えばプロ歌手のウィスパーボイスは、常人の大声より遥かに音量は大きいです。でも、囁き声感がしっかり出るのがプロたる技術です。
もちろん、通常声はもっと大きいですけどね。プロの声量は、それほど半端ないですよ。

伴奏もアコギだったら、プロ声に合わせたプロギタリストのピアニシモは、素人ギタリストの数倍の音量です。それでも消え入りそうな音質感を見事に出すのがプロです。

なので、多分もっと音量が必要ですね。

今の音量で今のマイクでは、仮にマイクプリアンプを使っても、またプリアンプでノイズが出るだけですね。絶対音量が足りないなら。

どうしても今の音量で録るなら、ある程度高価なコンデンサマイクてかなり高価なマイクプリアンプを組み合わせるしか無いし、防音環境も必要。
自宅録音では無理ですねえ。

オーディオインターフェースのレベルつまみを、概ね3時より大きく、かつソフト側はほぼ目一杯で、まだ音が小さく、もっとレベルアップが欲しいくらいであれば、それは元音が小さすぎるのが最大の原因かと私は思います。

ほかでも回答したことがあるのですが、例えばプロ歌手のウィスパーボイスは、常人の大声より遥かに音量は大きいです。でも、囁き声感がしっかり出るのがプロたる技術です。
もちろん、通常声はもっと大きいですけどね。プロの声量は、それほど半端ないですよ。

伴奏もアコギだったら、...続きを読む

Q歌ってみたの反響防止

近いうちに、某動画サイトに歌ってみたを投稿したいのですが、マイク録音時、部屋の天井が高いため、反響音のようなものがはいってしまいます。

このような反響音は、どうすれば防げるのでしょうか?
また、防止できる物があれば教えていただきたいです。

※資金は2~3000円以内で済ませたいですが、手作りできるのであればそちらのほうがいいです。

Aベストアンサー

反響を防ぐには部屋を無反響に作り変えないとならないので、
多額の費用がいりますよ。

録音している位置を変える、マイクの向きを変えてみるなどで
少し防げます。
部屋の中心に居ると、定在波の影響を受け易く、エコー(こだま)
が掛かったようになります。
マイクの後ろに座布団を立てても効果が有ります。

ところで、マイクは単一指向性ですよね、インタービューなどで
使用する無指向性マイクなら、だめですよ!

QRODEのNT1を使って宅録をしているのですが

お世話になります。
RODEのNT1を使ってパソコンと接続して録っています。
DAWはreaper0.999を使っていまして
インターフェースはTASCAM US-100をベリンガーのファンタムを介して繋いでます。

おかしいのが同じ環境で数ヶ月前に録った音と
つい先日録った音に明らかに差があるのです。

急に芯がなくなったというか一切エフェクトかけてないにも関わらずリバーブがかった感じというか
場所も同じ所で録っていますが明らかな音の違いがあります。
これはひょっとしてNT1が故障してしまったのでしょうか?

切り分けとしてインターフェイスをM-AUDIOのFast Track proに繋ぎ変えて見たり
パソコン自体をべつのものに変えて見ましたが同じ現象が起きます。

デバイスはasio4allを使ってUSBCodecを選択しています。

あと関係ないかもしれませんが
Fast Track proに繋いだときに高頻度でビーという大きな音がマイクからの入力で鳴ってしまいます
US-100だとそういったことは起きません。

お手上げ状態です。
どなたかご教授ください。
お願いいたします。

お世話になります。
RODEのNT1を使ってパソコンと接続して録っています。
DAWはreaper0.999を使っていまして
インターフェースはTASCAM US-100をベリンガーのファンタムを介して繋いでます。

おかしいのが同じ環境で数ヶ月前に録った音と
つい先日録った音に明らかに差があるのです。

急に芯がなくなったというか一切エフェクトかけてないにも関わらずリバーブがかった感じというか
場所も同じ所で録っていますが明らかな音の違いがあります。
これはひょっとしてNT1が故障してしまったのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく
まず疑われるのはコンデンサーマイクの保管状況の問題かと思います。
コンデンサーマイクは薄い振動版で集音する為、
その部分が「湿気」によって傷むと音変化やノイズ等の不具合が現れます。

それを防ぐために
乾燥材と一緒にケースにしまって保管するのものなのですが・・・

「とは言うものの」

私の経験上では、
保管中の厳重管理などある程度気休めで、
使用中・歌唱中だけでも十分に湿気にさらされます。

何しろ「宅録」ですから。
スタジオの録音ブースの空気はいつもカラッカラに乾燥してますが
宅録だと湿度80%以上の状態に1日さらしてしまったりなど
まぁ普通にあり得ることです。
保管時だけプロ並みに厳重保管してみても、
所詮「プロ管理ごっこ」みたいなものかもしれません。

つまり、宅録だといつかはコンデンサーマイクは傷むのは仕方ない面があります。

とりあえずの解決策としては、やはり乾燥です。
乾燥材を新しくしてケースにしばらく眠らせると直ったりもします。

ピーという音が、集音板が痛みでショート接触した音なのか
何か内部的なものなのかは分かりません。
コンデンサーマイクの中には基盤が入っています。
つまりコンデンサーが入っています。(当たり前ですが)
コンデンサーは、使用・不使用に関わらず、
どういうタイミングでなるのか運任せのように「容量抜け」という
劣化故障を起こします。

それの様な気もしないでもありません。
超高価なマイクだとその辺の1個1個の耐久性も違うとは思いますが
一般向けだと、コンデンサー1個がいつか寿命が来る所までは
保証はできませんよね・・・。
というか、20万円するような超高価なコンデンサーマイクでも
やはり抜ける時は抜けますし、宅録だと使用劣化も早いです。
(1回の録音コストで換算すると「1回数千円」みたいになってきます)

宅録コンデンサーマイクは「一生もの」というのは、なかなか難しいですね。

ただ、容量抜けのような状態でも、タイミングや使用環境によっては
問題無く動作しはじめたりもします。
インターフェイスを変えたらうんぬん、というのはそういう事なのかもしれません。

まずは、できる部分として「乾燥材で乾燥状態に」対応でしょうか。

おそらく
まず疑われるのはコンデンサーマイクの保管状況の問題かと思います。
コンデンサーマイクは薄い振動版で集音する為、
その部分が「湿気」によって傷むと音変化やノイズ等の不具合が現れます。

それを防ぐために
乾燥材と一緒にケースにしまって保管するのものなのですが・・・

「とは言うものの」

私の経験上では、
保管中の厳重管理などある程度気休めで、
使用中・歌唱中だけでも十分に湿気にさらされます。

何しろ「宅録」ですから。
スタジオの録音ブースの空気はいつもカラッカラに乾燥してます...続きを読む


人気Q&Aランキング